カテゴリ:韓国・ウリナラ・法則( 19 )   

【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」3   

パククネの父親は立派な日本軍人だった!
a0348309_1111735.jpg

日韓併合で朝鮮人が朝鮮母国で日本軍人士官や警官や議員や公務員になっている時代に、同胞が自国民を奴隷にするはずがないのである。事実そんな事実無根はなかったのである。


みなさん、こんにちは。

先日、とあるコメントをメモしたが、
【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」1
【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」2
それの続きとして、またメモしておこう。以下のものである。

【動画】歴史は違う 日本は韓国から文字、文化、言葉を奪ったのか?



a0348309_134201.jpg

日本人は韓国人から言葉や文字、文化を
奪ったといわれているが…

日本は韓国に対して、京城帝国大学(学生の半分は日本人、現ソウル大学)まで作っている(大阪に帝国大学を建てる前)が、こんなことをやった宗主国はない。支配するには、そこの人民を無知にさせるのが鉄則だから、常識破りをやっている。
 《小滝透 「日本人はなぜかくも卑屈になったのか」》

日本の総督府は、学校を可能な限り朝鮮全土に設置する方針をかため、1943年には小学校は4,271校、就学児童は日本人が約10万人・朝鮮人が約194万人に達していた。(保護国とする1905年以前はわずか9校、それも首都の漢城<のちの京城>にしかなく、入学者数は合計187名だった)
…台湾と韓国が戦後のアジアでいち早く目覚ましい経済発展をとげた最大の理由は、学校教育の普及にあった。
  《石井竜生 井原まなみ 「壁のない密室」》

伊藤博文は教育事業に多大な関心を寄せ、それを最優先させて千を超える各種学校ができた。(当初は小学校は40にも満たなかった) 
       《金完燮 SAPIO2002/7/24》

韓国は併合前、就学率は総人口の1%ほどだったが、昭和18年には61%にまで達している。

《黄文雄 「捏造された日本史」他の著書「中国・韓国が死んでも教えない近現代史」》

●ハングルは15世紀に作られた人工語だが、それまで漢字漢文を正書とする両班から軽蔑され相手にされない文字であったたがために、実用化に至っていなかった。日本総督府時代が初めてハングルを普及させ小学校教育に導入した。
      《西尾幹二 「国民の歴史(上)」》

●一般には、昭和13年の朝鮮教育令改正が「朝鮮語抹殺」の1つの例とされている。しかし総督府は、朝鮮語の辞書や教科書も作って教えていた。 
        《荒木信子 諸君!2006/4月号》

●筆者が当時朝鮮で暮らしていた人から伺ったところでは、電車の切符は朝鮮語で買えたそうである。
また昭和9年の西平壌駅の駅名票には、漢字・ひらがな・ローマ字・そしてハングルの4種類の文字が見える。(「別冊1億人の昭和史 日本植民地史1 朝鮮」毎日新聞より)
一方、お巡りさんは日本人でも朝鮮語ができなければ仕事にならず、制度として朝鮮語の講習を受けることになっていた。
…こういう事実からしても、当時の日常の生活語は朝鮮語だったといえるのではないだろうか。

●昭和18年製作「望楼の決死隊」という東宝の映画がある。舞台は昭和10年、満浦(現在の慈江道満浦市)という国境の町にある駐在所、つまり国境警備隊である。その中で気がついた点を列挙する…

◇映画の始まりで「演出今井正」、その下に「演出補崔寅奎」と朝鮮人名が見える。高田稔、原節子ら日本人の俳優に続いて「秦薫、沈影、朱仁奎、田澤二、金賢、金信哉、金玉」という名が見える。

◇駐在所の宴会で、金さんが朝鮮語で民謡を歌い、その場にいる日本人がリズムをとって楽しんでいる。

◇日本人の巡査二名が部落内の様子を訊いて回る際、住民と朝鮮語で会話している。

…つまり、大戦の最中である昭和18年時点で、朝鮮の文字や言葉、人名そして風俗を映画に出すことに何の問題もなかったのである。
  《荒木信子 「韓国・北朝鮮の嘘を見破る」》


●日本語は当時のアジアでは、いわば国際語だった。今の英語より有用だった。だから江沢民だって日本語を覚え、日本語訳されたマルクスからゲーテからディケンズまで、思想から医学・科学・建築分野まで学べた。朝鮮の学校では日本語を強制されたともいうが、今、英語で授業をやっているのと同じことだろう。
    《高山正之 正論2006/9月号》

●アジアの国々に日本語を押し付けたと非難するが… 植民地の人々が独立を志し、あるいは近代化への道を歩むための教育を受ける機会は皆無だった。よって日本に留学するアジア人は多かった。

◇1887年には朝鮮から60人の留学生が訪れている。
◇1905年には東京だけで8,600人、日本全土で1万人をはるかに超える中国近隣の留学生であふれた。(孫文・魯迅もいた)
◇同年、仏印から3人のベトナム人が日本に留学し、その数は数年で300人まで増えた。
     …など

●なぜアジア各地から日本をめざす留学生がいたかの理由について、中国・張之洞の勧学篇に詳しく記している。彼は言う。アジアで近代化を成し遂げた日本には、中国には得られない世界の文献が揃っている。日本に行き日本語を学べば、そういった文献は全て習得できる。

●安易に日本非難に乗るアメリカ人に対して「では、フィリピンで米語を教えるのは悪いことではないのか。あるいはシンガポールで英語が公用語として根付いているのは、英国が悪いことをしたということなのか」と質問すると、それに対する答えは返ってこない。
…日本語を教えるというのは、かつては知識を教えるという重要な意義を持っていた。
《高山正之 「情報鎖国・日本」他の著書「変見自在偉人リンカーンは奴隷好き」》

●先日から朝日新聞が「百年の明日・ニッポンとコリア」と題する連載を始めた。「ハングルは15世紀に世宗のもとで考案され、広められたが、日本の統治時代はこの民族固有の文字は厳しく弾圧され、日本語を強制された」と1回目は書きだされている。
一読、驚く。だいたいハングルとは今、南北朝鮮で使っている表音文字をいう。世宗が日本の仮名を真似て創った諺文がそのオリジナルだ。

●朝日は「広められた」としているが、これも嘘。世宗のあと、李朝の王らは諺文の使用を禁じ、漢語漢字こそ神聖だとやった。朝鮮のオリジナル語もほぼ8割方が葬られてしまう。諺文が息を吹き返すのは、朝日のいう「日本の統治時代」で、福沢諭吉が諺文と識字率を高める学校教育の普及を説いた。彼の門下の井上角五郎が諺文の活字を作って朝鮮に持ち込み、今のハングルの礎を作った。

●因みに日本は、たった数百校だった小学校を約4千校に増やし、学校に行けなかった常人(小作人)や奴卑の子供も通えるようにした。のちに大統領になる朴正煕もその一人で、「日本の役人が親を説得して小学校に通えるようになった。頭がいいからと授業料のいらない師範学校に進学させてもらい、陸軍士官学校にも入れた」と語っている。
…これがどうして「民族固有の文字が弾圧された」になるのか。

●朝日はさらに「日本語を強制した」と、まるで悪い事みたいに書く。
そうじゃない。朝鮮の民は日本のおかげで読み書きができるようになった。でもそれではトルストイやカントは読めない。なぜなら諺文訳の「戦争と平和」などないからだ。読むには英語や独語、露語を全て学ばねばならない。

●ただ日本語を学べば全てが読めた。世界中の古典を一つの言葉に訳した「世界文学全集」は、あの時代も今も日本にしかなかった。あの時代、文明に通じる道は日本語だった。だから支那人もビルマ人もベトナム人もみな、日本に留学して世界を学んだ。アジアでは英語に相当したのが日本語だった。
      《高山正之 週刊新潮2010/5/20》

●朝鮮総督府は「一面一校」(面は村の単位)を目標に小学校を次々に開校していった。1943年までに4,271校を設置して「一面二校」を実現した。それらは当時日本国内にもなかったコンクリートやレンガ造りの三階建て校舎などだった。

●日韓併合当時、朝鮮に公立学校は約100校しかなかった。外国修道会やキリスト教系学校も設置されていたが、2桁を超えるまでにはなっていなかった。かわりに多数存在したのが「書堂」(寺子屋)だが、それらは学校と呼べるレベルに達していなかった。
     《水間政憲 SAPIO 2013/10月号》


●1940年、ソ連は占領下のポーランドで将校やインテリ層2万人を虐殺した(カチンの森事件)。
統治に邪魔な存在だからだ。ポルポト政権はこれにならい、さらに徹底し、教師、医師、公務員、芸術家などインテリ層のほとんどを収容所で処刑した。眼鏡をかけていたり文字を読んでいただけで収容所に入れられたという。だからカンボジアは現在も教師、医師、弁護士などが極めて不足している。「今は民主主義でしょ」「でも、国民が無知なほど治めやすい」。ガイドは諦めのまじった笑みを浮かべた。現政権もかつての宗主国フランスにならったのだろう。

●日本は韓国を併合した当初、読み書きのできない民を本土並みにしようと、100校ほどしかなかった小学校を30年かけて4千校以上に増やした。学問の府として京城帝大まで設立した。阪大や名大より先である。
日本人にとって愚民化政策などという酷い考えは脳内に存在しないからだ。 
       《藤原正彦 週刊新潮2013/4/11》
http://kenjya.org/kyouiku.html


まあ、明治政府は本当に余計なお世話をしたものですナ。

どんだけ多くの日本人が、その誤った政策のために朝鮮人の手により殺されたか?

最初から、どうして遣唐使、遣隋使が朝鮮半島を避けて日本海を渡ったのかを理解すべきであっただろう。

アジアでもっとも劣悪で汚く危険な人型生物がいたからである。

明治政府が馬鹿なイギリス政府にほだされてやったことは、戦後に日本政府が馬鹿なマッカーサーのGHQにほだされてやった大馬鹿政策と同じことである。

結局、明治政府は日清日露戦争。第一次世界大戦、そして日中戦争、大東亜戦争、太平洋戦争と続き、多くのサムライを失い、多くのインテリを失ったのである。

戦後も、今見るように、バッカーサーのお陰で、在日特権天国となり、どれだけエラの張った目のつり上がった日本人や朝鮮脳や放射脳の日本人や帰化人が増えたことか。

日本人がどんなに素晴らしいことをしてやっても、それの恩を仇で返す。これは朝鮮脳のなせる技、遺伝子の問題であって、だれかにそそのかされてそうなるわけではない。ここを間違ってはならない。

彼らは人殺しするとスカッとして気分がいいから人を狙うのであって、原因があってするわけではない。心神喪失があるわけでもない。

他人の家を襲って火を放つと爽快感が得られるから、そうするのであって、別に恨みがあるわけではない。
後から出る屁理屈はその場しのぎの嘘でしかない。

女性をレイプするのは、そうすると性的興奮しペニス勃起するから女性を襲うのであって、別にその女性に何か関心や恨みがあるわけではない。

日本に対する反日を行うのも別に日本がにくいからそうしているわけではない。そういう反日行為をして騒ぐと集団陶酔でき、性的に興奮するからそうしているにすぎない。特に理由があるわけではない。

こういう朝鮮気質を理解したら、

一銭たりとも金を恵むことはあり得ない。
1匹たりとも我が国に入国させることはあり得ない。
1匹たりとも帰化させることはあり得ない。

とまあ、こういうふうになるはずなんだけどナア。


あまりに安倍晋三政権は朝鮮人に対して甘すぎる。その御蔭でどれだけの日本人が殺されてきたか。

そろそろ全世界にはっきりとした有無を言わせない証拠を突きつけるべきであろう。

我が国にはずっと新聞にそういう記録が遺されてきたからである。


物事はできるときにやっておく。

2020年に憲法改正できるなんて思っていると、それまでに自分がいなくなるという可能性もあるということを踏まえるべきだろう。

いま憲法を改正し、2020年には自主憲法制定する。これならまだしも、たいていは後の祭りになることが多い。


大事なことはだまってささって仕上げる。これですナ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-05-09 11:22 | 韓国・ウリナラ・法則

【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」2   

(つづき)

a0348309_134201.jpg


・鑑真も空海も最澄も東シナ海を渡ったこと(朝鮮半島を経由しなかったのは、朝鮮半島に立ち寄ると物資が略奪されるから)
・朝鮮人は、日本と中国大陸の文化伝来の邪魔をしていたこと(朝鮮半島を経由できていれば、東シナ海でたくさんの日本の船が沈没することはなかった)
・朝鮮の王朝が、1400年代まで対馬や九州北部に数十回も侵略しようと兵を送っては撃退されていたこと
・江戸時代の朝鮮通信使が市中で鶏を盗んだりして町人に嫌われていたこと
・対馬が日本神話に出てくる古代からの日本の領土であること
・朝鮮半島には武士階級がいなかったこと(武道で心身を鍛えることがなかったのが朝鮮民族)
・中国の王朝に朝貢していた越南(ベトナム)、琉球(沖縄)、朝鮮の中で、朝鮮だけが属国扱いされていたこと
・大日本帝国が1924年に京城帝国大学(ソウル大学の前身)を設立したこと(植民地ではなかった証拠。欧米は植民地には小学校すら作らなかった)
・朝鮮名のままだと商売がやりにくいという(名目での)朝鮮人の訴えが多かったので、内務省が創氏改名に踏み切ったこと(判子をついたのが元内務官僚の奥野誠亮・元自民党衆議院議員)
・李氏朝鮮は清に美女3000人を毎年献上していたので美女が減っていったこと(美女から生まれる男子も減っていった)
・竹島どころか、竹島と朝鮮半島の間の鬱陵島(ウルルン島)も江戸時代の1618年から1696年まで日本の領土であったこと
・朝鮮王が清国皇帝に奉呈した貢文に清国皇帝が気に入らない言葉が1つあっただけで、朝鮮王は銀一万両を罰金として払った上に、年貢への見返りを3年間停止するという厳しい処罰を受けたこと
・李氏朝鮮のソウルには、芸術品がまったくなく、公園もなければ催し物も旧跡も寺院もなかったこと
・樽(たる)を作れなかったので、味噌も醤油も作れなかったこと
・朝鮮半島の民族が昔から今まで南と北で相当違っていること
・韓国で使われている漢字語の8割以上が日本製であること(ハングルの読み方で読まれたのが漢字語)
・李氏朝鮮では漢字を読めたのは男性貴族だけだったこと
・李氏朝鮮では両班、中人、常民、奴婢、白丁という順に厳しい身分支配構造が形成されていたこと(日本と違って、階級の移動がなかった)
・李氏朝鮮の商店には屋根も棚もなかったこと(李氏朝鮮では土の上に魚を置いて売っていた)
・李氏朝鮮で1400年代に王が命じた水車づくりが1700年代の朝鮮でも実現されていなかったこと
・下層民である奴婢は両班の一家の食べ残しを食べていたこと
・先の大戦では、日本の一部だったのだから敗戦国だし、独立戦争を戦ったわけでもないのに、戦後、朝鮮進駐軍と称して日本国民に乱暴狼藉の限りを尽くしたこと
・1965年の日韓基本条約締結時、日本側代表が「互いの財産を相殺すれば(韓国に残した日本の財産の方がはるかに多いので)そちら側が莫大なカネを払うのだぞ」と反論したこと
・日本固有の領土である竹島を不法占拠している韓国は、日本に対する侵略国であること
・対馬藩が朝鮮に租界地を有していたこと
・朝鮮が告げ口社会であり、それが今でも続いていること
・日本の歴史を歪曲することは「日本民族の魂」を歪曲することであること(韓国の外相が「歴史は民族の魂だ」と発言している)
・江戸時代の朝鮮通信使が日本に来て大きな川に橋が架かっているのに驚いたこと
・「歴史を忘れた民族に未来はない」という言葉は、自分の歴史書を売るために韓国人に向けて発言した韓国人の申采浩の言葉であること
・日本に、韓国に謝罪と賠償を要求する権利があること(高麗の皇太子が元の皇帝フビライに「日本は、いまだ陛下の聖なる感化を受けておらず。」と述べたことが、元寇への決定的な要因となった)
・元寇の主力先兵は高麗兵であり、指揮官の中でも好戦的だったのが高麗人だったこと(中国の正史『元史』にも、朝鮮の正史『高麗史』にも記述がある)
・壱岐・対馬に上陸した高麗兵の残虐行為からまだ1000年を経ていないのだから、韓国に謝罪と賠償を要求する権利があること
・「従軍慰安婦」はなかったこと(呉善花氏は韓国で生まれて26歳まで韓国で生活していたが、その間、村の女を軍や総督府の官憲が強制的に連行したといった話は一切耳にしたことがなく、呉氏がインタビューした植民地世代韓国人も「一人としてそのような様子を見たことも聞いたこともない」と言っている)
・大韓帝国が成立したのは大日本帝国が日清戦争に勝ったからで、大韓民国が成立したのは大日本帝国が敗戦したからであること(韓国人は日本人に足を向けて寝られない)
・戦後、一般の日本人を一番殺したのは韓国であること(島根県の漁民が犠牲になった)
・日本人の韓国嫌いは一時的なものではないこと(朝鮮人と知り合った日本人が朝鮮人嫌いになったのは昔からである)
・コリアン(朝鮮民族)を嫌っていたのは日本人だけではないこと(コリアンを知ったロシア人もコリアンを嫌った)
・朝鮮半島起源の文化が一つもないこと
・朝鮮には誇れる歴史がないので、歴史を創出しようとしていること(2010年の民主党政権時、宮内庁が保管していた「朝鮮王室儀軌」を50点だけ持っていく約束が他のも2000点も持っていった)
・昔から、困った時だけ日本に頼ってきたこと(秀吉の時代も、飢饉に苦しんだ李氏朝鮮に米を送っている)
・いくら日本人に嫌われても意に介せず厚顔無恥なこと(最近になって、日本の嫌韓に気が付いてきて驚いている)
・戦後、日本は、朝鮮人に帰国するように呼びかけて、朝鮮半島に帰国する朝鮮人のために何度も無料で船を出したこと(現在の在日韓国籍コリアンは自分の意志で日本にいる)
・大日本帝国が大韓帝国を併合した時に、ほとんどの朝鮮人が喜んだこと
・1945年から1990年にかけて、韓国軍の強制的な拉致・監禁で慰安婦にされた女性がいたこと(特殊慰安隊、ヤンコンジュ・洋公主と言われる韓国軍の従軍慰安婦)
・パク・クネ大統領の父親の朴大統領が韓国軍慰安婦問題の張本人であること(娘のパク・クネは、これを隠してごまかすために日本軍慰安婦だと嘘を触れ回っている)
・1910年の日韓併合時、総督府がそれまで朝鮮にはなかった戸籍の整備を始めたところ、非常に多くの朝鮮人が「日本名」で戸籍に登録する騒動が勃発したこと(1911年、総督府は朝鮮人を区別するため「改名禁止」の法令を出した)
・1939年、総督府が、朝鮮人の強い要望により「創氏改名」を発令したが、1940年に施行された時、朝鮮人の人口の80%の322万戸が自分の意志で日本風の氏を名乗ったこと
・日本名への改名は、朝鮮人の「姓」に、日本風の「氏」を追加しただけであったこと(従来の朝鮮人の「姓」は廃止も改名もされていない)
・中国への朝鮮人の入植が始まると、朝鮮人と中国人のトラブルが続発したこと
・中国各地での日本国籍を与えられた朝鮮人の道徳の無い行動が中国や世界でニュースに取り上げられてヨーロッパで反日宣伝の材料になったこと
・朝鮮半島で、朝鮮人に横暴な振る舞いをしたのは朝鮮人の下級補助員(補助憲兵、朝鮮人巡査、朝鮮人通訳)だったこと
・イングランドがスコットランドを併合したように大日本帝国が大韓帝国を併合したこと(植民地化ではなくて、併合であった)
・清に朝貢していたという事実からは、ベトナムと沖縄が韓国の兄の国になること(沖縄は日本の一部(県)だが、韓国からは兄の「国」になる)
・663年の白村江の戦い後、日本人が命からがら朝鮮半島から日本列島に帰ってきたこと(終戦直後の朝鮮進駐軍と同じ。朝鮮民族の民族性は変わらない)
・朝鮮人に温情を掛けると朝鮮人は自分が上だと勘違いすること(どの民族からも格下扱いされていた朝鮮民族を大日本帝国が対等に扱った結果、韓国は、韓国が兄の国、日本が弟の国なんてとんでもないことを言い出した)
・大日本帝国時代、朝鮮総統府の日本人全職員がハングルの辞書を持たされてハングルを勉強したこと(植民地ではなかった証拠。植民地なら現地語を学ばない)
・大韓帝国併合時代も朝鮮半島では盗み、こそ泥がひんぱんだったこと
・第二次世界大戦で、韓国は戦勝国ではないこと(それを戦勝国と偽って朝鮮進駐軍と名乗った)
・朝鮮半島南部は日本人(倭人)の拠点の1つとして開拓されたこと
・朝鮮民族の誕生は13世紀頃であること(明の属国になって半島外から異民族の血が混じることが無くなった時)
・毎朝小便で顔や体を洗い、小便でうがいをしていたこと(とくに乳児の小便は清潔とされていた)
・キムチに対応する漢字が存在しないこと(キムチの歴史はせいぜい70年以内である疑い)
・小便や糞が混ざっている水でも平気で飲んでいたこと(味噌も糞も朝鮮人にとっては一緒だった)
・小便壺が家の中にあって、客がいても平気でそこで小便をしていたこと
・朝鮮半島の土壌からは寄生虫の卵が大量に見つかること
・世界で唯一人糞を口に入れる民族だったこと
・李氏朝鮮の厳格な身分制度を廃止したのは大日本帝国であったこと
・韓国ドラマに出てくる見事な鎧(よろい)・甲冑はまったくのねつ造であること(昔のものが1つも見つかっていない)
・韓国は朝鮮戦争により中国から被害を受けたので、その謝罪と賠償を中国に要求したが、中国大使から一喝されたあげく経済制裁されたこと(それ以降、韓国は中国に一切謝罪と賠償を要求しなくなった)
・謝罪謝罪と言うなら、韓国人が大日本帝国軍の兵として戦争したことを連合国軍に謝罪すべきであること(謝罪が好きなら自ら率先して謝罪して手本を見せるべき)
・韓国には謝罪を「受け入れる」文化が無いこと(韓国人にとって謝罪は上下関係を決定づける行為でしかなく、謝罪は隷属の意志を示す行為になる)
・512年12月、百済が使者を日本に送ってきて「任那の一部(百済寄りの4県)は日本から遠く、百済に近いので、譲って欲しい」と言ってきて、百済が任那の4県をぶんどってしまったこと(日本に対して一方的なのは昔から)
・米軍が韓国に駐留した1945年9月以後も、韓国では100万人を超える女性が基地の村で米軍らを対象に売春していたこと(韓国政府は基地村の女性に「慰安婦」の名称を使っていた)
・史実に基づいた歴史を韓国人に教えるのが日韓のためであること(韓国人の留学生が京都に「日韓友好のため」と称して従軍慰安婦の像を作ろうと運動している)
・江戸時代の朝鮮通信使が朝鮮の風習で大便を街道の路上で行ったこと
・朝鮮通信使が、旅館の器物を軒並み持っていってしまったこと
・朝鮮通信使に対する苦情が多かったので、1811年に幕府は朝鮮通信使を対馬止めにすることに変更したこと(易地聘礼、えきちへいれい)
・朝鮮通信使が日本の貨幣経済の発達に驚いたこと(江戸時代でも、朝鮮では物々交換だった)
・朝鮮半島で、庶民が食事の際に箸やスプーンを使うようになったのは1910年以降のことであること(それまではインド式(手づかみ)であった)
・大日本帝国の朝鮮総督府が何度も出した布令に「路上脱糞禁止令」があったこと
・1937年からの大日本帝国の志願兵の募集に朝鮮人が殺到したこと(1942年には倍率が62.4倍にもなった)
・朝鮮半島は空気が乾燥しているので、発酵食品が生まれなかったこと(醤油、味噌だけでなく、納豆も朝鮮人は知らなかった)
・1945年、脱走した朝鮮人兵が沖縄の伊是名島(いぜな島)の住民を虐殺したこと
・在日韓国籍コリアンには、仕事をしに日本へ渡ってきた人とその子孫か、朝鮮戦争を逃れてきた人とその子孫しかいないこと(李青若『在日韓国人三世の胸のうち』より)
・「アメリカ軍が1944年に調査したところ、慰安婦は金で雇われたただの売春婦だった!」という報告書が発見されたこと(第3者で当時の敵国から出た証拠)
・韓国人が起源を言うなら、トンスル(人糞酒)の起源が朝鮮半島であると言うべきであること(日本には無いので、トンスルの起源が朝鮮半島だと言われても日本人は反論しない。遠慮はいらない、韓国人はトンスルの起源を世界中に主張すべき)
・戦後、韓国と取引した日本企業は韓国から送られてきた試作品を見て契約したが、実際の取引が始まると粗悪品ばかり送られてきたこと
・スサノオノミコトが韓地(カラチ)に行ったという「日本書紀」の記述からも朝鮮半島南部が日本であったことがわかること(あまりにも木が少ないので、嫌になって出雲に来た。カラの国とは木がないからカラ)
・朝鮮民族の歴史が、強いものには巻かれ、弱いものには悪辣非道な歴史であること
・「韓国は嘘の国、日本は本当の国」であること(韓国が韓国民に教えている「韓国は兄の国、日本は弟の国」はまったくのデタラメ)
・大韓帝国併合は併合であって植民地ではなかったが、それを植民地であったと歴史を偽造して、朝鮮人なら当然のごとくするであろう非道な行為を日本人がしたように嘘をついていること(朝鮮民族は下の者には悪辣非道だから朝鮮民族の発想で植民地を想像している。下の者だからといってそれだけで悪辣非道なことを日本人はしない)
・強制連行されたという、いわゆる「従軍慰安婦」が1人も見つかっていないこと(自発的にやっていた高給取りの「追軍売春婦」ばかり)
・大日本帝国の軍隊には朝鮮人の将校までいたのであるから、強制連行された朝鮮人の「従軍慰安婦」がいれば、まっ先に朝鮮人兵が解放していたはずであること(朝鮮人兵が何もしなかったのは、いわゆる「従軍慰安婦」が軍とは無関係な高給取りの売春婦だったから)
・大日本帝国の軍が「従軍慰安婦」を強制連行した証拠資料が1つも存在しないこと(にもかかわらず、韓国の与党議員らが慰安婦の記録物を世界記録遺産に登録しようなんて発言している)
・朝鮮半島の歴史はほとんど属国の歴史であり、独立していた日本の歴史に嫉妬して、日本の歴史を悪く書き換えようとしていること(いくら日本に嫉妬しても、日本の歴史が素晴らしいことに変わりはない)
・日本人が明治時代にある種の郷愁を覚えるのは、明治時代がほとんど日本人の国であったからであろうこと(明治時代は1912年7月30日まで。韓国人が移住してきた大韓帝国併合は1910年8月29日)
・大日本帝国が大韓帝国を併合していた時代に、朝鮮人の部下になった日本人がたくさんいたこと(植民地ではなかった証拠)
・「従軍慰安婦」なるものは存在せず、戦場で「売春する女性とそれを仕切る業者」がいただけであること(日本兵の給料→当時の5円、いわゆる「従軍慰安婦」の給料→当時の300円)
・属国の歴史が独立の歴史よりも多い地域は世界で朝鮮半島だけであること
・大日本帝国の朝鮮総督府が朝鮮半島の鉄道を広軌1435mmにしたこと(広軌は新幹線と同じレール間隔。日本列島では狭軌1067mmだから、日本列島よりも立派な鉄道を朝鮮半島に敷設した)
・いわゆる「従軍慰安婦」の件では、朝鮮人兵が朝鮮人業者から朝鮮人売春婦を買った例も多かったこと
・いわゆる「従軍慰安婦」の河野談話が、原案も最終案も韓国側に提示されていて、韓国の悪意ある修正を受けていたこと
・漢文の「世宗実録」28年の項に、倭寇の多くは朝鮮半島住民であり日本人の倭寇は全体の1~2割に過ぎないと記されていること(この部分が、現在のハングルの「翻訳本」には欠損している)
・朝鮮では古来より、王朝・政権が変わると前の王朝・政権に関わるものは徹底的に破壊するという野蛮な風習があったこと(特に仏教寺院は李朝時代に徹底的な迫害を受けて破壊された。現在残っているのは人里離れた山の中にあって破壊を免れた寺院)
・西洋医学を朝鮮半島に持ち込んだのは日本だったこと(1908年にソウルに設立された「大韓医院」)
・大日本帝国が朝鮮半島の治安を朝鮮人に任せていたこと(朝鮮半島の軍人と警官の八割は朝鮮人だった)
・大日本帝国が大韓帝国を外交権のない保護国にしていた併合前の1905年から1910年でさえ大日本帝国が朝鮮半島に巨額の資金をつぎ込んでいたこと(1906年は大韓帝国政府の歳出額の約2倍に相当する1533万円を朝鮮半島に投入した)
・百済に、仏教が来る前には神道があったこと(百済から引き上げてきた帰化人が、賀茂神社の宮司になったりしている)
・沖縄戦で役場の土地台帳がなくなっていることをよいことに、基地の地主に成りすまして、日本政府から地代を巻き上げているコリアンがいること
・新羅と百済の文明は日本人の文明であって、日本人が日本列島に引き揚げた後の朝鮮半島には独自の文明が生まれなかったこと(日本列島に引き揚げた日本人が帰化人。それ故「帰」の字が当てられた)
・日本史上最大の誤りが大韓帝国の併合であったこと(敵性民族を日本列島に流入させた)
・朝鮮民族と距離を置くほど、日本の国運が良くなっていること(日清戦争、日露戦争と明治時代は国運隆昌。大韓帝国を併合した後に関東大震災、敗戦。朝鮮半島を切り離した戦後は高度経済成長。1991年11月1日から韓国籍・北朝鮮籍コリアンに特別永住資格を与えたが、平成不況に突入。特別永住資格は他の外国籍外国人に対する差別でもある)
・朝鮮民族に情けは無用であること(ひとたび敵対したら恨みをいだいていて、情けをかけてやっても背く)
・そもそも済州島は日本の領土であったこと(神功皇后の時代、済州島が百済に譲渡された)
・朝鮮半島の住民は、日本の歴史に当てはめると「大化の改新」以前の生活をしていたこと
・現実の韓国とは、文明の終わりを思わすような悪辣な思考と行動、風習、風俗が闊歩する社会であること(室谷克実『悪韓論』より。朝鮮半島の歴史的事実も室谷克実の著作に詳しい。上記は氷山の一角である)
・朝鮮民族とは日本民族に「恩をあだで返してきた」民族であること(歴史的に敵性民族)
・上記は歴史を直視しているので韓国に遠慮はいらないこと(韓国の外相が「日本は歴史を直視せよ」と発言している)


ちなみに、この一覧は、とある記事の匿名者によるコメントとして表れた。以下のものである。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(フィリピンの別の環礁も中国にねらわれている)

【拡散希望】歴史を直視

コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実一覧  2014/3/16


いや〜〜素晴らしい。

これはどこぞの歴史学者さんがおまとめになったものなんでしょうナア。

本当かどうかはご自分で調べればすぐに分かること。

しかし支那朝鮮では当局の検閲があるから、すでにこういう歴史書は焚書の憂き目に合っている。だから、彼らは検証不能だろう。

問題は、そういう彼らが我が国に研究という名目で来て、我が国の歴史文書や古文書を焼却しようと目論んで留学することである。事実、大事な仏像や歴史書が紛失破棄されたのは記憶に新しい。

要注意である。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-05-01 13:22 | 韓国・ウリナラ・法則

【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」1   

みなさん、こんにちは。

いや〜、ねずさんこと小名木善行さんの今日の記事は永久保存版の価値がある力作なので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧
a0348309_134201.jpg


元記事:【拡散希望】コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実一覧


・稲作が九州から朝鮮半島に伝わったこと
・唐辛子が日本から朝鮮に伝わったこと(足袋(たび)に入れて足を温めるものとして朝鮮半島に持ち込まれたのが唐辛子)
・半島南部の先住民が日本人(倭人)であったこと
・新羅の建国時の宰相が日本人(倭人)であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても日本人説(倭人説)があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による任那(伽耶)地域の支配があったこと(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・朝鮮半島における文化的独自性が欠落していること(あらゆる分野での古典の不在)
・属国として歩んできた歴史であること(漢民族・モンゴル民族・満洲民族のどの民族からも朝鮮民族は格下扱いされてきた)
・中国の属国になってから、みずから改名して、中国語の姓名であること
・秀吉の朝鮮出兵が日本と明の戦争であったこと(李氏朝鮮の軍は明の軍の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われた)
・李氏朝鮮王が、中国の地方長官の地位でしかなかったこと
・清から、李氏朝鮮が琉球とベトナムよりも格下に扱われていたこと
・李氏朝鮮の前の高麗では、元の命令で、王妃が代々モンゴル人であり、モンゴル人の母親から生まれた息子しか国王になれなかったこと
・朝鮮半島の国が、歴史上一度も、単独では戦争に勝ったことがないこと(朝鮮民族と組んだ国も戦争に勝てない。高麗と組んだ元の元寇、大韓帝国を併合した大日本帝国の大東亜戦争)
・朝鮮民族が雑多な民族の集まりであること
・ハングルで表記できない発音がいくつもあること
・チマチョゴリが、子を産んだ女性は胸を露出して着る服であったこと
・朝鮮半島に唐辛子が広まったのは、塩の代わりの調味料だったこと
・李氏朝鮮の時代に、木を丸くする技術がなくて、二輪車がなかったこと
・秀吉が朝鮮に出兵した時に、秀吉側について明と戦った朝鮮人がたくさんいたこと
・馬に乗って戦っている倭寇がいて、日本人じゃない倭寇がいたこと
・日本に文明を教えてあげたと主張する王仁博士の出身地に、王仁博士の一族の末裔も王という姓の人もいないこと
・竹島が古代から一貫して日本の領土であったこと
・テーブルで肉を焼く料理法は戦後、日本から韓国に伝わったこと
・文盲だった朝鮮人にハングルを教えることにしてハングルを広めたのは日本人であること
・高麗の時代には、済州島は元の直轄地で、元の領土だったこと
・朝鮮戦争前はむろん、朝鮮戦争後もずっと、韓国人は白米を常食にできなかったこと
・朝鮮半島の国は中国の国に朝貢するにも朝貢する文物がないので女性を献上していたこと
・大韓帝国(李氏朝鮮)の外国からの莫大な借金を、日本が代わりに支払ってやったこと
・大韓帝国(李氏朝鮮)の李王家の帰国を大韓民国(現在の韓国)が拒否していて、大韓帝国と大韓民国は別の国であるので、大韓帝国併合については韓国人(大韓民国人)には言及できないこと
・2000年近い朝鮮半島の歴史の中で、朝鮮半島を統一した独立国家としての歴史は、936年から963年までの高麗の27年間と、1895年から1910年までの李氏朝鮮(1897年から大韓帝国と改称)の15年間しかないこと
・朝鮮という国名にしたのは明だが、他国に自国の国号を決めてもらった世界にただ一つの国であること
・百済と新羅の時代に朝鮮半島に住んでいた日本人が文明人として他の民族から尊敬されていたこと
・百済と新羅から帰化した人からの朝鮮語の伝搬が見られないことから、帰化人とは朝鮮半島に住んでいた日本人であったこと(帰化人を渡来人というのは誤り。文字通り帰ってきた人達。朝鮮半島からの帰化人は引き揚げ者)
・昔から今まで常に日本列島が朝鮮半島よりも文明文化が進んでいたこと
・済州島には朝鮮民族とは別の言語・風習を持っていた、朝鮮とは別の民族が住んでいたにもかかわらず、済州島を併合してしまったこと
・1948年に、済州島の民族を大虐殺したこと
・済州島の民族の言語とアイヌ語に共通な語があって、済州島には日本列島と同じ民族が住んでいたこと
・元寇の兵の大半は高麗人(朝鮮民族)だったこと(韓国では元寇を元の「日本征伐」としていて、高麗人が元寇の主力兵だったことを教えていない)
・民族が到達しやすくても脱出しにくいのが半島だが、そもそも朝鮮半島には日本人が住んでいて、後から別の民族がやってきて、それが朝鮮民族になったと考えられること
・民族は敵性民族がいなければ暖かい所に移動するので、朝鮮半島の朝鮮民族は北のほうから南下してきたと考えられること
・朝鮮民族が南下してきたといっても単一の民族としてではなくて、満洲民族、モンゴル民族、漢民族、北方のツングース民族等が南下して朝鮮民族になったと考えられること
・韓国では中国を親の国、韓国を兄の国、日本を弟の国だと教えているが、それ自体が韓国の属国思想であること(日本は独立国だったので、そういう発想がない)
・宦官制度が新羅の時代から1894年の甲午改革で廃止されるまであって、去勢された男子の宦官がいたこと
・朝鮮民族は漢民族・満洲民族・モンゴル民族に従属していて格下の民族とされていたこと
・清朝の冊封体制の中で李氏朝鮮の地位は低く、朝鮮使臣のみが丸首の衣で歩いて裏門から入ったこと(朝鮮使臣のみが礼服と籠に乗ることと正門から入ることを禁じられていた)
・昔の李氏朝鮮の大極旗には清国属国旗と記されていること
・遣隋使、遣唐使、日明貿易の時代にも朝鮮を通さずに日本は交易していること
・李氏朝鮮の時代も、水田の灌漑施設がなかったこと
・1000年にわたる売春立国であること
・遣隋使、遣唐使、日明貿易はあったが、遣高麗使、遣朝使のような朝鮮半島との貿易はなかったこと
・朝鮮の漬け物の発祥地は中国の重慶であること
・高麗の青磁は中国の殷が起源、李氏朝鮮の白磁は中国の北斉が起源であり、どちらも朝鮮半島の発祥の文物ではないこと
・日本の歴史は事実・真実のままで世界に誇れる立派な歴史であること(歴史を偽造する韓国に配慮して日本の教科書を記述することなどとんでもないことである)
・韓国の教科書には「〇〇を日本に教えてあげた」という記述が山のようにあるが、そのすべてが偽造・ねつ造であること(韓国は、日本発祥のものでさえ教えてあげたと記述する傲岸不遜な国。教えたも問題だが、教えてあげたという表記は無礼千万)
・朝鮮半島発祥の文物で日本に影響を与えたものは一つもないこと(朝鮮民族がいなくても日本の文明文化は発展していた)
・朝鮮半島に存在しないDNAの稲が日本だけにあること(稲作は中国雲南省あたりから海路で九州に伝わったから)
・新羅も百済も日本(倭国)のことを文化大国として敬仰していたこと(朝鮮半島初の統一国家である新羅の基礎づくりを指導したのは日本列島から渡ってきた日本人(倭種)だった。「第四代新羅王の解脱(タレ)は、倭の東北一千里にある多婆那国の生れ」(三国史記新羅本記)、多婆那(タバナ)国は、丹波、あるいは但馬と考えられている)
・日本国は九州北部と朝鮮半島にまたがっていたこと(鉄資源を採取するための拠点が朝鮮半島南部にあり、そこから南が倭国(日本)と認識されていた。「韓は帯方郡(魏の直轄地・現ソウル付近)の南にあり、東西は海、南は倭と接す」「倭に至るには(海岸に沿って水行し韓国を経て、あるいは南し、あるいは東し)その北岸、狗邪韓国に至る。(そこから)はじめて海を渡ること千余里、対馬国に至る・・」(魏志「韓伝」および「倭人伝」)
・日本は朝鮮半島南部の拠点を通じて、1世紀ごろには中国大陸と直接交流していたこと
・戦前の朝鮮史研究では、新羅4代王が日本列島の出身者であることなど常識であったこと
・新羅16代の王のうち半数が日本人であったこと(半島古史研究で基本資料とされる『三国史記4』(東洋文庫)に全文間違いの訳注がある。日本人(倭種)は4代目のみとする訳注を書いたのは韓国人の鄭早苗)
・新羅と百済の同時代の『唐書』に、「新羅も百済も倭国(日本)を大国として敬仰している。それは倭国には優れた品々が多いためで、常に使節が倭国に赴いている」との記述があること
・日本の皇室が世界で一番古い家系であること
・青森県の大平山元遺跡が「世界最古」の遺跡であること
・日本の神道のような信仰は世界中にあったが、今は日本にしか残っていないこと
・日本の前方後円墳は3世紀に出現したが、朝鮮南部の栄山江から発見された前方後円墳は5~6世紀のものであること(日本人が朝鮮半島に住んでいた証拠であると知った韓国人は朝鮮半島の前方後円墳を爆破した)
・百済では1世紀になって初めて稲を作るべしとの王令が出たこと
・日本の農業用語に朝鮮由来の言葉がないこと(朝鮮から伝来していないから)
・日本書紀が書かれたのは8世紀だが、朝鮮の三国遺事が書かれたのは13世紀であり、日本の神話が朝鮮の神話よりも古いこと(日本の神話が朝鮮の神話を真似たというのは嘘。朝鮮神話が5000年前の熊太郎(檀君)神話を実話として教科書で教えているのは荒唐無稽)
・朝鮮が属国だったから、朝鮮からの使節が外交使節でなく朝鮮通信使とされたこと
・現在ソウルの城門のあった場所には「独立門」というものが建てられたが、昔その場所には『迎恩門』という門があり、それは「朝鮮王が9回頭を地面に叩きつけて擦りつけ、ひれ伏して清の使者を迎える」という・屈辱的な隷属の象徴の門だったこと
・朝鮮国王は 中国の王朝の皇帝によって任命されたこと
・朝鮮国内の事件は全て皇帝に報告しなければならなかったこと
・朝鮮国王の地位は、中国の王朝の廷臣よりも下だったこと
・朝鮮政府には、貨幣の鋳造権すら与えられてなかったこと
・朝鮮政府には清国への食糧、兵士提供の要求権もなかったこと 朝鮮は清国に細かく定められた貢品を出す以外に、毎年、牛3000頭、馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜いて貢がなければならなかったこと
・新羅が日本の属国であって、新羅の王子が日本に人質にとられていたこと
・白村江の戦いとは、日本の属国から唐の属国になって寝返った新羅をめぐっての、日本と唐の宗主国同士の争いであったこと
・ハングルが日本の阿比留文字の真似であること
・朝鮮通信使が、朝鮮の王から、日本から技術を学んでくるように言われていたこと
・併合前の大韓帝国がアジア最貧国だったこと(1910年のインドよりも、1910年の朝鮮半島は貧しかった)
・李氏朝鮮の王の即位の年には、「朝鮮国、権署国事、臣李某」から始まり、「国事をかりに処理する臣下の李」と、李氏朝鮮の王から清への書状に書かれていたこと
・「朝鮮」とは朝貢物の少ない国という意味であること(鮮は少ないという意味)
・現在の朝鮮民族と古朝鮮とは民族の連続性がないこと(現在確認されている朝鮮古語は180語しかない)
・満州国国歌を韓国国歌にしていること
・李氏朝鮮が男尊女卑の社会であって女は子を産む存在でしかなかったこと
・韓国は東北から北海道の緯度にある寒冷地帯であって、南方の食べ物である稲が育つはずがなくて、1980年代まで韓国人は雑穀を食べていたこと
・朝鮮半島には価値ある文化、富や食、豊かな土地などまったくなかったという理由で、中国の王朝が朝鮮半島を自国領にしなかったこと
・トンスル(人糞酒)があること(犬、猫、鳩の糞の酒もある)
・百済時代には、百済を含めた朝鮮半島の南部から中部まで日本の文化圏だったこと
・遺伝子(DNA)鑑定によれば、現在のコリアンの多くが北方系民族で、日本人の系統とはまったく異なること
・朝鮮半島の歴史上、最も繁栄したのが日韓併合時代であったこと(インフラが整備され、人口は倍増、学校が作られて教育水準も上がった)
・病人のまねをする病身舞があったこと
・戦後、障害児を海外に養子に出して捨てていたこと
・朝鮮半島ではオルドス式銅剣もそれを製造する鋳型も見つかっていないこと(中国大陸と日本列島では発掘されている)
・朝鮮半島では大陸性の青銅ナイフが見つかっていないこと(日本では見つかっている)
・朝鮮は外部世界と隔絶した秘境で、文化がなかったこと
・朝鮮半島には布を染色する技術がなくて、住民は色落ちした白い服しか着れなかったこと
・高句麗が、日本を格上の国として、日本に朝貢していたこと
・高句麗も渤海も朝鮮民族の国とは言えないこと
・李氏朝鮮の李氏が満洲民族だったこと(韓国が李氏朝鮮の初代の李成桂の歴史ドラマを作らないのは李成桂が満洲人だから)
・父親の大便を息子がなめて健康を見るのが孝行息子とされていたこと
・明の皇帝の衣装が龍9匹、皇族が8,7匹、大臣級が6,5匹、地方の役所の長が4,3匹なのだが、朝鮮王は龍3匹の衣装だったこと(龍3匹の衣装にも赤と青があるが、格下の青い衣装だった)
・李氏朝鮮には1882年まで国旗がなかったこと(属国だったから)
・李氏朝鮮の首都の漢城(現在のソウル)に、道路すらろくになかったこと
・鼻が曲がりそうな糞尿の悪臭が朝鮮半島全土をおおっていたこと
・家が竪穴式住居に近いものであったこと
・朝鮮では中国の貨幣を使用していたが、庶民には流通せず、庶民は5日おきに開かれる市場で物々交換していたこと
・李氏朝鮮時代に、性的奉仕を行う「妓生キーセン」がいて、身分は奴婢であって、妓生こそが性奴隷だったこと
・大韓帝国併合時、朝鮮に公立学校は約100校しかなかったが大日本帝国が1943年までに4271校まで増やしたこと(それらは当時日本列島にもなかったコンクリートやレンガ造りの三階建て校舎などだった)
・韓国は高句麗と渤海を朝鮮民族の国としているが、高句麗は日本を兄の国として外交使節を送ってきて、高句麗の後の渤海は日本を「父の兄、伯父(おじ)」の国として外交使節を送ってきていたこと
・キムチが人糞を混ぜて発酵させる食品だったこと(人糞の臭みを消すために唐辛子をどっさり入れた)
・キムチに使われる白菜も日本から伝わったこと(大正時代に名古屋の野崎徳四郎が栽培に成功した)
・役人が薪にするため柱を切ってしまうので、持っていかれないように、柱に人糞を塗ることがあったこと
・李氏朝鮮の李氏は明・清の後ろ盾で朝鮮王を名のっていただけであり、朝鮮半島は実質は無主地だったこと
・大日本帝国の民間銀行「第一銀行韓国総支店」が1902年に第一銀行券を発行したが、それが韓国で初めての紙幣であったこと
・男尊女卑で、女性は男性の食べ残しを食べていたこと
・ハングルは表音文字なので、「放火」と「防火」が同じ、「素数」と「少数」が同じ、「祈願」と「起源」が同じになってしまうこと
・李氏朝鮮・大韓帝国に鉄道がなかったこと
・李氏朝鮮・大韓帝国が禿山ばかりだったこと
・キムチがもともと中国の酸菜(冬季用の漬物)が三国時代に韓国に伝わったものである(白いキムチ)と中国最古の詩篇「詩経」に記載されていること(それに唐辛子を加えたのが今の赤いキムチ)
・李氏朝鮮・大韓帝国には2階建ての建築物がなかったこと(外国人の建築物を除く)
・英語その他のヨーロッパ語の辞書が作られたのは日韓併合後であったこと
・朝鮮人小学校の年間平均学費が1人7円30銭であったのに対し、日本人小学校の年間平均学費が平均40円であったこと(日韓併合時代、日本は朝鮮人を優遇していた)
・大日本帝国軍の将校であった多くの韓国人が創氏改名をしなかったこと(もし創氏改名が強制されたものであったとしたら、朝鮮半島出身の将校こそ、手本を示すために創氏改名させられたはず)
・李氏朝鮮518年、日韓併合時代、1945年以後の南北分裂時代の3つの時代を比較して、もっとも人命が尊重されて人口が増えたのは日韓併合時代だったこと
・朝鮮の残虐な刑罰を廃止したのは日本政府であったこと
・大韓帝国併合を要請したのは大韓帝国側であったこと
・車輪を作れなかったので、李氏朝鮮・大韓帝国には馬車・牛車・人力車、農業用の水車がなかったこと
・朝鮮民族には入浴する習慣がなかったこと(大日本帝国時代、朝鮮半島に銭湯が作られて、日本人と朝鮮人の浴槽は別々であったが、朝鮮人の女が入浴に来た例はなかった)
・朝鮮半島の諸国が日本の管轄下にあったことを南宋の順帝が公式に認めていたこと(宋書は、倭王・武の順帝宛上表文の「海を渡って平らげること95ヶ国)を認め、順帝から「武を使特節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王に叙した」とする)
・広開土王碑文には「391年、倭が百済と新羅を破り臣民とした」とあること
・鉄の産地は主に新羅地域だが、隋書に「日本人(倭人)が鉄を採掘している、という『韓伝』の転載」があること
・752年の奈良大仏開眼供養には、アジア各国からの参列者があって、日本の勢力は隆盛だったこと(導師はインド出身の僧菩提僊那で、従者には胡人(イラン人)も混じり、日本、唐、高麗の楽舞が大仏に奉納された。1万数千人もの参列者の名簿が正倉院文書にある)
・百済の時代に、日本に70近くの国分寺、国分尼寺が建立されていたこと(仏教が百済から伝わったというのは嘘)
・野糞が普通だったこと(どの道も糞尿だらけだった)
・少女キーセン(性奴隷)がいたこと
・私有財産が保障されていなかったこと
・大韓帝国併合後は、洪中将、金少将など、朝鮮人を分け隔てなくして、日本人兵士に対して命令できる軍の高位に抜擢したこと
・朝鮮の女性には名前がなかったこと
・平均寿命が24歳だったこと(大韓帝国併合後には平均寿命が56歳に上がった)
・朝鮮人女性の性奴隷を禁止したのは大日本帝国政府であったこと
・現代の朝鮮民族の風習がロシアのエヴェンキ族に酷似していること(古代の朝鮮とは別の民族)
・朝鮮には木を丸くする技術がなかったので桶(おけ)も樽(たる)もなかったこと
・朝鮮民族は犬を食べるが、時間をかけて犬を苦しめて殺していたこと
・元寇の兵士の大半が朝鮮民族だったが、占領した対馬の住民に対して、男は皆殺し、女は掌に穴をあけて縄を通して船につるしたこと(日本兵が矢を射られないようにした)
・在日韓国籍コリアンの多くが、戦後、済州島から日本に密入国してきた人であること(戦時中の強制連行どころか、戦争が終わって大韓民国ができてから自分の意志で日本に来た)
・韓国語に「おもいやり」の単語がないこと(韓国人は「人をおもいやる」ことがないから)
・朝鮮半島は、ソウルでさえ浮浪者が集落を作っているに過ぎず、何の文明もなかったこと
・朝鮮半島は「羅生門」の時代よりも悲惨な状態だったこと
・朝貢が少ないと文句を言う清王朝の機嫌をとるため、収穫物・生産物のほぼすべてを両版(リャンバン)が収奪していたこと
・1910年の時点で朝鮮の住民の94%が文盲だったこと(ハングルも読めなかった)
・対馬の領土化を狙った李氏朝鮮の対馬侵略が1419年の「応永の外寇」だが、対馬の守護や主力兵が不在の時期を狙って17285人の軍勢を対馬に侵攻させたにもかかわらず、対馬の留守を預かる600人程度の日本の武士に李氏朝鮮が10日ほどで完敗したこと(戦死者が日本20人、朝鮮2500人以上)
・「応永の外寇」の結果、対馬が日本であることを李氏朝鮮が再確認させられたこと
・李氏朝鮮が対馬に朝貢していたこと(李氏朝鮮は明治になるまで、毎年大量の米、麦、野菜などを対馬に献上していた)
・大日本帝国は1895年に台湾を、1910年に朝鮮半島を併合したが、1910年の朝鮮半島が1895年の台湾よりも非文明地域だったこと
・創氏改名を要請したのは朝鮮人の側だったこと(朝鮮民族は漢民族・満洲民族から格下扱いされていたので、日本名を名乗って日本民族を詐称することを朝鮮民族が望んだ)
・伊藤博文を暗殺したのは安重根ではなかったこと
・秀吉が朝鮮から連れてきた陶器職人を、江戸時代に家康が朝鮮に帰してあげようと言ったところ、全員が断ったこと(日本の暮らしのほうがずっと良かったから)
・李氏朝鮮は清の属国だったが、清に日清戦争で勝って李氏朝鮮を独立させたのが大日本帝国であること(李氏朝鮮の宗主国・清に勝った国を弟の国と呼ぶのは支離滅裂)
・李氏王朝を廃止したのは李承晩(韓国初代大統領)だったこと(李氏王朝は大韓帝国併合後も存続していた)


(つづく)



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-05-01 13:20 | 韓国・ウリナラ・法則

「あなたは知っていますか?」:ユダヤのラビの予言「この世の終わりはコリアから」!?   



ハンベーダー

遠く暗い半島の奥から日本をめざしてやって来る。
それをいま私たちはハンベーダーと呼ぼう。
滅びゆく国からの侵入者たち、
彼らの目的は日本を我が物にすることにある。

出人便鮮人(デビット・ビンセント)は、とある夜明け仕事を済ませての帰り
激しい疲労と闘いながら車を走らせていた。

迷い込んだ田舎道で彼らハンベーダーを目撃した。
しかしこの事実を誰も信じてはくれなかった。

日本の平和のために、
日本人の姿をした半島人ハンベーダーが日本にいる限り、
出人便鮮人はこの恐るべき事実を全世界へ訴える証拠を求めて
ただ一人戦う決心を固めたのだ。

ジョーク「ハンベーダー」:出人便鮮人はとある夜明け、ハンベーダーを目撃した。。。
坂東忠信「日本人はどこまでお気楽なのか?」→俺「我々日本人も特別永住者にしろ!」



みなさん、こんにちは。

私のこのブログを見てきた人、最近知った人、そういう人は、

Kの法則、韓の法則、法則発動

から始まり、

ヒトモドキ、ハンベーダー、ザパニーズ

というような新語、造語を初めて目にし、彼らの風習や性質である

通名、背乗り、なりすまし、朝鮮脳、放射脳

ときて、最後に

ヤクザ、右翼、同和、共産党、社民党、民主党=民進党、維新の会、〜〜連合
ハングレ、シールズ、

などが、同じカテゴリーに属し、それを統括するものが、

電通、博報堂、共同通信社、朝鮮総連=創価学会、韓国民団=統一教会、経団連

であり、それを裏から支える資本が

パチンコ、アダルト、アイフル、オリックス、DeNA、ソフトバンク、楽天、イオン

であるというようなことを目にしたはずである。


ところで、パチンコには「三店方式」という手法がある。

客(金からパチンコ玉)、パチンコ店(パチンコ玉から景品)、景品交換所(景品から金)

の三店である。

要するに、これを一箇所で行うと違法ギャンブルになるから、違法行為を三分割して法律の網をくぐるという朝鮮人のアイデアである。

犯罪をこういうふうに三分割したものが、ヒットアンドアウェー方式である。計画者、実行犯、運び屋に三分割するのである。運び屋は実行犯ではない。実行犯は金を運ばない。計画者は犯罪に手を染めない。だから、普通の刑法にはひっかからない。

しかしながら、3つ4つが揃えば、とてつもない凶悪犯罪になる。

実はこの「三店方式」とまったく同じ構造で国際的にやっているのが、我が国にはびこった在日、北朝鮮、韓国である。3つ揃って世界崩壊への道につながる大犯罪を起こしてきたのである。


これが朝鮮人の脳の働く分野である。ゆえに放射脳、朝鮮脳と呼ぶわけだ。

普通の人種はこういうことは簡単に考えることはできるが、実行しない。なぜなら、死後の世界で罰せられることがわかっているからだ。

しかしながら、鮮人は違う。まだ死後の世界という霊的世界を含めて人間になりきっていないために、現世で動物的に振る舞うのである。

結果、死後、かなり攻められるらしい。そして、大半が豚や鳥や牛の家畜になるという。あるいは、ひどい場合には、ゴキブリになり、火星に捨てられる。永遠にゴキのままだと。


冗談はよしこさん。

話を元に戻すと、私はだいぶ前から、韓の法則発動で死んだ数々のアジア人および日本人の歴史から考えて、この地球上に朝鮮人(=韓国人)が存在する限りにおいて、この地球の未来はないと警告してきた。

最初は、キチガイ扱いされたものだ。次は、ネトウヨ扱い。しかし最近ではかなりの同意を得るようになってきた。

欧米のレプティリアンも怖いが、もっとも怖いのはやはり朝鮮人なのである。人のようで人ではないからだ。


この証拠は最近では、DNA研究の成果として、正常な朝鮮人の遺伝子配列を生み出すことは、他の人種からの突然変異として考える限りにおいて、それは不可能である、ということが証明されたのである。

韓国人の朝鮮人には、他の人種との遺伝子の違いが100万〜1000万もある。

1個変位が起こるのに1年かかるとすれば、100万年〜1000万年もかかる計算になる。実際にはたった1つの遺伝子変位でも10万年以上も掛かるのである。

ゆえに、朝鮮人は最初から違う発生で誕生したと考える他ないのである。

また別の証拠に、最近ロシア東部の「悪魔の門の洞窟」という名前の通称「悪魔の門」という場所がある。そこから見つかった8000年前の古代人の遺伝子が、ほぼ100%現韓国人と一致したのである。倭人ではない。朝鮮人と同一だったのである。

つまり、この8000年の間、韓国人は一切進化しなかった。

しかも悪魔の門から出土した。

というわけで、「韓国人の祖=悪魔」説が出てきたのだ。

要するに、人食い人種っていうことですナ。


この子孫がいまの朝鮮人であり、この朝鮮系が極東アジアを中心に、モンゴル、山東省、中国、台湾、日本へと拡散したのである。

その末裔がいわゆる在日朝鮮人である。

もう少し古い時代では、我が国の万葉集の時代に来てお公家さんの一派になられあそばれた家系である。

我が国のお公家さんが、虚弱体質でありながら、色と贅沢を好み、卑怯で残忍で理屈の分からない人として描かれてきたのは、その祖先が朝鮮人だからである。

むろん、いまの安倍晋三の先祖の岸家も公家である。つまり、昔朝鮮族である。だから、いやらしいのだ。

とまあ、ここを読む人間にはいかに私が朝鮮族を嫌っているか一目瞭然だろう。

その理由が、こういったものだったのだが、結論を言えば、

朝鮮族が地球にいる限り、この地球は滅ぶ。


これである。100%真実だ。これが私の朝鮮研究の帰結である。


さて、話は欧米に飛ぶが、どうやら20年以上も前に神からの啓示としてまったく同じことを受けていたイスラエルのラビがいたらしい。この話が今現在を彷彿させていて実に興味深い。そこで、これを一応ここにもメモしておこう。以下のものである。

a0348309_1443157.png
a0348309_1443339.png


הרב לוי סעדיה נחמני זצ'ל נבואת אחרית הימים - Rabbi Levi Saadia end times prophecy Nachmani English


הרב לוי סעדיה נחמני זצק"ל נס מדהים חזיון אחרית הימים מלחמת גוג ומגוג
זוהר מגריבי


「この世の終わりはコリアから」と

「ナチマーニー師が、この節で引用された神の火は、北朝鮮と韓国の間で始まる核戦争であることを暗示していました。北朝鮮は韓国の首都ソウルを攻撃し、それを征服する」

「そして、ソウル(ヘブライ語の She’ol / シェオル=地獄と同じ綴り)は、北朝鮮の統治下にあるシェオルの一国になり、イスラエルを脅かすことになるのです」

「また、この節にある無神論は、現在の全世界的な無神論的傾向を示しています」


このラビの言葉によれば、

ソウルとは、ヘブライ語のShe’ol / シェオル=地獄と同じだとサ。

ソウル(Soel) =地獄(She’ol)=ヘル(Hell)

ヘル韓国

とはよく言ったものである。

韓国人は自分たちの役割をよくわかっている。

悪魔の門の洞窟から誕生し、地獄という名の都市に住み、北朝鮮と組んで、この地球を破滅させる。


実際、伊藤博文は、李氏朝鮮の末裔の李垠と天皇家の梨の宮方子(まさこ)妃を婚姻させて、この日本を破滅に追いやったわけだ。

日韓併合

したばかりに、我が国は朝鮮半島に引きずられて、二度三度の大戦争を行い、武士という武士が死んでしまったのである。

これって、明らかに計略的に公家とその家来が武士(さむらい)を滅ぼしたんだよナ。

司馬遼太郎の司馬史観でなくとも、だれにもそれが自然な考え方だろう。

昔朝鮮族が我が国で真性日本人である武家やサムライさんを戦争で消滅させたのである。


さて、ラビがいうように、世界を滅ぼすのは、シリアでもなければ、イランでもない。

それは朝鮮だ!



いまや朝鮮の生み出した、あるいは、その朝鮮族が乗っ取った支那共産中国。
習近平は朝鮮系中国人である。江沢民は漢人である。

つまり、拡大解釈すれば、今の極東アジアの状況こそ、このイスラエルのラビの予言した状況と言えるわけである。

西洋人にとってのコリア(Korea=Colia)。

これが世界の疫病神となる。死神になる。

死神は悪魔の門から出入りするものである。



いやはや、ここまで素晴らしいともはや笑うほかはない。


このラビの後ろに何やら我が国の旭日旗のような模様が見える。

昨日の韓国の水原と日本の川崎Fとの一戦で、我が国の海軍の旗にすぎない
旭日旗
a0348309_14213648.jpg
を持っていったら、没取されたという出来事があったようだが、それを見ても韓国人の異様さが分かる。

そうはいうものの、韓国朝鮮朝日新聞社の旭日旗の
社旗
a0348309_1421094.png
にはお咎めないらしい。実に不思議な理解不能のダブルスタンダードである。


とまあ、そういうふうなわけで、この地球の未来はかなり暗い。


いまや韓国製が世界を席巻してしまったのである。サムソン、ヒュンデ、ポスコ、ロッテ、アシアナ。。。

そして、韓国の分身である北朝鮮。南北は裏でつながっている。

さらにアメリカの在米韓人という英語圏のアメリカ人も数百万人もいる。それが慰安婦像で日本人に危害を加える最中である。

まさに悪魔の門の子孫。


イスラエルの高僧ラビとも一致。遺伝子研究も一致。化石も一致。すべてが一致。

なあ、俺の言っていたことが100%正しいだろうってヨ。


まあ、俺に言わせれば、ニダヤもユダヤもどっちもどっちなんだがナ。

同じ帽子被っているしサ。


出口王仁三郎曰く、

日本は世界の雛形である。

つまり、日本が朝鮮に乗っ取られるということは世界も朝鮮に乗っ取られるということである。
日本が滅ぶということ=世界も滅ぶということである。

まあ、一度滅ぶほかないヨと出口が言っていたんですナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
日本の政治家が北朝鮮とつながっている証拠。
土井たか子と金日成
a0348309_14544725.png

土井たか子と金正日
a0348309_14554081.jpg

小沢一郎と金日成
a0348309_14592734.jpg

https://twitter.com/yukin_done/status/616595883216388096

どっちがメインかわかりませんナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-26 14:30 | 韓国・ウリナラ・法則

馬鹿と阿呆の絡み合い:「何も得られないなら一時帰国させないほうがまし」「外務省は外交する資格ない」   

鶴田浩二 傷だらけの人生
a0348309_1027655.png



みなさん、こんにちは。


こんなことはやる前から分かっていたこと。
「何も得られないなら一時帰国させないほうがまし」「外務省は外交する資格ない」 駐韓大使帰任に自民党会議で批判噴出

 自民党は5日、外交部会などの合同会議を党本部で開き、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国させていた長嶺安政駐韓大使らの帰任について政府から報告を受けた。出席議員からは「はったりをかましておいて後で腰砕けで何も得られないなら、やらないほうがましだった」などと批判が相次いだ。

 会議では、山田宏参院議員が、慰安婦像が撤去されないままの大使帰任について「非常に残念だ」と述べた。宇都隆史参院議員は、政府が帰任の理由として邦人保護などを挙げていることに「全く説明が成り立っていない。外務省は外交をする資格がまったくない」と強調した。

 また、青山繁晴参院議員はトランプ米政権が先制攻撃を含む対北朝鮮政策の見直しを進めていることを念頭に「万一戦争になった場合に大使がいないわけにはいかないという国としての判断だ」と一定の理解を示した。ただ、大使帰任後も慰安婦像が撤去される見通しが立たなければ、再び長嶺氏らを一時帰国させるよう求めた。

 一方、会議では、1月6日に大使らの一時帰国と同時に政府が発表した、日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断▽日韓ハイレベル経済協議の延期▽在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ-の3つの対抗措置について継続を求める声が相次いだ。会議に出席した外務省関係者は「3つの措置を撤回することは特段考えていない。今のところ、維持するということだ」と説明した。


はっきりいって駐韓大使など「税金の無駄」。ただメシ食いにすぎない。意味がない。

また韓国や北朝鮮に行っている邦人なんていうのも自己責任。救済する必要はない。どうせ売春婦やろくでもない連中にすぎない。

これはかの勝海舟の理屈である。ろくでもない犯罪国家に金儲けに行った連中はそういって切り捨てよ。



いやはや、だいたい在日北朝鮮人が乗っ取った「創価学会」の、そのまた「創価大学」出身のパチンコ議員がやっているのが公明党である。

そんな北朝鮮の工作員である公明党と組んで政府与党なんていっている段階で、自民党は大馬鹿者である。

拉致被害者も救出できなければ、北朝鮮の核開発も阻止できない。

それどころか、逆に創価学会の地下銀行を通じて、パナマやケーマン諸島のペーパーカンパニーを通り、北朝鮮の朝鮮族の活動資金を送っているのである。


パチンコを廃止せず、アダルトを禁止せず、在日朝鮮企業を営業禁止せずしてどうやって不法送金を阻止できるというのだろうか?

不可能である。

自公政権の片割れが北朝鮮民族であるのに、表向きは日本政府与党とナ?

矛盾しているわけですナ。


だから、安倍政権のやることには2チャンネルのトラックがある。つまり、矛盾することをときどき行うのである。

日本経済を活性化させる→同時に北朝鮮も活性化する
日本を蘇らせる→北朝鮮を蘇らせる

とまあ、こういう案配になる。


日本経済がさかんになれば、パチンコ産業もさかんになり、馬鹿な国民が今時パチンコに行って、そっくりそのまま円を北朝鮮に流出させる。

そして民進党やら民社党という一見日本の政党のフリをして、北朝鮮や北朝鮮系韓国人の政党がのさばり、我が国の雰囲気を悪くする一方ということになる。

オウム真理教を裏で作っていた有田芳生がオウム真理教が壊滅するや、それにくわしい評論家として登場し、いまや生粋の北朝鮮工作員国会議員になってしまった。

それすら政府は見逃してきた。

北朝鮮による日本人拉致の実行犯であったキム・ミョンスクが「背乗り」して土井たか子に変身し、社会党を乗っ取った。それが社民党である。

その子分が、福島瑞穂や辻元清美であり、関西広域連合というのは、関西の北朝鮮系のヤクザが取り仕切る関西経済圏構想にすぎない。
維新の上西小百合「民進の辻元清美の作業員が不審死したの」:「口封じ」したのか?


だから、辻元清美が森友学園の問題でそれを工事している会社(北朝鮮系)と結びつくわけである。

こんなものに都道府県は入ってはいかんぜよ!むろん徳島もナ。


だいたい広域連合なんていう単語はヤクザのためにできた言葉。警察用語である。



我が国の政府が本当に北朝鮮をぶっ潰したければ、まず北朝鮮系工作員の小泉純一郎を逮捕しなければならない。当然、その息子たちも逮捕しなければならない。

ところが、そいつが自民党である。

はて、俺の気が狂ったか?聞き間違いか?


北朝鮮の工作員が政府自民党の元首相だったんだってヨ!そしてその北朝鮮の血統の息子が後の首相を狙っていまも自民党の国会議員なんだってサ。


いや〜〜、参った参った。


まさに鶴田浩二の「傷だらけの人生」の世界である。

馬鹿(ニダ)と阿呆(アル)とキチガイ(ユダ)の絡み合いである。


やはり最近つくづく思うことだが、地球人類はもう一度単細胞に戻ってやり直したほうが良いのではなかろうか?

とはいってもDNAにニダ、アル、ユダの遺伝子が一滴でも残っていれば、また元の木阿弥になるんでしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-06 10:21 | 韓国・ウリナラ・法則

駐韓大使を返却の愚!?:サイコパス岸田と二階がいたら、自民にも「韓の法則』発動しそうですナ!   

みなさん、こんにちは。

我が国の”悲劇”は隣に支那と朝鮮が存在すること。→日本の悲劇

我が党の”悲劇”は党内に二階と岸田がいること。→自民党の悲劇


とまあ、そんな案配のようですナ。


いやはや、サイコパス岸田外相が、なんともう駐韓大使を返却するとか。

一般国民が「今の状況が妥当だ」と考えているさなかの返却である。

【世論調査】朝日新聞「日本政府が駐韓大使の一時帰国を続けていることは、妥当だと思いますか?」…妥当だ63%

■調査―質問と回答〈3月11、12日実施〉

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は2月18、19日の調査結果)

中略

◆日本と韓国はおととし、慰安婦問題を決着させることで合意しましたが、韓国では朴槿恵大統領の罷免が決まり、新しい大統領を選ぶ選挙が行われることになりました。このことで慰安婦問題についての合意が守られなくなることをどの程度心配していますか。(択一)

 大いに心配している29

 ある程度心配している37

 あまり心配していない21

 まったく心配していない7

◆日本政府は、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する像がたてられたことに抗議し、大使らを今年初めから日本に一時帰国させています。日本政府が大使らの一時帰国を続けていることは、妥当だと思いますか。妥当ではないと思いますか。

 妥当だ63

 妥当ではない20

〈調査方法〉 11、12の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1669件、有効回答828人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2188件、有効回答1021人。回答率47%。



それに対して朝鮮日本新報ことアカヒ新聞や変態毎日こと毎日新聞が大喜びだとか。

ところで、TBSのBSでは不良外人だけが取り仕切り、日本のニュースだと称して反日ニュースを垂れ流すファルスニュース番組、ホークス番組があったからこれまた驚いた。

もはや日本に住まわせてもらっていることを度外視して、我が物顔になってきた観がありますナ。

パックンお前のことだヨ!


さて、最初の岸田の話に戻ると、なんと表向きは「邦人保護」のためだというのだが、韓国にいる邦人なんて偽邦人(=在日朝鮮人帰化人ルーツ)ではないのかいな?

韓国経済 最新】帰任させた駐韓大使を岸田外相が韓国に戻すと宣言!緊急事態発生か 突然の事態に困惑する人続出 douga yukaina 中国編


駐韓大使帰任の理由が邦人保護。半島有事来るのか?と、ざわつきだす


すると、即座に、超絶反日新聞のアカヒと変態毎日が大喜びの記事を出す。これをみても岸田と二階の行いが間違いだったと分かるだろうヨ。これである。


【駐韓大使帰任】毎日新聞「遅きに失した妥当な判断。誠実な合意履行のために、日韓は協力しなければならない」
a0348309_13302052.jpg


駐韓大使3カ月ぶり帰任 選挙を控え妥当な判断だ
政府は長嶺安政駐韓大使の帰任を決めた。慰安婦を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に建てられたことを受けて1月に帰国させていたが、きょうソウルに戻す。

外国公館前への新たな少女像設置は、慰安婦問題を巡る一昨年の日韓合意の精神に反している。外交的な強い不快感を表明するために大使を一時帰国させた判断は理解できるものだった。釜山の少女像移転のめどは現在も立っていない。だが、帰国期間が長期化することによって外交的なデメリットが大きくなっていた。

韓国では来月9日に大統領選が行われる。大使不在では次期政権との人脈作りも進まない。大統領選は、世論調査の支持率1位である最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表と、急速に支持を伸ばしている第2野党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)前共同代表による事実上の一騎打ちとなる可能性が高い。

2人とも日本との接点をほとんど持たず、慰安婦問題を巡る日韓合意を批判している。ただ、繰り上げ選挙で日程の余裕がないこともあって公約発表はこれからだ。次期政権の政策作りに携わるブレーンたちに日本の考えを丁寧に説明する必要がある。肩書をとりわけ重視する韓国社会においては、その際に大使の存在が大きな意味を持つ。

安全保障上の観点からも、いざという時に韓国政府との窓口となる駐韓大使の不在は望ましくない。北朝鮮は、今週後半の米中首脳会談に合わせて核実験などの挑発行為をする恐れがある。日韓関係の悪化は、北朝鮮につけ入るすきを与えるだけだ。韓国政府も何もしていないわけではない。2月には釜山の自治体に少女像移転を要請し、合意を守る考えを明確に示した。

以上のことを踏まえれば、やや遅きに失したとはいえ、ここで大使を帰任させる判断は妥当であろう。慰安婦問題を巡る日韓合意の重要性は変わらない。

大使帰任を発表した岸田文雄外相が強調したように国際社会との約束であり、日韓両国は合意を守る責任を共有している。誠実な合意履行のために、日韓は協力していかなければならない。


”駐韓大使の帰任”に朝日新聞が『予想通りすぎる最低社説』を掲載した模様。自分たちの悪行の自覚は皆無

(社説)駐韓大使帰任 日韓関係の再生を急げ

日本政府を代表する駐韓大使と釜山総領事が、韓国での任地に戻ることになった。岸田文雄外相がきのう、発表した。

3カ月近くも大使らが隣国にいないという異常事態がやっと解消される。遅きに失したとはいえ、当然の措置である。

韓国はいま、前大統領の朴槿恵(パククネ)氏が弾劾(だんがい)されて座を追われ、次期大統領選が1カ月余り後に迫っている。日韓関係の立て直しを急がねばならない。

大使らの「一時帰国」は、釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が立ったことへの対抗措置とされた。

この間、韓国政界では大統領選へ向けた様々な動きが活発化した。きのうは最大野党「共に民主党」の公認候補に、文在寅(ムンジェイン)・前代表が決まった。

ところが外務省関係者によると、日本は大使が不在のため、有力候補の陣営幹部との人脈づくりなどが遅れた。

これまで韓国では選挙の後、約2カ月間の政権引き継ぎ期間があったが、今回は違う。現職大統領がいないため、当選者による新政権が即時発足する。

それだけに、選挙の途中過程からしっかり情報を集め、来月からの新政権との対話に備える必要がある。出遅れを取り戻すよう努めねばならない。

日韓間には懸案が多くあり、とくに歴史認識問題をめぐってはナショナリズムが高揚しがちだ。その壁を越えて健全な互恵関係を築くには、冷静に現実を見すえる外交が欠かせない。

その意味で大使らの「一時帰国」は短慮だったと言わざるをえない。像の移転問題の進展を求めてきたが、結果として事態に何の変化もないまま、矛を収めることになった。

帰任する大使らには、2年前の日韓の慰安婦合意の意義を粘り強く韓国に説き、少女像問題の進展につなげてほしい。

一方、韓国の次期大統領候補者たちも、両国関係を改善させる大局的な意義を、国民にきちんと説くべきである。選挙での人気獲得を狙って対日批判に走るなら、責任ある指導者とはいえない。

北朝鮮は再び、核実験の兆候ともとれる動きをみせている。トランプ米政権は、北朝鮮への軍事攻撃を排除しない新政策を検討しているとされる。今週開かれる米中首脳会談でも、北朝鮮政策は主要議題となる。

東アジアの情勢が混沌(こんとん)とするなか、歴史問題に拘泥して外交の選択肢を狭める余裕はない。安倍政権は、韓国の政権移行の時機を逸することなく、日韓関係を再建すべきである。


岸田や二階俊博の思惑とは違い、いくら日本人が双方のためだと考えていたとしても、相手の朝鮮人がそう考えるということはない。

韓国紙「駐韓日本大使、85日で白旗投降?」

「少女像抗議」 駐韓日本大使85日ぶりに白旗投降?
イーデイリー(韓国語)

長嶺安政駐韓日本大使が席を外して約3カ月ぶり、4日に再び韓国に戻る。長嶺大使の帰任で少女像問題と日本側の不当な独島(ドクト、日本名:竹島)領有権主張などでにより悪化の一途をたどった韓日関係は多少なりとも一息つくのか注目される。

3日、日本メディアによれば岸田文雄外相はこの日、外務省で記者会見を持って「1月から一時帰国している長嶺大使と森本釜山総領事を明日(4日)、帰任させることにした」と明らかにした。駐韓日本大使館などによれば長嶺大使は日本航空便を利用して明日午後10時に金浦(キンポ)空港に到着する予定だ。

今年1月9日、釜山日本総領事館近隣に設置された慰安婦少女像に対する抗議の意味で長嶺大使を本国で召喚して85日たった。日本政府は当時、駐韓日本大使の一時帰国とともに通貨スワップ交渉中断、高位級経済協議延期を決め市民団体の少女像設置に強く反発した。

その後、日本政府の人々の少女像および独島関連妄言が相次いで国内では独島をはじめ、追加で少女像を設立しようとする地方自治体と市民社会の動きが活発化し、両国間葛藤の溝はより一層深くなった。

日本側は今回、長嶺大使の帰任を電撃的に決めることになった背景に来月の初め実施される韓国大統領選挙を控えて政権移行期の情報収集など次期政権誕生に備える必要があるという点と北朝鮮問題に対応するために緊密な高位級協議が重要だという点を上げた。

当初、日本公館近所の少女像に対する明確な進展があるまで、駐韓大使を帰任させないとし、頑強な立場を見せた日本政府が考えを変えたのは、最近、北朝鮮の核・ミサイル脅威が高まっている点が大きな影響を及ぼしたと見られる。

今月中、北朝鮮の追加核実験および大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射の可能性が大きい中、事前協議および状況対応にあって韓米日3角協力が重要だという判断の下、このような決定を下したと解釈される。

外交部当局者は「日本政府が明日(4日)、長嶺駐韓日本大使を帰任させることに決めたと理解している」として「長嶺大使帰任を契機に両国間の疎通がより緊密に成ることを期待する」と話した。

イーデイリー=チャン・ヨンウン記者
a0348309_149010.jpg


北朝鮮は破壊される運命の国。

南朝鮮は消滅する運命にある国。

はたしてこの2カ国を助ける意味があるのだろうか?


また、我が国に寄生中の朝鮮系在日帰化人たちを安泰に住まわせておく意味があるだろうか?

住まわせてもどうせ振り込め詐欺、放火、殺人、人食い、強姦、略奪、恐喝、暴力、売春、薬取引、入れ墨、などしかしないし、生み出す産業と言えば、

アダルト、パチンコ、エッチホテル、売春宿、ヤクザ、麻薬、詐欺、高利貸し、ブラック企業

のようなものしか生み出さない。


すべてこの地球人にとって無意味で、むしろ有害なものしか生み出してこない。

地球を浄化するためには、こういった広域犯罪人種を消滅させなければならない。


そんなことも分からずに、その在日韓国人、在日朝鮮人の指南役である韓国、北朝鮮を野放しにするような政治を行い続ければ、いずれ我が国そのものが破綻するのは間違いないでしょうナア。

そろそろ、アパホテルや高須クリニックのような企業人は、日本第一党のような「ジャパンファースト」を掲げる政党にお金を出すべきかもしれないですナ。

ちなみに、セガサミー小池百合子のいう「都民ファースト」というのは、あくまで日本人以外も含めた「都民」だけをファーストにするものだから、偽ものである。


やはり、地域にかぎらず「ジャパンファースト」「日本人ファースト」が原理原則となって初めて外国人の問題が持ち上がるのである。

寄生虫は宿主あったればこそ生きながらえることができる。宿主が死んだら、当然寄生虫も死ぬわけである。


まあ、支那人、ユダヤ人、イナゴ説というのもあり、連中はその国を食いつぶすとまた次のターゲットに向かうというものもあるから、寄生虫というよりは、イナゴの大群なのかも知れないですナ。


ところで、白人特有の思想に、自分たちの仲間が他民族と結婚したら、その子が自分たちよりもましてや相手よりもずっときれいになる。だから、自分たちの遺伝子は偉大なんだ、と考えるというものがある。

つまり、白人ハーフになると、非常にきれいだから、どんどん相手の娘をものにして子を作れ。そういう思想がある。


ところが、これはまた白人特有の物事の先を見ることができない特徴を表している。

実は、白人と東洋人、あるいは白人と黒人など異人種間の結婚にはハーフ程度までならまだしも、クォーターやそれ以上になると現れるリスクというものが存在するのである。

つまり、一見ハーフの段階では見た目の面で、両方の親のそれぞれの良さを持ち合わせたような子になる場合が多い。だから、うまく行った場合には、ハーフではなく、ダブルだという言い方をする場合もある。

ところが、さらにその先になった場合に、知的面で非常に障がい児が多く誕生してしまうという未知の、未解明の問題が存在するのである。

見た目もいまいち、知能もいまいちの、なんとも言えない子が登場するのである。

これは、むしろ白人の方がよく知っているが、表向きでは黙っていることが多い。

一番の例が、インドである。


インドは、古代の3000年前にヒマラヤを超えて、アーリヤ人がインドに侵入し、レイプしまくってインドの先住民に子を作り増殖した。その結果、能力において、ほぼ4つの階層にならざるをえないように民族が分離したのである。

白人と異民族が混血を繰り返した場合、最低カーストとして扱わなければならないどうしようもないレベルの人間がどういうわけか誕生するらしいのである。

これと同じことが今は北米および南米で登場しているのである。

この白人ハーフ以降のリスクという問題は、まだほとんど知られていないのである。

ある種の遺伝の法則として、白人に見た目も知能も近い階層。あるいは、そのどちらかを保持する階層。そして、両方の悪い面だけが増大してしまった階層。こういうふうになるらしいのである。

こうなると、最終的には結局インドのように人種階層が生まれてしまうのである。


最近になって、我が国でもやたらとハーフが増えた結果、どうもこの問題が見え始めてきたようなきがするわけである。

おもてなしの彼女のようないい子の白人ハーフもいるが、反面、なんとも形容し難い白人ハーフも増えてきたのである。

物事には必ず良い面と悪い面の両方がある。

常にリスクを念頭において行動しないと、後の祭りになるわけである。

西洋人の白人ですらそうなのだから、朝鮮人ではなおさらである。

なぜなら朝鮮人の場合は、遺伝子上に救いがたい問題が蓄積されているからである。まあ、いまではかなり明らかになったが、その危険性は計り知れないものがあるのである。


まあ、朝鮮顔の岸田だから、言っても無理なんだろうが、駐韓大使として韓国に返した結果、その大使がテロにあって死んだりしたら、岸田外相は切腹して責任を取ってくれるのであろうヨ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-04 14:09 | 韓国・ウリナラ・法則

「韓国産はノロ仕込み!?」:「長生きしたければ韓国産は食うな」の鉄則!?   

みなさん、こんにちは。

何年か前に韓国産の農産物や生鮮食品や缶詰のような食品を輸入していた欧米諸国で、食中毒で何十人もの死者が出たという事件があった。

その後、即座にアメリカやドイツ等で韓国製品は輸入禁止になった。

が、その頃から逆に我が国への輸出が増えたのである。それを仕込んだのが在日朝鮮人の企業イオンだった。

だから、いまもってイオンにある一見我が国産、日本産のような生鮮食品、韓国産のノリやキムチや野菜にはこうしたノロウィルスや伝染病の病原菌が付着している場合が多い。

「兵器としての食品」:ヘンリー・キッシンジャー狂授が発明した概念とか!?


これは韓国の上下水道システムの根本的欠陥に起因する問題なのである。韓国は、水道管が旧日本軍が作った古いシステムを使っているために、管が細く、すぐに詰まるのである。

だから、トイレで紙を流せない。ウンコのついたトイレットペーパーをボックスに入れる方式。ちなみに、かつて宮殿内のご令嬢たちがフロアの隅で野糞方式でウンコをしていたというベルサイユ宮殿のあるフランス、日本人になりすました韓国人がインフラ整備したブラジル、こういった国々のトイレもすべて韓国方式である。

ウンコ付き紙はボックスに入れてしらばっくれる。

戦後世界最先端のアメリカ式を真似た我が国のトイレは、水に溶けるトイレットペーパーをそのまま便器内に流せる。

韓国ではこのシステムのため、非常に衛生状態が悪い。特に、お尻の穴や便に含まれるノロウィルスは蔓延しているのである。

また、そのトイレが、どうやら韓国の家では、キッチンの内部にトイレがついているのだとか。

これが、朝鮮人は糞味噌をいっしょにすると云われたゆえんらしい。

普通、西洋人はトイレとバス(風呂)がいっしょである。ウンコのついた身体をいっしょに風呂でシャワーで流す。

日本人はこれをやればすぐに病気になるから、身体を洗う場所と湯船を別にする。湯船は神聖なる場所となるように、先に身体を洗ってから入る。

韓国にはこういう習慣がない。

ウンコのついた紙をキッチンの横の箱に入れる。そのキッチンで料理をする。キムチを作る。それをトイレの横に保管する。

こういうことがあり得るのが韓国式である。

さらに悪い事に、そうしたトイレには下水処理場がないから、そのまま海に流されている。その海で魚介類、やノリやわかめが採取されているのである。

推して知るべしだ。

長生きしたければ、韓国産は食うな!これである。

さて、実際にいまでは人間のウィルスにもっともかかりにくいはずの朝鮮人ですら、ノロウィルスにかかるというのである。ということは、このノロウィルスは進化したノロウィルスであるということを意味する。これである。

韓国人「韓国のレストランは非衛生的で一歩間違えば死ぬ」人を殺す冬の食中毒、ノロウイルスに注意 韓国ニュース

(聯合ニュース)最近、釜山の主要飲食店を訪れた一部の顧客たちが、食中毒を疑われる症状で苦痛を受けた事例が現れ、注意が要求される。

a0348309_10274831.jpg


1日、釜山水営区などによると、先月25日、釜山水営区のある食堂で昼食を食べた一家7人のうち5人が寒気、発熱、嘔吐、頭痛、下痢などの症状を訴えて病院で治療を受けている。

A氏は「お昼を食べてからすぐ家に着いた後、吐いて下痢をするために便器の上から離れることができなかった」、「あまりにも辛くて病院に行った」と話した。

水営区は、当該飲食店で衛生点検を行って、蓋なしに冷蔵庫に保管されたワカメスープなどを確認し、是正命令を下した。

先月21日、沙上区の飲食店二ヵ所で、それぞれ2人と3人の客が下痢、悪寒、発熱などの症状を訴え、病院の世話になった。



だめですよ、韓国産のわかめ、のり、キムチ、まっこり、トンスル、すべてノロ仕込み。


いやはや、韓国産を日本産になりすまして輸入とか、気違いじみていますナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-02 10:31 | 韓国・ウリナラ・法則

朝鮮人が「黒い山葡萄原人」の住処を発見!?:8000年前朝鮮人はロシアの悪魔の門の洞窟にいた!?   

世界人類北朝鮮起源説
Mount grape men are Korean's Ancestors!
a0348309_1141271.jpg



みなさん、こんにちは。

いやはやあまりにいろいろのことがありすぎてETの手も借りたいほどですナ。これまた面白い発見があったので、忘れてしまう前に一応ここにもメモしておこう。

以前、北朝鮮の歴史教科書に載っていると言われる朝鮮人の先祖「黒い山葡萄原人」のことをメモした。これである。

2015-06-05 15:44
MERSは人には伝染らない!?:ついに朝鮮人起源説登場か!?山葡萄人vsUMAミノス

世界人類北朝鮮起源説
Mount grape men are Korean's Ancestors!
黒い山葡萄原人


まあ、私がここに書く大半が都市伝説かジョークだろうと思ってしまいかねないのも仕方のないことである。

人は自分のメンタルな容量に入りきれないときには、それを受容する代わりに嘘だと思って排除するからである。つまり、信じがたいことは嘘に聞こえるのである。

そうやって信じがたいことは、見ざる言わざる聞かざる状態になる。


どうやらつい最近、この黒い山葡萄原人を裏付けそうな現代科学の遺伝子研究が出てきたのである。以下のものである。

8000年前の人類ゲノム解読、「韓国人のルーツ」発見

約8000年前の新石器時代に生きていた韓国人の祖先のゲノム(ある生物種を規定する遺伝情報全体)が初めて解読された。

パク・チョンファ蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所長(生命科学部教授)が率いる国際共同研究チームは1日、「中朝国境・豆満江(中国名:図們江)の北にあるロシア・アムール川流域の『悪魔の門の洞窟(Devil's Gate cave)』
a0348309_11522876.jpg

で発見された7700年前の人類のゲノムを解読した」と明らかにした。「悪魔の門の洞窟人」の遺伝子は、現地に住むウルチ(Ulchi)族と最も似ており、近くの先住民を除く現代人の中では韓国人が最も近いことが分かった。この研究結果は国際学術誌「Science Advances」に掲載された。

韓国・ロシア・イギリス・アイルランド・ドイツの科学者たちが参加した国際研究チームは、悪魔の門の洞窟で発見された20代と40代の女性の頭蓋(ずがい)骨=写真=
a0348309_11525374.jpg

からデオキシリボ核酸(DNA)を抽出して解読した。

ゲノム研究所のチョン・ソンウォン研究員は「細胞核DNAだけでなく、母系にのみ遺伝する細胞核以外のミトコンドリアDNAも主に韓国人が持っているものと同じだった。遺伝子で見ると、悪魔の門の洞窟人は韓国人の祖先とほぼ同じだと言える」と説明した。洞窟人は現在の韓国人のように褐色の瞳と凹型の前歯(shovel shaped incisors)を作る遺伝子を持っていた。牛乳を消化できず、高血圧に弱く、乾いた耳あかが出るという遺伝的特徴もあった。どれも東アジア人の典型的な特徴だ。

共同責任著者であるアンドレア・マニカ英ケンブリッジ大学教授は「今回の結果は韓国人と日本人の『二重起源説』を裏付ける」と述べた。二重起源説とは、3万-4万年前に現生人類の祖先が東南アジアから極東アジアに移動して定着して1万年前に農耕を始め、新たに南から北上してきた群れと合わさったという理論だ。→この解釈はこの西洋人が日本の研究に無知なだけの戯言

ソ・ジョンソン・ソウル大学医学部教授は「古代人の遺伝子を通じて韓国人の遺伝的ルーツを明らかにした成果だ」としながらも、「二重起源説を立証するには北方系の人々のDNA分析結果という裏付けがさらに必要だ」と語った。

李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者


2017年02月05日 22:15 海外
【ゲノム】韓国人のルーツは「悪魔の洞窟で暮らした新石器人」=研究発表にネットから疑問噴出=「標本2つで出した結論」


2017年2月2日、韓国・中央日報によると、蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)ゲノム研究所は国際学術誌「Science Advances」で、韓民族(=朝鮮民族)は、3〜4万年前に東南アジアから中国東部の海岸を経て極東地方に流れ込み、北方人となった南方系の狩猟採集民と、新石器時代が始まった1万年前に同じ経路で入ってきた南方系の農耕民族の血が混ざって形成されたと発表した。

これまで人類・考古学界の一部では、言語・風習・容姿などの共通点が多いことから、朝鮮民族がアルタイ山脈に始まり、モンゴルと満州の原野を越えて朝鮮半島に入ってきた北方民族であると推定されてきた。

しかし科学界の判断は違っており、2009年、UNISTは国際学術誌「Science」に「朝鮮民族が東南アジアから北東へ移動した南方系の巨大な流れに属している」と発表、今回の発表はこれをさらに具体化したことになる。

その手がかりは、ロシア・ウラジオストクの上方にある沿海地方の「悪魔の門(Devil’s Gate)」という名の洞窟で発見された7700年前の20代と40代の女性の頭蓋骨にあった。ここは韓国の歴史上、かつての高句麗・東夫余(ふよ)・沃沮(よくそ)の地と言われている。

ゲノム研究所がスーパーコンピュータを利用してこの頭がい骨のゲノムを解読・分析したところ、悪魔の門の洞窟人は3〜4万年前に現地に定着した南方系人で、韓国人のように茶色い目とシャベル型切歯(shovel-shaped incisor)の遺伝子を持っていたことが明らかになった。

また彼らは、牛乳を消化できない遺伝変異や、高血圧に弱い遺伝子、体臭が少ない遺伝子、耳たぶの薄い遺伝子など、現代の東アジア人の典型的な遺伝特性も持っていたという。悪魔の門の洞窟人は近くに住む「ウルチ(Ulchi)」族の先祖とされており、近くの原住民を除く現代人の中では韓国人がこれと近いことが判明した。

UNISTゲノム研究所のパク・ジョンファ所長は「ミトコンドリアDNAの種類が同じであるということは、母系が同じであるということを意味する。長い時間差を考慮しても2つの人類の遺伝子は非常に近く、悪魔の洞窟人は韓国人の祖先とほぼ同じだと言える」と話している。


そこで、その近郊に住む現ロシア人のUlchi族がこの洞窟に住んでいた化石人に一番近いというので、その人達を調べてみるとこんな人々だった。

Ulchi tribes
a0348309_11572251.jpg
a0348309_1252687.jpg
a0348309_1275118.jpg


このウルチ族のこのダンスの形はどことなく見覚えがある。やはり北朝鮮のワンジェサン民族舞踏団のこの踊りである。

[Folk Dance] "Ongheya" {DPRK Music}



このウルチの民族と悪魔の門の洞窟の化石人がほぼ100%同じであり、かつ現在の韓国人および北朝鮮人、つまり南北朝鮮人がほぼ100%同じ遺伝子なのである。

整形したこの人達ですナ。
a0348309_127197.jpg



さて私が特に注目する所はこの部分である。

(a)3〜4万年前に東南アジアから中国東部の海岸を経て極東地方に流れ込み、北方人となった南方系の狩猟採集民
と、
(b)新石器時代が始まった1万年前に同じ経路で入ってきた南方系の農耕民族の血
が混ざって形成された


この(a)の支那の東部の海岸を経て極東に流れ込んだ民族というのは、おそらく後々の日本文明のルーツになる縄文人の祖先ではないか?

そして、この一部が沖縄と九州の倭人(縄文系)の祖先と同じタイプの人たちではないのか?ということである。

それに対して、(b)の2万年以上後から同じ経路でき来た人種が白川静博士の言うところの、後の支那の殷・周文明の祖先となる民族ではないのか?

もしこれらを間違って、前者を縄文系、後者を弥生系とみなすと、非常に混乱を起こしそうだということになる。

というのも、我が国の祖先のルートとして3方向あるが、これはその内の一番南方ルートにしかならないからである。この他に、北方ルート、あるいは、北ヒマラヤチベット経由のルートがあるからである。

むしろ3〜4万年前は氷河期だったわけだから、我が国の日本列島の部分も陸続きだったはずで、最も東の方が日出ずる国として最も暖かかったわけだから、日本に先に人が住み着いたはずなのである。

あるいは、もう最初からムー大陸起源の住人が住んでいた。それらの人が逆に日本から南方た北方に出た可能性も否定できない。


まあ、そんなわけで、結果をいかに解釈するかにおいては議論の余地が多すぎる。が、朝鮮人は、後から来た民族が先住民を襲い、その女をはらませて子孫繁栄させたという伝説、つまり、檀君神話、
長浜浩明「韓国人はどこから来たか?」:「檀君神話」は「檀君実話」だった!

 太古の昔、桓因(ファンイン)という天帝の庶子に桓雄(ファンウン)がいた。桓雄が常に天下の人間世界に深い関心をもっていたので、天符印三筒を与えて天降りさせ、人間世界を治めさせた。
 部下3000人を率いた桓雄は、太伯山(テベクサン)上の神壇樹(シンダンス)下に下りて神市(シンシ)とした。かれは風伯、雨師、雲師をしたがえて穀・命・病・刑・善・悪をつかさどり、人間の360余事を治めさせた。
 このとき一匹の熊と一匹の虎が洞窟で同居していて、人間に化生することを念願していた。桓雄は一把のヨモギと20個のニンニクを与えて、100日間日光を見ないように告げた。熊は日光を避けること37日目に熊女(ウンニョ)になったが、虎は物忌みができず人間になれなかった。
 桓雄は人間に化身した熊女と結ばれ、檀君王倹(タングンワンゴム)を産んだ。檀君は中国の堯帝が即位して50年目の庚寅の年に、平壤を都として朝鮮と呼んだ。のちに都を白岳山の阿斯達(アサダル)に移して、1500年間も国を治めた。
 周の武王が即位した己卯年に、箕子(キジャ)を朝鮮に封ずると、壇君は阿斯達からかくれて山神となった。寿命が1908歳であった。(姜在彦『朝鮮儒教の二千年』01朝日選書 p.28)
を裏付けるものであることは確かである。


また、北朝鮮の「黒い山葡萄原人」起源説の「黒い山葡萄原人」の住処としては「悪魔の門の洞窟」というのがその住処だったのだろうか?

悪魔の門の洞窟

というのは、どうしてこんな名前が付いたのだろうか?

今のところちょっと分からないが、実に興味深い名前である。

朝鮮人は8000年前に極東の北方の「悪魔の門の洞窟」に住んでいた。

ここから広がっていったのである。

檀君神話では、
このとき一匹の熊と一匹の虎が洞窟で同居していて、人間に化生することを念願していた。桓雄は一把のヨモギと20個のニンニクを与えて、100日間日光を見ないように告げた。熊は日光を避けること37日目に熊女(ウンニョ)になったが、虎は物忌みができず人間になれなかった。
 桓雄は人間に化身した熊女と結ばれ、檀君王倹(タングンワンゴム)を産んだ。檀君は中国の堯帝が即位して50年目の庚寅の年に、平壤を都として朝鮮と呼んだ。のちに都を白岳山の阿斯達(アサダル)に移して、1500年間も国を治めた。
とある部分に

熊女と虎女が洞窟に住んでいた

とあり、この洞窟が「悪魔の門の洞窟」だったのだろうか?


果たして今回見つかった女の2つの頭蓋骨とは、この熊女と虎女のものなのだろうか?


いやはや、我が国の歴史と比べると、想像を絶する話だけに実に興味深いですナ。


人間になりた〜〜い!


ベルベロベラだったか、そんな漫画があったが、今では


日本人になりた〜〜い!


ということのようですナ。しかしながら、遺伝子だけはごまかすことが出来ない。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-02-07 12:34 | 韓国・ウリナラ・法則

やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?   

みなさん、こんにちは。

我々中高年にとっては5年6年前と言ってもちょっと前のことにすぎない。下手をすれば40年前や30年前のことでもつい最近のことのように覚えていることも多い。かといって、忘れたことを思い出そうとして、まったく思い出せずに悲哀を感じて涙目になることも多い。

が、5年6年といえば、小学生の女子が立派な女へと成長したり、あの小学生サッカー選手がU18の日本代表クラスへと立派な戦士に成長するほどの長い年月でもある。

だから、我々がちょっと前に書いたからといって怠ければ、今成人になろうとしている若者や新成人や30台前の人たちには、「いったい何の話だ」という事になりかねないのである。

10年前に「韓の法則」「Kの法則」「法則発動」とさんざんメモしたからとって、それが今の若者たちに知れ渡るほど地球人は賢くはない。だから、繰り返す他ないのである。生きている限りにおいて。真実や事実は繰り返し語り継がねばならない。というのは、そういうわけだろう。

そこで、また今回典型的な「韓の法則」が発動されたので、それをメモしておこう。以下のものである。

「韓の法則」発動の数々!?:韓国人に関わると良いことは何もない!?
「法則発動」とは「韓の法則」のことだった!:「除鮮」あるのみか!?

“これはちまたでは「ネトウヨ」の表現の一つだと見られているものらしいが、よく「法則発動か」とか、「法則発動」というような言葉を目にするはずである。

私もあまりその定義は知らなかったので、「ああ韓国人の火病の発動か」くらいに考えていた。しかし、どうもそうではなく、もっと深い問題、そして、もっともっと面白い歴史的問題とも密接につながった法則だったということを知った。「ねずさん」こと、小名木善行さんの記事である。これは非常に重要な視点である。これをメモしておこう。以下のものである。本文は長いので、そちらで読んでもらって、ここには一部のみメモさせてもらおう。

(あ)南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去った歴史

南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去るというお話

元寇/対馬の虐殺
a0348309_959441.jpg

元寇とは日本に敵対していた朝鮮人がモンゴルに滅ぼされる代わりにモンゴルの支配下に入り、その勢力を利用してモンゴル兵の名を語って起こされた日本侵略行為である。韓国人は朝鮮人が日本を襲ったことは一度もないなどという嘘をついているようだが、それこそ大嘘で、元寇の2回はみな朝鮮人がモンゴルをそそのかして起こした侵略戦争であった。対馬の漁民や農民は突然の襲撃で全員虐殺され、当時の食料現地調達のシステムのために朝鮮人の食料となったのである。それが対馬の虐殺という史実である。朝鮮人は対馬で女子供を死ぬまで陵辱し、死んだら煮て焼いて食ってさとやったのである。


不思議なことに、南北朝鮮と同盟を結んだ国は、ことごとく敗れさっています。
これは2010年にこのブログについたコメントからご紹介させていただいたものですが、たいへんおもしろいものなので、再掲してみたいと思います。
一部原文を修正しています。

=======
南北朝鮮と同盟を組んだ国は、ことごとく敗れ去っています。

【白村江の戦い】
唐・新羅(勝者) VS 日本・百済(敗者)

【タラス河畔の戦い】※注1
アッバース朝(勝者) VS 唐・高句麗(敗者)

【文永の役、弘安の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)

【応永の外寇】
対馬・九州探題 (勝者)VS 李朝(敗者)

【サルフの戦い】
後金(清) (勝者)VS 明・李朝(敗者)

【シャンギャンハダの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【アブダリ・フチャの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【丁卯胡乱】
後金(清) (勝者)VS 李氏朝鮮(敗者)

【丙子胡乱】
後金(清)(勝者) VS 李氏朝鮮(敗者)

【日清戦争】
大日本帝国(勝者) VS 清・東学(敗者)

【大東亜戦争】
米英など(勝者) VS 日+台+朝鮮(敗者)

【朝鮮戦争】※注2
北朝鮮・中国(勝者) VS 米・韓等(敗者)

【ベトナム戦争】
越・中・露(勝者) VS 米・韓など(敗者)

※注1 当時、高句麗はすでに滅亡していますが、唐軍を指揮したのは高句麗出身である高仙芝である。
※注2 勝敗はついていないが、韓国は開城を北朝鮮に奪われてしまったため、事実上敗北と言えるでしょう。李承晩も停戦協定に不服として、協定に不参加。
=========

なぜ、不逞朝鮮族と組むと、戦いに負けるのでしょうか。
その答えは、責任感にあります。
=======

この後はどんどん続く。
【日韓ワールドカップ】
ブラジル+ドイツ(勝者)VS 韓国+日本(敗者)

【スマホ】
アップル(米)+ソフトバンク(在日)(勝者)VS サムスン(韓)+docomo(日本)(敗者)

【政治】
自民党(日本)+公明党(創価)(勝者)VS 民主党(在日)+民団(韓)(敗者)

【メディア】
ネット(勝者)vsテレビマスゴミ(日本+在日+韓国)(敗者)

【学校教育】
富山+秋田(勝者)VS 対馬+広島+静岡+滋賀+沖縄(朝鮮通信使祭り)(敗者)

【テレビ】
テレビ東京+TBS(勝者) VS フジテレビ(韓)+NHK(韓)(敗者)
最近は
テレビ東京 VS フジテレビ(韓)+NHK(韓)+TBS(韓)(敗者)

【新聞】
産経+東京(勝者)VS 朝日(韓)+毎日(韓)(敗者)

最近は
産経VS 朝日(韓)+毎日(韓)+東京(韓)+日刊ゲンダイ(敗者)

【大学】
慶応(勝者) VS 早稲田(韓)(敗者)
東大(勝者) VS 京大(韓)(敗者)

【鉄道】
JR東京+JR九州 (勝者)VS JR西日本+JR北海道+組合(韓)(敗者)

【航空会社】
ANA(勝者) VS JAL+大韓航空(敗者)
最近は
JAL+ANA(勝者) VS 大韓航空+アシアナ(敗者)

【電機メーカー】
ソニー+松下(勝者)VS サンヨー+シャープ+サムソン(韓)(敗者)

【パソコン】
アップル(米)+富士通(勝者) VS シャープ+サムソン(韓)(敗者)

永遠に続く。”


そして今回の名門東芝と来た。
【電機メーカー】
ソニー+松下(勝者)VS サンヨー+シャープ+東芝+サムソン(韓)(敗者)


「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」に破産宣告

東芝の非連結子会社「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」(韓国・水原市)は、10月12日付でソウル中央地方裁判所より破産宣告および破産手続開始決定を受けたことが明らかになりました。

同子会社は、東芝とサムスン電子(韓国)の合弁会社「東芝サムスンストレージ・テクノロジー」の子会社として2004年に設立。コンピューター機器向け光ディスク装置の開発・販売を手掛けていたものの、市場縮小や単価下落で業績が悪化したため、5月11日付で回生手続(日本の民事再生法に相当)の開始を申請し再建を目指していました。

しかし、ソウル中央地裁は回生手続を継続しないことを決定したため、同子会社はスウォン地方裁判所へ新たな回生手続の開始を申請しているものの、今後はスウォン地裁の判断如何で破産が確定する可能性があります。

負債総額は約90億円です。


韓国と提携した企業は傾く ー 東芝

a0348309_938569.jpg

ところで東芝も「法則発動」という記事を読んで、なんのこと?と思ったら、やはり東芝も韓国のサムソンと提携していた。

ソニーもパナソニックもシャープもサムソンと提携して没落していった。「Kの法則」発動続きだ。

しかし東芝はKの法則よりも歴代社長が「チャレンジ」などというきれいごとの言葉、つまり「ノルマ」を社員に課してつぶしたようなもの。田中社長がシレッとして逃げの発言をしていたのには怒りを覚える。


まあ、「壊し屋、潰し屋、崩壊屋、疫病神」これが韓国人についている名称である。

いわゆるワールド支配層の白人のヤクザ、ユダヤマフィアの連中は、朝鮮人がこういう特質を持っているということをよく知っているわけである。

だから、やっつけたいと思っている企業に対して仲間の株主を使ってわざと韓国企業と提携させる。すると、数年で傾く。そうなって株価が低迷しておバカ素人が放棄する時に一気に買って乗っ取り、自分の資産に加える。

とまあ、私が考える「金融エンジン」「金融のカルノーサイクル」である。

熱力学エンジンには、等温過程と断熱過程の二種類が存在する。
a0348309_1034849.gif

ところで、下図の人、間違っていますよ。反対周りにすると冷蔵庫になりますよ。冷却過程になる。
a0348309_102612.gif

そして熱と温度というものが存在する。

熱→金
温度→価格
体積→経済
仕事→利益

と対応させると、等温とは価格一定ということになる。断熱とは、断金つまり金しぶりとなる。

つまり、等温過程は価格一定過程となり、断熱過程とは断金過程に相当するわけだ。

熱力学的エンジンとは、一定の熱を供給しながら高い温度のままで膨張させ、一旦断熱にして温度を下げる。今度は一定の熱を放散させならがら低い温度のままで圧縮させ、一旦断熱にして温度を上げてもとへ戻す。

これを金融の言葉に変えると、経済学的エンジンとは、一定の金を供給しながら高い価格のままで経済成長させ、一旦断金して価格を下げる。今後は一定の金を引き締めながら低い価格のままで経済破綻させ、一旦断金して価格を元へ戻す。

この1サイクルで熱力学エンジンは外部に仕事をすることができる。同様にこの1サイクルで金融エンジンは外部に金をもたらすことができる。つまり、このシステムから金を吸い取ることができるのである。

まあ、これはカルノーサイクルという無限時間かかる理想的な可逆サイクルの熱力学理論に基づく話だから、現実のエンジンにはそのまま適用できない。同じく、現実の金融エンジンは時々刻々と変動するものだから、そのままでは通用するはずもない。が、原理できなエッセンスは正しい。

というわけで、この金融サイクルを起こす場合、価格を高く維持する場合は日本企業にやらせ、価格を下げて破綻させる場合には韓国企業と組ませる。これを繰り返せば、ユダヤ株主は未来永劫この日本企業エンジンから金を抜き続けることができるのである。

まさに悪魔の金融エンジンですナ。


まあ、経済理論なんてこんな程度のものにすぎないのサ。命かけるには値しないナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-24 09:58 | 韓国・ウリナラ・法則

ドントコリア!ウンコリア!:これぞ「クソ食らえ!」サムソン会長の写真にクソ爆弾!?   


みなさん、こんにちは。

いやはや、これぞコリア。ヒトモドキの母国。

1990年代のバブル崩壊時代の日本の空白の20年の時代に、韓国のサムスンは我が国の半導体産業の技術を乗っ取り、世界に冠たるサムソン帝国を築いたのだ。

だから、本来ならサムスン会長は自国の英雄であるはず。そんなサムスン会長に対して、朴槿恵の犯罪と絡んで問題が発覚。

すると、手のひらがえしで、いまでは何ら敬意も感じない。

今度は逆にサムスン会長をさらし首のようにして、あるいは欠席裁判のようにして、サムスン会長の写真を飾り、そこにウンコを入れた袋をぶつける。それも子供がやる。

いやはや、何たる国民性だ?これである。

【衝撃画像】韓国サムスン副会長の写真にウンコ投げる少年
a0348309_8435474.jpg


崔碩栄 @Che_SYoung
韓国で話題の写真。サムスンの副会長の写真にモノを投げる少年。私は子供に憎しみを教えるのは「児童虐待」だと思う。子供の人格形成にも悪影響。これは親と先生の責任。将来、この子はまた何かに向けてものを投げる大人になっているだろう。大統領写真?日本総理の人形?本当に可哀想


ザッツコリア。That's Colia. UNColia. Don't Korea!

もし我が国で子供がこんなことをしているのを見つけたら、即座にげんこつ一発!

「くだらんことするな!ゴツン!」

だろう。

これが侍の国日本の所業である。実際、我々もそうされて育ったのである。


かつてイザベラ・バードが朝鮮紀行を行った時、
これほど臭い、汚い街は初めてだ

といったという。

まあ、150年ほど前まで、川には糞尿が混じり、下水道もなく、そんな糞尿混じりの水で洗濯し、その水で料理し、その水を飲んでいたという。

むしろ朝小便で顔を洗い、小便で洗うと肌のキメが細かくなる。病気の時はウンコを食べると胃腸が治るという始末。

さらには、納豆菌や酵母菌も麹菌のような発酵菌もない。だから、代わりに糞尿の腐敗菌や大腸菌をいれて発酵のかわりに腐敗させた。

これがトンスル酒、ウンキムチである。


だから、朝鮮半島は下半島とも呼ばれ、実際に男性器の形に成長したとか。


絶対にわかりあえるはずのない民族である。また、一所に生活したら必ずこっちのほうが先に病気になって死ぬ。何かの保菌者であるからだ。

おまけに憎いという相手にこそひっつくというストーカー気質で粘着質。

この数千年来我が国にストーキングし続けてきた民族である。

この民族が居住したり、帰化人の多い地域ほど性犯罪や窃盗犯や暴力事件が多い。山のイノシシか、街の韓国人かというほど、危ない存在なのである。


もはや日本もこれまでちゃうか?

ここまでおバカになった政府官僚議員のせいで、

たけき者も遂にはほろびぬ


とまあ、そんなあんなを彷彿させる国民ですナ。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-24 09:00 | 韓国・ウリナラ・法則