太陽から「ドカンと一発」X9.3CMEが到来!:いま到来中、要注意ですナ!   

2016 選抜 甲子園 創志学園 応援 ドカンと一発


みなさん、こんにちは。

人間界、自然界に矢継ぎ早にさまざまのことが起きすぎてまたまたETの手も借りたいほどですナ。

我が国では、北朝鮮の核ミサイル問題、米国のトランプ大統領やら露助の頭領プーチン大統領との問題があるかと思えば、「日本死ね」で有名になった、ガソリン不正のガソリーヌ山尾志桜里のW不倫。つまり「民進党の失楽園問題」。これは面白いのでまたいつかメモしたい。

が、そんな矢先に太陽が巨大爆発を遂げてしまった。

なんとX9.3のCME放出したのだ。運が悪いことにそれがこの地球方向に飛んだ。これである。
宇宙天気ニュース

2017/ 9/ 7 10:06 更新
X2.2、X9.3の大規模フレアが発生しました。X9のフレアは11年ぶりです。

担当 篠原

昨日の夕方、6日18時(世界時6日9時)に、
太陽の南西(右下)の2673黒点群で、
X2.2の大規模フレアが発生しました。

Xクラスのフレアの発生は、
2015年5月5日のX2.7以来、2年4か月ぶりのことで、
このフレアだけでも驚いたのですが、
直後の6日21時(世界時6日12時)になると、
更に激しいX9.3の大規模フレアが発生したのです。

X9に達するフレアは、
2006年12月5日のX9.0以来で、11年ぶりのことです。
2006年は、まだ前の活動周期である第23期の後半です。
従って、今回のフレアは現在の第24期最大規模のフレアになります。
(これまでの最大は、2011年8月9日のX6.9でした)
a0348309_9475572.jpg


11年ぶりで太陽がドカンと一発やってくれたわけである。
a0348309_95046.jpg


これが我が愛しい地球へ向かう。

そして、昨日からすでにCMEが来訪中。
太陽からの陽子流
a0348309_95053100.gif


昨日来たのがX2.2のもので、これから今来つつあるのがX9.3のもの。だから、1万倍くらい来るのだろうか?


さて問題は、地球がCMEを浴びた場合に何が起こるか?ということである。


一説では、人間の精神活動が異常をきたす。

つまり、金正恩やトランプやプーチンや安倍晋三の脳みそが狂うかもしれない。糞味噌になるかもしれない。

一般人では、自殺者が増える。集団自殺が起こる。

あるいは、遺伝子変化が起こり、新人類が誕生するかもしれない。


まあ、気分の悪くなったり、調子の悪い人は確実に増えるだろうナア。


むろん、電子機器も悪影響を受ける。

金正恩がEMP兵器を開発するまでもなく、北朝鮮の兵器も太陽からのEMPで無力化されてしまうかもしれないというわけだ。

あるいは、狂って暴発する。

9日にはミサイル撃ってトランプの鼻をあかすと言っているらしいが、ちょうどそんな矢先に太陽がドカンと一発やっちまった。


金正恩撃つ→自爆、なんてな。さもありなん。


しばらくはやめたほうが良さそうだ。


今日は家の中でおとなしくし、太陽風が過ぎるのを待つ。これが得策だろう。



さてもう一つの問題は、太陽のCMEの来るときには、当然、電子(β線)、陽子(α線)、ニュートリノ、μ中間子などもやってくる。

このμ粒子は荷電重粒子であり、なんでも反応してしまう。

したがって、こいつが地球内部を電子レンジのチンしてくれるわけだ。

というわけで、CMEが来ると必ず結構大きな地震や火山噴火などが起こる。

異常気象も起こりやすい。

HAARPモニター観察:CMEの影響で久しぶりに500nTの強い地震電磁波到来!要注意!

ここ数日の大陽からのCMEが到来したということをメモしたが、地球は太陽風の被爆をした後、それに見事に応答し、天変地異を起こす。
この可能性を私はずっと探って来たわけだが、これを証明するように、今日久しぶりに500nTの地震電磁波が出たようである。
とメモしたように、地震電磁波の到来をみないとまずいわけだ。


すると、早速こっちも到来し始めた。
カナダの地磁気モニター群
a0348309_1042921.png



地球は回転しているから、太陽のCMEが到来したとき、たまたまどの国を襲来したかというそういう運不運がものをいう。

日本であれば、日本の地殻が暖められると考えられる。

いまのところ、出てきた地震電磁波は我が国の方角ではなさそうだが、すでに400nT、M4~5に対応するものが出ている。


というわけで、

備えあれば憂いなし。


ご幸運をお祈りいたします。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
やっぱり大きいやつ来たネ。メキシコだった。M8クラスである。
メキシコでM8.0の大地震発生
a0348309_16143584.png

発生時刻 2017年9月8日 13時49分頃
震源地 メキシコのTres Picosから南南西119kmの地点
マグニチュード M8.0
深さ 33.0km
備考 現地では津波への注意が必要です。

次はオセアニアでそれから日本の順番だろうナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-08 10:09 | 地震・地震予知・噴火

<< サッカーの元祖久保選手:マメ科... サウジ皇子「日本人サイコー、余... >>