ハリルのスパイスとなるか!?:「真のハングリーを知る苦労人加藤恒平選手初選出」   

みなさん、こんにちは。

さて、今日はもうメモしないつもりだったが、面白い記事を見つけ、それが私がさっきのメモで以下のようにメモしたことが100%事実だと証明しているので、それをメモしておこう。

まず、私は
U20W杯韓国大会第二節:俺「この日本代表より青森山田の方が強い!」

さて、こうして試合が終わってみると、結局、各年代でトップまで言われてきた

決定力不足

という同じ問題に突き当たる。

要するにこれがJリーガーの共通の問題なのである。

各チームのエースストライカーは全部ブラジル人や欧州人。わずかに日本人選手がいるのみ。パスだけだして後は決めてくれという感じで毎日試合している選手と、このシュート一発決めないと、貧困から脱出できないという貧困脱出シュートの世界とは、同じシュートでも価値が違うのである。

決定機のシュートを一発でも外せば、ピストルで撃ち殺されない麻薬はびこる世界のサッカーと、なんちゃってプロサッカーとの違いが垣間見えたわけである。
で、どうして日本の選手が決定力不足になるかというと、それは社会的な危機意識から来る。要するに、日本社会は甘い、ゆるいからだとメモしたわけだ。

さて、今日日本代表のハリルホジッチの会見で新顔の加藤恒平選手の代表入りが決定した。
MF加藤恒平が初代表「1年かけて追跡」ハリル監督
a0348309_1832018.png


この選手はちょっと前に噂になったときから知ったが、Jユースや日本の大学のなまっちょろい雰囲気が嫌いで自らアルゼンチンへ飛んだという異色のサッカー選手である。

みずからハングリーを求めた選手である。

そこで目にした体験とは?以下のものである。

加藤恒平「僕のような選択肢もある」
ハリルの秘密兵器が語るキャリア<前編>
a0348309_1831757.jpg


この中の以下の部分が特に興味深い。

a0348309_1831434.jpg

――アルゼンチンのボランチとは?

ワンタッチ、ツータッチといった少ないタッチでパスを回すけれど、全部、お前を経由してボールが前に行く。お前がゲームを組み立てろ。それがアルゼンチンのボランチだ」と言われて、ああそうなんだと思いました。「今日の試合は、全部ワンタッチでやれ」と言われた日もあります。

――セファールはそういうのをたたき込んでくれる場でもあったのですね。

 そうです。楽しかったですね。セファールから日本に戻ってきて、僕は(大学の)監督に「自分は4年になったら(留学ではなくサッカー選手として)アルゼンチンに行きます」と言いました。それから僕はBチームに落とされたのですが、大学3年の秋から4年の夏までIリーグ(大学のリザーブリーグ)でプレーした半年間が、僕の大学生活の中で一番楽しかった。

 この時期、大学でもボランチとしてプレーして、自分の中でああでもない、こうでもないと違う角度から見ながらサッカーができたので、すごく充実していました。大学では、その時が一番うまかったんじゃないですかね(笑)。その後、監督が交代して、僕はトップチームに戻り、前期リーグが終わってから退部してアルゼンチンに行きました。

――アルゼンチンでは4部リーグのチーム、サカチスパスの監督が気に入ってくれて、契約が決まったはずだったのが、会長から「日本人をとるなんて聞いていない」と言われて契約できなかったのですよね?

 そうです。全くイメージしているのとは違っていました。最初は給料、食事、住居を全部込みという契約だったので、アルゼンチンに行ったのですが、全部もらえなかったです。それでも僕は、練習場には毎日一番に行って最後まで残ってやっていたので、練習場の管理人が「お前、自分で鍵を管理していいよ」と鍵を渡してくれるほど信頼してくれました。

 こうした僕の姿勢は、チームのみんなも認めてくれていたと思います。監督も僕を気に入って欲しがってくれていたので、お金も渡すように会長に言ってくれた。最初は会長も「日本人だからお金を払わない」とずっと拒否していました。それから監督が(成績不振で)クビになってしまったのですが、キャプテンが何度もお金を出すようにと言ってくれて、月に5000円か6000円ぐらいもらえるようになりました。

――意外とアルゼンチンは物価が高いですよね。

 そうなんです。だからいつも100円ぐらいでチョリパンを食べていました。契約していないので試合に出られず、とても辛い時期でした。だけど、試合の遠征には一緒に行ってたので「勝負の世界はこういうことなんだな」というのが分かりました。負けた後の帰りのバスの中はお通夜。でも勝った後のロッカールームは最高でした。鳥肌が立ちました。

 サカチスパスはブエノスアイレスの貧民街にある小さなクラブでしたが、あのロッカールームの雰囲気に勝てるチームは、自分が経験してきた中で他にないです。彼らには、勝たないと家族に飯を食わせられないとか、背負っているものが本当に違っていましたので。練習場の近くにスラムがあったんです。街中で靴下を丸めて裸足で蹴っているとか、それまでテレビや本でしか見たことのなかった世界が目の前に広がっていました。自分は幸せだなと思いました。

 サカチスパスが負け続けて、サポーターのボス的な人が2人、猟銃を持ってロッカールームの中に入ってきて、選手がみんな座らされた。俺らはお金がないけれど、それでもアウェーまで応援に行っている。それなのに、お前らは試合に負けてどういうことだ」と説教されて、「俺らは移動しているから、そのバス代を全部出せ」といったことを言われて、僕たち全員、お金を取られました。

――加藤選手もお金を出したんですか?

 はい。出しました。「これがアルゼンチンなんだ」とビックリしました。僕は全くアルゼンチンでプレーできなかったので、しんどかった。毎日、自分との戦いでした。

 家族が心配してくれましたが、余計な心配をかけたくなかったので「全く大丈夫。楽しくやっているよ。みんな、良いやつで仲良くしてくれているから、今は試合に出られないけれど、練習からすごい楽しいし、良い経験ができている」とずっと言っていました。いろいろつらいこともありましたが、アルゼンチンにいたからこそ、人の優しさというか、アルゼンチン人の優しさが身にしみました。風邪で寝込んだ時も「俺がお前のお父さんだと思え」みたいに言ってくれました。

 アルゼンチンは戻ってみたいけれど、怖さがあって戻りたくない。その気持ちが半分ずつです。スペイン語をもっと勉強して上達したら、引退後にでも当時のチームメートに「あの時は親切にしてくれてありがとう。その後、僕は成長してヨーロッパでもプレーできるようになりました」というのは伝えにいきたいですね。


ウルグアイはアルゼンチンよりもっと貧困国である。貧富の差がある。

所詮シュート、たかがシュートの世界ではない。

たったのシュート一本で人生が変わる。家族と貧困から脱出できる。そういう世界である。

そりゃ〜〜、決定力の差でした。それが世界との差でしたなんて言っている場合ではない。そういう世界から来た選手たちである。


三好、岩崎、堂安、聞いてるか?


だいたい、セレッソ大阪ユースとか、ガンバ大阪ユースとか、我が国のユースは、父兄同伴だ。だいたい親が試合の時に送迎を行う。母親の茶色い声援を聞きながら試合をする。だから、プレーがゆるくなる、甘くなる。

いまや大学でも入学式や卒業式に親がついていく。下手をすれば、企業の入社式にまで母親がついていく。そういう時代である。

こういう世界と地球の裏側の世界は全く違うのである。

南米では、試合に負けたら、応援に来たサポーターの旅費を払えって銃で脅されるのだ。試合に勝たないと給料ももらえないのだ。


Jリーグや日本サッカー協会をもうちょっとこういうところを教えるべきではなかろうか?

まあ、俺もユタ大時代、2年間ハンバーガーとポテトフライのみの生活したことがあるけどナ。


決定機でシュート外せば、罰金50万円也。罰金プレーっていうのを作るべきだろうナア。

堂安のあのヘッド、あれは罰金100万円。

本田圭佑や香川真司や清武のように、決定機を外しまくっても電通のCMに出て5000万円の年収なんてあるわけがない。おかしいだろう。

これでは、永遠に決定力がつくはずがない。

一本のシュートを外せば、もうプロ解任。このくらいに厳しい世界が外の世界にあるということだ。

やはりクリスチャン・ロナウドが決定機を外さないのも、この辺に鍵があるんだろうナア。

この意味では、ちゃらくなりかけている日本代表にちょっとハングリーの意味を知っている選手が入るのはちょっとしたスパイスかもナ。


こういったことがわからないとなれば、

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-05-25 16:56 | サッカー日本代表

U20W杯韓国大会第二節:俺「この日本代表より青森山田の方が強い!」   

みなさん、こんにちは。

なんとサッカーU20W杯、我が国の朝鮮芸能界ダマスメディアや韓エッチKでは放送されない。

というわけで、FIFA提供のダイジェストをお送りしたい。

このようにもう日本のテレビがなくても何も困らないのである。

サイドビジネスですでに民間企業化しているNHKは受信料をただにすべきですナ。


FIFA U-20ワールドカップ韓国2017

グループC
Match 17: Zambia v. Iran - FIFA U-20 World Cup 2017→4-2


イラン、ザンビアのスピードに刃が立たず!

Match 18: Costa Rica v. Portugal - FIFA U-20 World Cup 2017→1-1


ポルトガル、リーグ敗退の危機!


グループD
Match 19: South Africa v. Italy - FIFA U-20 World Cup 2017→0-2


やはり来た強豪イタリア、秘密兵器ロングスロー炸裂!

Match 20: Uruguay v. Japan - FIFA U-20 World Cup 20177→2-0


日本まさかのごっつあんゴール2連続失敗!


いや〜〜、痛い敗戦!充分に勝てる試合だった。

それにしても、堂安、三好、岩崎のアバウトなプレーはなんなんだろうか?
久保がナイスシュート
a0348309_8184368.png

リバウンドでごっつあんゴールかと思いきや
a0348309_8183993.png

なんでキーパーにめがけてヘッドする???センスなさすぎ。ちょっと知能が低いのかな?
a0348309_8212851.png


また、冨安の安直なプレー。足の遅さと足元のまずさは日本代表の吉田麻也を思い出させる。
1失点目も2失点目も冨安の反応の遅さがもたらした。
かわいそうだが、冨安はこのレベルでは使えない選手ということになる。
初戦の失点もこの冨安だから、全失点の直接の原因ということになる。
冨安1失点目
a0348309_8183100.png

冨安2失点目
a0348309_8181240.png


一方、久保健英選手はこのヘッドはないナ。これこそメッシ並みのテクニックを見せるべきときだった。
a0348309_8232815.png


また、前半早々の小川のチャンス。この決定機に足先のイージーなプレー。ここがJクォリティーといわれるところだナ。
a0348309_8274317.png

a0348309_8273552.png
これが決めれないというのではトップとは言えない。体全体で飛び込んで押し込むようにプレーすべきである。


そしてこの後にまさかの大怪我になるわけだ。

どうも日頃の行いが悪いのか、この試合の「疫病神」になったようである。

エース小川のまさかの自爆負傷退場のせいで、精神的にプレッシャーを感じた仲間が次々にミスを連発して失点して負けた。

まあ、こんな感じの試合だった。


ところで、前半の久保健英選手が相手のペネルティーエリアで後ろから倒されたシーン。これは絶対にPKだったよナア。
へいレフェリー、PKちゃうの???
a0348309_9123751.png
(ここはビデオ判定に持ち込むべきだった)


久保選手はまだ交代してまもなく久保選手も周りもまったくアピールしなかった。もう少しマリーシアが必要である。

さて、こうして試合が終わってみると、結局、各年代でトップまで言われてきた

決定力不足

という同じ問題に突き当たる。

要するにこれがJリーガーの共通の問題なのである。

各チームのエースストライカーは全部ブラジル人や欧州人。わずかに日本人選手がいるのみ。パスだけだして後は決めてくれという感じで毎日試合している選手と、このシュート一発決めないと、貧困から脱出できないという貧困脱出シュートの世界とは、同じシュートでも価値が違うのである。

決定機のシュートを一発でも外せば、ピストルで撃ち殺されない麻薬はびこる世界のサッカーと、なんちゃってプロサッカーとの違いが垣間見えたわけである。


ところで、久保健英選手。やはり、この2試合で見えたのは、
我が国に戻ってきたのは失敗だったのではないか?
ということだろう。

バルサに居残った韓国のメッシ。あの選手の成長ぶりと久保選手のスポイルぶりを見れば、
やはり久保健英選手はすぐにでもスペインのバルセロナに戻るべき
だろう。

韓国のメッシは数人に取り囲まれても自力でシュートまで決めてしまう。

一方、久保健英選手は、身体を当てられたらすぐにボールを失う。

外国の選手は15歳から18歳までに急速に身体ができてくる。西洋人は日本人より成長が5歳早い。黒人選手はさらに早い。

この時代に欧米でやるのと日本の25歳すぎてやっと体ができてくる世界でやるのとでは、桁違いの差があるのである。


というわけで、我が国の天才が「神童も大人になったらただの人」にならないためにも、やはりなんとかしてバルサに戻ることを考えるべきだろう。

あんなヘッドのミスをしているようでは駄目である。

三好選手は常にパスがずれるし、堂安選手もパスが出せないし、キープできない。また中学生のような切り返しをしてボールを奪われる。

正直って、小川選手のあの怪我はない。あれは明らかにトレーニング不足。自分の着地で膝がぐにゃっていうようなことは普通はありえない。

こうしてみると、結論から言えば、この日本代表より、青森山田の方が強い。青森山田の方が身体が強い。

どうして高円宮杯で優勝した青森山田の選手たちが1人もいないのか?

どうもJリーグの各チームが自チームの若手を売りたいために、一人ひとりを押し売りしているんでしょうナア。

何度もここではメモしてきたように、日本代表でも結局大半が一発勝負の連続を経験してきた高校サッカーのトップレベルの選手たちが生き残る。Jユースで「子供横綱」で上がってきた選手たちにはその精神的厳しさがないのだ。昨年、レアル・マドリードに勝ちそうになった鹿島の柴崎岳選手も青森山田の選手たちである。

もし久保健英選手がバルサに行けないのだったら、青森山田に行ってあの徹底的な冬のトレーニングを経験してくるべきかもナ。

今のままでは、なんちゃって天才になるだけちゃうか?


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
この試合の解説者清水はなかった。チームのネガティブサイド、相手の良いところだけを褒めているという感じで、日本のツキがすっ飛んでいった感じですナ。

おまけ2:
いまも見直したが、この試合でキーパー小島はまったくゴールキックやパントキックで前線に大きくけるということをしなかった。いつも同じリズムのビルドアップだから、もう途中から完全にウルグアイの選手に展開を読まれていた。キーパーは頭が良くないとだめだ。小島より青森山田のあのゴールキーパー広末の方が良かったナア。あと残り1分でもパントキックもしないし、前線に一発勝負かけないし、どうしようもない低能だった。

おまけ3:
このウルグアイは本当にいいチームである。チーム一丸となり常に陣形を維持して全員が連動して動いている。ボールが来たときだけ動き、ボールをパスすると止まるという日本のチームとは大分レベルが違ったようですナ。日本でこれができているのは、青森山田か市立船橋か前橋工業ありたりしかないだろう。陣形がコンプパクトに守るという良い教科書のようなチームだった。それで一対一、ハリルのいう「デュエル」も強い。驚くべきことは、韓国はアジア予選では日本に負けたが、この大会の前の親善試合でこのウルグアイに2−0で勝ったということである。やはり韓国のメッシの威力が群を抜いているのである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-05-25 08:48 | サッカー&スポーツ

U20W杯韓国大会第二節:アルゼンチン予選敗退!英まさかのオウンゴール!独2戦引き分け敗退の危機!   

みなさん、こんにちは。

なんとサッカーU20W杯、我が国の朝鮮芸能界ダマスメディアや韓エッチKでは放送されない。

というわけで、FIFA提供のダイジェストをお送りしたい。

このようにもう日本のテレビがなくても何も困らないのである。

サイドビジネスですでに民間企業化しているNHKは受信料をただにすべきですナ。


第2節
グループA
Match 13: Korea Republic v. Argentina - FIFA U-20 World Cup 2017→2-1


朝鮮のメッシ、大活躍!
アルゼンチン、まさかの予選敗退!

Match 14: England v. Guinea - FIFA U-20 World Cup 2017→1-1


イングランド、まさかのオウンゴールで勝利逃す!

グループB
Match 15: Venezuela v. Vanuatu - FIFA U-20 World Cup 2017→7-0


ベネズエラ、まさかの7−0!

Match 16: Mexico v. Germany - FIFA U-20 World Cup 2017→0-0


ドイツまさかの2戦引き分け、予選敗退の危機!



いや〜〜、欧州勢、強豪国、母国が大苦戦しているようである。


ところで、南朝鮮のメッシ。大活躍して大ブレーク中だが、この選手は我が国の久保健英選手と同じバルセロナのユース所属。

どうも前からどうして久保健英選手がバルセロナの規約違反で放出されたのか不思議に思っていたが、どうもこの南朝鮮人のバルセロナの選手の問題があったように見えますナ。

今現在2人の南朝鮮人がバルサにいるとか。

南朝鮮の
鄭夢準(チョン・モンジュン)日本語読みでは、テイ・ムジュン。
a0348309_10252627.jpg

この元ヒュンダイの会長が長らくFIFAの理事長にいた。もちろん、この朝鮮人がFIFA理事長になれたのは、我が国の日本サッカー協会の会長だった長沼健氏のおかげだろう。

しかし、一度理事になると、実権を握ってその政治力を使って2002年日本大会に押し込んできた。その結果、日韓共同開催になったわけだ。

恩を仇で返す。

これが朝鮮人の特徴だが、バルセロナでも後から入った南朝鮮人選手をアジアのバルサの選手として育成し、我が国の久保健英選手がバルサのエースに育つことを恐れて、久保選手を追い出すためにこのテイムジュンが画策した可能性が非常に高い。

バルサの規約違反をわざわざFIFAから圧力かけて18歳以下の外国籍選手を18歳まで公式戦出場できないルールとしたわけである。

その結果、試合に出れない可能性を危惧した久保選手が自ら出る羽目になり、残った選手は人数が減ったために問題なしになった。

いやはや、なんでも裏から手を回す卑怯な朝鮮脳の見事な一例だったにちがいない。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
今夜日本対優勝候補のウルグアイ戦があるが、相手のウルグアイはスペイン語圏。

こういう場合は、
唯一スペイン語の話せる久保健英選手を入れるべき
であろう。

相手の会話が理解できるわけだ。最初からずっと出すべきである。南米系とは言ってもバルサのあるスペインと似たサッカーだから、ヨーロッパ人特有のリズムや癖に対処しやすいのである。

果たして内山監督にはそういうマリーシアがあるだろうか?

久保健英選手をいつも通りのジョーカー扱い、スーパーサブではたぶん惜しいところでやられるというパターンになるだろうヨ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-05-24 10:15 | サッカー&スポーツ