武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」:「心はすべて数学である」「降りてゆく生き方」   

a0348309_9173081.png


みなさん、こんにちは。

さて、今度は例の武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」の話をメモしておこう。1〜2週間分が1つのYouTube番組になってアップされるから、時々チェックすればよろしい。

今回も武田鉄矢さん、ますます無双状態。相方の水谷加奈さんは、相変わらずの無知状態を維持しておられる。実に面白い。けたたましく「カナカナカナカナ」と笑うのが良い。

(あ)
武田鉄矢・今朝の三枚おろし「心はすべて数学である」2週目(完)「人生賽の目、小脳使って生き残ろう!」


この本の著者の津田一郎さんは、私がまだ大学院生の頃から知っている。深い付き合いはないが、何度か話したことがある。カオスケンさんこと梅野健博士などといっしょに日本を代表する、カオス理論の研究者である。理論物理学者。ずっとカオスだけを中心にやってきたいわゆる職人気質の理論物理学者である。

(い)
あなたの性格が運命を決める!武田鉄矢・今朝の三枚おろし 2017年2月6日


さて、トランプさんの話があるが、世界最高のGDP、GNPの国のアメリカが、貧困問題を取り上げ始めたのである。かつての世界2位、今の世界3位の我が国もまったく同様なのである。我が国にももう他国にどうこうする余裕はない。

したがって、我が国もアメリカに同調し、日本第一主義に進まねばいけないのである。

自国がない人は住んでもらっても結構なはずだが、自国が立派に存在する民族には、その人の国で頑張ってもらうべきなのである。地産地消。

やはり人間も地産地消で行くべきなのである。

まあ、めずらしくこの政治の話に関しては、武田鉄矢さん的をはずしていますナ。

やはり表の話しか知らないと、こういうことになる。もっと裏の陰謀論や陰謀暴露論を勉強しないといけないですナ。

いまトランプが戦っているのは、グローバルエリートを称するNWOシオニストの偽ユダ人のネットワークなのである。

この点、アパホテルや日本人のための幼稚園、小中学校を作ろうとすると、在日朝鮮人支那人がめざとく潰しにかかる、日本人に対するヘイトスピーチを行う、韓流の日本メディアが攻撃する、こういう現実が生じる我が国もまったくアメリカの状況と同じなのである。

まあ、これについては、またいつか。

しかし、この本の著者の禅の坊さんはあまり世界をご存知ないようですナ。


(う)
武田鉄矢・今朝の三枚おろし「降りてゆく生き方」前半「鉄矢が出会った変革者たち」


この中の最初の銀座で養蜂する人の話、実に面白い。

私の知人で静岡で養蜂している人がいるが、ここ徳島の剣山で養蜂を勧めると、実際に剣山の花でミツバチが密を集めて蜂蜜が収穫できた。これが実に美味しい。これは、ラフォーレ剣山の軒先で行ったものだが、その時の純粋な蜂蜜はラフォーレ剣山で売っている。

我が家にもその方からいただいた私専用のミツバチの箱があるが、いっこうにミツバチが住み着いてくれない。というわけで、外に設置したままである。

そんな養蜂が銀座でできるというのがすごい。

しかしながら、養蜂というのは、人知れずに穴場を見つけて行うからこそ、その辺に咲く花の密を収穫できるのである。人々が一斉に同じことをやり始めると、花の数は有限だから、取り分が減るわけである。

だまって行う。これがひ・け・つなのである。だから、武田鉄矢がそういう銀座の蜂蜜を宣伝した瞬間にその人はきっと窮地に陥るのであろう。

害人が蜂蜜を盗みに来ることもありえるからナア。

一方、支那の蜂蜜は人工的に蜂に花ではなく、人工的な糖分を与えて、そこから蜂蜜にするのである。だから、半人工的な蜂蜜なのである。

昨年は私はミツバチとアシナガバチに連続で刺されてアナフィラキシーショックで危うく死にかけたが、ミツバチと言えども馬鹿にできないのである。アシナガバチの毒は非常に強かった。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-02 09:44 | 武田鉄矢・三枚おろし

<< 「韓国産はノロ仕込み!?」:「... [地震予知]:「京大梅野健博士... >>