カテゴリ:サッカー&スポーツ( 88 )   

なんと9月9日が9秒98の日に:桐生選手が日本人初の9秒台達成!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ついに桐生選手が9秒台達成! おめでとうございます!

日本一早い男は日本人だった。

桐生祥秀「4年間くすぶっていたベスト更新できた」

a0348309_16351584.png

日本インカレ 男子100m 決勝 2017年9月9日 / 桐生祥秀 9秒98 日本新記録


日本人初9秒台 桐生祥秀9"98!! 2017 全日本インカレ陸上 男子100m決勝


<陸上:日本学生対校選手権>◇第2日◇9日◇福井県営陸上競技場

 男子100メートルの桐生祥秀(21=東洋大4年)が日本人初の9秒台を記録した。

 決勝で追い風1・8メートルの中、9秒98をマークし1着。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。

 レース直後、桐生は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、(世界の)スターラインに立てたかな」と喜んだ。

 最初の速報タイムが9秒99と出ただけに「10秒00にならないように祈ってました。でも早くフィニッシュできててよかった」と笑った。

 桐生は洛南高3だった13年4月、織田記念陸上の予選で自己記録を0秒18も更新する10秒01をマークし、一躍、日本陸上界の救世主として登場。ただし今季は6月の日本選手権決勝では10秒26の4位と敗れ、8月の世界選手権の100メートル代表を逃すなど苦しい時期を過ごしていた。それだけに9秒台という大記録に、桐生は快哉を叫んだ。



いや〜〜ついに日本人も9秒台時代に突入。

これから矢継ぎ早に記録更新されていくのではないかナア。


頑張れ日本。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-09 16:38 | サッカー&スポーツ

ジェフ千葉の「改革」は「改善」だった!?:エスナイデル新監督、ジェフの食事に「これでは走れない」!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや2017年お騒がせカレンダーの観点からすれば、9月はガソリーヌ山尾こと、山尾(菅野)志桜里ということになるだろう。面白いのでこの人をメモしようと思っていが、あまりに多くの人が書き立てているので、この鮮人のことはおまかせしよう。

というわけで、次なる話題は?

というと、偶然見つけたサッカーの記事が意外に興味深いので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。

ジェフ千葉

といえば、名門である。

あの旧西ドイツ時代の英雄リトバルスキーがプレーしたチームであり、その後もドイツ人選手が手助けしてきたサッカークラブである。

リトバルスキーの伝説キック Legend kick of Littbarski


このリトバルスキーは、我々日本人のように、比較的小柄でしかもO脚(=がに股)の選手である。

だから、そのプレーも日本人が学ぶべき点が非常に多かった。

がに股はドルブルには有利だということを証明してくれたのである。

[サッカー JP] 93年Jリーグ リトバルスキー 華麗なドリブルゴール


たしかリトバルスキーの奥さんは日本人だったのではないかな?
a0348309_12493570.jpg



ちょっと話がリトバルスキーにそれてしまったが、このジェフ千葉の

改善=改革

が意外に興味深い。

何を改善したのか?

サッカーか、選手か、チーム経営か?


というと、

食事改善

だった。以下の記事である。

ジェフ監督「食事改善だ!」 選手「えー最悪」 半年後→ 選手「凄い動ける!効果ある!」
ジェフ千葉から消えた脂身と白米。監督が持ち込んだ食事革命が凄い。
a0348309_12523551.jpg


9/8(金) 11:31配信 Number Web
ジェフ千葉から消えた脂身と白米。監督が持ち込んだ食事革命が凄い。
かつて名門と言われたジェフもJ2生活が長くなった。エスナイデル監督
a0348309_1304510.jpg
は、再びJ1に引きあげることができるか。 photograph by Masayuki Sugizono
 9年ぶりのJ1復帰を目指すジェフユナイテッド千葉は、今季、いままでにない大改革を進めている。

 エスナイデル新監督が率いるチームは、極端なまでのハイラインで守り、猛烈なハイプレスをかけ続ける。前にも後ろにも、とにかく走るのだ。夏場でも、その運動量が落ちることはない。なぜ、そこまで走れるのか――。

 監督は「そこにミステリーはない」と言葉に力を込める。厳しいフィジカルトレーニングを課しているのは想像に難くないが、それだけではない。強度の高い練習をこなす体作りから見直し、徹底して食事改善に取り組んでいるのだ。

 現役時代、イタリアのユベントス、スペインのレアル・マドリーなど、欧州の名門クラブでプレーしてきた元アルゼンチン代表
a0348309_1259432.jpg
にとっては、当たり前のことを当たり前にしているだけだという。

脂身、濃い味、白米が並ぶ食事に監督があ然。
 きっかけは、シーズン開幕前の沖縄キャンプだった。

 「なぜこんなに味付けが濃くて、脂っこいものが多いんだ!」

 エスナイデルは、宿泊ホテルのビュッフェ形式のレストラン会場であ然とした。

 テーブルに置かれたメイン料理は脂身のある牛肉、味付けされた豚肉に皮の付いた鶏肉、それに濃い味付けの魚まで……。

 パスタのソースも選び放題で、おかずもよりどりみどり、まさにリゾートホテルで食事を楽しむそれだった。選手の皿を見ると、牛肉、豚肉、鶏肉などがてんこ盛り、さらに白米まで添えられているのを見ると、ふつふつと怒りが込み上げてきた。

 「これはアスリートの食事ではない!」

 欧州の一線で活躍してきたプロフットボーラーの常識では、考えられないメニューだった。

 「私が要求するフィジカル的な負荷に対応できるようにするためには、食事から改善しないといけない。食事の質をもっと上げるべきだ。栄養価の高いものを摂り、無駄な脂肪は摂る必要はない」

監督から毎日のように届く調理法のリクエスト。
 体脂肪率は、12%以下にすることを徹底。監督は現役時代から信頼を置くアルゼンチン在住のフィジカルトレーナーの助言を受けながら、すぐに「食事改革」を断行した。高橋悠太GMをはじめ、チームスタッフに有無も言わさず、献立の変更を指示。沖縄キャンプ2日目からメイン料理は1種類のみとなり、パスタのソースも消えた。食事の手配をするマネジャーの福島佑馬は、監督に言われるがままにホテル側へ細かくオーダーした。

 「肉の脂身を全てカットし、素焼きでお願いします。豚肉は一切なし。パスタはゆでるだけで大丈夫です。ソースはなしで、粉チーズとタバスコだけを置いてください。フルーツ、ドライフルーツ、ナッツ、ヨーグルトは用意してほしいです」

 ホテルからは「本当にそれでいいのですか?」と確認されたという。

 主食の白米も玄米へ変更。これが大変だった。ホテルには用意がなく、自前で調達することに。福島マネジャーは高橋GMと一緒に沖縄のスーパーマーケットを駆け回り、数日かかって3軒からキャンプ全日程分の玄米を購入した。ホテルに持ち込むと、調理場では玄米を炊いたことがなく困惑。一度試し炊きして、水の加減なども確認した。

 舞台裏でてんやわんやの大騒ぎをしているなかでも、監督からは毎日のように脂を使いすぎない調理方法や味付けまで細かいリクエストがきた。福島マネジャーは、「ホテル側に急で無理なお願いもした」と申し訳なさそうに話す。


当初は「味がしないし、肉は固すぎる」と不評。
 「いまではすっかり(監督の要望にも)慣れましたが、キャンプは地獄のようでした」と苦笑しながら振り返る。当初、一部の選手からは「パスタは味がしないし、(素焼きの)肉は固すぎる」と不満も出たが、「全ては監督の決めたことだから」と言い聞かせた。

 キャンプが終わり地元の千葉に戻ると、クラブの栄養士にも協力してもらい、食事管理を続けた。千葉のクラブハウスは食堂を完備しており、「節制メニュー」を毎日、全員の選手たちに食べさせることができる。こだわっているのはメニューだけではない。食べる分量、食事を摂る時間、1日の食事回数もすべて決まっている。

町田「焼き方を失敗した肉かなと思ったくらい」
 8月のある日、午前10時のチーム練習が終わった昼食時の12時半。千葉のクラブハウス2階にある食堂には、選手のほぼ全員がそろっていた。ビュッフェ形式でそれぞれが料理をトレーにのせていく。

 メインのおかずは鯖の素焼き1品のみで、味付けはすりおろしポン酢。玄米、パン、パスタは選べるが、ソースは脂分を抑えるためにじゃが芋豆乳ソースのみ。汁物はコーンスープ。サラダと付け合せの納豆、梅干し、漬物に加えて温野菜、ヨーグルトと一緒にドライフルーツ、ミックスナッツ、はちみつ、ジャム、玄米フレークが用意されている。そのほかにはプチトマト、フルーツがあるだけで、飲み物は牛乳、果汁100%のオレンジとりんごのみ。鉄分強化のための補食メニューとして、牛肉の高野豆腐炒めがあった。

 食堂に張り出される1週間の献立表を見ると、メインのおかずは常に1品で、魚の素焼きか牛または鳥の素焼きばかりが並ぶ。赤身の牛肉は、やはり固いようだ。当初、町田也真人は「焼き方を失敗した肉かなと思ったくらい。あごが痛くなるほど」と苦笑いを浮かべていた。

朝食は400から700キロカロリー。
 午前練習前の朝食は、消化最優先のメニュー。胚芽パン、くるみパンなどライ麦などを使った「黒いパン」を主食として、小麦を精製した「白いパン」はNG。玄米フレーク、ミューズリー、さらにはカットフルーツ、ヨーグルト、ドライフルーツ、素焼きのミックスナッツ(塩分カット)が並ぶ。選手の個人差はあるが、摂取するのは400キロカロリーから700キロカロリー程度だという。

 朝食は午前8時、昼食は午後12時半からクラブハウスの食堂で、基本的に全員そろって食事を摂ることを義務付けている。帰宅後も特製メニューのレパートリーがあり、午後4時に軽食、午後8時に夕食を摂るように勧めている。

 アウェーの宿泊ホテルでも、「節制レシピ」は変わらない。玄米がなければ、マネジャーがすぐに配送の準備を整える。調理方法のリクエストも、どこのホテルに泊まっても同じだ。

体脂肪率や体重がハッキリ変わり、今では選手も……。
 食事管理を始めて約半年。週に1度、体組成計で体脂肪率、筋肉量、体重などを事細かくデータを取っているが、その数値は見違えるように変わった。選手たち自身も、体の変化を実感している。

 体脂肪率が4%、体重は4kgも減少した主将の近藤直也
ビフォー
a0348309_12565712.jpg

アフター
a0348309_12571164.jpg
(たしかにぽっちゃり型から精悍な顔つきに変化したようだ)

体はすごくいい状態。腸のコンディションもいい。体の内側から変わってきている
としみじみ話す。
食事もトレーニング
として割り切っており、
それがプロ。カレーが好きだったけど、今年は1回も食べていない
と笑う。

 大学時代から連戦が苦手だった町田
ビフォー
a0348309_13253752.jpg


アフター
a0348309_133146.jpg
も毎試合のように前線から走り回り、
今年は動けている感覚がある
とコンディションの充実ぶりを口にする。家では夕食に麦ご飯を妻と食べており、
やってみないと分からないもの。効果はあるんですね
と納得している。

 エスナイデル
a0348309_12594919.jpg
は確かな手応えを感じている。

 「選手たちの意識は高くなっている。セルフケアの意味が分かってきた。サッカー選手は24時間、サッカー選手であるべきなんだ。体は商売道具、ケアして当然

 選手の体をF1の車体にたとえながら、最高のマシンでも悪いガソリンを入れれば、ベストパフォーマンスは発揮できないという。

 「食べるべきものを正しく食べれば、もっと走れる

 エスナイデルの言葉は自信に満ちていた。選手たちのフィジカルパフォーマンスは着実に上がっている。あとはピッチで結果を出すだけだ。

(「JリーグPRESS」杉園昌之 = 文)



いや〜〜、驚き桃の木山椒の木。

ジェフにこれほど良い監督が来ていたとは?


神戸のポドロフスキー獲得にも驚いたが、これもダゾーンのマネーパワーか、あるいは、欧州放映権で潤った日本サッカー協会とJリーグのマネーの力か?

いずれにせよ、名門復活はなるか?


かつて鹿島アントラーズに母国ブラジルから白いペレこと神様ジーコが友達アルシンドを連れてやってきたとき、ジーコはこのエスナイデルとまったく同じことを言っていた。

「なんじゃ〜〜これは?これがサッカー選手の食事かよ!」


当時センターバックの大野は、腹が減ったらカップヌードルを食っていたし、酒づきで夜な夜な飲み屋で飲んでいた。→引退後はバー経営者になった。

いまや日本代表のコーチ兼U23の監督になっている当時鹿島のFWだった手倉森は、毎日カップラーメン食っては練習サボってパチンコ三昧。

「こら〜〜、これがサッカーのプロか!」

と終始神様から日常生活チェックをされる始末。

結局、この2人も、プロサッカー選手魂に耐えられず引退。

残った若手を中心に神様ジーコやアルシンドやビスマルクやジョルジーニョやサントスといっしょになり、新進のサッカーチームを日本一の強豪チームに変えたのである。

そしていまや昨年ではクラブワールドカップで奇跡的な準優勝を遂げた。あわや世界一だった。

遠藤が冷静にボレーしていれば、優勝したのである。
鹿島アントラーズの「幻の世界一」!?:サッカー史上最高の試合!?

たぶん遠藤はちょっとだけジーコの鉄則を破った面があったのだろうナア。

ジェフの新監督エスナイデルは、どことなく25年ほど前のジーコを思い出させるのである。


はたしてエスナイデルの改善、改革は実を結ぶだろうか?


頑張れ、ジェフ千葉!期待しているゾ。


高校サッカーでは市立船橋がいつも優勝候補というほど、千葉のサッカーはレベルが高い。しかし、ジェフがいまいちだった。


食事も練習


これがサッカーでも鉄則になるだろうか?


玄米、玄米、玄米

玄米ご飯で90分間走り抜くんだとか。


本当に千葉の選手が走り回れるか、今度チェックしてみよう。


それに比べると、野球選手は暴飲暴食プログラム、1日6000キロカロリーだから良いな。だからプロになると清原のほうにみんなデブになっていく。

まあ、高校までは成長期だからかなり食べなければならないだろうが、成長期も終わって絞る時期にはエスナイデル監督のいうような食事に切り替えるべきなんでしょうナア。

成長期のカンテラの選手の食事がどんなものか聞いてみたいところですナ。


大食いは野球をやり、健康食家はサッカーをやる。

そんな感じですナ。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-09 13:22 | サッカー&スポーツ

サッカーU17日本代表:第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントで優勝!   

みなさん、こんにちは。

ところで、日本のダマスゴミ、在日朝鮮芸能界ではまったく話題にならなかったが、あの久保建英(16)選手も出場した、U17日本代表がチェコで開かれた国際大会で見事優勝していたのである。以下のものである。

a0348309_1035127.png

4発逆転で優勝!! 久保建英もゴール vsチェコU17代表 ゴールダイジェスト

久保建英 鮮やかゴラッソ!! vsロシアU17代表 華麗なテクニックでDFを交わしてゴール


a0348309_10212243.png


若い世代は順調に成長して来ているようだ。


問題は、日本代表。


老害ハリルホジッチ監督が率いる、いまやU34日本代表となったロートルチームはいったいいつまでやるつもりなのか?

老害ハリルホジッチ監督といっしょに日本は心中するつもりなのだろうか?


まだ同じセルビア人でもオシム監督の方が柔軟だったし、新戦力や若手を重視した。

しかし、ハリルホジッチ監督は安易な路線で任期満了だけを目指す。

要するに、年収5億円超の方が問題なのであり、チームや日本のことは二の次ということですナ。


だから、貧乏国出身のサッカー監督はだめなんだナ。

貧乏国出身の監督はやはりそれ相当の場所がある。


我が国は佐々木則夫監督がいるのだから、早急にW杯優勝経験者を上に持って来るべきであろう。

そして、若手のまったく新戦力、新規軸を基にチームを作らせるべきである。


さもなくば、Jリーグ自体が崩壊する。


いまのままでは、Jリーグの存在意義がない。

鹿島で世界2位になった柴崎岳選手のように、海外の適当なレベルのどうでもいいようなスペインの下位チームに入らなければ日本代表になれないというのなら、もはや本末転倒も良いところである。

中田英寿のように、セリエAのチップチームに入ったというのなら別だろうが、海外の2部や3部や1部の下位チームに入ったってしょうがない。

いまや現実問題として日本のJ2の方が強いし、うまい。


そろそろ抜本的にやり方を変えるべきである。


これも川淵チェアマンの「日本サッカー100年構想」の置き土産のようなものである。


今後80年この構想の負の遺産に悩まされ続けなければならないのだろうか?


構想はどんどん書き直されるべきである。

これが最適制御理論でいうところのポリシーというものだ。

常にポリシーは現実に合わせて書き換える。


まあ、我が国は国のポリシーであるはずの憲法ですら書き直せないのだから、そりゃ〜〜最適制御するのはまず100%不可能だろうヨ。


いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-30 10:36 | サッカー&スポーツ

カナダっていまや超絶反日国の仲間入り!?:U18日本代表に嫌がらせか!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、これは痛い。

清宮幸太郎「これはこれでいい経験」 バットや防具届かないトラブル カナダでの練習メニュー変更

a0348309_1081861.jpg


 野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が29日、開催地のカナダ・サンダーベイで初練習した。飛行機の乗り継ぎでバットや一部の選手の荷物が届かないトラブルも発生し、練習メニューの変更を余儀なくされた。

 守備位置に就いた内野陣は、コーチが投げた球を受けてノック代わりにした。打撃練習は行えず、約2時間で終了。主将の清宮幸太郎(東京・早実)は「打ちたかったですけどね。これはこれで、いい経験ができた」と前向きに話した。

 今夏の甲子園で1大会個人最多記録を更新する6本塁打を放った中村奨成(広島・広陵)は、初の海外遠征で捕手の防具が届かず、「そういうこともあるのかな」と困惑気味。小枝守監督は「トラブルは起きて当たり前」と、選手の不安を振り払うように言った。(


カナダはもう昔のようなカナダではない。

超絶反日国化したカナダなのである。


それもそのはず、カナダは死刑廃止した。

その結果、世界中の凶悪犯罪者はカナダを目指し、いつの間にか、犯罪大国の仲間入り。


かつてクリスチャンの日本人が大量にカナダに渡り、東洋人に対する人種差別をもものともせずに、カナダの発展に貢献した。

だから、カナダ人は東洋人に対して有効的な国となった。


あれから、100年。


いまではカナダは韓国系や支那系に乗っ取られている。


というわけで、これまた戦後の偽歴史教育で洗脳された支那人やら朝鮮人がカナダに住み着く結果、その悪影響をカナダ人がもろに受けてしまったのだろう。


というわけで、今回のような先進国ではあり得ない「洗礼」をU18の野球日本代表が受けたのだろう。


これは大会を予兆していると言えば予兆しているのではなかろうか?

まったくストライクをとらないとか、まったくセーフにならないとか、予想しないところで足元をすくわれる。


まあ、とにかく頑張って欲しい。



いやはや、この世の中から1つずつ親日国が消えて行く。


なにかタイムラインが書き換えれられたんでしょうナア。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-30 10:11 | サッカー&スポーツ

今年の夏の甲子園は一段と熱かった!?:アルプス席のブラバン対決も熱かった!   

African Symphony by SIENA Wind Orchestra アフリカン・シンフォニー


みなさん、こんにちは。

さて、本当に暑い夏の甲子園。それも昨日ついに終わった。

そんな暑い甲子園は、野球選手だけのものではなかった。

同じ学校の全校生徒の応援も本当に熱い夏だった。

45年ほど前私が高校のサッカーの選手だった頃、サッカーは甲子園と比べたらマイナーなスポーツであった。

だから、自分の学校の校庭で大事な大会の大試合をやっていても、ろくに生徒も先生も応援に来てくれなかった。

とまあ、そんな時代である。


あれから、45年。


時代は変わったが、甲子園の応援だけは変わっていなかった。


というわけで、2017年の夏の甲子園の応援風景もメモしておこう。以下のものである。

a0348309_14402354.png

聞いて楽しいエンジョイ応援歌 2017 夏のブラバン甲子園 高校野球応援歌 吹奏楽チアリーダー


アゲアゲホイホイ サンバ・デ・ジャネイロ 2017 夏のブラバン甲子園 高校野球応援歌 チアリーダー

夏の甲子園の仙台育英の応援「SEAOFF」の最中にホームランを打った動画!


ダンスのキレは今大会No 1!!!前橋育英の応援団!


もはや芸術!花咲徳栄の応援がすごすぎる!


夢のブラバン対決 智弁和歌山vs大阪桐蔭 2017夏の甲子園 高校野球応援歌 吹奏楽チアリーダー

大阪桐蔭は野球だけじゃなくて応援も一流なのが分かる動画!


美爆音】2017年夏 大阪桐蔭応援歌メドレー


他多数


野球部の選手の大半は、球場に出られなくて甲子園のアルプス席で応援するだけで3年間終わる。

しかし、それでも甲子園に出場できるチームならまだ良い。

地方の大半の高校野球部は予選敗退し、甲子園にたどり着けずに、進学か就職するわけだ。


ならば、せっかく甲子園のアルプス席に陣取った以上、球場の選手と一緒に闘う。


これが日本式の応援というものであろう。



ザ・青春。


いや〜〜、青春って本当に素晴らしいものですナ。


今年も頑張って応援し、その結果素晴らしい熱戦になった試合も多かった。


みなさん、お疲れさまでした。良い試合をどうもありがとう。

ちなみに、俺は全試合見たヨ。



俺も暇人だな〜〜。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-24 14:40 | サッカー&スポーツ

日本代表ってもうすぐ豪州戦だったんじゃなかったか!?:いやはや最強の豪州をなめているのか?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、今年の高校野球は非常に面白かった。ついに清原は過去の人になった。

今回の各チームの高校生をみると、大食いトレーニング=1日5〜6000キロカロリーの食事と、筋トレなどがかなり全国的に普及した観がある。身体が例年になくしっかりしている感じがあった。

また、栄養が行き届いたせいか、精神的成長もできている感じで、面構えの良い選手が増えた。

こうしたことがあいまって、ホームランも新記録を生んだにちがいない。


さて、翻って、我が国のサッカーに戻ると、なんと8月24日というのにいまだに日本代表が合宿に入ったという話を聞かない。

いったい日本代表はどうなっているんだろうか?

もうすぐ8月31日に最終予選最大の難関オーストラリア戦があるのだ。

ワールドカップ 最終予選 
2017年8月31日(木)19:35KO 埼玉


このオーストラリアはコンフェデ杯に出て、優勝したドイツとも非常に良い試合をしていて、かなり自信をつけたレベルの高いチームとなっている。

にもかかわらず。我が国の日本代表は合宿もしていなければ、練習もしていない。

本田に至っては、メキシコで試合に出ている。

本田圭佑タッチ集 パチューカデビュー戦 Keisuke Honda 23/08/2017


また、試合の3日前に集まって、即席ラーメンのような練習をして、ミニゲームやコーン周りやジョグをして終わりなんだろうか?

大半は選手の試合見るだけ。

練習は小中学生のような練習だけ。


これで、年収5億円の監督?


これじゃ〜日本語のできる俺が監督した方がはるかにましですナ。


いまさらのように、このオーストラリア戦で引分以下なら、ハリルホジッチ解任の噂とか。

ハリル監督、31日豪戦引き分け以下で解任も

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が、オーストラリア戦(31日、埼玉)に引き分け以下で、解任される可能性があることが22日、分かった。

 日本は現在、18年W杯ロシア大会アジア最終予選を2試合残して5勝2分け1敗の勝ち点17で首位だが、オーストラリア戦の結果次第では自動出場圏外の3位に転落する。最終戦のサウジアラビア戦(9月5日、アウェー)を監督代行で乗り切ることも視野に入れている。


やはり日本代表の監督は、任期は最長4年ある。

最初から毎年5億円。勝利敗戦に関係なく、同じ金額を与えるというのはいかがなものか?

やはり1年ごとの更新で、予選突破して成功報酬として満額供与というような契約の方が代表監督には適しているんちゃうか?

ハリルホジッチは東欧の旧ユーゴ出身。東欧では、100万円もあれば、豪華な家が建つ。そんな貧困の国の民族に年5億円もくれてやれば、考え方も吹っ飛ぶはずであろう。100倍の価値になるわけだ。

そろそろ、日本代表も日本人監督の佐々木則夫監督とか、W杯優勝経験のある監督にスイッチすべきではないだろうか?


ところで、最近さんまの番組で、元なでしこジャパンの大竹七未さん
a0348309_7491027.jpg
a0348309_7491437.jpg
が面白いことを言っていた。

この彼女の夫も元Jリーガーのサッカー選手弦巻健人である。

この夫は日本代表選手でもなければ、有名選手でもない。1+Nの選手である。

この亭主に対して、この日本代表の大竹さんは言った。

「うちの亭主は視野が狭い!」


彼女の真意は、そこにいた澤選手とか、他の元日本代表クラスの女子サッカー選手には理解できたようだが、さんまを含めて他の出演者には何を言っているのかまったくわからないようであった。

要するに、彼女なら一瞬にしてどうすればいいか分かる物事の手順が、この旦那には分からない。

例えば、今見た駐車場の車の配置なら、車をどういうふうにいれてどこに駐車すれば、買い物して帰るときに便利かが自分は分かるのに、旦那には分からない。だから、いつも帰りを想定しない場所に行き当たりばったりで車を止める。

つまり、大竹さんのいう「視野」は空間的な「視野の広さ」だけではなく、時間的な広がりをも含めた「視野の広さ」のことを言っているのである。


私が何を言いたいかというと、要するに

これが日本代表とそうでない平凡な選手の差なのである

ということだ。


澤穂希選手とか、大竹選手とか、常に先を読む。そういう力がついている。

しかし普通の選手はいましか分からない。だから、ミスしたり、ヘマしたりする。

先を予想して準備する力

これが大事だということである。

女子サッカーの選手といえども、男子サッカーの選手以上にこういう力が備わっている。

だから、なでしこジャパンはW杯で優勝できたのだ。


つまり、一言で言えば、

女子サッカーをなめるな!

ということである。


はっきりいって、男子サッカーより女子サッカーの方が良いサッカーをしているのである。


そういうレベルの高い、マインドの練れた女子を統率し、世界大会で優勝準優勝の経験のある監督が、佐々木則夫監督である。

そういうすぐれた指導者がいるのに、そういう人材を使わずにハリルホジッチとか。アギーレとか、サッカーしかろくに産業も無いような第三世界の監督をつれて来たってしょうがない。

いまやそういう時代に入っているのである。


この辺のことが、どうも日本サッカー協会の早稲田、筑波閥のお偉方には理解できないのだろう。


ハリルホジッチを解任したって、また次の監督が欧州や南米で解雇されて失業中の監督だったのであれば、また同じことの繰り返しである。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-24 08:03 | サッカー&スポーツ

広陵高校中村選手、ついに清原の5本を超えた!:今大会6本目のホームラン!   

みなさん、こんにちは。

いや〜、いまさっきニュースの時間で見れなかった間に広陵高校の捕手中村選手が、

ついに清原選手の5本を超えた。今大会6本目の大ホームラン。
a0348309_11114377.jpg


球史に歴史を残した。

新時代到来ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-22 11:12 | サッカー&スポーツ

仙台育英v大阪桐蔭、まさかの大逆転:だれも一塁手を責めてはならない!   

みなさん、こんにちは。

いやー、高校野球の夏の甲子園が非常に面白い試合が続き、見ていると、ここに書き込むことも忘れてしまう。

今日の第四試合の大阪桐蔭vs仙台育英の逆転さよならゲームはなんとも言えない、切ない試合だった。以下のものである。

9回裏仙台育英の攻撃。しかも2アウトランナーなし。

あとひとり、あとひとり、あとひとり。

そういう段階になった。

それが、ヒットのランナーが出て盗塁し、その後フォアボールで、ツーアウト1、2塁まで漕ぎ着ける。

そして、運命の打撃。

次の打者は、ショートへの平凡なゴロ。しかし、難無くショートがとって一塁手に投げて万事休す。

仙台育英の打者は何とか生きようとして、一塁に「ヘッドスライディング」。

間一髪そのヘッドスライディングも間に合わなかった。

試合終了。

だれもがそう思ったとき、

なんと一塁手がベースを踏み忘れて、一瞬だけヘッドスライディングが先んじた。

セーーーフ。
a0348309_2138116.png


一塁塁審がそう告げた。

ついに満塁。

背番号16番。いつもは補欠の選手が打撃に立つ。

センターオーバーの二塁打。

これで一気に2者がホームインして、2−1の逆転サヨナラ勝ち。

さよなら、さよなら、さよなら。
いや〜〜、甲子園野球って良いものですね。

とまあ、そんな感じの大試合だった。以下のものである。
[高校野球2017夏3回戦] 仙台育英サヨナラ!! VS 大阪桐蔭 9回裏ノーカット


いや〜〜、実に痛い。


しかし、だれもこの一塁手を責めることは出来ない。

この場面はいくつか面白いことがあるのでメモしておこう。

まず問題のシーンがこれだ。
タイミングは完全にアウト
a0348309_21401619.png

しかしまだ完全にベースを踏んでいない。
a0348309_21415315.png

そこであわてて踏み直すが、実は外側を踏んでしまい、ベースから離れてしまった。
a0348309_21421377.png


なぜこんなことが起こったのか?


ここにこのファーストの選手の日頃の訓練の賜物が垣間見える。

自分はベースを踏もうと思った。

すると、足が反応して、いつもやっている動作になり、外側(右側)に行った。


たぶん野球を知らないとあまりこの問題の面白さが理解できないだろう。


実は、ファーストの選手は普通、ベースの一番ホームベース側に足をおく。なぜなら、それが一番早くボールをキャッチできるからである。一番ベースの「右側」ではベースの長さの分だけ、捕球が遅れるためだ。

だから、ベースの一番手前に右足を触る形でおいていて、野手からボールが投げられて来たら、捕球動作になり、ボールをキャッチする時に、足の位置をしっかりベースにタッチするように動かす。少しでもはなれていれば、セーフになるからだ。

というわけで、この大阪桐蔭のファーストはいつもこういう動作を完璧に身につけていた。一流選手である証だ。

問題がここ。

実はこの選手、前の回にそうやって足を伸ばして捕球したら、そのベース上の足を仙台育英の選手に足を蹴られて負傷したのだ。

だから、おそらくこの選手は、足を蹴られないようにベースの向こう側に右足をおいて蹴られるのを避けていた。

ところが、足が離れていてベースを踏もうとした時についいつもの動作のスイッチが入り、頭でやろうとしていることと、体の反応が真逆になったのである。

つまり、意志では足を引かなければならないところが、足を出したのである。足が勝手に前に動いたのだ。

しかし、そこにはベースは無かった。

日頃のルーティーン通りに下半身が動いたが、最初のポジションが悪く、瞬時には反応動作できなかったのである。


さて、一方の仙台育英の選手も面白い問題が潜む。

もしこの打者が走り抜けようとしたら、最後の一歩で大きくジャンプするから、そのジャンプで空中にいる間に一塁手が自分のミスに気付いてベースタッチするだけの時間があったはずである。

だから、もし仙台育成の打者が走り抜けた方が早いと思って、イチローのように一塁を走り抜けたら、たぶんアウトになって試合終了。大阪桐蔭の勝ちだっただろう。

しかし、ヘッドスライディングをしたから、打者は一塁へ滑るように進んで行った。だから、かならずベースにタッチする。体を倒した分だけ、距離を得していた。

というわけで、ほんの一瞬だけ先にベースタッチできた。

というわけで、この実に傑作のプレーには、守備側と攻撃側のどちらにもこれがセーフになる伏線が張られていたのである。

前の回で大阪桐蔭のファーストが軸足を蹴られていたこと。

その結果、ベースの向こう側に右足を触れていたこと。

一方の仙台育英の打者の選手は、何が何でもスライディングしてセーフになろうとしたこと。

こういうものが重なって、これから何度も何度も語りぐさになりかねない歴史的逆転劇が発生したと考えられる。


仙台育英のキャッチャーがキーマン、ラッキーボーイだとは思ってみていたが、あの一塁手の足を蹴ったことが、こんな結果を導くとは。


いや〜〜、野球の神様は驚くべきことをしますナ。


ザ・青春。

俺はだれもこの一塁手を責めてはいけないと思う。


良い試合を見せてもらってありがとう。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-19 22:03 | サッカー&スポーツ

ありがとう、ミハイロ・ペトロビッチ監督、お疲れさまでした!:ペトロビッチ監督の現役時代の勇姿発見!   

みなさん、こんにちは。

久しぶりにサッカーの話題をメモしておこう。

浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ監督が解任されたという。今期の不振の責任をとってのことらしい。

しかし監督の不振というよりは、どちらかといえば、DF槙野の不振というべきではないかと俺は思う。以下のものである。

監督独自攻撃が6年で…浦和低迷なぜ止まらなかった

ペトロビッチ監督
a0348309_103918100.png



最近になってちょっと調べて知ったことだが、このペトロビッチ監督も旧ユーゴスラビアの選手だった。

現日本代表のハリルホジッチ監督も旧ユーゴスラビア代表であった。

また、名古屋でプレーおよび監督をしたストイコビッチ監督も旧ユーゴスラビア代表だった。

さらに、あの日本代表監督のイヴィチャ・オシム監督も旧ユーゴスラビア代表であり、ユーゴスラビア監督もした。

オシム監督が旧ユーゴの監督時代の選手がストイコビッチ監督だった。


というように、我が国のサッカーは旧ユーゴスラビアの選手や監督でかなり賑わっている。

そのバルカン半島のユーゴスラビアは、ユーゴ紛争の後戦争になり、結局解体されて、

スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア

の6カ国に分裂してしまったわけである。

それぞれがサッカーの強豪国だから、いかに旧ユーゴスラビアが強豪チームだったかがわかる。


さて、ペトロビッチ監督は、そんなセルビア出身のサッカー選手だった。

いまでは我が国の久保憲英選手が15歳でプロになったといって有名になったが、かのペトロビッチ監督もなんと14歳でプロ選手になったようだ。以下のものである。

ミハイロ・ペトロビッチ

現役時代[編集]
当時のユーゴスラビアの首都ベオグラード近郊にあるロズニツァ(セルビア語版)出身。父親は工場作業員[2]。
10歳からサッカーを始め、14歳(1971年)の時にユーゴスラビア1部リーグの名門レッドスター・ベオグラードユースにスカウトされ入団。1974年に当時2部リーグのFKラド・ベオグラードへレンタル移籍しプロデビュー、攻撃的なMFとしてプレー。1976年にレッドスター・ベオグラードへ復帰した。このころ、U-20ユーゴスラビア代表に選ばれている[1]。
1978/79シーズン中にNKオリンピア・リュブリャナへ移籍し主力として活躍。1980年11月15日ユーゴスラビア代表としてスペインW杯予選イタリア戦に初出場している(0-2で敗戦)。1984年にディナモ・ザグレブへ移籍、セントラルミッドフィルダーとして同シーズンのカップ戦準優勝に貢献した[1]。
翌1985年にオーストリア・ブンデスリーガのSKシュトゥルム・グラーツに移籍しリベロ[4] として活躍。1987年以降は外国人選手としてはクラブ史上初の主将となりチームを引っぱった。また、家族と共にグラーツに定住し、1989年オーストリアに帰化[1]。1993年、高年俸のベテランとなったペトロヴィッチに対し、シュトゥルムが経済的な理由と若返りの一環として一方的に解雇した。これにより現役引退したが、この契約解除をめぐり裁判にまで発展した。


ユーゴ代表には1980年だけだったようだが、グラーツでは主将まで努めた。


さて、このペトロビッチ監督のこれまでの我が国のサッカーへの貢献を祝して、なんとかこの監督の現役時代のプレーする姿がないかとずっと探したところ、やはりわずかだが、その勇姿を留めるものを発見した。これをメモしておこう。以下のものである。

STURM GRAZ - RAPID WIEN 13.08.1985 GRUABN


この選手が現役時代のミハイロ・ペトロビッチだった!
a0348309_10542733.png



こっちは、ハリルホジッチ監督の現役時代
1981 (April 29) Yugoslavia 5-Greece 1 (World Cup Qualifier) (In color).mpg



ミハイロ・ペトロビッチ監督、これまでどうもありがとうございました。

ご苦労様でした。

今後も我が国のサッカー向上のために貢献して下さい。


ところで、このペトロビッチ監督、私と誕生日が5日違いだった。私の方が先に生まれたようですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-01 10:59 | サッカー&スポーツ

白鵬の記録は白紙にすべきだ!:何の価値も無い!ほんとモンゴルに帰ってくれ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、最近はもう我国は余りにひどくなりすぎて、ジョークをかまして笑うほかない。そんな情況だが、あいかわらず大相撲は、もはやモンゴル相撲にすぎなくなった。

一昨日の白鵬と正代の一戦。

白鵬がいわゆる「張り手」という解説者の触れ込みではなったものは、もはや「張り手」ではなく、立派な格闘技の「パンチ」か「チョップ」だった。

だから、それが首に入ると、一瞬頸椎がずれて、意識が飛ぶ。

正代は何回同じ技で気を失えばすむのか?

これである。

白鵬 対 正代 大相撲名古屋場所3日目 白鵬のボクシング!?
a0348309_19444188.png
言っちゃ悪いが、150kgもある人間が、「張り手」をすれば、しかもビンタのように平手で音を鳴らすように張るのではなく、手をグーに近い形でアゴや首に張れば、それは相手の首が捻れて一瞬気を失う。

たとえば、総合格闘技でいえば、こんなもの。

29秒ノックアウト! 菊野克紀VS伊藤崇文 (2013.03.09 U-SPIRITS again 後楽園ホール)
a0348309_19500283.png
ようするに、ボクシングでもダウンを奪うパンチというものは、相手のアゴにヒットし、相手の首が横に向くようなパンチに限るのである。

この場合、首が

クキッ

という感じになり、一瞬頸椎がひね練れて血流が途絶え、脳がショック状態になり、一瞬意識が飛んで、倒れるのである。

場合によれば、そのまま死ぬ場合もある。

軽量級のボクシングや格闘技でもそうだ。

リング内の死のパンチファイブ死 ボクシング 格闘技 ボクシング無料 格闘技 ko ボクシングko
a0348309_19561769.png
張り手は禁じ手にすべきですナ。

さもないと、その内死人が出るんじゃないの?


今日の白鵬ー嘉風戦もひどすぎ。

a0348309_09290328.png
いきなり横綱が立ち会いで変化するって?

横綱が立ち会いを逃げる!?

10両メンタルですナ。


そろそろ白鵬の記録を剥奪すべきじゃないのかいな?

あまりにひど過ぎ。

まあ、一番上についたら何でもありというのが、支那やモンゴルの感覚だからナア。


一方、稀勢の里は、もう最速で引退あるのみ


方や、日馬富士は、石頭の頭突き。

頭突きの立ち会いも禁止すべきじゃないの?

さもないと、その内死人が出るんじゃないの?


さて、他のどんなスポーツも普通は若い方が強い。

サッカー、野球、バスケット、ラグビー、柔道、レスリング、剣道、

若い方がスピードがあり、体力があり、老体は引退あるのみとなる。

それが普通なのだが、

どうして相撲だけは、年寄りの方が強いのかね???


何かが間違っているんじゃないの?

弟子の取り方が変。稽古の付け方が変。親方の教え方が変。

なんか変だよナ。


普通は若い方が年寄りを圧倒するもんでしょ。


まあ、俺個人の意見では、要するに出稽古に問題がある。

横綱が勝手に敵陣に道場破りに行って、そこの若手にスポーツでいうところの、いわゆる「イップス」を仕込んでしまう。

お前は横綱の俺には勝てんのだよってナ。

どうも一種の催眠術のようなものですナ。

白鵬の顔みただけで、身体が動かなくなる。

だから、出稽古は禁止すべきじゃないの?

場所前に相手に手の内教えちゃいかんでしょ。

サッカーでも試合前の練習は非公開が常識だよ。

それをわざわざ出稽古だといって、試合する相手と練習試合するなんていうことはサッカーや他のどんなスポーツにもない。

というより、そんなことはあり得ない。

勝負ごとなんだから、試合前に対戦する敵と練習するなんていうのは邪道だ。



というわけで、俺個人の意見としてはだな。

横綱の立ち会い変化は禁止。
道場破りの出稽古は厳禁。禁止。
首から上への張り手は禁止。禁じ手。反則技で負け。
頭突きは禁止。禁じ手。反則技で負け。



まあ、いずれにせよ、後味の悪い時には、朝鮮人や支那人やモンゴル人がいるんですナ。


まあ、俺にはどうでもいいけどナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
まあ、俺個人は、「白鵬」というよりは、薄汚い「黒鵬」だと思っているがヨ。
名前をそろそろ変えたらどうだい?


おまけ2:
そうだ、立ち会いの「手をついて」というやつだが、一向に手をつかずにフライングしたり、スルー(待った)するやつがいる。

陸上のスタートのように、白線に両手を乗せて1秒後にスタートというようにすべきじゃないの?

陸上のフライング判定のように機械判定にして。フライングは負け。待ったはなし。

そうすべきじゃないの?

行事が両手をつけと言っているのに、片手タッチでスタートしたり手をつく前にすでに右手が張り手に行っている白鵬みたいなインチキ相撲もある。

神儀の国技を称するなら徹底的にフェアにやるべきだ。

というわけで、アマチュア相撲のように両手を白線の上についた状態から、行事のはっけよいの合図でスタートし、フライングは機械判定。これくらい厳しくしないとだめでしょ。

いつも白鵬有利の立ち会いじゃ、モンゴル銀行東京支店ですかっていうことになるよナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-13 20:16 | サッカー&スポーツ