KANO~1931海の向こうの甲子園「感想文コンクール」:締め切りまであと3日!   

a0348309_81728.jpg


みなさん、こんにちは。

2年ほど前にここでもメモした戦前の旧日本国時代の台湾県の高校「嘉農」こと嘉義農林学校の野球部が甲子園初出場準優勝をしたことをメモしていた。以下のものである。
『KANO(嘉農)』台湾からの「甲子園」:日本統治とはこんな感じだったのだ!

《KANO》六分鐘故事預告
甲子園の校歌は素晴らしい2:「KANO」の校歌を発見!「KANO」から見る米本位制の可能性!?

KANO隊歌&校歌


嘉農(KANO)隊歌&校歌

嘉農棒球隊隊歌(中譯:周微茂 整理:林勤曲)
1
靈峰新高仰ぎつつ (迨峰玉山我仰望)
苦心を積をし幾星霜 (累積甘苦幾風霜)
立てし宣言果たさんと (堅定矢志要奪魁)
ここに立ちる我か選手 (我等立折氣昂揚)
2
母校の譽れ高めんと (折為母校來增光)
勉めて止まぬ‧その練磨 (不斷磨練再成長)
辛酸ここに效をりて (多少辛酸凝成鋼)
我が陣容は整へり (我軍陣容已堅強)
3
大丈夫の心根と (男子漢無懼勇往)
日頃鍛えし‧この腕 (千錘胳脖已強壯)
如何なる敵にの出 (不怕頑敵多囂狂)
擊ちて碎かん‧いざともに (殲如破竹敵膽喪)

ラ嘉農ラ嘉農 (啊!嘉農 啊!嘉農)
フレフレフレ (加油! 加油!)
ラ嘉農ラ嘉農 (啊!嘉農 啊!嘉農)
フレフレフレ (加油! 加油!)


嘉義農林學校校歌(作曲:高野辰之 作詞:岡野貞一)
1
新高山の西  沃野千里
要路四通の  直中占めて
嘉義よ歷史に  輝く處
嘉農が瑞穗の  旗立て立つ地
2
八掌溪の北  天惠充てり
小田に黃金は  再び稔り
野にも山にも  幸堆高し
これ吾が嘉農を  迎えて待つ地
3
浮べる雲の富  省り見ずて
汗に生くるが  我等の願い
一木植うるも  一粒撒くも
誠の吹息を  こむるが誓い
4
見よ 五年の業  學び終へて
胸に燃えたつ  理想を秘め
鋤と鐮とを  寶庫の鍵と
微笑み 地に立つ 我等の姿
プレミア12のいい話:『KANO(嘉農)』の国台湾は礼節を重んじる国だった!

【プレミア12】台湾の俳優「ボロい球場で試合をさせてしまって申し訳ない」
「こんなにボロい球場で申し訳ない」=台湾の俳優が侍ジャパンに謝罪、韓国チームからは不満も―台湾メディア (Record China) - Yahoo!ニュース

2015年11月18日、台湾メディアによると、台湾の俳優が世界野球WBSCプレミア12で訪台した日本チームに対し、ひどいスタジアムで試合をさせてしまって申し訳ないと謝罪した。

台湾の俳優で熱狂的な野球ファンの董舜豪(ドン・シュンハオ)さんは、台湾代表の林智勝(リン・ジーション)選手
a0348309_822010.jpg

が日本チームにタピオカミルクティーを差し入れしたニュースを受け、自身のフェイスブックで日本チームに向けて、「申し訳ない。あなたたちに台湾のこんなにボロい球場で試合をさせてしまって(恥ずかしい)。タピオカミルクティーが少しでも台湾に対する好印象を残してくれたらと思う」とコメント。また、台湾について「野球は世界レベルに発展しているが、球場は学生レベル」と批判している。

台湾の球場をめぐっては、韓国とキューバが準々決勝を戦う予定だった天母球場で火災が起き、開催地の変更を余儀なくされるという騒動もあった。これに対して、韓国チームから「アマチュアのようだ。火事もそうだがスタジアムの照明も暗すぎる」とたまっていた不満が噴出した。


さて、そんな台湾の「嘉農」の映画KANOに対する感想文コンテスト(「嘉農」を見て映画の感想文を書く)が開催中だという。以下のものである。
KANO~1931海の向こうの甲子園「感想文コンクール」

KANO~1931海の向こうの甲子園「感想文コンクール」が開催されています。
「KANO(カノ)」は、終戦まで台湾にあった嘉義農林学校(現在の国立嘉義大学)の略称の「嘉農」のことです。
この学校が昭和6年夏の甲子園(第17回全国中等学校優勝野球大会)に出場し、一回戦、二回戦、準々決勝、準決勝とを圧勝して勝ち進み、ついに決勝にまで進出した実話をもとに描かれた映画作品です。
台湾で記録的なヒットとなりました。

実は、この映画について、みなさもご存知の「愛国女性のつどい花時計」が中心となり、アパ日本再興財団の後援を得て、日本国内で「感想文コンクール」が実施されています。
最優秀賞は賞金3万円+勝兵塾の海外研修にご招待、優秀賞2名、佳作20名がそれぞれ、賞金2万円、アパホテル利用権5千円分などのプレゼントがあります。

応募は日本語で400字~1,600字程度感想文で良く、データもホームページからWord形式の原稿データの送信でOKです。

12月1日から募集開始で、2月29日までですので、もうあまり日にちがないのですが、「海外からも受け付けている関係で、応募ボタンが表示されている間は受け付けています」とのことですので、1〜2日は締め切りに遅れても応募可能かもしれません。

映画はDVDのレンタルができますので、明日、明後日の土日に、息子さん、娘さんに観てもらって、応募されてみてはいかがでしょうか。

a0348309_87046.jpg

http://kano1931.kansoubun.com

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し決勝まで勝ち進んだ、日本人、台湾人(漢人※1)、台湾原住民(※2)による「嘉義農林学校」野球部<KANO>の感動の実話。台湾で歴史的な大ヒットを樹立し、日本でも連日劇場満席状態の大ヒットを記録した話題作。後世に語り継ぎたい物語、ぜひ、みなさんにご覧になっていただきたく、感想文コンクールを開催いたします。
※1:中国大陸から移住した漢民族の子孫 ※2:台湾の先住民族の正式な呼称


締め切りまであと3日。
映画が見れない人は、上の3つの話で十分かもしれませんナ。YouTubeで我慢我慢。それでも感想文をかけるに違いない。

若者にチャンス到来、入賞して海外旅行ゲットしよう。


「嘉義農林学校」野球部<KANO>は、戦前のストーリーだったが、甲子園初出場で初準優勝。

これと同じことがここ徳島県の池田高校野球部が行った。甲子園初出場初準優勝。部員たったの11人だった。

私はその頃山梨県甲府市で見ていた。

その後、池田高校は徳島の強豪へと育ち、蔦監督率いてここ阿南出身の水野投手を引っさげて甲子園の常連校になった。

伝説。レジェンド

となった。

戦前のKANOはまさに台湾のレジェンドだった。

もしいま韓国人が言うように、この時代に強制的に従軍慰安婦を行っていたとすれば、それは当然韓国と同じく当時日本国の一部となっていた台湾においても強制的に従軍慰安婦や売春婦にされたものがいて、そのことを台湾でも映画にしたりと取り上げたはずである。

ところが、そんなことはまったくなかった。なぜなら、当時は売春は合法的なものであり、「赤線地帯」は売春宿の代名詞。当時は世界中で売春は合法、各国政府が認可していた時代だったからだ。オランダでは今でも売春は合法である。公的に免許を受けた女性だけが売春宿で男をとるのである。そういう女性を「公娼」(こうしょう)と呼んだ。

韓国も台湾も日本も同じ日本国=大日本帝国の一部だった。だから、公的売春は個人募集であって、今同様に女衒(女を取引する売買人)は朝鮮人がほとんどだった。昔も今も鮮人は女が大好きなのだ。女を奴隷か商売品として物としてしかみない李氏朝鮮文化で800年以上過ごした民族だったからである。

というわけで、従軍慰安婦は、従軍高給売春婦でしかなかった。当時の貧乏朝鮮では朝鮮人売春婦が偉大な帝国日本軍に従軍する(くっついていく)ことが最高の栄誉だったのである。だから、自ら率先して身体を検疫し公娼となった。それを知った貧乏家庭の親は未成年にも関わらず日本軍を騙してまで娘を家族の借金のために公娼にした。

これが今言う従軍慰安婦の正体である。しかし、それがバレたら今現在の貧乏韓国人には身も蓋もない。カネ欲しさに「従軍慰安婦問題」と称して、1980年代以降ずっと日本人と国を騙し続けてきたのである。

そういうことももう1つの大日本帝国だった台湾からよく分かる。

現在の70歳以上の台湾人(台湾生まれ育ち)は、「自分は日本人だ」という。その理由がこのKANOからよく分かるのである。

逆にまったく同じ状況、むしろ台湾以上の最恵国待遇で処された韓国(なぜなら天皇家の梨本宮と縁戚関係を築いたのだから)、その韓国が「自分は日本人に虐待された」と主張するのとはえらい違いである。

同じ中国の脅威にさらされていたとしても、両国の日本に対する応対はまったく正反対なのである。

あまり知られていないが、戦後70年の間に我が国同様に終戦直後にアメリカに渡った中国人の多くが台湾出身者だった。台湾からアメリカで科学者になり博士になった台湾人の多くがアメリカで成功して大学教授となっている。

特にエンジニア分野で格段の成功を遂げた。電子回路、制御理論、こういった応用的部門で多くの台湾人がアメリカ人となって、通称中国系アメリカ人学者に育っている。だから、台湾はエレクトロニクスが盛んになったのである。


さあ、若者よ、KANO感想文コンテストに挑戦してみたら?

加油、頑張れ、NIPPON。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-02-26 08:39 | ブログ主より

<< ジョーク一発:「民主党は「日本... アイラブジャパン:「日本人の宗... >>