[追悼]ムッシュかまやつさん逝く:かまやつひろしさんよ、永遠なれ!   

「我がよき友よ」ムッシュかまやつ


みなさん、こんにちは。

あの時君は若かった。サマーガール。

下駄を鳴らしてやつが来る。腰に手ぬぐいぶら下げて。

かまやつひろしさんがご逝去された。

ムッシュかまやつさん後追い死 妻他界から数日後に

a0348309_8205021.png


 グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして一時代を築いた歌手ムッシュかまやつさん(本名・釜萢弘=かまやつ・ひろし)が1日午後6時5分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去していたことが2日、分かった。78歳。東京都出身。通夜、葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男のミュージシャンTAROかまやつ。かまやつさんの妻も、夫の亡くなる数日前に死去していた。

 長髪にニット帽がトレードマーク。ひょうひょうとした語り口で、世代を超えた音楽ファンに愛されたかまやつさんが、長い闘病の末に逝った。都内の自宅マンションには生花が届けられ、遺体は都内の別の場所に安置されたとみられる。

 関係者によると、今年1月10日に体調を崩して都内の病院に入院。当初は食欲もあったものの徐々になくなり、約2カ月の入院生活の末に、親族らにみとられて息を引き取った。苦しむことはなく、おしゃれなかまやつさんらしく、大好きなニット帽をかぶっていた。この数日前には、同じく長い闘病生活の末に、妻も亡くなっていた。

 最初に体調を崩したのは15年秋だった。黄疸(おうだん)が出たので病院で検査をすると、膵臓がんと判明。昨年5月の検査では肝臓がんが見つかった。通院治療をしたが、8月には脱水症状を起こして病院に緊急搬送された。9月に「肝臓がん」の病名を発表した際には「絶対に復活するから心配しないでください」とコメント。再起を誓っていた。


実際、私が理科大理工の4年の頃、近くの下宿から毎日下駄に手ぬぐいぶら下げて、運河沿いの土手を大学まで通ったものである。

この時代は、中村雅俊の「俺たちの旅」で高校時代を過ごし、ムッシュかまやつの下駄に手ぬぐい姿で大学を闊歩し、ギターの引けるものはアリスのチャンピオンを引いて過ごした。

そんな時代だった。

この頃のサッカー部というのは、今とは大分違って、試合中に全員が声掛けというものをやって気合を入れあった。いまでは二度とお目にかかることがない。

バレーボールとかでは、中高生が時々まだやっているが、みんなで「きんぷん、きんぷん」とか一斉に大声で同調するというやり方だが、昔のサッカー部では、気合を入れ直すために、ゴールキックの前とかに、

「オー ゼッ オー ゼッ オー ゼッ オー」

というような大声で叫ぶわけだ。みんなで走る時に出すような声掛けを試合最中にも四六時中行ったわけですナ。

いまやったらキチガイ扱いされかねないかもナ。

さて、そんな時代の若者のヒーローだったかまやつひろしさんが病気でおなくなりなった。これを追悼して、いくつかYouTubeでかまやつひろしさんのものをメモしておこう。
ザ・スパイダース 「 サマー・ガール 」 1966
a0348309_8352536.png




ザ・スパイダース 「あの時君は若かった」
a0348309_8323849.png




ザ・スパイダース 「真珠の涙 1968」
a0348309_834398.png




太陽の翼

The Spiders - Day Tripper (the Beatles cover)
a0348309_839534.png



『ザ・スパイダーズ』 堺正章・井上順・かまやつひろし・井上堯之


最近、私の大学院生時代の先輩が大学を定年退職したり、いよいよ我々の世代も社会的にはその役割を終えつつある、そんな時代に入ってしまったようだ。

1960年代は日本社会全体に「明るさ」「勢い」「希望」があったが、もはや我が国は世界史におけるその役目を終えた観がある。さまざまなアジアの国々を独立させたから、それで良いのだろう。

実際、この1960年代に作られた希望に満ちた物理学や科学の教科書は、今読んでもレベルが高く学ぶべき点が多いが、今現在では大学図書館から軒並み「除籍処分」を受けて大学追放のさなかにある。

残念ながら、科学の本質的な面に限って言えば、現代の科学はもはや科学ジャーナリズムに席巻されて、もはやある種のショービジネスに成り下がってしまったのであり、まったく進歩はないのである。むしろ、60年代、70年代までに20世紀の科学の基本は完成してしまい、あとはほとんどがその応用問題にすぎないのである。

かの物理の万能の天才ロシアのレフ・ランダウは「自分は生まれるのが遅すぎた」と。

いまは物理の数学化の時代であって、数学が数限りない専門分野に分かれてお互いにまったく交流がなくなったというように、物理もたくさんの専門分野に分かれてお互いにまったく交流がなくなるという時代を向かえたのである。

昔のように「物理は一つ」という主張はもはや過去の遺物でしかない。

かつて20世紀が始まる直前の19世紀後半、当時の偉大な物理学者は、それまでの物理のすべてを俯瞰できるような、ある意味で完璧な教科書を編纂したものである。マックス・プランクもそうした1人だった。

だから、当時の物理のどこに問題点があるかが若者に明確に理解できた。その結果として、当時の若者であったアインシュタインやシュレーディンガーやディラックなどにいい意味で付け入る余地を与えたのである。

ところが、いまではだれもそういう20世紀の物理を俯瞰できるような教科書が書けない。また、出版社にもそういう余力がない。

というわけで、もはや現在の若者はどこから手を付ければよいか全くわからない。下手に入れば、物理の森で迷って野垂れ死ぬ。富士山の樹海に入り迷路に迷う人間のようになる。そういう時代と相成った。

昔は良かった。

そんな時代を彷彿させてくれる日本人がまた独りこの世を去ってしまった。

おそらく、かまやつひろしさんは、下駄を鳴らしてやつが来る。腰に手ぬぐいぶら下げて。これが一番大好きだったのではなかろうか。と俺個人は想像する。

ご冥福を心からお祈り致します。合掌。RIP.



============================================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-03 08:59 | マスゴミ・ダマスゴミ

<< [物理のメモ]:E. Wiit... 「韓国産はノロ仕込み!?」:「... >>