FIFAコンフェデW杯準決勝第一試合:ブラボー、チリ、ブラボーの大活躍でPK戦でポルトガルに勝利!   

みなさん、こんにちは。

いよいよFIFAコンフェデ杯も終盤にかかってきた。
準決勝第一試合:南米王者チリvsロナウドのいるポルトガル
が行われたようである。


まず試合前のチリの選手のコメント
Jean BEAUSEJOUR - Post-Match Interview - Match 13: Portugal v Chile - FIFA Confederations Cup 2017


次に実際の試合の模様がこれだ。
Match 13: Portugal v Chile - FIFA Confederations Cup 2017

PK戦のブラボーの好守
a0348309_09362004.png
a0348309_09370293.png
ナニも止められた!
a0348309_09371133.png
というように、チリのGKブラボーの再三再四の好セーブ炸裂。

クリロナの強烈なシュートもことごとくブロックや好セーブ。

そして最後のPK戦で3セーブで勝利した。

いわゆる、GKの勝利。

まさに神セーブというやつだ。神がかっていたナア。

いずれにせよ、いわゆる「やまはって飛ぶ」のではなく、「最後までキック方向を見て飛ぶ」方式が成功したようだ。

前からここではずっと言ってきているように、中高生ならボールスピードがないから、
蹴る瞬間、あるいは、蹴った直後のボールの方向を見てから飛んでも十分に間に合う。
これならセーブ確率が8〜9割になる。

これをやまはって飛ぶとセーブ確率が五分五分以下になる。

この原理は大人のトップレベルでも同様だ。

蹴ってからでは遅いが、蹴る瞬間の方向を見てからでも十分に間に合う。

だから、蹴り出す=足を振るまでGKが動かないと、キッカーが混乱するわけだ。

そうして、ミスするか、弱いボールになり、GKの思う壺になる。

今後この「GK蹴るまで動かず」方式が主流になるだろうナ。


さて、試合のGKブラボーのインタビューがこれ。
POR v CHI - Claudio Bravo - Chile Post-Match Press Conference



翻って、オーストラリアはこのチリと1−1のドロー。

いかにいまオーストラリアが自信をつけたか、末恐ろしいほどですナ。

きっとチリがポルトに勝って大喜びしているんじゃないの?


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-29 09:48 | サッカー&スポーツ

<< ジョーク一発:100mの桐生選... ジョーク一発:「外国人たちの大... >>