ジョーク一発:バニッシングスプレーなのか、パニッシングスプレーなのか?どっちだ?   

バニッシングスプレー
a0348309_09595908.jpg
みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif
いつごろからか、サッカーの主審が「消えるスプレー」「バニッシングスプレー」というものを持ち歩くようになった。

バニッシングスプレー
a0348309_10031299.gif

さて、このバニッシングスプレーをめぐって、さまざまな問題が出て来たようだ。

たとえば、こんな感じになる。

【サッカー】バニッシングスプレーって、使わないほうが良くないか?

これって主審わざとやっているよナ。

1。わざと靴の上に線をひく。
a0348309_10134551.png

2。出にくいスプレーの試しで自爆する
a0348309_10145343.png


3。たくさん消費させようと大きな円を書く。
a0348309_10151752.png

4。選手への嫌がらせ。
a0348309_10155003.png

5。歯向う選手の顔に噴霧する。
a0348309_10160891.png

6。ちゃっかり振りに振っときながら、わざとかけて間違った振りをする。
a0348309_10164596.png


ところで、我国のJリーグは賢明にもバニッシングスプレーは使用禁止。


はたしてこのスプレーは無害なのか、有害なのか?

そこで成分を調べると、こんなものらしい。

科学的組成[編集]

スプレー内の液体は水(約80%)とブタン(約20%)を主成分とし、そこに界面活性剤やその他の成分が約1 - 2%加わっている。スプレーを押すと圧力の変化により膨張したブタンが小滴を形成し、それが水に包まれて泡となり地面に発射される。最終的にブタンは蒸発し、水と界面活性剤だけが残って泡は消滅する。アメリカ合衆国での特許を参照できる[2]。

ブタンが主成分で後は界面活性剤。

実はこのブタン、実に危ない物質だったのだ。
a0348309_10251877.png
火があれば、爆発。
吸い込めば、意識喪失の危険あり。

こんなものを持ち歩いていたわけだ。

人工芝でやって摩擦熱で発火、炎上というようなこともありえる。

さらには、吸い込んで突如意識がなくなる。こんなこともありえる。

さらには、このブタンも地球温暖化ガスの1つに認定済み。

最近の大雨は、実はサッカーの主審の使用するブタンのせいだったなんてナ。


やはり、審判の攻撃の手段にするんだったら、ペッパースプレーでしょ。

a0348309_10305674.jpg
これぞペッパー警部


まあ、審判にもイエローカードやレッドカードが必要なのかもしれないですナ。

いくらなんでも選手の顔にかけちゃいかんでしょ。

洗剤噴霧しているようなもんだヨ。



いやはや、世も末ですナ。


e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-12 10:35 | ジョーク一発

<< ジョーク一発:「もしも日本がな... 「ー杉田の熱力学ー新版 熱力学... >>