2017年 06月 06日 ( 3 )   

2014年ワールドカップ・ブラジル大会象牙海岸代表シェイク・ティオテ選手が死去!享年30才。   

松田博幸 悲しいときはいつも


みなさん、こんにちは。

また悲しいニュースが飛び込んできた。

コートボワール代表で、2014年ワールドカップ・ブラジル大会で我が国の日本代表とレシフェで対戦した時のレギュラーだった、MFティオテが、練習中の心不全で死去したという。享年30歳。

元コートジボワール代表MFティオテが死去、30歳
 サッカーの元コートジボワール代表のMFティオテが死去したと5日、かつて在籍したイングランド・プレミアリーグのニューカッスルが発表した。現在所属する中国2部のチームの練習中に倒れた。30歳だった。

 ティオテは2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会1次リーグの日本戦にフル出場した。


実際には練習中に倒れて病院へ搬送。病院でお亡くなりとなったようだ。
コートジボワール代表MFティオテが死去、クラブが公式発表
a0348309_14575221.jpg

中国2部の北京控股は5日、「コートジボワール代表MFシェイク・ティオテが死去した」と公式発表した。

今年2月にニューカッスル・ユナイテッドから中国2部の北京控股に加入していたシェイク・ティオテ。

彼は5日の練習を行っている際に突然体調を崩して倒れ、その後病院に運ばれていた。緊急治療が行われたものの容体は回復せず、最終的に死亡が確認されたとのこと。


2014年6月、私はたった一戦、日本vsコートジボワール戦だけを見るために、かのブラジル、レシフェまで出かけたのだった。

2014ブラジルW杯( 20 )

私の2014年ブラジルW杯観戦記2:「君が代」斉唱で、ついに「神が降りた!」
2014/6/14 日本 × コートジボワール (君が代)


サッカー日本代表ワールドカップ対コートジボワール戦 ゴールダイジェスト


その試合の時の背番号9がティオテ選手だった。この選手である。
a0348309_14533784.png


果たしてこれで何人目の突然死だろうか?
ベルギーの若手の星グレゴリー・メルテンス選手、ピッチで死す:安らかに眠れ!R.I.P.

ベルギーのDFグレゴリー・メルテンス選手
a0348309_150499.jpg

イタリアのピエルマリオ・モロジーニ選手
a0348309_1525379.png

日本代表の松田直樹選手
a0348309_1522565.jpg

スペインのアントニオ・プエルタ選手
a0348309_152547.jpg

カメルーン代表のマーク・ビビアン・ホエ選手
a0348309_1513994.jpg

ハンガリー代表のミキ・フェヘル選手
a0348309_1511728.jpg


やはりクラブの練習場、試合会場にはいつも除細動器と人工呼吸器程度は完備しておくべきだろう。
また、応急処置の方法や除細動器の使い方などは、サッカー選手には必須の条件にして、選手同士でお互いの命を守れるようにすべきだろう。

医療スタッフを待っていたら、数分で脳死となるから、間に合わない。

そして、霊魂が空中浮遊し、必死に蘇生させようとしている仲間を見下ろしているに違いない。

ところで、死後の世界に行っても、すぐにまた、その前世の記憶を保持したまま生まれ変わりたいという場合は、死後の世界で仲間から出されるお茶のような飲み物を飲んではいけないという説がある。何かを出されて飲むと、すぐに生前の記憶を失うのだとか。

まあ、その方がよろしいという場合もあるから、それで良いのでしょうナア。

今度はぜひ我が国の日本人として生まれてきて欲しい!

ついでにいうと、自分とゆかりの人が亡くなった時、49日の間程度の期間なら、その人に自分の願い事を叶えてもらえるという説もある。

そんなわけで、フィオテ選手、
どうか我が国の日本代表をトップレベルになれるようにしていただきたい!

はたして俺の願いは届いただろうか?


シェイク・ティオテ選手のご冥福をお祈りいたします。R.I.P.



=========================================================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-06 15:11 | サッカー&スポーツ

U20W杯韓国大会準々決勝:べネズエラ、ウルグアイ、イタリア、イングランドが準決勝進出!   

みなさん、こんにちは。

さて、いよいよU20W杯韓国大会は準々決勝が始まった。その結果もメモしておこう。以下のものである。

準々決勝第1試合

Match 45: Portugal v. Uruguay - FIFA U-20 World Cup 2017→2-2でPK戦4-5
a0348309_93489.png




ウルグアイ、ポルトガルをPK戦で撃破!

準々決勝第2試合

Match 46: Venezuela v. USA - FIFA U-20 World Cup 2017→2−1
a0348309_994210.png
(ヘッドは叩きつけないとナ。)



ベネズエラ、延長線でUSAを破る!やっぱりヘッドは基本通り叩きつけないとだめだ!


準々決勝第3試合

Match 47: Italy v. Zambia - FIFA U-20 World Cup 2017→3-2
a0348309_918046.png
(こういうのが目の色が変わるという。)

成長を続けるアズーリ。個とスピードのザンビアをセットプレーのイタリアが制す!
日本とやった時はまだ本気じゃなかったんですナ。


準々決勝第4試合

Match 48: Mexico v. England - FIFA U-20 World Cup 2017→0-1
a0348309_9321064.png




サッカーの母国イングランド、激戦を逃げ切る!


こうしてみると、日本が戦ったチームが3つ準決勝に残ったという異常事態が発生!

ウルグアイは0−2で敗戦。
イタリアは2−2で引き分け。
ベネズエラは0−1で敗戦。

日本サッカー協会はこの辺の理由を徹底的に分析しなければいけないですナ。

失点が多いのは、右サイドバックの初瀬とセンターバックの冨安が原因。

要するに、DFを徹底的に入れ替えて、センターバックは頑健で足の早い、それでいて足元のうまい選手。スペインで言えば、ピケのような選手。右サイドバックは、とにかく足の早く、一対一に絶対負けない選手。昔のジョルジーニョやロベルト・カルロス。いまのマルセロのような選手を育成しないとだめだということだろう。

失点さえなければ、充分に世界戦を勝ち上がっていく可能性が高い。やはり、サッカーは守りができて初めてサッカーになるのである。

それにしても、あのザンビアに逆転勝ちするとは、イタリアも相当に良い経験を積んでいますナ。

イングランドはこの世代優勝候補筆頭だから、順調に勝ち上がってきたということだろうか?

決勝は、南米vs欧州のいつものパターンになるようですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-06 09:31 | サッカー&スポーツ

高校総体サッカー県予選決勝、市立vs徳島北:1−0で市立がしぶとく優勝!4連覇達成!   

みなさん、こんにちは。

昨日は高校総体県予選の決勝戦を見に行ってきた。

結果は、徳島市立が徳島北を1(0-0, 1-0)0で接戦を制して優勝した。
試合開始
a0348309_8351191.jpg

試合終盤
a0348309_8223291.jpg

徳島市立の監督は、市立で高校総体初優勝した時のメンバーであった河野博幸監督。一方、徳島北の監督は、やはり市立が初優勝した時のメンバーだった佐藤城介監督である。

この佐藤監督のウィキには、他に市立出身の元Jリーガーの名前が出ているが、
徳島市高時代の1年先輩に吉成浩司、同級生に本田征治、1年後輩に藤田聡、2年後輩に藤本主税らがいる。
その中の吉成浩司監督は以前小松島市の小松島高校のサッカー部監督であったが、今現在高校女子サッカーの鳴門渦潮高校の監督になり、今回の男子の前の女子の決勝戦で5連覇を成し遂げた。

サッカーは1人や2人ではできないから、ウィキにはプロになった選手だけが記載されているが、大学へ進学し、社会人になったり、教員になったりしたものがほとんどであろう。河野監督は高知大学サッカー部へ進み、教員として長らく徳島商業サッカー部を強豪にし、その後母校市立の監督に返り咲いた。

ちなみに、藤本主税は、Jリーガーとなり、元日本代表にも選ばれ、得点すると泡踊りするというセレブレーションが話題となった選手である。
藤本主税
a0348309_8153988.jpg


ところで、サッカーシーンを知らない人はまったくご存じないに違いないが、何を隠そう(まあ隠しているわけではないが)、西日本で最大のサッカーの国立大学は四国高知の高知大学である。東の筑波大学か西の高知大学かというほどである。

高知大学サッカー部は部員120人を超える大所帯であり、西日本全体からJユースの選手だったものや全国優勝経験者が集まるサッカー部を持つ。広島作陽高校、福岡の東福岡、神戸、ガンバ大阪ユース、などなどかなりのレベルの高い選手が集まる。190cmなんてザラだ。だからトップのAチームに入るのは並大抵のことでは不可能。すでにJリーガー数人を輩出。徳島出身で現アビスパ福岡の實藤選手がその代表格である。

この大所帯を長らく率いてきたのが野地監督であり、2年ほど前に引退された。が、日本代表の監督になった岡田監督も弟子入りしたことがあるという猛者である。市立の河野監督ももちろん野地門下生の1人である。

ついでにメモすると、この野地先生の研究テーマは「サッカーの良い指導者を生み出すこと」であった。したがって、研究業績は「〜〜〜年大学選手権4位」とかそういう結果のみが記載されていたのである。ゆえに、サッカー部へ入部すると1年生のノルマがあり、さまざまなサッカーイベントに参加する。幼稚園児や小学生のサッカースクールの指導から始まり、学年が上がると徐々に相手の学年も上がり、子供の大会の審判を経験し、サッカー指導者のC級ライセンスを取り、自分のレベルが上がるとともに、B級ライセンスとなり、A級ライセンスとあがり、最後はS級ライセンスまで行けるようなサッカー指導者の指導を行うのである。かなりユニークなサッカー部である。


というわけで、25年ほど前に全国優勝した黄金期、その後、15年ほど前の第二期黄金期、そしてここ最近の第三期黄金期を迎えつつあるようである。

ちなみに、この第三期黄金期の“秘密”は、校庭の人工芝化だった。

実は我が息子の次男も最初はこの市立に行こうと考えていたのだが、ちょうどこの年、人工芝に張り替える工事の年で、1年の間仮設の河原の凸凹の土のグラウンドで練習しなかればならないということになり、多くの県南や県北の中学生は地元に戻ったのである。

その結果、ヴォルティスユース出身で本来なら徳島市立に進学するはずの選手が地元阿南の富岡東に集中する結果になり、2年時に選手権県予選に58年ぶりで決勝進出という結果になったのである。

まあ、こうして秘密を明かせば、その学年でもっとも才能ある選手たちがどの高校に集まったかどうかで優勝が決まっているにすぎない。

いまは市立に集まっているだけのことですナ。

関係者の皆様、お疲れ様でした。全国大会を頑張ってくださいヨ!


いずれにせよ、こういう高校総体のようなイベントは我が国だけしかないらしいですナ。世界中の高校生が憧れる。何やら我が国の漫画を見て、日本の高校生活を知り、高校総体、甲子園、サッカー選手権、こういった高校のイベントの多さに驚くらしい。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-06 08:38 | サッカー&スポーツ