台湾バナナと共産革命の謎:謝蓮舫と謝雪紅の接点はバナナにあり!?   

バナナの叩き売り
a0348309_09340469.png

みなさん、こんにちは。

さて、お次ぎは今話題の「二重、三重国籍者」の謝蓮舫さんの話。

これについて実に奇妙な話があるようなのだ。これである。



百田尚樹》蓮舫・・・そりゃ公表できんわ!百田尚樹が一族の真実に迫る?壮絶な正体が明らかに!

さてこの台湾人の謝蓮舫さん。実はこの人の家を調べると実に興味深い。


(あ)家系図

まずはちまたに出回っているさまざまな蓮舫さんの家系図が興味深い。たとえば、こんあものがあった。

家系図1
a0348309_08371878.png
家系図2
a0348309_08375466.png
家系図3
a0348309_08381439.jpg

要するに、謝蓮舫さんは、台湾人と日本人女性との日台ハーフなのだが、この台湾人の父君の謝哲信という人物が謎を生むらしい。

出生記録が合わないというのである。


(い)蓮舫の祖母と父と、バナナの叩き売り

その謝哲信の祖母の一人が、陳杏村という女性だとか。この方である。
a0348309_08415584.jpg


全然似ていないんだが、この女性がどういうわけか、大富豪。旧日本軍に戦闘機2機を個人的にプレゼントしたとか。

そして面白いのが、台湾バナナのブローカー。

そういえば、我国に戦後バナナなる果物が入り始めたのは比較的最近である。

そう、バナナの叩き売り。
間六口のバナナの叩き売り

これが台湾バナナだったんですナ。

これが台湾のバナナブロカーの収入源だった。つまり、バナナマフィア利権である。

まあ、フウテンの寅さんも一言で言えば、渡世人=やくざである。


日本全国でかたぎではないヤクザにバナナの叩き売りをさせて儲けたのが、蓮舫さんの祖父とその息子。

とまあ、そういう事情があったようだ。


さて、問題はこのバナナの叩き売り。

謝蓮舫さんの家族だけが最初ではなかったのだ!


ここに実は本当の謝蓮舫さんの家族の疑惑が生まれるのである。


(う)台湾のもう1つの謝と228事件

私が偶然見つけたところでは、台湾の近代史、終戦後の歴史の中でもっとも有名な謝という名字の家系は、謝蓮舫さんの家系ではなかった!

もう1つもっと有名な家系があったのである。

それが、謝雪紅こと謝阿女である。この女性である。

謝阿女=謝雪紅
a0348309_08544425.jpeg

この女性は簡単にいうと、我国の重信房子のような、共産主義革命家の活動家の女性である。

台湾を共産主義革命で台湾共和国として独立させようとした活動家だったというらしい。この女性の起こした事件がこれだったとか。

228二二八事件“頭號要犯-謝阿女+謝雪紅

1947年2月28日に謝雪紅が台湾で革命事件を起こした。

まあ、私もこんな事件があったとはまったく知らなかったが、これは台湾の戦後直後の一大事件だったらしい。

結局、この女性は逮捕されて投獄された。
a0348309_09020292.jpg

(え)謝雪紅の家系

さて、問題はこの共産主義に洗脳された謝雪紅なる女性には、たくさんの兄弟姉妹がいたらしい。が、その消息はまったく不明なのである。

この謝雪紅さん、なんと最初に我国に戦前やってきた。そして神戸でなんと

バナナの販売

を行い、大きなお金を得て、それを元手にして中国に渡り、中国共産党の下ではじめて正規の学校教育を受けた。

そして、そのまま共産主義者となったのである。

そして、台湾に戻り、共産主義独立運動へと突き進んだというのである。


というわけで、我国で台湾バナナを最初に売ったのは、謝雪紅夫婦だったのだ。

問題は、その雪紅が共産主義者となってそっちにのめり込んだ後、いったいだれがその台湾バナナの利権を手にしたのか?

どうやらその弟に店を手渡したということらしい。

はたしてその弟とはだれか?


ここに謝蓮舫さんの祖父との接点が生まれるというわけだ。

ここからはまったく記録が途絶えて分からないから、私個人の憶測になるが、どうも謝蓮舫さんが共産主義かぶれであることからして、家族全般に中国共産党の思想の影響がある。

これを台湾に持ち込んだのは謝雪紅とその一味だったそうだから、この謝雪紅の兄弟姉妹の8人の中のだれかが、謝蓮舫さんの祖父か祖母であった可能性が高いというわけだ。

祖母の一人の陳杏村さんと蓮舫さん、あるいは、謝雪紅と謝蓮舫さんとを見比べると、かなり似ているといえるだろう。

若い頃の謝雪紅
a0348309_09130088.jpg

謝蓮舫
a0348309_09142186.jpeg

蒋介石の国民党の台湾で共産党にかぶれた謝家といえば、たぶん謝雪紅か謝蓮舫の家系しかなさそうだ。


つながっているんでしょうナア。俺の憶測だけどナ。


ところで、この謝雪紅さん、なんと自伝のような著作を残していた。これである。
謝雪紅・野の花は枯れず―ある台湾人女性革命家の生涯
a0348309_09173385.jpeg
この著者がやっぱり陳さん。謝蓮舫の祖母陳杏村と同一の名字。


というわけで、台湾でできなかった夢は宗主国の日本で実現。

そんな感じなんでしょうナア。


蓮舫家系の積年の夢。共産主義革命。

共産主義革命に成功したロシアは、そのせいで、私有と公有の区別があいまいになり、国のものはみんなのもの。だから人のものは自分のもの。国のものは自分のもの。

こうなって、泥棒大国になってしまったんだとか。

いまや支那がそうなりつつある。

だから、富士山に支那人が登山しても自分のゴミをみんなの使うトイレに捨てて自分だけ身軽になって下山しようとするんだとか。

「便器にゴミ…」富士山のマナー違反に困惑
a0348309_09283971.jpg
お前の出したゴミはお前の物。自分で始末しろ。このバカチンが!
そんなことも分からんで霊峰富士山に登るのは100年早い!
ほんと支那人は食うことだけは人一倍だから困るナ!

まあ、これは「世界遺産」という美辞麗句に惑わされたバカな日本人のせいでもあるが、共産主義になると、ダメ人間になるという証明というわけですナ。

共産主義はいわゆる愚民化政策なのである。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif


[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-19 09:31 | 支那・共産・南京捏造

<< 民進党主の謝蓮舫、二重国籍公文... 今回の異常気象は大陽黒点266... >>