動物界は人間界より先行する!?:秋田犬の末路が日本人の末路を彷彿させる!?   

プーチンと秋田犬
a0348309_11524287.jpg


みなさん、こんにちは。

さて、今回は私個人の妄想のようなものである。普通の人はスルーを。



日本の常識は世界の非常識。日本の非常識は世界の常識。

まさにいまや我が国の国内と国外とでは、そういう逆転現象があらゆることにおいてできている。

(あ)例えば、歴史の通説。

我が国では、南京大虐殺を行ったのが、旧日本軍となっているが、米ブッシュ政権による向こう8年の詳細な文献調査によれば、その証拠は0だった。

むしろ、当時の支那人の共産党パルチザンと国民党蒋介石軍が、当時の欧米列強および日本が居住する地域の親欧米親日の支那人を殺したり、満州で事業する一般日本人家族を虐殺したという事件だった。

物事は同じ軸上にある2つの善悪は、その向きを変えれば、どっちがどっちかわからなくなる。

そういうものである。


(い)例えば、牛肉。

一時までは、国産牛が純和牛=オスメス両方和牛であり、海外の牛が純外国産牛だった。

だから、国産、アメリカ産、カナダ産、豪州産、などと区別して書かれていた。

その時代は、北米産の牛には成長ホルモンが投与されているから、健康に悪いという副作用が知られるようになり、徐々に国産牛人気が復活した。

ところが、それから20年。

今では、国産牛のほぼ100%がF1牛=外国産オス✕国産メスのハーフ牛となり、豪州産の方に純血黒毛和牛が渡ってしまった。

つまり、和牛の逆輸入というやつである。

同時に、神戸ビーフの名で知られる神戸牛のような最高級の肉は、欧米やアジアの富裕層が買いあさり、日本の一般人は、外国産の肉を無理やり買わされてきた。

こういうふうに、牛肉においても、もはや我が国内には純血の和牛の方が数少なくなり、子が繁殖できないF1ハーフ牛が主流となるにいたった。

このF1は、子作りにはノーという、ターミネーター牛の一種であり、モンサントの遺伝子改変作物のとうもろこしやら、ポテトやらといっしょで、それを食べ続ければ、生殖器をやられ、脳をやられ、内蔵をやられ、いずれはガンや難病にかかって死ぬという運命が待ち受ける。

こうして、世界最古の国家日本の将来的な終焉が目に見えてきたわけである。

同時に、世界最古、人類最古の現存する遺伝子をもつ唯一の大和民族の終焉も見えてきた。

世はハーフ全盛、外人白人全盛の時代になっているからである。


(う)ところが、面白いことに、そういう外人天国、外人全盛の旅行者時代にあって、我が国のちょい旅する外人たちが目にする、めずらしい日本人の幼児、幼稚園児を目撃する度に、

かわいい、かわいい、ほしい、ほしい、

の声が飛ぶ。例えばこんなかんじ。

海外「この行儀の良さを見てくれ!」 日本の園児と白人の赤ちゃんの交流風景に感動の声

今回ご紹介する映像は、沖縄在住のアメリカ人の方が投稿されたもので、
投稿者さんのお子さんと、日本の園児たちが触れ合う様子が紹介されています。

場所は北中城村にある「中城公園」という近年大人気の県営公園で、
アメリカ人が多く暮らす宜野湾に近いことから、
インターナショナルな雰囲気のある場所であるそうです。

「可愛い」という声が相次いでいたのはもちろんのことですが、
日本の園児たちの気遣いや行儀の素晴らしさであったり、
人種の違いを気にすることなく赤ちゃんを愛でる姿にも、
多くの外国人が大きな感動を覚えていました。

なでなで
a0348309_9331569.png




外人の声

■ 日本の子供達は幼い頃から礼儀と素直さと、
  敬意を持つことの大切さを両親から教えられて育つんだよね。
  どの園児も素晴らしく可愛い。 +2011 フィリピン

■ オーマイガーッ! 可愛すぎるw
  この映像の中には「可愛さ」しか存在しない! +22 イギリス

■ あの子供達は相手が白人だからとかは一切気にしないで、
  ただただ赤ちゃんを愛でて、一緒に遊んでる。
  白人だからどうこうなんて意識はないんだ。 +133 国籍不明

■ 「バイバイ、アカチャン、バイバイ」
  ああっ、可愛さに心を奪われた!
  なんて愛らしい子供達なんだろう。 +2209 アメリカ

■ 日本の子供たちの可愛さがヤバイ?????? +156 アメリカ

   ■ こっちの両親たちも子供に敬意と愛情の示し方を教えて欲しい。
     それが実現したら本当に素敵だよね。 +3 アメリカ

■  どの子も赤ちゃんに対して優しい。
  日本の子供たちのこの行儀の良さを見てくれよ! +167 国籍不明

■ すごく愛らしい。あの子たちに人種の壁なんてないんだね。
  偏見は後から学んでしまう物なんだって事がよく分かる。 +22 カナダ

■ ハハハハ、笑いすぎて窒息寸前だった。可愛い! +1 台湾

他多数


あるいは、こんな感じ。
Cute Japanese Babies Everywhere (Traveling Kyoto, Japan)
a0348309_11155690.png



これは、税関や国や警察が知らないうちに海外のクルーズ船から我が国内に外国人が上陸するという、結構危ないタイプの外人入国のシステムを使って入国した連中の投稿サイトである。

こんなやつは無数にあるが、どうやら彼ら外国人の日本旅行では、日本の子供たちが、見た目や性質の「かわいい動物」であるかのような扱いである。

まるで、どこかの島や公園にいる、うさぎやリスや犬猫、猿、鹿、あるいは、むささびのような扱いですナ。

そのうち、「俺日本人の幼児を持って帰るワ」なんていうやつがいそうですらある。

結構危ない感じがしますナ。末恐ろしい悪寒を感じる。


(え)さて、牛から始まり、今や人間の場合もこんな感じにいよいよ変わりつつある中、犬に関して言えば、一歩先を行っていた。これをメモしておこう。以下のものである。

オオカミに最も近い……世界で大人気の日本犬は?
a0348309_11235048.jpg


先祖は「マタギ犬」

秋田犬は明治時代に秋田県で誕生した犬種です。土台となったのは、東北地方のマタギ犬でした。マタギとは狩猟で暮らした人々で、猟犬はマタギ犬と呼ばれました。

 幕末から明治時代にかけて、秋田県では闘犬大会が大流行し、豪農や資産家が体格の良い犬同士を掛け合わせました。ここからマタギ犬の大型化が始まります。

 さらに、超大型犬マスティフなど洋犬の血も取り入れられたとされ、現在に通じる秋田犬が誕生しました。飼い主に忠実な性質と立ち耳・巻き尾の姿はマタギ犬のままで、体格は二回りほども大きくなったのです。地面から肩までの高さ(体高)は65センチほど、体重は50キロ近くになることもあります。

 洋犬種に劣らぬ体格と威厳を備えた秋田犬は、柴犬など日本犬6品種(かつては7品種)のうちの一つです。

 1931年には、日本犬として国の天然記念物の第1号に指定されます。背景には、明治以降の急激な西洋化に反発する社会機運がありました。犬の世界でも、明治維新後にどっと流入してきた洋犬に、日本犬は駆逐されそうになっていたのです。

 翌32年に登場したのがハチ公でした。新聞や雑誌、ラジオが取り上げ、その名声は、日本犬の地位を高めることに多大な役割を果たします。秋田県の秋田犬保存会(設立1927年)、東京都の日本犬保存会(同28年)は、ハチ公人気の後押しを受けて活動が盛んになりました。

 戦後の高度成長期が始まる前後から、秋田犬を番犬として飼う人が増えました。高値で取引されるようになり、ブリーダーが雨後の竹の子の如ごとく生まれ、秋田犬の展覧会(ドッグショー)は愛好家や見物客であふれかえりました。1960年代後半~70年代前半には空前のブームを迎えます。


小型犬人気……日本では「存亡の危機」

 ところが、現在の日本において秋田犬は、存亡の危機を迎えています。

 秋田犬保存会の犬籍(戸籍に相当)年間登録数(国内)は、ピーク時だった1972年の約4万6000頭から最近では2000頭台にまで減少しました。本場の大館市でさえ、飼育されているのは30頭に満たないほどです。

 このままでは早晩、日本から秋田犬がいなくなってしまう危機的状況になっています。

減少の背景には、核家族化と少子化が進み、大型犬の秋田犬を飼う余裕が失われたことがあります。逆に人気が上がったのが、シーズーやトイプードル、ミニチュアダックスフントなど小型の洋犬種です。


「犬とは何か」を知る手がかりに

 日本において姿を消しつつある一方、海外では繁栄しています。

 すでに年間の出産頭数はイタリア一国で日本を上回るほど。中国でも、富裕層を中心に日本では考えられない高額で売買される人気犬種となっています。

 また近年になって、科学的観点からも注目されています。2000年代に入り、人だけでなく犬でもゲノム解析研究が飛躍的に進められ、秋田犬や柴犬などの日本犬は最もオオカミに近い遺伝子を持つことが分かったのです。

 研究の最前線にいる麻布大学獣医学部の菊水健史たけふみ教授は「秋田犬をはじめ日本犬の遺伝子が犬の起源を知るための鍵となっている」と言います。

 世界には体重100キロ程にもなる超大型犬のマスティフから、手のひらにのるような極小のチワワまで、公認犬種だけでも300を超える品種の犬がいます。

 そんな中で、秋田犬は、オオカミに似た原始的な犬でありながら、明治以降に洋犬の血が入り、大きくなったという、犬種として類例のない歴史を持ちます。それゆえ、秋田犬は世界中の犬種の成り立ち、ひいては「犬とは何か?」を知るための格好の存在と言えるのです。

 「日本の宝」としての秋田犬を日本で復興させたい。そんな思いから筆者は、読売新聞秋田版の連載や全国版の記事を通じ、その魅力や新発見の事実を報じました。近著の「秋田犬」(文春新書)でも、国内外での秋田犬の現状やハチ公の知られざる真の生涯を紹介しています。

「秋田犬フォーラム」1月20日に渋谷で
a0348309_1125093.jpg


 「秋田犬年」です――。秋田県はこの年末年始、2018年の干支にあやかったキャッチフレーズで、首都圏のJRや私鉄を舞台に県の魅力をPRしています。

 秋田犬が秋田県内の小正月行事や観光名所を訪ねるポスターを掲示、東急田園都市線渋谷駅地下1階の壁面には数百枚の秋田犬のポストカードを貼り付けています。ポストカードは持ち帰り可能で、はがすと壁面に巨大な秋田犬が現れるそうです。ポスターやポストカードの画像は、秋田県観光情報サイト「あきたファンドッとコム」で公開中です。

 また、ハチ公の故郷、大館市は1月20日に「秋田犬フォーラム ハチ公、大館、世界」(読売新聞秋田支局共催)を東京都渋谷区のTKPガーデンシティ渋谷で開きます。

 ハチ公の剥製が展示されている国立科学博物館の林良博館長、前上野動物園長で日本パンダ保護協会の土居利光会長、衆議院議員で秋田犬保存会の遠藤敬たかし会長、論文「秋田犬の国際化戦略」を執筆した名越健郎けんろう・国際教養大特任教授ら、そうそうたるメンバーが秋田犬をテーマに討論します。明石康さんが「秋田犬と世界」と題して基調講演し、ニューヨーク在勤時代に飼っていた秋田犬の思い出も語ってくれます。

 2018年は、ハチ公を世に広めた造園・建築家の斎藤弘吉ひろきち氏が創設した「日本犬保存会」が設立90周年を迎えます。節目の年が、秋田犬の復興元年になることを期待しています。


とまあ、こんな記事だが、簡単にまとめれば、

(1)秋田犬は飼い主だけになつき、他人にはなつかない、やさしい犬である。
(2)秋田犬と柴犬が、世界中の犬の中でもっとも狼に近い原始的な犬である。
(3)秋田犬は和犬なのに日本国内で2000匹程度しかいないが、世界ではもっとも知名度や人気のある有名犬であり、そこら中で飼われている。
(4)秋田犬は国内で絶滅の危機に瀕している。


要するに、ここにもまた、日本と海外との大逆転現象があるわけである。

つまり、昔は日本人が忠犬ハチ=秋田犬を飼い、外人が外国犬を飼っていたが、最近では日本人が外国犬を飼い、外人が日本犬=秋田犬や柴犬を飼っている。

こういう形で、日本国内で和犬が絶滅の危機に瀕している。


(お)私の個人的印象としては、今後これと同じことが日本人そのものに対しても起こるのではないか?ということである。

つまり、昔は日本という国の中に純粋な日本人が住み、海外には外人が住んでいた。

これが、逆転し、今後は日本の中に純粋の日本人が少なくなり、海外に遺伝的に純粋な日本人が残るが、主流ではなくなる。

国内は変な英語かぶれやら、ハーフやクォーターだらけで日本人、倭人がマイノリティーになり、海外に若干日系人という形で、純血一世が残る。


動物の世界は人間の世界を先行して起こる。


もし天皇に女系天皇を認めれば、天皇家自体が外人との婚姻で、外国産天皇となり、その瞬間に、超古代のエジプトで起こった西洋系によるファラオの乗っ取りというような歴史と同じことが起きそうである。

まあ、それでも世界が平和になるのであれば結構な話には違いないが、古代インド、近代現代の南米、やアジアやアフリカで起こったことをみる限り、そうはならず、むしろ日本が乗っ取られた瞬間に世界終焉するのではなかろうか?

(か)ところで、一つだけ私がわからないのは、どうしてもっとも狼という、それも北方の狼、たとえば、エスキモーことイヌイットの使う狼のような狼犬に最も近い秋田犬が、おとなしい犬であり、一般の犬の方が危険な犬になってしまったのか?

これまた人間にも言える。どうして現存の人間の中ではもっとも古い遺伝子をもつ日本人の方がおとなしく、新しい遺伝子、最近の変異をも外人の方が危険人間なのか?

そういう優しい日本人が秋田犬を生み出したとすれば、古い人間、古い人種の方が知的で優しくより人間的であり、新人類の方が実は野蛮で危険な人間になった。

どうもうそういうふうに結論せざるを得ないわけである。

いわゆる旧人類の方がやさしい人間であり、新人類の方が荒々しく血も涙もない残酷な人間だった。

だから、そういう残酷な人間に飼われて育成された海外の犬と優しい日本人に飼われていっしょに住んできた秋田犬や柴犬とは気質が全く異なるものとなったに違いない。


どうも秋田犬、日本人の世界最古の遺伝子の研究からするとそういう結論になるわけである。

まさにダーウィンの進化論の「オーパーツ」、日本人の存在そのものがすでに大英帝国のオーパーツなのである。

だいたいロスチャイルドが金融を始める前から、我が国には貨幣経済が定着、金銀小判は我が山梨のご先祖さまである、あの武田信玄が生み出したものである。




いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-30 12:03 | アイラブとてつもない日本

<< 今年もありがとうございました:... アイラブジャパン:ファンキーv... >>