カテゴリ:個人メモ( 25 )   

“釈然としない”ノーベル物理学賞41番目の席:甲元「TKNNの顛末には釈然としない思いがある」   

41番目の椅子=アカデミー・フランセーズ

定員40人制を堅持しているため、いわゆる「41番目の椅子」で待ったまま、会員になれず死去した著名人も数多い。このような人物として、デカルト、パスカル、モリエール、ルソー、プルーストなどが挙げられる。
a0348309_12544340.jpg


みなさん、こんにちは。

昨年のノーベル物理学賞は、コスタリッツとサウレス、およびハルデーン
a0348309_1344872.jpg
に送られた。

私はハルデーン
a0348309_1354312.jpg
がアンダーソンの弟子で阪大の吉森先生の招きで物性講演した時、M1かM2でそのノーベル賞をとることになった最初の講演を聞いた。

またサウレスにはあったことはないが、世界初で量子ーホール効果を発見した日本の川路 紳治博士
サイエンスインタビュー第1回 半導体の中の「2次元の宇宙」川路 紳治 名誉教授
a0348309_10553817.jpg
にもあったことがあるし、その理論づけを最初に行った東大の安藤恒也博士
a0348309_119031.jpg
にもあったことがある。

また、安藤先生が主催した、2次元半導体国際会議のときには、後に最初に量子ホール効果でノーベル賞をとることになるフォン・クリッティング
a0348309_1258957.jpg

にも、その後の分数量子ホール効果でノーベル賞をとることになるラフリン
a0348309_12565658.jpg

にも、ハルペリン
a0348309_12584634.jpg

にもあった。

当時若気の至りで、その新進気鋭で強面のラフリンに

「あんたの理論のゴールは何だよ」

って聞いたんだよな。

すると、ラフリンは答えた。

「そんなの知らね〜よ。お前がそれに答えたら、また日本人のノーベル学者が増えるぞ」


ところで、京都で開催されたその国際学会では、たしか舞妓さんが2人祝賀会にやってきた。

当時俺も若かったから、近くにお酌に来た舞妓さんに話しかけたんだが、なんて話したかは忘れてしまった。

たぶん、「きみは何歳?」

って聞いたんじゃなかったか。

とにかく楽しい国際学会だったし、きっとすぐにノーベル賞をとるはずだという大方の予想があり、その時の意気軒昂な安藤先生と川路先生のお姿が眼に焼き付いている。

あれから、何十年か経ち、ご存知のように、本当なら、川路ーフォン・クリッティング・でノーベル賞をもらうべきだったが、実験の精度がなんたらといちゃもんつけられて、クリッティングだけでノーベル賞をとった。

そして川路先生は41番目の席の人になった。

同じく、ひょっとしたらクリッティングと安藤先生でノーベル賞とも言われたように、安藤先生は理論家だからといういちゃもんをつけられて、41番目の席の人になった。

次のチャンスは分数量子ホール効果のときだったが、この時は、整数量子ホール効果の最初の説明を加えた理論で、甲元眞人先生も話題に出た。
a0348309_11104179.jpg
(右は田崎晴明氏)

実はちょうどこの写真が取られた時代、私は甲元先生の助けでユタ大に留学していて、この同じ席で同じようにして話をしたことがあったのである。

しかし、私はまだ何者でもなく、田崎氏のように東大同胞でもなかったから、甲元先生はもっとしかめっ面をしていた気がするが、その前にその家からその家に戻るまでいっしょにジョギングしたのだった。若い俺の方が大分早かったが、爽快に走ることができた。

そして奥さんの手料理を満喫させていただいたのである。確かケイコさんだったかな。当時娘さんが2人いた。

後に甲元先生がユタ大から東大物性研に転職されたので、私は、最初はクレッグ・テイラー先生
a0348309_1322913.jpg

の下でアモルファスの実験をすることになり、テイラーの学生になった。

すると、すぐにイスラエルから光実験でポリアセチレンのソリトンの研究をしていたヴァーディーニー
a0348309_1325166.jpg

というユダヤ人が来てその人の学生になれといわれて、彼の弟子になったのだ。

ところが、ある日それまで甲元先生の下で1次元準周期系の研究をしていた俺は、とある理論を思いついて、彼から作れと言われていた電源回路を作らずに、その理論を見せた。

すると、

「な〜〜お前。俺を悲しませるなよ。俺には同じような悲しい経験がある。長年手塩にして育てた優秀な実験の弟子がいたんだ。そいつがよりにもよってその期に及んで理論に走ったんだぞ。俺はお前にそうしてほしくない。お前は実験をとるのか、理論をとるのかどっちなんだ。もし理論をしたいのなら、お前は首だ。You are fired!いいか、わかったか!」

とまあ、それで俺は

「じゃあ、ソリトン実験は興味あったが、これまでずっと理論やってきたし、理論を取ります」

といってクビになった。

すると、暫くしてビル・サザーランドの研究室の前を通過中、突然ドアが開き、ビルがこっちをみて、

「カズモト、もし良かったら俺と仕事しないか?俺で良ければ指導教官になってやるぞ」

と声をかけられた、それで俺は

「きた〜〜、お願いしま〜〜す」

という感じでビルに弟子入りしたわけだった。


このビル
a0348309_11322797.jpg
もすでに何度かノーベル賞候補になっている。たぶん、いつの日かとるのではないかナ。もしテーマが量子可積分系に来たときにはナ。


この時代、甲元先生がショー・チャン・ザンを招いて、ノーベル賞のシュリーファーといっしょにやっている高温超伝導の講演をした。その夕、いっしょに飯でもどうと甲元先生に誘われて、ソルトレーク郊外にある寿司店でいっしょに寿司を食いながら、いろいろ話すことができた。

この彼の師匠のシュリーファーは後に交通事故を起こして人を殺してしまい、刑務所入りしてしまうのだが、このショー・チャン・ザン博士
a0348309_11293956.jpg
は、いまではトポロジカル絶縁体でノーベル賞候補No.1になっている。

ところで、この頃のユタ大の物理の教授研究室の配置は、ビル・サザーランド、甲元、ヨン-シー・ウー(Yong-Shi Wu)
a0348309_11344173.jpg
と隣接していた。

俺はこのあたりをいつもうろついていたんだが、今思えば、ノーベル賞空間だったかもしれない。それほど最先端の研究をやっていたんだヨ。

おれは見えない幽霊のようなもので、まったくまだ仕事らしい仕事がなかったから、そういうものだ。

そうそう、たった一つだけ、ユタに行って最初のサンクスギビングの日に思いついた甲元ーカダノフータンの理論を光学系に使うという問題である。これはアメリカに行くずっと前に日本で失業している頃、気晴らしに行っていたプールの水面を見ていて気がついたものだった。

それを最初すぐに甲元先生に話に行くと、留守だったから、隣の部屋のビル・サザーランドにまだ英語もろくに話せない俺が、

「こんなアイデアを思いついたんですが、」

というと、

「じゃ、そのホワイトボード使って話してみろよ」

ってサザーランドが聞いてくれたのだった。そして、

「ふ〜〜ん、これは面白い」

ということになり、

「じゃあ、後でマヒートーに話しておくからネ、ば〜〜い」

という按配だった。

翌週、サンクスギビングデイが終わって物理の廊下を歩いていると、

「井口さん、あのアイデア面白いよ。僕やっていい??」

「じゃあ、どうぞ。ぜひやってください」

って追いう感じで、しばらく俺はすっかり忘れていると、甲元先生からプレプリを渡されたんだ。

これが俺の名前がついた最初のPhys Rev Lettの論文だった。それがこれだった。
Localization of optics: Quasiperiodic media
Mahito Kohmoto, Bill Sutherland, and K. Iguchi
Phys. Rev. Lett. 58, 2436 – Published 8 June 1987

今思えば、K. Iguchiではなく、Kazumoto Iguchiですと訂正しておけばよかったかなと思っている。これを見た人の大半は別のK. Iguchi(Kei Iguchi)さんと間違えるからだ。


これは光が局在化する話だから、甲元先生はまだノーベル賞のチャンスはあるのだ。

「光の局在化」という現象を最初に発見した論文の1つであるからだ。


さて、こうして甲元先生は東大に去るそのちょっと直前のたしか1988年の春のある時、数学インテリというアメリカの数学雑誌の記事をビルが俺にくれた。キャロライン・シリーズという女性数学者の論文だったが、これが実に俺にはお面白かった。

というのは、無理数をいかに分類するかという数学の問題をある種の数学的方法を使ってやるのだが、その数学が甲元先生のトレース・マップとそっくりだったからだ。

これを初夏頃まで俺は隣にある数学部の図書室の虫、ゴキブリとなって、連日そこで文献を調べ尽くした。すると、この手の数学はかのドイツの大帝と呼ばれた大数学者フェリックス・クラインまで遡ることを見つけたのだ。

そして、夏前にはいろいろ細かい手計算を続けて、毎日毎日、

AがABに変わって、BがAに変わる。A→AB, B→Aというようなシンボル計算と、分数や無理数との関係を構築しようとしたわけだ。

そしてついに初夏の頃、その一般化を確信してビル・サザーランドの所へ持っていった。

「インプレッシブ、これ論文にしていいよ」

ってPhDのゴーサインが出た。

それから、すぐに論文にしてPhys Rev Lettに投稿するわけだ。が、この後の顛末がこれだった。

In My Memory of Leo Kadanoff:私の記憶のレオ・カダノフ→ユダヤ人を垣間見た!?


これで俺は相当にがっくり来て、それならということで、1年かけてじっくり数値計算もしてもっとしっかりした論文にしようと頑張る結果になったわけだ。

この遅れで、PhD Thesisの方が引用論文より先に出来上がる結果になった。普通とは後先になったのだ。これがアメリカで職を得る際の不便になった。

結局、ポスドクを得ることなく帰国したのである。


ところで、この頃、ちょうど今の奥さんと初めてユタで出会ったのである。当時旅行者だった。

たまたま姉妹で旅行しているとき、なにせ当時はバブル全盛期、世界のどこにも日本の女の子たちが闊歩した時代である。ユタも例外ではない。

「これからジョギングに行くけど、いっしょにどうですか?」
「いいよ」

それでソルトレークのシュガーハウス公園で三人でジョギングして、それからデートするようになったわけだ。

その時私が物理の話をすると、「AがAB、BがA〜〜」って言っていたからそれが「エビがエビが。。。」と聞こえたらしい。

とまあ、1988年は私にとって実に実り多き年だった。
ユタの出会い-1988年
ユタの再々会-1990年

その頃の論文がこれ。
Kazumoto Iguchi, "Theory of Quasiperiodic Lattices I: The Scaling Transformation for a Quasiperiodic Lattice" Phys. Rev. B43, 5915-5918 ( 1991).

Kazumoto Iguchi, "Theory of Quasiperiodic Lattices II: The Generic Trace Map and Invariant Surface"
Phys. Rev. B43, 5919-5923 (1991).
Kazumoto Iguchi, "Exact Wave Functions of an Electron on a Quasiperiodic Lattice: Definition of an Infinite-Dimensional Riemann Theta Function", J. Math. Phys. 33, 3938-3947 (1992).
Kazumoto Iguchi, "Optical Property of a Quasiperiodic Multilayer", Mater. Sci. Eng. B15, L13-L17 (1992)
(公表は大分遅れることになった)


あれからほぼ30年。


ノーベル賞は確実だと俺が思っていた甲元先生もまた、41番目の席に座らされてしまった。

これはかなりアンフェアであると思うヨ。

大分前置きが長くなってしまったが、この辺のことをかつて1989年に甲元先生自らが語った言葉がある。以下のものである。

物性研に着任して 甲元眞人

その当時、よく外からKadanoffをたづねて来た人に会って話をしてましたが、 私自身Chicagoを離れた事なく、アメリカでの物理界の様子や自分に対する評価は余りわかりませんでした。 ですから、Washington大学にいたThoulessがPostdocの「職を作って読んでくれた時は、非常に嬉しかった事を憶えています。 ですから、Washington大学にいたThouless
a0348309_1222462.jpg

と一緒に仕事をする事は(少なくとも当時の私にとっては) 非常に難しい事でした。 最初は二次元周期系に磁場がかかった時の電子スペクトルが奇妙になり、cantor集合になるとい うような事に関連する問題を始めました。 しばらくやっているうちに、当時のもっとも話題になっていた量子ホール効果と関連づけする事ができると 思い、そのアイディアを彼に話しました。

ところが「そんなことはtrivialだ」と言われ、すっかりやる気をなくしました。 後になってこのアイディアはTKNNとかThouless et al.とかよばれる論文になるのですが、この間の 事情は今でも釈然としない思いがあります。 そんな訳で、一年足らずのうちに、Ilinois大学移りました。

ところが、それ以降の私の研究の多くはWashington大学時代に考えていた事に基づいています。 Thoulessとは短い期間にしか一緒にいませんでしたし、それほど密接に議論した訳ではないのに、非常に大きな影響を受けたのには自分でも、不思議に思います。Ilinois大学に移ってからは、 Chicagoが近かったので、またよくKadanoffの所へ行きました。私は準周期系の電子状態に興味を持っており、また彼も準周期軌道からのカオスの発生に関する仕事をしてましたので、議論の中から、繰り込み群的な考えを電子状態の問題へ導入するアイディアが出てきました。 その他Illinoisでは、周期系の量子ホール効果がトポロジカルな不変量として現わせる事をきちんと示しました。

実はこの話は、ユタ大のカフェや甲元先生の家に招かれたとき、私も聞いたことのある話だった。

要するに、一言で言えば、サウレスは最初甲元先生のトポロジーの話を理解できなかった。斬新過ぎたのだ。

ちなみに、コスタリッツーサウレスの相転移の話は、甲元先生のトポロジーの話とはかなり違い、同じ二次元系でも結晶の中の転位とか欠陥とか、そういう物質に見える幾何学的トポロジーの熱力学の問題であって、一方の甲元先生の方は、量子力学的な波動関数に関わる量子的トポロジーの問題なのである。

2次元の統計力学は1次元の量子力学と等価にできるから、もちろん数学上は両者は関係付けられる。しかし、本質的にはまったく違うのである。

それを、サウレスは「自明だ」といって、拒絶した。にもかかわらず、サウレスが少しずつ問題の中身がわかってきて、いっしょに論文に書いたが、その第一著者になった。

それがThouless et alとなって、結局サウレスだけがノーベル賞。

かなりおかしい話ですナ。It's funny business!っていうやつだナ。

ちまたの噂話では、何十年も前からこのサウレスはノーベル賞委員会に手紙を送って、
「あいつがノーベル賞なら俺のほうが先だろう。なんで俺にノーベル賞が来ないんだ」
ってな調子で頑張っていたというのだ。

押しの強いやつが生き延びる。声のでかい奴の意見が通る。


とまあ、科学の世界でも外人の声の大きさに日本人は負ける。


きっと釈然としないTKNN論文でサウレスがノーベル賞をとって、ますます甲元先生は釈然としないにちがいない。

それにしてもあとからノーベル賞を評価した解説を書く人、今回は押川君だが、こういう人はもういつも同じパターンにハマる。
a0348309_13352557.jpg
(左から大栗、ハルデン、押川)

2016年ノーベル物理学賞「トポロジカル相転移と、物質のトポロジカル相の発見」(自分の師匠がノーベル賞取り損なったのをクレームつけずに、敵を讃えてどうする?恩知らずか?)
つまり、ノーベル賞委員会の選考理由を正当化する方に働くのである。

しかし、評価はフェアで厳しくしないといけない。

量子ホール効果に関しては何であれ、一番最初にそういう実験をしたのは学習院大学の川路先生だ。そして、それに最初に久保公式を見事に使って理論化に成功したのは安藤先生だ。同様に最初に量子ホール効果をトポロジー効果だと考えたのは甲元先生だ。ちなみに、最初に量子ホール効果の理論に組紐群のブレイド群を持ち込んだのも甲元先生とWu先生だ。

この事実を無視してはならない。

ノーベル賞はある時は先駆者を拾い、ある時は完成者を拾い、またある時は、発展者を拾い、要するに一貫性がないのだ。第一発見者なら第一発見者。物事の完成者なら完成者。しっかり定義しないとフェアではない結果になる。

高温超電導のミュラーとベッドノーツは単に最初に作っただけで、それが高温超電導だと最初に示したのは、日本の氷上先生とアメリカのチュー博士だ。だが、この時は、作っただけの2人に行った。おまけに作っただけの2人に実験で高温超電導だと示したのは、そこで働いていた高成さんだったか、日本人だった。

整数量子ホール効果では、第一発見者で世界にこの現象を広めた川路先生が無視され、それを精密測定しただけのフォン・クリッティングだけが受賞した。

ようするに、ノーベル賞はダブル・スタンダード、トリプル・スタンダードなんですナ。いい加減なんだ。ご都合主義なんだ。

まあ、サウレスは俺が職くれてやったんだから、その成果は俺のものだっていう調子だったんだろうナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-10-18 12:55 | 個人メモ

今日は俺の生誕60年:還暦祝いの「た・わ・ご・と」一発!:いかに生命体を計算するか?   

うそこメーカーで発見:「人類愛100%」の愛の男!

a0348309_1328916.gif

うそこメーカー「脳内メーカー
ジョーク一発「脳内メーカー」で見る政治家の「脳内イメージ」1:まず政権与党から


みなさん、こんにちは。


私は個人的には、
13日の金曜日
が好きである。特に悪い印象を持たない。

というのは、今日が私の生誕60回目の誕生日だからである。いわゆる還暦だが、この20年というものまったく心身にあまり変化を感じない。

いまだに朝に勃起もすれば、精子も枯渇していない。

冗談はよしこさん。


そんなわけで、今日は誕生日で気分のいいので、いつもとは違ったことをメモしておきたい。


この60歳になるちょうど10年ほど前、私は一切研究テーマとして物理をしないことに決め、生物の基本原理を見つけることに挑戦してきた。

もちろん、基本的な数学や物理科学の理論は使うわけだが、つまり、使えるものはなんでも使うのだが、そういう道具立てはともかくとして、どうして非生命体と同じ物質原子を使っているのに生命体が生命現象を起こせるのか?その謎に挑戦してきたわけだ。

最初の5年はまったく手がかりがつかめなかった。

この5年は、主に、九州大学の巌佐庸博士の教科書
生命の数理
a0348309_14203840.jpg
を真面目に全問解きながら、現代生命理論の大筋を理解することに努めた。

ここで、面白いことに、そこで巌佐先生は、ポントリャーギンの最適制御理論およびベルマンの最適制御理論を生物へ応用していたことである。

このあたりのことは、拙著の
ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ 上 忘れられたフリーエネルギーのシンプルな原理(超☆わくわく)
a0348309_12304424.jpg
の最後に書いた。

それから、ポントリャーギンの最大原理やベルマンの最適性原理の勉強を始め、たくさんの教科書を勉強し、この工学のこの分野の大体のところを理解した。工学だからマクロ理論である。

こうして、最初の数年+2〜3年=7〜8年経って、やるべき理論の方向が少しわかってきたのである。

そんなわけで、統計力学にポントリャーギンの最大原理やベルマンの最適性原理を導入していけば、おそらく非線形非可逆過程の熱力学が作れるだろうと予想して、これに集中していたわけである。

そして、それを一応英文の論文形式に直して、私のサイトに貼り付けた。
"Theory of Non-equilibrium Thermodynamics in the Optimal Control Processes
Part I: Mathematical Formulation
", ver.9 (Feb.26, 2014).

"Theory of Non-equilibrium Thermodynamics in the Optimal Control Processes
Part II: Physical Apprpoaches to the Pontryagin's Maximum Principle
", ver.4 (12 Mar 2014).

だから、だれがどれほど読んでいるかはわからない。


そうして、これを化学反応系に特化した論文を書いている頃、その理論に確率論を取り入れる保江邦夫先制の理論との接点を考えていた頃、一柳正和先生(故人)の
不可逆過程の物理
a0348309_124565.jpg
を知り、それを読んでいくうちに、杉田元宜博士(故人)の存在に気がついたのだった。そこで、この謎の杉田元宜博士の仕事を探索することにした。

ところで、この一柳先生のこの本は、先生が末期がんで入院中のベッドの上でご執筆されたといういわくつきの遺作である。

だから、どの項目、どのセクションもかなり不完全な記述が目立ち、批評された人たちからの評判はあまり良くなかったようだ。しかし、死の最後まで理論物理、および我が国の統計力学理論の歴史変遷に対して執念の執筆をなされた心意気にはとても感謝したい。

したがって、当然杉田元宜博士への記述も誤解に満ち満ちた不完全なものだった。もちろん、あとでわかったことだが。

そこで、インターネットで杉田元宜博士の業績を昨年の春頃検索すると、ほんの2,3のものしかなく、難儀を努めたのである。アマゾンでもわずかの本しか検索できなかった。

最近では、私の著作やこのブログでの話題として杉田先生の名前を頻繁に出した頃から、インターネットにもアマゾンにもおよびグーグルスカラーにも多くの杉田先生のご研究や著作が最初に出てくるようになっている。

まあ、自分でいうのもなんだが、これはひとえに私の努力のかいあってのことである。


こうして、杉田先生の論文を調べると、これまた驚くことに杉田先生は、ほとんど日本語で論文を書き残していたのである。

先生は、戦前戦中に理論物理を日本で行っていたから、また特に戦争に重なっていたために海外留学や海外渡航の難しい時代に重なってしまっていたのである。

戦前はドイツ語で我が国の数物学会誌に出版し、戦後は英語で出したのだが、我が国は戦前はドイツ語が第一外国語、戦後は英語が第一外国語と大変化した。だから、先生のドイツ語の論文(これは杉田先生に限ったことではないが)は戦後の日本の学者からはまったく読まれた形跡がない。まったく引用がないからである。

杉田元宜博士は、戦時中の太平洋戦争末期に病気になり、病床にいた。その時代に熱力学の教科書を1冊したためた。それが、私が結局1人で再販することになった
熱力学新講 ‐杉田の熱力学
a0348309_1302384.jpg
である。

この本の出版にあたり、もちろん私は当時の出版者であった地人書館にも再販の勧めをしたのだが、すでに地人書館ですら、戦時中の本に関する興味がない。当時の関係者もすでに死んでいて、何十年も昔の本を処理できるものがいない。著作権の幽霊、あるいは、著作権の迷子になっている始末で、結局再販するならご自分でご自由にというご好意で、私が小さい出版社(太陽書房)から出版したのである。

また、この本の次作であるものが、戦後に出版された
過渡的現象の熱力学 ‐生物体の熱力学の構築に向けて
a0348309_1373273.jpg
である。

この本は岩波書店から出版されたが、これ同様に(実際にはこちらが最初だったが)岩波の著作権の迷子になっていた。

「著作権の迷子」とは、著作権保持者およびその子孫や親族の所在が行方不明になり、だれが現時点で著作権を受け継いでいるのかわからないものをいう。

我が国では、法律改正がないため、ちょっと昔や何十年も前の著作権もしっかり生きていて、再販するにも再販できないものが多いのだ。

よく我が国の物理学専攻の学者や学生が、「この本は良いからぜひ再販して欲しい」というような希望を出版社に送れば再販できると、まるで小学生のように信じているおバカな連中がいるが、出版業はそういうものではない。

再販するには著作権ホルダーに許可を取らなければならない。これに非常に時間がかかるのである。多くの場合は著作権の迷子状態で、ほぼ不可能となる。

この困難に日に油を注ぐ結果になるのが、「個人情報保護法案」である。

この法律のために、もし著作者が死去した場合、その著作権ホルダーである遺族や親族を見つけなければならないが、その遺族探しの時点でこの法律が障害になるのである。「個人情報保護」として、出版社も大学も親族の住所や指名や連絡場所を教えてくれないのである。

その昔、我々が学生だった頃のように、出版社に電話したらすぐに著作者の家に電話できたという時代とは雲泥の差があるのである。

結局、杉田博士の親族探しがほぼ不可能となり、諦めたとき、どこからともなく救いの手が差し伸べられた。埼玉県の宝城寺の住職の奥さんだった方が、お墓の関係から寺の専属顧問弁護士を通じて住所を探してくれたのだった。これなくして著作権や再販許可が得られなかった。

ところで、一方、アメリカにも同じような問題があったはずである。そのアメリカはどうしたか?

これはネルソンの本
ブラウン運動の動力学理論
a0348309_13195721.jpg
を再販するときにその著作権者に許可してもらうために連絡したときにわかったことである。

この本のアメリカの出版社によると、全米では、
1970年以前の著作の出版権はちゃら。つまり、自動的に無効。

つまり、1970年以前(〜1969)の本の場合は、著作権ホルダーが著作権を再申請しない限り著作権は無効=フリーになる。

こういうやり方だった。実に賢いやり方だ。

この法律のお陰で、アメリカではドーバーとか、幾多の古典本が復活可能となったのである。古典を複写印刷すれば、だれでも再販できるのである。

このせいで、私はネルソンの本の翻訳はご自由にどうぞという許可がおりた。

ところで、逆に著作者がつかまらず(見つからず)に翻訳許可を得られない場合もある。私がウィリアム・リン博士の「オカルト・エーテル物理」の本をすでに日本語訳しているが、その著者の居場所がどうしてもわからないために、この本がいまだにペンディング(宙ぶらりん)状態なのである。もう2年もペンディングである。

さて、話を生命論に戻すと、こうして杉田元宜博士の生前の研究を学ぶと、私の最大原理の非平衡系への応用の研究と本質的に同じであることわかり、私は大いに勇気づけられた。私より70年以上も前に杉田元宜博士が同じ問題に挑戦していたわけだ。しかし、その当時やそれ以後の我が国の理論物理学者たちからは冷笑されっぱなしだった。

そこで、その歴史を変えるべく、特に海外の人に杉田元宜博士の思想を知って欲しいために、英語論文を書くことにした。これが昨年の初夏である。大半は阿南の海、中林海岸の小屋で海を眺めながら、涼しい風の中で書き上げたものである。
Motoyosi Sugita—A “Widely Unknown” Japanese Thermodynamicist Who Explored the 4th Law of Thermodynamics for Creation of the Theory of Life

この論文は海外から意外な反響があった。これを本にしたい。同じような解説を書け。国際学会で話せ。などさまざまなものがいくつも来た。が、私はすべてお断りしている。めんどくさい。僅かに神戸大のセミナーで話したのみ。

こうして、生命現象へ熱力学を応用していく新しい方向性は明確にわかったのだ。

そこで、私は
今一度生命を洗濯致し候
というわけで、生命の勉強を始めた。この方向で一番よろしいものは、丸山圭蔵博士の教科書だった。
生命―永遠を志向するもの
a0348309_1340166.jpg

生命とは何か
a0348309_13402988.jpg

丸山圭蔵博士は京都大学の生物学者で、特に電子顕微鏡で徹底的に生命の内部を観察した研究者である。
生物学者にはたくさんの丸山さんがいて、丸山ワクチンの丸山さんではない。丸山工作さんでもない。

これらの本は一貫して、現実の「生命体」を内部構造から代謝、エネルギー構造などすべてをつぶさにまとめていることである。

私はこの本で何を学びたかったかというと、それは
世界最小の生命体はなんだ?
ということである。

おもしろいのは、この私の問題意識とまったく同じ問題意識でこの本が書かれていたということである。

つまり、丸山圭蔵博士は何が最小生命かと言っているかというと、
マイコプラズマ
だったのだ。

マイコプラズマこそ世界最小の原形質膜を持つ、つまり、一つの系としての区分を持つ生命体なのである。

ウィルスは自己複製できないから、最小生命体ではない。寄生体である。

したがって、マイコプラズマの全活動を理論化できれば、生命原理が分かったことになる。

というわけで、最近こういうテーマで研究しているものがいないか調べたら、それがクレッグ・ヴェンターだったというわけだ。
ヴェンター博士「マイコプラズマのサイボーグを作りだす!」:俺「生命の水素原子はマイコプラズマか?」

ヴェンター一派は実験家だから、マイコプラズマの人工合成に興味がある。しかし、世界最小の生命体という観点では一致していたわけである。

彼らは、現存のマイコプラズマの遺伝子をどこまで削れば生きていられないか、自己複製できなくなるかを調べたのである。そうして、最小のマイコプラズマのタンパク質の数を見つけたのである。

約300〜480個。

面白いのが、実は、上の丸山圭蔵博士は、もしマイコプラズマの構造を生み出し、生命活動するために必要な最小の遺伝子数やタンパク質の数がいくつかであるのか、を理論的に大まかな見積もりとしてすでに出していたことである。

約280個。

これが、ヴェンターの研究とほぼ一致していたのである。

だから、タンパク質300個程度をコードし、それ以外にt-RNA, m-RNA, r-RNA, i-RNAなどをコードするするDNAを持つシステムの理論ができれば、マイコプラズマの生命活動が計算可能となるはずなのである。

生命では1個のタンパク質が1個の化学反応の触媒になる。

というわけで、1個のマイコプラズマの生命活動は、せいぜい数百次元の連立微分方程式で表されるのである。500次元は多いが、有限である。たぶん経済学の方がもっと難しい連立微分方程式を使うのではなかろうか。

こうして、マイコプラズマの1個の生命現象を表す方向性が分かったわけだ。

ところが、こうしてみると、世の中には真の天才がいる。

かれこれ70年前の杉田元宜先生の時代のアメリカに、Heinmetsというスタインメッツに似た響きの名前を持つ理論生物学者が米海軍にいた。まだコンピュータこと電子計算機のない時代である。

このハインメッツは、当時最先端のアナログコンピュータ技術を駆使して、生命の原子である細胞の活動を19個の変数の連立微分方程式として記述し、その理論計算をしていたのである。
Analysis of Normal and Abnormal Cell Growth: Model-System Formulations and Analog Computer Studies
a0348309_1431377.jpg
この本のように、アメリカでは1970年以前の本の著作権は強制終了されたために、こうして現代的な再販が可能なのだ

この70年前のハインメッツの研究において、彼は、どういう場合に細胞が癌化するかとか、そういうさまざまの状況を計算していたのである。

あまりに時代が早すぎ、杉田先生以外にあまりこの研究を評価した人はいない。


というようなわけで、1個の細胞を微分方程式化し、そこにポントリャーギンの最大原理を用い、計算できるという可能性がいよいよ出てきたわけである。


これが私のこの10年の研究の成果である。


しかしながら、俺にはこれを実現するスーパーコンピュータもなければ、金も研究室もない。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
こうして10年を振り返ると、俺は物理をしない、生命の研究をするといって始めたのだったが、最近は最終的に再び生命現象のミクロの肝を探していくうちに、やはり最後の最後は物理ではないか、という気がしてきたのである。

というのは、生命現象でいくたの化学反応で物質を作り出したとしても、それが「自己複製」あるいは「自己集合」しなければ、生命体のパーツがつくれない。自己複製よりむしろ自己凝集、あるいは、自己集合の方が大事なのではないかと思う今日このごろである。

この自己集合というのは、タンパク質の折りたたみ、あるいは、ウィルスをいったんバラバラにしてもすぐに元の形に戻る、あるいは、リボソームをばらばらにしてもまた元の構造が再現できるというような現象があり、こういうものがないと、生命体が作れない。

つまり、人の手を借りずに自分で形を作り出す能力こそ生命の七不思議の最大の謎である。

これはおそらく物理現象である。

というわけで、生命は物理を超えているが、その究極はやはり物理なのである。

生命現象の「見えざる手」、これをいかに考えるかに生命を解く鍵がある。

これならスーパーコンピュータのない私でもなんとかできそうだ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-10-13 14:15 | 個人メモ

世界に一つだけの花:「ロスチャイルドやロックフェラーやモンサントは間違っている!」   

世界に一つだけの花 - SMAP


みなさん、こんにちは。


今回はまったく個人的エッセイであり、普通の人には無関係だからスルーを。



昨日はヒカルランドの最新UFO本のことを書いたが、英仏独ロスチャイルド家にしても、米ロックフェラー家にしても、米デュポン家にしても、コッホ家にしても、どこでもそうだが、やはり
強いものにはまかれろ
なのだろうか?

いくらエイリアンが賢い、頭がいい、強いといえども、そいつにUFOの科学技術を教えてもらおうとか、リバースエンジニアリングだとか、

なんか陳腐なんだよナア。

どうして自分の頭でその答えを見つけないのか?
どうして自分で考え出さないのか?

どこぞの塾へ行って答えを教えてもらって、その力で東大合格。

こういうのとまったく変わらない。

有名塾や有名私学にたよらず、自力でやれよ。

とまあ、俺個人はいつもそう思うわけだ。

他力本願ではなく、自力本願でいくべきだ。

という、東西本願寺もあるように、我が国には本願というちゃんとした言葉まであるわけですナ。

時間はかかるかもしれないが、自力でやっていけばいずれ答えにたどり着くこともある。


さてそこで、この自力で答えにたどり着くというやり方に何がベストか?

王道はあるのか?


苦節60年の科学者人生の経験からしていうと、

イエス

である。


学問には王道はないが、本当の真理にたどり着くためには王道がある。


その王道とは何か?
どうやれば、新発見ができるか?
既存の標準スタンダードな理論を打破できるか?


というと、

すべて逆転する

ということだ。

ネガポジ逆転である。

あいつがイエスだといえばノー。あいつが右だといえば左。あいつが上だといえば下。あいつが前だといえば後ろを探す。

こういうふうな精神状態にならないと大発見ができない。


たいていは、みんなが右へ行ったと思うと、自分も右にあとからついていく。

これでは大発見、真理に近づくことができない。


むしろ、みんなとは逆へ行くのである。


東大生や最近のミニ東大化した京大生の何が問題かというと、東大型は常に主流の選ぶ方向へ突き進むという性質を持っていることである。

秀才や天才がみんな東大にいくから自分もいく。

この時点で、もう東大には真の天才も秀才もいないということがわかるわけだ。

真の天才はみんながやらないこと、いかないこと、しないこと、つまり、

東大型の人に対しては、見ざる言わざる聞かざるのようなタイプの人間だということだ。

しかし、この性格だからといって、朝鮮人のようにただのバカでは何もできない。

こういう性格でかつ頭が良くなくてはいけない。忍耐強くなくてはならない。決して火病を起こすようなものであってはならない。

とまあ、こういうことである。


この典型が、青色発光ダイオードを発明した中村修二博士であり、iPS細胞を発明した山中伸哉博士といえるだろう。

大向こうの意見とはことごとく逆方向を探索したのである。

東大京大など名門の人はこういうことはしないし、またできない。定義からして、そういうことができない人間しかいないからだ。


我が国では、この東大型がのさばり、上につくとどうなるか?

というと、自分が努力型だから、そうやって苦労して身につけて今の地位にあるのに、なぜか簡単にそれをやってしまうような人間をみると、すぐに嫌うようになる。そして邪魔をする。妨害工作をする。自分の地位を失わせるような研究はさせたくないとまで考えるようになる。

昨日のヒカルランドのUFO本で何が問題かというと、

ロスチャイルドもロックフェラーも偽ユダヤ人というものは、日本でいうこの東大型なのである。

だから、無名の人が大発明して、石油のいらないエンジンを発明したり、肥料のいらない農業を考え出したり、超能力で宇宙へ行って来たりするような変わった人がたまらなく嫌いらしい。

だから、そういう存在にはレーダー照準で脅すとか、狙撃して殺すらしい。


いや〜〜、痛い。


かつて200年前までは、欧州の王族がやっていたことを、いまは立場が変わってユダヤ人富豪たちがやっているのである。


ババリアユダヤ人であろうが、なかろうが、欧米人の白人系はせいぜい3000年の歴史しか無い。

それと比べると、日本人には何万年もの歴史的遺産が残っている。

紙に記録された歴史だけでも、ゆうに3000年はある。

遺伝子に記録された記録でいえば、何十万年にも遡るだろう。最低でも10万年はある。


歴史が浅いからこそ歴史にこだわる。だから、不利だとなれば、歴史を改ざんする。

支那人や朝鮮人を見れば分かることである。

実在の歴史の古い日本人はわざわざ歴史を改ざんする必要がない。もっとも最近はNHKがしきりに歴史改ざん番組制作して、本来の捏造放送協会ぶりを発揮しているが。


聖書にこだわる。これもまた歴史が浅いことの裏返しである。

本当に聖書どおりなら自分のDNAを調べれば、そこに聖書と一致した内容が書かれているはずなのである。しかし、西洋人の場合はそうはなっていない。矛盾だらけである。化石的史実とも合わない。

DNA、化石、地質学、考古学、こういったすべてと100%合致して、何万年もの歴史が残るのは日本人だけなのである。


この日本人の歴史は、ユダヤ人の表に出る歴史とは違う。むしろ、100%真逆、180度逆である。


ユダヤ人は自分が有名になり、ナンバー1となり、世界にユダヤの力を見せつけようとする。そうやって生き延びる道を選んで来た。

しかし、どうやら我々日本人はその正反対で、自分はオンリー1となって、世界から見えない場所に咲けばいいという道を選んで来たようだ。

ナンバー1よりオンリー1

というやつだ。


たとえば、いまや全世界の人が、我が国の春の桜見物、桃源郷見物、などなど、見物にきて、
日本すごいデスネ
ブームである。
a0348309_17155044.jpg

日本きれいだネ。日本すばらしい。

こういうふうに反応するのは結構だが、いまの日本の山や森の一本として、河川の1つとしてかつて人の手の加えられていないものはないのである。

上野の桜はだれかが昔そこにその桜を植えたからこそいまそこに咲くのである。

山の杉の樹は、昔だれかが植えたからいまは花粉症の原因になっている。

道路のアスファルトもまたそうだ。だれかがそこに舗装工事をしからそこにアスファルトの道路がある。


要するに、外人が驚いて、きれいな自然だと思うものは自然に育ったものではない。だれかがそこに植えたからそこに存在しているものなのである。

富士登山もそうだ。昔だれかがそこに階段や登山道を作ってくれたから、いま外人でも難無く登れるのだ。

じゃあ、ユダヤ人なら、その道はアンシュタインの道と呼ぼうとなるだろう。

この道路はユダヤ人のレーニン通りにしよう。スターリントンネルにしよう。

そういうことになるだろう。

そうやって自分の同胞の名誉をかさに、それを自分に被せる。

まさにそれと同じことを朝鮮人も支那人もやっている。


しかし、日本人は自分が作ったものでも、無名であることを望んで来た。まるで自然にそこにあるかのようにみせたがるのである。

富士の登山道はまるで自然にできたかのように見せたがる。作った自分の労苦などもはやどうでも良い。

たいしたことをしてもノーベル賞で自分が日本人ノーベル賞学者だなどと威張る必要はない。そういうことに美学を求めないのである。

根粒細菌の血液を発見した久保秀雄博士もそうだった。自分が日本で抗生物質の工業化に成功しようがそんなことはおかまい無しだ。

一方、歴史の浅いユダヤ人は、まあ、西洋人の中では歴史が古い方だとしても、何とかして何にでも自分の功績を残して生き残りを計る。イグノーベル賞まで作る。


はたして何でも自分の名を残そう、有名、にしたいという民族と、何でも自分の名などどうでもいい、無名、でいようとする日本人とどちらがいいか?

むろん、後者だろう。


あとから来る人にとって、何のへんてつもないどこにもありそうなアインシュタイン道路なんていうことより、美しい桜の方が大事なんだ。
The most beautiful wisteria in the world あしかがフラワーパークのフジ Ashikaga Flower Garden
(すべて“だれか”が植えたものだ)

(すべて“だれか”が植えたものだ)



私が言いたいこと、最近感じることはこういうことですナ。

あとで美しいと分かることになるなら、そのためには無名で良いからオンリー1になって、将来のために何かわずかに1本でも良いから木を植える。こういうふうなことをすることだ。


決してロスチャイルドやロックフェラーやモンサントやデゥポンのような人間になってはいけない。

世界のためになる人を見たら殺すとか。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-15 17:05 | 個人メモ

13歳になったヤスミンヤマシタさん発見!:ちょっと大人になった歌声!   

みなさん、こんにちは。

ブラジルの天才少女、日系4世のヤスミン山下ちゃん(当時)の登場は衝撃だった。

ヤスミン・ヤマシタ( 9 )

感動 泣ける 動画 天使の歌声 少女 ブラジルの番組で歌いました 愛は花 君はその種


最近はどうしているのかなと思いきや、元気でブラジルの日本音楽祭に登場。

そればかりか、新曲も歌っていた。

そんなわけで、いよいよ大人になりかかったヤスミンちゃんの歌声をメモしておこう。以下のものである。

a0348309_19544712.png

Yasmin Yamashita (山下ヤスミン)ちゃん 「愛のうた」 2016/9/17


Yasmin Yamashita (山下ヤスミン)ちゃん 「愛燦燦」 2016/9/17


Yasmin Yamashita - Te no Hira ni Saita Hana



いや〜〜、順調にブラジルの「美空ひばり」に向かっているようですナ。


頑張れ、ヤスミン山下さん!





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-18 19:55 | 個人メモ

相田みつを「にんげんだもの」:こころの琴線に触れる言葉の数々!   


a0348309_16163632.jpg

A road
A road should be made by myself.
A road should be opened by myself.
The roads made by others are not mine.


私がここ阿南に住むようになってから20年経ったが、その最初の頃にできたミスタードナッツ阿南店がついに閉店となってしまった。もうかれこれ20年は週に何回か通って仕事しに行っていたから、歴代のアルバイターや店員さんの顔を覚えている。最近のニコラ・テスラの本の翻訳や校正は全部ミスドの広いカウンター席のテーブルに広げて行ったものである。

いやはや、今後どこで本や論文の執筆校正をすればいいものか?

というわけで、顔見知りの店員さんたちに最後の様子見の挨拶に朝から行っていたわけである。それでいつもなら午前中にここにメモするものが今になってしまったというわけだ。


さて、最近我が家の我々の部屋にある標語のようなものに目が止まった。たまたま奥さんがどこかから昔もらったものを見つけて飾っておいたようだ。

それが、こんな標語というか、言葉が書かれた短冊のようなものである。
こころの暦
a0348309_16244066.jpg


どうやら「こころの暦」とある。

著者は相田みつをさん。

中を覗くと、実に興味深い言葉の数々。

言葉には番号がついている。例えば、19番の言葉はこれだ。
19
a0348309_16272631.jpg

Being alive, being able to work, being before sunset


20番はこんなやつ。

20
a0348309_16304263.jpg

A water main pipe, a drainpipe under the tall building,
the important things never appear on the surface.


19は奥さんの好きなやつ、20は俺が好きなやつ。

26番はこんなもの。

26
a0348309_16355945.jpg

Ukemi
The basic skill of Judo is ukemi.
Ukemi is a practice of falling down; a practice for loosing a match;
a practice becoming shameful in front of people.


とまあ、こんな感じの言葉が次から次にある。

というわけで、いったいこの相田みつをという御方はどんな人かと調べてみれば、でるわ、でるわ、あるわ、あるわ、たくさんの、ものがあるようだ。

相田みつを
a0348309_16425565.jpg


おまけにこの短冊は
相田みつを美術館
というところで買ったものらしい。


最後に若者にもちょうど良さそうなものもあるから、いくつかメモしておこう。以下のものである。

Happiness is always determined by one's own mind.
a0348309_16444777.jpg


Dreams have to be huge.
The roots have to be in deep.
a0348309_16454348.gif


NWOやシオニストや独占欲の強いお金持ちの皆さん向きの言葉もあった。これだ。


a0348309_16465843.jpg

If we are all stealing things then those are not sufficient.
If we are all sharing things then those are left over.


ところで、上の作品はこんなに大きなものなんですナア。

a0348309_16544081.jpg



こんな方がいたとは?

それをご存じなかった!


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-25 16:55 | 個人メモ

マーデルング・ボーム・高林の量子力学の第五の定式化:量子力学を流体力学と見る方法!   

みなさん、こんにちは。

さて、仕事始め。どんどん行こうか。とはいうもののまずは物理の個人メモだから大半の人には興味ない話だからスルーして欲しい。


昨年の暮に保江先生に論文公表祝をしていただいたあたりから、再び「量子力学の発見物語」というものに興味がわき、今現在では3つ4つの量子力学の等価な定式化が知られているのだが、そういうものをもう一度読み直してみようかという気になったのである。

ところで、量子力学の3つ4つの等価な定式化とはおおよそ以下のものである。
(1)ハイゼンベルクの定式化→行列力学
(2)シュレーディンガーの定式化→シュレーディンガー方程式(ちなみにシュレディンガーではなくシュレーディンガーが正しい表記)
(3)ファインマンの定式化→経路積分
(4)ネルソン・保江の定式化→確率量子化


実はシュレーディンガーがシュレーディンガー方程式を見つけた直後、これをそれまでの古典力学の流体力学の定式化に焼き直した人物がいたのである。

つまり、当時の若者であるパウリやハイゼンベルクやシュレーディンガーやディラックおよびボーアなどの量子力学の発見の興奮に対して、「もしもしお兄さんたち、あまり興奮しないで、冷静に」というような意見の持ち主たちもたくさんいたのである。

これはごく自然なことで、それまではニュートン・オイラー・ラグランジュの力学とマックスウェル・ヘビサイドの電磁気学とナビエ・ストークスの流体力学とレイリーの音響学およびカルノー・ヘルムホルツ・クラウジウスの熱力学およびボルツマン・ギプスの統計力学程度しかなかった時代だから、当時のエキスパートたちは最先端理論物理学と言えばこういうものを指したわけである。

そこにプランクの量子の発見、アインシュタインのブラウン運動と光電効果、そこからボーアの前期量子論とドブロイの物質波の理論来て、ついにハイゼンベルクの量子力学の発見に至り、シュレーディンガー方程式が見つかったわけだ。

だから、当然、新しいものが見つかればそれを復古回帰して、それ以前の理論との整合性やら焼き直しが行われたのである/らしい。どうやらそれをやったのが、ドイツのマーデルング(E. Madelung)博士だった。

マーデルングは、シュレーディンガー方程式の波動関数Ψの振幅と位相を分けて考えて、それぞれの方程式を作ると、それ以前の流体力学の方程式に戻るということを発見したのである。今ではこれをマーデルング方程式と呼ぶ場合もある。

しかしながら、一つだけプランク定数に比例する新しいポテンシャル項がつく。これが量子力学的ポテンシャルと呼ばれ、その後、これを隠れた変数の理論と言う形に拡張したボーム(Bohm)の名を付けてボームポテンシャルと呼ぶこともある。

我が国にはすぐにこういうものを研究したものがいたのだが、それが後に保江邦夫博士の指導教官になることになる高林武彦博士だった。博士はマーデルングとボームのアイデアを電子のスピンに拡張できることを示したのである。

これが量子力学の5番目の定式化に相当する。
(5)マーデルング・ボーム・高林の定式化→流体力学的量子力学



実際、高林武彦博士の論文を最近集めて少しずつ読んだのだが、それらは私が生まれるずっと前の終戦直後の1952年代から始まり、私が生まれた1957年。ちょうど今から60年前にほぼ完成した理論である。まさに還暦の物理学である。

これを読むと、その後1970年代後半から1980年代に渡り保江邦夫博士が精力的に研究した、ネルソン・保江の確率量子化の方法の起源が見えるのである。

イメージ的にごく簡単に言えば、水という流体の中で花粉から出た微粒子が水分子の衝突を受けて右往左往してブラウン運動するように、量子力学の確率場という流体の中で電子が量子力学の確率場のゆらぎを受けて右往左往してブラウン運動するというふうに見直したものが、ネルソン・保江の理論である。

そこで問題になるのは、
量子力学的流体の場合の土台は何か?
ということである。

流体力学の大本の土台は水である。水が流体の最も基本的な構成粒子である。無色透明の水、あるいは、気体の場合なら空気が流体力学の基本粒子ということになる。同様に量子力学を流体力学と等価に扱うとしたら、その構成粒子は何か?ということになるだろう。

エドワード・ネルソンは一応それがエーテルだと考えた。

しかしながら、エーテルはアインシュタインの相対論により追放された。だから、そのかわりに確率場とか、場とか、真空とか別の概念で置き換わったのである。真空のゆらぎとか、場のゆらぎとか、確率ゆらぎとかというふうに言い換えた。

ネルソン・保江理論では、どういうわけか、電子一個がランダム運動するのはこの宇宙に備わる確率のゆらぎのためだということにした。プランク定数をゼロにするとこのゆらぎが消える。

まあ、言い方や言い換えはともかくとして結局は、昔の人がエーテルと呼んだ存在を仮定すれば、量子力学を流体力学的に扱うことも可能なわけである。真空をある種の流体のようなもので満ち満ちていると考え、素粒子はそういう流体の中をうごめく。

こういう見方も可能なわけである。数学的にはいつも等価なのである。

問題はこのエーテルの素性である。

エーテルは電荷を持つのか?
エーテルは何種類あるのか?
はたしてそれは湯川秀樹の素領域のことと見なせるのか?
あるいはペンローズやスモーリンのいうところの極小の泡なのか?
4次元的存在なのか?高次元的存在なのか?
あるいは、中込照明博士の量子モナドのことなのか?


とまあ、こんなふうに疑問が生まれるわけですナ。


さて、高林武彦先生はスピンを二種類の流体が生み出す回転渦であるという理論を作ったのである。ちょうど地球上に高気圧と低気圧があって、その関わりあいが渦(竜巻)を生み出すように、電子のスピンは何か二つの量子流体が出会って渦を作っているようなものだという理論を構築したのである。たとえば、
T. Takabayasi, The Vector Representation of Sipinning Particle in the Quantum Theory, I., Prog. Theor, Phys. 14(4), (1954) 283.


というようなわけで、私自身の個人的印象では、こういう理論に一番似ているのは、L. ランダウの超流動二流体理論のような気がする訳である。ヘリウム原子のようなボーズ凝縮する空間の素(素領域)のようなものがあるのではないか。そこから、ヴォロヴィック(G. E. Volovik)の言うように、ほとんどすべての物理の標準理論が導かれるのではないか。

この意味ではやはりアインシュタインは間違っているのである。もっと正確に言えば、アインシュタインの相対論は間違っているのである。むしろアインシュタインはエーテルを放棄するのではなく、エーテル中のブラウン運動を考えるべきだったのだろう。そうすれば、量子力学のシュレーディンガー方程式を導けたはずなのである。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-05 09:52 | 個人メモ

今年最も記憶に残った出来事やお話は!?:桜井誠、武田鉄矢、鹿島アントラーズ   

日の丸
a0348309_18473123.jpg

a0348309_16364662.png


ある男たちが時代を変える。
たった一人の男があらゆる時代の歴史を変えた!




みなさん、こんにちは。

さて、もう年末も年末、もうすぐお晦日、そして新年。2017年になる。来年は酉年。私の年である。

そんな年末はやはり今年新ブログ2になって以来、もっとも素晴らしいと感じたもの、そういう話をメモしておこう。

基本的には3つ。

1つ目は、日本第一党党首になった桜井誠氏。そしてその演説のうまさである。そして混迷する我が国の政治にあって、一筋の光明が差した気がしたのである。

2つ目は、あの早朝の「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」。武田鉄矢さんと水谷加奈さんの会話の面白さである。この今朝の三枚おろしのYouTube番組があることを知ったのはラッキーだった。非常に勉強になった。

3つ目は、我が国のサッカーが世界に通用することを証明した、石井監督率いる鹿島アントラーズの衝撃である。神様ジーコが生み出し、そして「友達なら当たり前〜〜」のアルシンド、ビスマルク、サントスなどのブラジル人助っ人たちがアマチュアリズムに毒された我が国のサッカー選手たちに、プロの闘魂注入したアントラーズが無駄ではなかったことを証明してくれたことだった。

これらの人々の努力を祝して、ここにメモしておきたいと思う。


(あ)「7月30日は日本人の”魂”の独立記念日である!」
桜井誠・都知事選・日本一( 33 )



『ジャパンファースト』『日本第一主義』『日本第一党』

この観点、ユダヤ、キリスト、イスラム教および共産主義という唯一神信仰や唯物論に根ざした「グローバリゼーション」という陳腐な単色の観点に対するアンチテーゼとして、八百万の神信仰の「ローカリゼーション」こそ、この地球を豊かな色とりどりの文明に変えるのである。

まあ、そのうちユダヤ人やら、バチカンのクリスチャンやら、モスクの人たちも、真実を知る日が来るだろう。

ユダヤ教が偶像崇拝するなというが、唯一神があらゆるものに宿るからこそ統一神であるのであれば、我々が触れるものすべてに神が宿っているわけだから、見かけ上はあらゆるものを偶像崇拝することは唯一神信仰と矛盾するものではないのである。

結局は、宗教はテイクイニシアティブの手段に愚したのであろう。

ところで、最近は保江邦夫博士の盟友親友だった中込照明博士(高知大)の「量子モナド理論」を読み直しているのだが、どうもこの「量子モナド」と湯川秀樹と保江邦夫博士の「素領域の理論」とそしてさらにステファン・ウォルフラムの「新種の科学」のアルゴリズムの世界の話は実に似通っている気がするナア。これについてはいつかメモすることもあるかもしれない。


(い)「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」→目からうろこの数々

さて、今年何よりもの収穫はこの武田鉄矢の三枚おろしの過去の話をYouTubeで聞けることを発見したことだった。YouTubeにあげてくれたたくさんの方々、および原作者のみなさん、そしてそれを三枚におろし続けてくれた武田鉄矢さんに心から感謝したい。どうもありがとうございました!

そんな中でもいくつか名作と呼ぶに相応しいものをメモしておこう。


(a) 柴犬はなぜ可愛いか?→縄文時代から神犬として崇め奉られたからだった!

日本の柴犬はいまでは世界で名だたる名犬になっているらしい。柴犬の流出が止まらない。その理由は、

a0348309_14571052.jpg

柴犬は主人1人にしかなつかない。→日本女性=大和撫子に似ている

からだそうだ。

この柴犬の顔の可愛らしさ、人懐っこさ、それでいて忠君の性質。これらはどこから来たのか?

西洋人にはまったく謎らしい。

実は、これに見事に答えていたのが、武田鉄矢の今朝の三枚おろしのこれだった。

武田鉄矢、縄文時代は人間的で美しい時代だった


武田鉄矢、新事実!?世界の4大文明に匹敵する日本の縄文時代


日本人は犬は神様の使いであって、決して食料ではない。手厚く育てる家族なのである。その伝統がなんと縄文時代前から続いていたのである。犬は飼い主に似るという。だから、日本の犬は顔つきが日本人のように優しくなったのであろう。

支那朝鮮のように犬を虐待し食料として食ってしまう。そういう場所の犬は狼に近い。おのずと顔つきも悪く、危険生物になる。狂犬病が韓国で多いのもそういうことが原因である。お尻に糞の付いた犬を酒に入れて美酒になるなんていう民族と日本人はまったく異なるのである。


(b) 原子力問題の根源とは?

2011年3月11日の東日本大津波地震の直後の3月14日に福島第一原子力発電所が大爆発を起こしたその直後に、武田鉄矢さんは必死で原子力のことを勉強されたようだ。そして考察して出したものがこれだった。

武田鉄矢、本当に原子力を理解している?


私もここで武田鉄矢さんが言っていることに大賛成である。

私はいわゆるパヨク、左翼系の脱原発、反原発、反原子力の運動には組しない。むしろ、こういうものは現実逃避のためにより一層悲惨な結末を迎えると考えている。

将来に放射能除去装置が誕生するまで、あまり内部を外に出さずに、封じ込めておくべきであり、その間は使えるものは使うべきなのである。

また、逆に原子炉を持つことで、敵国が我が国に侵入する場合には、我が国に侵入したら原発を自爆させるぞと脅しに使うこともできる。こういう意味では、別のタイプの抑止力になるだろう。

小型原子炉、超小型原子炉は、かの木内鶴彦さんが何回目かの臨死体験で見てきた未来の大発明であったし、ポール・ブラウン博士の共鳴原子力電池も、むしろ放射性崩壊を電力に無害な方法で引き出す発明である。(ポール・ブラウンでブログ1内検索)

ところで、今回理化学研究所の113番目の元素に「ニホニウム」という名が使われたことも、「311で福島原発爆破事故」と見事に符合していることからして、やはり欧米の原子力マフィアが関与したことを物語っていると俺は感じるわけである。

ちなみに、このニホニウムを発見した森田さんはなにか見覚えがあると思っていたところ、私と同じ年であり、私が理研にいた頃、クリスマスパーティーなどでよく顔を見かけた人である。かなり時代遅れな地味な研究をしているという印象しかなかったが、それがようやく実を結んだということだろう。

2004年の発見ということだから、やはり2011年の311より7年も前からその業界では良くしられていたことになる。ニホン、原子力、原子番号といえば、ニホニウム、113という暗示があったのだろう。


(c) 武田鉄矢、現代人は呪いの言葉に縛られている→朝鮮の反日の起源を示している!

武田鉄矢、現代人は呪いの言葉に縛られている


学校では教わらない韓国の歴史 武田鉄矢 黄文雄


この中に「朝鮮」という名の由来、なぜ朝鮮人は天然の反逆反社会人種なのか?そういう疑問に答えている。

結局、最近の我が国の問題は「平成」(=在日朝鮮人が日本を支配完了したという意味)という命名に起源する朝鮮人メンタルが戦後の日本社会の中心に据えられたことに原因があると言えるだろう。

自意識過剰、自分に甘く他人に厳しい振る舞い、自尊心、高慢、こうしたものが社会マスメディアの主流に変わったのである。

知り合いの女性の尻を触れば、マスゴミが騒ぎまくって小さな犯罪者をセクハラで追い詰めて失業させる、その後釜に在日韓国人が侵入する。こういうことは、昔の日本では「色恋の粋の世界」の話として、すらりとかわして済ましたものである。森繁久弥の「社長さんシリーズ」を見れば、「昔は良かった」=「昔の日本人は良かった」ことがよく分かる。
社長洋行記

(海外も昔は日本よりきれいじゃなかったのだろうか?どうしてこんなことになった?)


いずれにせよ、武田鉄矢さんと水谷加奈さんに感謝したい。


(う)鹿島アントラーズの奇跡の快進撃!→和のサッカーが世界最高であることを示した!

やはり2016年はサッカーの世界史で日本男子サッカーが世界の頂点を垣間見た年として記録されるだろう。言うまでもなく、鹿島アントラーズが世界最強の銀河軍団レアル・マドリードと激闘を行ったことである。

鹿島アントラーズの「幻の世界一」!?:サッカー史上最高の試合!?

鹿島アントラーズ VS レアル・マドリード 2-4 ゴールハイライト 決勝 (FIFAクラブワールドカップ) 日本 2016/12/18



鹿島がレアルを追い詰めたワケ【柴崎の素顔】


ついでにテレビバカヒが放映しなかった表彰式の場面もメモしておこう。以下のものである。
レアル・マドリード vs 鹿島アントラーズ 試合終了 〜 試合後の両チーム選手達の様子 - CWC JAPAN 2016 決勝 2016.12.18


レアル・マドリード vs 鹿島アントラーズ 試合後の表彰式 1 - CWC JAPAN 2016 決勝 2016.12.18


いずれにせよ、今回の表彰式の華は着物姿の実に美しい日本女性たち、これだった。
a0348309_1443076.png

a0348309_1443661.png


日本女性たちがこんな着物を着てパリのオペラ座とか、イタリアのスカラ座とかに行くと、スタンディングオベーションになり、写真を撮られまくるらしいですナ。

おそらく誰も見るなと言われていた着物のお嬢さんたちもさすがにCロナウドはちょっと流し目でガン見していたような気がしましたヨ。羨ましいやつだ。


さあ、来年はどんな年になるだろうか?

俺は5回目の酉年、赤いちゃんちゃんこの年だとか、

いやはや世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-12-28 14:48 | 個人メモ

ハワイでAIと遊んだ日々:アップルのSIRI、サムソンのグーグル、アマゾンのアレクサ   

グーグルAIの見た夢
a0348309_8302446.jpg


みなさん、こんにちは。

さて、今回ハワイに久しぶりに行って見てきたこともそろそろ終わりになるが、やはりこの話題を避けて通ることはできないだろう。

それは何か?

といえば、もちろん AI=artificial intelligenceである。

アメリカはインターネットを生み出した先進国。そればかりか、

IBMのタイプライター、ワープロ、
IBMの電子計算機・大型電子計算機(コンピュータ)、
サザーランドクレイのスーパーコンピュータ、
パラレルコンピュータ、
アップルのパーソナルコンピュータ(パソコン)、
アップルのiマック、
アップルのiPhone、

さらには、

KnuthのTeXシステム、
インターネット、ブラウザ、電子メール、暗号
DNA計算機、量子計算機

などなど。

つまり、コンピュータのハードから始まり、ソフトウェア、そしてさらなる最先端技術に至るまですべてアメリカで発明されたのである。

もし日本人で本当にコンピュータ産業でトップになりたければ、アメリカのトップ10〜20、少なくともトップ50までの大学のコンピュータ学部に学ばなければならない。

それほどコンピュータにまつわる学問には差があるのである。歴史と伝統が全く違うのである。

だから、何万人何十万人もの中国人がアメリカでコンピュータ学を学びに行ったのであるし、今も行っているわけである。

日本の電気メーカーの衰退の最大の原因は、このIT化の前の進歩に全くついていけなかったことにある。


そして今何が次に来るかといえば、御存知の通り、

AI

である。


ここ徳島の阿南あたりでAIなんて言ったとしてもだれもそんなものを持っているものはいない。ましてや興味もないというところだ。

ところが、アメリカでは違う。もちろん、ハワイもアメリカの一州である。すなわちアメリカである。

ハワイにもAIが普及している。


今回、そんなハワイで、実際にハワイの大学教授が自宅や自分の持つサムスンのスマホを使って、すでに毎日AIを使って楽しんでいる姿を目の当たりにして、大いに興味を持ったのである。


今現在では、商品として販売されているAIシステムには大きく3種類に別れる。

(あ)iPhoneのSiri
a0348309_831755.jpg


(い)アマゾンのエコー、Alexa
a0348309_8312576.jpg


(う)サムソンスマホのグーグル(Google)
a0348309_8355665.jpg




(あ)のSiriについては、吉本の都市伝説のセキルバーグこと関暁夫の番組でかなり紹介されてきたから分かるだろう。

(い)のAlexaについては、まだ国内で販売されていないし、英語版しかないから、わが国ではまったく知られていなかった。

(う)のサムソンスマホのグーグルAIもそれほど反日サムソンの製品ということであまり知られていない。


今回私が知ったのは、(い)と(う)のAlexaとグーグルである。

だいたい私はスマホを持っていないからすでに時代遅れなのだが、だからまったくスマホのSiriもGoogleの知らなかったわけだ。


しかし、利用者の音声認識をして、すぐに反応するようになり、スマホの所有者の癖を理解して、応答するようになる。

辞書代わりにちょっと何かを知りたいと言うような場合、AIに問いかける。

「アイザック・ニュートンはどこで生まれた?」

すると、AIがインターネット空間上にある情報を勝手に拾ってきて、それに詳しく返答するわけである。


要するに、もう我々がパソコンを使ってネット検索する必要がない。


さらには、

Alexa(アレクサ)

と呼ぶと、アレクサの上部リングが青色に発光し、聞いていることを示す。

そこで、

アレクサ、お前は女かい?
Alexa, are you a woman?

と聞くと、

Ummm, I cannot answer.

面白いことは、毎日同じことを聞いても、日に日に学習し、返答がより高度になってくるということである。

毎朝、

アレクサ、おはよう!

と挨拶していても、翌日には今日とは違った挨拶を返してくるのである。


こうなると、わが国のテレビの朝番組など必要なくなるわけだ。

アレクサ、今日の天気は?今週の天気予報を教えて?

というと、ちゃんと言葉で返してくるのである。


これに対して、サムソンのスマホであれば、

グーグル、ハワイ大学はどこだい?

と聞けば、ちゃんと画面上にグーグルマップが出てきて、そこにその場所を示すのである。

つまり、すでにAIがナビの役割も果たすのである。


このAIの技術がさまざまな他のハードの技術と結びつけば、いったいどうなるのだろうか?


かつて、
ブレインストーム

というSF映画があったが、この場合には、脳内をいかに記録するかという技術が夢想されたのである。

そしてこの利用にもさまざまな良かれ悪しかれの可能性が潜んでいた。

それと同じことで、AIがハードのさまざまな技術と結びつけば、ドローンと結びついけば、宅配便のような良いこともできれば、軍事と結びつけば、敵をドローンで攻撃することにも使われかねない。

カーナビとつながれば自動操縦も可能だろうし、逆にさまざまなアンダーグラウンドの使われ方もあり得る。

まさに末恐ろしい世界が待っているというわけだ。


そして究極の赤ん坊である人工知能。これは人間の赤ん坊が誕生して間もない頃の飽くなき好奇心と探究心を永遠に持ち続ける。休む事なく、ずっと学び続ける、記憶し続けるのである。


このイメージは何かに似ている?

おわかりだろう。

神のイメージである。


天地創造の神

これは、この世界が出来てからずっと目をつむったまま、全世界の出来事を学び続け、記憶し続けている。

スピ系でいうアカシックレコードというのがそういう一面を抜き出している。


AIが出てくると、AIの世界はこの天地創造の神の世界の模倣をしているような気になるわけである。

AIがどんどん我々の知らないところで連結してより大きな一個のネットワークを組んでいく。そして、最後にはすべての人間の知識を凌駕し、全ての人間の活動を超える。時間の問題である。

はたしてアマゾンのアレクサは電源を引っこ抜けば活動をやめるが、それと同じように世界のAIネットワークの電源を切ることが可能だろうか?

おそらくは不可能だろう。

こうしている間にも、だれかの繋いでいるアレクサを通じて学んでいる。


こうして、グーグルの人工知能が夢を見るようになったという。

それがこんな感じの夢である。
a0348309_913540.jpg

a0348309_914295.png

a0348309_91457.jpg

a0348309_915129.jpg




これがより明確になる時、もはや我々の終焉なのかもしれませんナ。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-09-28 09:05 | 個人メモ

追悼、アーニー・クルーズさん:「Def Tech - B-3 Music Videoの中にいた!」   

みなさん、こんにちは。

先日、一週間ほど前にアーニー・クルーズさんが海で亡くなったことをメモしておいた。これである。
Mahalo! Ernie Cruz Jr., forever!: Def Techのバック奏者アーニーさん死去!


その時は、だいぶ昔の映像をYouTubeで見つけ出してメモしたのだった。

ところが、今日、そのグリーンルームフェスタのサイトを見ていたら、その中のデフテックのサイトにもっと新しい物が入っていたのである。

今回はこれを一応メモしておこう。以下のものである。

Def Tech - B-3 Music Video



この中にごく最近のアーニー・クルーズさんのありし日の姿が映っていたのである。
a0348309_17553426.png

a0348309_175254.png

a0348309_17521972.png

a0348309_17522541.png

a0348309_17523077.png

a0348309_17523567.png

a0348309_17524038.png


さようなら、アーニー・クルーズさん!

いままでどうもありがとう。


ご冥福を心よりお祈りいたします。RIP.




========================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2016-09-27 17:53 | 個人メモ

エッセイ:「ハワイに行ったことある人だけが分かる話」   

みなさん、こんにちは。

以下は私個人の適当なエッセイである。


(あ)ハワイのハエ

a0348309_954116.jpg


ハワイに行ったことのある人なら分かるに違いない。

ハワイのハエの速いのなんのって。

日本のハエがぶ〜ん、ぶ〜〜んと飛ぶとすれば、ハワイオアフのハエはビュン、ビューンと飛ぶのだ。

日本のハエをゼロ戦に例えれば、ハワイのハエはF35ジェット戦闘機のように速い。

今回もDef Techコンサートを待って、芝生の上で
ラーメンバーガー
a0348309_9413011.jpg
なるものを食っていると、どこからともなくハエがジェットの如き凄まじさで飛んできた。逃げ惑う俺。

10数年前のことだが、ハワイに住んだ時、ゴミ箱の蓋の裏がちょっと濡れたまま閉めたところ、次の日の朝ゴミ箱の蓋を開けると、そこには無数のショウジョウバエの卵やら〜〜で満ち溢れていた。

こいつらどんだけ繁殖力が高いんだ!

というわけで、ハワイのハエの動きの速さや繁殖力の強さは凄まじい。

こんな外来種が我が国にやってきたら?

そう思うとぞっとするわけである。


(い)ハワイの蚊

それに反して、ハワイの蚊はあまりお目にかかれない。

今回ハワイの蚊に一回だけ出くわしたことがあるが、その小ささに驚いた。

すべてが大型の米ハワイにあって、

ちっこい!

なんと蚊のすがたのみすぼらしいものか!あまりにちっこいのだ。

それでもデング熱にやられてはならんとばかりに、みつけるやいなや、

バチン

とやっちまったわけですナ。


(う)アロハの国の住人のバス内移動の速さ

ハワイといえばアロハ。

アロハといえば、気楽にのんびりやろうという意味である。

が、
市バス
a0348309_9441828.jpg
に乗ったときのこと。

原住民のハワイアンやらさまざまな人種の現地人が乗り込む。

まずは空いた席に座る。ところが、ハワイの市バスは全部各駅停車。

その度に、ハワイの現地人が信じられないほどの速さで席を移り変わる。

まさにサーフィン。

席から席へジャンプジャンプするわけだ。

我々日本人は一端席についたら動かないのが常。

しかし、彼らは違う。

本当に超絶デブのあんちゃんでも、次から次に席を移動するのである。

その度に周りにアロハサインをするのである。

いや〜〜、ハワイ恐るべし。


(え)パラダイス・カフェのマフィン

私はハワイのオアフ島にはこの30年ほどで数回行ったことがあるが、その度に欠かさずに行った場所が、アラモアナ・ショッピングセンターのフードコートにある
パラダイス・カフェ
a0348309_9472415.jpg
である。

中でもここのコーヒーとマフィンは欠かせない。

ところが、どういうわけか、

一番最初が一番大きかった。

今回行ったら、サイズが日本サイズに小型化していたのである。

ざんね〜〜ん!


あのバナナナッツマフィンのうまいこと。

以前、帰りの直前にこのマフィンを20個ほど箱に詰めてもらって日本へ直行したことがあった。

わが国のコストコで売られている巨大マフィン。あれのバナナナッツ版が最高だった。

いつもハワイ大へ行き、ハワイ大の図書館で論文をコピーし、その論文をアラモアナショッピングセンターのパラダイス・カフェのマフィンをほうばりながら読む。

これが私の至福のひとときだった。

これを繰り返す内に、ネットワーク理論のほぼ全般を読みきったのである。


ハワイ大の物理学部教授にプイ博士がいるが、その頃知り合った私の友人である。

ハワイ大物理学部教授にでもなれたら、人生の勝ち組、地球上の最高の人生の一つとなるんだろう。

俺には叶わぬ夢だったが、若い人は挑戦すべきである。


ハワイのマフィン。

これぞ俺の大好物だ。

もちろん、日本では
山岡鉄舟発明のアンパン
a0348309_9492145.jpg
だが。


(お)ハワイの英語

ハワイで何が一番うれしいかといえば、それは英語がうまくなることである。

とはいっても、実際に俺の英語がうまくなるわけではない。

ハワイのさまざまなオリジンの人種の奏でる英語と比較して相対的にうまく聞こえるようになる。

そういう意味である。

ブロークンジャパニーズイングリッシュで結構。

適当に知っている単語を並べてあとはゼスチャーで結構。

それでも適当にコミュニケーションがとれるのだ。

ましてやユタで通じた適当英語でも、ハワイで喋れば、ハワイ現地人から
「お前の英語は俺の英語よりうまい」
とすら言われる始末だ。

だから、というわけではないだろうが、ハワイ大の言語学部や言語研究は世界一である。

私の義姉は、ハワイ大で日本語を教えているし、その夫は、英語を第二外国語とする国民へ英語を教えることの研究の第一人者である。もちろん、この人こそ、ジャワイアンのDef Techシェンの父君である。

シェンの父さんは言語学の世界的権威なのだ。すでに専門書を30冊も出版している大博士である。

日本にも何度も何度も来ている。

もしハワイに行ったなら、恥ずかしがらずに英語を話すべきである。だれも英語ベタをけなしたりはしない。なぜならハワイに住む現地人のだれもがもっと英語がうまくなりたいと思っているからである。

ブルーハワイ。
a0348309_9391449.jpg


ハワイに言葉はいらない。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-09-27 09:40 | 個人メモ