神隠し「松岡伸矢くん行方不明事件」解決せず!?:徳島県警へたる!?   

みなさん、こんにちは。


いやはや、先日の
神隠し「松岡伸矢くん行方不明事件」ついに解決か?:愛知で大人になっていた!?
a0348309_111234.jpg

の続報が来た。

なんと、徳島県警は、DNA鑑定し白黒はっきりさせればいいものを、とりやめにしたとか。以下のものである。

伸矢ちゃんとは別人 徳島県警、両親のDNA採取見送り 2018/2/3 00:20

 1月31日に放送されたテレビ番組で身元不明者として紹介された男性が、29年前に徳島県貞光町(現つるぎ町)で失踪した松岡伸矢(しんや)ちゃん=当時(4)=に似ているとの情報が寄せられたため、伸矢ちゃんの両親のDNAを採取し鑑定する方針だった徳島県警が2日、両親に見送りを伝えたことが分かった。

 捜査関係者によると、県警に「男性は伸矢ちゃんではない別の失踪者に似ている」などとする有力な情報提供があり、男性は伸矢ちゃんとは別人であると判断した。

 県警は、3日に伸矢ちゃんの両親を訪ねてDNA採取を行う予定だったが、2日夕に訪問を中止することを伝えたという。

 テレビ番組で紹介された男性(推定25歳)は、4~21歳ごろの間、知らない男性に軟禁されていたと話し、両親の記憶はないという。番組によると、2014年7月、愛知県弥富市のショッピングセンターのトイレで意識不明の状態で見つかった。

 伸矢ちゃんは茨城県牛久市の自宅から親類の藤本弘子さん(77)=つるぎ町貞光=宅を訪れていた1989年3月7日朝、両親が40秒ほど目を離した間に行方が分からなくなった。


DNA鑑定の前に、本人の記憶とか、他人の話を鵜呑みにするとは論外ですナ。

別に、別人だったと分かったとしても、「別人の可能性」のまま残ることと、「全く別人」と分かることの違いは大きい。


こういう玉虫色のところに、実にだめな日本人的な面が出る。


たぶん愛知県警と徳島県警との間の確執のような縄張り争いが出たんでしょうナア。


だから、我が国も広域犯罪専門の米FBIのような警察組織が必須だというわけである。

国立中央警察

ですナ。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-02-03 11:28 | マスゴミ・ダマスゴミ

<< 「天才を育てた女房」:223つ... アイラブジャパン:モーグル溫泉... >>