二重国籍で事業腑分けした蓮舫は「外患誘致罪」で死刑だろ!

【びっくり速報】蓮舫、「今日」台湾籍の喪失許可届けを提出!仕分け大臣、今日まで二重国籍だったクソワロタwwwwwwwwwwwwwww
a0348309_18491023.png
(法律を作る人が法律を無視する。流石に支那人ですナ。)


みなさん、こんにちは。

いやはや、民死ん党はまさに在日帰化人の巣。

外患誘致罪で処分すべきですナ。

前原誠司は、北朝鮮人のソンテチャクの浮気の子であるし、蓮舫は中国共産党のスパイだし、岡田克也は韓国人だし、まさに通名ワールドですナ。

まあ、こういったことはインターネットでは、陰謀論やら陰謀暴露論の世界では常識ですナ。

さて、やっとこんなことも表の世界の人たちも問題視してきたようですナ。

【蓮舫・二重国籍】百田尚樹「民進党には在日・帰化議員が多い!」通名で隠蔽する外国人による日本人支配の政治…


ところで、上のYouTube番組の中でも出て来るが、

個人情報保護法案というのは、「在日外国人の素性が表に出ないように隠蔽するのが目的だった」
というものである。

この延長線上に、
外国人参政権
差別禁止法案
ヘイトスピーチ法案
などがある。

まあ、明らかに朝鮮人や支那人が我が国の土地や利権や女をむさぼり尽くしたいという魂胆が見え見えの法案である。

裏で糸引いているのが、隠れ工作員の自民党の
二階俊博
a0348309_1245270.jpg
のような連中である。

もちろん、法務省にも政府自民党内にも同じ穴のムジナもいる。たとえば、この支那人のような老婆
岡村和美法務省人権擁護局長
a0348309_1263115.png
(早稲田大出身だから、半島のお方ドスな。こいつも外患誘致罪だろ。帰化人が政府の要人になれる国は世界のどこにも存在しない!)

韓国大好き 有田芳生 在特会 桜井誠のニコニコ動画を見てブチギレ! 面白い国会中継(まるで欠席裁判のようだな。北朝鮮工作員有田芳生スターリン)
や現法務大臣の
金田勝年
a0348309_1252041.jpg

こいつらが日本のガンだった。

クイズ
法務省の
法務省幹部一覧
a0348309_12105632.png

a0348309_12111946.png

a0348309_12113114.png

a0348309_12113682.png

a0348309_12114153.png

(以下省略)
の中に、はたしていったい日本人は何人いるのでしょうか?

金子、金田とか金で始まる名字、東西南北で始まる名字、高で始まる名字の人間が非常に目につくのがわかるだろう。

ちゃんと戦後70年かけていかに日本支配を成し遂げるか、北朝鮮総連の「学習組」KCIA在日韓国人の秘密結社「寛総会」などで、時間を掛けて研究して来たのである。
時事放談:アカヒ新聞社長のキムさんと人民日報社長のチョウさん、キムさんはどっちだ!?


知らぬは我々平和ボケの日本人だけだった。

まさに我々日本人は唐変木だった。だから簡単に殺されるわけですナ。
専守防衛。正当防衛。これは常識である。

世界では、
もし俺とお前のどちらかが死なねばならないとしたら、お前が死んだ方がいいに決まっている
という思考である。これが世界の常識である。

日本の常識は世界の非常識。

どうして日本の常識が世界の非常識になったかといえば、それは戦後にマッカーサーが敷いた自虐史観計画(ウォーギルドインフォーメーションプログラム)のせいである。


しかしながら、すでに戦後70年。

タブーは存在しない。

よって、連中の天下ももはや風前の灯火だろうなあ。

なにせ、日本第一党がすでに発足したからである。
「いよっ!日本一!」桜井誠「日本第一党」の政策綱領が公表!:やっぱりジャパンファーストだった!


新憲法制定、核保有、自衛隊廃止、日本軍保有、専守防衛、正当防衛、原子炉発電、諜報機関創設、
反日ヘイトスピーチ禁止法案、移民禁止、支那韓国との国交断絶、
不遜害人の国外追放、凶悪犯罪者の死刑、

こう言ったことをマニフェストに公然と掲げた政党が誕生したのである。


日本第一党であろうがなかろうが、こういうことを念頭におかない政党に存在意義も存在理由もない。

そういう状況がすぐそこにきているわけだ。

まあ、東京五輪の2020年までは比較的今のままの状況が続くだろうが、それ以後は急展開するはずである。

いまはロシアとアメリカのにらみ合いの時期にすぎない。
【一触即発!】G20サミット中の米露首脳が壮絶な≪メンチ≫切り合う!「にらみ合い」会談へw

a0348309_12294177.jpg


アメリカはすでにロシア包囲網を敷いている。だから支那包囲網を安倍晋三政権に委ねているのである。

安倍晋三は戦後2人目の米議会(やホワイトハウス)で講演した。それが日米トモダチ作戦である。
米国連邦議会上下両院会議における安倍総理大臣演説 「希望の同盟へ」
a0348309_1234228.jpg


安倍晋三首相の歴史的講演(全文):いよいよ世界の第三幕が始まる!?


要するに、日米の背後、およびそれぞれの国の背後に何がひかえようが、自民公明与党は、今度の世界大戦は日米は同じタッグを組むことを宣言したのである。

戦後レジームの自虐史観に基づく属国意識にいまだに汚染されている平和ボケには理解不能だろう。

すでにあの安倍演説によって日米はいっしょに軍事活動すると宣言したのであり、それをアメリカも了承したわけだ。

というわけで、すでに世界は第三次世界大戦のための準備期間中に入っているわけですナ。


いよいよ再び地球史に残る時代がやってくる。
ワクワクしますナ。

待ってろ朝鮮人支那人よ、今度は壮絶な打ち合いが始まるからナ。もう我々は助けない。

今度は敵味方に分かれて闘うシナリオである。


とまあ、2年前にすでにローマ法王が
第三次世界大戦は始まっている
と宣言したように、実質的にはすでに開戦が始まっているのである。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
【国内】40、50万人との推定もある二重国籍の実態 「偽装日本人」に深刻リスク

2016/09/06 ZAKZAK

 日本国民の要件を定めた「国籍法」が、ないがしろにされている。「二重国籍者」や「偽装日本人」が増えており、国家や社会、組織を静かにむしばみかねないのだ。民進党代表選で蓮舫代表代行(48)の「国籍」問題が注目されているが、二重国籍者は40万~50万人はいるという推定もある。国益をめぐり他国と激しい競争が続くなか、このような状況を放置していいのか。国籍業務や入管業務に精通する、さくら共同法律事務所の山脇康嗣(こうじ)弁護士が激白した。

 「日本の国籍法は二重国籍を認めていない。二重国籍になった場合は、一定期間内にどちらかの国籍を選択しなければならない。また、自ら志望して外国籍を取得した場合は、日本国籍を喪失する。にもかかわらず、二重国籍の人々は年々増加の一途をたどっている。国籍法の形骸化は由々しき問題だ」

 山脇弁護士はこう言い切った。東京入国管理局長承認入国在留審査関係申請取次行政書士を経て、弁護士登録した。『入管法判例分析』(日本加除出版)などの著書もある、国籍・入管業務のスペシャリストだ。

 そもそも、「二重国籍」とは、どのようにして生まれるのか。

 出生による国籍取得の考え方には、どこで生まれたかを基準にする「出生地主義」と、誰の子かを基準にする「血統主義」の2通りがある。前者の代表は米国やカナダで、後者の代表は日本やドイツだ。

 「日本人夫婦に米国内で子供が誕生した場合、その子供には米国籍も与えられる。また、日本人とドイツ人の男女に子供が生まれたら、子供は両国の国籍を持つことになる。さらに、イランやアフガニスタン、サウジアラビアの男性と日本人女性が結婚すると、男性の国籍を自動的に与えられる」

 日本の国籍法では、二重国籍になった場合、一定期間内にどちらかの国籍を選ばなければならない。期限までに国籍を選択しない場合は、法相が書面による催告をしてから1カ月以内に日本国籍を選択しなければ「日本国籍を剥奪できる」と規定している。

 ところが、この規定が守られていないという。つまり、いつまでも国籍を選択しない者が多いにもかかわらず、法相による催告・国籍剥奪は、一度たりとも行使されたことがない。

 山脇弁護士は「二重国籍者は推定で40万~50万人いるとみられる。しかも、年々増加傾向にある。当然だが、出生などにより人が二重国籍となったこと自体は何ら責められるべきものではない。しかし、国家の制度として二重国籍を容認することには問題がある」と語る。

 では、二重国籍を認めることの何が問題なのか。

 まず、複数のパスポートを持てるため、犯罪や脱税などに悪用することも可能だ。日本と、日本と利害が対立する国で選挙権を持つ二重国籍者の場合、日本の利益ではなく、もう1つの国の利益のために日本で投票をすることが可能になる。本来、選挙権は、日本と運命をともにする者にのみ与えられるべきものだ。

 「二重国籍者が海外でテロに巻き込まれた場合、日本と、もう1つの国のどちらも『自国民』という扱いになるため、どちらが救出するのかという、外交上の問題になりかねない

 意図的に二重国籍を装う、「偽装日本人」の問題も深刻だ

山脇弁護士によると、偽装日本人とは、自ら志望して外国籍を取得し、すでに日本国籍を失っているのに、それをあえて届け出ていない“元日本人”のことである。正式な統計はないが、相当数存在すると推測されるという。

 「日本人が志望して他国に帰化したり市民権を取得した場合、自動的に日本国籍を喪失する。戸籍法に基づき『喪失届』を提出しなければならないが、意図的に黙っているケースがある。他国の大半は『日本人の誰々が、わが国に帰化した』と日本に報告しないためだ。日本国籍がないのに、あるように見せかけている“偽装日本人”を把握するのは、かなり難しい

 偽装日本人によって、国益が損なわれることも考えられる。

 「外国籍を取得した場合、日本名とは別の名前を持つことになる。別の名前で租税回避地に口座を作ってマネーロンダリングを行うことができる。複数のパスポートを持つことで、スパイ活動なども容易になる。考えたくないが、悪意を持って他国に帰化したテロリストが日本でテロを起こす恐れも否定しきれない」

 国籍法とは、日本人が日本人であるための要件を規定した、国家の根幹をなす法律だ。そのルールを故意に破るような人間が増えれば、国家や社会、組織に不正・腐敗が広がりかねない。放置されていいわけがない。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160906/dms1609061550004-n1.htm
当たり前だのクラッカー。二重国籍、多重国籍を認めたら、税金は払わないし、テロリストになるし、事件を起こしても旅行者の振りををして他国に簡単に逃げられる。多重国籍こそ凶悪犯罪の温床だ。これにノーと言っているのは、桜井誠の日本第一党だけですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2016-09-06 13:27 | 在日害人犯罪

<< 「いよっ!日本一!」:桜井誠氏... ジョーク一発:「トヨタのない英... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE