北朝鮮の元寇の意図とは?:松前沖の島は北朝鮮の「尖閣諸島」になるか!?   



ハンベーダー

遠く暗い半島の奥から日本をめざしてやって来る。
それをいま私たちはハンベーダーと呼ぼう。
滅びゆく国からの侵入者たち、
彼らの目的は日本を我が物にすることにある。

出人便鮮人(デビット・ビンセント)は、とある夜明け仕事を済ませての帰り
激しい疲労と闘いながら車を走らせていた。

迷い込んだ田舎道で彼らハンベーダーを目撃した。
しかしこの事実を誰も信じてはくれなかった。

日本の平和のために、
日本人の姿をした半島人ハンベーダーが日本にいる限り、
出人便鮮人はこの恐るべき事実を全世界へ訴える証拠を求めて
ただ一人戦う決心を固めたのだ。

ジョーク「ハンベーダー」:出人便鮮人はとある夜明け、ハンベーダーを目撃した。。。
坂東忠信「日本人はどこまでお気楽なのか?」→俺「我々日本人も特別永住者にしろ!」
「あなたは知っていますか?」:ユダヤのラビの予言「この世の終わりはコリアから」!?


みなさん、こんにちは。

いやはや、平和ボケ日本を象徴する事件、これが北朝鮮の海賊であった。
北朝鮮のジャックスパロー
a0348309_12392183.jpg


その被害の様が明かされたようだ。これである。

【画像】北朝鮮船「遭難者」が日本の島で略奪と破壊工作を行う

北朝鮮木造船 荒らされた小屋の内部明らかに 北海道
a0348309_881263.jpg
a0348309_881617.jpg
a0348309_881849.jpg

北朝鮮から来た木造船が停泊した北海道松前町沖の無人島で、荒らされた小屋の内部の様子がNHKが入手した画像で明らかになりました。画像ではボイラーが壊されている様子などが確認できます。北海道松前町の沖合の無人島「松前小島」では、先月28日、北朝鮮から来た木造船が停泊し、10人いる乗組員の一部が上陸しましたが、これまでの警察などの調べで、島の小屋からテレビや小型バイクなどが持ち出されていたことがわかっています。

今回、NHKが関係者から入手した3枚の画像からは、荒らされた小屋の内部の様子が初めて明らかになりました。このうち洗面所では設置されていたボイラーが取り外されたうえ、めちゃめちゃに壊され、内部の配線などがむき出しになっています。部屋のドアを見ると、取っ手がなくなっている様子も確認できます。

また別の部屋の画像では、大型の発電機の扉がこじあけられ、発電機の内部を
物色したような様子がうかがえます。さらに近くの別の小屋でもポリタンクな
どが散乱し、台座から発電機がなくなっていました。警察のこれまでの調べに対し、乗組員の一部は「島から家電製品などを持ち出した」と話していることから、警察は乗組員から事情を聴くなどして窃盗の疑いで捜査しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171207/k10011250191000.html


その被害額は約1000万円だとか。大被害ですナ。

【北海道・松前】北朝鮮船による窃盗や破壊 被害額 “1000万円”

a0348309_811351.jpg


北朝鮮の木造船が立ち寄った北海道松前沖の島から、家電などがなくなった問題で、被害額が少なくとも100万円に上るとみられることが、12月7日までに分かりました。警察などは、木造船の乗組員へ引き続き事情聴取する方針です。

船が立ち寄った島からは、テレビなどの家電や船外機などがなくなっていて、管理人によりますと被害額は、少なくとも100万円に上るということです。そのほか、設置に約600万円かかったという発電機3台もなくなったり壊されたりしているほか、灯台のソーラーパネル4枚も配線が切られ放置されており、被害総額は、さらに膨らむとみられています。

また、苫小牧沖でも2017年5月、北朝鮮からのものとみられる木造船が見つかっていたことがわかりました。海上保安庁によりますと、苫小牧港の南19キロの沖合で発見されましたが、乗組員や遺留品は見つかっていないということです。

配信2017年12月7日11:30 北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/?id=3303


いや〜〜、この何気ない記事。実に恐ろしいですナ。

苫小牧沖でも2017年5月、北朝鮮からのものとみられる木造船が見つかっていたことがわかりました。海上保安庁によりますと、苫小牧港の南19キロの沖合で発見されましたが、乗組員や遺留品は見つかっていない

だってサ。

ということは、この一連の最近の事件からすると、松前沖の島の破壊工作は、そこに日本人がいてもらっては困るから破壊した、ということだろう。

つまり、逆に松前沖の島を北朝鮮軍の拠点にしたい。

今度はそこに北朝鮮軍人が武装して密かに住み着く。

そして、中国にとっての尖閣諸島のように、松前沖の島を北朝鮮の要塞にする。

そして、その警護体制のもとで、手薄な北海道に深夜に上陸して、北から攻め込む。


とまあ、そんなストーリーを描いているのではないか?

北海道の自衛隊は北の海岸線に集結すべきだろう。むろん、北方四島のロシア軍に対する兵力も温存したままで。

すでに無人船が岸で見つかっていることから、もう何十人かの北朝鮮の軍人が今年になり、北海道経由で本州にも来ていることは間違いないだろう。


サリンを撒くか?

炭疽菌を撒くか?

天然痘を撒くか?

あるいは、国会議事堂を襲うか?


そういう模擬練習が、今回の富岡八幡宮の惨殺事件ではないのだろうか?

たぶん犯人は別にいるんちゃうか?


日本は世界の雛形である。


いよいよ、我が国も世界も動きつつあるようですナ。面白い。



いやはや、世も末ですナ。というより、なぜかワクワクするナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-08 08:25 | 北朝鮮・高句麗・核

<< 衝撃のイルミナティーカードが切... アイラブジャパン:「昔も今も日... >>