今年のノーベル文学賞は?:なんとフォークソング歌手ボブ・デュランへ!   

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)


みなさん、こんにちは。

遅ればせながら、予想外のノーベル文学賞に乾杯!

反戦の騎士、フォークソングの生みの親、ボブ・デュランが文学賞を受賞したとか。

http://www.nobelprize.org
a0348309_225371.jpg

a0348309_22532143.png


ボブ・デュランと言えば、わが国の吉田拓郎
吉田拓郎 旅の宿
やバンバン
いちご白書をもう一度 バンバン
や森山良子さん
この広い野原いっぱい~初恋編

戦争を知らない子供たち ジローズ ライヴ
や加藤和彦(在日)と北山修(在日)
加藤和彦と北山修 あの素晴しい愛をもう一度
などなど、いわゆる戦後世代のフォークソングに大きな影響を与えた。

いまやその世代は60台〜70台になっている。

あの時代はまだ在日韓国人や在日朝鮮人の人も一部のヤクザを除けばいまほど狂っていたわけではなかった。

いったいこの70年間でどうしてここまで狂ってしまったんでしょうナア?やはり遺伝子の蓄積効果なんだろうナア。


いずれにせよ、ボブ・デュランがもてはやされた戦後のいい時代もあったというジョークのようなノーベル文学賞である。

アメリカでも実際にはボブ・デュランはウーマンリブ運動や左翼運動を活発にして、古き良きキリスト教のアメリカを破壊するためにロックフェラー財閥が裏から後押ししたことが知られている。
Reflections And Warnings - An Interview With Aaron Russo {Full Film}


またイギリスのビートルズもそうで、ビートルズの登場によっていわゆる英国紳士の文化は消滅した。

要するに、欧米の既存の白人文化を葬りさせるために、ビートルズ、プレスリー、ボブ・デュランに始まるロック革命が起こされたのであった。

ウーマンリブの後、世界はいわゆる主婦は女性蔑視と同一視され、家庭崩壊、そして少子高齢化の世界へと突き進んだのであった。

その分水嶺がボブ・デュランだった。

まあ、何でもいいが、受賞おめでとうございます。

わが国の戦後青春時代、フォークソング時代はこれで終焉したっていうことですナ。


おまけ:
イムジン河 フォーク・クルセイダーズ

すくなくとも君らの祖国を分けたのは日本ではなかった。朝鮮戦争は南北朝鮮人同士の戦いである。米ソ冷戦の最初の主戦場として利用されたのである。真の歴史を知るべし。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-10-13 23:16 | 普通のサイエンス

<< ジョーク一発:「風に吹かれて」... 武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」... >>