FIFAコンフェデW杯:露、豪州、NZがかなり強くなっているゾ!   

みなさん、こんにちは。

そういえば、いまFIFAコンフェデレーションズカップがロシアで行われていた。

このコンフェデ杯はロシアW杯のためのシミュレーションとして行われるものである。

だから、本来なら我が国もこれに出ているべきだった。

が、ハリルホジッチの糞采配のせいで、最終戦の残り2戦まで出場かどうかわからないために、今回はこのコンフェデ杯に出場できなかったのである。

というわけで、これが世界ランク一桁の1位から10位程度のレベルのサッカーの試合ということになる。

スピード、迫力、正確さ、

こういう違いがよく分かるだろう。

そんなわけで、一応ここにもメモしておこう。

Match 1: Russia v New Zealand - FIFA Confederations Cup 2017→2−0
a0348309_19511297.png



なんとロシアが強豪オランダに勝利!

Match 2: Portugal v Mexico - FIFA Confederations Cup 2017→2−2


メキシコが粘ってドロー!


Match 3: Cameroon v Chile - FIFA Confederations Cup 2017→0−2


チリ強し、チリ産サーモン経済のおかげですナ。


Match 4: Australia v Germany - FIFA Confederations Cup 2017→2−3


なんだアジア枠代表で豪州が出ているじゃないか?本当は日本になるべきだった!
こりゃ〜〜まずいな。この経験が8月の日本vs豪州戦に生かされる。
まさにハリルのせいで、日本はドツボに嵌りそうだヨ。



Match 5: Russia v Portugal - FIFA Confederations Cup 2017→0−1


ロナウドのポルトガルの辛勝。決定力の差が出た!


Match 6: Mexico v New Zealand - FIFA Confederations Cup 2017→2−1


ニュージーランドもかなり強くなっているナア。


Match 7: Cameroon v Australia - FIFA Confederations Cup 2017→1−1


オーストラリア、強豪カメルーンとドロー。いや〜〜この豪州は強いナア。


Match 8: Germany v Chile - FIFA Confederations Cup 2017→1−1


予選リーグ最高の試合。これぞ世界トップクラスのサッカーだ!



いやはや、どうも豪州、ニュージーランドといい、かなり急速にレベルアップしているようである。

日本はオーストラリア、サウジアラビアと戦わなければならないが、オーストラリアには相当に苦戦するのではないか?

そして最後のサウジで不甲斐なければ、ロシア行は最後の最後にだめになる。

これが、監督更迭に対する優柔不断が導く日本サッカー協会の未来ということだろう。

もしロシア行がだめになれば、ザッケローニの時と同様に、監督はおろか、協会の代表もスタッフも全部責任取って辞任し、いよいよアマチュア出身のスタッフから、Jリーグ時代に入ったプロ選手の時代に変わるべきだろう。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-23 19:48 | サッカー&スポーツ

<< 武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」... 真珠湾攻撃総司令官淵田美津雄、... >>