カテゴリ:サッカー&スポーツ( 54 )

 

浅田真央選手引退!:「氷上の天使」の裏に隠されたアスリートのさまざまな問題!?

松田博幸 悲しいときはいつも


みなさん、こんにちは。

いやはや復活を告げるまでもなく、桜のように散ってしまった。
浅田真央選手のことである。

a0348309_10394113.jpg

浅田真央選手 きょう引退の記者会見


浅田真央選手と言えば、笑顔と涙。

完璧な演技ができた時の少女のような屈託のない笑顔。
それに対して失敗した時の悲しい涙。

この両者の対比がファンの心を掴んだ。

ところで、この浅田真央選手、世界最初に女子でトリプルアクセルを飛んだ選手である。

この意味では、世界最初に女子で3回転を飛んだ伊藤みどり選手に匹敵する。
金メダルはないが、歴史に残る選手というものである。


個人的に言わせてもらえば、私が浅田真央選手に期待していたのは、世界の女子フィギュアでただ1人4回転ジャンプに最も近づいた選手だったということである。

ローティーンの中学生までにトリプルアクセル(3回転半)を飛び、きっと高校生になったら4回転をできるんじゃないか。

そんな感じを抱かせてくれたただ1人の選手である。

もっと筋トレをやれ!

これがオレ個人の望みだった。


しかしながら、付いたコーチが悪かった。

荒川静香選手のように演技力や表現力で金メダルを狙わせるロシアのタラチネだったか、タラソワだったか忘れたが、あのあたりから方向性を間違ってしまった。

細身に見える浅田真央選手だが、本当は筋肉質でバネや瞬発力のあるアスリート系なのである。
そこを伸ばすべきだった。

つまり、ガンガン4回転、4回転で、圧倒するジャンパーで行くべきだったのだ。

その次は、佐藤親子のコーチについたこと。

これが選手としての運命を決めた。

私はここの拙ブログにもたくさんメモしてきたように、佐藤コーチは浅田選手を潰すための役を引き受けたと思う。

20歳すぎてから自分の癖を直すのはほぼ不可能。そういう理不尽な要求を行い、わずかな加点のために浅田真央選手のジャンプの癖の矯正に2年掛けた。

これがまさに今現在ゴルフの石川遼選手が子供時代に身につけたスウィングを20歳すぎて矯正してスウィングがばらばらになり自信喪失の真っ最中に陥ったのと同じように、浅田真央選手のジャンプのリズムやタイミングをばらばらにし、いつも途中で力を抜いてしまうという不完全ジャンプへの道を突き進む結果となった。

とまあ、俺はそう分析する。

要するに、確信犯はこの
佐藤コーチ
a0348309_9543191.jpg
a0348309_9553635.jpg
である。

この人は浅田真央潰しの責任取って引退しないのか?

こんなコーチがいたらみんな潰されてしまう。

まあ、口悪く罵れば、浅田真央選手は佐藤夫婦と娘の佐藤一家の収入源にされてしまったということだろう。だから、手放せない。

ある種の洗脳したんでしょうナア。

私はキム・ヨナが引退したらすぐに、カナダのブライアン・オーサー
a0348309_10153521.jpg

コーチのスクールへ行くべきだったと思う。

バンクーバーの後すぐに行くべきだった。

そうすれば、仲間にいまの羽生結弦選手やスペインのフェルナンド選手とか多くの仲間がいて、いい意味で切磋琢磨できただろうと思う。

もし浅田真央選手がブライアン・オーサーの指導下に入っていれば、おそらく4回転ジャンプに挑戦したと思う。

なぜなら、周りはこれから男子で4回転新時代を築いていく選手たちだらけだったからだ。

今からでも遅くない。一度ブライアン・オーサーの指導を受けてみたらどうだろう?

引退撤回

これを俺は期待したい。真央ちゃんはまだできるヨ。


あのジュネディーヌ・ジダンでも引退撤回して現役に戻ってきたし、プルシェンコもそうだった。


さて、もう一つの浅田真央選手がした痛かったことは、長期休暇である。

これは意外に重要な問題につながるからメモしておこう。

スポーツには基本的に2つの考え方がある。現役の間の練習の仕方についてである。

(あ)練習は毎日かかさず1日たりとも休んではいけない。
(い)練習は集中的にやり、時には長期休暇で身体を休めるのも必要だ。


というものである。

私はどちらかというと、折衷型で、スポーツに応じて(あ)と(い)のどちらでもよいという考え方であった。

しかしながら、最近になって、いわゆる「レジェンド」という人たちが現れるようになった。

体操の内村航平選手、
a0348309_10182368.jpg

スキージャンプの葛西紀明選手、
a0348309_10113771.jpg

サッカーの三浦知良選手、
a0348309_10113461.jpg

レスリングの吉田沙保里選手
a0348309_10124342.jpg


伊調馨選手
a0348309_10121754.jpg

こういった選手たちの日々の練習法が明らかになってきたわけである。

すると、内村も葛西も三浦も吉田も伊調も(あ)の方だった。

これに対して、マラソンの高橋尚子選手
a0348309_10133356.jpg

は(い)の方で、大会が終わると一旦休憩し、大会の直前の数ヶ月前から大会に合わせて練習するというやり方だった。

浅田真央選手はもちろんこっちの(い)のタイプの真似をした。
同じく水泳平泳ぎの英雄北島康介選手もこっちの(い)の真似をした。

その結果は

復活ならず

であった。


こうした日本人選手の経験から推察すると、どうやら真実とは、

もし現役続行したいのなら、1日たりとも練習を欠かしてはならない。つまり、休んでは駄目。

これがどうやら真実のようである。


途中に長期休暇をとって気分転換なんていうのは嘘なのだ。

気分転換と同時に肉体変換も起こり、一気に凡人選手に陥る。

それを知らなかったばかりに、水泳の北島選手は涙に暮れた。

そして今回の浅田真央選手である。


やはり、長期休暇して一番悪影響が出るのは、一般人のメンタルを学んでしまうことだろう。

それまでのアスリート人生から一般人の普通の人生の楽しさを味わってしまうのである。

マラソンでも一般ランナーでも途中で止まると二度と走れないというものがある。道端でゆっくりお茶を飲んだらハイそれまで。もう走る気力がでない。

アスリートにとって、マスコミやタレントとつるんで遊んでいるように見えるようなものが一般人の仕事であるから、仕事と言えどもお遊びにすぎないのだ。がしかし、それで高給が得られると知る。

もう二度とアスリートには戻れない。

学者でもそうで、それまでの院生やポスドク時代の無名の時代の研究者の心意気は、一度大学教授をしたら二度とそういう研究者には戻れない。適当に学生を教えて学者の真似事をしていれば、高給が得られるのだ。これを知ったら、もはや真の研究者に戻ることは不可能である。

乞食と大学教授は一度やったらやめられない

とやゆされるわけである。

同様にアスリートがニュースキャスターやスポーツキャスターを一度やったらもう後戻りは不可能である。


これと同じことは動物にも言える。

猛犬で悪漢退治犬のシェパードや盲導犬の類が、その訓練を終えて訓練の技術を習得する前に

一度でもメス犬と交尾したら二度と習得できない

という有名な事実が知られている。

これはいわゆるパブロフの犬のネガティブバージョン(逆バージョン)である。

パブロフの犬は上の逆を積極的に利用するものだ。

餌でさせたいことをさせるものである。

餌でさせたいことをさせない(交尾したら終り)ものが最初のものである。


逆に同様に人にも動物と同じことが成り立つらしい。

若い学童期の児童や生徒が早めの思春期に入り、異性を知る(セックスやキスをする)と、もはや勉強には手がつかなくなる。

だから、経験的にイングランドでも我が国でも

男女別教育制度を生み出した。

これを否定したのがアメリカのジョン・デューイである。これが男女同権、男女共学を生み出し、アメリカ人の学力低下を急激に及ぼしたのである。

そのために、男女別教育を否定させるために、ホモやレズになるかのような嘘をマスゴミやダマスゴミがたくさんの映画が小説で人々をたぶらかして、結局逆にたぶらかされる結果となった。


というわけで、やはりアスリート教育もそういう生物の本能に根ざす部分や心理学やスポーツ医学などを基にして、さらになにより実際の体験者の人生を観察することから、学ばなければなかなか真実が見えてこない。

高橋尚子選手と北島康介選手と浅田真央選手はこういう興味深いテーマを提供してくれたという点でも歴史的な選手だったと俺は考える。


いずれにせよ、浅田真央選手、ご苦労様でした。お疲れ様でした。
浅田真央選手に幸あれ。


最後に、これに対する海外の反応というものもメモしておこう。以下のものである。

海外「本物の女王だった」 浅田真央の引退表明に世界中から悲しみと感謝の声

昨日、女子フィギュアスケートの浅田真央さんが、
ご自身のブログで現役引退を表明されました。
浅田さんは引退を決めた理由を、
「去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、
選手として続ける自分の気力もなくなりました」と説明されています。

続けて、「このような決断になりましたが、
私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。
これは、自分にとって大きな決断でしたが、
人生の中の1つの通過点だと思っています。
この先も新たな夢や目標を見つけて、
笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。
皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」
と現在の心境とファンへの感謝の言葉を綴っていらっしゃいます。

一時代を築いた稀代のスケーターの引退を伝える投稿には、
世界中から悲しみ、そして感謝の声が寄せられていました。
a0348309_1014095.jpg

■ 私はマオの滑りを絶対に忘れないよ。
  デビュー以来、マオはずっと戦い続けて来たね。
  マオがリンクにかけてくれる魔法は本当に素敵だった。
  これからも、ずっと輝き続けてね❤️ +5 メキシコ

■ ついにこの時が来てしまったか。
  いくつもの素晴らしい瞬間をありがとう。
  マオの今後の幸運を祈ります。 +3 スペイン

■ 女神にも休養が必要だってことなんだろう。 +1 台湾

■ これだけは忘れないでほしい。
  引退をしてもリンクはあなたのことを待っているし、
  あなたのことが大好きな人たちもずっとあなたを応援してる。

  大勢の人がマオの滑りが観られなくなることを残念に思うはず。
  だけどこれからは、氷上にいる時と同じように、
  あなたの望む通りに人生を歩んで行ってください。 +8 アメリカ

■ 美しく、才能豊かで、優雅なスケーターだった。
  素晴らしい思い出たちをありがとう。 +2 アメリカ

■ フィギュアスケートのファンはこれから、
  優雅なこのスケーターの滑りを恋しく思うでしょうね?? +2 ベルギー

■ 彼女は本物の女王だった……。
  この先、全てがうまくいくことを願ってる。
  俺は長年ずっと彼女の滑りから喜びをもらってたんだ……。
  最高のスケーターの1人であることは間違いないよ。 +3 アメリカ

■ 美しいマオの姿はずっと私たちの心の中に残り続ける!
  マオのスケーティングを何年も観ることが出来たなんて光栄なことだよね。
  ソチ五輪の時は一緒に泣いちゃったよ。
  女王マオ、あなたの全てに感謝します! +10 ロシア

■ マオのことが本当に大好き。
  これからはマオの滑りを恋しく想うんだろうなぁ???? +6 ペルー

■ もうやり残すことがないってくらいのキャリアを残して来た人だ。
  それでも引退はやっぱり悲しすぎる。 +1 アメリカ

■ 大会にマオの姿がないことに違和感を覚える日が続くだろうけど、
  今はマオの輝かしい未来を心から願ってます????❤️???? イギリス

■ 愛らしいこのスケーターがずっと大好きだった。
  引退後はコーチになってほしい。
  絶対偉大な指導者になれると思うから。 アメリカ

■ 彼女の闘いの日々が終わったことを嬉しくも思うし、同時に悲しくも思う。
  だってマオのいないフィギュア界は退屈なものになりそうじゃん。
  これからの挑戦が上手くいく事を願ってるよ、マオ! +11 アメリカ

■ 日本女子フィギュアのオリンピック出場枠が、
  2枠に減ってしまったのも引退を決めた大きな理由かもね。 ベトナム

■ 私は彼女の決断を尊重するし支持もする。
  マオにはこの先何をするにしてもずっとハッピーでいてほしい。
  彼女は愛されて、尊敬されて、記憶されるだけのことをやって来た選手。
  フィギュア界への貢献にありがとうって言わせて。
  マオchan! あなたは伝説です!
  いつまでもあなたの大ファンだから! +1 ウズベキスタン

■ 報道を聞いて、虚無感がひどい。
  でもマオの第二の人生を応援してる。
  あなたの滑りが忘れられることは絶対にないからね。 メキシコ

■ マオ・アサダは輝かしい音楽的才能を持ち合わせた、
  フィギュアスケートの歴史上最も美しいスケーターの1人。
  目の覚めるような、美しいパフォーマンスをありがとう。
  君の滑りを長年観れた僕は、本当に幸せ者だ! +23 カナダ

■ みんな寂しく思うだろうなぁ。
  本当に不世出のスケーターだったから。 イギリス

■ 彼女にとってベストの決断だったことは理解してる。
  ……それでも悲しくて仕方がない。
  彼女がリンクからいなくなってしまったら、
  フィギュアスケート界はこれまでとは別物になってしまう。
  この選手はそれくらいの存在なんだ! ポーランド

■ キャリアの終わりではないだろ?
  大会には出なくなってしまうだけで。
  これからはプロスケーターとして活躍していくんだろ? アメリカ

■ マオやイリーナ・スルツカヤみたいに敬意を払われるだけの実績がある、
  偉大なスケーターたちがオリンピックで金メダルを獲れないまま、
  リンクから去ってしまうなんて悲しすぎる。
  過去には金メダルに値しない人が獲ってるのに……。 +4 アメリカ

■ マオをキャリアの初期から観続けられた私は、
  なんて恵まれてるんだろうって思う❤️ アメリカ

■ 史上最高のスケーターだったんだから、
  当然トップクラスのレジェンドとして語り継がれていくね。
  マオに輝かしい未来が待っていますように?? +3 カナダ

■ マオは3度の世界女王であり、世界一美しいスケーターだった!
  これからはマオの演技が観られないなんて、寂しい。
  あなたはフィギュア界の伝説です! +2 カザフスタン

■ アメリカに来てコーチになってくれたら最高なのに。 +1 アメリカ

■ 僕のアイドルが引退してしまう??????
  これでトリプルアクセルを飛べる女子選手がいなくなるね?? 台湾

■ ずっと愛してます❤️
  金メダルを獲れずに引退してしまうなんて悲しすぎる。
  マオは金メダルを与えられるべきだったのに!! +3 アメリカ

   ■ 心の底から同意。
     もう彼女みたいなスケーターは現れないだろうね。
     マオはいつだって高い目標を掲げて戦っていた。
     今後誰がマオと同じレベルに近づけるか楽しみ! +2 アメリカ

■ 彼女にはもっと良い結末が用意されていても良かった。 +5 アメリカ

■ 間違いなく、後世まで伝説として語り継がれるだろうね。 +6 アメリカ

■ マオ・アサダsan、この先何度もあなたの滑りを思い出すでしょう!
  これまでのギフトのようなあなたの美しい滑りに、
  ありがとうって言わせてください。 フィンランド

■ スケーターとしてのみならず、1人の人間として美しい存在だった。
  スケーティングを通して、私たちに多くの喜びを与えてくれた。
  本当にどうもありがとう。引退後にどんな道を歩むにしても、
  きっと輝かしい未来があなたを待っているはずよ。 カナダ

■ 引退後の幸運を祈ってる。
  君ならきっと、何をやっても大きな成果を残すさ。 カナダ

■ 力強さと優雅さが見事に融合したスケーターだった。
  記録にも、記憶にも残るスケーター。それがマオだ。 イギリス

■ 今までありがとう!
  いつでも全力を尽くし、失敗を恐れずリスクを取って挑戦し、
  誰も出来ないようなスケーティングをしていた!
  あなたの滑りを、僕は絶対に忘れない! スペイン


この中に必ずないのは韓国。韓国の反応だけは違っていた。こんな感じ。
【フィギュア】浅田真央の引退に韓国も大騒ぎ「キム・ヨナは超えられなかった」
a0348309_10435493.jpg

「キム・ヨナは超えられなかった」浅田真央の引退発表で韓国も大騒ぎ

2017年4月11日、日本中を驚かせたフィギュアスケートの浅田真央選手の電撃引退表明が、韓国でも大きな注目を集めている。浅田選手は10日、自身のブログに「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」などとつづり、現役引退を発表した。

5歳でスケートを始めた浅田選手は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に活躍。05年にはGPファイナルで優勝するも年齢制限のため06年のトリノ五輪には出場できなかった。10年のバンクーバー五輪ではトリプルアクセルを3度成功させたが、ライバルだった韓国のキム・ヨナ選手に及ばす銀メダルとなった。競技生活の集大成として臨んだ14年のソチ五輪では6位に終わったが、フリーで完璧な演技を見せ日本中を感動させた。

浅田選手引退のニュースは韓国でも大きな注目を集めている。
メディアは
「“不運のアイコン”浅田真央の悲しい別れ」
「“電撃引退”の浅田、結局かなえられなかった“五輪の金”」
「浅田真央、電撃引退宣言…キム・ヨナは超えられなかった」
などの見出しを付け、浅田選手のフィギュアスケート人生を振り返る記事を相次いで掲載している。

ネットユーザーからは
「今までお疲れさま。彼女の演技は美しかった。今後も意味ある人生を送ってほしい」
「韓国の敵だったけど真央も立派な選手だった。よく頑張った」
「ヨナと真央の戦いは本当に面白かった。彼女の次の挑戦も応戦したい」
と浅田選手をねぎらう声や、
「残念だ。平昌五輪でライバル選手を倒す姿を見たかった」
「日本人選手だけどかわいくて好きだった。今諦めるのはもったいない」
と引退を惜しむ声が寄せられている。

また、
「不運のアイコン?ただの実力不足でしょ」
「大変な選手人生だっただろう。実力が人気に追いついていなかったから」
「トリプルアクセルを失敗しているイメージしかない」
「彼女が活躍できたのは日本という強力なスポンサーのおかげ」
などの厳しいコメントや、
「キム・ヨナとの実力の差は一目瞭然だった。キム・ヨナが誇らしい」
「真央はメンタルの重要性を教えてくれた。世界最強の選手はやっぱりキム・ヨナ」
「キム・ヨナとのすばらしい戦いを見せてくれてありがとう。真央がいたからヨナがより偉大な選手になれた」
「彼女の不運はキム・ヨナと同じ世代に生まれたこと。キム・ヨナに勝る選手はいない」

などキム・ヨナ選手と比較するコメントも多くみられた。(翻訳・編集/堂本)


とまあ、いまは浅田真央選手のことを語る時なんですけど〜〜、というのが朝鮮人の認知機能では理解不能らしい。なんでずっと昔に引退したキム・ヨナがでてくんのヨ。いまはキム・ヨナのことはどうでもいいんだよ。

これがいわゆる鮮人の認知である。チョウセンジンメンタルというものである。

いかに世界の人類のものと異なるか一目瞭然だろう。

チョウセンジンがいる限り、地球人類はいつか滅ぶ。

もっとも韓国チョウセンジンに乗っ取られた日本のフジテレビがどれだけ浅田真央選手をディスったか。今では伝説レジェンドである。

嫌なら見るな。

とはよく言ったものですナ。


いやはや世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-04-12 10:51 | サッカー&スポーツ

なんと久保裕也選手は京都サンガ「スカラーアスリートプロジェクト」出身だった!

みなさん、こんにちは。

先日今や日本代表の新しい潮流となる新顔になった久保裕也選手のことをメモしておいた。
「3人の久保」:日本サッカーの「24番目の椅子」と「オカッチの呪い」!?


ところで、この久保裕也選手は、かの京都サンガが京セラの稲盛和夫会長の肝いりで、学業とサッカーの文武両道でいく選手を育成する目的で誕生した
スカラーアスリートプロジェクト

a0348309_9231978.jpg

の出身らしい。

久保裕也 (サッカー選手)
a0348309_849793.jpg

2009年、鴻南中を卒業後、原川と共に京都の育成プログラムである「スカラーアスリートプロジェクト」5期生として京都サンガF.C. U-18に入団。高校は京都の立命館宇治高校に入学。1年生の春から背番号9を背負うなど将来を期待された。


ということは、その前の年の真夏に開催された試験にこの久保裕也選手とご家族も参加していたことになるのかもしれない。

実は、私もこの年の2008年のサンガセレクションに息子次男を連れて参加したのである。

このスカラーアスリートプログラムはサッカーもうまくなければならないが、勉強も立命館宇治高校の一般入試で合格しなければならないという極めて難関である。

しかしながら、合格すればすべてただで昼は立命館で勉強し、夕方からは京都パープルサンガがサッカーを教えてくれるというものである。全寮制だから、住む場所も問題ない。

実はこの時のことは、2008年に作っていた私の昔のブログでメモしておいた。一応それも再掲しておこう。以下のものである。

a0348309_9342145.png

a0348309_9365750.png

a0348309_9371487.png

a0348309_9374257.png

a0348309_938681.png

a0348309_9383419.png

a0348309_9384518.png


さて、その時の合格者は「たったの2人」だったと思う。まさに少数精鋭である。

ひょっとして、この2人が

久保裕也選手
a0348309_923153.jpg

原川力選手
a0348309_92465.jpg
だったのだろうか?

この試験は200人2日に分かれて午前午後のそれぞれの部があってそこでリーグ戦を行う。その間に選手の力量を見るというものである。

その後わかったことだが、こういうようなU18のセレクションは京都サンガだけではなく、セレッソ大阪、ガンバ大阪などでもあり、どうやら一番早くセレクションが行われるのがこの京都サンガで、本当は(自分の子は勉強はいまいちだから)セレッソ大阪に行きたいのだが、そのリハーサルとして京都サンガのセレクションに来たという参加者がほとんどだったことである。

京阪神ではやはり地域的に近いから、そういうふうにして関西圏のどこかのプロの下部組織に入れたら幸いだという考え方なのだろう。

それに対して、我が家のように四国からあるいは九州からあるいは北海道からという参加者もあった。

我が家の場合はむしろ立命館宇治に入るほうが簡単だったので、というよりその確率が高かったので、一応セレクションに参加してみたら、ということで参加したのである。

ここ阿南の阿南中学の素人監督の指導を受けただけ、それも幼稚園時代から小学校時代に股関節骨折の発覚とその手術の治療とリハビリのために小学校高学年でスポーツできず、サッカーを始めたのが中学になってからという息子だったから、将来の日本代表を探しているプログラムでパスする理由はありえなかった。が、社会勉強にはいいぞということ参加したのであった。

このサンガセレクションは、一般のサンガセレクションとも異なり、文武両道でなければならないから、極めてパスできる生徒は少ないはずだが、わずかながらでもその中から次代のリーダーを輩出したとすれば、その意味では少数精鋭方式で成功したと考えられる。


当日のセレクションの選手たちのコミュニケーションを見ていると、それまで徳島ヴォルティス出身のユース上がりの選手たちばかり見ていたから、
私がこれまで見た中で最も意識の高いサッカー少年たちだった
ことは確かである。

一番大きな声で指揮していたのがGKの選手だったが、試合の間中大声で仲間を鼓舞して指示を与えていた。

はたしてあのGKの選手はどこに行ったのか?

あるいは、相手DFの弱い方にくっついてそこからチャンスメークしたあのFWはどこに行ったのか?

それぞれの選手に独特の雰囲気があり、各地域のサッカーのスターやリーダーたちが参加している実にすばらしい試合だった。なかなかそういういい試合は見る機会がない。そういう印象であった。


まあ、我が次男はサッカーを始めて以来FWしかやってこなかったのだが、いきなりそこでサイドバックをやらされて、ただただどうしていいか分からず困惑しているだけで終わってしまったというセレクションだった。

まあそれでもサッカーは楽しい。


さて、家にお金はないが、頭とサッカーの足に覚えのある家庭はぜひチャレンジしてみたらどうか?


幸運を祈る!




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-04-06 09:28 | サッカー&スポーツ

モンゴル人には相撲は無理だ!「モンゴルに帰れ!」:相撲はスモウ=「金儲けのための勝負事」ではない!

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨日の日本モンゴル相撲の琴奨菊vs照ノ富士の一戦。

照ノ富士は土俵前からえらく鬼の形相で相手を睨んでやる気満々の雰囲気を醸し出していたから、これは例の白鵬直伝の「立会のかわり」をするわだろうと見ていると、やはり立会に代わってあっさり琴奨菊をすってんころりん。

モンゴルに帰れ!
大一番で超ブーイング!!/琴奨菊-照ノ富士/2017.3.25kotoshogiku−terunofuji/day14 #sumo
a0348309_1094814.png

変化の照ノ富士に「勝負しろよ」「取り直せ」と怒号

<大相撲春場所>◇14日目◇25日◇エディオンアリーナ大阪

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)が優勝争いで単独トップに立った。ただ、大関復帰を目指し真っ向勝負を挑んできた琴奨菊に対し、立ち合いで右に変わっての勝利。館内では「勝負しろよ」「取り直せ」と怒号が飛び、騒然となった。

 照ノ富士が突っかけて待ったとなり、2度目の立ち合いだった。厳しい声を浴びた大関は「その(待ったの)時に何か気持ちが…。一度(変化すると)決めたら迷ったらあかん」と13勝目を解説した。

 千秋楽は手負いの稀勢の里と当たる。勝てば23歳だった2年前の夏場所以来、2度目の優勝が決まる。来場所の綱とりまで見えてくるが、昇進を預かる日本相撲協会審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「規定はそうだが、内容もある」と慎重だった。


毎回、毎回、同じ手に引っかかる。まるで、毎回同じ手口のオレオレ詐欺にかかる痴呆老人さながらの低脳ぶりを発揮した。

一度、琴奨菊と稀勢の里のIQを測定したほうが良いかもナ。

たぶんIQ90以下ではなかろうか?

力士の地位とIQはかなり相関関係がありそうだから、大事なデータになるだろう。

そして入門時にIQ測定を必須として、最低基準を設けるべきである。

さもなくば、昨日の最終戦の稀勢の里vs鶴竜の一戦のように、最初から負けるとわかっている勝負をさもできるかのような振りをしてために、旗が土俵3周もするほどの懸賞金が掛けられたが、数秒で勝負は決まった。

つまり、鶴竜の懸賞金タダ取り。逆に言えば、「懸賞金詐欺」に稀勢の里が協力したのである。

やる気のない稀勢の里、こいつは昔からモンゴル力士の「犬」=「手下」にすぎないから、ていのいい八百長でモンゴル力士に金をプレゼントしたにすぎないのだ。

【日本ニュース】けがの稀勢の里 鶴竜に敗れ2敗に後退(2017/03/25)
a0348309_10215349.png

懸賞金詐欺ですナ!モンゴル銀行が大喜びだヨ。)


大相撲が「モンゴル銀行」に代わって久しい。

いまではどうやらモンゴル銀行そのものから、取り組みに指示が出ているフシがある。

つまり、白鵬がそろそろ引退前になったから、これまでモンゴル人がみんな白鵬およびモンゴル人横綱に簡単に負けるように協力してきたが、その「お約束」が解除され、本来の実力を発揮していいぞという司令が来たようにみえる。

照ノ富士、荒鷲、筆頭に軒並み人が変わったかのように力を入れるようになった。


かつて大相撲に日本人しかいなかった時、同部屋力士は対戦しないから、相手の別の部屋の力士に対しては、星勘定に合わせて、部屋同士、力士同士で星の貸し借りを行った。

これが相撲の「八百長」扱いされて問題になったわけだが、これは人がやるものだからある程度の星の貸し借りはしょうがない。

ところが、日本人は星の貸し借りというものが八百長認定されてしまったから、別の部屋の日本人力士は宿命のライバルとして本気でガチンコ勝負しなくてはならなくなった。

その一方で、外人力士が増えてくると、言葉がわからないことを良いことに、異なる部屋所属の外人同士でも星の貸し借りをやっているわけである。

だから、モンゴル人力士が増えすぎた結果、別の部屋のモンゴル人力士がその同部屋の仲間であるはずの日本人力士を場所前にわざと怪我をさせる。そうやって、他の部屋にいるモンゴル人力士の昇進に協力するわけである。

だから、あれほど弱かった日馬富士、鶴竜ですら、横綱になれた。

敵は別部屋の手下のモンゴル人力士によって事前に場所前に怪我させるわけだから、場所が始まる頃には不調なライバルだけになり、簡単に星を稼げるわけである。

おとといの日馬富士と稀勢の里の一戦でも、普通日本人力士なら土俵を割る寸前の稀勢の里に対してあの体制から下に叩きつけるということはしない。

稀勢の里 対 日馬富士 大相撲13日目 稀勢の里にアクシデントが。。。
a0348309_10243016.png


あえて土俵に叩きつけて怪我させることを目的としたわけだ。

怪我を知った後の日馬富士がさすがにモンゴル人だった。

NHKのインタビュアーの質問にもまったく動じず
「勝負事ですから」
といってむしろ嬉しそうだったからすごい。

これでは日本の神道の神技から来たというようなことは一切言わないほうが良いだろう。

彼らモンゴル人にとって日本の大相撲は「単なる金儲けの勝負事」にすぎないのである。


はっきりいって、そろそろモンゴル人力士、外人力士は入門禁止にすべきであると俺は思う。


別に相撲は支那人や朝鮮人やモンゴル人やロシア人やブルガリア人のためにできたものではない。

単なるスモウレスラーのための金儲けや出世のためのツールにすぎないのであれば、プロレスに入門させるべきである。

こういうのが行き過ぎた結果、昨日の大関復帰をかけた大事な一戦の琴奨菊に対して、金と勝負ごとに眼のくらんだモンゴル人照ノ富士の右に代わってスッテンコロリン戦法が繰り出されるわけである。
照ノ富士 対 琴奨菊 大関復帰に負けられない琴奨菊と2年ぶりの優勝に向けて落とせない照ノ富士の一番。大相撲春場所14日目(2017年3月場所)

手っ取り早く楽に一勝を手にしたほうが得。

ただそれだけのことになる。

照ノ富士には厳重訓戒、イエローカードかレッドカードを掲げるべきだろう。

サッカーでは非紳士的プレーには審判からイエローカードが出される。2枚で退場。累積3枚〜4枚で次試合出場禁止。

もし大相撲が金儲けのためのスモウレスリングであるとすれば、サッカーと同様にイエローカード、レッドカードを導入するべきかもしれないですナ。


鳥取だったか日本海側の高校の相撲部の監督さんヨ、宇良や石浦のような選手ならいいが、照ノ富士だとか、逸ノ城だとか、金のために関取を目指すような貧乏モンゴル人の力士は入門させるなヨ!

排除せよ!

金のために大相撲入り目指す外人の入門お断り

そうするべきである。

その鳥取の高校の相撲部は全国大会出場禁止処分、相撲部監督は資格執行させるべきですナ。まあ、四国高知の白鵬や朝青龍を出した明徳義塾の相撲部にも同じことが言えるがナ。

こんな八百長スモウばかり見せられたんではたまったものではない。


もう一度、大相撲以外の相撲リーグを作ったほうが良いのではなかろうか?

天皇家が多少は相撲に口出しすべきですナ。

卑怯な相撲は見たくないってサ。


外人が増えすぎると国が乱れる。

これが偽ユダヤ人の計略なんだが、偽ユダヤ人はそれぞれの国の中に「治外法権」の自分の国家を持っているわけだ。バチカン市国、ロンドンシティー、ニューヨークのコロンビア特区。ベルギーのブリュッセル、スイスのジュネーブ。

知らぬはゴイムばかりなり。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-03-26 10:29 | サッカー&スポーツ

田舎侍ジャパン敗退:アメリカ「エイズ戦法」、まるで米太平洋艦隊のグラマン戦術だった!?

米空母グラマン
a0348309_11285180.jpg


みなさん、こんにちは。


今回はWBC準決勝に関する個人的メモである。異なる観点から書いているため、大半の人とは意見を異にする。だから、スルーでよろしく。

e0171614_11282166.gif


昨日のWBC日本対アメリカ合衆国の試合はスリリングで面白かった。が、やはり代表選考の影がつきまとった。

また、日米の野球に対する考え方の違いも出ていて興味深かった。


(あ)代表選考に関して

まず代表の選び方に関して。

大舞台、大試合

こういう舞台で活躍できる選手や監督というのは、
何がしかの理論では語ることのできない何か
を持っているものであるという事実である。

ラウンド2の松田選手はそうだった。三振振り逃げ、一塁悪送球。これで勝った。

本来なら今回の日本代表はそこで負けてもおかしくはなかったわけだ。

昨日のアメリカ戦では逆に裏目が出た。

そもそも完全アウェーで、グランドも未知数。そんな場所で雨が降った。

つまり、だれか雨男がいたわけですナ。タモリのようなやつだ。表では良い顔していながら、天然の悪。こういうやつが混じっていた可能性が高い。

こうなると、実力以上に物を言うのがツキや運である。

今回の日本代表には華がなかった。地味だった。確かにいぶし銀で、職人的なスモールベースボールも結構なのだが、やはり
爽やかさや明るさや華がない


唯一大谷翔平選手だけがそういう華があったが、怪我で不出場となった。

これがすべての敗因だっただろうと思う。

唯一のメジャーだった青木選手も最初からメジャーリーガーということを気にしすぎて固くなりっぱなしで調子を崩した。


さて、そこで「どうして華がない」のかということをメモしておくと、やはり小久保監督他、甲子園での活躍が乏しい選手ばかりだったということである。

これはサッカーと同じで、代表クラスで活躍できる選手は、一戦必勝の長いトーナメントを戦い抜いた自信を持つ選手だけだという歴然たる事実がある。特別な例外を除き、そういうものである。

やはり緊張の一瞬、緊張の打席、緊張の守りという場面はどのクラスでも現れる。そんな時、甲子園の同じような場面での活躍が自信になるのである。

翻って、小久保監督、今回大事な場面でエラーした菊池選手と松田選手、大事な場面で力んで凡打した筒香選手と中田翔選手を見てみると、やはり甲子園の優勝経験あるいは出場経験がなかった。

小久保裕紀
a0348309_10403074.jpg

和歌山市立砂山小学校から和歌山市立西和中学校へ進学し、野球部に所属。中学校卒業後は和歌山県立星林高等学校に進学し、1989年に青山学院大学へ進学。東都大学リーグでは通算40試合に出場して打率.291、8本塁打、23打点を記録する。1993年には小久保が主将となり、青山学院大学史上初の大学野球日本一に貢献した。
1992年にはバルセロナオリンピック野球日本代表に大学生で唯一選出され、予選リーグで2本塁打を放つ。のちにメジャーリーグベースボールでプレーするノマー・ガルシアパーラ、ジェイソン・ジアンビを擁するアメリカ合衆国との試合で、小久保は先制打を含む2本のタイムリー二塁打で勝利に貢献し、銅メダルを獲得した。


菊池涼介
a0348309_10374855.jpg

中学生時代まで東大和市で暮らした後に、野球留学で長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校(現在:東京都市大塩尻高等学校)へ進学。在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに甲子園球場の全国大会へ出場できなかった。


松田宣浩
a0348309_10362886.jpg

中京高等学校では主に3番・遊撃手で出場し、高校通算61本塁打を記録した[2]。2年時に第82回全国高等学校野球選手権大会に双子の兄とともに出場(当時の校名は中京商、3年時に校名変更)も、対沖縄県立那覇高等学校戦で延長の末、自らの悪送球で決勝点を与え、1対2で初戦敗退した。


筒香嘉智
a0348309_10352522.jpg

関西の強豪校からの誘いもあったが、横浜高等学校へ進学。横浜高校でも長打力を買われ1年春から4番に抜擢ばってきされる。1年生での4番は紀田彰一(元横浜)以来。2年夏に第90回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の浦和学院高等学校戦では先制本塁打。準々決勝の聖光学院高等学校戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。準決勝で大阪桐蔭高等学校に敗れた。この大会では打率.526・3本塁打・14打点の活躍で4強入りに貢献。


中田翔
a0348309_1052337.jpg

中学時代に大阪桐蔭高校の西谷浩一監督に入学を誘われ[6]、同校に進学。1年夏には5番・一塁手でレギュラーとなり、2005年の夏の甲子園ベスト4に貢献、また投手としても最速147km/hを計測[3]。秋からはエースで4番を任され、岡田雅利とバッテリーを組んだ。2年春には151km/hまで球速が伸びた。肩の故障で投手としては活躍が出来なかったが、4番・右翼手として出場し、打者として大阪大会新記録となる4試合連続本塁打、甲子園では推定飛距離140メートル弾、更に秋季近畿大会準決勝の市川高校戦 (和歌山県営紀三井寺野球場)で推定飛距離170メートルの本塁打を打つ[2][3]。この頃から「平成の怪物」と呼ばれるようになる。3年生時の7月6日、全国高校野球大阪大会直前の練習試合・生野工業高校戦にて当時の高校通算本塁打の新記録となる87本目の本塁打を記録[3]。大阪大会の決勝ではエースの植松優友を擁する金光大阪高校と対戦し、投手としては初回に3失点、打撃でも厳しいマークに遭い5打数無安打で、チームは敗戦して甲子園出場を逃した。


ついでに小久保監督の愛する華のある大谷翔平選手もまた甲子園覇者ではない。

大谷翔平
a0348309_10432145.jpg

菊池雄星に憧れ、彼の出身校の花巻東高校へ進学。「日本一になる」「日本人最速となる163km/hを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」ことを目標に掲げた[6]。入部後は監督の佐々木洋の「まだ骨が成長段階にある。1年夏までは野手として起用して、ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針により[7]、1年春は「4番・右翼手」で公式戦に出場。秋からエースを務め、最速147km/hを記録し、2年春には最速151km/hを記録し、“みちのくのダルビッシュ”と呼ばれ注目される。第93回全国高等学校野球選手権大会初戦の帝京高校戦では骨端線損傷により右翼手として先発出場するが、4回途中から登板し、田中将大(駒澤大学附属苫小牧高等学校)に並ぶ甲子園での高校2年生最速タイ記録(当時)となる150km/hを記録。その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場した。3年の第84回選抜高等学校野球大会では初戦の大阪桐蔭高校戦で藤浪晋太郎から本塁打を打つも、11四死球で9失点と敗れた。3年夏の岩手大会の準決勝・一関学院高校戦ではアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した[8]。しかし決勝の盛岡大学附属高校戦では5失点を喫し、高校最後の全国選手権大会出場はならなかった。


まあ、監督が出場する選手を決める。だから、選ばれた選手は目的に向かってただ頑張るのみだが、やはり監督の色が出る。

小久保監督の場合、どうしても自分がかつてそうであったように、陰ながら努力して頑張ってきた叩き上げのような選手にその価値を見出す。こういう傾向がある。

つまり、簡単に言えば、

華のある長嶋茂雄と同じ力量を持つ叩き上げの苦労人の野村克也を比べたら、小久保監督なら野村をとる。そういうことである。

しかしながら、大試合に強いのは長島タイプなのだ。

ゴン中山より上手い選手は無数にいた。しかし、だれもゴン中山のようには活躍できなかった。

ゴン中山は大事な試合で何も考えずに思い切り蹴ったボールがなぜかゴールに決まる。しかし、大事な試合で本田圭佑や香川真司や清武の蹴ったボールがなぜかポストに弾かれる。

この差がなにか?をもっと研究すべきなのである。

侍ジャパンの日本代表を選ぶ場合、甲子園までに松田のように痛恨のエラーで敗退したというような昔の記憶のトラウマを持った選手は外すべきなのだ。かならず同じことを大事な場面で起こす可能性が高いからである。

そして今回、まったく同じことをして敗退したのである。

どうでもいい試合でかっ飛ばす選手より、ここぞ、この大事な一場面で打つ選手、あるいは抑える選手、そういう選手を選ぶべきなのである。

キャッチャーの指示するところとは逆に行ったがそれが幸いして三振。なぜか、アウトにできるピッチャー。

凡打がちょうどいいところに落ちる選手。

なんだか華やいでいる選手。こういう選手を選ぶべきだろう。

サッカーで言えば、元鹿島の中田選手やGK川口選手、女子バレーで言えば、昨日引退した木村沙織選手のような華のある選手。こういった選手を代表に集めるべきなのである。

そういう意味で言えば、今回のサムライ・ジャパンは、かなり田舎侍ジャパンだった感が否めない。しかしながら、その分、ヒヤヒヤドキドキのスリリングな薄氷を踏む試合ばかりで面白かったという面もある。


(い)日米の野球の考え方の違い

やはり今回の敗戦の一つの要因として日米の野球のシステムや伝統から来る野球の考え方の違いが大きいように見える。

日本は一人の投手ができるだけ長く投げる。甲子園でもそういうシステムである。たくさんのピッチャーが出てくるのは卑怯だ。こういう考え方がある。

一方、アメリカでは投手は専門家であって、左打者専門、右打者専門、強打者専門、抑え専門、先発専門というような考え方である。

だから、アメリカの場合、打者一人ひとりでピッチャーを変えるということもあり得る。つまり、3×9=27人のピッチャーを使って打者一人ずつ苦手なピッチャーをあてがって勝つ。あるいは、一級ごとにピッチャーを変える。この場合は81人。ベンチメンバーを超えるからこれは不可能だが、これに近い発想を持っているわけである。

今回の試合では、投手7人。つまり、ほぼ1回に1人別の投手を使って日本打線を撹乱したわけである。

これを打てというのはかなり至難の業である。日本の打者が米投手のピッチングに慣れる前に投手を変える。エイズ戦法である。エイズウィルスのようにどんどん抗体の追撃を避けて性質を変えるのである。

日本の学習能力の高さを破るにはこれしかないわけですナ。

たしかにツーシームのボールばかりで打ちにくいということはあるが、これは昔から日本でもあるシンカーとまったく同じことである。だから言い訳にはならない。

はたしてアメリカのエイズウィルス戦術に勝てる方法はあるのだろうか?

短期決戦では分が悪い。

おそらく日本も同じ戦法で食い下がって相手の自滅を待つ他ないのではなかろうか?あとは我慢。忍耐である。

こういう場合にやはり華のある選手が活躍するはずである。

いや〜〜アメリカの米太平洋艦隊戦術はあなどれませんナ。まるで米空母から次々と物量に物を言わせて艦載機のグラマンを進軍させてきたようなイメージの試合展開だった。

こうなると捨て身の特攻戦術
a0348309_11291579.jpg

しかなかったかもしれませんナア。ピッチャー返し。ピッチャーの顔面を狙って打つ。まあ、中田翔や筒香が一発狙いという色気さえ出さなければ、充分勝ったんだが、あそこで色気が出るのが、甲子園で優勝できなかった選手なんだよナア。



いずれにせよ、お疲れ様でした。ご苦労様でした。3位をねぎらって今後の糧にしてください。

どうもありがとうございました。


それにしても日本不利の雨の中でも試合強行するとは、アメリカはいつも罠にはめますナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
甲子園では一塁にヘッドダイビングする。
a0348309_11433229.jpg

一時、一塁を走り抜けるほうが早いという説がまかり通り、大股で走り抜けることが推進された。しかしながら、やはり最後は横になったほうが身長の分前に出るのである。あまり遠くからダイブすると空中時間が長くなるから遅くなるが、適度な位置からは前横に身体を倒した方が距離が縮まるのである。これはリオ五輪の400mで証明されたのである。偶然最後につまずいて転んだほうが胸が先に出て勝利したのである。これだ。
a0348309_11401592.jpg

というわけで、日本代表は甲子園のように一塁にヘッドダイブしてほしかった。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-03-23 11:25 | サッカー&スポーツ

ついに相撲界に『天才』登場!:宇良投げ!牛若丸ならぬ「宇良若丸」の登場である!?

みなさん、こんにちは。

モンゴル相撲というと、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜に代表される「暴力相撲」である。

張り手→パンチやウェスタンラリアート
カチアゲ→エルボー
喉輪→チョーク
あたり→頭突き

すべて神事であるべき相撲技がモンゴルレスリングと化した。

白鵬が日本人の記録を全部書き換えてしまったが、横綱が避けるわ、フェイントするわ、卑怯な相撲のオンパレード、このおかげで琴桜も嘆くほどの卑劣極まる大相撲と変わり果てた。

相撲は単に懸賞金を集め、モンゴル銀行に送金する、送金システム、すなわち
モンゴル銀行化
したのである。

そんな中、石浦、宇良という小粒な日本人典型の倭人相撲がいよいよ登場してきた。
宇良投げ
a0348309_108433.png

石浦投げ
a0348309_1013585.jpg


中でも最近出てきた「アクロバティック相撲」の宇良関はなかなか興味深い。

運動神経抜群。体操の床の連続技ができ、レスリングや柔道の技もでき、それでいて相撲もよく知っている。

実に面白い力士が登場したようである。

172cmといえば、私と同じ身長である。

そんなわけで、いくつかYouTube番組をメモしておこう。以下のものである。

2017大相撲春場所 八日目 宇良 対 琴勇輝


2017大相撲初場所 えび反りで大逆転! 宇良 対 豊響


2017大相撲初場所02日目 宇良vs.青狼 解説者・勝負審判泣かせの宇良、なんじゃ!こりゃ!?珍技『首捻り』で、開幕2連勝!


新十両の宇良にインタビュー !空中で一回転!の面白い話が聞けます。平成28年5月13日


【今話題のアクロバティック力士‼】宇良和輝のありえない凄技と得意のありえへんラップを披露‼



いや〜〜、久しぶりに興味深い力士が出てきたようである。

それに応じて、観客が若くなった感じがするが。


頑張れ、宇良関。


頑張れ、日本。

モンゴル出身の関取によって怪我させられないように祈る。

やはり日本人は技を磨かないとナ。


おまけ:
オレ個人の観点から言えば、大相撲が今のような性格のデブの押し相撲に陥った理由は、吉幾三そっくりの元北の富士
a0348309_10164212.jpg
とその解説をもっともらしく吹聴したNHKの責任が大だと思う。自分が大柄で、組み合って回しを取って正攻法で押せばいいという有利な相撲が取れたからというただそれだけの理由でそれ以外の組みてや取りてを邪道だという解説を続けてきた結果が今のようになったのである。相撲には多種多様な技がある。大柄力士には大柄に有利な回しをとる取り組みがあるように、小柄力士には小柄の回しを取らせない取り口もある。それを一律になんでも大柄な横綱の取り口だけが正攻法だという間違った観点を流布したのである。舞の海、石浦、宇良、こういう個性派も推奨しなければ大相撲は退化の一途を遂げてしまうのである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-03-21 10:07 | サッカー&スポーツ

A Happy New Year Aomori Yamada!:「青森山田サッカー部の秘密!」「地獄のトレーニングとは?」

みなさん、こんにちは。

今年の高校サッカー選手権は、青森山田高校がJユースの高円宮杯と両方で優勝した。つまり実質上U18の完全優勝をしたわけである。が、これについてはすでに
A Happy New Year HS Soccer!:「黒田監督の青森山田は蔦監督池田高校に匹敵する!?」
a0348309_831071.png


さて最後に、もう一度、今回の青森山田に関してメモしておくと、今回の青森山田は、高校野球で言えば、かつての蔦監督の池田高校が登場した時に匹敵する衝撃を各チームに与えたのではないかと思う。

池田高校と言えば、やまびこ打線。水野投手の豪速球である。それを裏で支えたのが、徹底的な筋トレ。そう、高校野球にボディービル的な筋力強化を持ち込んだのが池田高校野球部だった。今では常識となったが、胸板が厚く、見るからに頑健な肉体で、甲子園で打ちまくったのがこの蔦監督の池田高校だった。

私の印象では、今回の黒田監督の青森山田高校サッカー部はこの蔦監督の徳島池田高校野球部に匹敵すると思う。肉体において、青森山田と前橋育英とでは大人と子供の差があったのである。
でメモしておいた。

この青森山田高校はすでに新しいレジェンドになったわけだから、青森山田高校サッカー部のトレーニング風景や練習風景はだれもが知りたいと思うことだろう。

偶然、最近のU17~U19までのサッカー討論番組を見ていたら、今回の青森山田高校の左サイドバックのアフリカ人ハーフの三国選手が青森山田高校に入学した当時の番組があったので、それをメモしておこう。この中に青森山田高校サッカー部の練習風景が満載であった。以下のものである。

ミライ☆モンスター 三國ケネディエブス (サッカー)
a0348309_20294991.png

a0348309_20301188.png

(今回、決勝戦で最初のゴールを決めたのが、この三国選手の兄ステビア選手の方だった)


実に興味深い情報である。あまり知られていなかった情報が満載であるため、この中からいくつかピックアップしておこう。

(あ)指導者の数→11人

サッカーチームが組めるほどの数の指導者がいる。

a0348309_20463012.png


(い)選手のピラミッド構造→4つのカテゴリーに分かれる

部員169人のために、上から下まで4つのカテゴリーに別れるピラミッド構造となる。選手で出られるにはBチームまでにはいないといけない。

a0348309_20483298.png



(う)地獄の練習プログラム

入学したての三國選手はまだ経験不足と体力不足があり、その克服のためにBチームで始まった。
練習メニュー→Bチームから本格的な筋トレが要求される。
a0348309_20511246.png


その筋トレメニューがこれ。
a0348309_20533529.png


持久力
a0348309_20551717.png


筋トレ
a0348309_20513914.png

a0348309_20515364.png

a0348309_2052216.png


冬のトレーニング
a0348309_20561627.png
a0348309_20562924.png

a0348309_20564317.png

a0348309_20565888.png

a0348309_2057825.png


いや〜〜、実に興味深い。

かつてここ徳島の蔦監督の池田高校野球部が、地元のお寺の100段の階段の昇り降りをトレーニングに入れたり、筋トレでパワーアップを図り、とにかくボール遠くに飛ばすことだけを中心に練習したという。

黒田監督の青森山田サッカー部の練習はこれに実によく似ていたわけである。

だから、(1)GKが17歳にして相手のペナルティーエリアまでピンポイントで蹴ることが出来たり、(2)ボール際の出足で負けなかったり、(3)シュート体勢で体が崩れなかったり、(4)走り負けなったり、というようなことが出来たわけである。

というわけで、これから青森山田に勝つためには、この青森山田伝統の「地獄のトレーニング」を上回るさらなる地獄のトレーニングを行わない限り、勝つのは無理だということになるかもしれないですナ。あるいは、この青森山田とは全く違う哲学のサッカーを生み出さない限り勝てないだろう。

聖和学園や野洲高校のドリブルサッカーは通じなかった。前橋育英のパスサッカーやコンビネーションサッカーも通用しなかった。

全員身長180m以上のチームを作るとか、全員がとてつもない体力走力を持つチームを作るとか、あるいは、3人ほどワールドクラスの個人技の特別な選手を入れるとか、何か別の思想のチームが必要なのかもしれない。

それにしてもコーチが11人いて、朝4時半から練習開始して、一日中つきっきりで指導してもらえるというのはまさに理想的なサッカー校であることだけは間違いない。

これではお稽古ごとから進化したようなママやパパの見守る生ぬるいJユースでは太刀打ちできないだろうナア。

ワールドクラスはこういう中から生まれるのである。


今度高校に進学する久保健英選手も青森山田に入学したらどうだろうか?都内に青森山田に匹敵するサッカー校があるようには見えないんだがナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-01-12 21:11 | サッカー&スポーツ

A Happy New Year HS Soccer!:「黒田監督の青森山田は蔦監督池田高校に匹敵する!?」

みなさん、こんにちは。

いや〜昨日の高校サッカー選手権決勝は実に良い試合だった。結果は5−0で青森山田が圧勝したが、前橋育英も随所に持ち味を見せた。今大会のチーム全員のみなさんの努力に感謝したい。いい試合をありがとう。

青森山田初優勝
a0348309_831071.png

大会結果
a0348309_830756.gif


第95回全国高校サッカー選手権 決勝ハイライト 前橋育英vs青森山田


応援団優勝は前橋育英のこの娘。
a0348309_105422.png


結論から言えば、この試合では経験の差が出た。

やはりJユースの強豪チームと戦い、最終的に高円宮杯で優勝した経験はものすごいものがあったはずである。各チームにより様々なチームカラーがある。FC東京ユースのように、バルセロナ帰りの久保健英選手のいるようなチームとも戦って来たわけである。

それに対して前橋育英はまだまだ甘かった。前半の再三の好機にことごとく仕留められなかった。ここで決めていれば、おそらく結果は真逆になっただろう。フォワードの決定力がなさすぎた。

シュートまで持ち込むときにはアイデアがあるが、いざシュートの段階になるとまるで小学生のようにただ前に強く蹴るだけになってしまっていた。

相手を前におびき寄せるとか、一度逆にフェイントを入れて倒してからシュートするとか、キーパーを交わして決めるとか、ループシュートで頭超えするとか、股抜きするとか、さまざまなアイデアが必要だった。

そのためには、相手守備陣の圧力のかかる中でも自分の体勢を維持できるだけの強靭な下半身が必要だったが、どうもそういう意味ではまだまだだった。

一方、青森山田はJユースに入れなかった落第組がその反骨精神で大成長した。

青森山田・黒田監督、涙の理由

a0348309_8294828.png


<高校サッカー:青森山田5-0前橋育英>◇決勝◇9日◇埼玉

 青森山田の黒田剛監督(46)は、目に涙を浮かべながら会見場に入ってきた。

 悲願の初優勝ですが? と聞かれると、監督の口からせきを切ったように思いがあふれた。「16年12月の高円宮杯U-18チャンピオンシップから日がなく、コンディションもきつい中で、選手が最後の最後まで息つく暇もなく走り回ってくれたというのが正直な気持ち。昨年(準決勝敗退で)3位ということで、リベンジをしたいという合言葉で日本一を目指して頑張ってきました」

 94年に青森山田のコーチに就任し、翌95年に監督に昇格。就任1年目で同校を2度目の選手権に導き、97年度から20年連続で選手権出場を続けてきた。01年度にはブラジル人留学生のMFジュニーニョを擁して4強に入ったものの、それ以降の8年は1回戦負けが1回、2回戦負けが2回、3回戦負けが5回と全然、勝てなくなった。

 「3回戦の壁を乗り越えられない。『山田は、それ以上、行けないんじゃないか』と、いろいろなうわさも流れる中『これだけやってきた中で、なぜ勝てないんだろう』と悩む時期もあった」

 その中、元帝京監督の古沼貞雄氏、鹿児島実の松沢隆司総監督ら先輩指導者から「行く時は一気に行く、優勝するよ」と元気づけられ、吹っ切れた。そして7年前、現鹿島MF柴崎岳らを擁し、3回戦の壁を乗り越えると、決勝に進出し、準優勝した。選手には「強いかどうかは分からないけれど、自分たちのやってきたことを信じろ」と選手に言い続けた。大会後も、選手には日常生活から1分、1秒を無駄にしない生活をすることを言い続け、それを積み重ねてきたという。

 それでも、優勝には手が届かなかった。圧倒的にボールを支配していてもPK負けしたり、勝ちきれないこともあった。その中、11年から高体連の高校チームとJクラブのユースチーム、クラブチームが東西に分かれて行う、全国規模のリーグ戦「高円宮杯U-18プレミアリーグ」が開幕した。高校、クラブチームなど各地の強豪と6シーズン、戦う中でつかんだものがあった。

 「ポゼッションだけでも、カウンターだけでも勝てない。リスタート(を確実に決める)だけでも結果を出すことが出来ないのは重々、分かった。その中で出た結論が『全てできないと…全て、全国のトップレベルで磨きをかけないとダメだ』ということ

 この日の決勝戦は序盤、押し込まれた。準決勝で戦った東海大仰星の、ロングボールを蹴ってくるサッカーとは正反対の、パスを巧みにつなぎつつ選手も走る、人もボールも動く前橋育英のサッカーに後手に回った。ただ「準々、準決勝は速いサッカーをやられた。前橋育英はつなぐのがうまい。そのサッカーをやってきた」と、相手の戦い方は織り込み済みだった。そこで、得点王を狙っていたFW鳴海彰人(3年)に「得点王は意識せず、黒子に徹し、3年間で1番走ってこい」と言って、ピッチに送り出し、前線で徹底的にボールを追わせた。

 そうして前橋育英の猛攻を食い止め、エースのMF高橋壱晟(3年)が、前半23分に5戦連発となる先制ゴールを決めた。黒田監督は「山田はポゼッション、堅守速攻…いろいろな要素の中、成長させてきたトータルサッカー。鳴海を速く走らせようとして…いい形で出来た」と振り返った。

 進化したのは戦い方だけではない。選手の精神、人間性を育む土壌も醸成した。J1東京入りするGK広末陸(3年)、J2千葉入りする高橋らを擁するタレント軍団と言われるが、東京のユースに昇格できず、進学した広末をはじめ、Jクラブの下部組織などで悔しい思いをした生徒が、雪深くハンディのある青森山田の門をたたいてきた。その選手たちを、雪深い青森で精神面から鍛えた。

 「雪や(地元とは違う)生活環境の中で培うことはすごく大きい。確かに彼らはJリーグのユースに行けなかった、そういう評価を受けてしまった子たちのハングリー精神を理解、評価し、いい方向にベクトルを向ける。彼らが、そこに真摯(しんし)に向き合ったことが伸び率に伝わった。逆境、我慢があれば選手は工夫し、よく伸びる。サッカーができる時間が全てではない。サッカーができず雪かきをしてる時間、寒いと言いながら朝の食事当番、皿を洗ったりご飯を炊く時間が彼らを成長させた。その姿を見せられた彼らを評価したい

 そんな黒田監督も、一瞬、父の顔になった。涙の理由について聞かれ「私も(会場に)息子がいたものでしたから…涙が出た。私の22年の指導者人生で、この日を迎えられたことがうれしい」と、涙でぬれた目を輝かせた。【村上幸将】


さて、この記事にある
Jクラブの下部組織などで悔しい思いをした生徒が、雪深くハンディのある青森山田の門をたたいてきた。その選手たちを、雪深い青森で精神面から鍛えた。
の部分はある意味で衝撃的である。これにはいくつかの理由がある。

(あ)高校サッカー選手権で優勝するほどのチームですら、JユースのU18に入れないこと。→Jユースの眼力がいかに間違っているかということ。
(い)逆にJユースU18落選組でも高円宮杯で圧勝できるだけ伸び得ること。→たった3年、実質2年でも一日一秒の時間を無駄にしなければ、十分に他を追い越せること。
(う)土のグラウンド、雪のグラウンドでもまったくサッカー育成では影響がなかったこと。→むしろ寒さが心肺能力を高めている雰囲気すらあること。


こういったことを今回の青森山田が証明したと言えるだろう。

第95回全国高校サッカー選手権 決勝直前SP


また、昨年末のレアル・マドリードと鹿島アントラーズとの試合でも青森山田出身(準優勝経験者)の柴崎岳選手にも見るように、高校サッカー出身者の方が厳しい試合に大活躍する爆発能力を発揮する傾向があるということである。

岡崎慎司選手は滝川二。本田圭佑選手は石川星稜、浅野拓磨選手は四日市中央出身である。これらの選手は大試合に強く、大きな大会、大事な試合ほどいいプレーを見せる傾向にある。つまり、精神的に強い。

一方、Jユース出身には、柿谷選手はセレッソ大阪、宇佐美選手はガンバ大阪、槙野選手はサンフレッチェ広島。こうした選手は、技術的には天才的だが、大きな試合、大事な試合ほどふがいないプレーを見せる傾向にある。つまり、精神的に弱い。

日本サッカー協会はこうした情報をそれぞれの育成システムの「癖」としてデータとして蓄積して行くべきだろう。

黒田監督がいみじくも指摘しているように、この差は悪コンディションに打ち勝ってきたかいなかの差である。すべてがお膳立てされて、セレブの師弟であるかのようにサッカーエリートとして育ったクラブユースの選手たちと、貧乏サッカー部の土のグランドや過密な寮生活の中で培われた反骨精神を持つ選手たちとの差と言えるだろう。

しかしながら、同じクラブでもバルセロナやレアルなどではそれなりにいい選手も育っていることから、必ずしもクラブが悪いというわけではないだろう。どこかに決定的な要因があるはずである。

私が見る限りでは、それは
全寮制システム
にある。

箱根駅伝のいまや常連校になった青山学院大は全寮制である。日本のJクラブでもっとも成功しているのがサンフレッチェ広島ユースだが、ここも全寮制である。

同様に大学進学校の名門高校の大半が中高一貫の全寮制である。しかも男子校である。女人禁制である。

やはり一つのスポーツや学業を短い青春期で物にするには、親兄弟などの俗人世界や女人から一旦は切り離して、同じような志を持った若者だけでその種目に集中する場というものが必要なのである。

アメリカの教育システムが、イルミナティーの下僕だったジョン・デューイの教育学に傾倒し、男女共学の精神を広げた結果、ごく普通の白人以下のレベルに低下し、いまや公立学校は見るも無残な結果に陥ったことがそれを証明しているのである。

青春期には男女共学は男女双方にかならずしもいい結果を生まないのである。男女共学でもそういう面に留意さえすれば、それでもある程度は防げるが、やはり馬の人参は危険を伴う。

実際、世界を見れば、男女共学を行った国から崩壊していっている。が、これがジョン・デューイに課せられた使命だったようである。

流れとしてはそれが徐々に軍隊とか会社とかさまざまな男社会に反映しているが、それは新手のジョン・デューイ思想の蔓延にすぎないだろう。社会を弱体化したのである。

仮にサッカーで男女混成チームで戦うことになれば、どうなるか明らかだろう。スポーツでは男女混成がカオスに陥ることは明白であることがだれにも分かるのに、軍隊や会社などでそれを強いるというのは明らかにおかしいわけである。これは男女差別とは異次元のものである。

さて、ちょっと話が脱線したが、要するに男子の場合、あるいは、女子の場合、青春期のある時期は男女別教育にしてしかも全寮制で徹底して集中的に教育するほうが、甘っちょろい男女共学という美辞麗句に散りばめられた偽物教育よりはずっと効果的なのである。

実際に、ジダンを生んだフランスの国立サッカー学校も全寮制の男子のみだし、イギリスのエリート校もみなそうなのだからナア。要するに、わかっている人はちゃんとその理屈を分かっていらっしゃるわけですナ。

性の差がまだ出ない小学校くらいまでは男女共学でも結構だが、同じくサッカーでもどんなスポーツでも男女混成でも結構なのだが、思春期に入る中高時代には男女別教育が必須なのである。そうしないと、非力な女性に合わせなければならなくなり、その分男子がスポイルされるのである。

そろそろ世界がこういう現実の歴史を再認識すべきときではなかろうか?

とまあ、俺個人はそう考えるわけですナ。

ここ徳島や阿南でもそうだが、小中高サッカーは親が毎回送迎しなければ試合もできない。それほどまでに学校のクラブスポーツが親に頼っているわけだ。しかしながら、これではサッカーの育成に親がいっしょになって邪魔になるという面もある。チームの各選手がそれぞれ飯を食ってきたり来なかったり、家庭の事情でさまざまのコンディションでは、チームが成熟しない。このあたりが集団スポーツの難しいところである。いずれにせよ、こういうシステムには自ずと限界があるわけである。

徳島では最近では徳島市立と鳴門が最強だが、やはり全国の1,2回戦止まりが良いところであろう。


さて最後に、もう一度、今回の青森山田に関してメモしておくと、今回の青森山田は、高校野球で言えば、かつての蔦監督の池田高校が登場した時に匹敵する衝撃を各チームに与えたのではないかと思う。

池田高校と言えば、やまびこ打線。水野投手の豪速球である。それを裏で支えたのが、徹底的な筋トレ。そう、高校野球にボディービル的な筋力強化を持ち込んだのが池田高校野球部だった。今では常識となったが、胸板が厚く、見るからに頑健な肉体で、甲子園で打ちまくったのがこの蔦監督の池田高校だった。

私の印象では、今回の黒田監督の青森山田高校サッカー部はこの蔦監督の徳島池田高校野球部に匹敵すると思う。肉体において、青森山田と前橋育英とでは大人と子供の差があったのである。

だいたいGKがゴールキックして相手のペナルティーエリアまで飛ぶというのは、プロでもなかなかいない。ワールドクラスである。それもピンポイントでフォワードの頭に合わせられる。ワールドカップ優勝した当時のイタリアのGKブッフォンとか、ゾフとか、そういうレベルにある。普通の高校生ならセンターラインをちょっと超える程度であるが、それでもどこへ行くか蹴ってみなければわからない。そういう感じである。

また、フォワードも相手守備陣のチャージを受けながらもほとんどバランスを崩さない。鳴海選手は日に1500回の腹筋とか、クリロナレベルの筋トレをしているようだ。あのボレーシュートはワールドクラス、アルゼンチンのテベス並であった。

これまで
サッカー選手だけがどうして高校生時代に世界トップレベルを目指さないのか
とかつて野洲高校を率いて優勝した山本監督が言ってきたのだったが、今回の青森山田サッカー部が初めてこの基準をクリアしたのではなかろうか?

柔道、空手、体操、スケート、野球、スキー、陸上、

などなど他のどの種目も日本代表になるには、そのカテゴリーでNo.1にならないと代表権が得られない。だから、高校生と言えども常に世界記録や世界一を目指す。

ところが、サッカーだけが、オリンピックU23の制限のせいか、育成も遅れがちで生温かった。

それが今回の青森山田だけは全く違ったわけである。だから、並み居るJユースすら撃破した。この意味では、Jユースは後手に回った感がある。緩かった、ぬるかったのである。

というわけで、かつて蔦監督の池田時代が長く続いたように、今後黒田監督の青森山田時代の始まりと見るべきだろう。

黒田監督の青森山田に期待したい。

今度はどこがこの青森山田に土つけるかであろうナア。

いずれにせよ、サッカー部の指導育成は人生をそれにかけなければ不可能だ。そういう意味で、各学校の指導者や関係者や親御さんたちの努力や自己犠牲には頭が下がる思いである。

ご苦労様でした。いい試合をどうもありがとうございました。

では、また来年を楽しみにしています。


おまけ:
女子サッカー
2017.1.8 高校女子サッカー選手権決勝 十文字高校vs大商学園高校
う〜〜ん、これでは北朝鮮には勝てないナア。身体能力が女の子すぎる。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2017-01-10 09:31 | サッカー&スポーツ

スポーツマン選手が知らなければならない遺伝の法則:大きな女性が大選手を生む!

みなさん、こんにちは。

スター気取りの長友佑都には困ったものである。別にサッカー選手は長友だけではない。たまたま自分のピークが南アW杯にあっただけのラッキーボーイにすぎない。それを執拗なまでにアモーレ騒動を引き伸ばす。他のJリーガーのように私的なことはひっそりとやってもらい、サッカーの技術をもっと伸ばすべきだろう。公私混同は日本人の悪い癖である。

さて、そんな長友選手だが、ここではすでに長友とアモーレ平の間の未来の破局まで占っていた。というより、とある占いの本で占ってみたわけだ。それがこれだった。
ジョーク一発:財務省のショック・ドクトリンと長友&愛梨ショック・ドクトリン!?
の中の一節。
(う)長友とアモーレ→金の切れ目が縁の切れ目とか!?

さて話はサッカーの長友佑都選手と彼のアモーレ
a0348309_934380.jpg
a0348309_934437.jpg
の話題に移る。

まあ、スター気取りでサッカーを乗っ取るのはいいが、「僕達のサッカー」がいつの間にか、「僕と彼女のサッカー」に変わってしまっていたようだ。

まあ、だれしも幸せな家庭を作るのは結構なことであるが、それをサッカーに持ち込んで、邪魔だけはしないでもらいたい。

そうでなくとも我が国のサッカーは勢いがないからである。

いい話が出たと思えば、ことごとく怪我人だらけとなって選手生命の危機にすら陥っている。悪夢である。

まあ、韓流芸能界として、話題作って商売ができればそれでいい。サッカーは韓国が強ければいい。そういう感じだろう。

さてそこで我が家でこの二人の将来を占ってみた。

我が家には奥さんがだいぶ昔に見つけた誕生日占いの本があるのだが、それがどういうわけか非常によく当たるのである。これまで占った誰もがピッタリで、外れたことがない。

この本は市販された本だから、どこかにある本だろうが、絶版であることは確からしい。一応メモしておこう。この本である。
恋と運命の月(ルナ)暦 2002年―運命の人と出会う「発展の相性」別れを呼ぶ「破壊の相


そこで、長友佑都選手と平愛梨さんの生年月日を使って占ってみたのである。

長友佑都選手→1986年9月12日→21のルナ
平愛梨→1984年12月12日→8のルナ

8と21→あなたを壊す人→遠距離

加害者8のルナ被害者21のルナの関係。
8のルナは攻撃的に振る舞うため衝突しやすいが、21のルナの強さに8のルナは屈する。

恋人→強烈な愛憎劇を展開した果ての傷の深さは。。。
夫婦→最悪の場合は、互いの勇気を破る破壊作用が。。。
友達→近距離とほぼ同じながら、破壊作用は最も強く働く
家族→兄弟姉妹の関係においては破壊作用は弱まる
同僚、上司部下、取引先→近距離とほぼ同じながら、破壊作用は最も強く働く


いやはや、最悪の相性ですナ。

破壊作用マックス。

俺からの忠告!

長友、やめとけやめとけ!他にもっといい女がいるさ!

身長155cmしかない小娘だ。男の子が生まれても大きくはならないヨ。

ちなみに、男児の身長は母体の母親の卵子の大きさで決まっていて、卵子の大きさは母親の遺伝で決まっている。母親が大きければ卵子も大きく、したがって胎児は大きくなり、出産時の身長体重も大きくなる。

また、男児の大人になった時の大きさは出産時の身長体重でほぼ決まっている。だいたい出産時に5kgあれば、身長190cm以上、4kgなら身長180cm台、3kgなら170cm台、3kg以下なら160cm台とだいたい決まっている。

分子生物学的には男児の大きさは母親からくるX性染色体で決まっていることが分かっている。

まあ、我が国ではあまり知られていないがネ。

一方、女子の場合は、父親と母親からくる2つの性染色体Xによって決まるから、双方の身長の大体平均を越える程度にまで成長する。だから、母親が小さくても父親が高身長であれば、娘もまたかなり大きくなる。

というわけで、長友選手が身長155cmの平愛梨さんと結婚して男児を産めば、この場合には、せいぜい160cm台のサッカー選手しか誕生しないのだ。

小柄な長友の場合は、女子バレーとか、180cmくらいある綺麗な女性と結婚すべきである。いわゆる蚤の夫婦というやつだが、こうなれば、長友の低身長にかかわらず、息子は母親のXの遺伝によって非常に大きなガタイの良いサッカー選手になる。

野村監督、長嶋監督、イチロー選手などの大半のプロ野球選手や、大半のサッカー選手が、この厳格なる遺伝の法則を知らないために、運動音痴で小柄で顔だけが美人の女子アナやキャスターと結婚するから、子供がまったく父を越えるほどのスポーツ選手には育たないのである。

一言で言えば、全部女選びで失敗したんですナ。

自分の子をスポーツ選手にしたければ、健康で活発で大柄な女性と結婚しなければならない。

ただそれだけなんだヨ。

知性は種の方からやってくるってサ。

まあ、知る人ぞ知る遺伝の鉄則なんだがナ。


いや〜〜、平愛梨の破壊作用、これはものすごいらしいゾ。きっとこれでボスニアにやられたんですナ。

家族以外の場合でなければ、すべてだめのルナ。

最後に、もしそのままヒートアップして結婚した場合を予見しておこう。
結婚した途端に何かにつけ衝突し合い、それでも長友の強さに愛梨が惹かれて、それなりに収まる。ところが、長友が引退し、強烈なものが失われると、一気に愛梨の目が覚める。


というわけで、長友の引退=別離となる星なのだとか。


いやはや、なんとも悲しい宿命の二人である。


いや〜〜、平愛梨、早くどっかへ行ってくれ。このままじゃ〜、日本サッカーが破壊されてしまう。

デスブログの東原亜希以来の強者の「登場」ですナ。

くわばら、くわばら。

まあ、ルナ占いですから、信じる信じないはあんた次第ですゾってサ。ジョークと思ってチョ。

俺は姉より妹のほうがいいと思うが。広瀬すず姉妹の場合は、姉のほうが良さそうだ。

おまけ:
おい長友、お前このままじゃ〜〜、ファンキー加藤と「穴兄弟」の〜〜男になるぞ!
W不倫騒動のファンキー加藤と一緒に頭下げ…「元カレがお騒がせしました」平愛梨の“好アシスト”に大爆笑
a0348309_1392474.jpg
いや〜〜、ひで〜〜ふしだら女に目をつけられちまったナ。長友は。もう日本代表から落とすべきですナ。頭を冷やせってナ。


まあ、これはルナ占いっていうやつだから、当たるも八卦当たらぬも八卦。信じる者は救われる。

それより、どうして野球選手にしてもサッカー選手にしてもテレビタレントや女子アナのような体力的にも虚弱で背も低い、顔だけの女性と結婚したがるんでしょうナア。自分が普通の人ならともかく、自分が日本代表にもなるほどの運動能力を持つ人間であることを証明した以上、健康で活発で身体能力に富む大柄の女性と結婚すべきである。俺は日本代表クラスのスポーツ選手にはそういう義務があると思う。

だから、スポーツ選手はかわいこちゃんよりはバレーボールやバスケットボールの選手と結婚すべきなのである。

一言で極端に単純化して言えば、体力の基本は母親由来のミトコンドリアの性能がすべてである。知能は男性由来のY染色体の性能がすべてである。そして、父親由来のXと母親由来のX染色体の相性がすべてなのである。体内で父母のX同士で戦争する場合もあれば、共生する場合もある。ここにメンデルの法則に従わない遺伝子の妙がある。

私のこれまでの観察では、人間の(日本人の場合)成人男子の身長は生まれた時の大きさでほぼ決まっている。

新生児体重で2kg台はせいぜい160cm台以下。3kg程度は170cm前後。3キロ台後半は180cm台。4kg〜5kgは190cm台。5kg以上は2m級。私は3200gで172cmだった。あけぼの、武蔵丸は5kg台で190cm〜2m。

問題は身長の低い女性は大きな新生児を産めないのである。産めば死にかかるほど難しい出産になる。また、女性の卵子の大きさが新生児のサイズを決めているため、卵子の大きな女性はやはり大柄の女性なのである。だから、母親が大きくないと大きな子供は生まれない。特に男子。

私のこれまでの観察では、男子の身長は母親由来のX染色体で決まるために、母親より10cm〜20cm程度大きい成人になる。だから母親が大きくないといくら父親が大きくても父を超える大きさにはならない。

逆に女性の場合は、父母のX染色体で決まるために、双方の平均よりすこし大きい程度になる。だから、女性の場合は父親が大きければ、母親が小さくてもその平均以上になるために、比較的大きく育つ。

というわけで、長友選手が170cm程度でアモーレ平が152cmの場合。男子が生まれたとすると、出産時に2700g程度であり、成人してもせいぜい160cm台のサッカー選手しか生まれない可能性が高いのである。まあ、サッカーは身長だけではないからメッシみたいに上手ければいいが、あるいはずっと走り回れる選手であればいいが、そうなる率は減る。

なぜなら、女性タレントの場合はたいてい走るのが嫌いだからタレントになったのであって、動き回るのが好きな女性は駅伝やサッカー選手や陸上選手になっているはずだからである。

というわけで、もしサッカー選手が小柄のタレントや女子アナと結婚した場合には、小柄で走るのが苦手なサッカー選手しか誕生しない。というわけで、日本代表は無理。高校サッカーレベルで終了となる。

まあ、一つの才能がその一家で独占されないように神様が人の好みをうまいこと分散させてくれているわけである。

イチローがいくら打率がよくても女性タレントと結婚したばかりに子作りの生涯打率は0%になった。この点俺のほうが高打率である。

落合もタレントと、野村監督もモデルと結婚、長嶋監督もタレントと結婚した。だから、一茂しか生まれなかった。

もしこういう優秀なスポーツ選手たちが、女子柔道や女子レスリングの選手やバレーボールやバスケの選手と結婚していたらどうなっただろうか?全部息子のほうが親父よりずっと体格のいいスポーツマン一家に育ったはずである。

ちなみにこういうのはアメリカ大リーガーでは鉄則の経験則になっている。結婚する時は、健康でとにかく大柄の女性と結婚しなさいと息子に忠告するのである。そういう黒人大リーガー家庭では、2代、3代続くメジャーリーガーのスポーツ一家がたくさんあるわけである。

逆に、科学者の場合はどうか?

これはまだあまり知られていないが、どうも母親の脳にその秘密があるという説がある。母親が賢いほど息子が賢くなるのであって、必ずしも父親ではない。そういう説である。

しかしながら、隔世遺伝というものがあり、祖父祖母の遺伝子が孫の世代に発現するという法則である。これも事実であることから、こういったものを総合してみると、どうやら、人には2組の祖父母の計4人がいるが、そのすべてが優秀な科学者というような場合に、その孫もまた優秀な科学者になるらしい。この中のだれかが普通ではたいがい普通の人になるのである。

素地としてはそういうことになるが、それを制御するのが実の両親ということになりそうである。だから、祖父母の4人+実の両親の2人の計6人がそこそこ優秀でないと、子が優秀な科学者には育たないらしいということになる。

こうしていわゆる有名なユダヤ学者の家系を見てみると、だいだいそうなっているのである。またそれ以上に代々に渡って科学者という家系も多いのである。

こういうことから考えると、やはりその家庭の先祖代々の家業というのがやはりその本人には一番合っているのである。軍人家系はやはり軍人向き。商売家系はやはり商人向き。政治家家系は政治家向き。学者家系はやはり学者向きなのである。そういうふうに素地ができている。

しかしながら、実際にはそこに何かの邪魔が入ってなかなかそういうのを継続するのが難しくなっているわけである。だから、学者になるには3代掛り、初代が築いた財産は3代でなくなる。こういう言い伝えが遺るのである。

いずれにせよ、偉大なスポーツマンでも1代限りというのは、単に結婚相手が貧弱な体のためというのだから、これはかなり分かりやすい例と言えるだろう。

止めるなら今だよ、長友選手。

これでは一向に釜本のようなワールドクラスが登場しない。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2016-12-26 15:09 | サッカー&スポーツ

大学サッカーに華を!:大学サッカーに「レッツゴー!若大将」時代は来るか?

みなさん、こんにちは。

年末恒例のクラブW杯も終り、いよいよ残るは天皇杯終盤と高校サッカー選手権だけである。

今回のクラブW杯決勝の鹿島アントラーズの柴崎岳選手やその後ドイツに行った大迫勇也選手あるいは浅野選手を見ても分かるように、またフランスW杯で日本人として初めてゴールした昔のゴン中山選手やジーコジャパンの大久保選手を見ても分かるように、大観衆の中プレッシャーの極めてかかる中で堂々とマイペースでプレーできる選手、大試合に強いタイプの選手というのは、決して技量がうまいという選手ではない。むしろ、技術的には下手くそな選手も多い。

そういう大試合で活躍する選手は、不思議と高校サッカー選手権で生き残った選手である場合がほとんどである。大観衆の中、同級生の大応援団の叫びや悲鳴の中、必死で仲間のためにプレーするという経験を持った選手なのである。

そこが宇佐美選手や柿谷選手や香川真司選手のようなクラブユースの生え抜き上がりの選手たちとは異なるのである。どういうわけか、クラブユース出身者はメンタルに弱く、甘い。

この違いがどこから生まれてくるのかはサッカー協会は本気で研究すべきテーマだと私は考えている。

指導者の違いなのか?大声援の違いなのか?育成システム上の問題なのか?決定打を発見すべきである。

ちなみに、私はやはり高校サッカーは学校教育としてのサッカーという側面から来る同級生や下級生やクラスメートとか、先輩OBや講演会とか、さまざまなしがらみの中で代表としてプレーするという住環境や精神面での育成が効いているのだと思う。

まったくサッカーと関係ない学校生徒が時間を潰してまで自分たちを応援に来てくれている。そういった経験が子供心にも火をつけるのである。

ところが、Jユースはエリートプログラムだから、そういうことがない。プロ養成のエリート同士の秘密の戦いのような感じになるわけだ。だから、逆に大観衆の前の試合で緊張する。

今年体操で金メダルをとった内村航平選手が、「試合で緊張したり、試合前日に緊張で眠れなくなるというような選手は大概予選レベルで敗退する。自分は一度も緊張したことがないし、よく眠れる」と言っていたように、大試合に勝つ選手はやはりそういう感性を持った選手なのである。

いくら技術がうまくても大試合の前に興奮して眠れないという選手は本番でだめになって結局次は呼ばれなくなるのである。

高校サッカーならそういう選手やチームは予選で敗退する。だから、決勝まで上がっていくには、うまいとか技術的な面以外の部分に秀でた選手が残るわけである。ところが、Jユースではいつも同じような時間帯で同じように良いピッチコンディションで試合を行う。まさに盆栽化された環境の中でしか試合をしない。だから精神的にタフには育たない。

方や同じような育成をしている欧州ではどうかというと、やはり欧州は広い。欧州選手権をやるたびにホームアンドアウェーで相手の本拠地ではわざと悪いコンディションで戦わさせられるという経験や敵ファンの罵倒や誹謗中傷の中で戦うという経験をする。そうした中で精神的タフさを身につける。こういうものがわが国の高校サッカー選手権のようなものの代わりとなっている。

こう考えると、わが国の若手のホープである久保健英選手などもユースでやるのもいいが、ひょっとしたら高校サッカー選手権に出るという経験も必要なのかもしれないわけである。

一方、そうした高校サッカー選手権で大活躍した選手たちがいきなりJリーグのプロに行かずにその後の第三の人生の事も考えて大学へ進学するようになって久しいが、そうした選手たちが行っている大学サッカー選手権はまったくの閑古鳥、しらけどりが泣くというほど観客が入らないらしい。これでは育成にならない。

私がサッカーをしていた時代、いまから40年以上前のサッカー界と同じ空気が大学サッカーには漂っているらしい。私が大学千葉リーグ2部で理科大サッカー部でやっていた頃には、観客はサッカー部だけという感じだった。その時代の日本リーグ1部でも観客は400百人程度。セルジオ越後、ジョージ与那城、ラモスがいても同様。その会社の家族や応援団だけ。

それが今も大学サッカーでは続いている。

私の息子が入った高知大サッカー部でも、部員は100人以上いたが、サッカーはたったの11人で試合を行う。だから、残りの100人は応援団としてただ歌を歌うだけ。それで4年間が過ぎてしまう。まあ、高校サッカーでも同じだろうが、このあたりは日本サッカー協会がなんとかしないといけないところではないかと思う。大学ラグビーの方がまだ人気が高い。

今回の大学選手権の筑波大対日体大は、ちょうど私が高校生か大学生の頃の対戦カードとなった。古豪復活の対戦だった。結果は8−0で筑波という衝撃的なものだった。

にも関わらず、観客席は部員200人以上いるという筑波のサッカー部員だけだった。こんな感じ。
a0348309_94275.jpg


いま一番どげんかせんといかんのは大学サッカーである。高校時代のいい選手もここでみんなクズにされてしまいかねない。

私が知る限り、ここ徳島出身の高校サッカーの有名選手も、大学に行くとまずサッカー部に入れない。サークルかフットサルに入る。あるいは、止めてしまうのである。実にもったいない。大学サッカーで活躍するために幼少期から練習に励んできたのに、大学にサッカー推薦で入学したのに、大学でサッカーができないという悪循環に落ち、その鬱憤からタバコ喫煙者に陥る若者が非常に多いのである。

継続は力なり!

たとえサッカー選手やプロサッカー選手としての道は行かないにしても、健康のためにサッカーをやり続ける。あるいは、将来の自分の子供のために自分自身を磨き維持しておく。そういう精神であり続けて欲しいものである。

また、リフティングだけでも面白いし、やって汗をかけば気分爽快になる。そういう習慣は続けてもらいたい、

だから、今の大学サッカーは高校サッカーの華々しさとは全くかけ離れたものである。だから、Jユースの日本代表だった平山選手が大学サッカーに行ったばかりにだめになったということも生じたのだろう。

まあ、どういう道もそれなりに試練だから最終的にはその本人の問題だといえばそれまでだが、やはり大学サッカーの地位向上は連続的な育成システムを構築するという日本サッカー協会の当初の目的からすれば、大きく逸脱していると言えるだろう。早急の改善を望みたい。

すくなくとも大学ラグビー程度にはならないとまずい。


それにしても大学サッカーの不人気ぶりは目に余る。俺らの時代、40年前の日本リーグとまったく変わらずだ。むしろ、加山雄三の「レッツゴー!若大将」
レッツゴー若大将/予告篇
a0348309_1052681.png

の時代や我々の時代の方が大学サッカーの人気があったのではなかろうか?実際、今日本サッカー協会の技術部門長の西野は、大学サッカーの早稲田のスーパースターでまるで甲子園の大谷選手のように、常時100人もの若い女性ファンが部室の周りを取り囲んだのである。


というようなわけで、大晦日と新春から始まる高校サッカー選手権や天皇杯決勝。それで今年のわが国の2016年度のサッカーもほぼ終了というわけである。

ご苦労様でした。お疲れ様というところですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2016-12-21 10:08 | サッカー&スポーツ

鹿島アントラーズの「幻の世界一」!?:サッカー史上最高の試合!?

柴崎岳ー君こそ真のMVPだ!
a0348309_129898.jpg

a0348309_1291651.jpg


みなさん、こんにちは。

日曜日の鹿島vsレアル・マドリードの決勝戦は実に興味深かった。かつ面白かった。白人が想定外のピンチに襲われた時に必ず出る仕草や行動パターンが如実に出てきていたから面白い。

レアルの選手たちは、基本的には、中盤のクロアチア人のモドリッチとドイツ人のクロース以外、すべてかつて信長秀吉の時代に「南蛮人」と呼ばれた西洋人およびそのアフリカ人奴隷との混血の中南米の選手たちである。中盤のクロアチアのモドリッチとドイツのクロースは、「紅毛人」と呼ばれた方である。

近代風に言えば、北欧系とラテン系である。事実、近年の分子生物学の遺伝子研究により、ハプロタイプではR1a, R1bという違いであることがわかっている。
人類の「Y染色体」ハプログループ分布と「シッチンの人類創世説」に矛盾があるか?
a0348309_8291574.jpg


気質としては、冷静沈着でクールな北欧系(アングロサクソン)と興奮して熱くなるラテン系(スペイン系)の違いである。

まさにこの違いが如実に現れていたから面白いわけですナ。

今回の鹿島vsレアル・マドリードは私が生きている間でもう二度と対戦するという可能性はことごとくゼロに近い。それほど希少価値の高い試合である。

なぜなら鹿島は国内3位から国内決勝戦の浦和戦に勝つまで、必勝パターンを作り上げて、勝ち上がった。

そしてたまたま今回トヨタカップの伝統のおかげで、日本開催となり、最後の日本開催試合になる予定のための開催国枠でかろうじて鹿島が出場を果たした。

さらに今回の2016年クラブ杯でも、初戦NZのオークランド、準々決勝南アのサンダウンズ、準決勝南米のアトレティコナショナル、そして決勝のレアル・マドリードと勝ち上がってきた。

こういう奇跡的な快進撃というものは、おそらく鹿島アントラーズでもこの年代、今年とこの今の時期をおいて実現できないだろうはずだからである。ちょうどチームとしてのすべてがうまく噛み合ってこういう歴史的快挙がなされたに違いないのである。

金崎、土居、柴崎、小笠原、永木、山本、昌子、赤崎、遠藤、西、曽ヶ端、植田、そして石井監督等のすべてのコンディションや環境などが今年に凝縮されたのである。
両チーム先発メンバー
a0348309_8583615.jpg


おそらくこういうめぐり合わせは二度とないだろう。なぜなら、今回活躍した柴崎選手や金崎選手や昌子選手はおそらくスペインに行くだろうし、もう今後二度とこのチームで戦えることはないかもしれないからである。

実際、クラブW杯は若手の登竜門、売り手市場なのである。

そんなわけで、今回の歴史的な戦いは語り尽くされてしかるべきなのである。

普通、他国のテレビ番組では、こういう歴史的な対戦が行われる場合、24時間サッカー番組(中東アルジャジーラ)とかサッカー専門番組が行われるようである。専門家や元選手が出てきて、試合をみんなで分析して語り明かし、今後の糧にするのである。

が、どういうわけか、わが国では素人芸人(コメディアン)やよしもと芸人(やべっちFC)や成りすまし芸人(ジャニーズ)やにわかタレント(女子アナ)に独占され、専門家の間でこういう試合を分析するというようなものがない。実に残念ですナ。

そういうわけで、ここでメモしておこう。


(あ)試合のレビュー

試合についてはすでにいろいろなものがある。

鹿島アントラーズ VS レアル・マドリード 2-4 ゴールハイライト 決勝 (FIFAクラブワールドカップ) 日本 2016/12/18


【全ゴールハイライト】鹿島アントラーズ 2-4 レアル・マドリー ● クラブW杯 決勝 ● 2016/12/18


【全ゴールハイライト】鹿島アントラーズ 2-4 レアル・マドリー ● クラブW杯 決勝 ● 2016 HD



(い)得点シーン

さて、得点シーンは以下のようなものである。

前半
レアル1点目モドリッチのシュートのこぼれ球をベンゼマがごっつぁんゴール
a0348309_911697.png


鹿島1点目柴崎の胸トラップからの左足シュート
a0348309_921021.png


後半
鹿島2点目柴崎の4人かわしての左足シュート
a0348309_923689.png


レアル2点目CロナウドのPK
a0348309_94556.png


延長
前半
レアル3点目ベンゼマからの縦パスをロナウドがもらってシュート
a0348309_9554.png


レアル4点目クロースのシュートをロナウドがトラップしてシュート
a0348309_9124124.png


後半
2点リードのレアルが順当にパス回しして時間を潰して終了



(う)「レアルの笛」

さて、すでに誰にも明らかだったように、今回のアフリカのザンビアから選ばれた主審の不可解でアンフェアな笛の数々があった。

ロナウド1点目のPK。これは自分で倒れたものだったから、本来はシミュレーションになるはずのものだった。むしろ、態勢を崩して倒れたロナウドに足掛けられて転ばされたのは鹿島の選手の方である。これが逆にミスジャッジ。これである。
a0348309_9183671.png

a0348309_9185592.png

a0348309_919163.png


このPKはない。


もう一つは、レアルがリードされてから悪質になったセルジオラモスが再三再四金崎の足を後ろから激しく削りまくっていたのだが、それでイエローカードを一枚もらっていたのだが、その中でも完全に交わされて突破された時に金崎を後ろから手で引っ張って倒した時にザンビアの黒人審判がイエローカードに手をかけてだそうとした時、途中で二枚目だと気づいて引っ込めて事なきを得たというシーンである。

レアルに気を使いセルヒオ・ラモスに2枚目のイエローを出さない主審 Sergio Ramos diserves a second yellow card in this action.
a0348309_924137.png


なんでこんな貧乏国の第三世界のレフェリーを大事な世界大会の主審に選んだんでしょうナア???

こういう時に言葉が大事なんですナ。日本語でイエローと叫んでいるだけじゃ駄目。少なくとも英語、あるいはフランス語かスペイン語で主審にしゃべらないと。スペインやフランスの植民地の子孫なんだからスペイン語やフランス語圏で、宗主国の方の言いなりになりやすい上、最初からレアルに勝ってもらいたいという要請があるわけだから、ますますもってこういう結果に終わるのである。

ここが我々日本人とはだいぶ気質が違うのである。

「歴史にもしもはない」が、この試合を来賓席で通訳の樋渡群さんと見ていた日本代表のハリルホジッチ監督も憤慨し激怒していたというように、明らかにこれは意図的なミスジャッジだった。韓国の笛、あるいは、中東の笛に匹敵するレアルの笛となった。

おそらくこの場面が欧州のサッカーシーンでは「もっとも肝が冷えた場面」だったのではなかろうか?

もしここで、セルジオラモスが二枚目のイエローカードでレッドカード退場になったとしたら、結果として、フリーになった金崎か遠藤、あるいは、柴崎がハットトリックを達成できたかもしれないし、逆にCロナウドのレアル2点目のPKはない。

というわけで、ここでセルジオラモスの退場は、まさに鹿島の勝利に優勝にもっとも繋がった一瞬だったといえるだろう。

こういう時に近くにいた柴崎は頭がいいから二枚目だと覚えていて、二枚目と言わないほうが良かったに違いない。むしろ、イエロー、イエローを騒いで、イエローを一度出させておいて、後で二枚目だったというように引っ込みがつかない形にすべきだっただろう。我が国内のように二枚目というと、怒って二枚目をどんどん出すという日本人レフェリーと海外のレフェリーは違うのである。

わが国のサッカー選手には審判に対する態度も審判をも罠に掛けるマリーシア(ずる賢さ)が必要なのである。柴崎の次にすぐに同じ色の顔をしたレアルのマルセロが来て審判に必死で免罪を乞うていたわけだ。「あとでおごるからさ」とか「セルジオラモスの面目を考えてくれ」とか、かつてのレアルのフィーゴのようなピッチ内交渉をしていたかもしれないわけである。あるいは「ないない。あれはない。ジャップのシミュレーションだよ」なんて言っていたかもな。

この部分の真実を知りたいものである。


(え)もしビデオ判定していれば?→鹿島が2−0で優勝だった!

また南米戦では、ビデオ判定が出たのに、ここではまったくビデオ判定がなかった。ここも大変不可解である。この試合に限っては一切ビデオ判定が出なかった。これもレアルの笛だったのだろう。

ベンゼマの1点目のオフサイド判定。Cロナウドの逆ファールのPK。見れば明らかになったはずである。

もし本当に全部ビデオ判定していたら、レアルの得点は0である。つまり、この試合でもし審判が忠実にルール通りの判定をしていたら、鹿島は2−0から3−1で優勝したはずである。


(お)もし遠藤がボレーを叩きつけていれば?

それでもなんと言ってももっとも視聴率の高かった場面は、後半最後の鹿島の怒涛の攻めであった。

後半最後の44分の金崎がCロナウドと同じような抜け出しでキーパーと一対一になった場面で、キーパーにセーブされたところ。
a0348309_9482679.png


ロスタイムの鹿島の遠藤のシュートの場面である。もしこれを枠内に叩きつけていれば、すべての歴史が変わっただろう。
a0348309_9495849.png
a0348309_10209100.png

a0348309_10201273.png


まあ、こういうのを決めるか決めないかの違いが最後の最後の差になるわけだ。これで決めていれば、鹿島が本当に歴史を変えた。

結果、セルジオラモスは帰国後に射殺、ジダン解任というような物騒な事態に発展したかもしれないわけである。それほど重要な局面だった。

遠藤が日本の歴史を、世界の歴史を変え、かつてフィリピンを占領し、フィリピンにスペインのアジア太平洋艦隊の拠点を置いた、スペイン帝国の持つ無敵艦隊スペイン海軍に対して、日本の豊臣秀吉が「日本に朝貢せよ、さもなくば滅ぼすぞ」という返事を返したという戦国時代の歴史に匹敵するサッカーの歴史になったに違いない。

まあ、いずれにせよ、「レアルの笛」はひどすぎた。

(か)サッカーの技術としては

この試合はサッカーの技術としては、やはり決定機に確実に決めるロナウドやベンゼマと決定機に確実に決められない金崎と遠藤の差が出てしまった。

同じような飛び出し、同じようにボールを受けているようで、やはり細かく見るとまったく違いっているのである。そういうものが分かって非常に良かったのではないだろうか。ぜひ若い選手たちはこの部分を研究し、自分もそういう高等技術を身につけて欲しい。

ロナウドのボールの受け方は前の試合のベンゼマの受け方と同じであった。右足でシュートする場合には、パスの出しての右から左へパスコースを過ぎりながら左足でトラップした瞬間に右足でシュートできる形に一瞬で持っていく技術である。ベンゼマもロナウドもこれが完璧だった。いつでも同じことを同じようにやっていた。
a0348309_10131491.png

この時、右側の鹿島の選手が前に走って裏でセンタリングを待つのではなく、ロナウドのように瞬時に止まって、相手DFがちょっと前に行くのを見てフリーになれば、金崎はパスできた。しかし、そのまま裏のセンタリングを狙うから、結局金崎はシュートしか行けなかった。結果的にはそのシュートがキーパーの腕で跳ね返ってセンタリングのようになったが、裏を狙ったためにその跳ね返りを狙うことができなかった。

メッシもそうだが、ロナウドは確実にここでフリーの位置取りをしていたのである。つまり、一瞬走るのをやめて楽にフリーになる。

延長1点目

ベンゼマの右前から左肩越しで見る
a0348309_103013100.png

トップスピードに入る
a0348309_1129254.png

抜けたボールをダイレクトで左足のシュートに持ち込む
a0348309_10302895.png

シュート態勢に入る
a0348309_10334664.png

左足でシュート
a0348309_10335461.png

(植田のラインがズレていたところをロナウドに狙われた。いいFWは必ず相手DFの安牌、弱いやつを狙う。植田はライン取りが遅く、バテバテだったために最後にそこを狙われたのである。失点のすべての原因は植田にあった。昌子に厳密に合わせていれば楽に失点は防げた。敗因は植田。


延長2点目

左足でシュートを一瞬でトラップ
a0348309_10244524.png

次の瞬間に前に細かく3歩で突破
a0348309_1024543.png

左足でGKの頭上にインステップシュート
a0348309_1025083.png


この最後のシュートするまでの時間が金崎よりはるかに短い。つまり、シュートのスイングがはるかにスムースで速いのである。これはバックスイングのタメからそのまま力を抜いてダウンスイングし、インパクトの瞬間だけ最大の力を発揮し、フォロースルーを正確に枠内に行くように取っているからである。野球の打者がホームランを打つ時の打撃フォームのような力の入れ具合を一瞬のシュートで行っているからできることである。若い選手はこれを身につけるべきである。全身のバネで体全体を使って伸びやかに力まずにフォームだけにこだわってシュートするというやり方である。

実際、ロナウドの上半身の動きはまったく変わらず、スキーの選手がスラロームするときのように上半身はまったく固定されている。動いているのは下半身だけである。ここで少しでも上半身がぶれたらシュートは枠を外れただろう。

方や、最後の金崎のシュートはシュートまでにいくスピードが遅く、GKが芝に横にセーブにでる下をボールが抜けることができなかったし、遠藤のボレーは完全に上半身も下半身もぶれてしまって、ボールの下を蹴って叩きつけることができなかった。要するにボレーまでの準備のスピードが遅かったのである。


(き)監督の采配に関して

最後に、やはり石井監督の采配も問題があったと言えるだろう。それは、「歴史にもしもはない」から、単純な比較やもしもという仮定の話はできないが、今回試合前の前日談話では、石井監督はこれまで通り、同じやり方で戦うと言っていた。

つまり、これまでの戦い方とは、最初に赤崎と土居の2トップおよび遠藤で前半を戦い相手を疲れさせ、相手が疲れた後半に金崎と鈴木を投入するという必勝パターンであった。

ところが、フタを開けると、金崎夢生を先発起用した。さらに、後半に小笠原の代わりに外人のファブリシオ、またこれまで一度も出場しなかった伊藤を投入した。

これが今まで通りの戦い方と言えるのか?

こういう問題がある。

ここでは何度もメモしているが、日本人監督は非常にしばしばこういう采配を行う傾向がある。監督自身が一番平常心でなければならないが、選手たちより監督コーチの方が相手を意識しすぎて平常心でなくなるという傾向があるのである。

おそらく、石井監督はレアルが非常に強いということ、および、一方的に引くのではなく、最初から打ち合いをしようと考えた。もちろん、外部からマスゴミを通じて解説者や元ジェーリーガーや専門家たちのそういう意見が頻繁に耳に聞こえるから、ついついこれまでとは方針を変えたのだろう。

「歴史にもしもはない」というのは、それでも鹿島は優勝しそうだった。だから、今回のこの采配が悪いとは限らなかったという可能性もあるが、しかしいつも通りの戦いをしていたら、本当にこれまでと同じような展開で勝利したかもしれないし、またそれでも負けたかもしれないし、そのやり直しはできないということなのである。

だから、サッカー(や戦争)などの戦いでは歴史を振り返っていろんな角度からみんなで議論して、本当ならこういう場合はどうすべきだったかということを研究しなければならないのである。

今回は、これまで通りの専守防衛、後半にかける作戦と、最初から真っ向勝負の作戦のいずれで出るべきだったかという選択の問題である。私個人は、まったくこれまで通りでやってほしかったと思う。前日までそう言っていたのだからそれを貫いてほしかった。しかし一夜明けたら全く違った戦略に変わったのである。相当に石井監督は迷ったに違いない。

さらに、後半の投入計画もいつもは後半に金崎と最後の最後に鈴木を入れる戦術が、後半にファブリシオを入れる戦術に変えた。ここにも議論の余地がある。

これまで100%日本人で戦ってここまで来たと言っていたが、決勝に限ってファブリシオを入れ、初出場の伊藤を入れた。これは明らかに平常心を失った証拠だろう。

ファブリシオはなかった。

というのは、こういう場合、南米系の選手は常に欧米でプレーして自分の貧しい家族に楽をさせたいというような日本人からすれば邪念や雑念が入る。それで、試合に冷静に勝つことより、試合は二の次、自分が目立つことだけをするようになるという特徴があるからである。

実際、ファブリシオのプレーは典型的なスタンドプレーを行っただけだった。自分がもらったらロングシュート、仲間がいてもパス出さないでシュートしてミス。この繰り返しになった。また伊藤はほとんど何もできなかった。結局、後半の金崎と鈴木の悪童コンビの脅威が生かされなかった。鈴木はファブリシオからボールを回してもらえずほとんど何もできずにむしろシュートするはずの選手がパスを出す方に周り、ゴールの遠い位置でシュートしかできなかった。

こうしてみると、石井監督もいつも日本人監督がやるように(もっともハリルホジッチでもやるが)が平常心を失い、相手を意識しすぎて(=相手をリスペクトしすぎてともいう)、最初から金崎を入れ、後半レアルの足が止まるという現象を過小評価した結果、延長線で逆に鹿島の足が止まり、逆転負けを喫したということだろう。俺はそう結論する。

どんな場合にも自分たちのサッカーや戦術を貫くことができないと、なかなか優勝は難しい。これが本来の意味の「自分たちのサッカー」という意味であって、これは決して本田や長友のいう「僕達のサッカー」とはまったく意味も概念も異なるのである。


いずれにせよ、勝った方のレアル・マドリードは「勝てば官軍」の方だろうが、それでも、わが国にはこういう時「負けるが勝ち」ということわざがある。一応のそれまでの歴史上の相手の面子や対面もあるから、ここではインチキでも負けを認めるが、第三者の目からすれば、鹿島の方に分があったことや、真の勝利者は鹿島であったことなどは、誰の眼にも明らかだった。

サッカーは強いチームがかならず勝つものではなく、勝ったチームが強いのだ


という格言がある。まさに鹿島は実際には勝利したはずだから、今回は鹿島の幻の優勝、鹿島の幻の世界一だったのではなかろうか?


いずれにせよ、欧州サッカーも支那朝鮮サッカーと同じニオイがするようですナ。


いやはや、世も末ですナ。


それにしても日本男子サッカーに夢を見せてくれた鹿島アントラーズは素晴らしい。いい試合をありがとう。我が家も奥さんと鹿島の得点のたびにハイタッチしながら絶叫して見ていましたヨ。

アントラーズの皆さん、準優勝おめでとうございます!胸を張って生きてくださいヨ。

日本の誇り、鹿島アントラーズ!真の優勝者は君たちだった!




e0171614_11282166.gif

[PR]

  by kikidoblog2 | 2016-12-20 11:08 | サッカー&スポーツ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE