カテゴリ:バイオコンスピラシー( 6 )   

混ぜるな危険!カルビー「フルグラ」の謎!:「中毒、体重増、体中が痒い」?多国籍フーズだった!?   

フルグラ→痒さでふるぐら
a0348309_1041540.jpg


混ぜるな危険


みなさん、こんにちは。

さて最近はグーグル村八分か、ネットワーク村八分かしらないが、どうも東日本からのアクセスが入らず、訪問者が約半分になった感がある。これは今年辺りから突然訪問者が半分に減ったからまず間違いないだろう。東日本からのネットワークから遮断されているのである。たぶん民進党のせいだろうナ。
a0348309_1033332.png


が、ちょっと個人的なメモをしておこう。


最近、私は昼飯はほとんど食べない主義にしてきたが、食物繊維を一応取っておこうかと、いわゆるシリアル製品を試してみることにした。それで、

業界ナンバーワンというシリアルの定番。

カルビーのフルグラ
a0348309_1041540.jpg

を食べてみたのである。

すると、いくつか問題が生じたというわけだ。それをメモしておこう。もちろん、私自身がその記憶を忘れないための戒めのためである。

何が問題だったか?

というと、

(あ)体重が増える
(い)中毒になる
(う)体中が痒くなる

3重苦だったということだ。

それで最近もう、見ざる、買わざる、食わざるの三猿となった。とたんにしばらくして体中のかゆみが回復した。


(あ)「体重が増える」というのは、やはり糖質が多すぎたことだ。内容物のすべてに糖質がコートされているからだろう。

内容物のイチゴ、ナッツやらのすべてにコートされているほか、グラノーラ自体にもコーティングされている。


(い)次に「中毒」になるというのは、一旦買って食べ始めると、切れるとすぐにまた買いたくなるという現象である。私にもこれが起こった。

また、一食50gで始まるが、徐々に70g、100g、150gと増え、終いには気がつくと200g程度食ってしまっていた。これでは太るだろう。

何か食欲をそそるものが仕込まれているのだろう。

たぶんこんな感じ。
カルビーが30億を投じたフルグラは本当に健康?ダイエットの注意点など
a0348309_1024372.png

a0348309_10244223.png



(う)さて、「体中が痒くなる」というのはこれが一番困った問題だった。

どういうわけか、シリアルのフルグラを食い始めた途端に、まず足首のあたりから痒くなり、体全体が乾燥肌になった。

そして、太もも、尻、腰、背中、肩と痒い部分が上昇し、終いには四六時中背中尻を掻かなくてはならなくなった。

この時、奥さんに聞いたら、

「それは老人肌というやつだ。老化だよ」っていわれる始末。「乾燥させないことが一番」とクリームを渡されただけだった。

さすがに、
これって何かの食物アレルギーかもな
っていう具合で、やっと食物アレルギーを疑い始めたのである。

そこで、まずは真っ先にフルグラを止めることにした。

すると、効果てきめん、体中の痒みが和らぎ、もう引っ掻き回す必要がなくなった。普通の老人性乾燥肌程度でかゆみはない。


(え)そこで、フルグラの何が問題だったか?

というと、これが実は一番厄介な問題だったのだ。

なぜなら、フルグラにはフルとあるように、あらゆる食品が混合されているのである。その数およそ50種類は下らない。

フルグラの含有食材

オーツ麦、ライ麦粉、砂糖、乾燥果実(パパイヤ、レーズン、りんご、いちご)、小麦粉、ココナッツ、マルトデキストリン、植物油、米粉、水溶性食物繊維、コーンフラワー、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米粉、グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、カゼインNa(乳由来)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12
a0348309_10262181.png


この1つ1つのアレルギーを見つける暇はないし、まず不可能だ。

アレルギーの原因は何か?

というわけで。ネットで可能性の高いものがないかと探すと、どうやらこんな感じである。

a0348309_10304323.png


しかしながら、これでは、一般的な普通の食物アレルギーの可能性の話であって、私が問題にしているものではない。

つまり、小麦、とうもろこし、グルテン、ココナッツ、イチゴ、アーモンドとか、こういうものは人によってアレルギー度合いがことなるものである。


そこで、
もっと何か本質的に秘匿されているものがないか?
ということで、いったいそれぞれの食物の産地がどこか?これを調べることができないか?と考えて調べてみた。

すると実にすぐれたサイトを発見。これである。

原材料の産地と製造工場(シリアル)


この中にはそれぞれの製品の産地と製造工場の場所(国)が記載されている。

フルグラをピックアップするとこれだ。

【カルビー】フルグラ

a0348309_1041540.jpg


オーツ麦:オーストラリア、欧州連合(EU)
ライ麦:ドイツ、カナダ
砂糖:日本、タイ、オーストラリア、南アフリカ、ブラジル、フィリピン、メキシコ
パパイヤ:タイ
レーズン:アメリカ
りんご:中国
いちご:中国
ココナッツ:フィリピン
植物油:マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツ
小麦粉:日本、オーストラリア、アメリカ、カナダ
デキストリン:日本、タイ、ベトナム
水溶性食物繊維(難消化性デキストリン):タイ、ベトナム、アメリカ
精米:タイ、アメリカ
コーン:アメリカ
かぼちゃの種:中国

アーモンド:アメリカ
食塩:日本、メキシコ
小麦ふすま:アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本
玄米:日本
グリセリン:アメリカ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、フランス、ドイツ、チェコ、スロバキア
加工デンプン:アメリカ、中国、日本、欧州連合(EU)、タイ、ベトナム、インドネシア
クエン酸Na:日本
乳化剤(乳を含む):マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、オーストラリア、日本
酸味料:タイ、中国、日本

酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物):アメリカ、ブラジル、台湾、日本、インド、カナダ、オーストラリア、欧州連合(EU)、アルゼンチン、パラグアイ、タイ、ベトナム、モロッコ
ナイアシン
パントテン酸Ca
ビタミンB1
ビタミンB6
ビタミンA:マレーシア、フィリピン、インドネシア
葉酸
ビタミンD:ニュージーランド、オーストラリア
ビタミンB12:日本

※食品添加物は由来原料の原産国を案内。空欄となっている食品添加物(ビタミン類)の中には、サプリメントと同じような栄養強化の目的で入れている化学品のものもあり、原産地のない原料がある。
※放射性物質の検査あり。検出限界値は原料メーカー、カルビー製品本体共に10Bq。

〈製造工場〉

清原工場(栃木県)

20148.13時点


このように原材料はまさにワールドワイド、グローバリゼーションだった。

見も知らない世界中の工場で生産されたものが、混合されて、我が国に配布されている
というわけである。

この中で、一番農薬を使う国として知られているのが、

中国アメリカフィリピン

である。

そこでこの三カ国を色分けしたわけだ。

豪州、カナダも危ないし、EUも南米ももちろん危ない。

いわゆる地産地消の原理原則からすれば、
フルグラとは、グローバリゼーションの典型的な食品
ということになる。

いくら中には日本並の良い品質の製品を作っている工場があったとしても、他の国々がずさんな製品を作っていれば、それが全部を汚染するわけである。先進国やら第三世界やら、北米南米欧州とそれぞれの法律の違うあらゆる国々で作られたものを混入する。

これは犯罪行為である。

したがって、

すべてに農薬がかかっている可能性が高い。

これが結論だ。


(お)そこで農薬が実際に身体を痒くするかどうかをチェック。

すると、こんなものが見つかった。

除草剤や化学肥料などをとり込むと、かゆみ・過敏症・アレルギーなどの症状が…

これらの薬品は、総じて極陰性であり、分散・分解・崩壊作用を持ち、血液を劣化させ、感染の可能性を高め、治癒を遅らせます。

除草剤・化学肥料・その他の化学薬品を摂取すると、かゆみ・過敏症・神経系の症状が見られることが多く、また不整脈・ホルモン障害・アレルギー反応など、軽症から重症のものまで、多様な反応も次第に表面化してきます。

考えが散漫でまとまらず、怒りっぽくなり、凶暴で唐突な行動をするなど、心身ともに奇怪な行動が見られるのは、食べ物に含まれる化学薬品による直接的な影響によるものが多いでしょう。


ビンゴ!!!

俺の症状はフルグラの内容物の乾燥食品の果物および大本のグラノーラの小麦などに含有されているらしき農薬のせいだった可能性が高い。

今の農薬は簡単にいえば、かつてのイラン・イラク戦争時代のマスタードガス(毒ガス)の主成分と同じ系列の化学物質である。

マスタードガスでは体中が痒くなって、体中から出血して死ぬ。

いくら濃度が薄くてもそれが残留すると同じことが起こる。


いや〜〜参ったネ。


フルグラ、死ね!カルビー死ね!

おっといけね〜、これほど日本人が凶暴になったのもまたフルグラのようなシリアルのせいかもナ。

農薬で精神を潰されるのである。


(か)実はこのフルグラのように、含有物の生産国や場所を記載しないようになったのは、あの小泉純一郎と竹中平蔵の「狂牛病の方針」こと「骨太の方針」という時代に遡る。
a0348309_112617.jpg


この時代に、ネオコンのジョージ・子・ブッシュ米大統領の側近であったラムズフェルト、チェイニーのいいなりになってそういうことをしたのである。

賞味期限、原産地名、製造工場名、こういったものを端折るルールを生み出した。

その心は?

それが食品のグローバリゼーションだったようだ。

多国籍フード。

これがヘンリー・キッシンジャーが首謀した
兵器としての食料
というものである。


(き)さらにこれと同じ製造法を行っているものがワクチンである。

製薬のワクチンの何が一番危険か知っているかい?

私がかなり最初にワクチンの危険性を論じた10年ほど前にはこれはあまり知られていなかったが、今ではワクチンの危険性は大分知られるようにはなったが、それでもこれはあまり知られていないものがある。

ワクチンの危険成分は、その添加物である。防腐剤、タンパク質、水銀、アジュバント、DNAやRNAの断片、未知のウィルスの混入などなど。

しかし本当の怖さはこういうものだけではない。

実は一番怖いのはワクチンの主成分の作り方である。

例えば、血清を作る場合、昔はだれか個人、あるいは、日本人なら日本人の血を基にして作った。

ところが、グローバリゼーションの時代になると、多国籍メーカーが、人種国籍などまったく問わずに、世界中の人間の血を混合して血清を作るようになった。

だから、その中のたった一人でも不適格者の保菌者がいれば、すべてが汚染されてしまう。しかし大手メーカーはそれでは損するから、チンすれば結構っていうやつで、加熱製剤を作ったのである。加熱処理したからいいんちゃう、っていうやつだ。

同様に、ワクチンメーカーも無数の細胞で作ったワクチン成分を混合する。この中の細胞が1個でも汚染されていれば、すべてが汚染する。そこで加熱処理ワクチンとあいなった。ところが、生ワクってか?

聞いても驚くばかり。自殺行為である。実際小児麻痺の生ワクを打って成人になってガンで死ぬ人は、全米で数百万人とあいなったわけである。

これがシオニストNWOのグローバリゼーションの目論見だったのである。人口削減。


というわけで、どうやら中高年の人口を削減する目標で、中高年は食物繊維が足りない、フルグラ、グラノーラがいい、青汁を飲めってな具合になった可能性が高い。


(く)カルビーはいつから多国籍軍の支配を受けたのか?

そこでカルビーがこういう方向に進んだのはなぜか?調べてみたわけである。

私の記憶ではカルビーと言えば
カッパえびせん
a0348309_11153529.jpg

私も昔はよく食べた。やめられないとまらない、カッパえびせん。というやつですナ。

それがいつしかまるでモンサントの下請けのようになった。

そこで、カルビーをウィキで調べると、こんな案配。

カルビー
Calbee
a0348309_11171995.jpg


年表[編集]

カルビー旧本社ビル(北区赤羽南一丁目)。現在はPALTAC東京支社。

カルビー広島工場

カルビー広島西工場
1949年(昭和24年):広島に松尾糧食工業株式会社を設立。
1955年(昭和30年):
社名をカルビー製菓株式会社に改める。
『かっぱあられ』を発売、日本初の小麦粉によるあられ。
1964年(昭和39年):『かっぱえびせん』を発売。
1968年(昭和43年):宇都宮工場を操業。
1969年(昭和44年):千歳工場を操業。
1971年(昭和46年):『仮面ライダースナック』を発売。
1972年(昭和47年):
カルビー食品株式会社を設立。
じゃがいもを原料にしたスナック菓子『サッポロポテト』を発売。
1973年(昭和48年):
本社を東京に移転。
社名をカルビー株式会社に改める。
『仮面ライダーV3スナック』を発売。
『プロ野球スナック』を発売。
1975年(昭和50年):
鹿児島工場、下妻工場を操業。
『ポテトチップス』を発売。(当初は内容量90g[2]で定価100円)
1976年(昭和51年):宇都宮第2工場、滋賀工場を操業。
1976年(昭和51年):原料部門が独立し、カルビーポテト株式会社を設立。
1983年(昭和58年):各務原工場を操業。
1986年(昭和61年):広島西工場を操業。
1988年(昭和63年):シリアル食品市場に参入。
1989年(平成元年):シリアル製造の清原工場を操業。
1990年(平成2年):スナックフード・サービス株式会社を設立。
1991年(平成3年):東京研究開発センターを開設。
1992年(平成4年):『ピザポテト』発売。
1993年(平成5年):『堅あげポテト』発売。
1994年(平成6年):東京都北区赤羽南一丁目に旧本社ビルが完成。
1995年(平成7年):
新宇都宮工場を操業。
『じゃがりこ』を発売。
1996年(平成8年):ガーデンベーカリー株式会社を設立。
1999年(平成11年):綾部工場を操業。じゃがいも不作により「ポテトチップス」を価格据え置きで100g→90gに減量。
             2世代目のカルビーポテト丸の竣工。
2000年(平成12年):株式会社カルナックを設立。
2004年(平成16年):
シリアル製造部門が独立し、オイシア株式会社を設立。
研究開発の拠点となるR&DDEセンターを設立。
2005年(平成17年):滋賀工場が独立し、カルビー湖南株式会社を設立。
2006年(平成18年):
『じゃがビー』(Jagabee)を発売。
旧広島工場(宇品)が閉鎖し、現広島工場(廿日市市)創業。
2007年(平成19年):『ポテトチップス』のベーシックラインのレギュラーサイズを従来の90gから85gに減量。参考価格は税込み145円で据え置き。
2009年(平成21年):ペプシコと業務・資本提携を締結、ペプシコがカルビーの発行済み株式を20%取得し、カルビーがジャパンフリトレーを完全子会社化する[3]。
2010年(平成22年):本社を現在地(丸の内トラストタワー本館)に移転[4]。旧本社屋はその後、吉野家ホールディングスの本社として2016年1月まで使用されたのち、同年11月よりPALTAC東京支社となっている。また、2008年11月より「ポテトチップス」のレギュラーサイズが158円(85g、税込参考価格)となっていたが、値下げされ148円となった。
2011年(平成23年):
東京証券取引所1部上場。
東日本大震災の影響による生産工場の被災と発生直後の自粛ムードで「ポテトチップス」を一時価格据え置きで85gから70gに減量。
2012年(平成24年):世界最大のポテトチップス(501kg)を作成し、ギネス世界記録に認定。
2013年(平成25年):2004年に独立させたオイシア株式会社を吸収合併。
2015年(平成27年):秋、同社初となる筒入り型『ポテトチップス クリスプ』を発売[5]。


これを見て、アハ〜〜!

ビンゴ!

やっぱり米大手が入っていた。悪名高きペプシのペプシコである。
2009年(平成21年):ペプシコと業務・資本提携を締結、ペプシコがカルビーの発行済み株式を20%取得し、カルビーがジャパンフリトレーを完全子会社化する[3]。


これが偽ユダヤ商法の典型ですナ。

カルビーの株たった20%の株式保有でカルビーの親玉になり、経営の悪かったペプシコの日本の子会社ジャパンフリトレーを買わせる。

つまり、ペプシコのフリトレーではペプシの多国籍フードが売れないから、カルビーの名前を付けて売り出すっていう悪徳商法だ。

ということは、フルグラの主成分、内容物は全部、もともとフリトレーが作ったもの。カルビーは単に我々日本人を騙すための「なりすまし」の名前、あるいは、名義貸し。あるいは、「通名」のようなものである。


カルビーのスナック、シリアルは全部ペプシコの製品に過ぎなさそうだということになる。

これにて一件落着。


悪徳、ペプシコよ、死ね!→これってお前の作った製品の農薬のせいだぞ!


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-18 11:29 | バイオコンスピラシー

A Happy New Year Autophagy:「オートファジーは断食の科学的証明である。末期ガンは断食で完治する!?」   

オートファジー (Autophagy)=自食(じしょく)

オートファジー (Autophagy)は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。
a0348309_8425567.png


みなさん、こんにちは。

昨年のノーベル生理医学賞は細胞の「自食=オートファジー」現象を発見した我が国の
大隅教授
a0348309_841462.png
に授与された。

実はこの自食現象というものはかなり昔から知られていたものだが、我々人間がそれを認めようとしなかったにすぎないのである。

最近では、正義の報道や事実の報道であるべきマスメディアが、商業主義に毒されて事実を偏向報道したり、むしろ捏造情報を報道したり、一部の特権階級(私はエリートという言葉をこういう連中に使いたくはない)のための誘導報道の場となってしまった。

そのせいで、せっかく自食作用というものが実は古来から知られた「断食」とまったく同じことだということがわかったにも関わらず、あえてそういう情報はまったく報道しないというありさまである。

断食は西洋ではイエス・キリストの時代から知られた方法である。
なぜ断食しないのですか?

イエスは言われました。

断食するときには、偽善者たちのようにやつれた顔つきをしてはいけません。彼らは、断食していることが人に見えるようにと、その顔をやつすのです。まことに、あなたがたに告げます。彼らはすでに自分の報いを受け取っているのです。しかし、あなたが断食する時には、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい。それは、断食していることが、人には見られないで、隠れた所におられるあなたの父に見られるためです。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が報いてくださいます。

マタイの福音書6章16節から18節まで(新改訳聖書)


古来断食の目的は「身体洗浄」が一番の目的である。つまり、煩悩にまみれて不浄の血や身体となった己の身を断食をすることにより汚れを取り除く。その結果、心や精神も研ぎ澄まされる。これが目的だった。

この「身体洗浄」の効果の直接の原因が大隅教授が発見された断食効果=オートファジー効果だったのである。

だから、我が国ではかなり昔から断食道場というものが根強く存在し、
「ガンになったら断食道場に行け」
という教えすら存在するのである。

故柘植俊一博士は、筑波大学で柔道部を率いた文武両道の東大柔道部出身の流体力学理論の博士だったが、生前「人はすくなくとも青年期、壮年期、老年期の3回は断食道場に通え」と言っていたのである。これは教授の
反秀才論
a0348309_8533536.jpg

反秀才論
a0348309_8541144.jpg

に詳しい。

ただし、柘植博士の観察にあるように、断食道場で2週間の断食でも、野球選手やプロレスラーのような猛者でも最後までやり遂げられるものは少ないという。そういう場合には、むしろ目的達成できなかった自分の弱さを見せた人ほど自己嫌悪に陥り、逆効果になるということあるらしい。

やり遂げる人の多くは、すでに末期がんに侵され、余命1ヶ月とか、余命三ヶ月とか、余命〜〜と医者から宣告された人たちや、あるいは、すでに医者からもうやれる治療がないと見放された患者の場合だという。

さすがに既存の従来の西洋医学では手の施しようがない患者や、あるいは、抗癌剤治療で徐々に死に近づいていくとだけという患者のような人が、もう西洋科学医学ではだめだと切り上げて、断食道場にすがりつくというような人の場合には、そもそも出発点の根性が違うのである。

ところで、先日武田邦彦教授のYouTube番組でもメモしたように、
ガンや病気はなぜかかるか?
というと、
その本人がガンや病気で死にたいと思っているからだ
という。

本人は意識していないかもしれないが、実は潜在意識の中で、もう辛いから死にたいというような思いをいつも心のどこかで持っているというのである。だから、脳からそれに呼応して脳内ホルモンが分泌され、それに呼応して、臓器からストレスホルモンのコルチゾールが大量に分泌され、それが細胞染色体のがん遺伝子をすべてスイッチオンするのである。

その結果、本来なら働くはずの抗体免疫機能が抑制され、がん細胞の天下になる。そしていわゆる癌ができる。

実はこのがん化する場合、特有の症状が出る。それが体が冷えるという、冷えである。つまり、体温がいつも下がるのである。

通常35度以下に下がる。冷え性になると癌になりやすいというのはそういうことである。

がん細胞は脂肪代謝を行う。これに対して一般の普通の細胞は糖代謝を行っている。だから、体温が下がり、脂肪が増えている人はガンになりやすい。がん細胞が脂肪を食って太るからである。

ここで断食を行うと、口から体内に糖が入らない。だから、細胞は体内の脂肪分を欲しがるようになる。すると、まずは皮下脂肪やら内臓脂肪やらを食い始める。ところが、2週間も断食する頃にはそういう体内の脂肪分もなくなる。そうなると、脂肪を食って生きていたがん細胞を栄養分として睨む。多勢に無勢だ。多勢の普通細胞が無勢のがん細胞を追い詰めて食っていく。これがオートファジー効果である。

私は大隅教授がノーベル賞に決まった時、これで断食効果の科学的立証ということになったなと思ったのだが、ノーベル賞委員会もマスコミもだれも断食が科学的に立証されたとは主張しなかった。だから、非常に驚いたわけだ。

実は大隅教授のオートファジー効果により、イエス・キリストの断食療法がついに科学的に証明されたのである。

こうなると、西洋医学界および製薬メーカー界には激震が走る。だから、激震に震えていてもその姿をおくびにも出さないようにしないと、まずい。だから、だんまりを決め込んだのであろうナア。

なぜなら、飲まず食わずの方が西洋の最先端医療や分子生物学的手法を用いた遺伝子ターゲット治療よりもずっと効果があるということが分かってしまったからである。

ところで、もし大隅教授が、自分の発見したオートファジーが末期がんをも治療する最安値の治療法なんだと主張したとすれば、たぶん翌日には大隅教授はノーベル賞どころか土左衛門になっていたことだろう。

もうノーベル賞を取ったわけだから、これからいくらでもオートファジーと断食の関係を主張してもよろしいのではなかろうか?


というわけで、自食作用こそ断食の効用の原因なのだが、実際にそうとは知らずに末期がんのために断食道場に行ってガンを完治させた人というのが最近もいるようだから、一応ここにもメモしておこう。つむじ風さんのサイトにあったものである。以下のものである。

末期ガン克服!断食(ファスティング)は万病を治します【拡散】

【末期ガン克服】断食(ファスティング)は万病を治します。


ムラキ:
はじめまして、ムラキテルミと申します。生きております。今から、失礼します、ちょっと座らせていただきます。丸ちょうど3年前の5月に、余命3ヶ月、長くて半年っていう肝臓ガンの宣告を受けてます。これが◯◯の慈恵医大という信頼の置ける病院での診断でしたので、まあ疑った訳ではないんですけれども、どこかで違うことを言われるんではないかなぁと思って、点々と、6軒の大学病院でもう全部同じ結果でした。

たった、肝炎の治療で被っていましたのが、2月に撮ったCTでは肝臓に全く腫瘍がなかったものが、5月の26日の時点でゴルフボール大まで成長した、スキルス性の進行のとても早いガン。で、手術をして3分の1もしくは半分の肝臓を取ったとしても、間違いなく全身に転移をして、手術をしても、1年の余命しかないって言われてしまったんですね。なので、6ヶ所で同じことを言われ、手術をしても1年ならば、と思って、まずは東京で、仕事と住まいがありましたので、それを全部片付けて、どこの病院でどの先生、少しでもいい先生に出会って、少しでもいい手術を、少しでもいい何か最新の治療法はないかということを、こう点々と探した3ヶ月間。

で、7月に入って手術をどこでしようかなって、熱海で両親が隠居をしてくれていましたので、熱海に東京から引き上げて、じゃ熱海の病院がいいのかなって思ったんですけれども、その引っ越しの日なんですけれども、もう1月ぐらいから、肝臓ガンと言われる前から、めまいと吐き気がもう常に常にあるんですね。なので、自分で引越しが出来なかったものですから、ヤマトさんのこう、らくらくパックってあるんですよね、全部詰めてもくださるし、出してってもくださるっていう、もうお願いして、本箱に本は自分で入れてくださいってことで、ダーっとこう本を積み上げて帰ってくださったんです。

まさに、その積み上げている本から、ちょっと積み上がりすぎなので危ないな〜って思って、ちょっと下に下ろそうと思った時に、あの1冊の本がポーンっておでこに当たったんですよね。落ちてきた。もうほんとに天から落ちてきたとしか思えないんですけれども、私の今の主治医の石原結實先生の「食べない健康法」という本がおでこに落ちてきたんですよ。

で、その本も、まあ一度多分読んでるんですけれども、全然記憶がなくって、ただその本をプレゼントしてくださった方が、5年ほど前に、この先生の断食で、膵臓ガンを治した人がいるのよねって、そんなことってあるのかしらねっていっていただいてたんですよ。えっ!?とか思って、もうその日の晩に読んで、いやこの先生しかいないしとか思って、やっとたどって、石原クリニックっていう、東京にあるんですけれども、やっと電話番号も調べて、電話をしたら、3年半待ちだったんですよ。で、私余命半年って言われてるんですよね。死んじゃうしとか思って、

(中略)

で、体温をなぜ上げなければいけないかというと、36.5度の朝の体温があると、どんな病気にもかからないそうです。免疫力が、自分が理想的な状態でいてくれるので、病気に負けない体でいられる。で、みんな、「あれ、でも私熱いし、手足とか、ソックス履いてても気持ち悪いから、冷えてないわ」っていう方多いんですけれども、実は実は、芯が冷えていて、皮膚表面だけに、発熱していたりする場合もあるくらいで、本当はとっても、体が芯が冷えていたり、冷えが自覚できない、冷え不感症というか、自覚がない冷えの方も多くて、まずは、自分の体温を上げたことで私は1日、本当に自宅でできる、ジュースに…朝ごはんを人参リンゴのジュースに変えたこと、それからお昼も生姜紅茶に変えたこと、で夕飯は好きなだけ、好きなだけ飲んで食べて、アルコールもともと弱いんですけれども、デザートも食べてってし続けただけで、13ヶ月で肝臓ガン消えてしまったんですよ。

で、でも慈恵医大の先生は、悪口ではない…悪口になっちゃうんですけれども、ガンじゃなかったかもしれないっておっしゃるんですよ。だから、え??って思いますよね。で、その場になってみて、実は、手術をして、腫瘍をとって、その腫瘍を病理検査に出さないと、悪性だったかわからないくらいのことを言って、絶対こうガンだったってこういうことを今度は否定されてしまったんですね。

(下略)


末期のスキルス性の肝臓がんが断食で完治したのである。

まあ、私に言わせれば、温泉やお風呂で毎日30分以上水飲みながら浸かれば、オートファジーとヒートショックの二重効果でがん細胞は一掃されるのである。さらにジョギングなどで一日30分以上汗かけば、これまた温度上昇でがん細胞は死ぬのである。

体温をいかにして上げ続けるかということがいかに大事かということである。

また、経験則として、この女性もそうだったが、骨折や背骨の異常とか、骨格に問題や障害を持った人が、白血病や癌になりやすい傾向にある。だから、体の歪みから白血病が発病したり、癌になったりする人というのが、実に多いのである。

単に接骨医やカイロプラクティックで身体の歪みを矯正しただけで、ガンが治ったという場合もあるのである。

これは体内の生体内電磁場と免疫系が関係がある可能性があり、体の歪みが体内の生体場を歪め、その結果、正常な体内サイクルが崩れたところにがん細胞ができやすいというようなことがあると予想されるのである。

オートファジーと断食との関係、および断食とがん治療の関係はもっと研究されるべきである。


まあ、信じるものは救われる。



それにしてもダマスゴミはますますひどくなっているようですナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-13 09:37 | バイオコンスピラシー

A Happy New Year Prof. Takeda:「武田邦彦教授の”驚き”の逆転的発想の数々!」   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜これは実に興味深い。武田邦彦教授の”驚き”の逆転的発想の数々。
「〜〜したければ〜〜するな」シリーズである。以下のものである。

(あ)※衝撃※【武田邦彦】ガンになりたくなければ◯◯は絶対にするな!!

※衝撃※【武田邦彦】ガンになりたくなければ◯◯は絶対にするな!!

a0348309_1543065.png





(い)※驚き【武田邦彦】認知症になりたくなければ◯◯は絶対にするな!

※驚き【武田邦彦】認知症になりたくなければ◯◯は絶対にするな!

a0348309_156864.png




この中の健康診断に行く人の方が行かない人より早死にするというのは実によく分かる。私はこの20年まったく健康診断にも定期検診にも行っていないからである。正確にはたった一度だけ行ったことがあったが、無意味だった。単に金と時間の無駄。むしろ病気っぽい人と顔を見合わせなければならず気分が悪かった。さらに大抵健康診断を受け持つ医師はレベルで言えばCクラスの人物だから、診断結果を聞く時の応対がなってなくて、むしろ苛つかさせられるばかりで逆効果だった。俺のほうが薬や化学物質の方は詳しいよってサ。

人の健康診断と車の車検は実に似ている。自動車も車検が何故あるかと言えば、自動車販売と自動車メーカーを潤すためにある。同様に健康診断がなぜあるかといえば、医者と製薬会社を潤すためにある。

実際、自動車はおかしくなった時にそこだけ直すという方が、長持ちするのである。2年毎に車検に出すから余計な部分がいじられておかしくなり、車検に出して車が傷つくのである。

この意味がわからない人間は、1930年代ものとかのクラッシックカーでどういうメンテナンスしているか見れば分かるだろう。クラッシックカーも車検しなければならないなら、すぐにお釈迦になる。

同様に人の場合も下手に健康診断や定期検診をするから逆に変なアドバイスをもらったり、余計な薬をもらって、調子を崩していくのである。

要するにサッカーでよく言うように、「失敗を恐れて失敗をする」ということわざがあるが、健康診断も車検もこれと同じことなのである。

むしろ、そういう「恐れ」を持つことのほうが持たない場合よりずっと悪いことなのだと武田教授はおっしゃっているわけですナ。


ちまたの通説ほど疑わなければならない。

まあ、いずれにせよ、健康診断も車検もあの1970年代の高度成長期、田中角栄時代の負の遺産にすぎない。そろそろ、やめにしたほうがよろしくないか?


いまじゃ、健康診断やら定期検診やらやっていられるほど病院自体が暇じゃない。時間を取られるし、人手もいるし、儲からないし、ダメダメづくしらしいですナ。

車のタイヤでも、パンクしそうだから替えればいいだけの話で、車検でちょっとでも変なら換えるということをやっているから、廃棄された古タイヤの山だらけになり、産業廃棄物処理が大変になるわけだ。

もっと効率的な解を見つけるべきである。


(う)※親鸞※【武田邦彦】南無阿弥陀を唱えればあなは救われる

※親鸞※【武田邦彦】南無阿弥陀を唱えればあなは救われる




(え)【武田邦彦】お釈迦様が説いた宇宙の原理『縁起』

【武田邦彦】お釈迦様が説いた宇宙の原理『縁起』

a0348309_1582998.png




(お)【武田邦彦】イエス・キリストの愛の力で人間関係はすぐ解決する!

【武田邦彦】イエス・キリストの愛の力で人間関係はすぐ解決する!



いや〜〜、これまでかなり唯物的だった武田教授が、だんだん保江邦夫教授のようにスピリチュアルになってきたんでしょうか?

言っていることはほぼ保江邦夫博士がたくさんの本で主張されてきたことと同じような感じになってきましたヨ。



(か)【武田邦彦×井上和彦】蓮舫さん?国籍と名前をハッキリしてください!でなければ日本から出ていけ!

【武田邦彦×井上和彦】蓮舫さん?国籍と名前をハッキリしてください!でなければ日本から出ていけ!




いや〜〜、すばらしい。武田教授頑張っていますナ。今後のご活躍を期待したい。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-12 15:28 | バイオコンスピラシー

韓国産カキのノロい!?:対応のノロいところがノロウィルスにやられる!?   

みなさん、こんにちは。

最近我が国でノロウィルスが猛威を奮っているというが、ノロと聞いただけアハ体験である。

あは〜〜!わかったニダ〜〜、犯人が。


というわけで、ノロウィルスの発生場所はお隣の韓国である。世界中に細菌やらウィルスをばらまく最悪の「パンドラの痰壺」が朝鮮半島なのである。

かの民主党時代、今の民進党の名前変え前の在日韓国人政治家たちが政権を取っていた頃、我が国で大発生したのである。むろん、全世界に拡大した。これである。
【ノロウイルス】もはや殺人レベルの偏向報道【韓国】
a0348309_1754936.png




「兵器としての食品」:ヘンリー・キッシンジャー狂授が発明した概念とか!?


明治時代まで、朝鮮はソウルの目抜き通りにまで糞尿を垂れ流すドブ川が流れていた。イムジン河なんていうのは幻想でしかない。糞尿を垂れ流す最悪の貧乏都市だったのである。

オーストリア旅行家の目に写った120年前の朝鮮~ヘッセ=ヴァルテッグ著「朝鮮、1894年夏」

オーストリアのエルンスト・フォン・ヘッセ=ヴァルテッグ(Ernst von Hesse-Wartegg)は1854年生まれで1918年に他界した貴族出身の旅行家。ヨーロッパだけでなく全世界を歩き回った。その過程で1894年、日本を離れ朝鮮旅行を始める。私たちの歴史の中でも最も息づまる時期だ。東学農民運動、日清戦争そして甲午更張などが続いた。私たちの120年余り前の姿はどうだったのだろうか?オーストリアの旅行家はこのように記録を残した。

1. ソウル(漢陽(ハンヤン))は途方もなく汚かったが伝染病の発生は珍しかった。

a0348309_1761991.jpg

「今まで私が見てきた都市の中でもソウルは確かに最も奇妙な都市だ。25万人ほどが居住する大都市で5万軒余りの家がわらぶき屋根の土作りの家であるところがどこにあるだろうか?最も重要な通りに下水が流れ込んで溝になっている都市が他にあるだろうか?
ソウルは産業も煙突もガラス窓も階段もない都市、劇場やコーヒーショップ、喫茶店、公園や庭園、床屋もない都市だ。家には家具やベッドもなく、便所は直接通りに通じている。男女に関係なく全住民が白い服を着ていながら、他の場所よりも汚く、糞天地人都市が他にあるだろうか?…。

a0348309_1775420.jpg


その一方でソウルは決して健康に害になるところではなく伝染病の発生も珍しい。その理由は一方では冬が非常に苛酷で長い間の雪と氷そして寒さが伝染病の登場を防ぎ、他の一方では夏の夕立ちが汚物を洗って行ったからだ。それでも残った汚物は犬が食べてしまう。犬は最も忠実で家もよく守る下水道清掃夫だ。」(本「朝鮮、1894年夏」、エルンスト・フォン・ヘッセ=ヴァルテッグ) →その下水道掃除夫の犬を朝鮮人が食べる。

a0348309_17115034.jpg


彼には朝鮮の首都・漢陽はだいぶ珍しかったようだ。大都市としての秩序が整っておらず、汚いのに伝染病が流行しない場所だった。旅行記の通りなら朝鮮は発達した文明国家から来た人々が仰天する様な場所だった。長い間の壊れた政治が国民の人生レベルまで低くしたようだ。

2.王は神聖な存在なので特別な接待を受けた。

「朝鮮で王はどれほど神聖視されているかは他の指針でも見られる。王の前では誰も眼鏡をかけることはできない。馬に乗った人は王宮が近づけば降りなければならない。王の肖像はコインや切手にできない。なぜなら王の肖像に国民が触れると王を冒とくすることになるからだ。従って朝鮮人にはヨーロッパのコインはまったく理解できない。
鉄でできた物が王の体に触れてはならない。1800年、恭靖大王(定宗(チョンジョン))が悪性腫瘍で死んだのは手術用メスで腫瘍を切ることがこの礼法に外れたためだ。何年か前にある王子が自身の腕に手術を行えるようやむなく許諾した。ただし、その後、彼は自分の気の毒な主治医の命を救うために様々なことをしなければならなかった。礼法を破った罪で王が主治医を斬首刑に処することに決めたのだ。」(本「朝鮮、1894年夏」、エルンスト・フォン・ヘッセ=ヴァルテッグ)

王政になじむヨーロッパ人の目にも珍しいほど朝鮮の王は特権を享受した。その特権ほど民のため善政を行ったら良かったが、それもできなかった。そしてこの様な特権は各種の科学や技術の発展を遮ることさえした。鉄で作った物が王あるいは王子の体に触れてはいけないという礼法は手術を不可能にさせた。力がある者から利用し始めてこそ技術は発展するようになっている。上から詰まったので科学的基盤の医術は全く発展できなかった。

3.官吏になるために中国文字が書かれた本で勉強した。

「官吏職に関心を持つ若者たちは事情が違う。彼らは‘漢文’、すなわち中国文字を勉強し始める。このために独自の教科書があって、この本には中国字と朝鮮字が載っていて、字のそばに中国式発音と朝鮮式発音が大きな文字で書いてある。なので不思議に一音節や一単語を意味する同じ字が朝鮮と中国では互いに違うように発音される。字が全部使えるようになれば中国の古い判例が説明され、歴史的主題に関するエッセイや詩のようなものを書く宿題が与えられる。数学や地理学は付随的であり、国家試験を受けるのに他の学問は不要だ。まだ朝鮮人は古代ギリシャ人のように地球が平たい板だと信じている。」(本「朝鮮、1894年夏」、エルンスト・フォン・ヘッセ=ヴァルテッグ)

1894年なら朝鮮が十分に開化しているべき頃だった。中国と日本が何十年か前に西洋の勢力によって開港したからだ。しかしそうでなかった。若者たちは官吏になろうと相変らず中国字で書かれた本を丹念に覚えた。地理学は初歩的な水準に留まっていた。朝鮮で作った地図では地の果てに行けば永遠に渡ることになっていた。また、朝鮮は中国と共に堂々と世界の中心を占めていた。全世界を歩き回ったオーストリアの旅行家には絶対理解できないところだ。


このオーストリア人が観察したように、これほどまでに衛生上問題がある都市であるにも関わらず、朝鮮人はその糞尿水を飲み、尿を飲み、小便で顔を洗い、重大な病気になると薬の代わりに大便を食ったのである。

それでも朝鮮人は伝染病には罹らなかった→今もかからない。(しかし、さすがに回虫や蟯虫にはやられて脳みそを食われた。だから凶悪異常者が頻繁に登場した。)

これが今現在我が国のアダルト産業の女の陰部舐め、尻舐め、糞食いする男優のほぼ100%が朝鮮系であるという事実を生んだのである。つまり、連中には天職になったわけだ。

なぜなら、我々日本人ならすぐにノロウィルスに感染したり、大腸菌にやられたりして、短命になるところが、連中朝鮮人にとっては害毒よりむしろ「薬や栄養」になるというからである。

ここに朝鮮人遺伝子の異常改変の蓄積が出ているのである。つまり、聖徳太子の時代の万葉時代に李氏朝鮮に乗っ取られて以来、経済が悪化し、文化も衰退し、あらゆるものが衰退した朝鮮では、食うものもなくなり、下水道の設備も糞尿システムもなくなり、すべてが退化した中で、800年もの間生き延びたために、ついには遺伝子に変化が起こり、糞尿や人間のウィルスに対する耐性が付いたと考えられる。

こうして明治の時代には、街の中央を流れた汚物の川の水で洗濯し、それを炊事洗濯に使ってもなんともないという民族へと退行進化したのであろうということになる。

このオーストリア人はこの聖徳太子の時代から800年経った朝鮮人を目撃したのである。


これがリアル朝鮮の歴史だったわけだから、この800年間に垂れ流してきた糞尿や汚物などが土地そのものに染み込んでいる。だから、下手にドロや溝、田んぼで傷口を作るととたんに日本人が病気になった。
なぜなら、我々清潔民族の日本人には朝鮮半島の細菌やウィルスに対する耐性がないからである。

だから、こういうウィルス学的知識や病理学的知識がないままに、AKB48くずれやタレント崩れして朝鮮人が経営するDMMのようなアダルトビジネスで朝鮮人男優とコンドーム無しでセックスすると、あっという間にウィルスを感染させられて悲惨な末路に陥り、若くして死ぬわけである。

いくら明治以降日本が朝鮮を近代化したとはいえ、体に保菌しているウィルスや大腸菌、朝鮮人特有の風土病という形でウィルスのキャリアーである場合もあるわけだから、そういうものはそう簡単には除去できない。

そういう事情を日本政府も役人も全くご存じない。だから、至極単純に韓国産の農産物や水産物を輸入させようとするが、ノロウィルスに汚染された食材を食っても無害でいられるのは、耐性遺伝子を持つ朝鮮人だけである。

一方、朝鮮人は中東のラクダしかからないSERSやMARSのような動物ウィルスに感染するのである。もちろん、朝鮮人(や朝鮮系支那人=韓中国人)は人には感染しない鳥インフルにも感染する。

こういう歴史的事実や生物学的事実を知れば、うかつに韓国産を輸入させない、できない、しないはずなのだが、そこは朝鮮人に乗っ取られた東大や官僚機構のおめでたいところである。

欧米は、前回のノロウィルス感染した生野菜や果物や缶詰や海産物の全面輸入禁止を行った。ところが、そんな時代にも朝鮮系経済マフィアの菅直人民主党政権はなんら韓国産を輸入禁止にはしなかった。

そして現在も官僚がそれを踏襲してきている。だから、どうやら最近はこんな感じになったらしい。
【知らずに○べるな韓国産】

a0348309_1732219.jpg


■CoCo壱番屋
使用韓国産食材 (2016年02月7日現在) 牡蠣(カキ) イカ


出典:CoCo壱番屋HP 原産地一覧
http://www.ichibanya.co.jp/quality/origin.html

■和民
使用感国産食材 牡蠣(カキ) 牡蠣の柳川 (2016/1/27現在)
出典:ワタミフードシステムズ株式会社<外食事業>|原産地表示サイト
http://www.watamifoodservice.jp/g/

■デニーズ
使用韓国産食材 牡蠣(カキ)(2016.1.14.現在)
出典:デニーズ公式HP「食の安全・安心への取り組み」
http://www.dennys.jp/safety/effort/localityinformation

■ロイヤルホスト
使用韓国産食材(2016.1現在) カニ
料理名:ハンバーグ&カニクリームコロッケ~ドミグラスソース~
出典:ロイヤルホストHP原産地情報
http://www.royalhost.jp/torikumi/gensanchi.html

■ピザハット
使用韓国食材(2016.1現在) 紅ズワイガニ
出典:ピザハットHP「栄養成分・アレルゲン・原産地情報」
https://pizzahut.jp/pc/general/include/prd_allergen.html

■はま寿司
使用韓国食材(2016.1現在) 海苔(のり) 真いか 本ずわいがに・紅ずわいがに
出典:はま寿司HP 原産地情報
http://www.hamazushi.com/hamazushi/menu/origin.html

■元気寿司
使用韓国産食材(2015/12/24現在) のり、紅ズワイガニ、赤貝
出典:元気寿司HP 安心・安全への取り組み
http://www.genkisushi.co.jp/quality/safety.php

■スシロー
使用韓国食材 (2016.1現在) 
・のり、軍艦のり
・マアナゴ使用料理:炙り上穴子
・かに味噌 使用料理:ずわい蟹軍艦、かにみそ(軍艦)
出典:スシロー公式HP 原産地情報
http://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/place.php

■かっぱ寿司
使用韓国食材(2016.1現在)
・紅ずわいがに、かにみそ
使用料理:かに3種食べ比べ軍艦 【特選逸品】、軍艦、寿司屋のおつまみセットA、かにあんかけ茶碗蒸し、おつまみセット、特選握りセットA、特選握りセットB
・マグロ 使用料理:まぐろボール
・マグロ(ねぎとろ) 使用料理:特選握りセットA、特選にぎりセットB
・牡蠣(カキ) 使用料理:カキフライ
・あじ 使用料理:おつまみセット
出典:かっぱ寿司HP原産地情報
http://kappazushi.jp/anshin/gensanchi/


結論から言えば、韓国産は韓国人にだけ食わせるべきだということになる。なぜなら彼らには耐性があるからである。連中は糞くっても病気にはならない。

こんな口の人とキスやオーラルセックスするのかいな?アーメン!自殺行為である。

大概が溶連菌をうつされたり、ノロをうつされたりして大病を食らう、良いことは何もない。

まあ、バカは死んでも治らない。


現在のノロウィルスの震源地は韓国産のカキである。あるいは、ノリ。海藻。キムチ。こういったナマのものである。

また、そういうものを扱ってキャリアーとなった人間から感染する。


というわけで、「Kの法則」「韓の法則」が発動しただけなんですな。

最近のスシローの寿司が非常にまずくなったというのは有名である。ノリからして韓国産。後は推して知るべし。

朝鮮人資本に乗っ取られたらまずは滅びの道だけである。ご愁傷様である。

我が家もずっとスシローに行っていたものだが、最近韓国資本に乗っ取られてからは絶対に行かないことにしている。

良いことは何もないからだ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-12-21 17:40 | バイオコンスピラシー

まったくアリガタクネーガー:大阪城のお堀にアリゲーターガー生息!外来種の恐怖!?   

みなさん、こんにちは。

ところで一応メモしておくが、昨日あたりから400nTの地震電磁波が登場。これである。
a0348309_9125662.png

a0348309_9132093.gif
まあ、ちょっと我が国のどこかが揺れますナ。備えあれば憂いなし。


さて、我が国には、現代イスラエルのモサド諜報員の成りすまし米人
デーブ・スペクター
a0348309_9155354.jpg

やら、米CIAやNSAの成りすまし
厚切りジェーソン
a0348309_9164519.jpg
とか、すでに何万人もの白人が住み着いている。

それ以上に多いのは、シナ大陸から来た支那人工作員である。あるいは、半島から来たインベーダーであるハンベーダーである。その数20万人以上と言われる。

まあ、別に我が国住むだけで悪さをしなければそれはそれで結構なのだが、なにせ歴史や文化伝統も違うし、宗教の違いは言うに及ばず、食生まで違う。

まさに外来種なのである。

植物の外来種で我が国の風景を一変させた悪しき外来種の代表と言えば、言うまでもなく、
セイタカアワダチソウ
a0348309_9204596.jpg
である。

この外来種のために、我が国の昔からの風流を奏でていた
すすき
a0348309_922641.jpg


吉田拓郎 旅の宿
「浴衣のキミはすすきの簪(かんざし)」
a0348309_9261347.jpg

a0348309_9251022.png

が駆逐されたのであった。

セイタカアワダチソウなど単なる有害雑草以外の何者でもなく、一説では花粉症の影の原因こそこの植物ではないかとすら疑われているものである。

湖の外来種と言えば、
ブラックバス
a0348309_9292739.jpg
である。

おかげで我が国在来種である
ヘラブナ
a0348309_9303358.jpg
が根こそぎ食われてしまった。いまや絶滅の危機である。

ここで簡単に外来種と在来種の特徴をまとめておくとだいたいこんな感じ。

在来種:小型。繁殖力弱い。おとなしい。可愛い。
a0348309_9335582.jpg


外来種:大型。繁殖力強い。獰猛。凶暴。可愛くない。
a0348309_9352031.jpg


ミツバチであれ、熊であれ、どういうわけかみんなこれが当てはまる。

人間にもこれが当てはまる。
米兵と自衛隊員
a0348309_946335.jpg


どうしてだろうなあ?

というわけだが、なんとついに新たなる凶悪な在来種がこれだ。
大阪城 内堀に巨大肉食魚 アリゲーターガー 2匹確認!
a0348309_9394880.png

a0348309_940165.png

他の場所にも続々と見つかっている。
a0348309_9391011.png

a0348309_9392653.png


そしてこのワニそっくりの魚は最終的にはここまで大きくなるとか、子供を丸呑みできる大きさになるらしいですナ。
世界最大級の淡水魚 巨大怪魚アリゲーターガーの釣り方



この大阪城の二匹のアリゲーターガーはオスメスだろうか。もしそうなら、あっという間に繁殖してアリゲーターガーだれけのお堀になって、落ちたら最後。食われますナ。

秀吉の時代にアリゲーターガーだらけだったら、ひょっとして徳川軍に大勝したかもナ。


いやはや、まさにこれからの日本を象徴する話である。しかし、こういう奴を放流して喜んでいる奴って、言うまでもなく、在日でしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
これも外来種ですナ。
韓国籍の浅津忠史ら5人を逮捕 「2年間で100
2年間で400人レイプして山に捨てたゴッドレイパーついに逮捕

2年間で300~400人以上の女性を監禁し、レ○プした。
昨年9月から今年にかけ、強姦致傷や強盗容疑などで大阪府警捜査一課に逮捕された
男5人のグループが、こう供述していることが11日、分かった。
強姦容疑で再逮捕されたのは大阪市城東区の無職、浅津忠史容疑者(23)ら5人。

調べだと中学の同級生だった5人は「強(ごう)やらへんか」などと仲間を集め、
平成11年夏から約2年間、大阪駅周辺の繁華街などで、
10~20代の女性を「車で送ってあげる」とナンパ。5人は女性を車に乗せると、
“送り狼”に豹変し、「殺すぞ」と脅迫、大阪市内のマンションに監禁し、暴行を繰り返していたという。
犯行後、5人は女性を奈良県山中に置き去りにしていたほか、
女性のキャッシュカードで現金を引き出すなど悪の限りを尽くしていた。


調べに対し、5人は「車に乗せた段階で、成功したも同然だった。ほぼ毎日、やっていたので数は覚えていない」とも供述している。
日本政府が外来種の在日特権をやるからこういう凶悪事件が後を絶たない。まあ、こいつらの金玉を去勢して、女にして差し上げろ。こんなやつらの子孫が残ったら悪夢だヨ。まさにエイリアンですナ。欧米人これが朝鮮族だ!



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-06-15 09:51 | バイオコンスピラシー

人類の敵、ビル・ゲイツ:「ジカウィルス」はゲイツの「蚊ワクチン注射」「カチュウシャ」のせいだった!   

蚊注射
a0348309_10363821.jpg


みなさん、こんにちは。

最近になってNews.usを見ると、変な広告が勝手にポップアップするようになった。それでこれまでのMac OSX Marvericsでいろいろやっていると、今度はタイムマシーンにしている外付けHDDがマックブックで全く認識しなくなってしまった。

そんなわけで、知り合いのマック専門電気店で何年か前にそこで買ったHDDを診てもらったところ全く異常なし。

ゆえに、結局システムが悪いのかもしれない。ということで、その店長さんからMac OSX最新のEl Capitanにしたらどうかと教えてもらった。実際、その店長さんの最新Macbook上のEl Capitanは非常に優れて見えた。

というわけで、一昨日El Capitanをクリーンインストールしようとしたのである。

ところが、これがまたなかなかダウンロード出来ず、途中でフリーズしやがる。何時間経っても一向に先に動く気配がない。うんともすんともいわなくなった。「え?マジか?」ということで、command+Rのリカバリーディスク経由でやったところ、何とか無事にEl Capitanはインストールできた。

確かにシステムの動作がほんの僅かだけスムーズかつ早くなったような気がする。が、ディスクユーティリティーなどにはアクセス権の検証修復もなければ、大昔のMacのFirstAidが復活した観ありでなんとなく懐かしさを覚えたほどだ。

ところが、早速LaTexを使って仕事しようとすると、なんと今度はLaTex2e*がまったく作動しない。

「ああ〜〜そうだった!」
「Mac OSXをバージョンアップすると、その度にTexShopもバージョンアップしなければならなかったんだ!」

というわけで、今度は最新のTexShop 2015をダウンロード。これをEl Capitanに合わせるのに一苦労。ネットでいろいろ探したが、なんとかインストールするための情報を見つけた。それがこれだった。
OS X El CapitanでTeX環境をゼロから構築する方法


というわけで、一昨日、昨日、今日とこんな案配だった。
news.usで自動ポップアップする
→トレンドマイクロのウィルスバスター入れる
→Add-onを試しに使ってみる
→Time Machine用HDD認識されず
→ウィルスバスターやAdd-onを破棄
→電気屋でHDD診断→問題なし→OSX El Capitanを推薦される
→OSX MarvericsからOSX El Capitanへ
→一日経ってもOSX El Capitan入らず
→13億時間必要メッセージが出た
→Command + Rでクリーンインストールし直す→これまたフリーズ
→二度目のCommand + Rで何とかインストール完了
→TexShop2011動かず
→TexShop2015探す
MacTex2015見つける
→MacTex2015ダウンロード
→TexShop2015ダウンロード完了
→「OS X El CapitanでTeX環境をゼロから構築する方法」発見
→これを見て設定完了
→しかし以前のTextが「文字化け」、タイプセットできず←今ここ


いやはや、Apple Macintoshよ、変なバージョンアップなんかすんじゃえね〜〜ヨ!
このバカタレが〜〜!

という感じですナ。


そんなこんなでやっとパソコンが動くようにはなったから、やっとここにもメモすることができる段階に来た。が、まだTexShopが動かないから、例のライン博士の論文の校正などはまったく出来ない相談である。


さて、前置きが大分長くなってしまったが、どうやら最近これまた興味深い話が出てきたようである。
ジカウィルス
(我々物理学者は、ついつい磁化ウィルスと書いてしまう)
である。

これまた、パンデミックを煽って何やら金儲けしようとする悪い、暗黒面シスの手先となった医療関係者やWHOの仕込みですナ。

7年ほど前、中米メキシコで「豚インフル」というものが「パンデミックだ〜〜、パンデミックだ〜〜」と騒いでそれまでにすでに用意されていた「豚インフルワクチン」を大量に売りさばいた。もちろん、永久不妊用のアジュバントやら、水銀サロメチールじゃなかった、チメロサールやらが満載されたものである。

世界の都市伝説化した一説によれば、それは当時メキシコに行ったオバマを暗殺するために「豚インフル」を撒いたというものがある。また別の怪しい説では、それに見せかけて実はオバマの側近のCIAがオバマの護衛の振りをして、メキシコに「豚インフル」をばら撒いたという説がある。

いずれにせよ、オバマは「光の天使」どこから「悪魔の天使」に過ぎなかったのであり、おかげで世界中が「豚インフル」の恐怖に煽られたのだった。

それから数年後、今度はオバマ大統領はブラジルに行ったという。これからである、ブラジルでジカウィルスなろものが流行り始めたのは。

要するに、これまたオバマのブラジル訪問に端を発して、あらたなる有害ウィルスが蔓延し始めたのである。←今ここ


ところが、世の中には貴重な人もいるものですナ。そういう人が調べたところ、ジカウィルスは確かにいるのだが、ジカウィルスと赤ん坊の「小頭症」には直接の関係がないというのである。

つまり、今回の「ジカウィルス=小頭症の原因」説は作られた捏造である可能性が高いというわけだ。

じゃ、何のために?

そりゃ〜〜、虫よけスプレーやら、虫よけグッズやら、虫よけ薬品を売るためである。

へ〜〜、偉い今回の陰謀はチンケでんな〜〜

ということになるが、問題はその虫よけスプレーの中身である。ここにその昔のDDTとか、枯れ葉剤とか、マスタードガスとか、有害化学物質を仕込む。そして、後々の癌やアレルギーを発症させる。

とまあ、そんなところだろう。


じゃあ、だれが小頭症を流行らしたのか?

なんと、かのビル・ゲイツだった。奥さんのメリンダ・ゲイツといっしょになって医療のためだ、医学のためだと言って世界中にワクチン伝道師になっていることはよく知られているが、そのビル・ゲイツワクチンの中に「小頭症の原因」が仕込まれていたらしい。以下のものである。
ジカウィルスではなくビル・ゲイツのワクチンが小頭症の原因?

ジカウィルスと遺伝子組み換えの蚊

最近のブラジルでのジカウィルスの大流行は、現在では、イギリスのバイオ技術Oxitec社によって開発された遺伝子が組み換えられた蚊と関連付けられています。そしてこのOxitec社は、ビル&メリンダ・ゲイツ基金が資金を提供しているのです。

Oxitec社は2011年以降、デング熱対策として遺伝子組み換えのヤブカを自然に放し続けています。ブラジルのカンピーナス(Campinas)市にある同社の工場では、一週間あたり最高で200万匹の遺伝子組み換えの蚊が培養されています。

ネッタイシマカ(ヤブカの一種でデング熱などの感染症を媒介する)は世界で最も数の多い蚊で、南北アメリカ諸国の中でこの蚊がいないのはチリとカナダの二カ国だけです。ブラジル国内の26州のうち18州でジカウィルスが発見されていますが、これはヤブカによって感染したものです。


しばらく前に、ビル・ゲイツが注射器の代わりに蚊を使って、その蚊に化学物質を入れたウィルスを注入しておけば、蚊に刺されたらワクチン注射したのと同じ効果が出ると騒いでいた時がある。
ビル・ゲイツ「蚊、マラリア、教育について」その1


そういう研究にビル・ゲイツ財団(ビル&メリンダ・ゲイツ基金)が湯水のように金を注いだのである。

そうやって多くの怪しい欧米のベンチャー企業が金もらって「蚊ワクチン」「蚊注射(カチュウシャ)」「ワクチン蚊」の研究をさせてもらったのである。もちろん、こういった怪しい最先端研究所は大半がCIAやNSAやSISやISIS(イスラエル諜報機関)のメンバーが経営者に成りすましている組織である。

その1つがOxitec社だと。

ここが、なんと当初の「ワクチン蚊」「蚊ワクチン注射」ではなく、「殺人注射」「異常突然変異注射」に研究シフトしたのである。

何事も始めは小さな正義で始めて、途中から大きな不正義に変える。これがシオニストや偽ユダヤやニダヤや支那ヤのやり方である。

ここでついでにメモしておけば、台湾という国は民間レベルや一般市民レベルで言えば、その昔の戦前の日本だったこともあって、親日国であり、非常に日本人のこころをいい気持ちにさせる面がある。しかし、それに騙されると大変なのだ。

実質は、台湾は中国共産党の属国であって、台湾の大企業の大半は中国本土に巨大工場を持っている。だから、逆に台湾企業の経営者は大半が中国共産党の仲間である。共産党の軍人が台湾人の振りをしているに過ぎないのである。

アメリカにCIAがあり、そのメンバーが人知れずベンチャー企業の研究者や経営者になるように、あるいは、アメリカの軍人が民間軍隊会社を経営するように、中国とてまったく同じことをしているのである。中国共産党のメンバーが台湾の一般人になりすまして、台湾企業の経営者になっていたとしても何ら不思議ではないのである。

というわけで、昨日日本のシャープが台湾企業に身売りするというニュースがあったが、これこそ戦後最大級の「売国奴行為」であろう。シャープのハイテクが台湾企業からどんどん中国本土に流出するからである。

だから、日本企業は反日国の企業に身売りするくらいなら、潰したほうが国家安全上はずっと利にかなっているのである。だから、「経営できない電機企業は潰せ!」「自己責任である」。

さて、話が「超絶売国奴シャープ」にずれてしまったが、ジカウィルスは例のビル・ゲイツの「蚊ワクチン注射」の軍事技術が悪用されたものだったのだ。

というわけで、いまやビル・ゲイツが人殺しNWOのドン・キホーテとなった。ちなみに、おそらく豚インフルもビル・ゲイツのせいだったんですナ。

人類の敵、ビル・ゲイツ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
私が2014年のサッカーワールドカップ・ブラジル大会に行った時、当時は「デング熱」で大騒ぎだった。だから、私もブラジルの蚊には非常に警戒していたが、どういうわけかブラジルの蚊は私には見向きもしなかったのだ。近づいてきたが、皮膚に触らなかった。おそらく私の体臭はブラジルの蚊には動物には感じなかったらしい。体臭の弱い東洋人ではブラジルの蚊が認識できなかったのではなかろうか。よほどブラジル人の体臭は臭いらしい。だから、あまり日本人が心配することはなさそうだ。

ところが、ブラジルからフランスへ帰る時のエールフランスの機内で出発直後の10分間ほどスチュワーデスやスチュワードが両手に殺虫スプレーを持って一気に噴射したのである。
70年ぶりのデング熱感染!:やはりブラジルW杯関係者が持ち込んだのか!?
a0348309_1123960.jpg
この間に我々乗客はむせび泣くほどに殺虫剤を吸わされたのである。もちろん、殺虫剤は極めて有害である。

というわけで、これがますます飛行機の日課となり、航空機で旅行する度に殺虫剤を吸い込むことになる。そしていつしか脳障害、呼吸器障害、発がんとなるわけである。

旅行には
防毒マスク
a0348309_1046524.jpg
が必需品になりそうですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-02-05 10:46 | バイオコンスピラシー