2017年 06月 08日 ( 1 )   

昨日の日本対シリア戦:「セクシーサッカーの乾選手に足りないのはセクシーな頭脳だ!」   

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨日の日本対イラク戦、これまたフラストレーションの溜まる試合だった。

後半乾選手が出てきてから攻撃が非常にスリリングになって、かつての野洲高校時代のセクシーサッカーの片鱗が見えてきたのだった。

が、あと少し、もう少し乾に頭脳があれば、乾に足りないのは技術ではなく、頭脳である。

そんなことを思わせてくれる試合だった。以下のものである。

日本代表 乾貴士 個人技で沸かせたシリア戦 全タッチ集20170607


この場面でどうしてここで左足で出さないのか?→右で蹴って敵にぶつけた。
a0348309_1729493.png
a0348309_17311529.png

このパスの後どうしてフォローに行かないのか?→長友がリターンできず。
a0348309_17315975.png

つまり、乾が前に突っ込めば、相手は乾をマークするから長友がフリーになれたわけだ。
a0348309_17333679.png

この場面でどうしてキーパーのいたニアを狙ったのか?→ファーには2人仲間がいたから、確実にゴールになった。
a0348309_1736620.png

どういうわけか味方を狙った。
a0348309_1737492.png

そしてハリルに怒られた!乾がふてくされる。いつものパターン。
a0348309_17395197.png

この場面でもどうして左を狙いリバウンドを狙う2人がいる右サイドを狙わなかったのか?→結局大迫の金玉に命中!
a0348309_17421193.png

チーン
a0348309_17433645.png

ダウン
a0348309_17431750.png

この場面でどうしてワンツーをしないのか?→バックパスしてパスの出してを使わず
a0348309_17463011.png

相手の意図を理解せず
a0348309_17474495.png

この場面でどうしてワンツーでシュートまで行かなかったのか?→PKエリア内でパスして終わり
a0348309_17494353.png

パス出すつもりだった岡崎がターンしなければならず失敗
a0348309_1751760.png


一番悪いのは、乾はドリブル突破要員として投入されたわけだ。

だから、徹底的にドリブルで崩して味方にパスする役目に徹すべきであった。

特に、終了間際の後1分という時間のない時は、自分ひとりでドリブル突破してシュートまで行っても良かったはずだが、そういう場面では乾は後ろに下がって適当にパスして結局時間終了となった。

本来なら乾は最後に中央突破してシュートして終了になるべきだったのだ!


とまあ、今回は乾選手をピックアップしたが、別に乾選手に敵意があるわけではないし、他の選手より悪かったというわけでもない。同じようにすべての選手が自分の個性とその役割をまったく理解できていなかった。

まあ、これは今の日本代表のやり方には限界があるということの証明である。

つまり、欧州リーグにいる選手が予選の試合のたびに日本に集合して、そこで1〜2週間の合宿をして準備するという、即席ラーメンのようなやり方ではだめだということである。

Jリーグや欧州リーグの日程上、これまでもジーコの時代、ザッケローニの時代からずっと同じことを繰り返してきたわけだが、そろそろこのやり方を変えるべき時が来ていると俺は思う。

つまり、どうすればいいか?

というと、他の欧州の強豪国を見れば分かるが、彼らもまったく同じような問題を抱えているわけだ。だから、イタリア、ドイツ、スペイン、イングランド、フランスなどの強豪国は、自国リーグの最強チームのメンバーをコアにして、半分を集合組で集めるというような方法なのである。

つまり、我が国にあてはめれば、今年であれば、浦和か、川崎、昨年なら鹿島、こういうチームのレギュラーをコアメンバーにして1チーム集める。この中で弱そうなポジションに他チームからあるいは欧州から補完する。こういうやり方しかないわけだ。

中盤は浦和の選手に任せる、守備は鹿島に任せる。攻撃は川崎に任せるというようなやり方である。

こうすれば、チームの集合練習時間がない場合でも、コンビネーションや意思の疎通は取れるのである。

ラグビーの日本代表は、これに近い形でやってあの南アに勝利した。ラグビーの場合、チームキャプテンのほかにポジションごとにポジションキャプテンを置き、それぞれの意思疎通を任せた。

サッカーでもこれと同じように、フォワードキャプテン、中盤キャプテン、守備キャプテンとおいて、さらにチームキャプテンを置くようにすべきであろう。

さもなくば、ラインコントロールもできないし、組織的攻撃もできないことになるからである。

いまでは各個人が自分の経験に合わせて「適当に」プレーしているだけである。

はたして樋渡群さんはハリルの旦那にこういうことを進言できるのだろうか?

それにしても、世界ランク77位相手に世界ランク45位が苦戦する。それも危うく負けそうになるとは???


ところで、この日本のチームの雰囲気に関連して、武田鉄矢さんの今朝の三枚おろしの話で非常に興味深いものがあるのだが、それについてはまた今度にしておこう。

要するに、今のサッカー日本代表に見る形は、我が国の日本人組織一般にある、闘将ドゥンガのいう、いわゆる「日本人特有のメンタリティー」に関係していることなのである。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-08 18:13 | サッカー日本代表