2018年 01月 03日 ( 1 )   

日米紅白「逮捕」合戦!:今年はまず「大量逮捕」の嵐か!?   

大量逮捕第一号か?
a0348309_2050538.jpg



みなさん、こんにちは。

今年はまず「大量逮捕」が来そうですナ。

(あ)日本ではこれだ。

児童ポルノ、7200人購入名簿…検事や警官ら

2017年5月に警視庁が摘発した児童ポルノ販売サイトの関係先から、約7200人分の購入者リストが押収されていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 検事や警察官、医師、地方議員、人気漫画家らの名前があり、同庁などは客のうち約200人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検した。18年以降も容疑が固まった客を順次、書類送検する方針だ。

 18歳未満の児童ポルノは所持・保管する「単純所持」も禁止され、1年以下の懲役または100万円以下の罰金。16年の1年間の摘発件数は56件で、今回の事件は単純所持が禁止された15年7月以降、最大規模となる。


みんな去勢でよろしいんちゃうか?

前川喜平もリストに入っているのかもナ。


(い)アメリカではこれだ。

ディープステートの極悪人たちが処刑される?

12月31日付け

ネバダ州最高裁で起訴された者たちとは?
多くの人々が待っていたことがついに起こりました。
ネバダ州最高裁は9.11テロ事件の秘密作戦に関与したとして国家への反逆罪で次の者たちを起訴したと公表しました。
・・・ヒラリー・クリントン、バラク・オバマ、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(パパブッシュ)、ジョージWブッシュ、リチャード・チェイニー、ジョン・アシュクロフト、ジョン・ブレナン、ケビン・スぺイシー、エドワード・ブロンフマン、ポール・ウォルフォウィッツ、ジョージ・ソロス、ジェイムズ・ベイカー、リチャード・パール、ピーター・モンク、コンドリーザ・ライス、ブレント・スコックロフト、デイビッド・ロックフェラー・・・・


パパブッシュに関しては、公開逮捕及び銃殺隊に処刑されることになるでしょう。
また、ジョージ・ソロスに関しては、記憶に深く残すためにも、テレビの視聴者の前で2度処刑されることになります。
ジョン・マケインに関しては、グアンタナモ刑務所で最長20年間服役することになります。


ジョン・アシュクロフトとリチャード・チェイニーに関しては、Uranium Oneを介してアメリカのウラン鉱山をロシアに売却したことも含めて死刑になるでしょう。

上記の者たちは(複数の反逆罪で)敏速な軍事裁判にかけられます。彼らの多くが既にグアンタナモ刑務所に留置されています。
彼らの多くが戦争中に国家に対する裏切り行為をしたとして起訴されました。彼らは最も厳しい判決を言い渡されることになるでしょう。彼らの犯罪はサウジアラビアとイスラエルの協力を得て行っていました。
また、バリック・ゴールドなど、犯罪を計画、実行したか、その計画を認識していた者たちも起訴されることになります。
ピーター・モンクは、9つの反逆罪で起訴されたため、銃殺隊に処刑されるか、薬物注射で処刑されるか、グアンタナモ刑務所で終身刑を言い渡されます。
リチャード・チェイニーは8つの反逆罪で起訴されました。彼らのパスポートは押収されるでしょう。
エドワード・ブロンフマンも銃殺隊に処刑されるでしょう。この男はSeagrantsのオーナーではなかったですか。
ブロンフマンもジョージWブッシュも9・11テロ事件の首謀者ですから銃殺隊に処刑されるでしょう。
ジョージ・ソロスは、ピーター・モンクと共に15の反逆罪と貿易プラットフォームを設置した罪で起訴されました。
ソロスも銃殺隊に処刑されることを求めていきます。
現在のところ、1万人以上が起訴されました。しかし今回の起訴状には小児性愛犯罪は含まれていません。

以下省略


アメリカで大量逮捕は現実に進攻中です。

このブログでも何回かお伝えさせていただいておりますが、アメリカではディープステート側の犯罪者ら(反逆行為、小児性愛犯罪、人身売買、裏金、その他)の逮捕、起訴が続いているようです。主要メディアはそれについて一切報道しないため多くの人々はこの事実を知りません。私も、今回もデマなのではないかと思っていましたが。。。事の成り行きを見ていると。。。その可能性が大きいのではと思います。特に悪名高いグアンタナモ刑務所に大量の米軍部隊が配備されたそうですが、大量の囚人を受けいれる体制を整えているのだとか。。。また、世界中で容疑者が次々に逮捕されているのだとか。。。まあ、小児性愛犯罪組織のネットワークが世界中に広がっていますから、逮捕しきれないかもしれませんが。。。
また、トランプは約2週間前に死亡しクローン人間が造られたと伝えた人もいましたが、これまでの流れから、幸い、トランプはまだ生きており、替え玉或はクローンではないと思います。もし一連の逮捕劇が嘘であったなら、トランプもクローン化されてしまったのかも。。。あまりにも極秘に事が進められているためその後どうなったかについては簡単に知ることはできないかもしれません。とりあえず、大勢の犯罪者が逮捕されていることは確かなようです。別のニュースでは、逮捕されることになっている犯罪者のマッケイン議員が海外逃亡の準備をしているそうです。
来年、世界はどのような方向に進むのでしょうか。少しでも良い方向に進んでもらいたいものです。

(以下省略)



頑張れ、ミスタートランプ!


年頭からこれだ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-01-03 20:52 | コンスピラシー