2017年 01月 30日 ( 4 )   

「スノーデンは生きていた!?」:スノーデン情報とジム・ストーン情報がほぼ一致した!   

みなさん、こんにちは。

いやはやあまりにいろいろのことが起きすぎて再びETの手も借りたいほどですナ。

今度は、オリバー・ストーン監督の話。

オリバー・ストーン監督は、JFKを作った後に一時CIAに拉致されて拷問を受けて投獄され、しばらくNWO側の暗黒面に落ちたと言われていたんだが、そのオリバー・ストーン監督が、今度はエドワード・スノーデンの映画を作り、そのキャンペーンに日本にやってきたという。

微妙!

いや〜、いったいこの監督は日本の敵なのか味方なのかイマイチよくわからない。

がしかし、このキャンペーンの模様インタビューが非常に興味深い。一応ここにもメモしておこう。以下のものである。

米国の同盟国をやめた瞬間に、CIAのマルウェアが日本中のインフラを崩壊させる!?スノーデン証言の真偽は⁉︎ーー映画『スノーデン』のオリバー・ストーン監督に岩上安身が直撃質問! 2017.1.18


つむじ風氏のところに
オリバー・ストーン監督が明かした“衝撃情報”
a0348309_19404855.jpg

その日本語の要約もあるので、それも引用させてもらおう。以下のものである。

動画途中から文字おこし
 
(08:12-)
この映画で描かれている全ては
自分(監督)がどう思うという事は一切入れていない。
スノーデンが語った内容を映画化した、という事を先ずハッキリさせてください。
僕は彼が言うことは全て真実だと思っています。
スノーデンが横田基地(2010年)に二年いた時
日本中を監視したいと(政府に?)申し出たが、日本は拒否した。
しかし構わず(無視)監視を決行した。
 
そして同盟国で無くなった瞬間にインフラを全て落とす事が出来る様に
民間のインフラにマルウエアを仕込んであると(スノーデンは)言った。
メキシコ、ブラジル、ベルギー、オーストリア(イギリス?)に対しても同様の事が仕込まれている。
これはサイバー戦争。既にそれが仕掛けられている。
 
そもそもの発端は2008年にアメリカがイランにマルウエアを仕込んだ事から始まる。
2010年くらいに成功した。
イランのいくつかの核施設にウィルスを送り込む事に成功した。
そのウィルスがイランから中東に、そして世界へと拡がってきた。
当時の諜報機関のトップに居たマイケル・ヘイデン氏がこの事実を公言した。
ニャニヤしながら
『イランという敵を、こういう手法でやり込める事ができて良かった』と。
この時のウィルスはスタックスネット(STUXNET)。
これが発端となって世界中がウィルス攻撃が出来るんだ。
サイバー戦争が始まっていた。(311も?)
そもそもイランにそれを仕掛けた事自体が、
アメリカの宣戦布告なしのサイバー戦争突入した行為と同じだと思っている。
これは凄い事だ。
 
アメリカから、特にサイバー関係では偽の情報が流されている。
アメリカが発信する情報は、皆さんも疑いを持って見て頂きたい。
サイバー戦争に関してはアメリカがリーダーなわけで、一番大きなプログラムを持っているのもアメリカですから。
当然そこから発信する情報「ロシアがどうの~」「攻撃された」とか…
勿論証拠が出ている物もあります。
けれどもその殆どが証拠が無く、勝手に出て来ている情報。「サイバー攻撃をされた~」
 
スノーデンは、その全ての情報に我々が注目する切っ掛けを作ってくれた。
しかしそのサイバー戦争の実態は未だ表面しか分かっていません。
新しい戦争(サイバー戦争)の形であり、既に始まっています。
それが映画に描かれている、世界に対する監視システム体制というもの
と共に在るという事を皆さんに知って頂きたい。
 
(15:32-)
法的な定義から鑑みても、(アメリカが)行っているサイバー攻撃は戦争行為だ。
 
同盟国について
(日本等)アメリカにとって同盟国ではありません。
逆に、【人質】になっている。
もし日本が他国(中国など)の経済圏と関係を持とう、
そしてアメリカとの同盟(属国)から離れようとした場合
恐らく脅迫されたり、このマルウエアなどで人質となる
非常にシリアスな問題である、と受け止めてもらいたい。



私の印象は?


というと、


何を今更


というのが正直なところである。


おそらく、我が国で一番最初にこの
スタックスネット(STUXNET)ウィルス
のことをブログで取り上げたのは、私や他わずかな人間だけだった。

特に、このコンピュータ・ウィルス「Stuxnet」が我が国の原子力発電所の制御システムに感染し、すべて内部が当局から丸見え、筒抜け状態になっていて、東京電力のシステムはいつでもお釈迦にできるという話は、我々陰謀暴露論者の間ではだいぶ前からよく知られていたことである。

最初にイランの原子力発電所を爆発させるためにこのウィルスを用いたが、それはアメリカではなく、アメリカを配下に置いたイスラエルだった。

これに対応する部分がここである。

そもそもの発端は2008年にアメリカがイランにマルウエアを仕込んだ事から始まる。
2010年くらいに成功した。
イランのいくつかの核施設にウィルスを送り込む事に成功した。
そのウィルスがイランから中東に、そして世界へと拡がってきた。
当時の諜報機関のトップに居たマイケル・ヘイデン氏がこの事実を公言した。
ニャニヤしながら
『イランという敵を、こういう手法でやり込める事ができて良かった』と。
この時のウィルスはスタックスネット(STUXNET)。
これが発端となって世界中がウィルス攻撃が出来るんだ。
サイバー戦争が始まっていた。(311も?)
そもそもイランにそれを仕掛けた事自体が、
アメリカの宣戦布告なしのサイバー戦争突入した行為と同じだと思っている。
これは凄い事だ。


どうも
本丸がイスラエルだ
ということをこのオリバー・ストーン監督およびスノーデンは巧妙にずらしているようである。

要するに、このコンピュータウィルスによる原子炉爆破実験はイランで実験済みであった。それが2008年前後のことである。

それから3年後、ついに我が国日本において、当時の鳩山由紀夫・小沢一郎民主党政権、そして内部抗争で菅直人・枝野幸男民主党政権が誕生した時、ちょうどこのオリバー・ストーン監督がスノーデンから聞いたという政治状況:
同盟国について
(日本等)アメリカにとって同盟国ではありません。
逆に、【人質】になっている。
もし日本が他国(中国など)の経済圏と関係を持とう、
そしてアメリカとの同盟(属国)から離れようとした場合
恐らく脅迫されたり、このマルウエアなどで人質となる
非常にシリアスな問題である、と受け止めてもらいたい。

とまったく同じ状況が作られたのである。

それに相当する部分がこれである。

2011-06-12 11:58
日本政府と東電の「21世紀最初の真実」:日本がイランにプルトニウムを売っていた!?

それから以下の文章はジムストーン氏が気が重いといいながらも書いている主張です。日本は核を人質いとられていたと思っています。そうすれば意味が通じます。

1. 日本はイスラエルの偉大なる悪魔のイランに向けてウランを豊富に提供した。

2. すぐにイスラエルはセキュリティ会社としてフロント会社を設置した。日本の核施設のセキュリティを獲得した。4ヵ月後にDimona Dozenが現れた。水面下で福島のハートにアクセスするセキュリティ契約を結んだ。彼らはウィルスを設置した。本物のカメラを施設の外に設置し、中にある核カメラを隠した。これに加えて、彼らは承認されていないデータコネクションをインストールし、ウィルスを通して全ての施設のコントロールを行った。(彼らはこのコネクションについて認めた。このページの後で説明する)

3. その後でStuxnetと核をインストールし、緊急停止を行った。

4. イスラエルは津波爆弾を隠すため「自然の地震」(「」は引用者)が日本に来るのを待った。すでに日本の地底に設置していた。VLFコミュニケーションが設定され、水を刺激する爆弾が設置された。DimonaのDavidが日本から6.67の地震のデータを読み取った。バーン! (新証拠により地震はほとんど自然でないことがわかります) 津波が到達し、発電所のstuxnetを浸水させた。合成カメラからの直接の撮影し、セキュリティ会社は承認されていないチャンネルを通してDavidをインストールした。Davidはいつジェネレーターを切断するかを知っていた。他のチームは福島の職員がとってくる測定を妨害した。作業員らは全てがおかしくなっていく理由を何も理解していなかった。

5. イスラエルの首相は日本に電話をし、イランに提供したお礼だと言った。あと5つの核が日本の海岸にある。私達は全部設置しており、あなたの海岸の都市を破壊する。もし6.67を9といわなければ。津波の効果を偽装しろ。そして私達は全ての原子力を取り去ることを要求する。そうすれば二度と私達に攻撃されないだろう。私達は福島第一を爆破する。あなたは言うとおりに何でもしろ!

6. デービッドと彼の仲間はリモートデータリンクを通じて施設の全てのバルブを閉じた。彼らはそれらをインストールしてフルスロットルにしたことを認めている。メルトダウンをするために。その間、ウィルスが部屋をコントロールし続け、誤った情報を表示し続けた。何も起こっていないかのようになっていた。充分に混乱をさせたあとで、彼らは核をオフにして、空の高くまで吹き飛ばした。

たとえ地震が本当だとしても、核が8.4に充分に近いところにあった。私は最期の詳細はまだやっていない。たぶん十分に彼らをつるしたと思う。その理由は;

1. 私は本当のseismic(引用者:地震の)データを得ている。地震が彼らが言うとおりのものではなく、実際に6.8だったという証拠を。それは日本にとっては脅威ではないものだ。

2. 多くのソースがStuxnetは本当にイスラエルで書かれていると証明している。

3. 日本は本当にウランをイランに提供している。イスラエルはイランの施設を破壊しようと試みていることを文書化している。たぶんそうした。日本はイランの核に貢献している。日本はイランと同様に将来イスラエルの敵となりうる。イスラエルはそれを取り除きたいと思っている。

4. イスラエルのチームの文書には、歴史を通して継続してイスラエル人の防衛のために働いていることと、日本の核施設に制限なくアクセスすることができるとある。それは増加している。

5. 4号機は燃料が抜かれていることが証明されている。そのため説明は不可能だ。4号機では一体に何が起こったのか? 燃料プールがメルトダウンし、火災が起きて、水が沸騰し、最悪にも循環できなくなった。ひどく汚染されている。何もない。爆発はなかった。4号機は建物7だ。終了。外の放射能壁がふきとばされ(4フィートの厚さ)内側の放射能壁画もっと厚かった? 4号機は今にも終わろうとしている。どうやって?(引用者:ここはかなり疑問です)

6. 日本の政府は科学的な9.0の証明の話につきあっている。それには理由がある。私の推測は、イスラエルは日本の海岸の都市を津波で吹っ飛ばすと脅しをかけた。日本には他の継続した脅しにつきあう理由はないはずだ。

情報ソースはこちらです
http://c.fc2.com/m.php?_mfc2u=http%3A%2F%2Fwww.jimstonefreelance.com%2Ffukushima.html---


つまり、民主党(現民進党)の鳩山由紀夫政権、菅直人政権時代に、在日朝鮮人の菅直人は、イランに福島第一原発の4号機内の核燃料を裏で売っていたのである。

お馬鹿な朝鮮人政党である民主党の政治家たちは、すでに日本全土(全世界)の原子炉の制御システムにはこのStuxnetウィルスがイスラエルの手により侵入させられていることを知らなかったのである。

わざわざイスラエルに対して敵国のイランに当時の売国日本政府が売っていることを、これまた当時日本の原子炉の管理運営を受注していたイスラエルの民間企業のマグナBSP社のメンバーが嗅ぎつけて確信情報として、イスラエルのネタニヤフ首相に通報。

これにネタニヤフが激怒し、モサドに爆破命令を行い、東日本大震災が起こされ、福島第一原発の爆破が行われたのである。


とまあ、というわけで、拙著「ニコラ・テスラが本当に。。。(下)」にはちゃんとこの内容が出て出版されているわけである。

岩上安身は馬鹿ですか?これでジャーナリストと言えるのかいな?


もう311はStuxnetウィルスにより引き起こされたことはこの世界では実に有名な話なのである。

単なる素人の好奇心だけで陰謀暴露の世界にいる、関暁夫のような連中にはこういうことは理解できないに違いない。

いずれにせよ、この話はエドワード・スノーデンではなく、ジム・ストーンが全世界に流したのである。直後にジム・ストーンは警告を受けたり、拉致されそうになり、暗殺の危機にひんしたという。なんとか外国に逃げ延びて、それでメキシコのどこかに身を隠しているという話である。


このジム・ストーンの話とオリバー・ストーンのスノーデンの映画の話は巧妙にこういうふうに大事な部分が変更されているのである。

首謀国:イスラエル→アメリカ
司令者:ネタニヤフ→オバマ
工作員:モサド→CIA

まあ、もっともアメリカとイスラエルは実に仲がいい一心同体だから、我々にすればどっちでも同じようなものだが、十把一絡げにアメリカを論じるのは間違いである。

米NWOシオニストネオコンとイスラエルが仲間なのであり、この連中が日本が敵になったら、それなりの作戦に出ると言っていたわけである。

もっともこんなことは、
「300人委員会」
a0348309_1926611.jpg
の著者ジョン・コールマン博士がもっと前の1990年代から言っていたことである。

おそらく鳩山由紀夫時代に中国支那とべったりになったのはまだ許せたに違いない。が、その後の菅直人時代にイランとべったりになった。特に核燃料プルトニウムを売ったことが虎の尾を踏んだのだろう。

なぜにこんな馬鹿なことをしたんでしょうナア?


いやはや、鮮人の放射脳ほど恐ろしいものはないのだ!
除鮮あるのみ。

ちなみに、最初に「除鮮」と書き出したのは俺である。


というわけで、オリバー・ストーンが100%正確なことを言うはずがないし、映画で描くはずもない。それはJFKの時と同様である。むしろ、物事の本質を間違わせるため煙にまくために作らされているのである。

我々日本人はどこの国の民族とも敵ではないし、敵対行為をしてきたわけでもない。むしろ、殆どの場合、他国のために協力してきたわけだ。

しかしながら、その日本人特有の「人のために生きる」という利他的行為が相手側に理解されることはめったにない。

そんな中、在日帰化人が政権を乗っ取り、自分勝手に浅知恵で金儲けを図ったばかりに、多くの何も知らない日本人が犠牲になったのである。

それが東日本大震災と福島第一原発爆発である。そして熊本大地震である。


とまあ、かなりオリバーの話は現実からはズレてはいるのだが、初めてそういうコンピュータ・ウィルスの標的にさらされてきているという現実を表に出したという点では多少評価できるだろう。


いずれにせよ、私が書いたことが100%真実だったということを証明してくれたようですナ。


ということは、安倍晋三政権も辛いところにいるわけだ。これまでの米国とは正反対の陣営となった反NWOのトランプ政権が誕生したわけだから、

いったいTPPを推進すればいいのか悪いのか?いったいどっちにしたらいいのか?

どっちにすれば、米国の敵になってしまうのか?

実に判断がしにくいのである。

俺のアドバイスは、どっちに行ったっていっしょ。いずれ原子炉は爆破される。

後は、神のみぞ知る。我々は放射能に強いやつだけが生き残り、進化する。

とまあ、こういうわけである。

いずれにせよ、スノーデンは生きていたんですナ。てっきり殺されたと思っていたんだが。良かった、良かった。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-30 19:43 | コンスピラシー

素粒子物理学者も霊魂の研究に着手!?:「最新の量子力学が魂・臨死体験の謎を解き明かす!」   


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、久しぶりにYouTube番組でここに相応しい話も見つけたからここにもメモしておこう。以下のものである。

(あ)遂にCIAが超能力の実在を公表したぞ!公式HPでユリ・ゲラーの実験結果を大量公開、驚愕の的中率!
a0348309_15321918.png




CIAが公開のユリ・ゲラーのリモートビューイング能力はほぼ100%の正答率だったということである。


(い)最新の量子力学が魂・臨死体験の謎を解き明かす!



この中に出てくる科学者のハメロフ博士については、拙著「物理学で語り尽くすUFO・あの世・神様の世界」にも登場する。

また、
ダグラス・ホフスタッター
a0348309_15381270.jpg
は、かつて
ゲーデル、エッシャー、バッハ
a0348309_154012.jpg
という本で有名になった理論物理学者である。

1980年代から量子ホール効果で有名な
ホフスタッターバタフライ
a0348309_15384146.png

の創始者である。その後コンピューターサイエンスに転向していたはずなのだが、いつのまにか霊魂の問題に興味が移ったようである。


ところで昨年暮れに高松で保江邦夫博士と会った時に聞いた話では、

どういうわけか、最近ではかのミチオ・カクやペンローズやホーキングなどいわゆる量子ひも理論や量子重力の専門家という連中がみな霊魂や神の存在を主張するようになってきた

というのである。もちろん、私は

へ〜〜、どうしたんですかね?

と聞き直したわけだ。が、どうやらそれは本当のようである。


保江邦夫博士はマイクロチューブルだけではなく、むしろその周りに存在する水と合わせた両者の量子相互作用による、ある種の凝縮状態が我々の記憶を生み出し、我々の脳の精神状態を生み出すという理論を作っていたのである。

それがその筋では有名な治部真理ー保江邦夫の理論である。


人間の体から魂が抜ける瞬間?事故現場で撮影の画像が話題に


Mouse Spirit Leaving It's Body? Ghost Captured on Camera **GRAPHIC**


【衝撃映像】交通事故者の魂か!?ビデオカメラが捉えた黒い影


超 閲覧注意 恐ろしい事故の決定的瞬間


まあ、さすがに素粒子宇宙論物理学者はやることがなくなり、とうとう魂や神のテーマに量子力学を応用する他なくなってきたんだろうナア。

実験できない遠い宇宙の与太話よりは、まだ霊魂の存在の方が身近で実験もできるわけだからずっと物理的なのである。

実はダークマターって言う代物、生まれ変われずに地獄に落ちた霊魂の墓場だったりしてヨ。
くわばら、くわばら。


(う)地球人は亡くなると異星人として生まれ変わる?UFO研究家を悩ませ続ける『スコリトン事件』


ジョージ・アダムスキーはちゃんと金星人に生まれ変わって幸せに暮らしていたとサ。めでたし。めでたし。



それにしてもユリ・ゲラーはすごい。

ユダヤ人も改心して人類のためになることをして罪滅ぼししないと、もう二度と人間には生まれ変われないらしいゾ。朝鮮人支那人は金星人に生まれ変わるのではなく、家畜に生まれ変わるからどうでもいいのだがヨ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-30 16:00 | スピリチュアル

不遜害人を手引する法務省:不遜在日犯罪を見てもまるで他人事!?   



みなさん、こんにちは。

いやはや、経団連がついに在日韓国経団連となった一方で、法務局が「支那朝鮮法務局」と相成っていた。以下のものである。

【これは酷い】「外国人起業家」向け在留資格、滞在者が過去最多2万人超 不正取得、犯罪の温床にも

起業家向けの在留資格を取得して国内に滞在する外国人数
a0348309_1224126.jpg


外国人の日本国内での新規事業立ち上げを促進するための在留資格「経営・管理」で日本に滞在する外国人数が2万人を超え、過去最多を記録したことが28日、法務省への取材で分かった。取得条件緩和により外国人の日本での起業熱が高まったものとみられる。一方、起業家を装った在留資格の不正取得も確認されており、捜査当局は警戒を強めている。

「経営・管理」は平成27年4月の改正入管法の施行に伴い従来の「投資・経営」から名称と要件が変更された。「経営・管理」の在留資格では、500万円以上の資本金▽2人以上の従業員▽事業の経営・管理の経験-などの条件を満たせば、国内で新規事業を立ち上げる外国人に3カ月~5年の在留許可が与えられる。

法務省によると、昨年上半期時点で同資格を得て日本に滞在する外国人は2万117人に達し、初めて2万人を突破した。制度変更後、一気に約2千人増加した。国別では1万52人の中国、2995人の韓国、999人のネパール-と続いた。

ただ、不正に資格を得ようとする者も後を絶たないという。入管関係者は「書面さえ整えれば比較的容易に審査は通る。留学資格で来日し、滞在を延長するために起業家を装う者もいる」と説明する。

【外国人起業家在留資格】ダミー会社でビザ→偽造カード詐欺 申請ノウハウ出回り→代筆闇業者も
2万人を突破した「経営・管理」資格での在留。日本で起業する外国人が増えたのと同時に、実体のない会社を設立して不正に滞在するケースが確認されている。警視庁が昨年摘発した中国人詐欺団のメンバーも、資格を不正に入手して日本にとどまる“偽装起業家”だった。警視庁幹部は「不良外国人の受け皿になりかねない」と指摘する。(安里洋輔)

不自然に並ぶ表札
都内の住宅地にたたずむ古びたアパート。一見何の変哲もない建物で、玄関先にある集合ポストが異彩を放っていた。「○○合同会社」「株式会社××」。ポストには会社の名前らしき表札が並ぶ。警視庁幹部は「多くが『経営・管理』の在留資格を不正取得するために作られた実体のないダミー会社だ」と語る。

これらの一部は昨年9月下旬、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が摘発した詐欺事件に関与した中国籍の男(21)=当時=が作ったダミー会社だ。平成26年4月に留学生として来日した男は、入管当局の目をごまかしてビザの入手に成功する一方で、仲間とともに犯罪に手を染めた。

捜査関係者によると、事件は28年1月から5月にかけて発生。男らは偽造カードを使って都内各所のドラッグストアやコンビニでたばこなどをだまし取る犯行を繰り返していた。組特隊はこの事件で、男を含めたいずれも中国籍の男女6人を詐欺容疑などで逮捕。うち3人が男と同様に経営実体のない会社を設立する手口で、「経営・管理」の在留資格を得ていたとされる。

割合が高い中国人
「経営・管理」の在留資格を得て日本に滞在する外国人数で国別の最多だったのは中国。25年に資格を得て都内にネイルサロンを開業した同国出身の女性(40)は「まじめに働いて事業が順調であれば帰化への道も開ける」と語る。

ただ、入管の審査をすり抜けて不正に資格を得ようとする者も後を絶たず、「不正行為が発覚するのも中国人の割合が高い」(捜査関係者)という。「ビザ申請のお手伝いをします」「成功率高」-。

在日中国人向けの情報紙には、入管への在留資格の申請業務の代行をアピールする行政書士法人や弁護士事務所の広告が目立つ。「中には、依頼者が不正を働くことを知りながら申請業務を請け負う悪質な業者もいる」(同)

関係者によると、一部の中国人の間では、申請のために入管に提出する文書の書式や申請のノウハウが出回っており、起業を偽装するための文書を代理で書く「代筆屋」と呼ばれる闇業者までいるという。捜査幹部は「不正を助長する仕組みができあがりつつある。不良外国人が日本に流入する際の受け皿になりかねない」と危機感を募らせている。

http://www.sankei.com/affairs/news/170129/afr1701290004-n1.html


さすが在日法務省。

自分が法を緩めて手引しているのに、まるで他人事。

おかげでどんだけ毎日日本人が殺害されたり、オレオレ詐欺や特殊詐欺で損させられているか。


不遜犯罪者がうなぎのぼり!


日本政府は早く「銃刀法改正しろ」って私がずっと前から言ってきた意味わかるよナ?

銃を持てるようになれば、お嬢さんや主婦でも万が一の場合には応戦して、凶悪犯を退治できる。

それができないから、ナイフ程度で簡単に殺されてしまう。


アメリカが銃のある社会の悲劇なのであれば、我が国日本は銃のない社会の悲劇なのである。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-30 12:08 | 反日・在日の陰謀

電通を仕切る悪の親玉、それが「経団連」:在日会長「日本人は正社員にしないヨ!」   

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。」
−−井口和基博士



みなさん、こんにちは。

米イルミナティーシオニストのジャパンハンドラーズの総本山と言えば、電通と博報堂。この2つが我が国のメディアを完全にコントロールしてきている。

日ユ同祖論をぶち込んできたのもここかもしれない。

最近は私がここで

日ユ同祖論というのは真っ赤なウソだ。
ウリナラファンタジーにすぎず、本当は超古代イスラエルと日本の同一説なのである。
やっていることをみれば、むしろユダヤニダヤ同祖論なのだ。

などと主張し続けたせいか、最近ではめっきり日ユ同祖論の勢いも下火になった。それが本当の歴史である。

今のユダヤ人は、西暦7世紀のハザール帝国(カザール帝国)が南北からイスラム教徒のアラブとロシア正教徒のロシアとから攻められた時に、斜め上思考でなんとその地とはまったく縁もゆかりもないユダヤ教に改宗した民族がルーツなのである。

俗にアシュケナージユダヤ人と呼ばれる。名前にアシュケナージなんてわざわざつけるわけだ。

日本人が自分の名に「日本人」なっていう名字は付けない。が、あとから来てなりすます民族というのは、いつもそういうことをする。

白人なのに「ホワイト」とかつけるのもそういうものである。

普通はどこ出身かでその家系の誕生した地名をつけたり、自然の風景などをつけるものである。

実際にやっていることなどをみても、日ユ同祖論というよりは、ニダユ同祖論を支持するほど似ているのである。社会の底辺と頂点を利用する「上下の圧力」というやり方もそっくりだ。

「上下の圧力」というのは、社会の頂点にいる表向きの指導層やリーダーと社会の底辺や裏社会に巣食っている非合法組織、いわゆるヤクザと見えないところでつながり、指導層の嫌うものに自分の手を使わずに底辺組織に処理させるというやり方のことである。

韓国ドラマをみてもいつもそういう手法が当然のように出てくるし、ユダヤ人のハリウッド映画にも同じやり方が頻繁に出てくる。

しかしながら、これこそ我々日本人が最も嫌うやり方なのである。日本人はオモテウラのある人間を嫌う。

こういうところからも、オモテウラを巧妙に利用しながらのし上がるという民族の代表格がユダヤと二ダヤ(=朝鮮人)なのである。

ゆえに、俺はこの連中はかつてユーラシア大陸では同一の祖先から東西に別れた人種の末裔に違いないだろうと見ているわけである。

ひょっとしたらこれがかつての
匈奴
a0348309_10205878.png
という民族ではないかと見ているのである。

ニダヤ:Xoingnu→Hun-na→Hun→Khan→Chan→Chon
ユダヤ:Xoingnu→Hun-na→Hun→Khan→Khazal→Hungary

いずれにせよ、ハンとカンという発音が同じ意味を表すというのは、日本語にはない。朝鮮語や東欧語ではこの区別はあいまいのようである。

こんなことからもニダユ同祖論の可能性がいかに高いか分かるだろう。

さて、話がだいぶ脱線したが、このように上下の圧力を使って一国を裏から支配するというのが、いわゆるイルミナティーと呼ばれるシオニストの手法だった。

これが現代のアメリカ合衆国ではCFR(council of foreign relations=外交問題評議会)という組織であり、これが「影のアメリカ政府」の名を得て久しい。

一方、我が国ではその「影の日本政府」の役割をしてきたものが、内政外圧組織の「経団連」である。

かつてはこれは日本人が主だったメンバーだった。だから、その在日韓国人版として「経済同友会」なるものが登場したが、1990年代にバブル崩壊し、我が国が「空白の20年」を得る間に、パチンコマネーを元手にどんどん表の企業になって成長したのが、オリックス、ソフトバンク、楽天、イオン、DeNAなどのような在日韓国人企業である。(もうプロ野球のある企業は在日企業がほとんどである。)

そういう在日韓国人経営者が日本社会の上層部にのし上がり、経団連に堂々と入り込むようになったために、いまでは経団連こそが在日韓国人支配の「影の在日政府」ということになったわけである。

もっともここで韓国人とはいっても、北朝鮮と日本が国交断絶したために日本の法律上韓国籍しか登録できないから、表向きは韓国人というだけであり、ルーツで見れば、在日韓国人のほぼ半数が北朝鮮系である。在日韓国人にすらなりすました在日北朝鮮人なのである。

ついでに言えば、北朝鮮はそういうことをよく理解して、在日韓国人になりすました在日北朝鮮人を手先として、我が国をコントロールしようとしてきたと見ることもできるのである。


さて、この経団連。これがついに、南朝鮮こと韓国の朴槿恵と同じようなことを言い始めたようである。たぶん連動していることから見て、上の推測がまず正しいだろうということがわかる。

ちなみに、北朝鮮人のルックスのほうが我々日本人により近いのである。基本的にはタレ目で目がぱっちり。しかし、後頭部がない。絶壁が多い。短頭人種である。平家の顔、平面顔に近い。歯もサメ歯で小さく引っ込んでいるものが多い。出っ歯はほとんどいない。


そこで現在の経団連の会長・副会長さんたちのお顔を拝見すると以下のものである。

経団連

左側
a0348309_10375262.jpg

a0348309_10385853.png


会長
榊原定征東レ相談役最高顧問(神奈川県横須賀市生まれ、愛知県知多郡美浜町育ち)
a0348309_10403968.jpg


副会長
荻田伍アサヒグループホールディングス相談役(福岡県飯塚市に生まれ)
a0348309_10432658.jpg


石原邦夫東京海上日動火災保険相談役(旧満州鉱山勤務の父と母の一人っ子として新京市に生まれ)
a0348309_10445540.jpg


友野宏新日鐵住金相談役
(長野県出身)
a0348309_10465215.jpg


内山田竹志トヨタ自動車会長(出所不明)
a0348309_10474477.jpg


中西宏明日立製作所会長(神奈川県横浜市出身)
a0348309_10494278.jpg


木村康JXホールディングス会長( 熊本県熊本市塩谷町出身)
a0348309_10514428.jpg


鵜浦博夫日本電信電話社長<(石川県七尾市出身)
a0348309_10533427.jpg


古賀信行野村證券会長(福岡県出身)
a0348309_10554674.png


岡本圀衞日本生命保険会長(埼玉県出身)
a0348309_10575676.jpg


永易克典三菱東京UFJ銀行会長( 愛媛県立新居浜出身)
a0348309_1103094.jpg


宮永俊一三菱重工業社長(福岡県出身)
a0348309_111348.jpg


十倉雅和住友化学社長(兵庫県出身)
a0348309_1145363.jpg


飯島彰己三井物産会長
(神奈川県横須賀市(現逗子市)生まれ)
a0348309_1175456.jpg


工藤泰三日本郵船会長
(大分県別府市生まれ)
a0348309_119180.jpg


ほんと経団連ってキモい顔したおっさんしかいないナ?
なんかみんなグリコ森永事件のキツネ目男にそっくりで驚くばかりだ。キツネ目男は警察庁長官だけじゃなかったんだナア。



問題はこの連中はなんと朴槿恵と実に似た死相じゃなかった、思想の持ち主たちだったということである。これである。

経団連「正社員を解雇して派遣会社に登録させて派遣社員で再雇用したい」

経団連がまとめた今年度の雇用分野の規制改革要望案で、「日雇い派遣」の禁止の見直しや、グループ企業内の派遣規制の廃止などを求めていることが分かった。いずれも民主党政権時代に、不安定な派遣社員の立場を改善するため規制を強化した項目だ。

低賃金でキャリアが身につきにくい日雇い派遣は、ワーキングプア(働く貧困層)問題の原因と批判され、2012年に施行された改正労働者派遣法で、30日以内の短期派遣は原則として禁止された。経団連の要望案は、専門の管理責任者を置くことなどを前提に「日雇い派遣の原則禁止を見直すべきだ」とする。

また、自社や系列企業に働き手を派遣する「グループ内派遣」は、正社員を解雇して傘下の人材会社に登録させて派遣社員として働かせるなど、労働条件の悪化につながる恐れがあると指摘される。そのため12年の法改正で、人材派遣会社が系列企業へ派遣する割合を全体の8割以下に制限した。これに対し、経団連は「8割の根拠が薄弱」などと廃止を求めている。


いやはや、
経団連は日本人の正社員はいらない
ってサ!

むしろ、
日本人じゃない経営者あるいは反日経営者はいらない
っていうべきじゃね〜〜のかいな?

さて、最後は
どうして経団連の連中がこういうことを考えるようになったか?
という問題について、以下のものが実に参考になる。一応ここにもメモしておこう。

工学博士であり宗教家のは中杉弘氏の意見である。

<経団連会長は朝鮮人>

 何故、経団連の会長が朝鮮人なのでしょう。不思議だと思いませんか? 朝日新聞の元社長の木村伊量(朴伊量)も朝鮮人、NHKの報道局長も朝鮮人、電通の元社長の成田豊も朝鮮人です。

 ある人いわく「朝鮮人は優秀です。頭もいいです。だからこのようなところに出世しているのです」と言います。違うでしょう。頭がよいからではないのです。基本的にはGHQの占領政策がまだ続いているのです。

 朝鮮人に日本人の舵取りを任せているのです。これがアメリカの戦略です。アメリカはユダヤ人が仕切っているのですが、誰もそれを知らないのです。アメリカ大統領、FRBの議長もアメリカ人だと思っているのです。冗談ではありません。すべてハザール人です。

 これをわめくと「人種差別だ!」と訴えられて捕まってしまうのです。だから、誰も知りません。彼らはユダヤ人の国家を造っているのであり、もはやアメリカではないのです。本当のアメリカというのは、WASP(ワスプ)といい、「White, Angro-Saxon, Protestant」と言います。アメリカは、この精神をもった人々がつくった社会です。

 この人々の思想信条は、「労働は神聖なものである」と考えている人達です。「一生懸命働くことは、神に答えることだ。世の中をよくして神の世にしていくことは、素晴らしいことなのだ」と考えているので、一生懸命働きます。

働くとお金が儲かります。儲かったお金は貯蓄します。勤勉、貯蓄です。貯蓄したお金は投資します。新しい事業に投資して誰かがそれを経営して、次から次へとアメリカは大きくなってきたのです。

 アメリカ人は本来ならば非常に真面目で、敬謙で、プロテスタントで、誠実な人々なのです。それがいつの頃からか、変わってしまったのです。ずるがしこく、仕掛け仕事をする、自作自演、人々を暴力で脅してゆすり、石油をかっぱらうアメリカになってしまったのです。これは、本来のアメリカではないのです。本来のアメリカはよいところがあり、日本人も学ぶところがあったのです。労働を尊ぶ精神なのですから、それは学んでもよいのです。

 「神を敬う信仰、清潔、無駄遣いをしない」、この点では非常に日本人に似ているのですが、今は全く違うものです。

 日本において、日本を汚染して喜んでいる人間は朝鮮人ですから鮮害です。朝鮮人が入ったところはどんどん劣化して、精神構造が腐ってしまうのです。

 移民の問題もそうです。「今、労働力がなくて困っているから移民を入れればよい」という短絡的な考え方は鮮害です。日本人はそう考えません。移民まで入れて産業を伸ばす必要はありません。「移民がいなければ、産業がこれ以上伸びない」というならば、それでいいではないですか。

 100%、120%の経済成長にならなくても、80%でとどまってもよいのです。それが日本の国力です。その代り、すべてにわたり名人芸で、良い物をつくっていくのです。それが日本人の考え方です。

それをさせないために、ユダヤ人が3人の朝鮮人を使ったのです。岸信介、笹川良一、児玉誉士夫です。この3人の朝鮮人を使って日本に網の目をはり、朝鮮人を日本人の上に乗せたのです。

それから、50年、60年経ってみたときに、ヤクザまで鮮害されてしまい、ほとんどが朝鮮人になってしまいました。街宣右翼もすべて朝鮮人です。経団連の会長まで朝鮮人です。朝日新聞の元社長も朝鮮人です。電通の社長も朝鮮人です。フジテレビは50%も朝鮮人がいるのです。朝鮮人のフジテレビになってしまいました。

それを朝鮮人が仕切るのですが、能力があってやっているわけではないので、どんどん劣化してしまうのです。ポルノ業界も朝鮮人が仕切っています。ポルノを見てみてください。すべて近親相姦です。ほとんどがそうです。母と息子、父と娘、兄と妹、姉と弟です。朝鮮人がポルノ業界を乗っ取ったので、どんどん近親相姦が増えて鮮害が進んでいくのです。

マスコミもそうです。どのような弊害があるのかというと、朝鮮人の凶悪犯罪者の名前を出しません。マスコミは朝鮮人がコントロールしています。「朝鮮人の犯罪者」と言えません。オウム真理教の麻原彰晃は朝鮮人、毒カレーの林真須美も朝鮮人、池田小学校事件の宅間守も朝鮮人、神戸連続児童殺傷事件の東慎一郎も朝鮮人です。「凶悪犯罪は朝鮮人」と言わないのが鮮害です。

靖国神社のトイレを爆破した人間も朝鮮人です。これも鮮害です。マスコミは本当の名前を出しません。その成れの果てが朝日新聞です。テレビ局のキャスターの筑紫哲也(朴三壽)も朝鮮人です。「勘弁してくれ!」と言いたくなります。

政治家もウサウサと朝鮮人が増えています。小泉純一郎は朝鮮人、安倍晋三も朝鮮人、小沢一郎も朝鮮人、岡田克也も朝鮮人、鳩山由紀夫も朝鮮人、朝鮮人が入った組織は必ず劣化してダメになってしまうのです。

そのような戦略を練っているのです。これは、半分、アメリカがやらせているようなものでもあるのです。宗教団体の池田大作も朝鮮人です。統一教会の教祖は朝鮮人の文鮮明です。驚くべき鮮害、劣化です。文化は劣化するのです。

だから日本に朝鮮の文化を持ち込んではいけないのです。日本人と朝鮮人は考え方が違うのです。それも日本人は自覚できなくなってしまい、「朝鮮人は優秀だ。優秀だから、そのような役職についているのだ」と言う始末です。何を言っているのでしょう。

朝鮮人は「日本を乗っ取るためにはどうしたらよいのか?」と学習したのです。まず、パチンコでしこたま儲けたのです。パチンコでしこたま儲けたお金で、子供をよい学校に入れて、政治家にしたのです。一人5億円も使えば、500億で100人の政治家が養成できるのです。そのような考えです。

パチンコ屋にとって500億円など“ヘ”でもありません。こんなことをやれば簡単に日本が乗っ取れるのです。事実、その通りにしているのです。すると、わずか500億円使うだけで、莫大な100兆円と言われえる国家予算が自由に手に入るのです「70対30の法則」は、国家予算が自由になった暁の話です。
100万人しかいない朝鮮人が、70%の生活保護費を占めているのです。1億3千万人の日本人が30%の生活保護費を分け合っているのです。それも劣化です。NHKも劣化です。

みんな劣化してしまうのです。朝鮮人は滅びの遺伝子です。朝鮮人を日本人の上に配置しておけば、日本人は伸びられません。ふと上を見るとみな朝鮮人です。この日本を嘆いて「愛国運動をやりましょう!」と考えて右翼団体に行ってみると親方は朝鮮人です。

「仕方ないからヤクザにでもなろうか。任侠だ!」とヤクザになったら、ヤクザの親方はみな朝鮮人です。そうなのです。マスコミに行って、「一旗あげましょう」と思ってもすべて朝鮮人です。

今は反対になってしまったのです。ある日本人がフジテレビの面接を受けたら
貴方は純粋な日本人ですか? では、辞めた方がいいですよ。ここは、朝鮮人しか出世できないから、貴方が入っても出世できません。
もう、そこまできてしまっているのです。その日本人はフジテレビに就職するのを辞めたのです。局長などは、すべて朝鮮人です。

もう日本人は入れません。入ってもいじめられて叩き出されてしまいます。どんどん劣化していくから朝鮮人が増えてしまうのです。

ソフトバンクの就職率を見るとわかりましが、採用するのはすべて朝鮮人です。トップ採用は「朝鮮大学校」です。ソフトバンクの孫正義が北朝鮮から命を狙われて、見返りにやったのです。朝鮮大学校の卒業生を優先的に採用したのです。ソフトバンクは朝鮮大学校出身者が一番多いのです。ソフトバンクは、完全に「朝鮮バンク」になってしまいました。

そうなると、因縁をふっかけて必ず日本人を首にするのです。朝鮮人を採用するので、朝鮮人がどんどん増えてしまうのです。すると劣化するのです。

会社の役員に一人でも朝鮮人を入れたらその会社は終わりです。日本人は二人辞めさせられてしまいます。二人の朝鮮人が入ってくれば、会社は乗っ取られてしまいます。僕の話をいい加減に聞いていると乗っ取られてしまいます。

朝鮮人はすべてを劣化させ、悪くさせるのです。教育もそうです。朝鮮人は日本の歴史が嫌いです。「日本の歴史は教えない。靖国神社は参拝しない」、これは国民感情と違うのです。日本の歴史を教えない、天皇を敬わないのです。

天皇を敬わない証拠に朝鮮人は「日王」というのです。「日王」とは、日本の王様という意味です。日本は王様ではなく、天皇です。王様と全く違うのです。そのような馬鹿にしたことを元東大教授の姜尚中は言うのです。

朝鮮人である姜尚中を東大教授にまで、させてもらいながら何故、そのようなことを言うのでしょう。姜尚中は東大教授になり、学生に変なことを教えるのです。学生が姜尚中の言う通りに答案を書かないと「単位をあげない」と威張っていたのです。一人の教授が単位をあげないと学生は卒業できません。学生は「はい、先生のおっしゃる通りです」と書くのです。これも鮮害です。

日本列島は朝鮮人に汚染されています。これを皆さんが本当に意識してください。このようなことを言うと「何故、朝鮮人の悪口ばかり言うのだよ!」と言ってくるのです。それだけ洗脳が効いているのです。真実を言ってあげているのに、受け取り方がまったく違うのです。このような鮮害を駆逐しないと駄目です。


いかにもう手遅れなのかよく分かるだろう。

実際は、「平成」の時に詰んでいたのである。

まだこの事実を認識できているものはあまりないだろうが。

まあ、アメリカはだいたい日本の10年から20年先を行っている。だから、我が国でトランプ大統領のような憂国組が総理大臣になるというのは、10年から20年先の話だろう。

アメリカが内戦の瀬戸際にあるように、いずれ我が国も内戦が起きる。

実はそれが第三次世界大戦なのだ!

未だに第三次世界大戦というと、国と国の戦いで、さも英米と中ロが戦うんだとか、時代遅れの唐変木のことを書きまくるエージェントが多いが、最初からイルミナティーは書いている。世界中の国という国で内戦を起こす。そうやって、もう生きているより死んだほうがマシだと思わせる。

オマエラに地獄を見せてやる!

というのが第三次世界大戦なのである。全面核戦争になる前にまず世界中で火の粉が飛ぶ。

最後にこのこともメモしておかないとな。

2年前の正月にフジテレビの地獄の謹賀新年があっただろう。

「フジテレビの謹賀新年の威厳」?:韓国人のウジテレビ「地獄の謹賀新年」への賛否!?
a0348309_11325826.jpg


今年になっていかに火事や火災で日本人が亡くなっていると思わないだろうか?

いま密かにこの計画=日本焼き尽くし計画が開始されたのだろうと俺は見ているんですナ。

つまり、不審者の放火に要注意!

水攻めの次は火攻め。

これが地獄の謹賀新年の意味だよネ。



いやはや、世も末ですナ。

早く自衛隊は蜂起しろ!(神の声)



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-30 11:36 | コンスピラシー