カテゴリ: マスゴミ・ダマスゴミ( 34 )   

「火病vsボケ」から「麻央さんの幽霊」まで:ご冥福をお祈りいたします!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、あまりにいろいろのことが起こりすぎて再びETの手も借りたいほどですナ。


(あ)火病vsボケ

漫才でもボケとツッコミという芸風があるらしいが、政治家には、

ボケと火病

という新手の芸風が誕生。以下のものである。

【音声流出】豊田真由子が暴行したハゲ秘書に衝撃事実wwwww(動画・画像あり)

【週刊新潮】凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声


まさにキツネとタヌキのような感じですナ。

あるいは、田中真紀子と蛭子さんのような感じか。

いずれにせよ、宛先を全部間違えるとか、話を聞いてないとか、この秘書も実際にはかなりのボケ症状が出ている感ありですナ。

若年性ボケvs若年性火病だろうか?

いやはや謎である。


(い)自民党員の三橋さんのアベノミクス批判炸裂!

次は、三橋さんのYouTubeが面白い。これである。

三橋貴明 全く報道されない日本事情!!暗黒経済始まる、、これからの日本を背負うのは!? 三橋貴明が徹底解説!!!


【三橋貴明】お金を増やしたい人が理解すべき”マネーストック”の背景


三橋貴明 日本の真実が明らかに!ついに動いた!財務省が行うのは・・


三橋貴明★なぜ貧富の格差は広がってしまったのか?国の節約で国民は貧困化!日本のデフレ後押しの原因!インフラ整備が不可欠な理由!文明の衰退と経済の退化 #三橋貴明


※【三橋貴明】歴史上最悪の過ちを犯した小池百合子は辞職しなさい。


※悲報※【三橋貴明】東芝半導体売却=日本終わり。


いや〜〜我が国にまだ愛情を持っているだけすごいナア。

俺なんか、とうに諦めておるがナ。

ここまで日本が鮮人をのさばらせた段階でもはやご臨終。


(う)「蓮舫さんを評価する人の気が知れないですよ」与謝野馨さんご逝去される!

ブーメラン蓮舫:与謝野馨「蓮舫さんを評価する人の気が知れないですよ」

与謝野馨・安倍晋三「蓮舫 人間失格」放送事故並み暴露 民主党の正体


この一世風靡した与謝野馨さん。

最近ご逝去された。享年78歳。

与謝野馨氏が死去 78歳、自民党に復党したばかりだった


やはり死神に取り憑かれたか、民進党に毒殺でもされたんでしょうナア。

くわばら、くわばら。ご冥福をお祈りいたします。


(お)オカルト:海老蔵さんを見つめる幽霊???

ネットではもうかなり知られているが、海老蔵さんの妻、小林麻央さんが病院で最後となった後、海老蔵さんの楽屋裏にそっと陰から見つめる若い女性の姿がはっきりとスマホに写っていたという。これである。

[心霊]小林麻央さんの霊魂か?海老蔵さんがブログにアップした写真に写る人影が…

a0348309_1044199.jpg


アップ
a0348309_10441221.jpg
a0348309_10455226.jpg


はたしてこれは小林麻央さんだったのだろうか?

そこで私も上の写真を色補正してみると、たしかにそこに女性の姿があるのは分かる。
a0348309_10521767.jpg

a0348309_10523736.jpg

大きな目、すっとした鼻筋。

確かにこの小林麻央さんに似ているナア。
a0348309_10531313.jpg


最後の言葉が「愛している」だったそうだから、やはり熱愛の大恋愛のお二人。
さぞ悲しかったに違いない。

いわゆる超常現象は、あっちの世界に旅立った人のその人への思いの強さによって起こるものらしい。

きっと麻央さんは海老蔵さんに分かれを告げようと思ってきたが、そこに他人がいたから、そのチャンスを逸したのかもしれないですナ。

49日までは、まだこの世界を漂っているらしいから、今のうちに海老蔵さんはお願いすれば何か叶えてくれるらしいゾ。

というわけで、また我が国から美貌のタレントさんが一人いなくなってしまった。

それでも1男1女をもうけたから、立派な努めは果たしたといえるだろう。

お疲れ様でした。ご冥福を心からお祈りいたします。合掌。RIP.


いやはや、悪党世にはばかる!

さっさと民進党や共産党のキチガイどもは地獄へ行って欲しいものですナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-26 10:59 | マスゴミ・ダマスゴミ

「忖度」の正しい意味と使用法とは?:なんと死んだ人の気持ちを思うことだった!   

みなさん、こんにちは。

ちょっと前に以下のものでメモしておいた、武田鉄矢さんの視点:「敗軍の将は即クビ」というものだ。
武田鉄矢「米国では敗戦の将は首!」:大本営化した日本協会と山本五十六化したハリル監督!?


どうも我が国のリーダーというのは、それまでのその人なりの貢献とかそういうことが頭にもたげてきて、いわゆる温情的査定をして、どうしても冷徹なる判断を誤り、結果として、延ばし延ばしにした結果、それまでの傷口がすぐに塞げる段階から、もう手遅れの余命いくばくかの段階に手遅れになるということが多い。

今度のハリルホジッチの場合にもそれが証明されるだろう。

何年もはやい段階で、格下に負けたりした段階で協会がハリルを首にすればよかったが、その都度もう一度チャンスをやるといって、付かず離れずでなんとか、いまだロシアW杯への切符が手にできずに、今日まで引きずられる結果になった。にも関わらず、いまだにハリルにチャンスを与え、後2戦の結果次第ということになった。

しかし、この最後のとりで、最後の決戦で負ければ、それまでの苦労が水の泡となる。

ザッケローニでもそうだった。ジーコでもそうだった。

要するに、一般に日本人は判断が遅いのである。これがいわゆる「日本人特有のメンタリティー」と呼ばれるものだという。

意外にも、お隣の朝鮮国家の韓国は、判断が早い。さすがに火病の国だ。烈火の如く怒って監督をクビにする。そして血祭りにあげる。

かつてヒディンク監督の時、韓国人監督を更迭してヒディンクに即刻変え、その結果、日韓大会で初のベスト4に輝いた。むろん、ヒュンデーマネー、韓国の笛のせいもあるが、基本的には、「敗戦の将は則首」の方針に従った形である。


さて、この真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦の我が国の歴史でもっとも本当の意味で作戦本部長になるべき人物が、真珠湾攻撃の飛行機隊長、そしてかの

トラ、トラ、トラ

の作戦完了の暗号を発したのが、淵田美津雄中佐だった。
a0348309_851251.jpg

a0348309_8504659.jpg


この日本海軍人の淵田美津雄が戦後に密かにまとめていたのが、以下の文書である。
a0348309_850750.jpg


要するに、実際の現場を何も知らない人間が真珠湾をどうたらこうたらと言ったって何もわからないわけだから、

帝国海軍人、何も語らず

の帝国海軍の伝統に反し、せっかく幾多の大戦闘を生き延びた歴史的生き証人として、実際の歴史を自分の持つ資料や自分の立場を使って得られる資料などを総動員してできたものである。

それが、淵田美津雄氏の、ミッドウェー、機動部隊、真珠湾攻撃の真相などの著作であるという。

実際には、ご遺族が了解した死後何年も後に公表となったようである。


さて、大分前置きが長くなってしまったが、ここでメモしたいことは、その話ではなく、ここ最近の我が国のおバカ政党の代名詞になった明清党こと野党の言い出した

忖度(そんたく)

という言葉である。

どうも民進党や共産党などの野合連中の使用法は何かが間違っている。

辞書的には、他人の気持ちになって考える慮るということだが、どうも何かがおかしい。

それが私の直感だった。

もし安倍首相の意向に則して物事を行うという意味であれば、「ご意向に沿う」とか、「意志に従う」とか、こういう言い方で充分なのだ。

何も「忖度した」という言い方をする必要性がない。


そこで、そういうことも頭にありながら、上の真珠湾攻撃総隊長の回想をついに読み終えたのだが、その最後の編者中田繁一氏の言葉の中にそれがあったのである。参考のため、そこだけ抜いておこう。(511ページ)

「淵田さんは、自分がかかわった戦争でやり残したことは何か、自分が貢献できることとは何か、人類の平和と破滅をふせぐためには、何ができるかということを、それこそ真剣に考えておられましたね。戦争は絶対にいかんと」
 関西のミッションスクールの経営に携わる大岡次郎氏は、淵田の心をこう忖度する


要するに、淵田美津雄がお亡くなりになり、生前の淵田美津雄さんは、こういうふうに考えていらっしゃいましたよ、というようなことを遺された人が言うというような場合に、

忖度した

というように使うのである。

つまり、安倍首相のように今現に生きている人の言葉をそう簡単に忖度できないのだ。

この場合は、想像するとか、意向を伺うとか、察するとか、もっと別の使用法になる。

その人はすでに死んでしまってもう会えない。

しかし、その人がかつてどう考えていたか、どうしたいと思っていたか、そういうことはよく知っている。

そういう場合に、その人の気持ちを忖度するのである。


いや〜〜、やっと私の不自然に感じたことがよく理解できて、スッキリしましたヨ。

安倍さんはもうすでに死んでいると思っているんでしょうナア、民進党の在日帰化人は?


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
この話の中で特に注意すべきことは、一般に侍日本の伝統として、また、その侍の生み出した帝国軍人の伝統として、「敗戦の将は何も語らず」という伝統がある。だから、戦時中は帝国海軍の司令官や大佐であったとしても、戦後には、公職から去った後には地元に戻り、ひっそりとした生活を送り、戦争体験などを人目に語るということはしなかったのである。

帝国海軍の将校は、戦前の最高級の教育を受けていたから、ドイツ語や英語にも堪能で、生活の糧として地元で英語塾を開いて子どもたちの教育をして過ごしたものが多かった。

逆に、本当には戦地に出向いたことのなかった人間、自分は戦時中は単なる子供で逃げ回っていただけだったようなものが、そういうものに限って、戦後になって、雄弁に戦争を語る、というようなものが多かったわけである。

戦後のマスコミの反戦報道や、反帝国軍人悪者論、マッカーサーの自虐史観擁護、こうした捏造報道に加担したものは大半が、せいぜい一般軍人の帰還兵か、あるいは、戦争には行ったことのないものたちであった。

こうした中、戦後ある時期からキリスト者になった淵田美津雄は、特例であり、戦争で何度も奇跡的な出来事により生き延びることができたキリスト者として、本当の戦争体験を語ったのである。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-21 09:18 | マスゴミ・ダマスゴミ

笑うセールスマン喪黒福造:「検索依存症 須具荷研作の巻」   

笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】第1話「たのもしい顔」


みなさん、こんにちは。

さて、今朝偶然、実によくできている作品を見つけたので、一応ここにもメモしておこう。

これは笑うセールスマンこと喪黒福造シリーズの新作をアノニマスの作者がネット上で公開したもののようである。だから、これがテレビアニメとして製作されたかどうかは知らない。以下のものである。

喪黒福造「すぐインターネットの検索に頼ってしまうのですか……それはよくありませんなぁ」
a0348309_8291585.jpg

喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物は心……人間のココロでございます」


喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり」

喪黒「そんな皆さんの心のスキマをお埋めいたします」

喪黒「いいえ、お金は一銭も頂きません」

喪黒「お客様が満足されたら、それがなによりの報酬でございます」

喪黒「さて、今日のお客様は……」

須具荷 研作(27) 飲食店勤務

オーッホッホッホッホッホ……


―レストラン―

客「あのー、すみません」

研作「はい、なんでしょう?」

客「この店でオススメのメニューというと、何になるんでしょう?」

研作「スマホで検索しますので、少々お待ち下さい」ポチポチ…

客「え……」

研作「えーっと、うちのホームページによると、牛肉のステーキがオススメですね」

研作「オーナーのこだわりで高級な国産牛を使用しており、味も安全性も抜群らしいです」

客「ど、どうも」

オーナー「おい、須具荷君」

研作「なんですか、オーナー?」

オーナー「さっき、お客様にオススメを聞かれた時、スマホで検索してたろう!」

オーナー「君は自分が勤めてる店のメニューも覚えてないのかね?」

研作「もちろん覚えてますけど……」

オーナー「じゃあなぜ検索を?」

研作「念のため、検索しないと不安だったもので」

オーナー「……!」

研作「あ~終わった終わった……」

研作「帰りはどこかで飲んで行こうかな」

研作「このあたりでいい飲み屋を検索、検索っと……」ポチポチ…

研作「うーん、あまりよさそうなとこがないな……どこもレビューの点数が低い……」スタスタ…

ドンッ!


研作(しまった! 人とぶつかっちまった!)

喪黒「あらら、なめていたアイスがスーツについてしまいました」ベチョッ…

研作「あっ、すみません、すみません!」ペコペコ

喪黒「まあまあ、お気になさらず」

研作「すぐクリーニング代を……! いいクリーニング屋を検索しますから……!」

喪黒「いえいえ、大丈夫ですから」

研作「じゃあ、スーツ屋を検索……」ポチポチ

喪黒「落ち着いて下さい」

喪黒「それより、一緒に飲みに行きませんか?」

喪黒「わたくし、ちょうど誰かと飲みたかったところなのです」

喪黒「クリーニング代やスーツの弁償などは結構ですから」

研作「でも……食事や飲みに行く時は必ずレビューサイトを見てからって決めてて……」

喪黒「いいではありませんか。さ、参りましょう」ガシッ

研作「あああ……」ズルズル…


―BAR魔の巣―

マスター「……」キュッキュッ


研作「俺……こういう本格的なバーに入るの初めてなんですよね」

喪黒「今のお若い方は居酒屋でパーッとやる、という人が多いでしょうからなぁ」

研作「えぇと、バーで最初に頼むべきなのは……」ポチポチ

喪黒「お酒のチョイスは私にお任せ下さい。マスター、いつものやつを」


マスター「……」シャカシャカシャカ

グビッ…

研作「……これはおいしい!」

喪黒「でしょう? お値段もリーズナブルです」

研作「ありがとうございます。検索する手間が省けました」

喪黒「それにしても、さっきからなにかとすぐ検索していますが、いつもそうなんですか?」

研作「ええ……そうなんです」

研作「今はスマホを使ってインターネットで検索すれば、大抵のことはすぐ分かりますから……」

喪黒「それはよくありませんなぁ」

研作「え……」


喪黒「インターネットの検索はたしかに便利です」

喪黒「知りたいことを入力すれば、すぐ答えが出てきますからなぁ」

喪黒「しかし、それに頼りすぎると、少し考えれば自分で判断できることでも検索するようになり」

喪黒「自分で考えたり、決断する力を失ってしまう危険性をも秘めているのです」

研作「う……たしかにおっしゃる通りかもしれません」

研作「このところは、ちょっとした交通ルートや簡単な漢字の書き方まで検索するようになって……」

研作「俺、もしかしてどんどんバカになってるんじゃ、と不安になることもあって……」

研作「実はこの間も――」


~回想~

女『今日のデートはどこ行こうか?』

研作『ちょっと待って、今検索するから』ポチポチ



女『なに食べる?』

研作『この店でどのメニューが一番おいしいのか、検索するよ』ポチポチ

女『……』



女『ちょっとぉ、いい加減にしてよ! さっきからスマホばかりいじって!』

研作『え? なんで怒ったの? なんで怒ったのか検索しないと……』

女『もう! 私帰る!』スタスタ


研作「彼女を怒らせてしまいまして……」

喪黒「そうでしょう、そうでしょう」

喪黒「何をするにもすぐ検索検索では、女性からは頼りない男だと見られてしまいますよ」

研作「だけど俺、どうしても検索をやめられなくて……」

喪黒「須具荷さん、どうやらあなたは典型的な≪検索依存症≫のようですなぁ」

研作「検索依存症……! 治すことはできるんでしょうか……!?」

喪黒「治したいのであれば、私が治療してみせましょう」

研作「え、あなたは一体……?」

喪黒「わたくし、こういう者です」スッ…

研作「ココロのスキマを……お埋めします……」

喪黒「わたくし、人々のココロのスキマを埋めるボランティアをしているのです」


喪黒「あなたのスマートフォンをお貸し下さい」

研作「どうぞ」サッ

喪黒「ホイホイホイ、のドンと」ポチポチ

研作(一体なにをしてるんだ……?)

喪黒「これでよし、と」

喪黒「お返しします。いつものように検索してみて下さい」

研作「は、はい……」ポチポチ


自分で考えろ


研作「!?」


研作「なんだこりゃ!?」ポチポチ

研作「なにをどう検索しても、≪自分で考えろ≫しか出てこない!」ポチポチ

喪黒「これから一週間はずっとそのままですよ」

研作「どうしてくれるんです!? これじゃ不便にも程がありますよ!」

喪黒「これくらいの荒療治をしなければ、あなたの依存症は治りませんからなぁ」

研作「だからって……!」

喪黒「一週間、我慢するのです」ズイッ

喪黒「そうすれば必ず、自分で考え決断する力が身に付くはずです」

研作「わ、分かりました……」


―レストラン―

女性客「すみません」

研作「なんでしょうか、お客様」

女性客「今このレストランでオススメってなんなのかしら?」


オーナー(また須具荷君が、お客様から質問されてる……)

オーナー(どうせまた、ホームページの情報丸出しの答え方をするに違いない……)

研作(検索してみても……)チラッ

自分で考えろ

研作(これしか出ない以上、自分で考えるしかない!)

研作「当レストランでオススメしているのは国産牛使用のステーキとなっておりますが」

研作「女性の方には少々ボリュームがあるかもしれません」

研作「ですので、お客様にはこういった魚料理の方が……また、ヘルシーなサラダも取り揃えており……」

研作「フランスで本格的にパティシエ修行したシェフもおり、スイーツにも自信が……」

女性客「まぁっ、ご丁寧にどうも!」


オーナー「おお!?」


オーナー「須具荷君!」

研作「はい」

オーナー「なんだい、やればできるじゃないか!」

オーナー「さっきの説明なんか、オーナーの私ですら思わず感心してしまったよ!」

研作「ありがとうございます!」


研作(なるほど……これが自分で考えるってことか!)


研作(今日は何を食べようかな……)ポチポチ

研作(いつもなら、検索してレビューサイトで一番評価が高い店に入るところだけど……)

自分で考えろ

研作(やっぱりこれしか出ない……)

研作(ええい、フィーリングで適当な店に入ってみよう!)ガラッ

店員「ありがとうございましたー!」


研作「あ~、食った食った……」

研作(有名でもなんでもない店だったけど、うまかったな……)

研作(多分、検索に頼ってた頃の自分なら、あんな店見向きもしなかったに違いない)

研作(自分で考えるって楽しいなぁ……)


ポチポチポチポチ…

自分で考えろ≫ ≪自分で考えろ≫ ≪自分で考えろ



研作(検索して、自分で考えろと突き放され、自分で考え、それをやってみる)

研作(時にはハズレな結果になっちゃうこともあるが、それはそれで楽しい)

研作(自分で考えた末の決断だから、後悔も少ないしな)

研作(自分で考えるってなんて素晴らしいんだ!)



―BAR魔の巣―

研作「喪黒さん、ありがとうございました!」

研作「あれから今日で六日、喪黒さんのおかげで、俺……自分で考えることの素晴らしさに気づきました!」

喪黒「ホッホッホ、それはなによりです」

研作「明日、また彼女とデートなんですけど……」

研作「今度は彼女に怒られることのない、最高のデートにしてみせますよ!」

喪黒「頑張って下さい」

喪黒「明日が終わる頃には、あなたは真に自分で考え決断することができるようになっているでしょう」

研作「はいっ!」



―駅前―

女「お待たせー!」

研作「いやぁ、大して待ってないよ」

女「まずどこ行く~?」

研作(『デートコース どうしよう』)ポチポチ


自分で考えろ


研作(そう、俺が考えるしかないんだ)

研作「俺に任せとけ!」ビシッ

女(あれ……? 今日のこの人、いつもより頼りがいがあるように見える……)

研作「……どうだ? あの店、うまかっただろう? 穴場ってやつだ」

女「おいしかった~」

女「今日のあなたは、今までと全然違うね。ほとんどスマホいじらないし、自信がみなぎってるもん」

研作「そうさ、俺はもう検索なんかには頼らない!」

研作「さあ、次はオシャレなバーに行こう。もちろん、俺オススメの場所な!」

女「うんっ!」

女「酔っ払っちゃった~」

研作「ああ……俺もだ……」

女「ねえ、もう終電もないし、どっかで休んでかない?」

研作「! ……そ、そうだな」

研作(明らかに誘われてる……このチャンスをモノにしない手はない!)

研作(だけど、念のため検索しとくか……どうせ≪自分で考えろ≫しか出ないけど)

研作(『彼女に誘われた どうすべき』……っと)ポチポチ

シーン…



研作(あれ!? 何も出ない!?)

研作「なんで!? どうして!?」ポチポチ

研作「喪黒さんが≪自分で考えろ≫って出るようにしてくれたのに!」ポチポチ

女「ど、どうしたの!?」

研作「あ、もう日にちが変わってる! 一週間過ぎちゃったからか!」

女「ねえ、早くどこかホテルでも……」

研作「うるさい! 少し黙ってろ!!!」


研作(そうだ! 『自分で考えろって出す方法』で検索すれば……!)

研作「自分で考えろって出す方法!」ポチポチ

研作「自分で考えろって出す方法を出す方法!」ポチポチ

研作「自分で考えろって出す方法を出す方法を出す方法!」ポチポチポチ

研作「自分で考えろって出す方法を出す方法を出す方法を出す方法!」ポチポチポチポチ

研作「自分で考えろって出す方法を出す方法を出す方法を出す方法を出す方法……」ポチポチポチポチ…

研作「あああああ~~~~~~っ!!!」タタタタタッ


女「ちょっと、どこ行くのよーっ!」

……

研作「ハァ、ハァ、ハァ……」

喪黒「いかがですか、須具荷さん……この一週間で、自分で考える力は身に付きましたか?」

研作「ダメです……喪黒さぁん」

研作「どうやら俺は……検索しなくちゃダメなんです……」

研作「検索しなくちゃ生きていけないんだぁ……!」

喪黒「それがあなたが自分で考えた末の決断だというのなら……仕方がありません」

喪黒「私はそれを後押しするまでです」

喪黒「ドーン!!!
a0348309_8402334.png



研作「ひぇあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!


あぁぁぁぁぁぁ……


……

…………



―研作の自宅―

女(こないだはデート中、いきなりどこかに走り去っちゃって……一体どうしたんだろ?)

ピンポーン…

女(出ない……)

女(鍵はかかってないみたい……)

女「入るよー?」ギィィ…


研作「息がくるしっ! ぐるじいぃぃぃぃぃっ!」

女「え!?」

研作「こういう時は、検索すれば……!」ポチポチ

研作「そ、そうか! 息が苦しい時は呼吸すればいいのか! なるほどなー」スーハースーハー

研作「そろそろ起きるか……」

研作「あれ? 起き上がるのってどうすればいいんだっけ?」ポチポチ

研作「どれどれ……まず、右手と左手を床につけて、ゆっくり上体を起こして……ふむふむ」

女「あ、ああああ……」

研作「検索すればどんなことでも分かる! 検索って楽しいなぁ~……」



アッハッハッハッハ……


喪黒「自分の全てを検索に委ねる生き方……これはこれで幸せといえるかもしれません」

喪黒「私だって時々、彼のように検索に頼りたくなることはあります」

喪黒「たとえば……『お客様のココロのスキマの埋め方』で検索したくなったりとか……」

喪黒「おっと、こればかりは検索に頼っちゃいけませんかねぇ~

喪黒「オ~ッホッホッホッホッホ……



いや〜〜、実に痛〜〜いところを突いたいい作品ですナ。

私にも見覚えのある部分が多々ありますナ。

検索依存症、スマホ依存症、グーグル依存症、有名ブログ依存症、
SNS依存症、ツウィッター依存症、インスタグラム依存症

こういったものは

<<自分で考えろ>>

に尽きているわけですナ。


いったいこの作者はだれ???

本物の原作者がリークしたんだろうか?

作品の肝をよく抑えて、実にいい味を出していますナ。

もしこんな脚本家が埋もれていたとすれば、


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-06-20 08:49 | マスゴミ・ダマスゴミ

[追悼]ムッシュかまやつさん逝く:かまやつひろしさんよ、永遠なれ!   

「我がよき友よ」ムッシュかまやつ


みなさん、こんにちは。

あの時君は若かった。サマーガール。

下駄を鳴らしてやつが来る。腰に手ぬぐいぶら下げて。

かまやつひろしさんがご逝去された。

ムッシュかまやつさん後追い死 妻他界から数日後に

a0348309_8205021.png


 グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして一時代を築いた歌手ムッシュかまやつさん(本名・釜萢弘=かまやつ・ひろし)が1日午後6時5分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去していたことが2日、分かった。78歳。東京都出身。通夜、葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男のミュージシャンTAROかまやつ。かまやつさんの妻も、夫の亡くなる数日前に死去していた。

 長髪にニット帽がトレードマーク。ひょうひょうとした語り口で、世代を超えた音楽ファンに愛されたかまやつさんが、長い闘病の末に逝った。都内の自宅マンションには生花が届けられ、遺体は都内の別の場所に安置されたとみられる。

 関係者によると、今年1月10日に体調を崩して都内の病院に入院。当初は食欲もあったものの徐々になくなり、約2カ月の入院生活の末に、親族らにみとられて息を引き取った。苦しむことはなく、おしゃれなかまやつさんらしく、大好きなニット帽をかぶっていた。この数日前には、同じく長い闘病生活の末に、妻も亡くなっていた。

 最初に体調を崩したのは15年秋だった。黄疸(おうだん)が出たので病院で検査をすると、膵臓がんと判明。昨年5月の検査では肝臓がんが見つかった。通院治療をしたが、8月には脱水症状を起こして病院に緊急搬送された。9月に「肝臓がん」の病名を発表した際には「絶対に復活するから心配しないでください」とコメント。再起を誓っていた。


実際、私が理科大理工の4年の頃、近くの下宿から毎日下駄に手ぬぐいぶら下げて、運河沿いの土手を大学まで通ったものである。

この時代は、中村雅俊の「俺たちの旅」で高校時代を過ごし、ムッシュかまやつの下駄に手ぬぐい姿で大学を闊歩し、ギターの引けるものはアリスのチャンピオンを引いて過ごした。

そんな時代だった。

この頃のサッカー部というのは、今とは大分違って、試合中に全員が声掛けというものをやって気合を入れあった。いまでは二度とお目にかかることがない。

バレーボールとかでは、中高生が時々まだやっているが、みんなで「きんぷん、きんぷん」とか一斉に大声で同調するというやり方だが、昔のサッカー部では、気合を入れ直すために、ゴールキックの前とかに、

「オー ゼッ オー ゼッ オー ゼッ オー」

というような大声で叫ぶわけだ。みんなで走る時に出すような声掛けを試合最中にも四六時中行ったわけですナ。

いまやったらキチガイ扱いされかねないかもナ。

さて、そんな時代の若者のヒーローだったかまやつひろしさんが病気でおなくなりなった。これを追悼して、いくつかYouTubeでかまやつひろしさんのものをメモしておこう。
ザ・スパイダース 「 サマー・ガール 」 1966
a0348309_8352536.png




ザ・スパイダース 「あの時君は若かった」
a0348309_8323849.png




ザ・スパイダース 「真珠の涙 1968」
a0348309_834398.png




太陽の翼

The Spiders - Day Tripper (the Beatles cover)
a0348309_839534.png



『ザ・スパイダーズ』 堺正章・井上順・かまやつひろし・井上堯之


最近、私の大学院生時代の先輩が大学を定年退職したり、いよいよ我々の世代も社会的にはその役割を終えつつある、そんな時代に入ってしまったようだ。

1960年代は日本社会全体に「明るさ」「勢い」「希望」があったが、もはや我が国は世界史におけるその役目を終えた観がある。さまざまなアジアの国々を独立させたから、それで良いのだろう。

実際、この1960年代に作られた希望に満ちた物理学や科学の教科書は、今読んでもレベルが高く学ぶべき点が多いが、今現在では大学図書館から軒並み「除籍処分」を受けて大学追放のさなかにある。

残念ながら、科学の本質的な面に限って言えば、現代の科学はもはや科学ジャーナリズムに席巻されて、もはやある種のショービジネスに成り下がってしまったのであり、まったく進歩はないのである。むしろ、60年代、70年代までに20世紀の科学の基本は完成してしまい、あとはほとんどがその応用問題にすぎないのである。

かの物理の万能の天才ロシアのレフ・ランダウは「自分は生まれるのが遅すぎた」と。

いまは物理の数学化の時代であって、数学が数限りない専門分野に分かれてお互いにまったく交流がなくなったというように、物理もたくさんの専門分野に分かれてお互いにまったく交流がなくなるという時代を向かえたのである。

昔のように「物理は一つ」という主張はもはや過去の遺物でしかない。

かつて20世紀が始まる直前の19世紀後半、当時の偉大な物理学者は、それまでの物理のすべてを俯瞰できるような、ある意味で完璧な教科書を編纂したものである。マックス・プランクもそうした1人だった。

だから、当時の物理のどこに問題点があるかが若者に明確に理解できた。その結果として、当時の若者であったアインシュタインやシュレーディンガーやディラックなどにいい意味で付け入る余地を与えたのである。

ところが、いまではだれもそういう20世紀の物理を俯瞰できるような教科書が書けない。また、出版社にもそういう余力がない。

というわけで、もはや現在の若者はどこから手を付ければよいか全くわからない。下手に入れば、物理の森で迷って野垂れ死ぬ。富士山の樹海に入り迷路に迷う人間のようになる。そういう時代と相成った。

昔は良かった。

そんな時代を彷彿させてくれる日本人がまた独りこの世を去ってしまった。

おそらく、かまやつひろしさんは、下駄を鳴らしてやつが来る。腰に手ぬぐいぶら下げて。これが一番大好きだったのではなかろうか。と俺個人は想像する。

ご冥福を心からお祈り致します。合掌。RIP.



============================================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-03 08:59 | マスゴミ・ダマスゴミ

ブーメラン:「偽ニュースの横綱デーブ・スペクターと池上彰がNHKで偽ニュース特集をする」   


新語「電通する」

「電通する」は、ほぼ「韓国する」に同じだが、もっと強い。他人にも「韓国する」のを強要するのが「電通する」の意。
「韓国する」=一般的意味は「不正すること」を意味する。
=他に、「パクる」、「捏造する」、「嘘をつく」、「しらを切る」、「いじめる」などの意味もある。普通は、「韓国するな=インチキするな、イカサマするな、パクるな、捏造するな 」という言い方がされることが多い。
類語「アサヒる」、「博報堂する」、「犬エッチKする」

a0348309_9134763.jpg


みなさん、こんにちは。

抱腹絶倒

と言えば、昨日の韓HKこと支那朝鮮の犬HKの「偽ニュース」特集はまさに抱腹絶倒の特集だった。

世の中には、

(あ)真実のように見えて真実ではない嘘


もあれば、

(い)嘘のようにみえて嘘ではない真実


もある。が、昨夜のNHKの特集こそ前者の真っ赤なウソニュースだった。まさに捏造報道NHKだった。

おそらく、これは、だいぶ前に旧ブログ1にメモしたように、NHKは電通と同じ系列に乗ったからだろう。

「し・こ・み」「や・ら・せ」の帝国電通NHK:決してテレビを信じてはならない!
ジョーク「安倍支持率94%」:ダマスゴミよ「アカヒるな、韓国するな、電通するな!」
あっぱれ「上杉機関」!:韓国の「ファックジャパン」運動!?。「ペニスで畑は耕せない」
「上杉機関」ついに日本人も立ち上がったか!?:「上杉機関」の健闘を祈る!
「敵は東京新橋にあり!」:反日電通、捏造朝日、反日の拠点は近かった!


その一番の構造とはこれだった!

日本のマスゴミの支配相関図:ハブはやはり電通だった!!
a0348309_831218.jpg

来年以降を予想させるいくつかの話3:「日本のマスゴミ」はいまや世界の笑い者!?


というわけで、一番上のCIA、そしてその中にいる旧態然とした反トランプのネオコンシオニストNWO系列の手下のCIA諸君から、まだ構造改革できていない我が国の電通NHKのハブサイトに、反トランプ戦略の一環として、いまだ

トランプ=偽ニュース製造者=インチキ選挙

のレッテル貼りを米国ではもう無理だから、周辺の実質的植民地国である国々を使って、外から攻めるという戦術に出ていると考えられる。

あるいは、そうすることにより、周辺国と米国との関係を悪化させたいというような戦術だろう。どちらへ行っても反トランプ旋風となるような戦術を取ったと考えられる。

知らぬは、お馬鹿なNHKと電通だけ。

さて、最初のNHKの偽ニュース問題の特集に戻ると、そこに出てきたコメンテーターがなんと、

偽アメリカ人、偽ユダヤ人でイスラエル工作員のデーブ・スペクター
a0348309_8391045.jpg

(ちなみにスペクターとはスパイっていう意味の隠語。本名ではない。通名の成りすましだ。)


偽ニュース解説者の池上彰

池上彰の偽解説
a0348309_8401166.jpg


修正済み
a0348309_8405063.jpg

a0348309_8404370.jpg

(これじゃ、池沼彰だな。いけぬまとは、気違いの隠語らしいヨ。)

池上彰がインチキや嘘!縦軸が違うグラフを使用・NHKと「貧困女子高生」を被害者扱いしネット批判

だったのである。

何かのジョークですか?

これを真面目にやっているとすれば、犯罪行為である。


デーブ・スペクターはテレビ番組で、宇野先生の確固たる証拠に対して自分が反論できなくなった時、宇野先生を

ゴイム!

と言って差別発言した張本人である。
デーブ・スペクター と タルムード (宗教面から見る彼の行動様式) 2


いずれにせよ、この2人は精神鑑定した方がいい。


それに対して、連中が反論している当のトランプ大統領の方はどうか?というと、実に立派なことを言っている。例えば、これである。

2001年9月11日のニューヨーク無差別テロが起こった直後、こういっていた。

トランプ大統領、子供の頃からNWOを知っていた

9/11 - Donald Trump's 9/11 Truth ?


DONALD TRUMP ON 9/11 TRUTH (WATCH THIS BEFORE VOTING)


この事実を知ったアメリカの陰謀暴露論者のアッレクス・ジョーンズの嬉しそうなこと、こんなアレックス・ジョーンズはこれまであまり見たことがない。これである。

BREAKING: Trump Has Been Planning His Whole Life To Take Down NWO


要するに、トランプ氏は幼少期からこの世界がNWOシオニストネオコンの軍産複合体に乗っ取られていることを知っていて、ずっと大人になり、それなりの力を得る日を待っていたというのである。

こういうのをスリーパーというが、普通スリーパーというのは、「ブラック・スリーパー」と言うべきもので、敵の社会に忍び込んでそれなりに地位を得るまで下手に出ていて、然るべき地位を得た途端に裏から作戦を起こし始める人物のことを指す。

例えば、まさにデーブ・スペクターや池上彰のようなやり方をする人間のことである。

彼らは正真正銘のブラック・スリーパーである。日本社会に欧米の悪い番組や映画を持ち込み、日本人の若者を洗脳して日本社会を犯罪に満ちた混乱した社会に落とし入れることがその目的である。


それに対してドナルド・トランプのようなものは、

ホワイト・スリーパー


とでも言うべきものである。

悪い奴らの仲間のフリをしてやつらの手口を学び、ずっと悪い連中に黙ってヘイコラして、然るべき地位や権力を持った途端に悪い奴らを地獄に叩き落す。

どうやらミスター・トランプはそういう人間だったようだ。ひょっとしてこれこそ、ドクター中松が伝授したものだろうか?


陰謀渦巻く白人世界や偽ユダヤ人世界でその仲間として過ごし、連中のネットワークや手口をことごとく学ぶ。しかし、自分自身は必ずしもそういうことはしない。あくまで友達として振る舞う。

だからこそ、911がネオコンとユダヤのメディアネットワークと組んで起こされた最大の架空の偽旗作戦であるということを瞬時に見抜いた。

ましてやホテル王である。ビル建設には実に詳しい。

したがって、ツウィンビルが内部には鋼鉄の柱の網目が外壁を覆っていて、そこには
仮にB747が突っ込んでも中には入れないで「落ちる」という構造になっている
ということを知っていたわけである。だから、飛行機が突っ込んで向こう側に突き出すことは不可能なのである。ましてや、延焼しても鉄骨建材が溶融して落ちるということは不可能なのである。しかも同時に3つの巨大なビルが崩潰するはずがない。

あり得ない!

のである。


とまあ、トランプは2001年にすでにそういうふうにインタビューで返答していたわけである。そして、いつかその仕返しをしてやると心に決めたようである。

それが今である。

こうなると、さすがにヒラリー・クリントンどころの騒ぎではない。

ジョージ・ブッシュ、オバマ、クリントン、ゴア、ソロス、ロックフェラー、キッシンジャーなどなど歴代の大統領と仲間たちは気が気ではない。

だから、今必死で「偽ニュース」「偽ニュース」と騒ぐわけである。

一番最初に偽ニュースを流し続けたのはNHKの方である。我々インターネットのブロガーではない。我々はネット世界の大手メディアが流し続けるそういう権威を振りかざした偽ニュースの中から、真実を見つけようとして、ここ10数年以上も陰謀暴露を行ってきたわけだ。

いかに多くの陰謀にNHKと電通が関わって、幇助してきたか?いまもそういうことをNHKと電通は続けている。


とまあ、こういうわけなんですがネ。

それにしても
今ではメディアはニュースはおろか、時代劇や歴史検証番組などすべてにおいてダマスゴミである
、あるいは
広域犯罪組織の広告塔にすぎない
ということは、誰もが知っている周知の事実になっているんだが、依然としてNHKや電通の人たちはそういうことを知らないのだろうか?謎である。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-02-08 09:20 | マスゴミ・ダマスゴミ

「発狂」:バークレー発狂、ダルビッシュ発狂、安倍晋三発狂、日本政府発狂!?   

みなさん、こんにちは。

昨日までとある大学の物理研究会に行ってきたので、ちょっとここは疎かになっていた。まったく新聞テレビ等のダマスメディアは見ずに、純粋に科学の話に集中していたから、帰ってくると、再びETの手も借りたいほどで驚いたというわけですナ。

そこで、今回は「発狂」というテーマで幾つかメモしておこう。

ところで、その間、アパホテルに宿泊したんだが、チェックアウトの時に例の話題の本
「理論 近現代史学II:本当の日本の歴史」(800円)
を一冊買って今読んでいるところである。これについてはまた後ほど。


(あ)カリフォルニア大学バークレー校が発狂!?

カリフォルニア大学というと、教育やアカデミズムのことを多少知っている人なら、全米でも最高級の大学、特に物理では何人ものノーベル物理学賞の受賞者を出している超有名大学であることはご存知だろう。

そんな大学がトランプ大統領に反発して暴動を起こしたとか。

まさに学問の雄が発狂したのである。

トランプ支持者の講演があるのであれば、正々堂々とその講演会のディベートで相手を論破する。これがアカデミシャンのやり方のはず。

街頭デモで示威行動を行って、勢い余って暴動して破壊行動を起こす。

まさにどこぞのヤンキーと同じですナ。以下のものである。

カリフォルニア大学バークレー校の暴動 2017年2月2日


はたしてこんな学生たちがいくら良い論文を公表してみたところで、それを信じる気にはなれそうにないですナ。

所詮はやっつけ仕事のいい加減な研究しか出来ないはずである。

ついでにメモしておくと、カリフォルニアは日本ほどの大きさがある。このカリフォルニア大学にはいくつかの分校があり、バークレー校を筆頭にカリフォルニア州全土に10の大学デイビス校、サンディエゴ校、サンタ・クルーズ校、サンタ・バーバラ校、ロサンゼルス校、アーバイン校、リバーサイド校、マーセド校を持つ。

これを「カリフォルニア大学機構」という。

この他に「州立大学」の名のつくカリフォルニア州立大学機構が存在する。

我が国で言えば、カリフォルニア大学機構が旧帝国大学前身の国立大学にあたり、カリフォルニア州立大学機構が、地方の公立学校が前身の地方国立大学にあたる。

だから、バークレー校は我が国で言えば、東大とか京都大に対応するのである。

かつて私は我が国の大学制度はこのカリフォルニアの大学制度を参考にするのが一番良いのではないかという意見を披露したことがある。旧帝国大学だけで大きな1つの大学になり、それぞれの分校キャンパスとして、東京、京都、東北、北海道、名古屋、大阪、九州に分ける。方や地方国立大学を州立大学のように一括してそれぞれに分けるという考え方である。

それほどまでに大学のロールモデルとして大変素晴らしかったバークレー校が、こういう野蛮なことをしちゃいかんぜよ。


(い)ダルビッシュ有発狂!?

いまは野球もサッカーもキャンプの時期である。サッカーでは自主キャンプを張るのは三浦知良選手くらいのものである。が、野球は昔から結構自主キャンプが盛んだった。

そんなわけで、大リーガーのダルビッシュ選手の取り巻きとして、大リーグ流のトレーニングを学ぼうという触れ込みで、何人もの若手選手たちがダルビッシュの自主キャンプに合流したという。

と・こ・ろ・が、。。。ところが、

そこに参加した大半の選手が負傷したというのである。

その一番の損害が、WBC参加予定だった

大谷翔平
a0348309_15424716.jpg


らしい。

私は帰宅後、はていったい何が起こったんだと驚いた。

どうやら、右足首をかなり重症。下手をすれば、もはや今季絶望。どころか、選手生命の一巻の終わりである。

なぜなら、ピッチャーで足首をやったらもう終りなのである。

もう一人が、黒人ハーフのオコエ選手。ルーキー二年目である。身体もかなり大きく筋トレして体重も乗った状態だった。

ところが、
オコエ選手
a0348309_1546132.jpg


楽天オコエ 薬指けがで手術へ 開幕は絶望的

もかなりの重症を負ったらしい。

オコエ選手が利き手の右手の指の骨折レベルの損傷。大谷選手が右足首の損傷。

アハ〜〜、アハ体験。

利き手の指を壊すとか、利き足の足首を壊すとかいうことになると、もうアレしかない。

そう、ボクシングである。

誰が見てもキックボクシングのような真似事をして怪我をしたのである。

そうしてみると、本当に大谷選手はキックボクシングを行っていたというのである。これである。

大谷翔平 K-1選手顔負けの破壊力www (ミット打ち)


いやはや、この素人のようなトレーナーは一体誰だろうか?

ダルビッシュがやらせたとすれば、ダルビッシュとこのトレーナーにはかなりの損害賠償請求が来そうだな。

ダルビッシュは、将来の自分の敵になりそうな将来性ある選手を自分の自主キャンプに呼んで今のうちに怪我させてこの世界から消し去ろうとしたんでしょうナア。まさに白鵬や日馬富士や鶴竜のような発想である。

出る杭を打って潰す。

球団はもうダルビッシュの自主トレにはぜったい参加させるべきではないだろうし、ダルビッシュは永久追放すべきであろう。


(え)安倍晋三の発狂!?

いやはや、我が国の安倍晋三首相は、すでに28兆円もの巨額の融資話や投資話をして諸外国の行く先々で「大盤振る舞い」するという噂が立っているに違いない。

今度は、トランプ米新大統領に対して、なんと

50兆円

の投資話を持ちかけた。

安倍首相「アメリカに世界最先端のインフラを建設し、70万人の雇用と50兆円市場を生み出す!」
a0348309_1629496.jpg


米に70万人雇用創出 政策原案、日米首脳会談で提示へ


政府が10日の日米首脳会談で提案を目指す政策パッケージ「日米成長雇用イニシアチブ」の原案が2日、分かった。

日米が連携したインフラ投資などで米国を中心に70万人の雇用を創出し、4500億ドル(約50兆円)の市場を生み出すと明記した。民間航空機の共同開発構想や米国からアジアへの液化天然ガス(LNG)輸出拡大も掲げた。

イニシアチブは(1)米国内での世界最先端のインフラ実現(2)世界のインフラ需要の開拓(3)ロボット・人工知能(AI)の共同研究(4)サイバー・宇宙における共同対処(5)雇用と防衛のための対外経済政策連携―の5本柱。


この御仁どうも普通の精神状態ではない。いったいどの国の首相なのか?大統領にでもなったつもりなのだろうか?謎である。

会談する度に大盤振る舞い。

ビートたけしの父親が、実はここ阿南出身の正瑞家の末裔だったということが、最近の韓HKのファミリー捏造ヒストリーで発覚したが、この父親は大の大盤振る舞いが大好きだった。

飲みに行けば大盤振る舞い。仕事に行けば、仕事先で大盤振る舞いして余計なものを買ってくる。

そのおかげで自宅の商売の金が全部チャラ。むしろ借金だらけになり、ついには帽子店を破産させる。

そうやって一家が貧困家庭の仲間入りとなってしまったというのであった。

そんな貧乏のせいで、たけし少年はお笑いの世界に入っていくという話だった。

が、なんとこれって、どうも我が国の安倍晋三自公政権と重なるから恐れ入る。


このままええ格好シイの大盤振る舞いの安倍晋三政権が続けば、我が国は最貧国に陥落することだけはまちがいない。

財政バランスをまったく考えることなく、口先目先鼻先のかっこいいことばかりを約束するからである。

石橋を叩いて渡る。

こういう慎重さはが欲しいが、安倍晋三にはまったくない。


もう諸外国の政治家は、日本の安倍は招待してちょっと有頂天にすれば、何でもしてくれる。いくらでも金を出すってそういうこと見抜いているんちゃうか?

とすら疑念が湧くのである。たぶんもうそういう習性はみな知っているはずである。


(え)日本政府が発狂!?

もはや言うまでもなく痛い。これである。

日本政府、シリア難民の留学生とその家族を300人規模で受け入れへ・・・家族にも生活手当を支給し留学終了後も帰国する必要はナシ


シリア難民、300人規模で受け入れへ 政府、定住に道
日本政府が今年から5年間で、シリア難民の留学生とその家族を計300人規模で受け入れる見通しになった。留学生は配偶者と子供を帯同でき、家族にも生活手当が支給される。留学終了後は必ずしも帰国する必要がなく、事実上家族とともに定住する道を開くことになる。

特定国のまとまった難民受け入れ策としては、1970年代後半から2005年までに1万人を超えたインドシナ難民、10年から計123人が来日しているミャンマー難民以来となる。 国際協力機構(JICA)の技術協力制度を活用し、年20人の留学生を受け入れる。

対象はレバノンとヨルダンに逃れたシリア人難民。JICAはシリアの一般家庭の家族構成を踏まえ、5年の受け入れ数は300人規模になると試算。今年夏、最初の20人と家族が来日する予定だ。

a0348309_16333025.jpg


実に痛い。

首相が発狂した国に未来はない。隣の韓国同様である。

同じ発狂するなら、米国のトランプ大統領のように自国有利に発狂してもらいたいものである。


いやはや、徐々に「世界同時多発的内戦」の時刻が徐々に迫ってきましたナ。
この世界同時多発的内戦こそ、イルミナティーNWOシオニストがここ20年来目論んできたアジェンダなんですナ。これが「第三次世界大戦」なのである。

実はこの話を夢で見たという漫画家がいた。その人こそ、つのだじろうであった。その漫画が
メギドの火
a0348309_16395070.jpg
である。これはある意味つのだじろうの予言の書なんだってサ。最初に世界同時多発的内乱が来て、最後の最後に全面核戦争に行き着く。ちょっと前に読んだけどナ。



いやはや、世も末ですナ。


e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-02-03 16:13 | マスゴミ・ダマスゴミ

虎ノ門ニュース、トランプの真実を語る!:Donald Trump "Hey, Mr. Obama, You're Fired!"   

Donald Trump "Hey, Mr. Obama, You're Fired!"

a0348309_926574.png





みなさん、こんにちは。

いや〜〜確かにこれは面白い。

【DHC】1/20(金) 藤井厳喜・有本香・居島一平【虎ノ門ニュース】



いや〜〜、ここ10年ほど我々世界の陰謀暴露論者や陰謀論者が指摘し続けてきた、”メディアのダマスゴミぶり”がついに表の人たちからも発信されてきたようですナ。

まあ、ここまではっきりすればそれも当然でしょうナア。

今のところは政治の話の段階で終わっているが、実は皆さんが科学の世界はそうではないだろうと思っておられるだろうが、そのうち科学の分野、自然科学の分野もまったく同じようにダマサイエンス(=騙すサイエンス)であることが分かってくるだろう。

その一番最初が、地球温暖化詐欺である。

地球はすでに氷河期に入り始めている。太陽が低活動期に入り始めたからである。

CO2詐欺の黒幕「不都合な真実」のアル・ゴアの時代は終焉した。

また、最近「重力波が証明された」とかいってダマサイエンスしているニセ科学者も多いが、あの装置はいわゆるマイケルソン・モーレーの実験の巨大化したものである。だから、100数十年前であれば、

エーテルドリフトが証明された

と世界が湧いただろう実験にすぎないのである。

ユダヤ人は常にご都合主義的に解釈を変える。そういう傾向がある。

かつてはエーテルドリフトがあるかどうか白黒はっきりしなかったマイケルソン・モーレーの実験結果に対して、1つの可能性であるエーテルの非存在だけをとって、ユダヤ人であるアインシュタインの理論の方を擁護し、世界のスーパー天才に持ち上げた。

しかし、ミラー博士はマイケルソンと共にその後も終生実験を改良して繰り返し、30年後についにエーテルドリフトを証明したのである。

しかしながら、それをシャンクランドがマイケルソンやミラーの死後に死人に口なし状態で師匠の実験結果を盗み出して焼却し、実験ミスのために下された誤った結論だと言って、本人は核政策の要人になったのである。

あれから70年。

ついに同じマイケルソン・モーレーの実験を行い、ちゃんと信号を捉えたのである。

はてな?

なんとそれはエーテルドリフトの証明ではなく、エーテルを駆逐した方のアインシュタインのさらなる功績として重力波の検出をしたということにしようとしている。

これが今現在の段階というわけである。

親ガメがコケると子亀もコケる。


いやはや、いつになったら、そういうニセ科学者、ユダヤ学者がこの科学者世界から駆逐されるんでしょうナア。ちなみに、すべてのユダヤ学者がダメだというわけではない。良いユダヤ学者もたくさんいるが、そういう連中は日の目を見ない。

科学の世界も今ではダマスゴミとべったりして、超ひも理論やら超ブレーン理論だの、ニセ科学、トンデモ科学の吹聴者になってしまったわけである。


まあ、いずれは頭をガツン!とされる時期が来るだろうヨ。かなり近々そうなると俺は予想しているが。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-23 09:44 | マスゴミ・ダマスゴミ

ついに「アメリカ第一主義」トランプ大統領誕生!:「これは米軍事政権だ!」「日本も続け!」   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、昨夜のトランプ大統領就任式典は実に興味深かった。

「アメリカ第一主義」

これが就任前の選挙戦からの主たるテーマだったが、就任演説
President Trump Inauguration full speech
a0348309_12471337.png



でもまったく同じ主張をまとめていた。

日本のダマスゴミはさすがにここまで明確な主張だと騙すことが出来ずに困惑しているようであった。

が、一番大事な部分は「アメリカ第一主義」の下に巧妙にカットされたようである。

私が聞いていた中ではもっとも大事なことは「アメリカファースト」の中でも一番最初に上がった話

政府を政治家から国民の手に移す

という部分である。

この簡単な言葉の意味は実に深い。


我々陰謀論や陰謀暴露論の世界の常識中の常識は、
米政府の中にもう一つの政府ができている
ということである。

これは、俗にMJ12(マジェスティック12)と呼ばれるが、軍人官僚のエリートから6人、政治家や学者から6人の「俗に言う」賢人が選ばれて、この12人が実質上の政府内政府を作る。

これが、戦後のアメリカの大統領制度の暗黙の了解とされてきた。これを暴露しようとしたJFKや、ニクソンはことごとく暗殺やスキャンダルで追い落とされた。

この12人をサポートするのが、CFR(外交問題評議会)と呼ばれるものであり、これが「影のアメリカ政府(議会)」と呼ばれ、実質上の政府の作戦を練っていたのである。

アメリカ議会はそれを表向き承認するだけ、後はロビー活動で内職するだけという名前だけの組織と変わっていたのである。

その結果、多額の献金や女や老後の地位などを餌に政治家に取り入り、自分の企業をグローバルに大きくしたいというユダヤ企業やら朝鮮企業やら支那企業やらばかりが成功し、米国民はあくまで邪魔者扱いされてきた。むしろ、裏組織の「闇資金」を絞り出すための格好の材料として、麻薬汚染で闇金を捻出させられるだけの存在と化してしまったのである。

ちなみに、我が国では「日米欧三極委員会」「経団連」が「影の日本政府」である。

かつてミルトン・クーパーは1989年に最初にそういうアメリカ政府の裏社会を暴露した。結果、冤罪をデッチあげ得られて銃撃戦で暗殺されたのである。

カテゴリ:クーパー( 16 )



ウィリアム・クーパーとその死の真相:「彼は本当の愛国者だった」
ウィリアム・クーパー講演パート6:「MJ−12」の登場
ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」
など


同じ頃アメリカ人のディール・プラウディさんもまた我が国で今回のトランプさんとまったく同じような主張を行っていたのである。が、時期尚早。まだだれもその意味を理解しなかった。

1989年ディール・プラウディ講演:私がもっとも優れたと思う講演

宇野正美1989_(4/14)


今回のトランプ大統領およびその支援者たちというのは、ダマスゴミが言うように「声なき声を拾って当選」というより、実際には「四六時中いろんな人がさまざまな講演会で主張してきたのに大手メジャーからまったく無視されて押しつぶされてきたような意見を拾って当選」したにすぎないのである。

愛国者ミルトン・クーパー、博愛主義者ディール・プラウディなど、こういった本当の意味でリベラルな人たちの意見を組み上げて、初めて市民代表の大統領になったというわけである。(ちなみに、本当の意味でリベラルとは、理知的合理的という意味だが、今流通している偽の意味のリベラルとは左翼の意味、反政府という意味である)。

あまりアメリカのことを知らない人にはわからないだろうが、まして住んだことがないとまったく理解できないだろうが、我々東洋人である日本人が「白人=ホワイト」という場合、あまりに多くの人種を一纏めにしすぎているのである。

たとえば、
(あ)一番最初にメイフラワー号で渡った清教徒という時のイギリス移民の白人。
この人達が入植してから、
(い)一攫千金を夢見て欲望のままに渡ってきた欧州の白人。
(う)欧州が嫌になって逃げ出したユダヤ系の白人。
(え)石油ラッシュやゴールドラッシュで渡った白人。
(お)最初からアメリカを植民地とする目的で渡った英国王族貴族の子孫の白人。
(か)イギリス以外の欧州から渡った白人。
などなどさまざまである。

我々がアメリカの白人という言い方はこういうものを全部味噌糞にする。(逆に西洋人は我々アジア系を味噌糞にするわけである。東洋人と言えば一種類だと思っているが、実際には、支那人、朝鮮人、日本人、東南アジア人、ベトナム人など全部まったく歴史的にも文化的にも人種的にも違うわけである。)

いわゆる「古き良きアメリカ」の白人は、最初のピューリタニズムの白人たちである。バックツーザフューチャーの1855の世界である。

今はその後の歴史家やジャーナリズムや小説などが流布されて真実の歴史を知ることは、我が国同様非常に理解しにくくなっているが、意外なことに、俗にアメリカ・インディアンを虐殺した時の米兵の指揮官は大抵がユダヤ人だったのである。

ユダヤ人は他民族を殺す時にまったく躊躇しないのである。今のアラブ世界を見れば理解できるだろう。アラブ人を装ってISISとなって本当のアラブ人を洗脳して自爆テロを指揮しているのもユダヤ人エージェントである。

こういうことを昔からずっとやってきたのである。

ギリシャ・ローマの時代もそうだったし、戦後の欧米でもそうである。おそらく、ユダヤ人の文化伝統上、普通に生きていればそういうことをするようになるようである。

これは、朝鮮人として生まれてその文化伝統に即して生きると、ごく自然にアウトサイダーの犯罪者に成長するというのとよく似ているわけである。

こうして、アメリカも終戦後70年経つと、古き良きアメリカは事ごとく消え、ユダヤ人が作ったハリウッド映画音楽の価値観である、「自由の国アメリカ」「アメリカンドリーム」のイメージで上書きされてしまったのである。

その結果、メディアは全部ユダヤ系の所有物、銀行もユダヤ系、政治家も学者もほとんどがユダヤ系、実業界もユダヤ系がさまさに牛耳る社会になったのである。そしてついにユダヤ学者が理論的に予測していたように、

1%が99%の財産を所有できるアメリカになった。

どこが清教徒の国だ?どこがキリスト教の国だ?どこが正義の国だ?

とあいなった。

アメリカインディアンは学費も生活費もすべてわずかであろうが補助されている。しかし、インディアンを大昔に殺めたという方の白人アメリカ人たちは、まったく経済的なマイノリティーにすらなったのである。まあ、これはある程度史実だから逃げようはないが、20世紀に生まれた人にその責任はない。にも関わらず永久にその責任を負わされる。

同様にドイツ人はユダヤ人に対してそういう責任をユダヤ人のハリウッドは背負わし続けている。

これまたちょうど我が国では、本当は支那朝鮮を白人支配から開放し、自民族の文化言語伝統を復活させるべく解放戦争として支那朝鮮出兵した方の日本人が、戦後はまるで逆の戦争責任を負わされるというのと実に似ているのである。これまた、戦後生まれの日本人や戦争に行ったことのない日本人にはまったく何の責任もない。

これは朝鮮人として生まれると自動的に遺伝子異常が蓄積した形で生まれるという民族特有の定めとはまったく違うのである。朝鮮人として生まれたからにはその遺伝子を防御しなければならない責任がある。火病、犯罪、詐欺、嘘つき、凶悪化、こういう生来の形質異常と自分で戦わければならない。さもなくば文明人として存在できない。

日本人の責任とはそういう責任とは異質のものである。かつての正義のために行ったことが、今の不正義とされたわけだ。


さて、トランプ大統領は、こうしたこれまでのアメリカ政府やアメリカ政治からの回帰を宣言したわけだ。まさに「アメリカ革命」である。あのJFKですらできなかったことを宣言したわけである。


米トランプ政権は、実際には退役軍人や現軍人の司令官たちがアメリカ憲法の精神を復活させるべくした、合法的なクーデターである。まあ、我が国のダマスゴミは黙って「報道しない自由」を享受しているが、要するにトランプ政権というのは、アメリカの核兵器やペンタゴンの最新兵器で、ユダヤ人金融家や事業家をシャラップさせてできた(実際にヒラリークリントンの犯罪リークに反発し、ヒラリーの手先化したCIAの本拠地に対して、歯向かえば核ミサイルをラングレーやデンバーに打ち込むぞと脅迫してヒラリーメール事件を追求できたのである。)

アメリカ軍事政権

である。これを忘れてはならない。

トランプ大統領がアメリカを世界一強くすると言った意味とはそういう意味である。

CIAやNSAやFBIというのは、元々FRBを守るために出来た組織である。FBIはロックフェラーの民兵、NSAはロスチャイルドの民兵、CIAは米ユダヤ人の民兵のようなものである。だから、治外法権のあるアメリカの中の治外法権を享受できたわけである。CIA, FBI, NSAは米人を守るのではない。米富豪(ユダヤ系)を守るのである。

彼らにとって米兵は使い捨ての駒でしかなかった。事実、ユダヤ人のブレジンスキーはそう言って本まで書いている。今回のトランプ政権で、米軍人たちが「それは違う、ノーだ」と反撃したのである。

日本もこれに続くべきである。グローバリゼーション推進派の安倍晋三自公民や、支那朝鮮ワンワールド推進派の民主党=明清党や、支那共産党日本支部の日本共産党から、

日本第一主義=ジャパンファースト

の政権に移行すべき
である。


日本に巣食ったパチンコ、アダルト、闇金、詐欺組織、麻薬組織などの不遜悪徳朝鮮人をこの日本から叩き出し、日本を古来からの神仏融合したジャポニズムの日本に回帰させるべきである。


とまあ、俺個人はそう思うのである。

というわけで、我が国でも自衛隊出身者、そういう人たちの中から、トランプのような大富豪を見つけてサポートし、合法的クーデターを起こして、いわゆる政商やら族議員やら世襲議員から日本の政治を取り戻すべきなのではなかろうか?

だいたい日本の政治家と言ってもせいぜい明治維新以降に登場した家系にすぎないから、2700年以上前からの家系もたくさん存在するわけである。こういう古代からの正当なルーツを持つ日本人が我が国を取り戻すべきときなのである。

さもなくば、NWOやらシオニストのめざす世界崩壊した統一世界の地球になってしまうだろう。いくらワンワールドになったからと言って、一部のユダヤ系特権階級と後は貧乏人だけの地球という世界観はごめんである。


さて、唯一我が国で「ジャパンファースト」を主張する政党「日本第一党」が昨年夏以降に初めて登場したが、その日本第一党が今年早々から沖縄で大活躍中とか。

というわけで、これもトランプ大統領の「アメリカファースト」と絡めてここにメモしておこう。以下のものである。

【動画】日本第一・桜井誠党首率いる行動する保守運動が沖縄辺野古を訪問 基地反対違法テント村に突撃「違法行為やめろ!撤去しろ!」

桜井誠が反日国賊に天誅!-1 【祝!反日国賊30人が機動隊員60人に強制排除!】辺野古沖基地反対テントの売国奴痔ん+安田浩一玉砕!【4KウルトラHD】平成29年1月16日



a0348309_16425798.png


(どうして警察官が朝鮮人を警護するのかね?Policeとついた帽子かぶっているが、どうせ成りすましの朝鮮人だろうナア。ポリス帽かぶってサングラスしてマスクして顔隠している警察官なんて見たことないんだがナ。沖縄県警は偽警官を逮捕すべきじゃないのか?警察庁は成りすまし警官は現行犯で逮捕すべきであろう。こんなことがまかり通れば、いくらでも犯罪できるんちゃうか?)


頑張れ、ジャパンファースト!


Justice moves slowly!
正義はゆっくりと動く!


ちなみに、俺個人は
一度世界全面核戦争で大ドボンゲーム(大貧民ゲーム)をやって新たなる人類進化にかける
という荒業に期待しているのだがナ。まあ、これも結構面白いんちゃうか?まあ、俺は理論家だからヨ。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-21 12:48 | マスゴミ・ダマスゴミ

悲劇の都市伝説:「やり過ぎ都市伝説はフリーメーソンに乗っ取られていた!」   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜昨日関暁夫主催の「やりすぎ都市伝説」の年末特集があったが、実に面白くなかった。もうネタ切れですナ。あるいは勉強不足。中でもメインの関暁夫のフリーメーソンの話も、macintoshのSiriの話からイーロン・マスクの火星移住計画に移り、そしてティールのトランスヒューマノイド計画の話へと来たわけだが、これってまさにネオコンのNWOのアジェンダそのものであって、もう10数年も前からデービッド・アイクが言ってきた話にすぎない。それを今更なに?って言う感じですナ。

ミイラ取りがミイラになる。
ヒマラヤにゴミ掃除にいった掃除屋がゴミになる。


とまあ、こんな感じで、フリーメーソンの計画を暴くと言って潜入した関暁夫がいつしかセキルバーグというフリーメソンの広告塔に変わってしまったというところである。

実は今回のこの番組で一番興味深いと俺が感じたのは、ゲスト席にゲストの1人として出てきたこの女性である。

宮澤エマ
a0348309_1354622.jpg


今回のゲストの中でこの女性こそ、生粋のイルミナティーの”お目付け役”であろう。言い換えれば、CFRのくのいち、CIAのスパイというところでしょうナア。あるいは、ジャパンハンドラーズの新世代。

もしこの女性の背景を知ったら、やり過ぎ都市伝説の全員震えが止まらなかったのではなかろうか?


そこで、俺が調べるまでもなく、この女性がかの宮沢喜一を祖父に持つ、我が国の政治家家系の3世にあたるこという触れ込みで、元竹下首相の孫ということで芸能界入りしているDAIGOとか、そういうノリで紹介していた。

ところが、戦後の我が国の首相で生粋の日本人は、田中角栄と小渕恵三だけだったという業界内の噂があるように、他の首相はすべて支那朝鮮帰化人系、ましてやこの宮沢喜一に至っては同和出身にすぎない。同和出身の東大生。だから、官僚となり、同和村の英雄となったのである。政治の流れから棚ぼた式にひょんなことで総理大臣になっただけという、政治家の器も何もない、単なる英語が得意というだけの御仁だった。

人は肩書に弱い。どんなアホでもそれなりの肩書ができれば、馬子にも衣装。名前と肩書が1人歩きする。そういうものである。

さて、そんな爺様はやはり自分の血筋を消したかった。言い方を変えれば、血筋ロンダリングしたかった。そこで娘に外人をあてがった。

それが、この女性ラフルアー宮澤エマの実父のラフルアーさん。

Wikiにも出ていないし、謎の人物である。表に出ないのに政治家の娘をゲットし、さまざまな場所に名前がある。実はこういう人をフィクサーと呼ぶ。

それが、どうやらこの御仁だった。クリストファー・ラフルアーさん。
Christopher LaFleur

学歴
Princeton University
Woodrow Wilson School
1972年 – 1973年

Oberlin College
1967年 – 1972年

a0348309_13205251.jpg


2016 Kyushu Earthquakes: A Message from ACCJ President Christopher

LaFleur
a0348309_13185178.png




The anomalous position of Christopher LaFleur

Christopher J. Lafleur



この人物は私はまったく知らなかったが、どうやら日本を中心としたジャパンハンドラーの一派だという感じがしますナ。今のところ親日派なのかもしれないが、反日派のアメリカの政治家やビジネスマンとは折り合いが悪そうである。

まあ、いずれにせよOperation 51という日本再占領計画を任されている方のトップかトップに近い人物なのではなかろうか?

こんな人の娘に目を付けられた「やりすぎ都市伝説」。

こうなると、もうイルミナティーの計画を危険だとか批判できなくなるよナ。セキルバーグさんヨ。


体内にマイクロチップを埋め込む計画はもう20年も前からジョン・コールマンが「300人委員会」という暴露本で警告してきたことである。

トランスヒューマノイド計画は通称「スーパーソルジャー計画」の一種であり、要は人体実験させられているだけのことだ。金属製のマイクロチップを体内に入れると、テーダー銃で撃つと内部で感電死する。そのために人間にマイクロチップを埋め込めさせ、暴動者や思想犯を放電死させる。これがイルミナティー側の計画の一つだったわけである。

火星移住計画は、すでに1950年代には計画されたもので「第三の選択」という計画の、地球周回軌道上、月面、火星への移住計画というものである。
ウィリアム・クーパー講演パート8:「ファティマの予言」と「3つの代替案」
「第三の選択」(1977年):やっぱり月には色があり、月面には基地があった!


ビルダーバーグ会議というのは会議名はデービッド・アイクが仮に「ビルダーバーグ会議」と銘打って呼びやすくしたものである。これも陰謀論では常識。なにもやり過ぎは最初ではない。海外の陰謀暴露者はずっと前にホテル・ビルダーバーグに取材に入っているし、毎年抗議活動を行っている。

実はその前にもっとも重要な会議が行われた。これがすべての始まりである。通称「カントリークラブ」会議である。
ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」


この会議を取り仕切る役を受けたのが、当時まだ新進気鋭の学者だったヘンリー・キッシンジャーとズビグニュー・ブレジンスキーである。ここで、この二人が政財界学者の間で顔を売り、その後の名声を得て大金持ちになっていくわけである。

この会議とその後の「クウォンティコ・マリーン・ベース」の会議、すなわち「クウォンティコ会議」、でまとめられた政策がその後のアメリカの世界支配(すなわち、アメリカを利用した偽ユダヤ人の世界支配=NWO構想)につながっていくのである。

ビルダーバーグ会議や300人委員会はアメリカのこの戦略を世界の著名リーダーに知らせていき、その承認を得るために用いられたにすぎない。

そういう意味では、「影の世界政府」である。また、CFR(外交問題評議会)こそ、「影のアメリカ政府」となり、日米欧三極委員会(The trilateral commission)が「影の日本政府」となったわけである。

つまり、
日本には「日本人の日本人による日本人のための政府」なるものは端から存在しない
のである。つねに戦後は、欧米の顔色をうかがいながらの政治でしかない。

その一番の手下が宮沢喜一だった。

こいつが大蔵省時代に不動産バブルを演出し、自分が総理になった時に金融引締めを行って「バブル崩壊」を生み出し、日本をどツボに追いやった張本人だったのである。

こんな野郎の孫がテレビタレント?冗談ですか。

もちろん、信じる信じないはアナタ次第ですゾっていうやつですナ。

いずれにせよ、「やり過ぎ都市伝説」はもうまったく「やりすぎない都市伝説」「知られすぎて忘れ去られた都市伝説」の類になっているようだ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-12-25 13:55 | マスゴミ・ダマスゴミ

新たなる都市伝説登場!?:初代レナウン娘はシルビー・バルタンではなかった!?   

みなさん、こんにちは。

最近はどういうわけか俺のところに世界中の重要情報が自然に集まってくるようになった。俺のオフィスはたったの5畳一間しかないが、まるでペンタゴンさながらである。

そうなると引き寄せの法則のちょっと別バージョンで、俺の着眼点が引き寄せられるんだがナ、この世の情報が如実に真実を見極められるようになったというわけである。

とまあ、これは冗談はよしこさんだが、

かつて戦後復興してまだ間もないころ、レナウン娘というものが出てきた。

この中でも、初代レナウン娘。ここに謎が含まれていたとは?

この主題歌の「わんさか娘」というのは、ムッシュ・かまやつの作品らしいが、これである。

なつかしのCM 「レナウン ワンサカ娘」


巷では、この女性は外人女性、それもフランス人。有名な、シルビー・バルタンということになっている。

知らぬは日本人ばかりなり!

実はこの女性はどうやら謎の日本女性である
とか、そういう情報が飛び込んだ。


そういうわけで、この仮説が本当かどうか検証してみたわけである。

まずはワンサカ娘を歌っているフランス人形のような女性の顔がこれだ。
a0348309_1441529.jpg


この女性がシルビー・バルタンとされてきたわけですナ。


ところが、シルビー・バルタンの若かりし頃の歌声も今では見ることができるようになった。これである。

誰をも虜にした、60年代、70年代に見るシルヴィ・ヴァルタン

a0348309_1454583.jpg




シルヴィ・バルタン(SYLVIE VARTAN) - アイドルを探せ(LA PLUS BELLE POUR ALLER DANSER)




ヒラリー・クリントンの影武者疑惑の時に登場したが、人物の顔を見分ける決めては、両目の水平位置から口の中心までの距離と両目のそれぞれの中心を結んだ距離の比であるという。人が変わればこの比も変わる。

というわけで、この本物のシルビー・バルタンと日本のシルビー・バルタンはどうやら別人らしいということになる。


いずれにせよ、今と違って、昔は天皇の顔も見たことがなければ、社長の顔すら拝見できなかったという時代だったから、入れ替わっていたとしてもだれにもわからないんですナ。


真実はいかに?


まあ、信じる信じないはあんたの心がけ次第というやつですナ。

それにしても本物のシルビー・バルタンは可愛い女性ですナ。恋人にしたい。

ちなみに今も健在である。
a0348309_14252479.jpg


また、当のレナウンは今や支那人の手に落ちているんだとか。はあ〜〜???


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-12-14 14:30 | マスゴミ・ダマスゴミ