2016年米大統領選ヒラリーvsトランプ:「最初から51%vs49%で決まり!?」   

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

さて、米大統領戦は「スーパー・チューズデー」に入った。

ここで共和党と民主党のほぼ代表が決まると考えられている。

今の勢いだと当然共和党は
ミスター・トランプ
a0348309_746076.jpg

民主党は
ヒラリー・クリントン
a0348309_747386.jpg


しかしながら、これは陰謀論や陰謀暴露論を知らない人、あるいは、知らないふりをしている人、あるいは、無視する人たちの「脳天気さ」に依る。

実際にはかの「イルミナティー・カード」にこの二人はちゃんとだいぶ前から載って、それぞれのカードができていたのである。ヒラリー・クリントンに至ってはまだ若い頃に載っている。

今回は米大統領戦のトランプとヒラリーのものをメモしておこう。これである。
ヒラリー・クリントン
a0348309_7361131.jpg
トランプの「Enough is enough 十分十分」
a0348309_7371988.jpg


というわけで、この2人の戦いはかつてのルーズベルトの言葉にあるようにすでにずっと前から計画されていたものであり、その結果も
「民主党のヒラリーの勝ちで決まっている」
んだとか。例のブッシュvsゴアのように51%vs49%の票数で勝利するようにすでにコンピュータに予めインプットされているらしいですナ。

もしトランプの勝利があるとすれば、それは米国民のクーデターのようなものだが、その場合にはJFKのような未来が待つと予想されている。
Illuminati Planning Trump Assassination Attempt?


さて、こういうものはイルミチックな陰謀論・陰謀暴露屋にお任せし、ここではさらにもっと物理的な陰謀暴露をメモしておこう。

「トランプの陰謀」といえば、あの髪型。そう、日本で言う「落ち武者ハゲ」である。これを暴いた強者がいた。これもメモしておこう。以下のものである。
コーンの髪型、とうもろこしの髪型
a0348309_7451474.jpg

なぜそうなるのか?

その心は?

といえば、こういう事情だかららしいですナ。
a0348309_7455645.jpg


一方のヒラリー。こっちは我が国で言う「ゲスの極み乙女」のベッキーのような女性。「ゲスの極みレディー」だったとか。

ヒラリーには政治家を志した若い頃から幾多の暗殺疑惑がつきまとう。すでに数十人は殺してきたのではないかとだいぶ前から噂されている。政敵をどんどん死に追い詰める。我が国で言えば、小沢一郎である。

だから

顔つきが悪い。
魔女ヒラリー
a0348309_863188.jpg


まあ、これもそれももともと共和党は、大英帝国の貧乏貴族の子孫が一攫千金を夢見てアメリカにわたってタダ同然のアフリカ奴隷を使って築いた「南部共和国」である。

一方、民主党はメイフラワー号で大英帝国の王室の圧政にたまりかねた白人貧民が作った「北部合衆国」である。いまではこういったプロテスタントのピューリタンは、ごく一部で、その頃いっしょに渡った「マラーノ(=キリスト教に改宗したユダヤ人)」であるユダヤ系(我々が今言う偽ユダヤ人)たちが作った国である。

ちなみに、カリフォルニアのハリウッドは、ユダヤ人(=偽ユダヤ人=アシュケナージ)がユダヤ人のために作り出したもの。だから、米白人といっても一昔前のWASP(白人・アングロサクソン・プロテスタント)ではなく、偽ユダヤ人=ユダヤ教でもキリスト教でもない悪魔教を信じるものたち(タルムートを信じる)が主流となっている映画組織にすぎない。

だから、ハリソン・フォードもそうだし、ハリウッドの主役は男女すべて偽ユダヤ人しかなれないのだ。ゆえに、WASPのロナルド・レーガンですら脇役にしかなれなかった。

だから、タルムートに「ユダヤ人以外は人ではない」(=「ユダヤ人は人間ではない」)と書かれているその言葉を信じているのである。デーブ・スペクターがハリウッドキラーであるのも、イスラエル人のモサドだからである。したがって、自分に反するものは「ゴイム(豚)」と罵るわけですナ。

というわけで、米大統領戦の民主党vs共和党は、北部偽ユダヤvs南部WASPの戦いだから、そもそもアメリカのお客さんである有色人種はどうでもいいわけだ。はじめから観客でしかない。はっきり言って自分たちで独立国でも作らないかぎり無理なのだ。

また、陰謀暴露の世界でもっとも有名な事実はなんだか知っているだろうか?

それは、
アメリカの大統領は英国貴族の血筋が入っていないとなれない
というものである。黒人のオバマが大統領になれたのは、片方(母方)にそういう貴族の血筋があったからである。

果たしてトランプにはその血筋があるか?

もしあれば文句なしだろうが、なければたぶん負けるのである。


ところで、日本にもこういうやつがいる。それが山梨の民主党の輿石東である。仙谷由人の盟友、60年代安保闘争、学園紛争時代にヘルメットして角材持って機動隊に突っ込んだ類のやつだ。そんな奴が山梨の教員になり、日教組の代表にまでなっていた。世も末である。
だから、こういうやつが国会議員になるとこういうことを言った。
輿石東「間違った情報ばかり流せば、電波止めるぞ!」
a0348309_893646.png


いや〜〜、結果的には輿石が正しかった。電波止めて良かったんだヨ。

韓流親中の電波は即座に廃業処分。NHK、ウジテレビ、TBS、日テレ、テレビ朝日、テレビ東京、関テレ、こういったテレビ局は廃業でオーケーだ。誰も困りはしない。実際俺もほとんどテレビ見ないしナ。


さて、米大統領戦、やはりイルミナティーの計略通りヒラリーの辛勝で決着するんでしょうか?

最後にかのルーズベルトの言葉で締めくくっておこう。
a0348309_8161993.jpg

「政治の世界では、何事も偶然に起こるということはない。もし何かが起こったならば、それは前もって、そうなるように謀られていたのだ。」

フランクリン・D・ルーズベルト第32代米国大統領



まあ、ジョークですから。笑うことが肝心。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-02 08:19 | ジョーク一発

<< 小学校「掃除の時間」、シンガポ... ニビル問題に新たな動き:ジル・... >>