「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

努力の天才中田英寿と才能の天才財前宣之:やはり魂の違いが人生を決める!?

Pavarotti - Nessun Dorma 1994 (High Quality With Lyrics)


みなさん、こんにちは。

さて、大分時間の余裕が出てきたので、もう一つ。まあ、さっきの記事は普通の人はまったく興味ないだろうし、内容が理解不能だろうから、普通の人でも分かることをメモしておこう。

ところで、普通の人や早死する人は岡潔博士によれば、あと数回生まれ変わる発展途上にある人だとか。つまり、先は長い。逆にこの世で一廉のことを成し遂げる人はすでに数回生まれ変わって来た人であり、この世で何かを成し遂げて後、今度は人間の上のレベルに行く人だとか。

天才に生まれた普通の人、つまり、生まれ変わりの若い人、
非天才に生まれた非普通の人、つまり、生まれ変わりの壮年の人、

こんな違いが実は人の見かけの人生を決めている。

こんなことが実に明快に分かるものを昨日偶然YouTubeで見つけたから、ここにもメモしておこう。以下のものである。
中田英寿が絶対に敵わなかったサッカーの天才、財前宣之


栄光なき天才たち 名も無きヒーローに学ぶ幸せの見つけ方 2016年8月13日


正真正銘の天才として生まれ落ちた財前宣之選手、それに対して、伸びしろがあるがまだ未完成として生まれ落ちた中田英寿選手。

この二人はともにU16~U17の日本代表として、世界大会で活躍しベスト8になった。

その大会で優勝したのはガーナ。
中田英寿のジュニアユース時代


この時の日本代表に、

宮本、市木、戸田、松田、船越、中田、財前、伊藤、
a0348309_10131169.png

a0348309_101398.png
(私はこの大会の試合全部見ていたからナア。)
などが入っていた。大半が後に日本代表となった。松田とは、ピッチで倒れた松田選手のことである。宮本はもちろんガンバ大阪の宮本恒靖選手である。

この試合で財前選手はたしかMan of the matchに選ばれた。

その天才財前がどうして日本代表になれなかったか?

かたや中田英寿選手がどうして押しも押されぬ大選手になっていったのか?

それがこのYouTube番組で話題となっているわけである。

その答えは、この番組では、財前選手の不運や悲運にあり、中田選手の幸運にあったということで締めくくっているが、要するに

準備→俺の言うところの「心がけ」の問題

である。

天才ではない中田英寿選手はつねに先を考えて前もって準備をしている。だから、本番に強い。怪我に強い。

しかし、天才である財前は常に準備せずにぶっつけ本番で試合や練習に出ていた。だから、怪我をしやすい。

そういう結論だった。

これを岡潔流のスピリチャリズムの考え方でいうとこうなる。

肉体は遺伝的なもの、物理的、生物的に持って生まれたものである。だから、財前は良い肉体を持って生まれ、必ずしも中田はそうではなかった。しかし、中田の魂の方が練れているが、財前の魂はまだ誕生したばかりの若い魂だった。

この解釈はどことなく恒星の一生に似ている。

大きな太陽でも若いものほど早く死ぬ。しかし小粒な太陽は結構長生きである。

いくら才能に恵まれた肉体を持って生まれても魂が若いものは早く死ぬ。しかし、たとえ肉体が惨めであっても魂が発達していれば長生きし結果を残す。

まあ、ホーキング博士を見れば分かるだろう。


さて、この魂の解釈は別として、サッカーに関してこの中田と財前の教訓は、私がずっと「子供横綱の問題」と呼んできたものである。

つまり、子供の頃の天才や横綱が大人の世界の天才や横綱にはなれないという問題である。

これは、子供横綱になると、その年代の王様や大将として君臨するために、その大事な年代で(12歳ころに)変な癖や間違った技を身につけても問題なく勝ってしまうという事が起こり、その結果大人になってそれが弊害として残り、大成できないのだという問題である。

むしろ、大人になって成功するものは、子供の頃弱かったり、小さかったり、下手だったりして、ずっと努力し続けることの大事さに気づいた人間だということなのである。

東大生からノーベル賞がなかなかでないのもこれであり、今回のリオ五輪の金メダリストの大半も子供の頃は虚弱体質だったり、弱かったり、むしろ悔しい思いを積み重ねてきたものばかりだった。

レスリングの48キロ級の女子もそうだったし、柔道のベイカー選手もそうだった。

つまり、子供の頃弱かった方や天才ではなかった方が、むしろ必死で基本に忠実にプレーし、なんとかして勝つ方法を考えだすという経験をするからである。

だから、マシュー・ベイカー選手は、けっして奥襟をとる柔道ではなく、襟と袖をとる正攻法であり、小よく大を制すの小内刈や小外刈などの小兵が大柄な選手を倒す鉄則に従ってゆうゆうと金メダルを取ったのである。

それに対して、負けた選手は自分が海外選手の前では小粒になっているのに、手も届かない相手の奥襟を掴んで強引に投げを打つというようなあまりにも知的ではないプレーに終止して良いところなく負けたのである。

かつて柔道の山下選手を指導した師範が、海外で勝つには奥襟をつかむな、自分の大きさにかまけた試合をするなと肝に銘じさせて、襟と袖をとる柔道の基本を徹底した結果、山下選手は国際大会ついに無敗の大記録のまま引退を迎えたのである。これについては、故柘植俊一博士の反秀才論にある。
反秀才論 (岩波現代文庫)
a0348309_1038481.jpg

スポーツ選手、特に柔道やレスリングの選手はこの本を絶対に読むべきである。

この中に今回リオ五輪のNHKの解説者として出てきたかつての女子柔道の
山口香選手
a0348309_10395550.jpg
がいるが、その若き日の筑波大生の頃の写真もある。

なぜなら、山口さんが筑波大柔道部時代に、この柘植俊一博士は筑波大柔道部の顧問であり、物理学的立場から柔道の力学を研究していたからである。その実験材料に山口選手がなったのである。投げや構えの場合にどこに重心があるかとか、そういうことを科学的に研究したのである。

保江邦夫博士に先立つこと20年である。


これに対して、やはり国際大会で負ける選手は、山下選手の逆をやっているわけである。自国内では大柄だから奥襟をつかむ強引な体重に頼る柔道をすると、国際大会では一向にそれが通用しなくなり焦る。そして良いところなく負ける。
奥襟を掴ませてくれなかった
とぼやく選手までいた。馬鹿か?あたり前田のクラッカー。

だれも眠らせはしない(ネッサンドルメ)

ならぬ、

だれも奥襟をつかませはしない

である。

サッカーでも全く同様である。

我が国内では子供の頃抜群の俊足だったとしても、世界では平凡の足になる。下手をすれば、相手チームのディフェンダーの方が早かったりする。

50m5秒台の浅野選手はナイジェリアのディフェンダーに簡単に追いぬかれた。藤春をや?

俊足を自慢して乗り込んだガンバ大阪の藤春など俊足どころから相手のフォワードに完全にぶっちぎられた。

まったく通用しなかったのである。

もし藤春が自分の才能を子供の時だけに通用する子供横綱だと思っていれば、もっと基本に忠実に堅実なディフェンス技術を身につけたはずである。足の速さで対応できなければ、タックルで凌ぐ。あたりでカバーする。あるいは、ポジショニングでカバーする。そういう選手になったはずである。

財前の悲劇はまさにそういうことを教えてくれるのである。

財前はこう言っている。
俺みたいな子がうようよいる。


もちろん、私もここ徳島でも阿南でもたくさんの「ミニ財前」を見てきた。
キミいいもの持っているからちゃんと筋トレしろよ、もっと長距離練習しろよ
と言ってもまったくせず、結局大学に入って通用しない。怪我して終わり。

中田英寿は怪我に強い選手として有名だった。それは怪我をしないように前もって見えないところで準備していたからである。

科学と同様、見えないところで次への準備を重ねなければ飛躍はない。

基本に忠実にかつ前もって準備を怠らない

これが中田英寿選手の持っていた魂であり、財前宣之選手の持っていなかった魂である。


科学的思考の鉄則にオッカムの剃刀というものがある。より単純明快に説明可能な理論の方がより本質に近いという思想である。

もし仮に人間の問題をいわゆる科学では説明不可能だったり、説明が長くなりすぎリ場合、魂を使った説明の方が矛盾なくそれを説明できるというのであれば、そっちの方がより真実に近いとも解釈可能ということになる。

というわけで、俺は中田の魂の方が財前の魂より年をとっていた(より多く生まれ変わっていた)という説明の方が優れていると思うわけですナ。

夏に海や川に行ってそこで簡単に溺れ死ぬなんていうのは魂が未熟すぎるんちゃうか?だから、死んでまた生まれ変わるのを待っている。

しかしながら、少子高齢化の時代のいまでは、生まれ変わりの電車は山手線並みに混んでいるらしいナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-08-26 11:05 | サッカー&スポーツ

有言実行3:「杉田元宜ー世間で知られていない日本人熱力学者」が完成!?杉田元宜博士よ、永遠なれ!

Live as if you were to die tomorrow. 明日、死ぬかのように生きろ。
Learn as if you were to live forever.  永遠に生きるがごとく学べ。
ーーマハトマ・ガンジー
a0348309_874926.png

マハトマ・ガンディーさんの名言・格言・英語 一覧リストより


みなさん、こんにちは。

今日はなんていう良い日なんだ。最高の気分である。

というのも、昨日ついにかのわが国が生んだ不世出の超天才、故杉田元宜博士の生前の普及名作的論文の数々における真髄を英語でまとめた論文がほぼ完成したからである。これである。
Kazumoto Iguchi,
Motoyosi Sugita — A "Widely Unknown" Japanese Thermodynamicist Who Explored the Fourth Law of Thermodynamics For Creation of the Theory of Life


ここでも何度かメモ
2016年 04月 22日 「杉田」の発見!:謎の天才理論物理学者「杉田元宜」博士の写真はどこだ?
2016年 05月 10日
「杉田元宜博士のご家族は何処に?」:「杉田の熱力学」は復刻可能か否か?

2016年 05月 16日杉田元宜著「物理学史」:「ファラデーが我が国に生まれたら番頭にビンタされたネ」
2016年 07月 15日「1970年」の杉田元宜博士の予想:「物理学者の異常発生」
2016年 08月 21日「新版 過渡的現象の熱力学」ついに登場!:60年余の歳月を経て甦った幻の物理学書!
したように、私が杉田元宜博士の存在について知ったのはこの春先のことである。

ちょうどその頃私は保江邦夫博士の理論で理論武装して、それまでに存在する非平衡系の動力学理論を全部書き換えることを目指す論文を書き始めた。そしてそれを知人研究者の山田弘明博士に送ってみたところ、わが国にも昔同じ分野で良い研究をした方々はいる、それが以下の本にあると教えてもらったのだった。
不可逆過程の物理―日本統計物理学史から
a0348309_8185523.jpg


この本に取り上げられた物理の研究は、かつてわが国に存在した「物性論研究」という日本語雑誌に載ったものである。

そこで、幸いにも今ではインターネットでこの物性論研究の全記事が無料ダウンロードできるので、それを使って、上の本で取り上げられた論文を全部目を通したのである。

その中に私の琴線をつまびくものがいた。それが杉田元宜博士だった。

そこで、今度はこの杉田元宜博士の研究だけにしぼり、そしてそれまでの自分の研究論文は一旦休止して、ことごとくこの杉田博士の論文集めに集中したのである。もちろん、アマゾンを通じて本も集めようとした。

ところが、この春までは、まったくアマゾンにも杉田元宜博士のすの字すらなかったのである。

あとは大学図書館から取り寄せるほかなかった。

そこで、私はこのブログに杉田博士のことをメモしたのである。それがこれだった。
2016年 04月 22日 「杉田」の発見!:謎の天才理論物理学者「杉田元宜」博士の写真はどこだ?


幸いにしてこれを偶然見ていた方が、埼玉の曹洞宗のお寺の方で、お寺に保存されていた本の中になんと杉田博士の本、それもすべて謹呈されたもの、つまり初版本があったのだが、それをたくさん送っていただけたのである。

そこで、杉田博士の貴重な本を一気に集めることが出来、また幸い小林理研時代の杉田博士のお書きになられた日本語文献も知人の一人から国会図書館経由で集めてもらったりして、徐々に完璧に近い形で杉田博士の1950年代までの文献が集まったのである。

後は、時間を掛けてただただ読みまくる。そして考え、まとめるだけ。

それを毎日毎日読んでは考えてまとめあげる。図は自分で作り直す。そうやって、少しずつ英語で書き溜めて来たものが、一番最初の英語論文である。

ところが、そうしている内に、どうしても杉田博士の一番の肝、つまり「過渡的現象の熱力学」これを復刻したいと思うようになった。

なぜならこれこそ杉田元宜博士の博士論文であり、その後の研究テーマを論じた不朽の名作だったからである。そこで、英語論文を書きながら、またこの1950年刊行の旧漢字体で書かれた実に読みにくいこの本を現代語に翻訳しながら文書を全部打ち込んだのである。

そうやってついにこの本の現代語版=新版が誕生した。

ところが、そうなるとこの本の著作権の所属が問題になる。一橋大学や出版先の岩波書店の担当者に電話して杉田博士のご家族がどこにいるのか聞いてもだれも知らない。

それも当然で、杉田元宜博士は1990年、ちょうど私がまだユタにいた頃85歳でご逝去されたのである。それから26年も経っているし、大学や出版社はもう杉田博士を知るものはだれもいない。本は66年前に出たものである。当時の担当者はみな死んでいるはずである。

というわけで、絶望的になっていたのだが、唯一多磨霊園に杉田博士のお墓があることだけがインターネットに載っていたのである。

そこで、これまた偶然だが、埼玉のお寺さんがお寺周りのネットワークでその多磨霊園からご親族探しを買って出てくれたのである。私はただ待つほかなかったのだが、1ヶ月ほどして見つかったという連絡が入った。

それが拙著序文にもあるHS様だった。杉田博士のカナダ出身の日系カナダ人の奥様、グレース栄さんのご親族だった。その方から、実は杉田夫妻には長男勇吉様が一人存在したが、その長男は山梨県北杜市居住だったが、残念ながら2012年8月にご逝去されたということを教えていただいたのである。

こうしてインターネットや杉田博士の本や教科書にある経歴や一橋大学の論文サイトにある経歴などが繋がり、一つの歴史ストリアが構築されたのである。

この杉田博士の歴史は最初の英語論文の一番最初のイントロに含めてある。

おそらく、わが国では、というより、全世界初公開であるに違いない。

このHS様から「過渡的現象の熱力学」他、杉田博士の著作の復刻やいただいた数枚の写真に対するご了承をいただき、その新版、およびこの英語論文を公開することができるようになったわけである。

ここに、HS様の心から感謝の意を表したい。また、親族探しをかって出ていただいたTN様にも心からの謝意を表したい。どうもありがとうございました。

というわけで、先日メモした以下の本が誕生したのである。
2016年 08月 21日「新版 過渡的現象の熱力学」ついに登場!:60年余の歳月を経て甦った幻の物理学書!
a0348309_12143041.jpg


そうこうする内に、驚くべきことが起こった。アマゾンにだれも知るはずのなかった杉田元宜博士の古本がどんどん販売されるようになったのである。中には信じがたい高額の本まで出る始末だ。

今のところ、杉田元宜博士の研究の価値はこの俺しか知らなかったはずなのだが、あっという間に20ほどの販売サイトが出現した。それでも部数は限られている。なぜなら初版2000部程度しか最初から刊行されなかったからである。大半が絶版なのである。復刻も難しい。なぜなら著作権の迷子となっていたからである。

さて、こうして杉田元宜博士の普及の名作が復刻できると、あとは杉田博士のご研究の存在を英語圏に知らせなければならない。さもなくば、この偉大な、理論物理学者、それもかのノーベル化学賞を取ったラルス・オンサーガーやイリヤ・プリゴジンすら凌いだ天才理論物理学者である杉田元宜博士の凄さが欧米人には伝達できない。

そんなことを何の義務があって俺がせねばならないのか?

とは何度も思ったが、これも因果応報。最適制御の熱力学
有言実行:「最適制御過程における非平衡熱力学の理論:数学的定式化」が完成!?
有言実行2:「最適制御過程における非平衡熱力学の理論:最大原理の物理学的理解」が完成!?
を構築した俺しかそれができる人間はいない。

とまあ、自分勝手に妄想を抱いて、日々杉田先生の論文をひも解き、少しずつ理解しては英語に直す。その度に杉田先生の日本語のニュアンスをどう伝えるかと苦闘する日々が続く。

こうして、一時に一事、されど完璧にというヒルベルトの鉄則に従って、毎日毎日焦ることなく、適当にリオ五輪や甲子園などを見ながら、とにかくわずかでも前へ前へとまるでDefTechのMy Way
のようにして前に進めることを続けていったのである。

そうやってあれほど杉田博士の膨大なる研究を1個の英語論文にまとめるなんてほぼ不可能ではないかと思っていたことが、なんと陽の目を見たわけだ。

しかし、この作業で一番得をしたのはやはりこの私自身である。実に得るところ大だった。杉田博士の成し得たこと、ついに成し得なかったこと、成し遂げようとしたこと、こういったことがすべて白日のもとに晒されたからである。

幸いに、というか、これも縁かも知れないが、私は最適制御の理論の熱力学への応用でどうしても欲しかった具体例、逆に杉田博士がやろうとしてついに出来なかった問題が、ちょうど杉田博士がやったことと私がやったことと裏腹の関係になり、お互いに補完できることが分かったからである。これで、ついに1つの大きな理論体系が完成したのである。

若者よ、これを読んでさらに先に進め!
そして、俺にその先を見せておくれ!

杉田元宜博士よ、永遠なれ!




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-08-26 09:11 | 普通のサイエンス

ジョーク一発「恐怖のシナリオ」:もしも東京都知事があのまま舛添要一だったとしたら!?

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

もしも東京都知事があのまま舛添要一だったとしたらどうなっていただろうか?
あるいは、民死ん党の菅直人首相や野田佳彦首相あるいは蓮舫首相だったりしたら?

このタイムラインを考えるだけでも悪寒を感じて身震いする。身の毛がよだつ。吐き気がする。

仮にそれを想像してみたら、こんな感じだったのではなかろうか?


舛添要一のジャパンショー

(あ)バツ入り日の丸

まずリオのメイン会場にバッテン日の丸が映し出される
a0348309_11274418.jpg



(い)お墓エンブレム

次に佐野のパクリのお墓エンブレムが映し出される。
a0348309_11251696.png

a0348309_11251293.jpg



(う)アニメの鬼太郎が登場

a0348309_11301637.png


(え)そこに一反もめんが登場。
a0348309_11312266.jpg




(お)舛添要一東京都知事登場

そこでねずみ男に扮した舛添要一東京都知事が一反もめんに乗ってリオデジャネイロを目指す。
もちろん、リオデジャネイロの最高級ホテルの最高級スウィートルームを目指す。
a0348309_11332224.jpg



(か)会場にエンブレムに合わせたお墓登場。

そこに一反もめんに乗ったネズミ男が登場!
a0348309_1138336.jpg



中から、舛添要一東京都知事が現れる!
a0348309_11332179.jpg

あるいは、民死ん党の蓮舫首相が猫女に扮して一反もめんに乗って登場だろうか?
a0348309_11373714.jpg




(き)朝鮮式おもてなしでおもてなす

在東京に来てね!
a0348309_11485330.jpg



(く)狂った支那朝鮮が大絶賛、しかし他の世界から大顰蹙を買う



とまあ、これが俺が想像した、もしあのまま舛添要一東京都知事だったらという、考えるだけでもおぞましいタイムラインである。

いや〜〜、このシミュレーションは本当にあり得たかも知れない恐怖のシナリオですナ。

ともかく、そうならずにすんで良かった、良かった。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-08-24 11:41 | ジョーク一発