A Happy New Year Prof. Takeda:「武田邦彦教授の”驚き”の逆転的発想の数々!」

みなさん、こんにちは。

いや〜〜これは実に興味深い。武田邦彦教授の”驚き”の逆転的発想の数々。
「〜〜したければ〜〜するな」シリーズである。以下のものである。

(あ)※衝撃※【武田邦彦】ガンになりたくなければ◯◯は絶対にするな!!

※衝撃※【武田邦彦】ガンになりたくなければ◯◯は絶対にするな!!

a0348309_1543065.png





(い)※驚き【武田邦彦】認知症になりたくなければ◯◯は絶対にするな!

※驚き【武田邦彦】認知症になりたくなければ◯◯は絶対にするな!

a0348309_156864.png




この中の健康診断に行く人の方が行かない人より早死にするというのは実によく分かる。私はこの20年まったく健康診断にも定期検診にも行っていないからである。正確にはたった一度だけ行ったことがあったが、無意味だった。単に金と時間の無駄。むしろ病気っぽい人と顔を見合わせなければならず気分が悪かった。さらに大抵健康診断を受け持つ医師はレベルで言えばCクラスの人物だから、診断結果を聞く時の応対がなってなくて、むしろ苛つかさせられるばかりで逆効果だった。俺のほうが薬や化学物質の方は詳しいよってサ。

人の健康診断と車の車検は実に似ている。自動車も車検が何故あるかと言えば、自動車販売と自動車メーカーを潤すためにある。同様に健康診断がなぜあるかといえば、医者と製薬会社を潤すためにある。

実際、自動車はおかしくなった時にそこだけ直すという方が、長持ちするのである。2年毎に車検に出すから余計な部分がいじられておかしくなり、車検に出して車が傷つくのである。

この意味がわからない人間は、1930年代ものとかのクラッシックカーでどういうメンテナンスしているか見れば分かるだろう。クラッシックカーも車検しなければならないなら、すぐにお釈迦になる。

同様に人の場合も下手に健康診断や定期検診をするから逆に変なアドバイスをもらったり、余計な薬をもらって、調子を崩していくのである。

要するにサッカーでよく言うように、「失敗を恐れて失敗をする」ということわざがあるが、健康診断も車検もこれと同じことなのである。

むしろ、そういう「恐れ」を持つことのほうが持たない場合よりずっと悪いことなのだと武田教授はおっしゃっているわけですナ。


ちまたの通説ほど疑わなければならない。

まあ、いずれにせよ、健康診断も車検もあの1970年代の高度成長期、田中角栄時代の負の遺産にすぎない。そろそろ、やめにしたほうがよろしくないか?


いまじゃ、健康診断やら定期検診やらやっていられるほど病院自体が暇じゃない。時間を取られるし、人手もいるし、儲からないし、ダメダメづくしらしいですナ。

車のタイヤでも、パンクしそうだから替えればいいだけの話で、車検でちょっとでも変なら換えるということをやっているから、廃棄された古タイヤの山だらけになり、産業廃棄物処理が大変になるわけだ。

もっと効率的な解を見つけるべきである。


(う)※親鸞※【武田邦彦】南無阿弥陀を唱えればあなは救われる

※親鸞※【武田邦彦】南無阿弥陀を唱えればあなは救われる




(え)【武田邦彦】お釈迦様が説いた宇宙の原理『縁起』

【武田邦彦】お釈迦様が説いた宇宙の原理『縁起』

a0348309_1582998.png




(お)【武田邦彦】イエス・キリストの愛の力で人間関係はすぐ解決する!

【武田邦彦】イエス・キリストの愛の力で人間関係はすぐ解決する!



いや〜〜、これまでかなり唯物的だった武田教授が、だんだん保江邦夫教授のようにスピリチュアルになってきたんでしょうか?

言っていることはほぼ保江邦夫博士がたくさんの本で主張されてきたことと同じような感じになってきましたヨ。



(か)【武田邦彦×井上和彦】蓮舫さん?国籍と名前をハッキリしてください!でなければ日本から出ていけ!

【武田邦彦×井上和彦】蓮舫さん?国籍と名前をハッキリしてください!でなければ日本から出ていけ!




いや〜〜、すばらしい。武田教授頑張っていますナ。今後のご活躍を期待したい。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-01-12 15:28 | バイオコンスピラシー

<< A Happy New Yea... A Happy New Yea... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE