空飛ぶ時代到来か!?:日本は無人、世界は有人。イーロン・マスクはもう古い!   

みなさん、こんにちは。

我が国が遅ればせながら「ドローン」(=無人エアクラフト)にうつつを抜かしている間、欧米の若者たちは「エアクラフト」発明競争の最中にある。

つまり、我が国では「無人」を目指している間、欧米では「有人」を目指しているのだ。

「有人」のホバーボード、ホバーバイク、ホバーマシーン、フライング・マシーン

そんなものをいくつかメモしておこう。以下のものである。

(あ)フライボード
ジェットエアボード=フライボード
a0348309_111163.png



Canadian Develops Futuristic Hoverboard
a0348309_1116553.png



(い)ホバーバイク
Homemade Hoverbike
a0348309_11111735.png



New Invention - Hoverbike (2014)
a0348309_11233565.png



Flying electric bicycle invented in Czech Republic
a0348309_11221420.png



(う)マルチコプター
World's first manned flight with an electric multicopter
a0348309_11252514.png



Manned multicopter / multirotor build PART 7
a0348309_11123992.png



(え)フライングソーサー=支那ソーサー
The Invention of Chinese Home-Made Flying Saucer
a0348309_112091.png



(お)ジェットパック
The Troy Hartman Jetpack
a0348309_1128798.png



(か)ジェットマン
Flying with Jetman
a0348309_1130479.png



(き)ワンマンヘリ=タケコプター
もちろん我が国日本にもいる。タケコプター。
Worlds smallest One-man Helicopter GEN H-4 by ADEYTO
a0348309_11324398.png



他にも多数あるが省略。


こういうやつをどんどん活用して熊本地震などの被災地で活躍して欲しいものである。

シャープやソニーや陰りの見えてきた電機企業や動力産業は今後こうした有人の空飛ぶマシーンに集中すべきである。

これがあれば、大津波も怖くない。

というわけで、いまは自動車ではイーロン・マスクのテスラモーターズが日本でも知られるようになったが、遅すぎる。ネット世界ではずっと前に知られたことである。古すぎる。

もはや時代はイーロン・マスクの時代ではない。自動車は時代遅れなんだ。

これからは道路を必要としない乗り物の時代。最先端はエアマシーンの時代である。かならず来る。

もちろん、自動車もなくなることはない。目的に応じて使い分ける時代が来るのである。

そしてその最終バージョンが「空飛ぶ家」=「空飛ぶ円盤」である。すなわち、UFOである。

竹とんぼ→紙飛行機→タコ→グライダー→飛行機→ヘリコプター→ロケット

ときて、再び

ホバーボード→ホバークラフト→フライング・マシーン

ときて、最後は

フライング・ソーサー
a0348309_11461490.jpg
となる。

まあ、時間の問題ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-04 11:46 | 普通のサイエンス

<< 浦和(日本)「後味が悪い」vs... 「パナマ文書」の次は「ドンキー... >>