昔のブログから:「日本最初の物理学者は誰か?」→山川健次郎   

山川健次郎
a0348309_10243863.jpg


みなさん、こんにちは。

たまたま久しぶりに昔の自分の記事を見ていたら、ちょうど10年前にdoblogにメモしたものが見つかったので、それを再掲しておこう。以下のものである。


e0171614_11282166.gif

2007/11/18 のBlog
日本最初の物理学者は誰か?

今現在生きている日本人の中でいったい何人がこの問いの答えを知っているだろうか? おそらく、だれも知らないのではないだろうか。

今日、私はネットサーフしている内に、偶然この疑問に行き当たった。今回は、この話を紹介させてもらおう。

ところで、江戸時代に鎖国状態にあった日本を開国に導いたのはだれか、知っているだろうか?

これには恐らくみんな答えられるだろう。これは、承知の通り、アメリカの”黒船”でやって来たペ リー提督(Commodore Matthew C. Perry )である。

では、そのペリーはどこの大学出身者だったか、御存じだろうか?

恐らく、これは調べない限り、知っている人はその筋の専門家以外いないだろう。実は、アメリカ東海岸にあるイェール大学である。

この当時、ぺリーの出身のイェール大学は、すでに創立200年近くになり、その記念準備の日に近付いていた。今日本の大学が創立100周年程度であること(一番古い東大でも130年)を比べると 、いかにアメリカの大学制度が先んじているか分かるだろう。

では、ペリーが日本に黒船でやって来た時、ペリーは日本語が話せたのだろうか?

これは、もちろんノーである。通訳が必要だった。

では、だれが当時の日本人とペリーの間で掛け橋の通訳となったのだろうか?

これもおそらく知る人はほとんどいないだろう。これは、サッミュエル・ウェルズ・ウィリアムズ(Samuel Wells Williams)という人である。後にイェール大学で西洋世界初の日本語、日本文化の教授と なった人である。

最初の問いに戻ると、その答えは、山川健次郎という人である。後に、第6代東京帝国大学の総長、最初の九州工業大学の総長、最初の九州帝国大学の総長、京都帝国大学総長を歴任した人物である。

山川健次郎

によれば、『1871年(明治4年) 斗南藩再興のあと、アメリカへの国費留学生に選抜され渡米。1875年(明治8年) イェール大学で物理学の学位を取得し帰国。』とある。

今では、”学位”取得と言えば、博士号やPh. D.(Doctor of Philosophy)のことであるが、当時はunder graduate(学部)の理学士(Bachelor)取得でも学位取得と呼んだようである。

山川健次郎博士は、イェール大学の”学部”で学んだ最初の日本人学生、日本人学部生第一号となり、近代科学の基礎である物理学を専攻した。当時は、すでに日本人留学生は結構いたのだが、正規の学部生となり、しっかり最後まで向こうのカリキュラムに従って学位取得して卒業できたのは、山川健次郎博士”のみ”であった。他の学生たちは、正規の学生ではなく、1、2年特定の学問を勉強して帰国したにすぎなかったという。

したがって、イェール大学で最初に学位(学士)をもらったのが、山川健次郎博士であった。

これは、現在でもアメリカ留学の大半が”遊学生”であり、あるいは”短期留学生”、”交換留学生”であり、正規の留学生が少ないことと似ていて実に興味深い話である。

山川健次郎博士は、1875年に帰国して、東京帝国大学の物理学の助手になった。そこにいたのは、ア メリカ人ピーター・ベーダー(ピーテェル・ベダル)教授であり、その下に就いたのである。

その後、そこで勤めて、1879年(明治12年) 日本人として初の物理学教授になった。博士号は、ず っと後の1888年(明治21年)であり、これが 東京大学初の理学博士号授与となった。そして、190 1年(明治34年) 48歳で東京帝国大学総長となる。

とまあ、こういうふうに、

日本人初のイェール大学の学位(物理学)取得卒業生。
日本人初の物理学教授。
東大初の理学博士号(物理学)取得者。
東大初の物理学者の総長(どうやら、この伝統が現在の東大にも生きているようですな)。

これは、山川健次郎博士であった。

ちなみに、日本では、一般には、大正時代の「千里眼事件」、超能力者御船千鶴子の事件で「明治44 年1月4日、物理学者で東京帝国大学元総長の山川健次郎が同席した透視・念写実験が、丸亀の長尾宅 で行なわれた。」というような形で有名である。

参考:
Yale and Japan History and Overview
これは非常に優れた解説である。
a0348309_10243798.jpg


ちなみに、私の奥さんによれば、この中にある、アメリカ留学中に撮影された
写真の山川健次郎博士の顔と私の若いころの顔はそっくりだという。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-25 10:31 | 昔のブログ・BBSから

<< 「新一の『心の一票』」:「心壁... アイラブジャパン:近藤亨「武士... >>