「貴乃花の凄さがわかる」貴乃花歴史的一番 vs朝青龍:モンゴル人は霊的に生まれ変われ!?   

みなさん、こんにちは。

さて、我が国は無知蒙昧の歴史の浅い移民の国々からやってくる、霊的に腐敗した諸外国人旅行者や不法労働者や居座りのおかげで、もはやボロボロの感がある。現実は相当に病んでいる。

天皇は誰に対しても手を振って笑顔で受け流していればいいが、一国の首相となるとそれではまずい。

まあ、我が国の安倍晋三は歴代の中では祖父、父よりはずっと人気者には違いないが、所詮は外務大臣クラスの器にすぎない。

やはり首相たるもの、一国のすべてに厳しい目を向けて、プーチンとまではいかなくとも、かなりの睨みを効かせていないと、いまの野党のやりたい放題のようになめられる。こうなるともはや手遅れだ。

野党の9割は日本人になって20年以下、欧米では国会議員になる資格すら有しない。にも関わらず、蓮舫のような3重国籍者ですら簡単に税金で生きる権利を得られる堕落した国家となった。全部日本政府と自民党の体たらくのせいである。

とまあ、そんな案配の国家になったものだから、国技の相撲界も傾くし、神道の有名な日本を代表する富岡八幡宮ですら宮司間の殺人事件まで起こる。

これもそれも我が国のどこの奥の院でも勝手に一般開放する、あるいはさせようとする、邪悪で邪魔な騙すメディアの偽日本礼賛番組等の悪影響だろう。

日本のマスゴミは霊的に生まれ変われ!というわけである。

さもなくば、良いことが起こるはずもない。

そのように傾いた日本の大相撲で、最近元横綱貴乃花が、昨年暮れの貴ノ岩殴打事件の顛末を語ったとか。

まあ、その内容はともかく、その貴乃花がどんな横綱だったか?

その横綱としては晩年の状況を物語る興味深いYouTube番組を偶然見つけたので、それを一応メモしておこう。以下のものである。

貴乃花歴史的一番 vs朝青龍 vs武蔵丸 貴乃花の凄さがわかる
a0348309_8592932.png
a0348309_8593136.png

これを見たら分かるように、

モンゴル人には相撲は無理。

横綱の顔を張り手はするわ、のど輪はするわ、ラリアートはするわ、エルボークラッシュはするわ、やりたい放題だった。

横綱に対する敬意もなければ、礼もない。

単に賞金稼ぎのための道具でしかない。


やはり文明国のアメリカのハワイの力士と比べても、未開地のモンゴルの力士は劣化している。

霊的に幼い。ほんと幼稚。小学生以下。霊的に生まれ変わらないとだめですナ。


いまやこんな連中に跋扈されてしまったわけである。


やはり、親方のシステム、相撲部屋の継承のあり方や仕方、こういうところに大相撲が腐敗する直接の原因があるのは間違いない。

幕内力士に現役時代たったの二回しかなったことがない、ダメ力士の竹葉山(現 宮城野親方、60)でも、その後の親方株や師匠の娘と結婚すれば、部屋を遺産相続できるとか、そういうお陰で、白鵬の親方になれた。

逆に横綱や大関になっても、輪島、若乃花、曙、武蔵丸、。。。のように相撲部屋の親方になれないものがいる。→武蔵丸は武蔵川部屋の親方になったようだ。

どうして?

最下位の力士がいったい新弟子に何を教えられるのか?

というわけで、結局、手っ取り早く、日本人が部屋に来てくれないから外人の助っ人を頼む。

とまあ、そういうことになったんじゃね〜〜の?

ということになる。


また、天皇家のプリンセスの眞子さまは、なんと祖父が韓国人で、実母が借金まみれの在日女性の貧乏青年と合体してしまう。

これって宮内庁の監督不行き届きじゃないの?

あるいは、雅子様の陰謀?



神道崩壊、相撲崩壊、天皇家崩壊。


今年も良いことはありそうもないですナ。

まあ、俺にはどうでも良いがナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
貴乃花歴史的一番 vs朝青龍

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)がインタビューに応じた、7日の2時間番組「独占緊急特報!! 貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る」を放送したテレビ朝日に、日本相撲協会が激怒した。放送から一夜明けた8日、相撲協会広報部は、同番組の放送に際して必要な申請書類が提出されず、無許可のまま放送されたと明かした。肖像権を侵害されたとし、同局への今後の対応を協議する。

 この日、両国国技館で行われた再発防止検討委員会の会見に、テレビ朝日は出入りが禁止された。前夜放送された貴乃花親方のインタビュー主体で構成された番組で、事前に申請書類が提出されなかったため。貴乃花親方が、協会批判とも受け取れる内容を含んでいたからか、テレビ朝日は無許可で放送に踏み切った。親方や力士らの肖像権を管理する協会は、確認のため6日から担当者ら複数の局員に電話したが無視されていた。

 実はテレビ朝日は1月末にも、申請書類の偽造が判明。その直後のことだけに、広報部の芝田山副部長(元横綱大乃国)は「この前、注意したばかりなのに今回こういった対応があり残念。放送を受けて現在、情報収集し、今後の対応を考えている」と、テレビ朝日に正式に抗議する準備があると明かした。フジテレビもこの日、貴乃花親方のインタビューを放送したが、事前に申請書類が提出されていた。芝田山副部長は「世界中で肖像権や権利が叫ばれている中、垂れ流しされる状況は見逃せない」とも語った。

 テレビ朝日側とはこの日連絡を取れたが、報道目的であり落ち度がないと反論されたという。前日も同局広報は「適正な取材をしたと考えております」と回答していたが、協会側は悪質なルール違反として当面は取材拒否の姿勢。番組内容も報道とはほど遠いとの見解を示している。番組では司会者が「現在までに相撲協会から回答はありません」と、協会の姿勢に疑問を投げかけるような場面もあった。これにはある協会関係者は「何の番組にどういう用途で使われるかの説明もなく、質問には答えろというのは乱暴すぎる」とあきれていた。

 テレビ朝日広報部 本日の「暴力問題再発防止検討委員会」とその記者会見について、日本相撲協会から取材を断られました。当社は、この委員会は暴力問題への取り組みの一環であって、公益性が高く、記者会見への出席などは制約されるべきものではないと考えており、今後同様の問題が生じないよう文書で申し入れました。

いやはや、「無気力相撲」や「八百長相撲」の代名詞だった北勝海こと八角が何いってんの?
日本相撲協会の理事になっているのは、みんな元「無気力相撲」や「八百長相撲」力士じゃないの。
日本八百長相撲協会」や「日本無気力相撲協会」の間違いじゃないのかいな?


おまけ2:
ところで、この時代の貴乃花の右膝のサポーター
a0348309_938579.png
と今年の栃ノ心のサポーター
a0348309_939593.jpg
a0348309_9393284.jpg
とは全く違う。貴乃花のものは普通の誰でも買えるもの、一方栃ノ心のものは内部に金属やら補助器具が入った特殊なサポーター。特注オーダーメイドで何万円もする、いわば器具。これってフェアではないよな。白鵬の右肘のサポーターも非常に頑丈で、武器になるというもの。やはりサポーターは禁止した方が公正で公平な感じがしますナ。栃ノ心はもはやサイボーグ。トランスヒューマニズムあるいはパラリンピックですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-02-09 09:00 | マスゴミ・ダマスゴミ

<< 「白旗の少女」→偶然の出来事だ... やっぱりオーストラリア人だった... >>