カテゴリ:サッカー&スポーツ( 94 )   

2017年クラブW杯準々決勝浦和vsアルジャジーラ:興梠と槙野がやらかす!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、今朝早朝のクラブワールドカップ準々決勝、浦和ーアルジャジーラの試合はリアルタイムで見たが、浦和は勝てた試合を落とした。ひどい。

浦和槙野、レアル戦前に無念敗退「受け入れがたい」
a0348309_1253930.png



特にひどかったのが、興梠慎三。

興梠選手は本当に大試合に弱い。もっていない。むしろ変なやつを連れてきている。
【先制】浦和×アルジャージラ クラブワールドカップCWC準々決勝 浦和レッズ(0-1)アルジャージラ
a0348309_11513693.png


こんなイージーなパスをゴールできないようで、プロと言えるか?

これだからプロサッカーが馬鹿にされるわけだ。

罰金プレーである。

結局、武藤と興梠と ラファエル・シルバで同じようなミスショットを繰り返すから、相手にツキがいって、カウンターをやれたわけだ。

ひょっとして今流行の八百長ですか?


シュートは叩きつける。

そういう意識がなければ、精神的にプレッシャーで差し込まれるとかならずふかす。

なぜなら腰が引けるからだ。


一方守りで言えば、どうして槙野はオフサイドトラップをかけないのか?
a0348309_11575999.png

a0348309_1205992.png

a0348309_121966.png

a0348309_1211161.png
この段階で、自分が止まれば相手をオフサイドにできたはずである。

これは自分の方が相手より足が速いと考えた場合のポジション。

もしパスが通ったとしても自分がカバーできると考えらからだろう。

がしかし、相手の方が足が早かった。


あとは、適当にあしらわれて終了。


まあ、中東の笛で、ハンドのPKを取ってくれなかったりとかいろいろあったが、それは想定内の話。


すべては、興梠と槙野が敗因だった。


やはり、浦和の今季の低迷ぶりを象徴している試合だった。


一方、パチューカの本田は、ちゃんとこういうことを計算ずくでメキシコに行ったんですナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
今回の興梠選手のシュートミスの場合のような至近距離のシュートの場合は、足先でヒットするというような蹴り方ではよくこういうミスが起こるのである。ボールは常に変化するからイレギュラーもあり得る。だから、野球でいえば外野手の補給のように、まずは絶対に後ろへそらさないというように、ボールを自分の体の中心に入れて構え、かならず体に当てて前は弾くというような態勢でいかなければいけない。そして、かっこよく華麗にボールを足で蹴るのではなく、「ボールごと身体でゴールに押し込む」という感じの泥臭いシュートでなければならない。いずれにしろ、ミスは精神的に押し込まれている場合に起こりやすい。試合中に情けない顔をしているようではダメですナ。今回スピードスケートの小平奈緒選手が世界新記録を生み出した秘訣に、オランダ留学があり、そのコーチから「眼力だ」「自分がボスだ」「自分がボスだ」と言い聞かせる。こういう怒りに似た集中力が大事なのである。興梠選手には「怒り」が見えない。だから気迫や凄みが出てこない。もっとピッチ上で怒れ!これがアドレナリンを出し、動きを俊敏にするのだ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-10 12:07 | サッカー&スポーツ

川崎F念願の初優勝!:中村憲剛の涙が語るサッカーの鉄則!→サッカーはこころがけ!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、やはり
サッカーの神様
がいた!

川崎Fがまさかの優勝。
a0348309_10174522.png

Jリーグ「ジュビロ磐田」対「鹿島アントラーズ」~ヤマハスタジアムから中継~ 2017年12月2日


勝ち点で何ゲームも差のあった、貯金3くらいあった鹿島アントラーズが逃げ切れなかった。

いまはやりの
八百長???

鹿島の大岩監督
a0348309_947203.jpg
の采配がひどかった。

大事な残り三試合で、積年の強者小笠原選手
a0348309_9485772.jpg

を使わずに、レアンドロ
a0348309_9514865.jpg

とレオシルバ
a0348309_951932.jpg
を使う。

とくに昨日の試合では、レオシルバがひどすぎた。

何が悪いって、頭が悪い。単に運動量があるだけ、スピードがない。

レアンドロには決定力がない。

レオシルバ、相手と蹴りあいになると逃げる。

これが再三再四のチャンスで相手にカットされてパスが出せなかった理由である。疫病神である。

この内どちらかを小笠原にしていれば、あるいは、三竿(みさお)の代わりに小笠原を使っていれば、圧勝しただろう。

まあ、監督自身が言うように、最後の最後には監督経験が出る。ド素人だった。

大事な試合こそ経験者が生きる。

まあ、それでもブラジル人はブラジル人、そこそこの働きはこなした。

一番悪いのは、つまり、戦犯は金崎選手だったナ。

まあ、名字が語るように、Kimさんだから、ルーツは在日朝鮮人だろう。朝鮮耳がそれを証明する。
a0348309_9584478.jpg


まったくいいところがなかった。

昨年は、柴崎岳選手がいてクラブW杯で世界二位になったが、その後は石井監督と喧嘩して追い出し、
a0348309_101651.jpg
ハリルホジッチと喧嘩して追い出され、そして今度は大岩監督をみじめにさせた。

こういう選手は追放すべきだろう。

非常に単純に言えば、アントラーズに韓の法則が発動したにすぎない。


まあ、こういうこともあるが、俺として金崎選手について一番気になったのは、次の3つ。

(1)覇気がない→オーラがない。
(2)姿勢が悪い→いつも下を見ている。
(3)戻りが遅い→常にオフサイドポジションに残る



俺が監督だったとき、いつもトップがこういうことをしたら、

早く戻れ〜〜!
走ってもどれ〜〜!
顔上げろ〜〜!!
集中集中、集中しろ〜〜!

って怒鳴り散らしたものだがナ。

実際、金崎選手の戻りが遅くて、戻りオフサイドになってせっかくのパスとチャンスと台無しにした場面があった。

昨年末、クリスチャン・ロナウド選手と対戦して、ロナウドからまったく学ばなかったのだろうか。


いずれにせよ、鹿島アントラーズは、終盤に来て、監督と金崎中心としたメンバーとの間で悪い空気が流れ、チームが崩壊しつつあったのだろう。

それに対して、川崎Fの中村憲剛選手は万年2位に甘んじてきて悲願の優勝を目指していた。

だから、チームが若手の小林悠選手
a0348309_10103196.png

川崎Fを優勝に導いた小林悠が「あれが転機」という深いインタビュー
の登場と覚醒とともに、ぐんぐん調子を上げた。

川崎は昨年はもうひとりのレジェンド大久保嘉人選手がいたために、小林悠選手はその補助的な役割に過ぎなかった。

ことしその目の上のたんこぶがいなくなったために、すべてのチャンスが自分に来るようになった。そしてついに自分の未知の潜在能力の大きさに気がついたというわけだ。

いまの小林選手はたぶん大迫選手よりはるかに上である。


とまあ、そんなわけで、

中村憲剛選手、川崎国フリューゲルス、優勝おめでとう!


頑張れ日本!


まあ、今年柴崎岳選手がスペインのヘタフェに移籍した瞬間にアントラーズの悲劇が開始されたんですナ。


私がいつも言ってきたように、

サッカーは心がけ。心がけの良いほうが常に勝つ。

優勝筆頭の鹿島と次点の川崎とを比べた場合、川崎のほうが心がけが良かったわけだ。

川崎フロンターレ 初優勝 中村憲剛 小林悠 インタビュー!

やはりサッカーの神様やサッカーの勝利の女神はいるんですナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ちなみに、鹿島の幻の植田のヘッドはミスジャッジですナ。倒された昌子の方が倒したことになった。ビデオ判定があれば、おそらく1点。入らなくてもPKが得られたはずである。にも関わらず主審が相手の肩を持った。ここに鹿島の金崎の態度の悪さが主審に対するイメージや感じの悪さを与え、大事なときにチームに敵対してくるのである。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-12-03 10:22 | サッカー&スポーツ

AFL決勝戦第二戦:浦和ーアル・ヒラル戦、いまライブで放映中。   

みなさん、こんにちは。

浦和ーアル・ヒラル戦、いまライブで放映中。


https://youtu.be/4L8q0DP8rFc
a0348309_20114323.png




ついに浦和レッズが悲願達成!

1−0で勝利。アジア王者に!

クラブワールドカップに出場決定!

おめでとう、浦和レッズ!


がんばれ、日本!



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-25 20:07 | サッカー&スポーツ

ラストワンプレー「ボールは丸い」:「下克上の時代到来か?」本命が破れる波乱の連続! 2   

みなさん、こんにちは。

昨日ここ四国の高校サッカー選手権における「下克上」の傾向をメモしたが、
ラストワンプレー「ボールは丸い」:「下克上の時代到来か?」本命が破れる波乱の連続!
どうやらこれは全国的な傾向のようである。

いくつか劇的な結末のラストワンプレーの決勝をメモしておこう。

(あ)清水桜ヶ丘初の全国→名門静岡学園散る!
第96回全国高校サッカー選手権 静岡県大会 決勝 清水桜ヶ丘(白井海斗) vs 静岡学園(渡井理己) 静岡のサッカーを全国に‼️


軸足の立ち位置が手前すぎ→これじゃフライになる。
a0348309_10283943.png
a0348309_10284891.png


(い)ルーテル学院5年ぶり全国→ルーテル学院のサインプレー炸裂!
高校サッカー 素晴らしいルーテル学院のトリックフリーキック!



見事なサインプレー→練習の成果
a0348309_10281414.png


(う)矢板中央2年ぶり→昨年の全国ベスト4佐野日大を破る!
第96回高校サッカー選手権 栃木大会 決勝 矢板中央vs佐野日大


基本通りのゴールラインに叩きつけるヘッド!
a0348309_10412044.png


(え)日本文理初の全国→全国レベルのカウンターサッカー!
20171112 高校サッカー新潟県決勝 日本文理 vs 開志学園JSC
a0348309_10474485.png



いやはや、この分でいくと、今年の選手権はどこが優勝するかわかりませんナア。


頑張れ、日本!


おまけ:
昔の日本は強かった!→究極の下克上!
既に世界基準のフィジカル 中田英寿19歳 vsブラジルU23 アトランタ五輪

【高校サッカー】中田英寿の17歳のプレーを見ろ!!!メンバーも楢崎、松田、田中・・・懐かしい(笑)


おまけ2:
三浦知良×前園真聖×中田英寿 後編




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-23 10:50 | サッカー&スポーツ

ラストワンプレー「ボールは丸い」:「下克上の時代到来か?」本命が破れる波乱の連続!   

みなさん、こんにちは。

今年の高校サッカー選手権はある意味で「変だ」。何か地殻変動が起こっている。

ここ四国でもそうで、徳島も高知も四国プリンスリーグ上位の優勝候補ナンバーワンが「決定力不足」のせいで敗退した。

2017年度四国プリンス最終成績
a0348309_16233231.png

a0348309_16233882.png


徳島:9位の徳島北が3位の徳島市立に下克上。
香川:6位の高松商業が4位の香川西に下克上。
高知:最下位の高知西が7位の明徳に下克上。
愛媛:5位の松山工業。

まあ、徳島の場合、トップに徳島ヴォルティスユースがいるから、高校サッカーの上澄みをすくい取ってしまう。同様に愛媛も、愛媛FCユースがあるから、上澄みをネコソギされる。

だから、中学時代までヴォルティスユースでも高校から市立や徳島北に入らなければ高校サッカー選手権には行けない。

一方、ヴォルティスユースの優勝選手たちがそのままJ2のトップチーム入りできるかというとそういうことはない。だから、せっかくの上澄みは大学進学と同時になしのつぶてになってしまう。

つまり、いまの地方のJユースは才能の穀潰し状態なのである。みすみす才能を消耗しているのだ。

自分のクラブのトップチームにほんのわずかしか入れるつもりがないのであれば、最初から採用しなければ良いのである。

せっかく高校時代に高円宮杯まで行っても、結局大学進学で大学サッカー部に入らず、フットサルとか、サークルとかでお茶を濁し、自分のなさけない状況からそのストレスのために喫煙者の道を突っ走り、それで終わりというもったいないサッカー選手がいかに多いことか。

私はこの10数年で大半の選手がそうなるのを見てきた。

この問題は、そろそろサッカー協会が抜本的に対処しなければならない大問題と思う。

クラブユースに入れるときに、「一生タバコはすいません」とか、「ヤクザや裏組織には入りません」とか、「パチンコはしません」とか明文化させ、そういうふうな誓約書を作りサインさせる。子供の頃からそういうたがをはめなければいけないのである。


さて、だいぶ話が横道に逸れたが、ついにあの東福岡全盛の福岡でも
アイラブジャパン:甲子園応援歌vs高校サッカー応援歌

【応援合戦】 [東福岡 vs 九国大付] サッカー決勝2016
万年準優勝の九州国際大付属が下克上を達成したらしい。以下のものである。

どういうわけか、ペナルティーエリア内の間接フリーキック。最後の1分。

まさにワンプレーである。

【高校サッカー】 東福岡が決勝戦でロスタイム1点ビハインドでPA内で間接FK!ゴールマウス内に11人! どうなる???



長友佑都の母校。一世風靡した男子校の東福岡もついにここに沈没。

キレキレのチアリーダーのいる九州国際に負けたのである。


はたして千葉はどうか?

千葉は常連の市立船橋に中央学院が非常にいい試合したが、惜しくも下克上はならずだった。
中央学院 vs 市立船橋 第96回(2017年度)高校サッカー選手権千葉大会 準々決勝


こういう中央学院のようなチームが選手権に出るようにならないといけませんナア。


47チームの他に、特別枠を3つほど用意して、こういう中央学院のようなユニークなチームを救ってやるのも一つの手ではないかと思う。甲子園野球の21世紀枠のようなものである。


はたして本戦はどうか?

下克上の時代到来するだろうか?


年末年始を楽しみにしたい。


それにしてもいまの高校生はこんな芝生のグランドで試合できるのだから幸せ者だ。


おまけ:
まあ、オレ個人の意見だが、どうしてこういうことがおきるかというと、プリンスレベルのチームの選手たちは試合数が多すぎるんですな。

日頃からプリンスリーグやらプレミアリーグやらの遠征試合で疲れ切っている。その上にインターハイ、U18高円宮杯、選手権と試合が続く。怪我しない方がおかしい。

試合数を重ねるのは大事にちがいないが、Jのように1週間に1試合のペースならなんとかなるが、本大会では連戦が続く。大事な試合の前に怪我でベンチ入り出来ず応援席から応援団として参加。そんな市立の選手もいた。

だから、大事な大会前に怪我をして、大事な試合に重要な選手が出れず、いつもならなんなく勝利する相手にも苦戦をする。だから、あまり試合数のなかった下位チームの下克上を許す。

いったい何のための大会なのか?

やはりインターハイ、選手権、そんなものだけで良いのではなかろうか?

ところで、我々の時代は試合数が極めて少なかった。1年でせいぜい数試合。早く負ければせいぜい2試合程度である。1年でたった2試合。人生をかけて頑張る他なかった。これもまたそろそろ協会はやり方を変えるべきだろう。


おまけ:
昔の日本は強かった!→究極の下克上!
既に世界基準のフィジカル 中田英寿19歳 vsブラジルU23 アトランタ五輪

【高校サッカー】中田英寿の17歳のプレーを見ろ!!!メンバーも楢崎、松田、田中・・・懐かしい(笑)



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-22 16:53 | サッカー&スポーツ

帰ってきたオーストラリア!?:豪州監督「I shall return!」ケーヒル「I 'll be back!」   

The Arnold Schwarzenegger "I'll Be Back" Supercut


みなさん、こんにちは。

我が日本代表が、ロシアW杯に向けてちゃくちゃくとシミュレーションを重ねるために、

2軍ブラジルに3−1
昔は敵ではなかったベルギーに1−0

世界ランクは出場国で最下位を決めてしまった。

一方、最終予選で日本に負けたオーストラリア。

豪州は最終戦に勝っても日本がサウジに負けたためにロシア行きは潰えたかに見えた。

日本代表ロシア行き決める!:ニューヒーロー誕生。新時代の幕開け!
ジョーク一発:「超絶親日国サウジに負けて、超絶反日国オーストラリアを地獄へ送ってやれ!」
サウジ皇子「日本人サイコー、余は満足じゃ!」:だれも日本代表を責めてはならない!

まあ、最終予選の地獄の2試合、頑張ってチョ。

オーストラリアよ。ロシアで会おう!


幸運をお祈りいたします。グッドラック!


反日オーストラリア政府のある豪州には、天罰が起こったのかネ。


やはり神様はいるのかナ?



いやはや、世も末ですナ。

と、まあ、おれは反日大陸の豪州人は好きではないが、一応、ロシアで会おうとエールは送っておいた。


なんとそのオーストラリア。

プレーオフの第一戦のシリアに勝った。
オーストラリア 2 1 シリア・ W杯 アジアプレーオフ 第2戦


大陸間の第二戦のホンジュラスにトータル3−1で勝ち、ついに本戦出場を決めた。

オーストラリアが4大会連続のW杯出場決定!主将ジェディナックの2発でロシア行き切符をつかむ/ロシアW杯大陸間プレーオフ
a0348309_1053089.png


Honduras vs Australia | Extended Highlights | 2018 World Cup Qualifiers 10/11/2017


ところで、この2チームは動物で例えるとこんな感じとか。

ブラジルW杯出場チームを動物に例えると?:ブラジルはライオン、日本はキリンさん!?

ホンジュラス:ハリネズミ
a0348309_10111846.jpg

…捕らえ方さえ心得ていれば、簡単に駆除できる

オーストラリア:ジャイアントパンダ
a0348309_10122957.jpg

…存在感はあるが強いのか弱いのかよくわからない。どう戦うのか想像がつかない


ジャイアントパンダがハリネズミを撃退したのか?

なんかパンダマークがありさんマークを撃退したようなものか?


また黄色いパンダ軍団がロシアに集結する。

I shall return!  ダグラス・マッカーサー元帥
I will be back!  シュワルツェネッガー

というところだったんでしょうナア。

いずれにせよ、オーストラリアはあなどれない。



いやはや、またオーストラリアが日本の鬼門になりそうで怖い。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-16 10:20 | サッカー&スポーツ

アッディーオイターリア!:痛リア、あのイタリアが2つの戦いで負ける!?   

みなさん、こんにちは。

世界のサッカーの強豪といえば、
ドイツのコンチネンタルサッカー、
イタリアのカテナチオ、
ブラジルの個人技、
スペインの支配サッカーだろう。
それにメッシのアルゼンチンとロナウドのポルトガル。

そのサッカーの歴史を作ってきたイタリアが60年ぶりでW杯予選落ち。

ぜったいこのイタリアの方が日本や韓国や豪州やNZより強いでしょ。

アジア枠は2ぐらいで良いんじゃなかろうか?アジア枠が4.5もあるのは問題ではないか?

私個人の意見では、W杯は五輪ではない。だから、完全実力主義で行くべきであって、世界ランク上位32チームが出場というふうに変えたほうが良いと思う。世界ランク44位の日本は当然出場するレベルに達していない。

そうしないと、サッカーの質が下がる。

さて、このイタリアの敗戦の試合が以下のものである。
【ハイライト】スウェーデン×イタリア「W杯予選 プレーオフ 1st leg」
a0348309_9171368.png



【ハイライト】イタリア×スウェーデン「W杯予選 プレーオフ 2nd leg」


この試合を見る限り、どっちがイタリアでどっちがスウェーデンかまったくわからない。このスウェーデンはカテナチオ(錠前)を締め、徹底的にディフェンシブに戦っている。

一方のイタリアは最近のスペインサッカーの洗礼を受けてボール支配率を上げ、パス回しでビルドアップするスタイルに変革中である。しかし逆にそれが欠点になり、決定力が下がる。

ちょうど我が国の日本代表と同じ状態である。


これを見たブラジル人が言った。

「創造性(=イマジネーション)がねえ!」

要するに、はっとするプレーがない。面白くない。

ちょうど日本の乾選手が、滋賀の野洲高校時代は相手をおちょくるようなセクシーサッカーをやり、スペインの自チームエイバルでも結構面白いプレーをするのに、日本代表になるとまったく平凡の凡才プレーに明け暮れる。これに似ている。

セクシーさが足りないのである。

サッカーは唯一頭を使うスポーツである。

サッカーの醍醐味はヘディングシュートである。

華麗なセンタリングからヘディングシュートで叩きつける。これがもっともセクシーなサッカーである。

U17W杯の決勝戦のイングランドのヘディングシュートのようなものである。


話は変わるが、今回のイタリア代表には黒人選手がいない。前はいた。

面白いことに、黒人選手は、その選手がどの国で育ったかによりかなり性格が変わるように見える。

アメリカで育つとアメリカ人化し巨大化する。
イギリスで育つとイギリス人化し紳士的になる。
ドイツで育つとドイツ人化し規律が生まれる。
イタリアで育つとイタリアン人化し手に負えなくなる。
日本で育つと日本人化し礼儀正しくなる。


実に不思議である。

だから、バロテッリは悪童そのものになってしまった。

その点朝鮮人はどこへいっても朝鮮人である。天然のへそ曲がり。


ところで、ついでにもう一つ。サッカーの話ではないが、イタリアと日本で戦った地層の名付け親の戦。

日本が勝ったらしい。

チバニアン

という新しい地層の名前がつくことになったとか。

地球史に「12万年前=千葉時代(チバニアン)」、とんでもない名前が国際地質年代審査で認定されるwww
a0348309_9343084.jpg


チバ二アンvsイオニアン


たぶん、欧米人にとっては「チバガイギー」という欧州大手製薬メーカーがあるから、イオニアよりもチバの方が金がありそうに聞こえたんちゃうか?


いずれにせよ、イタリアの敗退決定!

アッディーオ、イタリア!


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-14 09:38 | サッカー&スポーツ

2017年高校サッカー選手権県予選決勝、徳島市立vs徳島北:1−0で徳北が初優勝!   

みなさん、こんにちは。

今日は2017年高校サッカー選手権徳島県予選の決勝戦を見に行っていたのだが、一昨年と同じカード。昨年は市立6ー1鳴門。

徳島市立vs徳島北の対戦。
a0348309_20535825.jpg


昨年の覇者徳島市立は優勝候補。夏のインターハイも同一カードで市立が1−0で勝った。

ところが、ついに徳島北は歴史を変えた。

結果は、後半最後の5分頃に右コーナーキックから得点。

1−0

で逃げ切った。


おもえば、私が阿南高専のコーチをしていた2005年頃。この徳北のグランドには何度も行ったし、息子たちが富西、富東のサッカー部だった2008年〜2010年頃も徳北のグランドにはよく行ったものだ。

2005年頃は、徳北の監督は昔の先生で、ツートップにあてて落とし、あてて落とし、それを左右のウィングに送り、センタリングしてシュートという攻撃を繰り返していた。

この頃は、徳島北はT1からT2を行ったり来たりだった。

その後、今の監督になり、大分攻撃のパターンがJユース的に変わってきた。中盤を細かく繋いで左右から展開。臨機応変に突破を計るという攻撃である。

この時代、一気にレベルアップし、T1上位から四国プリンスリーグへ昇格した。

そして、ベストフォーの常連からここ2〜3年は決勝の常連となった。

そういうわけで、今年のインターハイの決勝も市立ー徳島北となったが、この時は市立が1−0で振り切った。
高校総体サッカー県予選決勝、市立vs徳島北:1−0で市立がしぶとく優勝!4連覇達成!



しかし今回は似たような展開で、まったく逆のパターンになった。

前半の最初と後半は徳島北が優位にすすめ、慌てる市立が防戦一方でなんとか0−0で切り抜けた。

後半は逆に市立が本来の力を取り戻し、徐々にペースを掴んで反撃。そして再三再四のチャンスを作ったが、ものに出来なかった。
a0348309_20542014.jpg


そして後半最後の5分の攻防で、市立が2回の決定機を作ったが6番の選手が豪快にシュートしたが、GKが好セーブ。

この直後の徳北の攻撃で右コーナーをもらう。それで中央混戦の中からヘッドで流し込む。

ついに1−0。

均衡がくずれた。

最後の最後に市立のパワープレーがあったが、なんとかそれをしのいでついに初優勝を決めた。
a0348309_20563159.jpg



おめでとう!徳島北高。

ちなみに、徳島市立も徳島北も徳島市内の公立の進学校である。



頑張れ、徳北!


おまけ:
[過去の全国選手権予選決勝]
16年:徳島市立高 6-1 鳴門高
15年:徳島市立高 0-1 鳴門高
14年:徳島市立高 2-1(延長)徳島北高
13年:鳴門高 0-1 徳島市立高
12年:徳島商高 2-3 鳴門高
11年:徳島市立高 2-1 徳島商高
10年:徳島商高 6-2 富岡東高
09年:徳島商高 3-1 徳島市立高

<過去の全国選手権成績>
[過去の全国選手権出場校]
39回=徳島商高
16回=徳島市立高
05回=富岡西高()
03回=鳴門高
01回=川島高

[全国選手権主な成績]
4強=徳島商高(96年度)

[過去13年の全国選手権成績]
16年:徳島市立高(2回戦敗退)
15年:鳴門高(2回戦敗退)
14年:徳島市立高(初戦敗退)武田時代
13年:徳島市立高(2回戦敗退)酒巻時代
12年:鳴門高(初戦敗退)
11年:徳島市立高(2回戦敗退)
10年:徳島商高(初戦敗退)長尾時代
09年:徳島商高(初戦敗退)
08年:徳島商高(2回戦敗退)塩谷弟時代
07年:徳島商高(初戦敗退)
06年:鳴門高(初戦敗退)橋井時代
05年:徳島商高(3回戦敗退)塩谷司時代
04年:徳島商高(初戦敗退)


e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-12 21:00 | サッカー&スポーツ

サッカー協会はスタメンの背番号は1〜11にすべし!:ポジション名vs選手ブランド名!?   

みなさん、こんにちは。

かつて私が甲府南中学のサッカー部に中2後半で崩壊した野球部から転入し、中3になった一番最初にレギュラーとなった時、当時の1973年頃の山梨のサッカー部では、試合前日に教室に集合し、そこでレギュラーから順番に監督からクリーニングされてビニールの中に封じ込められた試合用ユニフォームを手渡された。

背番号1ゴールキーパー内藤
背番号2サイドバック〇〇
背番号3センターバック樋口
      。
背番号7センターハーフ橘田
      。
背番号9インナー井口
背番号10インナー小野間
背番号11ウィング横山
補欠背番号12〇〇

ほとんどの選手の名を忘れてしまったが、こんな感じだったと思う。

試合の前の夜、その試合用ユニフォームを枕元において、試合をシミュレートして寝付けない夜を過ごしたものだが、いつしか熟睡していた。

とまあ、こんな感じだった。

あれから40数年。


いまでは、サッカーもプロ野球の悪影響を受けて背番号の数と選手名をリンクされる形に変わってしまった。

サッカーで背番号51とか、普通はありえない。

それはJリーグのプロトップ選手たちならいざしらず、その下のJユースを始め、いまでは高校サッカーですら、小中サッカーですら同じようなことをする悪しき時代となった。

サッカーの背番号はポジションを意味している。

むろん、野球でも他の集団スポーツでも背番号は普通その選手のポジションを表している。

野球の場合は、いうまでもなく、ピッチャーは1番、キャッチャーは2番、ファーストは3番、セカンドは4番、サードは5番、ショートは6番、レフトは7番、センターは8番、ライトは9番となる。

だから、背番号を名前で付けるようになると、試合中にその選手のポジションがわからなくなる。

相手を撹乱するにはそれなりの効果があるのかもしれないが、やはりサッカーというスポーツの性格上、甲子園野球のように、
先発選手は一桁の背番号つけるべきである。


とまあ、私はかねがねそう考えているわけだ。


しかしながら、いまではおおよそこんな感じの背番号になる。

乾貴士は10番苦手?「シンジのものだと思ってる」

a0348309_921541.png

 欧州遠征中の日本代表が7日、合宿地のフランス・リールで3日目の練習を行った。

 この活動、2試合でつける背番号が発表され、象徴である10番は、香川不在でFW乾貴士(29=エイバル)が背負うことになった。

 非公開練習後、取材対応した乾は、10番について聞かれると「別に何も気にはしないですけど、自分のものではないので。シンジ(香川)が今までつけてきてシンジのものだと思っているので」とした。

 過去にも香川がけがで離脱した際に10番をつけたことがあるが「むしろ10番は嫌です。(今までも)つけたことありますけど(試合に)出たことがないので。10番をつけると出られないというのがあるので、つけたくないですね」と笑わせた。

 日本は10日にブラジルとリールで、14日にベルギーとベルギーのブリュージュで対戦する。


どうして10番は香川のものなんだよ、乾?

10番はそのポジションの名前であって、香川のブランドではない。

つまり、もし代表枠が23人だとすれば、代表チームの背番号は

1〜23

しかないのだ。

欧州のトップリーグはちゃんとそういう鉄則にしたがっているが、我が国のJリーグは無視している。だからこんな対戦が組まれた。昨年のクラブワールドカップ決勝である。
レアルマドリードvs鹿嶋アントラーズ
a0348309_965620.jpg


遠藤25
金崎33
小笠原40

なんですか?この番号振りは?

子供たちのクラブで試合すると、そのチームの人数に応じて、たとえば、そのクラブの選手が全員で90人もいたら、1〜90まで番号を与えるなんていうことをやる。
a0348309_9243741.jpg

だから、背番号、番号のつくユニフォームをもらえるという動機が減る。番号に対する敬意や喜びやあこがれが喪失するのである。

私が野球部にいたころ、補欠は真っ白だった。番号なし。無名である。だからなんとしても数字のもらえるような選手になろうとしたものだ。

だから同様にサッカーでも、正しく先発レギュラーだけが「一桁」の背番号を付ける風習、習慣にしていれば、選手たちはなんとかして一桁の選手になろうと努力するようになるわけだ。

柔道や空手でも、弱いやつは白帯、黒帯は有段者。こういう良い意味の差別があるから選手は励むのである。


Jリーグ、および、日本サッカー協会は

レギュラーの背番号は1〜11
補欠は出場枠に合わせて12〜23あるいは12〜19

と規定すべき
である。

そして、それ以外の選手はナンバーをつけてはならないと背番号禁止すべきである。

むろん、ユニフォームは同じものを着ていいが、背番号はなし。こういうものを着る。


翻って、私が最初に試合用ユニフォームをもらった時の嬉しさはなかった。

まさに賞状の授与のような厳かな気分でユニフォームを受け取った。


ざんねんながら、いまのサッカー選手にはこういう心境は訪れない。

なぜなら、そのユニフォームの番号と選手が固定化しているために、四六時中そのユニフォームを所有できるからである。つまり、背番号を買うのである。


今一度、日本のサッカー精神を洗濯いたしたく候。


というわけで、俺は一桁番号制度を推奨したいわけですナ。

まあ、犬の遠吠え程度のものだろう。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-08 09:22 | サッカー&スポーツ

石川遼、お前もか?:石川遼は引退まっしぐら?→フォーム改造の後遺症ですナ!   

みなさん、こんにちは。

さてゴルフで若くして一世風靡した石川遼選手がやばい。このままでは引退一直線だろう。これである。

石川遼4戦連続予選落ちの危機「どうにもならない」
a0348309_14435288.png


<男子ゴルフ:平和PGM選手権>◇第1日◇2日◇沖縄・PGMリゾート(7005ヤード、パー71)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)

 今季国内4戦目の石川遼(26=CASIO)が、5オーバーと出遅れた。

 前半は1バーディー、3ボギー。10、11番で連続バーディーを奪って、一時はイーブンパーにまで戻した。

 だが12番パー4でダブルボギーをたたくと、15番パー4では痛恨のトリプルボギー。

 第1日は4バーディー、4ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの内容。ホールアウト時点で87位と、4戦連続で予選落ちの危機に立たされている。

 ホールアウト後、すぐに練習場に向かった石川は「2つOBがありましたけど、OBを怖がっているがゆえにOBを出してしまっている。300ヤードくらいを真っすぐ打てるようでないと、どうにもならない。時間が許す限り、練習をするしかない」と語った。

石川遼大苦戦 前半終了し107選手中104位

<男子ゴルフ:平和PGM選手権>◇第2日◇3日◇PGMリゾート沖縄(7005ヤード、パー71)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)

 今季国内4戦目の石川遼(26=CASIO)は前半を終了し、通算11オーバーで107選手中、104位と大苦戦している。

 5オーバーの87位からスタート。インスタートで出だしの10、11番といきなり連続でダブルボギー。14番でバーディーを奪ったものの、直後の15番から2連続ボギー。18番もボギーで、大きくスコアを落とした。

 石川の後にはアマチュアの2選手がいるだけで、プロに限れば最下位。

 国内4戦連続の予選落ちは確実だが、後半の残り9ホールで意地を見せるしかない。

 7ホールを終了している池田勇太が、通算6アンダーで首位に立っている。

 地元沖縄出身の宮里優作は前半を終了し、3バーディー、ボギーなしで通算1アンダーの19位に浮上した。


天才石川遼選手がどうしてこんなことになってしまったのだろうか?

これは結構興味深いので一応メモしておこう。


(あ)ゴルフ界の「マー君」と「ハンカチ王子」

石川遼選手はティーンエイジャーでアマチュアからプロに転向した早熟の天才型である。

そこへ1年先輩だったか、後輩だったか、あとからプロに掌握してきた松山英樹選手。
a0348309_14495231.jpg


この2人の対比はいまでは、高校野球のハンカチ王子の斎藤佑樹選手と大リーガーとなったマー君と比べられるほどらしい。
プロゴルフ界の「マー君と佑君」松山英樹 石川遼が可哀想になる その凄い「才能」


まあ、雑誌記者は適当なことを書けば金もらえるからそれでいいだろうが、言われる方の身になってみろ。


(い)ある程度予想ができた結果

実は、石川遼選手がこうなることは、私にはある程度予想できたことである。

なぜなら、石川遼選手はかつて我が国のゴルフ界の先達たちが、やってしまったことをそっくりそのまま若くして海外に出て踏襲してしまったからである。

かつてゴルフの先輩たちは、メジャー出場資格を得るまで長年日本国内でプレーし、それからメジャーデビューした。

が、そこで初めて世界の凄さを知った。

ゴルフで会ったり見たり、いっしょにラウンドを回ったりして知ることになったアメリカの選手たちの大きさやパワーの大きさに圧倒されたのである。

その時、こりゃ〜〜だめだ、通用しないと日本に戻って国内ツアーに専念するもの、あるいは、なんとかして国際大会メジャーで一矢報いたいと思い、アメリカツアーに残ったもの、だいたいこの2つに別れた。

この場合の後者の選択を行った先輩たちの大半が、大柄の欧米選手たちのスウィングに対抗するために、そういう打ち方を真似て、

フォームの改造を行った。

ところが、フォーム改造するやいなや絶不調になり、いつしか自分のフォームを忘れ、二度と戻ることはなく、崩れ去り、選手寿命を短くした。

一番初めは、私の知る限りでは、ジャンボ尾崎こと、尾崎将司。
a0348309_1503251.jpg


次が、たぶん中嶋常幸選手。
a0348309_1503533.jpg


その次が、丸山茂樹選手。
a0348309_1511771.jpg


もちろん、他にもたくさん似たように米メジャーに挑戦して崩れ去った選手が山のようにいた。


ジャンボ尾崎の時代は、アメリカのジョニー・ミラー選手がいた。
a0348309_1531666.jpg

私が高校生の頃全盛期で、私もこのミラーの打ち方
a0348309_155586.png
毒を持って独を制すより)

を父親から教え込まれたものだ。

中島選手の時代には、たしかスペインのセベ・バレステロス選手がいた。
a0348309_154346.jpg


丸山選手の時代には、たぶんタイガー・ウッズ選手がいた。
a0348309_1594452.jpg


こういった欧米の選手たちは、体が柔らかく強靭で、大柄でもあり、飛距離がすごかった。

ところが、日本の普通の言い方では「お山の大将」、私のいう「子供横綱」として育った日本のトッププロは、国内では大柄でも、柔道やサッカー選手同様に世界に出れば、それほど大きくはなくなる。

だから、いくら国内では飛ばし屋であったにせよ、欧米の大会では平凡になる。

そこで、ついついフォームを変えればなんとかなる、あるいは筋トレをしたらなんとかなるのではないかと錯覚するわけだ。


錯覚した瞬間にもうその選手は終わり。

これがゴルフである。

ゴルフの特徴はすべてのショットがドライバーからアイアンまで

まったく同じスウィングをする

これが決め手となるスポーツである。さもないと4日間もたない。

いつも平常心でワンパターン。軽く同じスウィングをして、飛ばす。この繰り返しである。


ところが、ひとたびフォーム改造すると、常に自分のもともとのフォーム(子供の頃から培ってきたもの)と急造フォームとの間でコンフリクトが起こり、迷いを生じさせる。

その結果、毎回フォームが異なり、毎度ボールの質や筋道が変化してしまうのである。


ゴルフは野球よりはるかにインパクトが強く速い。野球はサッカーよりずっと速い。サッカーはバスケよりずっと速い。

だから、野球でもあたり損ないはファールになるように、ゴルフでのあたり損ないはギャラリーを死に追いやるほど危険になる。実際、観客でボールが当って死んだものも多い。

そんなスポーツでフォーム改造???

野球でもなかなかフォームは改造しない。

というようなわけで、石川遼選手はこういう禁じ手を若くしてとってしまった。

その結果が今である。

まあ、フォーム改造して強く打とうとした選手は大半が

腰痛

になる。身体に負担がかかるからである。あのジョニー・ミラーも腰痛を悪化させて引退であった。


こんなことはずっと前に俺はメモしておいたんだが。
浅田真央選手引退!:「氷上の天使」の裏に隠されたアスリートのさまざまな問題!?
トランプの「お前は首だ!」:「Mr.サトウ、お前は首だ!」「ハリル、お前は首だ!」


アスリートにとって12歳前に身に着けたフォームを成人して改造することはほぼ自殺に匹敵するのである。それほど危険で難しいのである。

浅田真央選手が結局五輪優勝できなかったのは、佐藤コーチによる甘い囁きのために、フォーム改造したからである。それが引退を早めた。

石川遼もこの同じ轍を踏んだのである。

なぜか?


(う)アマチュアの父さんがコーチ?

どうやら、チーム石川遼のトップには、石川遼選手のお父さんが君臨しているとの噂がある。

トッププロ選手に親父がコーチ?

錦織圭選手の場合は、マイケル・チャンである。

東洋人で最初にツアー優勝した猛者である。

ところが、石川遼選手のコーチは、アマチュア時代を支えてくれた自分の親父さん。

これじゃ〜〜、親離れせず、親は子離れせず。なあなあのどっち付かずになる。

まだ、サッカーの中田英寿の親父の方がましかもあしれない。なぜなら、中田英寿の父親は山梨でゴルフのレッスンプロだったからである。だから、いま中田英寿はプロゴルファーに挑戦しているわけだヨ。

フォームの修正するなら、それなりにその道のトッププロにお願いすべきだろう。

どうやら、最近の石川遼選手は、クラブを持って、なにやら振り回す癖がある。

ゴルフは基本的に一発で決める。最初の一発で撃つ。これである。

4日間は長い。

だから、できるだけ省エネでやる方が有利なのである。

アマチュアのように、打つ前に何回も練習の空振りしてから撃つようではだめなのだ。


石川遼選手まさかのOB


小平選手
a0348309_1549287.png
a0348309_15583284.png

比嘉選手
a0348309_1542982.png
a0348309_15584115.png

石川遼選手の1本めOB
a0348309_15422661.png

a0348309_162184.png


石川選手の2本め
a0348309_15424190.png

a0348309_163710.png

まあ、この映像だけでは分からないが、どうもイン・アウトのスウィングで、右腕のパワーが左腕のパワーを勝り、フックする癖が付いている感じですナ。

他の二人と較べても、背骨が右側に傾いているような気がする。インパクトの際、背骨が右に折れるのである。だからスウィングが背骨を軸としてコマのように回らない。左右にたわむのである。

だから、結局、どうたわむかによりその都度軌道が左右へふらつく。

これはかなり重症ではなかろうか?


もう一度自分の体型にあった昔の子供の時代のスウィングに戻すべきだろうナア。


プロゴルファーの基本は、真っ直ぐ打てるというものである。まっすぐなボールはプロしか打てない。

ド素人はたいていスライス。ちょっとうまくなるとフック。


いずれにせよ、日本人選手は、タイガーウッズの真似をするのではなく、ゲーリー・プレーヤーの真似をすべきだろう。
a0348309_16151939.jpg


刻むゴルフである。


石川遼ももはや廃人。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
小平智が首位キープ 石川遼は5戦連続予選落ちか

<男子ゴルフ:三井住友VISA太平洋マスターズ>◇第2日◇10日◇静岡・太平洋C御殿場C(7246ヤード、パー72)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)

 賞金ランク4位の小平智が前半を終えて1バーディー、1ボギーで回り、通算9アンダーで任成宰(韓国)と並んで首位の座をキープしている。

 1打差で時松隆光、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)が続いた。

 残り4試合となっている賞金王争いをリードしていたチャン・キム(米国)は5アンダーの9位と好位置で第1ラウンドを終えていたが、スタート前に腰痛で棄権。ランク2位の池田勇太、同3位の宮里優作は通算5アンダーとなっている。

 4試合連続予選落ちを喫している石川遼はスコアを1つ落とし、通算5オーバーで予選通過は極めて厳しい状況。尾崎将司は前半をパープレーで折り返した後、腰痛のため棄権した。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-11-03 16:17 | サッカー&スポーツ