2017年 07月 31日 ( 2 )   

魔法の薬テロメラーゼTAM818!?:「富者はますます若返り、貧者はますます早死にする」スーパーマタイの法則が発動された!?   

スーパーマタイの法則

持っている人は更に与えられて若くなるが、持っていない人は持っている若さまでも取り上げられる。

みなさん、こんにちは。

さて、世の中には本当のような嘘もあれば、嘘のような本当のこともある。

同様に、世の中には信じ難い本当の話もある。

そんなものを見つけたので、それをメモしておこう。

大分前に「マタイ効果」というものをメモしたことがある。以下のものである。


「マタイの法則」と「格差社会」、「ラムゼー理論」と「二極化社会」1
マタイの法則

持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。(マタイ 13.12)

これは「二極化の法則」であり、

富めるものはますます富むが、貧しいものはますます貧しくなる

という情けない法則のことである。

さて、世の中、生物学者がいよいよ究極的な発見を行った。

その結果どうなるかというと、このマタイの法則がさらにスーパーマタイの法則になり、

富めるものはますます若返るが、貧しいものはますます早死になる

つまり、その最近の大発明のおかげで、お金持ちはある薬を買って飲むことができるようになり、ますます若返り奇麗になるが、お金のない人は、その薬を買えずにますます寿命が短くなる。

言い換えれば、

世界の人は、300歳まで生きる長寿命の人間とせいぜい50歳で死ぬ短命の人間とに枝分かれする

のである。


そんな驚くべき発見、驚くべき発明がこれだという。

テロメーラーゼTAM818

この発見者が、長寿の研究者のウィリアム・アンドリュース博士。

a0348309_16495205.jpg





さて、すでに我が国も実際に使用したというお金持ちがいた。こんな感じだとか。



まあ、目立った見た目の変化=若返りはいまのところはないが、内面の若さを象徴する出来事が多々起こったというのである。

例えば、インフルにかかったのにすぐ治った。
徹夜できなくなったのに徹夜しても平気になった。
飲み会でも早めに帰っていたのに、飲み明かしても平気になった。

つまり、40代の生活が30代の若い頃に戻ったんだってサ。


いや〜〜すごい。


これで精子の量が倍増したとか、性欲が増したとか、勃起角度が120度を超えたとか、

そんな見た目が出れば、もはやバイアグラは終了であろうナア。


いまのところ、これと言った副作用はないらしい。


ハリウッドのSF映画なら、ザフライのように、あるときから突然副作用が出て、身体が見る間に蠅に変身してしまうとか、突如剛毛が生えて来るとか、背中に羽が生えるとか、そういう副作用がでるのだが。

はたしてこのテロメラーゼTAM818にはどういう副作用があるのだろうか?

すくなくともアンドリュース博士がスーパーリッチの仲間入りすることだけは確かだろう。



お金持ちがますます若返ってどうする?

もうアレしかやることないんちゃうか?


いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-31 17:03 | バイオコンスピラシー

ジョーク一発:「女は主婦が一番」「女に政治は無理」「女は子宮で考える」やっぱりサザエさんは愉快だな!?   

主婦のさざえさん
a0348309_09454462.jpeg


みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

いやはや、最近の政治シーンを見ていると、あるいは、企業経営なんぞをみていると、昔の「男は仕事、女は家庭」がいかに正しかったか、そう思いますナ。

なにせ、私はこの20年以上主夫してきて、ようやく子供も自立し、子育ても完全終了するまで面倒見て来たからよくわかる。

今回は
「女はやっぱりだめだな」
「女は政治に口出すべきではない」
「女は社長になるべきではない」

「女は社会に出るべきじゃない」
「女は結婚退社すべきだ」
「女は家にいて母ちゃんになるべきだ」
というような、今時では過激すぎる話に聞こえるような、その証拠をメモしておこう。


(あ)「女は政治に口出すべきではない」→ 稲田朋美大臣

まあ、その「ダメ女」の筆頭は、稲田朋美だろうナア。

稲田朋美
a0348309_13110386.jpeg



まあ、福井県かどこかメガネの地場産業のある地方出身を名目にするあまり、なぜか安っぽいアダルトモデルがつける色気メガネのような、だて眼鏡のイメージが付き、その変なイメージのせいで、頭の中身も軽そうに見えてしまう。

そんな女性政治家の大名詞である。

昔から
男の顔は人生、女の顔は領収証
と言われて来たが、まさにその通りで、この稲田大臣は、政治家になって年2000万円以上の年収が入っただけで、やたらと顔が若くなったな、良い服来ているなという印象だけが先走る。

一方、政治家としてやることなすこと、首相や自民党の邪魔ばかり。

どこぞの反日政党か、反日他国の回し者じゃないか?

と疑われてもしかたないような女である。


分相応、こういう女性は政治家を辞めて家で主婦に専念すべきですナ。

それにしても、和泉元彌の母親そっくり。

俺のタイプではないナア、残念。

とにかくその変な顔テレビに出さないでくれ!



(い)「女は社長になるべきではない」→ 大塚家具の女社長の大塚久美子

次は徳島県出身の大企業経営者の1つの話。

大塚家具の女社長の大塚久美子さんのことである。

大塚久美子社長
a0348309_08193420.jpg
以下のものである。




せっかく先代の父親の大塚社長さん
a0348309_08242289.jpeg
が、日本型の老舗路線を築いてうまくいっていたものを、結婚相手の在日系の方々から差し金されて変な色気を出したばかりに、その連中の裏で糸引く朝鮮系ニトリの思惑通りの展開になり、あとは買収あるのみとなった観がありますナ。
a0348309_08244675.jpg

こうなることは、最初から予想がついていたのだが、その三文芝居並、B級映画並のシナリオで破滅コースを驀進中である。


昨日の伝七捕物帳で言えば、

ある長屋で活躍するライバルの蘭方医をおとしめるために、その長屋の井戸にトリカブトの毒を入れて長屋の町人を殺害、その罪をその蘭方医のせいにして死罪にし、その蘭方医の活躍した長屋を漢方医が乗っ取る。この騒動の背後で、蘭方医を煙たがる黒幕がいた。

これを大塚家具に直すと、

その老舗大塚家具で活躍するライバルの先代経営者をおとしめるために、その老舗の経営陣の先代の娘をそそのかして老舗の経営を破綻、その罪をその先代経営者のせいにして追放にし、その先代の活躍した老舗をライバル朝鮮企業が乗っ取る。この騒動の背後で、日本の老舗を煙たがる黒幕がいた。

とまあ、こんな感じですナ。

要するに、娘は父の会社に口出しせず、父のためにいい家庭をつくって子孫を残し、家庭の主婦になれ!

そうしていれば、万事めでたしめでたし。
これにて一件落着、めでて〜〜な、のはずだったのにヨ。


(う)「女は政治に口出すべきではない」2→ 謝蓮舫

3人目は、いわずとしれた、在日支那人の謝蓮舫。

国籍が、2重、3重、4重。。。といったいいくつになるかわからないという化け物。

たぶん、脱税のためのアメリカ国籍もあるんちゃうか?

ダブル、トリプルだと何が得かというと、それはやはり

税法上の有利

ということである。

日本で稼ぐが、税金を払わない。

だから、税金分がもろもろ利益になる。

この一番の代名詞がAmazonである。

世界各国に出店しているが、どこの国にも税金を払わない。

バーチャル空間のインターネットのビジネスと言っても、結局はこのリアル世界の商品をメインに扱う。

だれそれの本を別のだれかに送る。

ヤマト運輸のような運送会社はそれでてんてこ舞い。

運送会社は送料230円のために、1円ブックでも価値のない本のためでも、日本の会社員はきちんと買い手に送り届ける。だから、急がしくて家族へのサービスもままならない。

サービス会社の社員が知らない人間への過大なサービスのために自分の家族へのサービスができない。

こういう矛盾になるわけだ。

が、とうのAmazonの経営者は偽ユダヤ人だ。彼らがゴイム(家畜動物)と称する我々人間の生活などどうでもいいらしい。

こうして、さまざまの国々のインフラを使い、その国民の血の涙、血の小便の「協力」の上にできるビジネスで世界長者となる。

いやはや、地球は終わっていますナ。

これが200年前にユダヤ人が夢見た世界だったんでしょうナア。

まさにパンドラのユダヤ、パンドラの朝鮮人、パンドラの支那人である。

もうすこし、現地人や地域住民にAmazonは感謝しないときっと天罰が下るんちゃうか?


所詮はだれでも考えつくビジネスモデルでしかない。要は早い者勝ちだっただけ。

やはりビジネスは謙虚にいかないとナ。


そうそう、謝蓮舫の話。



a0348309_09571837.jpg
謝蓮舫、無毛症か?


謝蓮舫も、このAmazonの米人社長と似たところがあって、恩を仇で返すのである。

もし謝蓮舫があのごく平凡な台湾顔で、ビビアンスーとか、ジュディオングとか、絶世の美人でもない顔で、台湾でデビューしたら、せいぜいバナナ売りの売り子程度だったはずである。

それが我が国に来て、芸能界入りできたから、タレントになり、キャスターになり、そこから政治家にエイリアン鳩ぽっぽ鳩山由紀夫に見いだされたわけだ。

すると、突然にシナチクの血が騒ぎ始めた。

たいした工作員でもなかろうに、まるで四人組の女政治家のように、事大して振る舞うようになった。

そして、いまでは、ブーメラン蓮舫として、台湾人の名誉を大きく傷つける結果となった。

もう台湾人は日本に来るな、金だけ支援しろ!ってな調子になるわけだヨ。

要するに、蓮舫は、通称日本人の夫の妻として、自分の子供たちの子育てに集中すべきなのである。いまのままでは、子供たちに悪影響だけが出るはずである。

謝蓮舫は、もう政治も芸能界も引退し、台湾で静かに主婦となれ!


(え)「女は社会に出るべきじゃない」→ 安倍昭恵

4人目はやはりこの人、安倍晋三首相の妻、ファーストレディの安倍昭恵さん。

安倍昭恵
a0348309_09041302.jpeg
まあ、ファーストレディーというのは、あくまで妻の立場の仕事、内助の功、主婦、そういう立場である。

だから、いくら公式のお仕事といっても、それは夫である安倍晋三首相のための補助でしかない。

ところが、夫が首相になると、給料は数千万になるから、その妻の安倍昭恵さんにもかなり余裕が生まれる。

しかもこの夫婦には子がない。だから、いわゆる出産、育児、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学という、教育の経験がない。

この育児の時間は、つごう20年〜22、23年はかかる。

主婦として、主夫として、四半世紀も育児するのである。

ちょっと妻の代わりの育児でもイクメンなどと芸能界では言って表彰したりするが、本当の育児というのはそんなものではすまない。

たぶん、この地球上で、この出産から、赤ん坊のミルク、オムツ替え、ここから幼稚園、小中高とほぼすべての育児や弁当作りや洗濯や食事作りやサッカークラブ活動の面倒までみてしてきた男というのは、俺だけじゃねないだろうか?

し・か・も

しかもその余った時間内で、それなりの科学雑誌にそれなりの論文まで公表したんだからナア。

いやはや、忍耐、忍耐、忍耐あるのみだ。

秘書のいる研究室の教授、主婦の奥さんのいる夫、

こんなものの生活をどれだけ夢見たことか?

もっとも最初に5年だけは、富士通、理研にいたから、ちょっとだけそんな時代もあったが、育児は半々で受け持ったヨ。平均睡眠時間5時間程度だったが。


何事も終わり良ければすべて良し。

何事もすべて無事に終われば、それまでの苦労は報われた感はでる。


が、こういうことをこの安倍晋三夫婦は経験しなかった。

こういう人間が教育行政、少子高齢化対策、社会弱者の保護などという政策を立案できるのだろうか?

せいぜいいまだに1980年代のバブル全盛期の勢いのまま生きているのではなかろうか?

そのせいで、安倍昭恵さんが、スピチルアリズムに目覚め、私的にさまざまの人とつきあうのは良いが、人が良すぎて、どこへ行ってもそれが首相の足を引っ張る結果となる。

感覚がずれているのである。


やはり、安倍昭恵さんは社会に出るべきではないヨ、ナア。


(お)「女は家にいて母ちゃんになるべきだ」→ 今井絵里子

今井絵里子

ちょうど自民党の青山繁晴さんが出馬した参議院選挙で同時に出馬した元スピードの歌手、今井絵里子さん。

安倍晋三自民党圧勝の勢いで、問題なく、国会議員になった。

勉強が嫌いで芸能界に入り、さんざん国をバカにしていた若者が、いざ子を身ごもって芸能界を引退し、食うに困るから、贅沢を夢見て国会議員になるってか?

国会議員は貧乏人のための生活保護じゃね〜〜ってんの!

元々バカなんだから、金もって良い服来て、各界の名士や金持ちばかりとつきあえば、あとはやることしかね〜〜だろ!

四六時中、セックス三昧。

結論は早い。

これまた安倍晋三の説明責任というやつでしょうナ。安倍チルドレンなんだからサ。

もう比例制度は廃止にすべきだナ。
また、選挙に出るのに300万円徴収とか、これも廃止すべきだろう。
公認してやるわかりにこれを政党が負担するわけだが、それはもともと政党助成金という国民の血税から出る。

なんでなってほしくない反日国会議員の政治活動費を国民が払わなきゃいかんのヨ。
安倍晋三さんヨ!

まずは憲法9条より先に、元の中選挙区制度に戻すべきじゃないの?



とまあ、今回はたった5人を引き合いに出したが、やはり古人のいうことには一理ある。


女が金持ちになったってろくなことにはならない。せいぜいきれいなおべべを着るか、エステ三昧になるかくらいのものだ。

女が政治をすればするほど、世の中は乱れる。

我が国の歴史をみれば解るように、我が国ではまず最初に天照大神という女の神様が政治を行った。それでは世の中が乱れるから、結局男がするようになったわけだ。

まったく同じことは面白いことにイギリスがそうだった。最初は女王が政治を行ったが、それでは世が乱れるから、結局男たちの議会が政治を行うことになったわけだ。

つまり、「女は子宮で考える」というように、生理によるホルモンの変化の影響を受ける。若い女性ほどそれが大きい。だから、生理が止まったらまだましだろうが、「女」であるうちは政治に口出ししないほうが良いのである。



いやはや、フェミニズム、ウーマンリブ、女性の社会参加、

こういうのも、全部アメリカのロックフェラー家が地球人類の人口削減のために繰り出した政策なのである。女性を働かせれば、その分税収は二倍になるし、家庭が崩壊する。家庭が崩壊すれば、馬鹿者しか成長しなくなる。世の中は脳足りんのバカだらけになる。バカだらけになれば、馬鹿同士を闘わせて滅すことができる。

こうして、100年前にはアメリカでは公立高校の方がずっと私立高校よりレベルが高かったのに、いまではごくわずかの私立校だけがレベルを維持しているが、公立高校はどうしようもなくなってしまったというアメリカに変わったのである。

この路線に嵌ったのが、我が国の主要都市。最近では地方もそうなりつつある。


いつも思うんだが、ユダヤ人よ、本当に人口削減したかったら、正々堂々と戦争で闘って減らしたらどうなんだ???

人工甘味料とか、フッ素とか、ケムトレイルとか、ウーマンリブとか、なんか姑息な手段に見えるんだよナア。

ユダヤ人というのは、ケツの穴が小さいのかいな?


いはやは、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-31 09:47 | ジョーク一発