「いよっ!日本一!」桜井誠「日本第一党」の政策綱領が公表!:やっぱりジャパンファーストだった!   

「ジャパンファースト!7月30日は日本人にとって”魂”の独立記念日である!」
a0348309_14411372.png


みなさん、こんにちは。

いや〜〜素晴らしい!

かなりわが国では遅きに失する観は否めないが、それでもやる他はない。

ついに東京都知事選の街頭演説で安倍晋三をも上回る聴衆を集めた桜井誠氏が、立ち上げたばかりの新政党「日本第一党」、通称「日本一」の政策綱領を発表した。これである。
【KSM】日本第一党 綱領 及び 政策 党首 桜井 誠氏 2016年9月3日発表

桜井誠 9月3日ツイキャス① 「刮目せよ!日本第一党(日本一)な政策と綱領を大発表」




せと弘幸「桜井誠の『日本第一党』を成功させる!ネットが変える日本の政治。」平成28年8月28日


さて、この桜井誠さんの東京都知事選挙における「神演説」をご存じない人にはまずはこちらを再掲しておこう。
「いよっ!日本一!」桜井誠政党出陣:その名も「日本第一党」、ジャパンファーストだった!

7月31日の東京都知事選、その前日に「行動する保守運動」の桜井誠氏の神演説があった。

桜井誠・都知事選
今や伝説となった桜井誠の神演説:「7月30日は日本人の”魂”の独立記念日だ!」
「日の丸が一番似合う男」桜井誠街頭演説13:桜井誠の「グランドフィナーレ」来た〜〜!

伝説の桜井誠の神演説

桜井誠【魂のラスト演説!高画質完全版!】 東京都知事選挙最終日 秋葉原駅


28.7.30【桜井誠 候補・ノーカット】 東京都知事選 グランドフィナーレ 秋葉原駅 電気街口



そして、その後の新党立ち上げ宣言がこれ。

桜井誠氏、終戦記念日に「新党立ち上げ宣言」:反日勢力に怒りの鉄槌を下す!

【動画】桜井誠が新党結成宣言!反天連殲滅戦 8・15 反日勢力に怒りの鉄槌を!九段下於 平成28年8月15日

【衝撃スクープ】桜井誠が新党結成宣言!反天連殲滅戦 8・15 反日勢力に怒りの鉄槌を!九段下於 平成28年8月15日



そして、それから2週間後の新党立ち上げがこれ。

【速報】桜井誠が新党旗揚げ、新党名「日本第一党」 略称「日本一」

桜井誠 @Doronpa01 12:58 - 2016年8月29日
新党名「日本第一党」 略称「日本一」
党首 桜井誠 / 最高顧問 瀬戸弘幸

本日、発表した情報です。入党方法などは後日、日本第一党の公式サイトが
出来次第皆様にお知らせします。公募したロゴマークなどの宛先は
japanfirstparty@gmail.com 迄!
a0348309_1659541.png


https://twitter.com/Doronpa01/status/770108248707964929


そして今回の新党「日本第一党」の政策綱領が公表となったわけである。

まさに着々と有言実行。

これぞ「行動する保守運動」そのものですナ。



一説では、あまりの恐ろしさのあまり在日韓国人朝鮮人は火病を起こして、そこら中で放火、レイプ、殺人、虐殺を起こしているらしい。

これが、最近特に凶悪化した在日犯罪が矢継ぎ早に起こっている理由らしいナア。

もちろん、かの関東大震災の時もそうだった。

被災犠牲者14万人のうち、13万人の日本人の犠牲者が朝鮮人の放火による大火事で焼死したのである。また朝鮮人による火事場泥棒、火事場集団レイプ、集団暴力によって多くの一般日本人がその犠牲になった。中には、朝鮮人が火病を起こして井戸に毒を入れた。

そこで民間自衛団が立ち上がって、不遜朝鮮人を見つけ出して警察につきだしたのだが、警察は朝鮮人の味方をし、その被害が拡大していった。

とまあ、これが本当の史実であった。

要するに、韓HKの捏造番組はまったくの捏造以外の何物でもない。まあこの史実についてはすでにわが国は昔の朝日新聞などを紐解けばちゃんとそこに事件として記録されているわけである。こういったことは小名木善行氏の昔の記事が秀逸である。これである。
関東大震災と在日不逞朝鮮人

(抜粋)

関東大震災は、大正12(1923)年9月1日、午前11時58分に起こりました。
マグニチュードは7.9です。まさに巨大地震です。

震源地は、相模湾北西沖80kmで、人口密集地の東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらしました。被害規模は、日本災害史上最大ものです。
公式に記録されている関東大震災の死者・行方不明者は、14万2,800人です。
ところが、それよりもはるかに強い地震だった東日本大震災のマグニチュードは9.0です。
死者、行方不明者は合わせて2万208人です。

関東は人口密度が高かったから死者行方不明者が多かったのでしょうか。
その東京で起きた地震を見てみます。
関東での大型地震は、元禄地震(1703)、天明地震(1782)、安政江戸地震(1855)、関東大震災(1923)で、だいたい70〜80年に一回の割合で、巨大地震が起きています。

地震の被害は、
元禄地震  死者     約1万名
天明地震  死者       少数
安政地震  死者    7,444名
関東大震災 死者 14万2,800名 です。

関東大震災は、当時の家屋が木造であったために火災が広がったためとも言われますが、元禄、天明、安政の頃だって、江戸の家屋は木造です。
人口が違うという人もいるかもしれません。
江戸時代の江戸の人口は、諸説ありますが、おおむね200万人から250万人であったといわれています。
手元に大正9年の東京市の人口の資料があるのですが、それよると、当時の東京市の人口は、217万3,201人です。江戸時代と大差ありません。

にも関わらず、なぜ関東大震災だけが元禄、天明、安政の頃の地震をはるかに上回る被害になったのでしょうか。

実は、関東大震災においては、震災そのもの、あるいは震災時の建物倒壊や火災よって亡くなったり行方不明になった人は、やはり、1万名程度であったろうといわれているのです。

つまり、14万人の死者・行方不明者のうち、なんと13万人が、震災そのものではなく、別な理由でお亡くなりになっているのです。では、その理由とは何でしょう。
答えは「放火」です。

関東大震災は、なるほどお昼どきに起こりました。
そのため、あちこちのご家庭の炊事の時間が直撃されました。
当時は電機炊飯ジャーなんてありませんから、食事の仕度も毎回かまどで火を焚いていす。
ですが、それによって起きた火災は確認されいます。たったの136件なのです。

もちろん、当時能登半島付近にいた台風の余波による強風はありました。
そのため失火した火が、折からの強風にあおられて、火災旋風を引き起こしながらいっきに広がったとされています。しかし震災直後の火災は、ほとんどが失火と同時に消火されているのです。

震災によって家屋が倒壊したり、あるいは焼けだされた人たちは、指定避難所に退避していました。
そこは土地が広てく、安全な場所だったからです。
ところがそうした避難所が、地震の翌日になって、地震の翌日になって火災のために丸焼けにされているのです。

たとえば、東京の本所区横網町(現在の墨田区内)にあった本所区被服廠は、2万430坪もある広大な敷地内に4万人近い人が避難していました。
ところがその避難所を火炎柱が襲い、ここだけで3万8千人も亡くなっているのです。

集まっていたのは、もちろん地震による家屋倒壊や火災によって避難を余儀なくされた人達です。
安全だから、被服廠にいたのです。
そこを震災後まもなく消し止めたたはずの火災が襲ったのです。

それだけではありません。
なんと爆弾を使った建物破壊や放火までありました。
誰がそんな不埒なことをしたのでしょうか。

そこで当時の新聞を見てみます。

「朝鮮人、隊をなして石油・爆弾使い放火」
(小樽新聞 大正12年9月3日号外第一)
 
「朝鮮人、各所暴動検束数千名」
(小樽新聞 大正12年9月3日号外第三)
 
「朝鮮人、横浜~王子放火」
(大阪朝日新聞 大正12年9月3日号外)

「朝鮮人、爆弾・放火・王子横浜で軍隊と衝突」
(荘内新報 大正12年9月3日号外第十八報)

「朝鮮人、屋根から屋根へ放火 婦人凌辱 略奪」
(新愛知 大正12年9月4日号外)

「朝鮮人浦和高崎に放火検挙 爆弾所持し唯氷峠列車爆破自白」
(名古屋新聞 大正12年9月4日号外第二)

「朝鮮人、殺人虐殺凶悪ぶり 進行中の列車に爆弾投げつける」
(福岡日日新聞 大正12年9月4日号外)

「朝鮮人、爆弾・掠奪・鮮人・銃殺」
(小樽新聞 大正12年9月4日号外第一)

「朝鮮人捕縛 爆弾其の他押収。軍隊が治安維持に出動したため、不逞鮮人は爆弾を携帯しながら各地方へ退散、鎮圧鎮静化へ」
(九州日報 大正12年9月4日号外第三)

「朝鮮人暴挙は完全取締を遂行」
(大阪毎日新聞 大正12年9月4日号外第二)

関東の地震なのに、報道は地方のものばかりとなっていますが、これには理由があります。
当時、新聞社は、東京に一局集中していました。この頃の新聞は、活版印刷といって、一文字ずつ文字を手作業で拾って並べて新聞紙の印刷をしていました。
ところが東京にあった新聞社は、活版印刷のための活字ケースが地震で倒れて活字が散乱し、印刷機能が停止してしまっていたのです。さらにこれに加えて、東京日日新聞、報知新聞、都新聞を除く13あった新聞社が、すべて社屋を焼失してしまっていました。

このため、最も早く復旧した東京日日新聞が9月5日付の夕刊を発行するまで、首都の報道機能は、印刷という行程において完全に麻痺してしまっていたのです。
そこで大手新聞社の記者や、地方新聞の東京、横浜などの支局員が、関東大震災の模様を取材し、それを地方にある新聞社に連絡し、それを営業できる地方の新聞社が印刷して、各地での号外となっていたわけです。

当時の新聞記事を見ると、震災後の混乱の中で、在日の不逞朝鮮人たちが連続放火を繰り返したり、略奪、暴行、婦人凌辱等を行い、それらの証拠隠滅のためにさらに放火を繰り返すといった、悪さの限りを尽くしていたことがわかります。
中には、爆弾まで使って放火や略奪、窃盗をしていた者まであり、やむなく陸軍が出動して鎮圧を行っています。

このときの内閣は、山本権兵衛内閣でしたが、震災の翌々日に次の「公式発表」を行っています。
不逞な朝鮮人については、三々五々群を為して放火を遂行、また未遂の事実があるけれど、既に軍隊の警備が完成に近づきつつあるので、国民のみなさんは、恐れないでください。
これが公式発表です。
在日不逞朝鮮人たちによる、略奪や暴行、放火は「事実だった」ということです。

最近では関東大震災において「朝鮮人による凶行はデマであった」という風説が、なぜかまかり通っています。けれどそれがデマでなかった証拠には、「警視庁、不逞鮮人暴動を沈静化」、「不逞ではない朝鮮人保護のため、警視庁は取締りを完全に遂行せよ、との急告通達を出した」(大阪毎日新聞)の報道があります。
実際に警察が暴動の鎮圧に乗り出しているのです。

現代を生きる同胞には申し訳ないけれど、いまよりも、はるかに人々の徳性が高かった時代です。
その時代に、東日本大震災に匹敵する大地震が起きたとして、日本人はそこで暴行や傷害、窃盗、放火、強姦、殺戮などの凶行をするでしょうか。軍隊の出動が必要なほどの凶行をはたらくでしょうか。

当時、警察には、繰り返し、多数の不逞朝鮮人による事件通報がはいりました。
一方、不逞在日朝鮮人たちによって身内を殺され、家を焼かれ、財物を奪われ、女子供を強姦された多くの日本人たちは、青年団を中心に自警団を編成し、朝鮮人たちの暴行に備えています。

山本権兵衛内閣は、「不逞鮮人では無い鮮人」の保護を閣議決定し、彼らの収容を決定しました。
警察では、警視総監の赤池濃(あつし)氏が、「警察のみならず国家の全力を挙て、治安を維持」するために、水野錬太郎内務大臣に「戒厳令の発布」まで建言しています。
戒厳令というのは、いっさいの法の執行を停止して、すべてを「軍の管制下におく」というものです。
これを受けて内務省警保局長後藤文夫が、各地方長官に向けて以下の内容の警報を打電しています。

(以下省略)


どうして朝鮮人がこういう行動を取るかというのはこれまで謎の一つだった。ところが、ついに最近の最先端の分子科学技術、分子遺伝学によるDNA解析で判明したのである。

それが「朝鮮人特有の異常遺伝子蓄積現象」というものである。

平均で200万箇所、最大で950万箇所〜1000万箇所に渡る異常遺伝子の蓄積が存在することが分かったのである。それがこれ。
衝撃の朗報発見!「朝鮮人はヒト科ではなかった!」:ヒトモドキ科に属した!?
ジョーク一発:行動遺伝子研究最前線「朝鮮人のDNA研究してノーベル賞取ろう」


ところで、多くの人はこういったDNA研究結果が出た場合、異常遺伝子の蓄積だと考えるが、それも程度による。100とか1000とかならまだ話はわかるが、100万〜1000万の遺伝子異常となると、もはやこれは異常とは言えないのである。別格である。

つまり、こういうことになるからだ。
俺「スマホのLINEって本当はKCIAの手下が作ったものなんだヨ」→うわっ本当だった!

(え)朝鮮族は遺伝学上別系統の人類である

最近の最新分子生物学の研究、もちろん韓国人自らが自身の体の遺伝子を研究したわけだが、その結果が衝撃的だった。

結論から言えば、
朝鮮人は人間ではなかった
のだ。人間以外の何か別の人型生命体だったのである。少なくとも人類の進化の歴史の枠外の存在だった。
衝撃の朗報発見!「朝鮮人はヒト科ではなかった!」:ヒトモドキ科に属した!?
ジョーク一発:行動遺伝子研究最前線「朝鮮人のDNA研究してノーベル賞取ろう」
在日本の「成りすまし」「背乗り」から「張りすまし」「張り乗り」へ


というのは、韓国人の正常人において、遺伝子上のミュータント遺伝子の数が、
最大で1000万箇所、
平均100万箇所、
韓国人の2割は120万箇所
も存在することが解ったのだヨ。

変異がもっとも起こりやすいミトコンドリア遺伝子のたった一個の突然変異を起こすにも、
約10万年
かかるという事実がある。

ミトコンドリアの遺伝子の塩基配列の中で、例えば、

A→T

と変化するのに10万年(=10^5年)もかかるわけである。

ところが、韓国人の一般人のほとんどすべての人間に、

100万箇所(=10^6箇所)

のオーダーの突然変異が存在するわけだ。

100個の突然変異でも1000万年(=10^7年)かかる計算だ。

その1万倍は何年だ?

1000万年✕1万=10^7✕10^4=10^11=1000・10^8年

すなわち

1000億年

かかることになる。

つまり、韓国人=朝鮮族の遺伝子変化を起こすには、素粒子物理学者がこの宇宙開闢の宇宙の年齢と推定している137億年〜150億年をゆうに超えているわけである。

ということは、
これは突然変異ではない
ということだ。つまり、
最初から別の生物だと考えるべきだ
ということになる。

日本人や一般の人間=ホモ・サピエンスの遺伝子から突然変異したものではない。最初から別の系統の人種だということになる。

言い換えれば、
リチャード・リーキー流のアフリカのイブ説に基づく人類進化説は間違っている
ということになる。

つまり、
人類は平行進化したのであって、単一の祖先から進化したものではない
のである。

朝鮮族ばかりでなく他の民族(たぶん支那族の一部)にもそうした遺伝子上の特徴があると考えられる。


まあ、古代支那人も朝鮮族には相当に手を焼いていた。だから、一時「匈奴」とか、「鮮卑」とか、「わい」とか名前をつけたわけだ。
a0348309_15151893.png
こういった民族の混血が現在の朝鮮族の祖であった。これもまた最近のDNA解析でちゃんと証明されていることである。日本人と比べたら、朝鮮族のDNAは非常に後からできた人種であり、混血なのだが、それでいて他の民族とは際立って違う異常遺伝子が蓄積しているのである。まあ、この辺は今ではだれでもインターネットで調べることができるから自分で確認していただこう。

まあ、調べるまでもなく、東日本大震災、福島第一原発崩壊、熊本大震災、こういう災害の後にはかならず火事場泥棒がやってきたが、つかまえてみれば、100%在日韓国人朝鮮人支那人だった。こういうことからも上の遺伝子の問題が事実だと分かるわけである。

物事の発想、思考、嗜好、反応、興味、共感などが朝鮮人においてはことごとく反社会的なのである。だから、理由があって反日になるわけではない。病気のせいでもないし、精神病だからでもない。心神喪失のせいでもない。特に理由はないのである。つまり、それが朝鮮人なのだ。

そういう人種だということにすぎない。

だから、本来はオリの中に入れて外から鑑賞すべき存在だったのだが、西洋人はアフリカ、南米、北米、アラブ、インドと支配して、それからアジアに来たわけだが、あまりアジアのことはよく分かっていなかったわけだ。だから、他で行ったことをアジアでもやればOKと思ったに違いないが、それは逆効果だった。

というわけで、今日の訳の分からない状況を生んだのである。

かつて西洋人の民俗学者に「人類平行進化説」を唱えた立派な学者がいたが、現実はそれが100%正しいのであって、リーキーやダーウィン流の「人類アフリカ起源説」はまったく正しくないのである。これが正しいなら、朝鮮人の異常遺伝子蓄積の事実が説明不可能なのである。

アジアは広大だった。だから、最初から異なる原人からことなる民族が発展したのである。

とまあ、後半は大分話がそれてしまったが、桜井誠氏の言うように、反日で敵対する民族に対しては、はっきりと決別宣言し、厳しく対応すべきなのである。

かつては脱亜入欧だったが、いまでは逆に西洋の方が脱欧入日になっているわけだから、わが国としては世界最古の国家としてどうどうとここに君臨し続けていれば良いのである。

近隣諸国に迎合する政治家はすべてアウトである。

いずれにせよ、戦後71年目にしてやっと日本人らしいまともな政治家が登場してきたようである。

今後を期待したい。

いよっ、日本一。

頑張れ、桜井誠さん、日本第一党!






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-09-04 15:33 | 桜井誠・都知事選・日本一

<< 【自衛隊音楽まつり2015】花... アイラブジャパン:「忍者の国か... >>