A Happy New Year Earthquake prediction!:マクモニーグル「2017年首都直下地震が起こる!?」

みなさん、こんにちは。

地震予想と天気予報は、当たるも八卦当たらぬも八卦である。つまり、共に非線形のカオス現象だから因果律的に予報はできず、どうしても確率的予報や予測しかできない。

ところが、臨死体験やら、遠隔透視という精神感応を使うと、未来がかなり正確に予想できる。

ACIOなるアメリカのトップレベルの秘密部門の科学技術の「ルッキング・グラステクノロジー」によれば、科学装置を使って、未来を見ることもできるのだとか。これについては大分前にメモしておいた。以下のものである。

「未来を見る科学研究」の最前線:その名も「ルッキング・グラス」
Project Looking Glass
a0348309_10512320.jpg


これはエリア51のグレイ宇宙人から教えられたというテクノロジーらしい。我々普通の表の科学者の知見を遥かに通り越している。

未来のイベントからくる光速より速い電磁波を希ガスを封入したティプラー型タイムマシン
タイムマシーン研究の最前線:Tiplerタイムマシーン
で受信するのである。

そんな未知の科学装置すら超えるという超能力者の、米軍イルミナティーの秘密兵器としてMKウルトラ計画で訓練された謎の元米軍人ジョー・マクモニーグルさん、なんと東京の首都直下型地震を予知したという。以下のものである。

『首都直下地震、震源地は八王子』FBI超能力捜査官が予言する2017年の日本!スカイツリーは折れる!?



2017年の日本を予言する【首都直下地震】震源地は八王子」FBI超能力捜査官がスカイツリーは折れる!?


果たしてこれが地震予知なのか、あるいは、米軍からの好意の事前通告なのか、どちらかはよくわからない。

が、かつてエリア51を探求していたころのかの保江邦夫教授に「これ以上深入りすると命の保証はないぞ」と付け狙ったというマクモニーグル氏のことだ。きっと事前通告なんでしょうナア。

東京の人は要注意。備えあれば憂い無し。

実際、最近NASAの人工衛星画像でも日本全国が曇りでも、どういうわけか東京から関東一帯だけは晴れている。そういう状況が続いている。

2017年1月12日
a0348309_1123930.jpg

2017年1月11日
a0348309_1125732.jpg

2017年1月10日
a0348309_1131064.jpg


確かにいつも関東に窓が開いているのである。まあ、HAARP照射が行われていることだけは間違いないだろう。

平将門の首塚の祟りが東京に起こるのだろうか?

朝鮮人セガサミーの寵愛を受けた小池百合子東京都知事やら、北朝鮮総連や韓国民団やらが巣食った大都市東京。韓の法則がいつ発動しても不思議はない。

ところで、一番いい地震予知の方法は、首都圏に外人や害人がいるかどうか?を見るという方法である。

なにげに白人がいなくなる。なにげに米軍が横須賀から姿を見せなくなる。

こういう時が一番怪しいのである。

東日本大震災が起こされる時、首都圏のフランス人にはフランス政府からメールが入り、いますぐ東京を出ろ、理由は聞くなというようなメッセージが入ったという。福島第一原発が爆破された後も、80日間は東京に入るなとメールが来たという。

イスラエル人なら、モサドのデーブ・スペクターのようにアメリカに移住していたわけだ。本国のニューヨークで、東京都内の高級ホテルに仕込まれた無数のテレビネットワークを通じて得た情報をのんびり眺めていたらしい。そして放射能の問題のなくなった頃合いを見て帰国したのだという。

こういうふうに”やる側”のお仲間はちゃんと「知らせ」が入る。だから、日本人は間接的にそういう怪しい連中の動向を見て判断するというのが一番確実な予知方法なのである。

まあ、一説ではNWOシオニストは何とかして世界を金融崩壊の状態に持っていきたい。そうやって世界同時不況に持ち込み、世界の人間が生存競争状態に陥り、第三次世界大戦を起こすように持っていきたいと考えている。

今の世界で朝鮮人のパンギムンのせいで有名無実と化した国連より、我が国の支援の方がありがたくなったという状況である。昨日もまた安倍晋三首相がフィリピンに行ってまた「1兆円」の投資を確約してしまった。手ぶらでは気の毒だとでも思っているのか、行く先々で金をばらまく、バラマキ外交である。これでこれまでの28兆円に加えてまた1兆円のバラマキが加わった。もう30兆円もの海外投資を確約してしまったわけである。安倍昭恵さんも止めに入らないと、我が国は破産する。

とまあ、こんなことをし続けているわけだから、NWOシオニストからすれば、なんて余計なことばかりするとみなされているに違いないわけですナ。

だから、もし首都直下型大地震が来たとすれば、それは安倍晋三地震とも言えるものである。もちろん、安倍晋三はその時は海外に出張中だろう。


いくら海外の第三世界が将来的には日本にとって良い顧客になるだろうとはいっても、国の金、国民の銭をまるで自分の名声のためのクレジットカードのように自由気ままに使えるという精神構造は狂っているとしか言いようがない。議会で議論して投票して決めるか、国民投票で何兆円にも渡る支援は決定すべきであろう。

なんで自民党や安倍晋三個人の鶴の一声で「フィリピンに一兆円融資」が決まるのかいな?俺には理解不能である。だいたいフィリピン大統領がそれを国民のために100%使うという保証がない。大半は自分の懐にしまう。韓国が良い例である。

第三世界に円借款やら融資というのは100年早い。俺はそう思うがナ。

国内の被災地支援には一切金を出し渋るのに、海外には簡単に出しすぎる。

いったいだれの差し金なんでしょうナア。欧米企業はその漁夫の利を得る。ならば欧米企業、欧米諸国にも融資させるべきだろう。


もう国家予算の1/3を安倍晋三は海外投資、それも外交上の土産として人参ぶら下げていったわけだ。近々日本は倒産するだろうが、自民党や公明党が損害補償してくれるのだろうか?まずそれはない。


いずれにせよ、海外旅行する度に一晩で何十万円もする超高級ホテルのスイートルームに泊まってご満悦の舛添要一東京都知事にも困ったが、行く先々で手土産代わりに何兆円、何千億円の誘致話を繰り出し金を恵んでくる安倍晋三首相にも本当に困る。

だれかなんとかしてくれや!

まあそれも首都直下型地震が来るまでの天下ですナ。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-01-13 11:31 | 地震・地震予知・噴火

<< A Happy New Yea... A Happy New Yea... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE