ディランのジレンマ「もらうべきか、もらわないべきか、それが問題だ」:ノーベル文学賞ディラン連絡とれず

学生街の喫茶店 / 初音ミク



みなさん、こんにちは。

ノーベル賞の最後を飾り、私の誕生日に重なった文学賞受賞はアメリカの反体制派ユダヤ人歌手ボブ・ディランさんに与えられた。

なんとディランさんまったくノーベル賞財団と連絡が取れないんだとか。これである。

ディランさんと連絡取れず=授賞から丸1日―スウェーデン・アカデミー

【ストックホルムAFP=時事】ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は14日、米シンガー・ソングライターのボブ・ディランさんへの授賞発表から丸1日が経過した時点で、ディランさん本人と直接連絡が取れていないと語った。

 
 同関係者によると、代理人やコンサートツアー担当者らには連絡が付いたが、ディランさんとは話ができていない。ディランさんの友人の米歌手ボブ・ニューワース氏は米紙ワシントン・ポストに対し、「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語った。

 ストックホルムで12月10日開かれる授賞式では、受賞者はスピーチを行うのが慣例。スウェーデン・アカデミーは、ディランさんが式に出席するかどうか把握できないという。 


【悲報】「ボブ・ディランさん電話して」発表から丸1日ノーベル賞の連絡がとれず
返事してない模様

a0348309_10483440.jpg


ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの関係者は14日、
米シンガー・ソングライターのボブ・ディランさんへの授賞発表から丸1日が経過した時点で、
ディランさん本人と直接連絡が取れていないと語った。

同関係者によると、代理人やコンサートツアー担当者らには連絡が付いたが、
ディランさんとは話ができていない。
ディランさんの友人の米歌手ボブ・ニューワース氏は米紙ワシントン・ポストに対し、
「彼はノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と語った。


これはヒグズ粒子でノーベル物理学賞を受賞したHiggsさんといっしょで、受賞したのはいいが、自分がもらうべきかどうか葛藤する間失踪していたというのと同じようなことだろうか。

ディランさん、体制反対派、権威否定派として、純粋左翼として

「風に吹かれて」生きることを目指してきた。
Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)


それが、何をとち狂ったかノーベル賞財団が反体制派のディランさんに世界最高の権威を与えると宣言してしまった。

人生の皮肉。まさにジョークのような受賞に対して、ディランさんはもっか葛藤の最中にあるにちがいない。

もらうべきか、もらわないべきか、それが問題だ


もし賞をもらえば、自分のこれまでの詩の主張が死ぬ、もらわなければ、自分の詩の主張が正しいことになるが、詩の価値は死ぬ。

はて?どうすべきか?


詩の主張を信じればもらうべきだが、それを否定すればもらえない。

詩の意義を認めれば賞をもらうが、詩の内容を認めれば賞をもらえない。

なんかややこしいことになったが、まさに囚人のジレンマ、二律背反。自己言及パラドックス。

権威を否定するものが権威になってしまう。

これを認めた途端、自分の未来の栄光が得られるが、自分の過去は否定される。

逆にこれを認めなければ、自分の過去の栄光は保たれるが、未来の栄光は得られない。

となれば、どうすればいいのか?


いや〜〜、実にややこしく、いやらしい状況になってきましたヨ。

はたしてディランさんはどうでるか?

多分、長考の結果、もらうと見た。

ロシア人数学者のペレルマンのような受賞辞退はユダヤ人はしないのではないか。

乞うご期待ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2016-10-15 11:16 | 普通のサイエンス

<< 「いよっ!日本一!」:桜井誠ノ... 老害ハリルの人心掌握術とは?:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE