「日本のこころ党」矢作先生頑張る!:311の日の菅直人民主党政権のだめさを暴露!   

みなさん、こんにちは。

この真夏の今日、矢作先生が都内で暑さに負けず頑張ったようである。以下のものである。
「現憲法の不備について、大規模災害等緊急時に実務的に動ける憲法を」矢作直樹・全国比例代表候補2016.7.3【日本のこころを大切にする党】浅草雷門前#2





この矢作先生の演説の最初の方で、2011年3月11日の東日本大震災の話がある。

矢作先生の友人で東電福島第一原発で働いていた人が、

先生、電源が全部飛んだ。どうしよう?

と聞いてきたという話がある。

その後、先生が政府関係筋に聞いても誰一人まともな情報を得ていなかった。だから、福島が爆発するどうするんだという時に政府は何もしなかった。
カテゴリ:原子炉被災 ( 138 )

2011年 03月 12日
「3月11日19時までの日本列島震度分布」発見と「運命と宿命」の風
2011年 03月 14日
東京電力さんヨ、「自分で撒いた種は自分で刈り取れ!」: 人のせいにするなヨ!
2011年 03月 15日
チェルノブイリの最終解決策:死を覚悟した決死隊によるコンクリートづめ!

カテゴリ:被災者救済 ( 15 )
放射能防御除去 ( 23 )

2011年 03月 26日
「チェルノブイリの被災者は豆腐を食べた!」:確かに大豆製品にはカリウムとカルシウムがある!


ところが、天皇陛下が一言述べたら、それを察知した米軍が早急に動いて、福島第一原発の最悪の状況を阻止できたというのである。


もちろん、その時の政府とは、今の民進党の前身である、民主党の菅直人政権であった。
2010年 06月 10日
菅直人政権の”未来”は?:おそらく日本経済破綻、日本破滅!

a0348309_208186.jpg

(高校生諸君、こいつらの顔と名前を覚えてくれ。こんな連中がのさばるようでは世も末ですナ。)


いや〜〜、民進党や共産党がいる限りダッカ人質テロのようなことがなくならない。

なぜなら、すでに我々一般国民が在日韓国人朝鮮人の人質になっているようなものだからだ。

これをなくす道はかなりの困難な道である。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-07-03 20:16 | アイラブとてつもない日本

<< バングラ人「本当にごめんなさい... 「ダッカ人質テロ」:やはりこの... >>