俺はいつから「第三次世界大戦勃発」と言っていたか?:なんと2002年からだった2022年説支持!   

【閲覧注意】以下には結構怖くて気持ち悪い内容が含まれていますゾ!良い子のみなさんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
a0348309_16392952.jpg

妄想一発:「戦後は終了。世界はWW3目指して動いている」は本当か?


みなさん、こんにちは。

2011年の東日本大震災の前、

「2012年のアセンション」
「2012年フォトン・ベルト通過」
「2012年次元上昇」
「2012年ニビル降臨」
「2012年霊的上昇」
「2012年世界が終わる」
「2012年地球は大災害で滅ぶ」

などなど、と盛んにとてつもなく素晴らしい時代が来ると言って期待していた人たちがいた。そういう人たちは盛んに自分の作ったばかりのブログでそういう話を公開しまくっていた。

そんな本をたくさん売って相当儲かった人もいたのではないか?

はたしてその後どうなった?

「後悔した」

だけだったのでは?

今ではその人達は、

ゴールドマンサックスにいた
あるものは2008年のサブプライムで失業。
あるものは田舎に引っ越し、
あるものは田舎カフェや農業家に、
あるものは心霊家に、
あるものは予言者に、
あるものは前世カウンセラーに、
あるものはブログ消滅、
あるものは小沢シンパの左翼に
しかし、大半は心を病んで病院行きとなった。

そんな中、俺は常々言っていた。
アセンション物語は米CIAがインターネットのネットワーク解析実験のために行った偽物だ。だから真に受けるな
ってナ。

結局、何も起こらなかった。むしろ起こったのは我が国の東日本大震災と福島第一原発爆発だけだった。

そして、俺だけが
2020年前後に第三次世界大戦が来るヨ。だから、準備せよ
と言ってきた。

そんなわけで、2016年のいまでこそ生き残ったブロガーたちが「第三次世界大戦」がどうたら、こうたらと書き始め、いまではあの当時何もそんなことを言わずにいた連中までにわか「第三次世界大戦勃発派」となった。英ロスチャイルドの子飼いの小沢チルドレン板垣 英憲
日本人が背負う《世界大戦》重大リスク
この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのか
NIPPON

a0348309_1602732.jpg

とかいうアナリストもその1人。

さて、じゃあ、いったい俺はいつごろから「第三次世界大戦予測」をしてきたのか?

と思い出そうと昔の最初のBBSを調べると、なんと2002年にはそう書いていた。

そんなわけで、昔のBBS時代の私のメモやら、その当時のアカデミズム状勢などを描いた面白いものをいくつかピックアップしておこう。

(あ)とある大学人の当時の我が国の大学のイメージ
1901 アカデミズムにも黒船?
momotaro
2002/07/30 01:15

 KIさんの国立大学協会・教職員組合・文部科学省の関係図は非常にわかりやすく興味深い考察だと思います。

 蛇足の感もありますが私なりに少しだけ修正を加えてみますと、


       総会屋=政治家・族議員       
       (利権を守るのに熱心)
           |          
           |     消費者(市場)=国民・・・どこにも不在
           |         
         文科省=大株主      
         (経営に圧力)      
        /        \     
       /          \    
      /            \   
   国大協=取締役会 ——— 教職員組合=労働組合
 (地位を守るのに熱心)    (職を守るのに熱心)


 という感じになります。これは、左前になった大企業の形態そのものと言えるでしょう。

 取締役会とは、名誉職的な「特権クラブ」にすぎず、実質的経営権は大株主が握っていて取締役会は結局その意向に逆らえな
い。大株主は、大株主なりに経営に責任感を(必要以上に)持っており、アメととムチを使い取締役会を懐柔しつつ利害を調整
しようとするが、所詮素人ジェネラリストの集団ゆえ経営の専門知識やノウハウを決定的に欠いており、また声の大きい総会屋
にはつい負けてしまう。労働組合は、形だけ大株主や取締役会を批判するものの、実のところ彼らに甘えきっており「雇用の維
持」以外に興味はない、という感じでしょうか。

 ここには消費者のニーズを満たすためのマーケティングや事業の効率化のためのリストラ、といった思想はなく、「組織の存
続」のみがこの3者の共通利益である。しかし「商品の品質」に愛想を尽かしつつある国民は「外国製品」を使ったほうがまし
ではないかと思い始めている。

 ただ、業界自体は「規制」で守られているので、「商品」たる学位などは業界認定のものしか有効でない、とされていたり、
「価格(授業料)」もコメのように価格統制されている。

 このままでは、「この会社」は「衰退企業」であることは間違いないですね。いづれにせよこういう状況に陥ってしまったな
ら内部からの自主的な改革はほぼ不可能です。こういう企業のとりうる道は、(1)優れた「リーダー」を新たに雇うか、(
2)破壊力のある競争相手が出現して仕方なく「競争」するしかなくなるか、(3)あるいはいっそのこと「外資」に買収され
るか。

 (1)の方法は、小泉総理の誕生の時でも見られたように、しばしば大きく期待されるやり方ですが、よほどカリスマ性のあ
る優秀なリーダーでない限り、結局のところ内部からの反発をくらってつぶされるでしょうし、(2)は規制でがちがちで、な
おかつブランド信仰の根強いいまの日本の教育市場ではなかなか実現が難しい。で、最近の日産やマツダの例をみても明らかな
ように、再建には(3)が一番手っ取り早いように思います。一気に国際化も進むことが期待されます。

 ハーバードやスタンフォードさん、どうでしょうか?。


(い)もうその頃「観光事業」が日本の決め手だと言っていた。
1902
九州、四国は観光立国を目ざすべき!しかし、そのためには国際空港が必要ですな
ー!
KI
2002/07/30 05:16
男性 自由業 44歳 O型 海外
権兵衛のだんなさん、momotaroのだんなさん

いやー、だんな衆のセンスは鋭いですなー!

権兵衛のだんなは相変わらずの博識ですな。また、いつも真理の
かけらを射抜いていますなー。論語のお話、全くそのとおりです。

日本の政治家やリーダーにもう少し、頭脳があればねー。もっとも
これは遺伝なんで、2世3世が幅を利かせられるようじゃ論外。
学者も政治家も本来一代限りのものなんですがねー?ファミリー
ビジネスになっちゃいけませんなー。


momotaroのだんなの図式はより現実的でたいへん良いですなー。
すぐに私の論点を見抜くあたりさすがですな。要するに、私が
言わんとしたのは、文部省傘下の大学も、他の省庁傘下の組織と
同様に、いわゆる護送船団方式で運営されて来て、もはや時代に
取り残される運命にあるっていうことですな。

その点、郵政省の郵便局、経済産業省の国立試験所、厚生労働省の
国立病院&大学病院、文部科学省の国立大学&国立研究所など
あらゆる分野でまったく同じことが起こって来た。大学もその
例外ではないということですな。


日本の大学は単なるレジャーランド化したと言われて久しいが、
東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の
ようにほんまもんのレジャーランドが来ると、ほとんどの日本の
レジャーランドは競争に負けて来ている。あるいは生き残りを
賭けて、幼児児童対象にした和歌山のみさき公園のように特化した
ものだけが採算が取れているわけだ。

これと同じように、もしアメリカのスタンフォード大やハーバード
大などがスタンフォード大ジャパンやらハーバード大ジャパンなる
ものを作れば、日本のほとんどの大学は競争に負けるだろうねー。
あるいは、特化しないと生き残れないでしょうなー!

しかし、アメリカは大学こそ現代社会のキーファクターであると、
つまり現代文明とはアメリカの大学がつくり出したものだと考えて
いるので、わざわざ日本進出することはないでしょうなー!

ま、小泉のだんなだけじゃないが、自民党の連中は、アメリカに
追いやられたアメリカインディアンの歴史を勉強した方が役に立つ
じゃないだろうかねー!教育は自分のところでしか行わず、軍事と
貿易で支配していったという方法ですなー!教育を受ければ、
アメリカ人になり、敵対すれば、軍事と貿易でつぶされるっていう
やつだねー!まあ、アメリカにとっては、小泉さんあたりは、
きっとスー族の酋長のようなものに過ぎないでしょうねー!
XJapann聞いて喜んでいるだけじゃ、どっかの小僧といっしょです
からなー!

これに対して、ヨーロッパはアメリカにどう対処したかが今後の
日本の参考になるだろうねー!要するにアメリカ人にないもので
アメリカ人を教育したんですなー!ギブアンドテイクですなー。

ハワイはこの意味で、22世紀(21世紀ではないよ!)の日本を
象徴しているように見えますなー!日本人の良さがハワイの日系米
人にあり(治安、勤勉さ、親切心、まごころなど)、ハワイ全体の
基調としてつつみ、観光ハワイに非常にあっているように見える
ねー!ハワイの3割が日系人、3割が白人(ほとんどが米軍関係
者)、4割がネイティブその他大平洋諸島人だからねー。

私の個人的見解では、九州や四国は、本州の京阪神、首都圏とは
異なり、観光立国を目ざすべきでしょうなー!実際、九州、四国に
はハワイに負けないだけの素晴らしい海岸の数々があるからねー!
東京のバカどものまねをする必要はないんですなー!(私の個人的
歴史観では)薩摩長州が幕府を倒した時に、ついでに九州、四国を
独立国にして連邦国家にしていれば良かったんですなー!明治維新
の時に、実はUnited States of Japan or Great Japanにできた
一番のチャンスだったんだけどねー!明治のヒットラー、伊藤博文
に乗っ取られちゃッたんですなー!

この頃アメリカに移民した人々がハワイにいるわけだが、同じ日本
人の血を引いている彼らと今の日本人を見比べた場合、同じような
能力がある人であれば、明らかにハワイに住んでいる日系人の方が
幸せな生活をしているように見えるねー!

我が家は昨日ハワイオアフ島一周ドライブに挑戦したんだが、
だいたい8時間くらいで一周できた。その間オアフ島のぐるりの
海を見たが、本当にきれいで素晴らしかった。オアフ島の大きさは
だいたい東京都の80%くらいとか。日本人観光客がメインにいる
のは、南の海のワイキキ近辺のみ。しかし、白人はどこへいっても
いるねー!西の果てはまるで火星のように真っ赤な赤い土の土地
で、まだこの島が溶岩からできたばかりを思い出させる場所。
南西は農産物がメインで、日系移民が作った農場のようなところ
だった。北西には牧場やパラシュート場があり、北の海は四国や
九州の海のようで、漁業やバナナ農場。現地人ハワイ人の居住区が
ある。北東は世界一きれいなカイルアビーチがある。東は砂漠化
した場所で、シーライフパークやハナウマベイがある。この辺が
サーファースポットで、ビッグウェーブが来ていた。南東は高級
リゾート地ですなー。

日本は島国で、中国のように工業だけで生きることはもはや無理。
ハワイのように観光立国を目ざすべきだねー。それが自然保護の
役にもたつ。そのためには、九州、四国、北海道にも国際空港が
必要でしょうなー!これら九州、四国、北海道に国際空港を作る
ことに集中すれば、地方の下らん道路を作るよりはよほど国民の
ためになると思うけどねー!そうすれば、世界中から四国のお遍路
さんに来る人も増えるはず。徳島のカーニバル、阿波踊りに参加す
る客も世界中から来るだろうねー!

まあ、自民党のお偉方はハワイに来てもゴルフして帰る程度だから
何も学ばないだろうがねー!(ついでに言っておくと、工業立国って
いうのは、理科の勉強ができないとできないが、観光立国という
のは、あまり理科の勉強ができなくてもできるんですなー。今の
日本人にはうってつけ。)


いやはや、世も末ですなー!

じゃ、またーね。


(つづく)




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-14 16:43 | 昔のブログ・BBSから

<< 俺はいつから「第三次世界大戦勃... いやはや「日テレ」はご臨終だっ... >>