キャプテンKとV字型巨大UFOの真実:米兵がエイリアンの神仏盗む→火星戦争勃発!?   

「真実がバレると困るから嘘をつく」の対偶は、「真実を言ってもバレないから本当のことをいう」である。言明としては両者は等価である。


みなさん、こんにちは。

さて今回は最近ふと気づいた火星の真実について忘れない内にメモしておこう。せっかく気がついてもメモしておかないと最近は他のことで手一杯になりすぐに忘れてしまうからである。

さて、火星に17年間駐留していたというキャプテンKの話がある。

これは日本ではたぶん私の旧ブログ1が最初にキャメロットインタビューに出たものをすぐにメモしたから、一番初期のものだっただろう。以下のものである。
表NASAの火星探査機を修理する裏米海軍スーパーソルジャーの影が写る!

CAPTAIN KAYE - EARTH DEFENSE FORCE


さて、最近、オカルト版や陰謀論分野でやっと知られるようになったようである。例えば、こんなものがある。
【驚愕】17年間火星に派遣されていた 米・海兵隊員が内部告発! 火星人との戦闘経験を赤裸々暴露【衝撃】


問題は、この中の
a0348309_10163241.png

宇宙戦艦は長さ157フィート(48m)、幅450フィート(136m)のV字型、7〜8階建ての構造で1000人以上の兵隊が乗れる
の部分である。

「V字型巨大宇宙船」

これを見てアハって言う人はかなりオカルト度が高い。

そうだ、たしか1980年代にニューメキシコ州上空で無数のアメリカ人たちにより目撃されたV字型UFOのことである。1950年代にも目撃されたものである。

1950年代
ラボック事件

1951年8月25日夜9時ごろ、ニューメキシコ州アルバカーキ郊外に住む夫婦が、自宅庭で夜空を眺めていたところ、家の上空を全翼機のようなV字型をした飛行物体が音もなく、北から南へ高速で飛び抜けていくのを目撃した。
目撃時間は2〜3秒だったが、推定した高度は800〜1,000フィート(約244〜305m)、B-36爆撃機(全長49.40m、全幅70.10m)の1.5倍程度の大きさだったという。
前部から後部にかけて複数の暗い色の線があり、翼後部に青みがかったぼやけたライトが6〜8個付いていた。
a0348309_1027485.jpg

a0348309_10292716.png



1980年代
ハドソンヴァレー・ブーメラン形UFO目撃事件(アメリカ)

1981年12月31日のニューヨーク州ハドソンヴァレーでの目撃に始まり,1989年まで続いた巨大なブーメラン形UFOを何千 もの人々が目撃した事件。東海岸の一部(ニューヨーク→ロングアイランド→マサチューセッツとの州境→ペンシルバニアとの州境→ニューヨークを囲むエリア)に出没した。

1981年12月31日の深夜,ニューヨーク州ケントの自宅裏庭にいた元警察官が赤,緑,白の光のかたまりに気づき,それがだんだん近づき確認すると,それは飛行機などではなく,V字型に光りが並ぶ巨大な物体だった。かなり,接近したときに唸るような音が聞こえた。

ブーメラン型巨大UFO
a0348309_10351121.jpg


1990年代
巨大UFO「フェニックス・ライト」事件=アリゾナ州フェニックスでV字型巨大UFO


a0348309_10362751.jpg


アメリカ・カリフォルニアに伝説の巨大UFO「フェニックス・ライト」が出現か!?


これを見て気づくのは、ブーメラン型とV字型はほぼ同じ意味だということだ。したがって、1950年代〜1990年代にわたり全米、特にアメリカ南部のニューメキシコ州フェニックスやカリフォルニアを中心に大多数のアメリカ人により目撃されていたということである。

このブーメラン型UFO、V字型UFOと最初のキャプテンKいう地球防衛軍の「V字型宇宙戦艦」はどんぴしゃりだということだ。

つまり、1950年代から1990年代にアメリカで目撃された巨大UFOは地球製のマンメイドUFOであり、反重力を用いたV字型、全翼機型の宇宙戦艦だったということになるわけですナ。

それも搭乗員は1000人レベル。しかも7〜8階の内部構造であり、行く先は火星だったということになる。

だから、まさにあの
1951年8月25日ラボック・ライトが第一陣、
1981年12月31日ハドソンヴァレー・ブーメラン形UFO目撃事件が第二陣、
1997年3月13日フェニックス・ライト事件が第三陣、
ということになるかもしれない。

したがって、キャプテンKは1990年代に火星に行ったことになる。

各出兵時に約1000〜2000人くらいの米兵、海兵隊特殊宇宙部隊が火星に行ったのである。

その第三陣かそのあたりの1997年頃にキャプテンKなる海兵隊特殊宇宙部隊の兵隊さんが火星に行ったと考えると、彼の証言と実際にV字型宇宙船の目撃と合致するわけである。

その時から17年たせば、2014年頃に地球に帰還ということになる。事実、プロジェクトキャメロンに初登場した日時が、2014/10/04である。すべての辻褄が合うのである。

問題は、キャプテンKの話にあるように、昆虫型宇宙人の崇拝している物体をアメリカ兵が盗んだためにエイリアンと米兵との間で戦争になり、1000人のうちの28人だけが生き残り、あとはみな惨殺されたという火星大戦のことである。

はたして火星で戦争がその頃起こったのだろうか?
もしそういう現代科学レベルの戦争が起これば、その証拠が現実に火星に残されるはずである。

ところが、それがあるのだ! 以下のものである。
火星にキノコ雲炸裂!?:ついに米特殊部隊vsエイリアンの火星戦闘勃発か!?
a0348309_10592479.jpg


ちゃんと私は旧ブログ1にメモしていた。それも正確にエイリアンvs米軍の戦いとメモしていたんですナ。もちろん、他の人も記録していた。たとえばこれ。
火星で核爆発か? 「キノコ雲」が撮影される

a0348309_1113649.jpg


火星では異星人による核戦争が起きているのでしょうか?

インドの火星探査機が、核爆発の「キノコ雲」のように見える奇妙な映像を撮影しました。画像は、火星の衛星軌道上から、マリネリス峡谷の一部を写したもの。撮影時期は、昨年の10月19日で、サイディングスプリング彗星が火星に最接近したのと同じ日でした。

一部のUFO論者は、この画像が火星での核爆発の証拠であるとしています。

一方、豪州サザンクイーンズランド大学の天文学者ジョンティ・ホーナー博士は、問題の画像について、クレーターと溝の地形が光の加減でキノコ雲のように見えただけだと指摘しました。

火星で核戦争があったという主張は以前からありました。プラズマ物理学者のジョン・ブランデンブルク博士は、火星大気中に存在する放射性物質を分析した結果、「火星文明はエイリアンの核攻撃によって滅んだ」とする学説を昨年11月、米国物理学会で発表しています。


これが投稿された時期は写真が公開された2015年だったが、撮影された時期はその1年前の2014年10月19日だった。

というわけで、ハリウッド映画の米軍のよくやる方法は、自分たちが逃げる前に時限爆弾をおいてセットし、必死こいて逃げるというものである。そして、自分たちが逃げ延びた頃に爆発する。


エイリアンとの戦争で生き残ったキャプテンKの部隊が時限小型核爆弾
a0348309_1173966.png
をセット。エイリアン基地が爆破。
a0348309_1182521.png


とまあ、こんなことが起こったかのような一連の事件があったのである。


キャプテンKの話では幸いなことにエイリアンたちは自分たちの領域を侵されない限り何も反撃しなかったということである。しかしながら、爆弾で爆破したとなれば、これから報復してくるのではなかろうか?

くわばら、くわばら。


いずれにせよ、1950年代からすでにソ連のサハロフ率いるロシア軍とアメリカのテラー率いる米軍が、地球防衛軍を組んで、一般社会の裏で巨大宇宙船を建造していたというのはほぼ100%事実だったようですナ。

まあ、実はこのモデルが、謎の円盤UFOというSF番組だったわけだ。
謎の円盤UFO 第1話 宇宙人捕虜第1号

謎の円盤UFO (HD日本語版)_02/03


シャドーShado
イギリスのとある映画会社の地下深くにある。
sidoコンピュータ衛星

なにやらその後のNWOの話を彷彿させますナ。

実際、アメリカの地下基地に入る場所はハリウッドのとあるホテルにあるとも言われている。これのアメリカ版がMIBである。


いや〜〜、なかなか地球人も頑張っているようですナ。


くれぐれも在日害人のせいで道連れにされないようにというのと同じく、米宇宙軍、地球防衛軍のせいでエイリアンの道連れにされないようにしたいものですナ。

それにしても勝手に人様の信じるものを盗むとは。
対馬の仏像を盗んだ韓国人とまったく同じメンタリティーである。仏罰。

きっとエイリアンの神仏を盗難された方のエイリアンは、地球防衛軍に対して「この罰当たりめ」「これだから地球人は困る」と言っているのではなかろうか?

くわばら、くわばら。


いやはや、世も末ですナ。


注意:
吉本のみなさん、都市伝説のみなさん、テレビアカヒのみなさん、決してネタをただで盗まないでちょーだい
「ピアノ」をネタに、「買ってちょうだい」を「盗まないでちょうだい」と変えて聞いてちょうだい。




おまけ:
NASAの元職員が衝撃発言!「35年前火星で人間を見ました」 秘密基地も建設されている!!


【都市伝説】地球人は『元火星人世界に存在』する人類だった説!


20 NASA撮影、火星に生息する鳥のような生物に驚愕


【驚愕】NASAが火星に生物が100%存在する証拠写真の撮影に成功!衝撃!NASAが原始生物(ワーム)の写真撮影に成功か?


おまけ2:
Marsウォッチャーのシンゲンさんのもの。
すでに人類が火星に居ることを証明した言い逃れできない決定的証拠映像 NASAがウッカリ流出させてしまった見逃し画像 Are there people on Mars Outflow video


【閲覧注意】NASAの火星探査車が撮影した宇宙人の死体 超リアルに横たわる長い腕の不気味な知的生命体 瓦礫の下敷きで圧死した可能性 mars alien cadaver Exploration car




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-10-28 11:25 | 火星

<< 女性天皇、生前退位の肝はやはり... 男子U19W杯アジア予選:U1... >>