ハリル日本覚醒!?:「昌子源お前もか!」→昌子「目を大きくしてよくゴールが見えました!?」   

みなさん、こんにちは。 

おとといはなでしこジャパンが中国に、昨日はクラブW杯で浦和が5位、そして日本代表が中国に勝利。

(あ)なでしこvsチャイナ
なでしこジャパン 東アジアE 1選手権「日本対中国ハイライト」


a0348309_950314.png

田中美南選手はU17時代は右ウィングをやっていたと思うが、今大会はセンタートップ。

まだまだミスショットが多い。

ミスショットというと、その代わりに入った岩渕真奈選手。2本決定的なシュートをミスしてしまった。

どっちむいてんの?

というようなシュートだった。ちゃんとボールを見てキックしていないのかもナ。

北朝鮮と引き分けた場合、この岩渕のミスショット、田中美南のミスショットが命取りになる。

得失点差で2位になってしまうわけだ。

とはいっても、現在の世界トップレベルの北朝鮮に勝つのはかなり難しいのではなかろうか?

ちなみに、北朝鮮は我が国同様に女子サッカーの方が男子サッカーよりはるかにレベルが高い。

たぶん男子は兵隊に取られてサッカーどころではないからだろう。

女子は、U17, U20と世界制覇レベルである。


(い)浦和vsカサブランカ
浦和vs ウィダード・カサブランカ 3-2 ハイライト 素晴らしい 2017クラブワールドカップ 浦和レッズ ウィダード W
a0348309_955206.png


いやはや、どうしてこのマウリシオ選手を前のアルジャジーラ戦で使わなかったのだろうか?

やはり、温存したのかネ〜?
 
かつて闘将ドゥンガが言ったように、日本人には日本人特有のメンタリティー(国民性)があるという。

それが、
試合中に相手が弱いと思うと手を抜くとか、勝てると思い込んで、失敗する
というものである。

要するに、日本人はすぐに相手をなめて油断するという特徴があるのである。

だから、柔にあるように、

勝つと思うな。思えば負けよ。

という訓戒の言葉ができるわけだ。が、これはいつの時代にも真実である。

アルジャジーラ戦では、予選勝った相手だから、絶対勝てる(だろう)とふんだわけだ。だから、戦術も先発メンバーも若干落として戦った。

問題は、それがうまく行かなくなった場合にどうするかということだが、それにうまく対応できないまま不完全燃焼で終わってしまった。

相手にしてみれば、してやったりである。

監督コーチも日本人だから同じメンタリティーになるわけだ。

欧米、南米のチームが弱いチームとやる場合は、最初に最高のメンバーを入れて、短時間に3−0にしてしまう。最初の10分で3−0にして相手にゲームを捨てさせるという戦法が普通である。

そして、3−0になり勝負がついたら、戦力を落として主力を温存する。こういうやり方である。

戦力を落として0−0で、最後に最高メンバーを入れるというやり方はしないのである。逆だ。

やはり日本人監督はもっと監督業を修行に行くべきだろう。単にS級ライセンスをもったから監督でうまくいくということはない。



(う)ハリル日本3軍vsチャイナ
小林、昌子ゴール!! 日本vs中国 Japan China 2017東アジア E-1サッカー選手権
a0348309_1010670.png


この試合、結果的には昌子選手のスーパーゴールで救われる格好になった。

めずらしくこの2戦ともハリルホジッチ監督に笑いが起こった。

まあ、予想外に強いから嬉しい悲鳴だったのだろう。

北朝鮮戦のメンバーも、このチャイナ戦のメンバーも、常連組のU34日本代表よりは遥かに良い。

運動量が違うからである。中盤の運動量が豊富だから、FWが自分の仕事に集中でき、全体にバランスが取れるのである。

大島選手も良かったが、怪我が残念だった。寒い中、相手が大きい選手ばかりだと、小柄の選手には肉体的に負担がかかる。

そういうこともある程度考慮してメンバー構成しないと、みな傷物になってしまう。


ところで、俺が気になったのは、昌子のスーパーゴールではなく、昌子源の目である。

昌子源、お前もか?

だんだん昌子源の両目が一重から奥二重に、そして奥二重からぱっちり二重に変貌中だということである。

日本代表では、大迫選手が細い目からくっきり二重に片方ずつ変えてきた。いまは両目とも二重になった。

おそらく、この後を追う可能性があるのは、井手口選手である。


そんなわけで、昌子選手の目の変化をメモしてこう。

2010年鹿島入団時(米子北高から)
a0348309_10181392.png


現在
a0348309_10191224.png


ところで、この昌子選手が高校サッカー選手権に出る県予選がこれ。
鳥取県高校総体サッカー決勝2010 米子北 vs 境
a0348309_10262012.png

この白いユニフォームの方の背番号4が昌子選手。

ついでに昌子選手がなぜ米子北に入学したかという話がどうやらこれだった。
【昌子源】クリロナとの対決を制した彼は韓国人?地元中学から米子北に決めた理由と父は名門監督



Jリーガーも韓国人同様にどんどん顔変えていくよナ。

どうやれば、顔認証できるんでしょうか?



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-13 10:29 | サッカー日本代表

<< 文春砲「白鵬の愛人ご紹介します... 悪のだんご3兄弟横綱の犯罪:「... >>