昨夜の浦和ー鹿島戦まさかのPK一発!:またまた「君が代の祝詞効果」炸裂!   

美空雲雀(柔)


みなさん、こんにちは。

次は昨夜のJリーグチャンピオンシップ浦和vs鹿島の初戦に関して。

この試合はリアルタイムで最初から見ていたのだが、特にその一番最初の「君が代斉唱」のところを注意深く見ていたのだが、実に興味深かった。

というのも、君が代斉唱に両方のチームの特徴が非常によく現れていたからである。つまり、

浦和レッズ→全員が一生懸命に大声で君が代を歌った
鹿島アントラーズ→全員が君が代を聞いているだけだった


これを見た途端、

この試合はレッズの勝ちだな


と俺は思ったのである。

そして、拮抗するいい試合だったのだが、結局

まさかのPK

が浦和に来て、それを阿部選手が中央にゆるく蹴って1点取り、最後まで逃げ切ったのである。

以下のものである。

【ハイライト】鹿島アントラーズ×浦和レッズ「2016 Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第1戦」

a0348309_8164534.png




さすがに恐れ入ったヨ。ここまで君が代の祝詞効果が絶大だったとはナア!

以下のようにこれまで何度もメモしてきたが、やはりここでも同じ軌跡が起こったのである。

U33日本代表「君が代の祝詞効果」で救われる!?:まさかの清武PK、豪州−タイ引き分け!?

山口蛍の劇的ボレー:昨夜の日本代表2−1イラク戦は「君が代の祝詞効果」を見事に証明した!

タイムラインを変える「君が代の祝詞効果」:君が代熱唱内村航平金2個vs君が代無視の塩谷司哀れ!

強い日本サッカー復活か!?:「だれも日本を侮ってはならない」君が代の祝詞効果炸裂!?

祝U23日本代表アジア制覇!:日本の覚醒「日本を世界へ 世界の日本へ 大和魂」、「君が代」の威力!


この観点からすれば、やはり昨日のヤングなでしこの選手たちはあまり真面目に君が代を歌っていなかったのではなかろうか?

1998年のフランスワ−ルドカップの直前に闘将ドゥンガが「セレソン」で言っていたように、
日本人は勝てると思うと相手を舐める
という傾向があるという。これは試合中でもそうだし、試合前でもそうである。自分たちが楽勝だと思うと、勝ったと思ってしまうのである。

だから、かつてから我が国の武道家にはその戒めの言葉として
勝つと思うな思えば負けよ

a0348309_8255361.png
の言葉がある。

いつも負けるかもしれないと思って一生懸命君が代を歌って天に勝利を願う。

これが真の勝利者になる秘訣なのである。俺はそう考える。


信じる信じないはあんたの心がけ次第というやつですナ。まあ、信じる人は救われる。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-11-30 08:31 | サッカー&スポーツ

<< アメリカの「オギノ式」地震予知... 女子サッカーU20W杯準決勝:... >>