2017年クラブW杯準々決勝浦和vsアルジャジーラ:興梠と槙野がやらかす!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、今朝早朝のクラブワールドカップ準々決勝、浦和ーアルジャジーラの試合はリアルタイムで見たが、浦和は勝てた試合を落とした。ひどい。

浦和槙野、レアル戦前に無念敗退「受け入れがたい」
a0348309_1253930.png



特にひどかったのが、興梠慎三。

興梠選手は本当に大試合に弱い。もっていない。むしろ変なやつを連れてきている。
【先制】浦和×アルジャージラ クラブワールドカップCWC準々決勝 浦和レッズ(0-1)アルジャージラ
a0348309_11513693.png


こんなイージーなパスをゴールできないようで、プロと言えるか?

これだからプロサッカーが馬鹿にされるわけだ。

罰金プレーである。

結局、武藤と興梠と ラファエル・シルバで同じようなミスショットを繰り返すから、相手にツキがいって、カウンターをやれたわけだ。

ひょっとして今流行の八百長ですか?


シュートは叩きつける。

そういう意識がなければ、精神的にプレッシャーで差し込まれるとかならずふかす。

なぜなら腰が引けるからだ。


一方守りで言えば、どうして槙野はオフサイドトラップをかけないのか?
a0348309_11575999.png

a0348309_1205992.png

a0348309_121966.png

a0348309_1211161.png
この段階で、自分が止まれば相手をオフサイドにできたはずである。

これは自分の方が相手より足が速いと考えた場合のポジション。

もしパスが通ったとしても自分がカバーできると考えらからだろう。

がしかし、相手の方が足が早かった。


あとは、適当にあしらわれて終了。


まあ、中東の笛で、ハンドのPKを取ってくれなかったりとかいろいろあったが、それは想定内の話。


すべては、興梠と槙野が敗因だった。


やはり、浦和の今季の低迷ぶりを象徴している試合だった。


一方、パチューカの本田は、ちゃんとこういうことを計算ずくでメキシコに行ったんですナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
今回の興梠選手のシュートミスの場合のような至近距離のシュートの場合は、足先でヒットするというような蹴り方ではよくこういうミスが起こるのである。ボールは常に変化するからイレギュラーもあり得る。だから、野球でいえば外野手の補給のように、まずは絶対に後ろへそらさないというように、ボールを自分の体の中心に入れて構え、かならず体に当てて前は弾くというような態勢でいかなければいけない。そして、かっこよく華麗にボールを足で蹴るのではなく、「ボールごと身体でゴールに押し込む」という感じの泥臭いシュートでなければならない。いずれにしろ、ミスは精神的に押し込まれている場合に起こりやすい。試合中に情けない顔をしているようではダメですナ。今回スピードスケートの小平奈緒選手が世界新記録を生み出した秘訣に、オランダ留学があり、そのコーチから「眼力だ」「自分がボスだ」「自分がボスだ」と言い聞かせる。こういう怒りに似た集中力が大事なのである。興梠選手には「怒り」が見えない。だから気迫や凄みが出てこない。もっとピッチ上で怒れ!これがアドレナリンを出し、動きを俊敏にするのだ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-10 12:07 | サッカー&スポーツ

<< 正論:「NHKの捏造報道」「N... 今日は真珠湾攻撃の日:「真珠湾... >>