カテゴリ:UFO&エイリアン( 12 )   

グリア博士の「ディスクロージャー」ついに邦訳!:エイリアンテクノロジーで次なる維新を起こせるか!?   

みなさん、こんにちは。

昨日はFIFAU17W杯は休養日で、今日からベスト16が始まる。日本の試合は明日。ブラジルは明後日というわけで、まったく違うことをメモしておこう。
FIFA U-17ワールドカップ


先日、ナチュラルスピリットという出版社から1冊本が献本されてきた。これである。
ディスクロージャー ― 軍と政府の証人たちにより暴露された現代史における最大の秘密 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/17
a0348309_922198.jpg

公式にはまだ刊行前であるが、出版日は10月10日になっている。

おそらCSETI日本の代表のグレッグ・サリバンさん
JCETIグレゴリー・サリバンさん、阿南訪問!:昨日はどうもありがとうございました!

JCETI代表 グレゴリー・サリバン
a0348309_8323761.jpg

プロフィール

1977年、ニューヨーク生まれ、2003年から日本に在住。
2007年にアメリカの隠れた聖地アダムス山で宇宙とのコンタクトのスイッチが起動された体験を持つ。2010年にJCETI(日本地球外知的生命体センター)を設立。
日本のこれまでの常識的な「宇宙人・UFO」という概念を書き換える、全く新しい宇宙観を根づかせる市民運動を展開。
その一つがディスクロージャー映画「シリウス」の上映会、そして世界共通のETコンタクトワーク「CE-5コンタクト」を全国的にリードしている。
一人ひとりが宇宙意識とつながり、地球でも宇宙的ライフスタイルが実現できると伝えている。
からの誕生日プレゼントだったのだろうと思う。

そうでなければ、出版社からのご厚意だったのだろう。いずれにせよ、

Thank you very much for sending me a nice book as a present for my 60th birthday!


さて、すでに幾つか読んでみたが実に興味深い。

まずこの本の内容は、かつて拙ブログ1でも何度も取り上げた、スティーブン・グリア医学博士の「宇宙人・UFOディスクロージャー・プロジェクト」の証言記録集である。
グリア・シリウス暴露( 12 )
「UFO暴露プロジェクト2010」いま開催中:世界中のインサイダーがUFOを暴露!!
日本初公開「さあ、これが空飛ぶ円盤の作り方だ!」:フラックスライナーエンジン

Steven Greer - Disclosure Project 2001 - Aliens Secret Technology


OVNI : The Disclosure Project (VOSTFR) Version Complète


こうした数千人の元軍人や高官のUFOおよび宇宙人情報を基に、その中で最も信憑性の高い400人から詳細を文字起こしし、その中でも最も代表的な100人の証言を厳選して文字起こしして本にしたのが、この本であるという。

したがって、文章は証人とインタビューアーとしてのグリア博士との対話形式で成り立つ。

というわけで、証人たちの証言は、その人の職場の専門に応じて、いくつかの分野に分かれている。五部に分かれる。
ディスクロージャー
第一部 全体像
第二部 レーダー/パイロットの事例
第三部 SAC(戦略空軍)/NUKE(核兵器)
第四部 政府部内者/NASA/深部の事情通
第五部 技術/科学


というわけで、この本はどこから読んでもOKである。

そこで、私は科学技術部門を見たら、あのコーソ大佐およびその息子のコーソ氏の証言があった。さらには、私と保江邦夫博士の対談集の中で論じられたあのパソフ博士(H. Puthoff、ピュートフが原音に近い発音らしい)の証言もあった。この人である。
最近の反重力研究:物理学とは「未知の自然現象を解明しようとする学問」のこと
a0348309_9463897.png

Hidden Energy - Dr. Hal Puthoff
Dr. Harold Puthoff on Remote Viewing



このハロルド(ハル)・ピュートフ博士は、あのMKウルトラ計画の時代、スタンフォード大とロスアラモス研究所で、テレパシー実験をしていた人である。

ところで、米西海岸のスタンフォード大学やニューメキシコのロスアラモス研究所や東海岸のMITは軍事研究の専門大学である。MITはその創立から米国の国防科学技術育成のための工業大学として誕生したのだ。

いったいどれほどの日本人研究者がそこへ留学して高度科学の最先端の知識を身に着けて帰ったり、米国の研究に協力したはかしらないが、自分は日本国の税金から留学資金を得て、米軍事研究所に留学させてもらっておきながら、帰国後は、物理学会や学術会議のように、
一切国からの軍事研究への協力は致しません
とか言っているとすれば、売国奴もはなはだしい。それどころか、詐欺師であろう。世間知らずにも程がある。
もし一切軍事研究に協力したくないのであれば、物理学会や学術会議はアメリカの有名大学への留学を禁止すべきだろう。


ちょっと話がそれたが、このピュートフ博士は電磁気と熱力学は本来別個のものであること、熱力学をそのまま電磁現象に応用していけないことなどを厳密に証明している。

ちなみに、量子力学から熱力学の原理を証明したとかアホ抜かすバカな物理学者が最近幅を利かせているらしいが、全部ウソにすぎない。時間の無駄。もう何十年も前に量子系と熱力原理は別物だとわかっているのである。量子系は真空の性質=エーテルの性質の問題であって、原子分子運動の問題の熱力学とは次元が違うのである。あくまでアナロジーが効くのは、真空揺らぎ=エーテル揺らぎと熱揺らぎが確率論的に似た数学を使えるからというに過ぎない。まあ論文にするまでもないから論文にしていないがネ。

一方、コーソ大佐の話がやはり面白い。
コーソ大佐
a0348309_104069.jpg
とは、むかしブログ1でコウソ大佐と書いた人である。
矢追純一氏の「宇宙人は本当に実在する」


このコーソ大佐の息子の証言も非常に興味深いものだった。


さて、いずれにせよ、コーソ大佐はロズウェル事件が実在であり、その物的証拠を持ち、その時のUFOはエドワード空軍基地(この地名はコーソ大佐が死の直前に息子にだけ教えた。だからそれまでは誰にも話さなかったらしい)の地下室に今も保管されていると証言した。

その物的証拠の3点をアメリカのベル研究所の研究者に話し、戦後の半導体文明を生み出すきっかけにしたのである。上にもメモしたように、このベル研究所はあれほどノーベル物理学賞を出した歴史的な研究所であったにも関わらず、閉鎖されたのである。
2009年ノーベル物理学賞は「エイリアン・テクノロジー」へ(ノーベル賞委員会は西澤潤一先生の貢献を無視したよナ

コウソ大佐によれば、
「ステルス戦闘機」、
「光ファイバー」、
「集積回路」、
「形状記憶合金」、
「超強力繊維」、
「暗視カメラ(CCDカメラ)」、
「脳波コントローラー」
など(古くはトランジスターや半導体素子やレーザーや発光ダイオード)は、ロズウェル事件で墜落した、ステルス戦闘機型UFOの破損したUFOやその部品を回収する中から得られたという。そして、コウソ大佐は、その当時の上司であるプルードー将軍から「それらを軍で研究し、同時に一部は民間企業に送る」ように命令された。そこで、「”出所を絶対に秘密にする条件で”IBMやベル研究所
a0348309_1085499.gif

などの民間企業に送って研究させた。彼らがそれで特許を取ったものも多い。日本の企業などにも情報を流した」と証言したのである。

この部分がいわゆる表の神話になっている話だが、コーソ大佐はこれはちょっと違うという。

実際には現物は外部のだれにも見せなかったと。しかし、どんなものかの説明はして、そういう情報をヒントにベル研究所の研究者たちが挑戦したのである。

なぜか?

というと、将来の宇宙戦争が間近だからその迎撃するための技術開発のためであるという。

つまり、レーガン大統領のSDI計画とは、宇宙戦争のことだったと。

また、コーソ博士およびその息子の証言の中に科学技術としてめぼしいものはいかの発明がすでになされたというものだ。
(あ)小型のフットーボール大の原子炉発電機
(い)電圧制御で透明化する金属板



いずれにせよ、当時は米ソ冷戦時代。ロズウェルのテクノロジーはソ連も知りたがってスパイを送り込んできた。だから、だれにも話せない状態だったのだという。


とまあ、こんなふうな話が満載の本であった。

むろん「真実を知られるとまずいから嘘をつく対偶は、真実を言っても嘘とみなされるから問題ない」ということである。つまり、「信じる信じないはあなたのオツム次第」というわけである。

いずれにせよ、コーソ博士も言っているように、今の地球人には真実を話してもパニックを起こすだけ。まだ時期尚早。これが大方の見方らしい。

どうやら、かつて江戸時代に日本人にとってのエイリアンである欧米白人種が到来したとき、インド支那朝鮮では民衆がパニクったが、唯一日本人だけが好奇心で迎えて、パニックにならなかったという。それが元になり、欧米科学技術をリバースエンジニアリングして、明治維新を起こしたのである。

だから、今度も宇宙開国の時代では、日本人だけがエイリアン文明に対してパニックを起こさずに受け入れて次の時代に進むことができるのではないかと考えられているわけである。


その昔の地球では、大きな民族は特有の神様を頂いていた。シュメールでも都市国家ごとにウツとか、ムトゥとか、エンリルとか、エンキとか、それぞれの神様を頂いた。エジプト然り。

今では、その神様がニビルから来た神々、すなわち宇宙人ではなかったかと考えられるようになった。

なんとなくこれに似て、今現在でも似たような状況があるようだ。

アメリカ政府は、トールホワイトというエイリアンを頂いている。
ロシア政府は、ノルディックというエイリアンを頂いている。
シナ政府は、また別のグレイエイリアンを頂いているという。

そんな決定的証拠がこれだ。
ホワイトハウスの屋上のエイリアン→トールホワイトか?

a0348309_10291558.png

a0348309_10292072.png

a0348309_10292487.png


我が国にはまだ親日エイリアンはいないようだ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-10-16 10:39 | UFO&エイリアン

ついにきた「ブルーブック計画」の「24000年後の未来人との対話」がリークされた!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、再びあまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。

国内の朝鮮人問題も緊急になってきたし、海の向こうの南北朝鮮人も害悪の存在になってきたし、いまや正真正銘の第三次世界大戦、全面核戦争をおっぱじめる寸前になってきた。

世界破滅時計は、おそらくあと50秒くらいにはなっているのではなかろうか?

そんな最中、ここにもっともふさわしい怪しい話が登場。一応ここにもメモしておこう。以下のものである。

2017年08月09日 17:21
エリア51で撮影された「宇宙人インタビュー映像」が流出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


なんと、1964年にエリア51で撮影されたとされる「エイリアンのインタビュー映像」が公開されたとの情報が舞い込んできた!
 あまりにも鮮明な映像に、現在ネット上では、その真偽を巡って大きな論争が巻き起こっている。

 問題の映像は、YouTubeチャンネル「MeniThings」が公開。
述べ4分36秒にわたるエイリアンとのインタビューではまず、アメリカ空軍が1969年まで取り組んでいた極秘調査、
コードネーム「プロジェクト・ブルーブック」の報告書らしきものが映し出され、続いて、真っ暗な部屋で白いエイリアンが1人、
インタビューに応じている様子が極めて鮮明におさめられているのだ!

 このエイリアン、声はしゃがれていて大変聞き取り辛いが、字幕を見てみると、どうやら英語で会話している様子。
まばたきや口の動きもしっかりと確認できる。一体、彼は何を語っているのか? 気になる発言内容をまとめておこう。

・地球外生命体ではなく、未来からやって来た人間の進化的子孫。
・この時代の地球には人類を観察するために来た。
・21世紀、宗教的・政治的対立による核戦争で人類の大半が死滅する。
・宇宙と生命の誕生の秘密を知っている。
・無数の宇宙があるが、我々の宇宙には偶然にも生命が誕生した。
・死は人間的な構築物であり、実在しない。
・生の毎瞬間に我々は死んでいる。


その動画がこれ。
Alien Interview | Secrets of Universe Revealed | Project Blue Book
a0348309_2043430.jpg



 
以下、米国科学者を米、グレイをグとする。

米)よし、記録しよう。
米)住んでいる元の惑星は?
グ)地球だ。
米)よろしい。では、昨日君は旅行したと言っていたが。
引用すれば、「ここに来るのに何千光年もかかった」と言っていたが。
グ)そうだ。
米)本当のことを言え。
グ)それは本当だ。
米)私は地球から来たのだ。お前の未来からだ。時間旅行は宇宙旅行をすることだ。空間の不一致を埋め合わすのだ。
米)つまり、エイリアンが我々の未来の地球を乗っ取ったんだな。
グ)そうではない。
米)君は人間なのか?
グ)発達した子孫だ。
米)つまり、君は我々から進化したんだな?
グ)そうだ。
米)なら、君はいまここで何をしているんだ?
グ)観察している。証拠が破壊されたからだ。
米)どのようにして?
グ)核戦争だ。わずかの人間が生き延びた。我々の祖先だ。
米)よろしい。よし。あなたの時代に集中しようじゃないか?
グ)お前が理解できるものではない。我々の時代の発見を受け入れられるはずもない。。。
米)試してみようじゃないか。
グ)宇宙の起源だ。あるいは生命の本質だ。知られている。
米)つまり、君は生命の意味を知っているのか?
グ)意味ではない。本質だ。
米)何が違うんだ?
グ)意味とは説明されるものだ。本質とは対象の現実だ。
米)つまり、君はこの宇宙がどのようにしてできたか知っているのか?
グ)そうだ。
米)つまり、神を見たのか?
グ)我々は偶像崇拝の必要を過ぎて進化した。神や他の神話の必要だ。
米)よし、もっと分かるように説明しろ。もし死んだらどうなる?
グ)死は人間の一部だ。死は存在しない。
グ)お前は、いわゆる生命の実例を経験する、または経験した。
お前、私、彼、我々は同じ生命の実例だ。お前が死と呼ぶもので分かれる。
米)よし、これをもっと直接的にはっきりしたい。
死は存在しないんだな。
我々はみなお互いの生を経験する。正しいか?
グ)そうだ。
米)よし、この宇宙はどうやってできたのか?
なぜこの宇宙は我々にとって完璧にできているのか?
グ)無限個の宇宙がある。それぞれに異なる物理的性質がある。仮想的に大半のものは生命を持たない。
お前が知るようにな。
我々は、いわゆる生命を持つ1つの宇宙に存在する。それだけだ。
米)よし話を変えよう。なぜ我々は核戦争で滅亡するんだ?
グ)ドグマだ。
米)よし、もっとはっきり言ってくれ。
グ)政治的宗教的ドグマだ。それがお前の種族のあらゆる最大の対立の根本なのだ。
お前の次の世紀で、ドグマにより支配された国々により、大量破壊兵器が使用されるのだ。
それがお前の種族を全滅させるだろう。
米)よし、最後の質問だ。
君の倫理はどうなんだ?君はどんな倫理の上に立っている?
グ)哀れみ。証拠だ。
米)わかった。終わりにしよう。ありがとう。
グ)どういたしまして。


まあ、いまのようにハリウッドやらで四六時中、科学的架空話(Scientific Fictions=SF)を映画配信して儲けて久しい時代になると、もはや昔の本物の映像でも、なんとなくうさん臭く見える。

だから、

見破られると困るから嘘をつく
の対偶は
本当のことを言っても見破られないから困らない
というものであり、両者は等価である。

というように、今では昔のリアル映像を正々堂々と公開してもだれもそれが本当のものとは見ないのである。


さて、実はこの映像に関して、もしこの映像のグレイタイプのエイリアンが、
宇宙のプレアデスから来た
とか、
ゼータ星から来た
とか言ったとすれば、私はこれはフェイク映像だと思っただろう。

しかしながら、このグレイは、
自分は未来の地球から来た
と言った。

このことからむしろこれは本物映像である可能性が高いと私は思う。


なぜなら、実はグレイタイプのエイリアンで、地球の未来から来たと言っているものはかつて極秘事項とされ、長いことタブーとされたことだからである。

したがって、グレイタイプはプレアデスとか、ゼータチクルスとか、別銀河から来たエイリアンというふうなアレンジをして流布されたのである。


今回のグレイにみえる地球人の話は、拙ブログ(ブログ1)では2010年にはすでにメモしたものである。これである。
ダン・ブリッシュ博士
a0348309_20273149.jpg

・2010-03-16 16:29「ダン・ブリッシュ」インタビュー:我々は未来を見ることが出来る!

それは、ロズウェルのUFOは円盤型ではなかったこと、地球人がエイリアンだと思ったヒューマノイド型生物が語ったことなどから、そのUFOは未来の地球から訪れたタイムマシンであったという。そしてそのエイリアンこそ実は24000年後の地球から来た未来の地球人(アジア人型のグレイ)と52000年後の地球から来た未来の地球人(欧州人型のグレイ)だったという。

・2010-03-20 10:58 「未来を見る科学研究」の最前線:その名も「ルッキング・グラス」
・2011-04-01 15:42 「2012年にタイムラインの大変化があり得る」:ダン・ブリッシュ博士の未来予測
・2012-09-07 09:53「エイリアンは地獄から来る」:最近のUFO&エイリアン情報の集大成版発見!?

・2012-08-19 11:45新人類とは何か?:2012年後の世界?

第1のタイムラインは、核戦争後の地上に生き延びたグレイのような人類と地下に潜った西洋人。2万4千年後の世界である。その後、地下に留まった西洋人種も4万5千年後にはレプティリアン型のグレイに進化する。

第2のタイムラインは、地球は天変地異か核戦争のために生物が住めなくなり、月や火星の宇宙基地に待避していた西洋人種だけが生き延び、その後太陽系やその外に広がり、オリオン種族という金髪碧眼種へと進化する。5万2千年後のことだという。

問題は、第1のタイムラインから第2のタイムラインへの移行確率が非常に高まっているということである。ところが、その後のインサイダーBill Woodによれば、
A Happy New Disclosure !:「ルッキンググラスの秘密」から「UFO暴露の時代」まで!
それから何度もルッキンググラスで研究してみたが、結局タイムライン2だけの確率がほとんどだというのである。

要するに、我々アジア人や有色系はアセンションで死に絶え、ワープテクノロジーで月や火星にジャンプしている西洋人だけが生き残るということのようである。ちなみに、この西洋人はNWOではない。もっと上のMJ12の人々のようである。例えば、ウィングメーカーに出て来る、ACIOの連中のような最先端の科学技術を持つ人々ということになる。

・2012-01-20 20:05A Happy New Disclosure !:「ルッキンググラスの秘密」から「UFO暴露の時代」まで!


これは2010年にキャメロット・インタビューでダン・ブリッシュ博士(Dr. Dan Burisch)が暴露した内容である。


つまり、今回の最初のリーク映像のグレイ型生命体は、ロズウェルやアズテックなどで墜落したUFOから出て来た生物で、24000年後の地球から来た、未来の地球人類、すなわち、地球のアジア人の子孫である。

通称、「P-24s」と暗号で呼ばれたグレイエイリアン型の地球人類である。これは手足の指の数が我々と同じ5本である。

これに対して、もう1つのロズウェル映像として有名な「解剖されるグレイエイリアン」の方は、地球人の西洋白人種の末裔であり、45000年後の地球から来た地球人である。

通称、「P-45s」という暗号で呼ばれたグレイエイリアン型の地球人類である。このタイプには手足の指の数が6本である。

これがタイムライン1の未来宇宙からの訪問者である。


これに対して、タイムライン2の未来宇宙からの訪問者があり、これがいわゆるプレアデス人と呼ばれるエイリアンであり、地球の西洋白人種と体系や顔かたちがそっくりな姿のエイリアンである。

これが通称「p52」と呼ばれた52000年後の未来の地球からの訪問者である。

このタイムライン2では、地球は全面核戦争と行い、地球上の人類は死滅するが、すでに月や火星などの地球外に逃亡避難していた西洋人の子孫が生き残るというシナリオである。


つまり、ダン・ブリッシュがルッキンググラス・テクノロジーでみた未来の地球は、

タイムライン1:核戦争は起こすが人類の一部が生き残り、地球上でアジア人も西洋人もともにグレイ化する。
タイムライン2:全面核戦争を起こし、地球は生物の住める場所ではなくなり、一部宇宙空間に逃げた西洋人だけが生き残る。

とまあ、そういう地球の未来だったわけである。


この恐るべき話は、「ファティマ第3預言」とことごとく符合するために、そればかりか、その後の地球人類の未来も分かったために、長らく極秘扱いされたのである。


今回のエイリアン映像でエイリアンが語った内容が、まさにこれだったわけだ。

すなわち、そのグレイに見える生物は、我々地球人の未来人であり、アジア人の子孫であるということになる。


一方の「P-45」はこれである。

ロズウェルの円盤墜落事件は事実だった!:FBIが証拠を暴露した!?
ロズウェルの宇宙人死体:未来地球人のものか?
a0348309_20535771.jpg

(YouTube映像はすでに削除されてる)


要するに、アズテックやロズウェルのグレイエイリアンというのは、実はタイムマシンで戻って来た我々の子孫だった。UFOや円盤だと思ったものは、タイムマシンだった。

彼らは、時空の変化を察知し、自分たちの世界が消滅するのを恐れ、タイムマシンで自分がいるタイムラインをそれぞれに防衛しようと、現在の地球に降り立った。

それがかの1947年のロズウェル事件のころだった。

まあ、中には外宇宙からきた立派なエイリアンもいただろうが、米軍のエリア51で働いたグレイはみなこういう未来人だった。


これが真相だと、ダンブリッシュは言っていたわけですナ。

まあ、いくらそれが真実でも人がそれを信じられなければ、結局は嘘をついたことに等しいからだれも信じない。


まあ、裏NASAやCIAのだれかが、金正恩とトランプのせいで地球が全面核戦争になりそうだ、ということを恐れて、えらいこっちゃ、そういえば昔見たエイリアンそっくりの未来人が、そんなことを預言していたよなってな感じで、急ぎリークしたのではなかろうか?


というわけで、今回の映像は100%真実である可能性が高いと俺は思う。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-08-09 21:04 | UFO&エイリアン

米トント国立公園に人食いエイリアンが基地を建設中!?:いや〜〜危険きわまりないナ!   


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは興味深い。久しぶりにここに相応しい最高に怪しい話が登場。以下のものである。

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?
a0348309_17185951.jpg


人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。

アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。

エイリアンやUFOに関する機密文書、公式文書を収集・公開しているウェブサイト『ブラック・ヴォールト(黒の保管庫)』の創設者ジョン・グリーンウォルド氏が発見した。

ニューメキシコ州アルバカーキにある南西部地域事務所の記録によれば、2013年12月30日に「アリゾナ州フェニックス近郊のトント国立森林公園で、エイリアンが基地建設している」と、目撃者から事務所に奇妙な通報があったという。詳細な目撃証言が記録された。

すぐに詳細な内容が森林レンジャーにメールで一斉送信された。内容はこうだ。

《デビッドが今朝、男性から電話を受けた。ソルト・リバー・キャニオンからピナル・クリークああたりにエイリアンの秘密基地が建設中だという電話だった。通報者は建設用クレーン、小型ステルス機、UFOを見た。そしてエイリアンと人間が一緒に作業しているところも。さらにエイリアンが人間を食べていると。切断された頭部や死体の写真を撮ったそうだ。通報者は60代男性でドラッグはやっていないと言っている》

記録には、通報に対してどんな対応をとったかは詳述されていなかった。ただし、メールには《追伸、デビッドも私もドラッグをやっていない》と書いてあったという。

あるUFO研究家は、「UFOビリーバー(信者)にとって常識の説があります。あるエイリアンの種族が地球にやってきて、アメリカ政府と契約を結んだんです。人類を滅亡させないための見返りとして、そのエイリアンに秘密基地を与え、食料として人間を提供するという契約です。一部の人間が犠牲になることで、地球が守られているんです」と指摘する。

トント国立森林公園でエイリアンの基地が報告されたのは、これが初めてではない。

アメリカにある世界最大の民間UFO調査『MUFON(ミューフォン)』の東部地区ディレクターで、元アメリカ空軍情報院役員ジョージ・A・フィラー氏は「スコット・ヘックマンという男性が、やはり森林公園でUFO基地を見たと言っている。たくさんの人間が消えたとも。私の調査でもエイリアンの最大の基地はこの森林公園にある」としている。


今回登場してきた
トント国立公園
ないしは
トント国定公園
というのは私は初耳だった。そこで、どんな場所か調べてみると、こんな場所だった。

トント国定公園
a0348309_17212633.jpg

a0348309_1723149.jpg


近くにテオドア・ルーズベルト大統領の名をつけた湖と都市がある。

そんな場所の近くに人食いエイリアンが秘密の基地を建設中だったというのである。


果たしてこのエイリアンとはどんな連中か?


グレイタイプか、レプティリアンタイプか、あるいは地球人タイプのやつかどれだろうか?

まあ、俺の個人的認識では、グレイは植物のような連中だから人を食ったりはしない。水は飲む。地球人タイプは自分たちの機内食のようなものを持ち運ぶ。だから、地球人を食う理由はない。となると、やはりレプティリアンタイプだろうということになる。

この話に実に似ているのに、こんな話があった。

かつてある国立公園内で家族とキャンプしていたところ、突然家族の目の前に身重3mの巨人のレプティリアンが来た。それで驚いて逃げると、木陰から覗くと、さらに大きなやつが空から現れて、他のレプティリアンに命令しているやつがいたという。その司令官らしきレプティリアンは、なんと巨大な羽と尻尾が生えていたという。一見翼竜のように見えるが、高度の知性を持ったとてつもなく冷酷なやつで、捕まえてきた人間をボリボリ食っていた
というような話である。

ひょっとしてこの国立公園がトント国定公園だったのだろうか?


ところで、エイリアンが地球に基地を作るという話は、私もだいぶ前からメモしてきた話である。
ビル・クーパー「ロズウェル事件の真相」を語る
ウィリアム・クーパー講演パート1:宇宙人&UFO問題の起こり
ウィリアム・クーパー講演パート2:「ロズウェル事件」の真相
ウィリアム・クーパー講演パート3:アイゼンハワーの第三種接近遭遇
ウィリアム・クーパー講演パート4:米政府と宇宙人の密約


このアイゼンハワー時代のエイリアンはいわゆるグレイタイプのエイリアンの一種、
ロングノーズエイリアン
a0348309_184057.png

と親地球人のグレイの二種類だった。地球人に親切だったのが、ゼータレティクルといわれるグレイである。これだ。
a0348309_17542653.jpg


一方、鼻の長いユダヤ鼻のグレイは非常に邪悪でユダヤ人のようなやつだったという。このロングノーズは自分たち地下基地を作りたがった。

この時、ロングノーズが最初に地下基地を作った場所が、
フォーコーナーズ
a0348309_17441549.png
a0348309_17461161.jpg
である。

一方、ゼータグレイは米軍と協力して共同研究を行った。この時、米軍といっしょになって作ったのがエリア51のグレームレイクである。そこで唯一グレイエイリアンといっしょに働いた日本人が鈴木竜成(仮名)であるという。
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:異星人の故郷と異星人と会うには霊性が決めてだ!


スピルバーグの未知との遭遇(第三種接近遭遇)は、アイゼンハワーの実話である。この時に、米軍の秘密組織のいわゆるMJ12が誕生し、そこが表の政治以上に力を得るようになった。こうして、エイリアンテクノロジーを支配するもの=世界支配者の時代へ突入した。リバーステクノロジーである。

ここから地球製UFO=ETVが誕生するわけだ。

ところがそれからしばらくして、いつしかレプティリアンタイプがやってきた。このレプティリアンは人に化け、成りすまし、実に凶暴なのである。人を平気で食う。

こいつに一番似ているのが地球人の中では朝鮮人だ。だから、檀君の父親はどこぞの異次元から来たレプティリアンだったのではないかと疑っているわけですナ。

だれかそういうSF映画作ったら大ヒット間違いなし。シンゴジラより面白いはずだ。ハンベーダーである。


というわけで、今現在では大きくわけて4種類のタイプがそれぞれこの地球上の地下10kmに基地を作っている。海底の地下基地、山岳の地下基地、大陸の地下基地といろいろある。

これにもともとずっと昔から住んでいた地球の爬虫類時代に人型に進化した地球型レプティリアン=かっぱの先祖がいるらしい。地球型には甲羅がある。甲羅があるレプティリアンをみたらメイドイン地球である。

これ以外に別の時空から来たやつがいる。それが、低層4次元というやつで、映画で言えば、プレデターにそっくりのやつらしい。もっとも邪悪で危険な存在である。

ところが最近はもっと変わったやつが来ている。それが光の存在というやつで、光るだけ。こういうのは、この宇宙のコアのかなり霊的次元からの使者らしい。地球人には地球人に分かるように人の形になったりして登場するが、まったくの霊的スピリチュアルな高度知性体というより知性そのものらしい。

まあ、我が地球は進化が遅すぎた。地球で言えば、アフリカのような場所に似ている。だから、一方的に外部からの侵入を避けることはできないのである。

ところで、これまた不思議なことに最近になってFBIとかCIAとか兵器でUFO機密文書を公表するようになった。いちばん有名なのが、ufo1.pdfという文書である。これはこれで検索すればすぐに見つけられフリーでダウンロードできる。ぜひ一見して欲しい。これについてはまたいつか。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-02-18 18:11 | UFO&エイリアン

JCETIグレゴリー・サリバンさん、阿南訪問!:昨日はどうもありがとうございました!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、残念でした。世見の照さん。「幸福のへの近道」の松原照子予言大外れ!。

11月23日には巨大地震は来なかった。ますます偽預言者の典型的なパターンに陥ってきた感じである。何度もすでにメモしてきたように、彼女のは予言でも預言でもなく、霊界やらあちらの方という形をとったある種の心配性でしかない。毎日毎日心配になっていろんなことがおこるんじゃね?ってやっていれば、たまには当たる。

あの2011年の3月11日に関することだけがどういうわけか非常に具体的で詳細に語られ、しかも因果関係もきちんとハマっていたから私も取り上げたのだが、それ以後のものは、曖昧でかつ時系列もあやふやで、未来を預言というのだが、過去を予言してみたりとすでに自己矛盾も激しくなっている。

ちなみに我々がすでに調べて本にしたり、ちょんとした過去の歴史が分かっていてよく知っているものまで、じつはあの世のじっちゃんがこう言っていたといかいって歴史を世見するというのは、新手の歴史捏造や歴史の書き換えでしかない。大変困ったチャンなのである。

というわけで、11月23日は特に地震が来ないと私は思っていたから、昨日はある方が徳島に来るということから、その人とお昼をいっしょに食べることになっていた。

当日の昨日は大分前から雨予想がお天気予報で出ていたのだが、すっかり天気は回復し、日まで照るほど明るくなった。が、我々がいっしょに過ごした時間だけだった。すぐにまた3時間ほどの会食と会談が終わって家に帰ると、途端に天気が天気予報通りの雨になったのである。実に不思議だ。

さて、その昨日会って話した方とは、JCETIのグレゴリー・サリバンさんという若い米人青年である。その筋ではよく知られた有名人で、身長197cmの大男である。米人の中ではそれでもちょっと背が高い程度なのかもしれないが、日本では超人的身長である。以下のものに写真がある。
JCETI代表 グレゴリー・サリバン
a0348309_8323761.jpg

プロフィール

1977年、ニューヨーク生まれ、2003年から日本に在住。
2007年にアメリカの隠れた聖地アダムス山で宇宙とのコンタクトのスイッチが起動された体験を持つ。2010年にJCETI(日本地球外知的生命体センター)を設立。
日本のこれまでの常識的な「宇宙人・UFO」という概念を書き換える、全く新しい宇宙観を根づかせる市民運動を展開。
その一つがディスクロージャー映画「シリウス」の上映会、そして世界共通のETコンタクトワーク「CE-5コンタクト」を全国的にリードしている。
一人ひとりが宇宙意識とつながり、地球でも宇宙的ライフスタイルが実現できると伝えている。

サリバンさんのご著は以下のものがあるようだ。
宇宙意識で生きる地球人のためのスピリチュアルガイド」(KIRASIENNE)
a0348309_853314.jpg


だいじょうぶ!」グレゴリー・サリバン、中野宗次郎共著(ナチュラルスピリット)
a0348309_8535586.jpg


あなたもETとコンタクトできる](ヒカルランド)
a0348309_8505479.jpg


あなたの前に宇宙人が現れます](ヒカルランド)
a0348309_852292.jpg


実は私自身はまだこれらの本を読んではいない。

ちなみに、このJCETIのサリバンさんの師匠はこの方。
スティーブン・グリア博士「この宇宙の現実を語る」:いや〜〜グリア博士頑張っていますナ!
「ザ・シリウス」:スティーブン・グリア博士が語る”真実”とは!?1

The Sirius Documentary
a0348309_962642.png


シリウス 予告編(フルバーション)


さて、最後にいっしょに写真を撮ったのだが、どういうわけか、私は写真写りが悪い。自分の声を録音して聞くと自分が聞いている声と違って聞こえるように、どうも写真に写った自分と日頃自分が鏡で見ている自分と違って見えるというわけだ。奥さんに言わせれば、そんなもんだよということらしいが、というわけで、いっしょの写真はパス。スルーしておこう。

サリバンさん曰く「阿南の淡島海岸の沖合にもたくさんUFOが飛んでいました」とのこと。「私がいつも走っている場所じゃないか?」というわけで、エイリアンには何でもお見通し。さらには、この宇宙のハイアーセルフたちにはすべてお見通しのようである。


JCETIのサリバンさんのご活躍を心から期待しています。ご幸運をお祈りいたします。


おまけ:
シリウス
SIRIUS: from Dr. Steven Greer - Original Full-Length Documentary Film (FREE!)





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-11-24 09:09 | UFO&エイリアン

秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)Vol.12:高野誠鮮「世界のすべてを語る」   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、久々にこれは面白い。

秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)Vol.12 出演:高野誠鮮 三上丈晴 1/6

a0348309_20375577.png


(次々に見ることができる。)


いや〜〜、こういう本物の日本人もいるんですナ。


これを聞いて勉強しよう。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-07-15 20:36 | UFO&エイリアン

サウジアラビアの砂漠にエイリアンUFOが着陸!:中からグレイが登場、がしかし!?   

a0348309_11535129.jpg
謹賀新年:今年は世界史的な年となるか?より


みなさん、こんにちは。

米国大統領選はますます私の当初の予想通り、最初からヒラリー51%vsトランプ49%の投票率でヒラリーに決っているというヤラセ選挙の突っ走っているようですナ。
2016年米大統領選ヒラリーvsトランプ:「最初から51%vs49%で決まり!?」


いまだに世の中がアセンションできたとか、オバマが光の戦士だとか、日ユ同祖とか、BRICS、世界経済崩壊する、なんていっているバカはどうするつもりなんでしょうかナア。

まったく2012年以前の路線から変化なく、むしろその方向への加速度が増してすらいるわけですナ。

トランプ旋風を消し飛ばすために、偽旗作戦でハリウッドの売れ残り芸人を使って凶悪犯罪を演出することで、現民主党政権をアピールする。この偽旗の技も一層芸が細かくなり、ダマスゴミとの連携も取れてきて、2001年911の時よりはるかに迅速になった感じがしますナ。


さて、そんな中、海の中ではUMA「海底原人」こと、マーメードがこれまで以上にその姿を見せるようになってきた。私の印象ではどうやら地中海沿岸に生息域がるように見える。

かたや、エイリアンもいよいよ地球上であからさまに白昼堂々と着陸の準備をしている感じすらする今日このごろである。例えば、これである。
Real UFO With Aliens Caught On Camera From Saudi Arabia | UFO Or Military Vehicle? Alien Sightings
a0348309_11193530.png

a0348309_11194141.png

a0348309_11194522.png


ところで、旧ソ連のKGB時代にすでに地球に潜入している宇宙人の地下基地の場所を見つけて地図にしていたという。それがこれだ。
旧ソ連の諜報機関KGBが作成した「宇宙人の基地を示す世界地図」 ― 宇宙人が潜む地下基地の秘密

■世界中に散らばる宇宙人の地下基地
a0348309_11261018.jpg


旧ソ連の諜報機関KGBが作成した「宇宙人の基地を示す世界地図」が公開された!宇宙人が潜む地下基地の秘密とは!?


これらのエイリアン基地の中で、以下の場所はどうみても、あの「アーデン湾」の海底基地の場所である。
アーデン湾の海底基地か?
a0348309_1129014.png

アーデン湾
a0348309_11315776.jpg

アフガン、イラクの次はイエメンか?:NWOの次の狙いとは?
「アーロン・マッコラム」インタビュー:「開けごまー」シーゲートが開く!!


その地図には残念ながらアメリカ合衆国のものはない。が、情報としては米国内のものも知られているようである。これである。
・米国(NYなど)

 しかし人目を避けた場所ばかりというわけでもなさそうだ。ニューヨークのマンハッタンにも基地があり、ミッドタウン近郊にある廃墟となったエレベーターシャフトを使い地下へ降りると基地トンネルの入り口があるという。

 米カリフォルニアのエドワーズ空軍基地内にもヴァンデンバーグ空軍基地へつながるトンネルがあり、他にも「エリア51」と呼ばれる米軍最高機密基地やユタ州ソルトレイクシティコロラド州デンバーテキサス州ラボックなど米国内には広大な地下基地が広がっているということだ。

 また「ロズウェル事件の舞台」にもなったニューメキシコ州やアリゾナ州、テキサス州など米国で取り上げられる多数の目撃情報はこのKGBの地図が示す場所の近辺であるといってもいいだろう。

 米国以外でも、メキシコのポポカテペトル火山頂上付近に現れた母艦クラスの大型UFOや、ペルーのリマで上空を偵察飛行するUFOなど、これまで発見されたもののほとんどがKGBの地図が示す場所付近で目撃されたものなのである。

 これらの内容から、宇宙人の地下基地があるとされている場所にはUFO目撃情報や摩訶不思議な現象が多発しているといっても過言ではなく、この地図が示す場所には「何かある」のではなかろうか。


まあ、いずれにせよ、この最初のKGBの地図の話では、エイリアン基地ということになっているが、これまでの私の知る範囲では、それには、3種類のタイプがある。
(あ)エイリアンだけの基地
(い)エイリアンと米軍秘密組織との合同基地
(う)米軍秘密組織だけの基地

アーデン湾の海底基地は、キャメロットインタビューによれば、グレイタイプのエイリアンと米軍秘密組織の共同の研究基地で、そこでは
スーパーソルジャー計画
を実施しているというものである。つまり、人間と他の生物のハイブリッド、および、人間とエイリアンのハイブリッド、そういう人類ベースの新人類を作りだそうとしているというのである。

ひょっとしたら、海底原人や最近の謎のUMAの類はこういった計画が生み出した結果という可能性もありますナ。

まあ、1970年代から1980年代の日テレ矢追純一さんの時代では、空飛ぶ円盤目撃、エリア51とかそういうものを観察するという、かなり牧歌的な時代だったが、いまでは、我々人類は彼らにとっての餌か、材料か、モルモットの類になってきているわけである。

一方、良い方のエイリアンもいるようだが、そっちはリバースエンジニアリングで地球人類に円盤テクノロジーを講義中ということだが、結局は人間そのものがもっといわゆるスピリチュアルに拡大しない限り、円盤を操縦できないらしい。

ロシアには白人型エイリアンがロシア軍と共同研究をしていて、精神感応で病気の治療をしたり、ヒーリングをしたり、空を飛んだり、円盤を操縦したりする練習を今必死で行っているという話である。この辺りは保江先生の本に詳しい。

俺は、なんと「保江邦夫博士のハトホルの秘技成就」を予期していたのか?

伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かった僕がなぜ
a0348309_11531080.jpg


まあ、羊の放牧や牛の放牧で羊や牛をあっちこっちへと動かすには、ときどき羊や牛の集団を驚かせてパニックにさせ、そのどさくさに紛れて動かしたい方へ動かす。

ナオミ・キャンベルの「ショック・ドクトリン」の手法というのは、いわゆる偽旗作戦のことだが、基本的には羊や牛に使う方法の人間版のことにすぎない。

電通/博報堂も似たようなことをテレビで子飼いのタレントを使ってニセ一般人を演じさせて、B層のご老人たちを柵に囲い込むのである。

ある時は中国が熱いとか、ある時は韓国が熱いとか、ある時は中東が熱いとか、ニュージーランドが熱いとか、そうやってプロパガンダを弄してB層を誘い込む。

このレベルから精神的にも霊的にもスピリチュアル的にもはるかに進歩しないと、簡単に「誘い込み」に洗脳されるというわけだ。

感じるんだ!考えるな!でも、自分の商品を買え!
当たる当たらないだけで見るな!でも、金は払って!
より深く!でも、悪魔、崩壊、人類滅亡が近い!
天界霊界からのメッセージが大事!でも、明日のメッセージを買え!
経済崩壊が近い!でも、本当に来るかどうかはわからない!
巨大地震が来るぞ!でも、いつかは分からない!
などなど。

いやはや、こういうレベルでは安々と悪いエイリアンの餌食になる。あるいは、高尚なエイリアンの導きは理解不能となる。


ここ阿南にも着陸して欲しいですナ。そうしたらどいつをやっつけるべきか教えてやれるんだがナア。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-06-19 12:14 | UFO&エイリアン

神出鬼没の巨大UFO宮古島に現れる!?:例のCGのUFOか!?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、あの神出鬼没の巨大な空飛ぶ円盤が、我が国の宮古島にも現れたとか。これである。
沖縄宮古島の「UFO」目撃画像がヤバイwwwこれマジかよwww
a0348309_7162439.jpg

a0348309_7162679.jpg

a0348309_7163028.jpg


大きさといい、角度といい、高さといい、形といい、雰囲気といい、

これって、あれだよナ。

つまり、これだ。

インドの巨大 UFO は世界中の空に登場した後に自滅。そして、中国の「浮遊都市」の続報

a0348309_7203575.jpg



そして、元の絵( CG )
a0348309_7212382.jpg



まあ、2つのレイヤーをうまく重ねて生み出すニセUFOの類だろうか?

どうせやるならちょっと左右を変える
a0348309_723437.jpg

a0348309_7241186.jpg

a0348309_7243525.jpg
とか、もうちょっと工夫が必要だろうヨ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-06-03 07:27 | UFO&エイリアン

ミステリー:「エリア51で核戦争勃発か!?」「アルゼンチンにプレアデス人が居住!?」   

みなさん、こんにちは。

いやはや、他人の個人ブログにいちいち文句を言うつもりはないのだが、例の偽預言者照子氏、ムー常連になったあたりから神通力が下降気味。今回の熊本を全くスルーして、後付で予言していたとか抜かす始末。ちなみに、我が家は学研ムーのファンだったから結構買って読んでいたのだが、照子が出た途端、もはや読む気が失せた。

面白いことに、世の中にはこうした予言者ウォッチャーが必ずいて、その正答率や予言率まで計算している人までいる。これである。
松原照子の巨大地震予言は的中しているのか?
東日本大震災を予言した予言者「松原照子氏」
a0348309_1542031.png

a0348309_13581463.png

a0348309_13581696.png

a0348309_1358189.png

a0348309_13582060.png

東日本大震災の予言で話題になった「陸前高田」や「釜石」も、実は2005年の時点ですでに登場していた。そのときは的中しなかったため、話題になることなくひっそりと忘れ去られてしまったものの、2011年の再登場によって結果的に注目を浴びたかたちだ。

このように松原氏は日頃から地震に関する予言を発表し、日本全国で地震が起きるとしていた。これを何年も繰り返しているのだから、いつか東日本大震災のような大地震が起きれば、的中するのはむしろ当然といえるのではないだろうか。

つまり「下手な鉄砲も数撃てばいつかは当たる」ということである。松原氏の予言の特徴は、その数の多さにあると思われる。

まあ、要するに年がら年中どこそこでなにかが起こるんじゃないかって心配しているだけなんですナ。

心配病→これが悪化して→予言病

になっただけ。要するに前から言っているようにある種の脳の病気。

予言あるいは預言は似て非なるもの。預言は神がもたらすものであり、それをだれかが口を借りて述べる。それに対して予言は日時を明確にして何が起こるかを言うもの。

もし照子の妄想が、照子の予言であれば、気象庁の地震予知もまた100%正答率の予言になってしまうだろう。


さて、かたや東北宮城になんでもかんでも光の天使の力にしてしまうヒーラーも出てきた。死んだはずのマシュー君がいまだに猛威を振るっている。霊魂が存在してもそれが永遠にそこに存在することはないらしい。49日すぎれば、他の霊魂と融合して昔の(つまり生前の)記憶は失われるらしい。

ましてや熊本地震が自然地震でそれが
熊本地震は自然地震です。人類が溜め込んだネガティビティの解放です。
ということはありえない。もしそうなら、熊本は人類の犠牲になって良かったってことでしょうか?

ありえないが、カルト化するとどういうわけかこういう思考に陥るのである。どうもヒーラーというのも胡散臭くて困る人が忍びこむようだ。かつてのオウム真理教もヨガサークル、ヨガヒーリングから勢力を上げた超絶左翼だったからナア。

そうそう、忘れるところだったが、人工地震の決めてをどういうわけか、逆にしてその根拠を薄弱にしているおバカさんもたくさん出てきた。たとえば、これだ。
いくつも飛び交う人工地震説について

核爆弾などを利用した人工地震であると、最初に大きな振幅の波形が来て、そこから徐々に収束していくのが、自然地震では最初に小刻みの波形(P波)が起こり、途中から大きな波形(S波)となって収束していくようです。
a0348309_15125519.jpg


あの〜〜、爆弾の破裂によってできる地震波の最初の大きな波は「S波」ではない。「P波」なんだよ。

「P波」というのば「ボディーウェーブ」「実体波」のことで「縦波」の地震波のことである。それに対して、「S波」というのは「サーフェスウェーブ」「表面波」のことで「横波」の地震波のことである。そして、いつも縦波の速度の方が横波の速度より早い。

だから、断層の歪みのエネルギー放出で生じた自然の大地震が来ると、まず「縦波のP波」が内部から地表に到達し、その直後に四方八方に伝播した「横波のS波」がまず最初に遅れて内部からやってきたものが地表に到達し、大きな揺れを起こし、それから他の地表に出たものが表面を伝搬してやってくる。だから、その間の時間差に震源の深さに応じて数秒〜20秒程度の遅れが伴うのである。

気象庁の地震アラームはこの最初の実体波P波をキャッチしてこそ後からくるS波の予測を行うシステムである。だから、いつも数秒前から20秒前の予測しか出来ない。

一方、核爆弾などの爆裂による人工地震の場合は、地下に大穴を開けるわけだから、その圧縮波が「P波」そのものとなって地表に現れる。だから、断層のズレで生じたものではないから「P波」しか存在しないのだ。

だから、いつまで経ってもS波が来ない。いきなり地震が来るわけだ。

もちろん、地殻は隙間だらけの物質だから、圧縮までに時間がかかり、その間にすでに振動は伝播し始めるから同じP波でも先に到達し本体が後から来る場合もある。しかし、表面波がほとんど来ない。

これが人工地震の特徴である。

さらに人工地震の特徴は、一端爆破で穴を開けたわけだから、その空洞が地表の重みで潰れる場合にも新たなる地震を生む。というわけで、一端爆破した後にかなり余震が続くのである。地殻の内部圧を調節するまで大中小の地震が群発するのである。

そこでアメリカの地震学者が考えた。もしそうなら、そういう地震を全部同じグラフに書き込んでしまえと。それがこれである。
「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!
a0348309_14301683.jpg


ここで、このグラフにある、mb、Msとは何か?

これは、地震を見れば、書いてあるように、地震の規模を表す単位のことである。
日本では、気象庁が独自の定義による気象庁マグニチュード(Mj)を発表しており、日本ではこれを単に「M」と表記することも多い。これに対し、多くの国では表面波マグニチュード(Ms)や実体波マグニチュード(Mb)のことを、単にマグニチュードと呼ぶことが多い。

mbは、地震が最初にやって来る「P派(実体波)」の地震規模を定義する。それに対して、Msは、その次にやってくる「S波(表面波=レイリー波)」の地震規模を定義しているというわけである。

a0348309_14313727.gif

地震動を地震計で測定すると、この図のように、一番最初にまず「P波」がやって来る。この振幅から、この大きさmbが分かる。そして何秒か後に「S波(表面波)」がやって来る。この振幅がMsである。

日本の地震動による地震予知は、この原理を使っているわけである。まず「P波」をとらえて、その規模から「M5の地震が来ます。地震に備えてください」とメッセージを出すわけである。そして実際に20秒ほどして「S波」が到達する。そしてしばらくして、その「S波」の地震規模から、「実は先ほどの地震の震度はM4.5でした」とかいうわけである。

この時の一番最初のものがmbであり、後のものがMsなのである。経験上、多くの場合、mb>Msであるらしい。

さて、巨大地震が来ると、その後も余震というものが続く。そこで、その度に、mbとMsを測定し、記録すると、何度も何度も余震のデータが揃うはずである。そこで、この時、実体波の規模mbと表面波の規模のずれ、すなわち、mb-Msと実体波の規模mbでプロットしたものが、一番最初のグラフである。

こうすると、実は、原爆(核爆弾)による地下核実験で生じた巨大地震とプレートのきしみで生じた自然の巨大地震の差が現れるというのである。□が自然の地震、○が爆発によるものである。

おまけ:
ついに「311が核爆弾の人工地震であった証拠」が見つかった!?:高周波と音波の存在!
北朝鮮の原爆実験と人工地震予知:再び「人工地震の見分け方」を復習しようヨ!
A Happy New Year Artificial Earthquake! :水爆は「人工地震の見分け方」の勉強になるな!


こういうふうにプロットすればよろしいのである。

今回の熊本地震は非常に余震が多い。そこで、この場合も上のようにしてmb−Ms/mbプロットを行えば、もし人工地震ならある基準線より上に集まり、自然地震ならその下に出るのである。

まあ、そんなことを行うまでもなく、今回のは人工地震であることは明白ですナ。

だれも予測できなかった、つまり、その直前の異変を察知できなかったわけだから。


さて、前置きが実に長くなってしまったが、調子をこきすぎたブロガーがだんだん冗長して図に乗って良からぬことを書くようになったからちょっと補正した。

(あ)エリア51で巨大な「きのこ雲」が上がる!

今回ここにもっとも適している出来事が起こったらしい。これである。
エリア51で巨大な「きのこ雲」が上がる!
WATCH: COUPLE FILMS “MYSTERY MUSHROOM CLOUD” POURING OUT OF AREA 51
a0348309_14405999.png

Huge Mushroom Cloud over Area 51? Groom road.


いや〜〜大変。ついにエリア51が核爆弾で破壊されたのか?

それを見つめるトールグレイタイプのエイリアン。
a0348309_14431889.png


これが、いわゆる「トールホワイト」エイリアンだろうか?


(い)アルゼンチンにプレアデス人が住み着く!
アルゼンチンに実在した「プレアデス星人の拠点」を取材! 宇宙人との接触・インタビューに成功!

a0348309_14513931.png


 これまでトカナでは幾度となく「地球で生活している宇宙人」についてお伝えしてきた。現在では大きく分けて、

・灰色の肌につり上がった大きな目を持つ“グレイ・タイプ”と呼ばれる爬虫類型宇宙人

・地球人に酷似している“ヒューマノイド・タイプ”の宇宙人

 このふたつがこの地球で暮らしていると報告されているが、彼らがどこで暮らしているのか、はっきりとした所在は明らかになっていない。

 しかし、英紙「Express」が、あるUFOサイトが果敢にも宇宙人の居住地にて直接インタビューを行い、その詳細を明らかにしたと報じ、これまで憶測の域を出なかった「宇宙人の居住地」に注目が集まっているのだ。

a0348309_14494847.jpg



 しかし、英紙「Express」が、あるUFOサイトが果敢にも宇宙人の居住地にて直接インタビューを行い、その詳細を明らかにしたと報じ、これまで憶測の域を出なかった「宇宙人の居住地」に注目が集まっているのだ。

■世界初か!? 宇宙人の居住地に赴いてのインタビュー!

 地球で暮らす宇宙人の居住地を明らかにしたのは、主に南米やスペインなどでUFOや超常現象を検証しているヒスパニック系のUFO情報研究サイト「Inexplicata」である。南米ではとても有名だというこのサイト、接触に成功したのは“プレアデス星人”という「ヒューマノイド・タイプ」の宇宙人であるという。彼らは、アルゼンチン周辺諸国で30カ所以上のコミュニティを持っているということだ。

「Inexplicata」のチームは、多々あるコミュニティの1つ、アルゼンチン北西部の都市「サルタ」から113kmほど離れた「カチ」と「ラ・ポマ」という2つの町の間で暮らしているプレアデス星人と接触することに成功した。

THE STAR RACES - PLEIADIAN


プレアデス星人に会いにアルゼンチンへ行こう!
リオ五輪の後はぜひアルゼンチンへどうぞ!

本当か嘘かはまったく判明しないが、南米奥地にはナチスの残党が秘密の街でナチス円盤を作っているというのが、落合信彦氏の
20世紀最後の真実
a0348309_14554485.jpg
であった。

だから、そのドイツ白人が「プレアデス星人」と名乗っているという可能性も無きにしもあらずだが、アルゼンチンというところがまた渋い選択だ。リオネル・メッシの故郷。白人によって現地インディオが虐殺されて白人しかいなくなった国である。

はたしてそんな野蛮な国にもっともスピリチュアル系の宇宙人のプレアデス星人が住めるかどうか?

かなりの???である。


今後を見守る他はない。

それにしてもついにエリア51で核戦争があったのだろうか?謎である。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
邦人女性ら2人殺害…アルゼンチン首都近郊

【リオデジャネイロ=吉田健一】アルゼンチンメディアが28日報じたところによると、同国の首都ブエノスアイレス近郊のフロレンシオバレラ市で27日、日本人女性が自宅で死亡しているのが見つかった。

 警察当局は遺体の状況などから殺人事件として捜査を始めた。

 在アルゼンチン日本大使館によると、この女性は現地在住の小田美子さん(73)。

 報道によれば、小田さんは、身の回りの世話をしていたアルゼンチン人男性とともに遺体で発見された。2人は手を縛られ、遺体の一部が焼かれていた。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-28 15:05 | UFO&エイリアン

Panzerlied. Battle of the Bulge.:ナチスドイツの空飛ぶ円盤ここにあり!   

Panzerlied. Battle of the Bulge.


みなさん、こんにちは。

19世紀の物理学に戻って、マックスウェルやギプス、ヘビサイド、カルノーなどの研究を勉強して、さらに今世紀になり、戦前のドイツの研究者の論文などを読んでいると、かの鉄血宰相ビスマルク時代やナチス・ドイツ時代のドイツ人の研究者のあまりにレベルの高さにただ驚くばかりである。

コンピュータのない時代に高次の微分方程式をどうやって解くか?むしろ、方程式など代数的解析的に解かずに解を得る方法とか、およそ想像もできない方法を発明していたから実に愉快である。

方程式があれば、それを図示してしまう。すると、たちまちのうちに解の振る舞いが機械的に求まる。

そこには四則演算程度の数学しか使わずに目的の解の挙動を知ることができるのだ。

いまでは方程式の解を得るにも効果なパソコンやら効果なMATHEMATICAを使わないと解が得られない。そういう時代になった。

果たしてどっちが賢かったのか?

とまあ、こんなふうなことを考えさせられるのである。

もちろん、今現在のドイツ人は我々今現在の日本人と同様にそれほど大したことはない。

そんなドイツ人たちだったからこそ、「ナチスの空飛ぶ円盤」が発明できたわけだ。

今の日本人のようにテラフロップスのスーパーコンピュータがなければ無理だというようなことであれば、いつまで経っても自由自在に空は飛べない。人工知能も同じこと。電気を使わなければできないとすれば、巨大な発電機が搭載されなければ、空を飛ぶことなど不可能だ。

大した電気も使わなくて済むから空を飛ぶことができる。あるいは自重を感じなくてすむほどの推進力があれば、重い発電機すら搭載できる。そのいずれかだろう。

さて、そんな旧ナチス・ドイツの「空飛ぶ円盤」に関するサイトを偶然見つけたので、一応ここにメモしておこう。おそらくこれは
「ペガサス」
a0348309_1323883.gif
がシンボルのジョン・リアー博士のサイトだろうと思う。
The German Connection
a0348309_1321974.jpg

Brotherthebig's Files
Member of AboveTopSecret.com
(Edited and Additions by Pegasus)

Tracing the History of Disc Shaped Craft of Earth Design
(And Related Technology)
Song Playing is "Panzerlied" (German Tank Song)
From the "Battle of the Bulge"
Lyrics in German Russian and English Here


Biography:
"brotherthebig" is an active member of ATS Discussion Board and a recent member of Pegasus Research Consortium. The main discussion thread on this topic can be found here; Aliens & UFOs - UFO: Antigravity or Coanda Effect; Man Made Saucers or Aircraft? He prefers the anoniminity of the nickname due to considerations of his work.

"brothethebig" was born in Lisbon, Portugal and currently lives in Madrid, Spain with his wife and one son. He has a BSc in Electronics Engineering and has more than 2 decades of professional experience as an IT Architect.

When he was around 14 years of age, Einstein's works on Relativity and the book "Morning of the Magician's" ("Le Matin des Magiciens", from Louis Pauwels and Jacques Bergier) had influenced his way of seeing the word around us.

He likes to read and share ideas about "Fantastic Realism", you can find out more about him on ATS at http://www.abovetopsecret.com/forum/mem/brotherthebig, and feel free
to contact him by e-mail brotherthebig@gmail.com or join in the discussions at ATS.

This section is spearheaded by brotherthebig with additions and contributions by other Pegasus team members. It is currently a work in progress and there will be many additions in the next few months.

a0348309_13211140.jpg


a0348309_13224646.jpg


このサイトの最後にあった旧ドイツの歌(行進曲)が最初のものである。

昔のドイツ人の精神性の高さを彷彿させてくれるものである。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-29 13:26 | UFO&エイリアン

「アメリカのエリア51の敷地内にUFOのような建造物が発見される!」:一応チェック   

みなさん、こんにちは。

いやはや、再びいろいろのことが起こりすぎてETの手を借りたいほどである。

まずはこの話題から。イギリス人がグーグルマップでエリア51のグルームレイクのあたりにUFOの格納庫を発見したというものである。以下のものである。
アメリカのエリア51の敷地内にUFOのような建造物が発見される!
元記事:Has Google Maps revealed a 30-meter 'Millennium Falcon' UFO inside Area 51?

 アメリカのエリア51の敷地内でUFOのような建造物が確認されました。あるUFOハンターがエリア51内でUFOらしき建造物の存在を確認しました。その方法というのが、なんとグーグルマップでした。彼がグーグルマップの衛星写真でエリア51を拡大したところ、約30メートルほどの建造物の一部がが確認されました。

 その形はまるでスターウォーズに登場するミレニアムファルコンのような形状をしていることから、UFOではないかと疑われています。そのUFOらしき物体が格納されている建物は気候のコントロールを研究している部署に通じている格納庫であるそうです。

a0348309_1133553.jpg


Did Google Maps just reveal Millennium Falcon UFO in Area 51


そこで私も一応グーグルアースでその場所を見てみると、確かにそれが存在した。以下のものである。
a0348309_11373083.jpg

a0348309_11373816.jpg

a0348309_11374548.jpg

a0348309_11375343.jpg

a0348309_11384187.jpg

1998年8月18日
a0348309_1138572.jpg

2002年12月13日
a0348309_1138572.jpg

2004年3月12日
a0348309_11403732.jpg

2005年10月1日
a0348309_114117.jpg

2006年5月23日
a0348309_11411528.jpg

2006年12月2日
a0348309_11413047.jpg

2009年10月17日
a0348309_11414513.jpg

2015年3月14日
a0348309_11415914.jpg

2015年7月17日
a0348309_11421478.jpg


確かに最近突如として誕生した「何か」の格納庫のようである。

はたしてUFO格納庫だろうか?


今後も観察しておこう。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-22 11:46 | UFO&エイリアン