<   2017年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧   

「結果から原因を探す法」:「日本人が櫻が好きなのは其の散り際が潔いからである。」   

父の言葉(My father's words)

a0348309_15215931.jpg

日本人が櫻が好きなのは其の散り際が潔いからである。
(The reason why the Japanese people love Sakura is the way of the great grace moment when Sakura's flowers are scatteredly falling by the wind.)
−− 数学者 岡潔(Dr. Kiyoshi Oka, a Great Japanese mathematician)

数学者 岡潔思想研究会

コブクロ 桜


みなさん、こんにちは。

さて、我が国ではあまり知られていないが、アメリカの教育界ではちょっと知られていることがある。

それは、いかにして教師の教育法を客観的に評価するかというものである。

簡単に言うと、どんな教師にも教え方や点数の付け方にその人特有の癖がある。それを評価するのである。

つまり、生徒に厳しい人、点数に厳しい人、甘い人。こういう側面から見るわけである。

それにはどうするか?

というと、教師に選ばれた基準となる生徒を送り込んでその生徒のテストの回答に対してどういう評価を下すかを見るというものである。

通常は、先生がさまざまな生徒の回答に点をつける。そしてこの場合は、先生が生徒を評価するのである。

ところが、逆に素性のよくわかった生徒の回答をどうやって評価するかを見て先生の評価の癖を見る。つまり、この場合はメタ先生が先生を評価するのである。

それをさまざまな先生に同じことを行い、それぞれの先生の評価の癖(特徴)を見る。(あるいは、同じ一回のテストの回答をコピーしてそれぞれ先生たちに点数を付けさせる。まあ、このやり方が一般的だろう。)

とまあ、大筋ではそういうことを行うらしい。

そうしておかないと、生徒の評価が同じAだったとしても、学校によってそのレベルが違うことになる。あるいは、先生によって生徒のレベルが違うことになりかねないからである。

これではフェアではないよ、というのがいわゆるアメリカのリベラルな学者さんたちの考え方である。

これに対して、どちらかといえば、我々日本人は最初からそんなことは不可能だと思う方に近い。人の評価など不可能だというようなものや、人生はいい先生と巡り合うから面白いとか、そういうふうな神がかった観点で物を考える。

だから、アメリカ式の評価法は発達しない。またする必要もない。


しかしながら、この論点の面白いところは、同じ回答であっても先生によって見る所、捉えるところが違うから、点数の評価が違うということである。だから、逆にその評価の癖を見れば、先生のスペクトルを分析できる。とまあ、こういう考え方にある。

数学でも幾何学の好きな先生であれば、幾何学的な問題を重視するだろう。解析学が好きな先生であれば、因数分解とか解の公式とかそういう数式処理に力点を置くだろう。

普通の見方では、
「幾何が好きな先生だから幾何に強い生徒が高い評価を得る」
と考えるわけだ。が、今の場合は、
「この先生は幾何のできる生徒に高得点を与えたから、この先生は幾何が好きに違いない」
と分析するというわけだ。

そしてリベラルアメリカ人なら、客観的テストなら、同じような性質の先生によって評価されるべきだという考えになるわけだ。

我々からすれば、かなり行き過ぎで行っちゃっているわけだが、分野によればそこまでやっているのである。特に言語学や英語教育の分野ではそうらしい。


さて、大分前置きが長くなってしまったが、我々人がやることには常にそういうことが現れる。つまり、同じニュース、同じテレビ、同じ本、同じ記事を見たり読んだりしても、人により受け取り方が正反対だったりするわけである。

ハエでも光を好きなやつも入れば嫌うやつもいる。だから、試験管の中にショウジョウバエの集団を入れて、暗闇に入れて、一方から光をもれさせると、試験管の一方の端に光を好むやつだけが寄り集まる。そこで半分に集団をわけて、その光好きだけを集めてまた同じことを繰り返す。そうやっていくとついには極めつけの光を好むハエが得られる。

この遺伝子を分析して、光を好むハエの遺伝子を特定する。そうやって光嗜好性のハエの遺伝子が見つかった。

人にもそういうふうにして、同じものをあてがってその正反対の反応を見ることにより、人の特徴を分離できるのである。

これが昔で言う「踏み絵」である。いまでも朝鮮では日本の国旗を踏み絵にして、「お前は親日派か反日派か」と分離しているわけである。日本国旗を踏み潰したり、焼き尽くせない朝鮮人は犯罪者扱いされるのである。その結果、親日派はどんどん海外に逃げざるを得なくなり、国内には超絶な反日派の朝鮮人しかいなくなるわけだ。

とまあ、こういう意味では、人の遺伝子もハエと同じように特定できるはずである。

つまり、遺伝的に日本人を見ると斬りつける朝鮮人がいるはずなのである。

同じように、日本や日本のこととなると、目くじら立ててディスカウントしたくなるという遺伝子も存在するはずなのである。最近の茂木健一郎がそういうふうになってきた。

最近の日本のテレビやダマスゴミもそういう印象が出てきてだれにも分かるようになってきているだろう。

そこで、例えば、こんなものがある。ちょっと行っちゃってる観のあるIn deep氏の記事だが、それがちょうど良い記事をメモしていたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。

日本の未来が頭の中でフェイドアウトしたとしても、昔の日本のことは忘れない


この中のNHKの引用記事が特にそういうものである。

「日本が最低」という言葉が並ぶ最近のニュース

4月1日 19時22分
内閣府が行った「社会意識に関する世論調査」で、現在の社会に全体として「満足している」と答えた人は65.9%と、昨年度より3.9ポイント上がり、この調査を始めた平成20年度以降、最も高くなりました。
内閣府は、社会や国に対する国民の基本的な意識を把握するため、ことし1月から2月にかけて、全国の18歳以上の男女1万人を対象に世論調査を行い、59.9%に当たる、5993人から回答を得ました。

それによりますと、現在の社会に全体として「満足している」、または「やや満足している」と答えた人は65.9%と、前回(昨年度)より3.9ポイント上がり、この質問を設けた平成20年度以降、最も高くなりました。

また、現在の日本の状況について、よい方向に向かっていると思う分野を複数回答で聞いたところ、最も多かったのが「医療・福祉」で31.4%、次いで、「科学技術」が25.8%、「治安」が22%などとなりました。

一方、悪い方向に向かっている分野を聞いたところ、「国の財政」が37.1%、「地域格差」が28.5%などとなったほか、「防衛」や「外交」を挙げた人がそれぞれ、昨年度より増えました。


In Deep氏はこの記事はエイプリルフールのジョークニュースではないか?という含みを持っているようだが、NHKにジョークはない。なぜならNHKそのものがジョークだからである。

というわけで、NHKの記者そのものが本気で「今の日本人はすべて最低なんだ」と信じ切っているわけだ。


つまり、何をいいたいかというと、ここで最初の先生の問題が現れるわけだ。つまり、「記者が社会を評価して記事を書く」から「書かれた記事からその記者の頭の中を評価する」という逆問題として見ることができるということである。

記事の書き方からその記者がだれかまで分かるようになるのだ。

物理ではおうおうにして逆問題という問題が非常に重要な研究となってきた。だから、社会学でもやはりこういう逆問題は非常に研究する価値が高い。

さて、その記事そのものをどうみるかだが、そこにはこんなデータがある。

野心や向上心欠如…日本人の「起業家精神」45か国中最低

a0348309_12302440.png

resemom.jp 2017/04/04
日本人は、45か国中で起業家精神がもっとも低いことが、日本アムウェイが4月4日に発表した調査結果より明らかになった。日本人は若いうちから起業への関心が低く、野心や向上心、自信、能力の理解が欠如しているという。

アムウェイ・グローバル起業家精神調査レポートは、アムウェイ本社が世界45か国の14~99歳の男女計5万861人を対象に対面と電話による調査を実施。調査期間は2016年4月~6月。「願望」「実行可能性」「安定性」に関する3つの因子から測定された起業家精神における度数を表す。

日本人は、起業家精神の度数を表す「願望」「実行可能性」「安定性」の3つの要因すべてにおいて、世界平均と比べて低い。特に起業の「実行可能性」は、世界平均が46%に対して、日本は13%と34ポイントも低い。
ブラック企業の代表格の日本アムウェイなんていうねずみ講の犯罪会社のデータをとり上げてどうする?

日本の若者、能力に対する自己評価が13か国中最低

a0348309_12324481.gif

newsclip.be 2017/03/16
将来の職業に必要なスキルを身に付けていると考えている日本の若者は3割、世界各国の若者の平均は7割で、13か国中もっとも低いことが、アデコグループの調査結果より明らかになった。

就職に関する意識調査は、アデコグループが拠点を置く世界各国の18~30歳の若者9,572人を対象に実施したインターネット調査。

調査対象国は、メキシコ、スペイン、オランダ、イタリア、ノルウェー、日本、ドイツ、英国、米国、スイス、オーストラリア、ベルギー、フランスなど。実施時期は2016年3月~7月。

将来の職業に必要なスキルを身に付けているか質問したところ、73.08%が「はい」と回答。一方、日本は31.54%と全体の平均73.08%の半分以下で、13か国中もっとも低い。日本の若者の自己評価の低さが明らかになった。
アデコグループなんていう在日朝鮮系の反日サイトのニュースを取り上げてどうする?

DV相談、6万9千件で最多 13年連続増、警察庁まとめ

共同通信 2017/04/06

昨年1年間に警察に寄せられたドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数は6万9908件(前年比10.7%増)だったことが6日、警察庁のまとめで分かった。DV防止法が施行された2001年以降最多で、13年連続の増加。

刑法・特別法による摘発も8291件(4.8%増)で最多。罪名別では暴行4409件、傷害2991件など。殺人も既遂が2件、未遂が100件あった。
なんら朝鮮人犯罪を罰しないこんなパチンコップのデータを取り上げてどうする?

このように引用された記事の特徴からIn Deep氏そのものも判断されるわけである。つまり、「ブロガーが記事を選んで記事を評価する」から「選ばれた記事の内容からブロガーの特徴が評価される」ということになるわけだ。

まあ、むかしからIn Deep氏はかなり病的な側面あり、それが一種魅力でもあるのだが、精神病患者が病的な絵画を書いて有名になるということもあるように、社会の負の面ばかりに感激して同調する特徴があるからこそ、社会のホイッスルブローワーになれるというポジティブな面も存在するわけだ。

何事も一長一短。


さて、そこで俺の個人的見解はまったく上の記事とは正反対である。つまり、俺は社会の闇に近づくハエではなく、光に近づく方のハエだということですナ。

まず最初の「起業家精神のあるなしで野心や向上心欠如とみる」というやり方には反対である。賛成できない。

上のデータを見ても分かる通り、上位にある国は「破壊された国」である。あるいは、「歴史の浅い国」である。

つまり、こういう国には明確に目標が見える。

家がない国だったら、不動産業や建築業ができるのは当たり前だし、非常に分かりやすい目標になる。医者のいない国であれば、医者になりたがるのは当たり前。

ちょうど終戦直後の我が国のようなものである。その時代では若者の目標は明確だった。

だからといって、それは必ずしも向上心の欠如や野心の欠如とはみなせない。


発達した国や成熟した国では、起業するより漫画家になりたいとか小説家になりたいとか漫才師になりたいとか芸人になりたいというような別次元の野心が芽生えるものである。芸者さんになりたい。舞妓さんになりたい。

こういうものには、すでにプロダクションや店や先達の作った会社なり企業がある。だから、自分がわざわざ会社を作らなくてもいい。吉本興業、渡辺プロ、虫プロ、こういうものが存在しているわけだ。

ましてや別の統計データもある。

外人が衝撃「やっぱり日本はとてつもない国だった!」:日本の老舗企業の圧倒的な歴史に乾杯!
a0348309_12533595.png
a0348309_12533841.jpg


これを見て分かる通り、我が国日本は、世界で一番古い国家であり、その歴史ゆうに2700年もあり、民族としては数万年遡る。さらに1200年前の平安時代から続くような企業や500年前の戦国時代から続く企業などたくさん存在する。

さらには戦後できたソニーや富士通のような大企業もたくさんある。

企業の種類、数、大きさ、古さなどあらゆる面で世界最大クラスである。

桜の種類の多さが桜の古さを物語るのと同様で、会社の種類の多さが会社の古さを物語るのである。

そんな古い国でいまさら新規企業を作ったところでその60%が1年以内に終了である。

だから、第三世界の起業家と最先端最古の国の起業家を比較した所でまったく意味がないのである。

国連やWHOの馬鹿さはこういうところに起因する。要するにユダヤ人は国を最近まで持っていなかった。だから、国家のことがわからないのである。おそらく遺伝的に分からないはずである。数千年国家を持てずに来た人種ならなおさらだろう。

というわけで、ユダヤ人、ニダや人、アルよ人の類には国というものの概念が存在しないのである。あくまで人が中心で集まって騒ぐとそこが国になる。とまあ、そういう感じ方しか理解しないのである。できないのだろう。

自分たちが世界の超リッチな富裕層になった。だから、世界は自分たちのものだ。とまあ、そういう実に子供じみた感じ方しかないわけである。

風土にみる、風土と結びついた世界の感じ方、いわゆる日本人のいう情緒。こういうものは長い国の歴史がないとまず遺伝子に組み込まれないのである。

岡潔のように感じることはまずユダヤ人にはできない。

桜吹雪:「日本人が桜が好きなのはその散り際が潔いからである」
岡潔「創造の視座」:「西洋人は第二のこころがあるのを知らない」
桜吹雪2「桜の国日本」:「日本人が桜が好きなのはその散り際が潔いからである」
桜吹雪3「桜の国日本」:日本の桜を壊さないでくれ!桜の「十戒」誕生!?
桜の「十戒」
1.桜(ソメイヨシノ)は日本人の象徴であること
2.桜の偽物を栽培してはならないこと(成りすましの禁止)
3.桜の起源主張してはならないこと
4.桜の木や花を休ませ守ること
5.桜を敬うこと
6.桜を折ってはならない(汝、桜を殺す無かれ)
7.桜をみだりに揺らしてはならないこと
8.桜を盗んではいけないこと
9.桜の花をみだりに散らしてはならないこと
10.桜をみだりに切ってはならないこと


とまあ、そういうことなんですナ。ちょっと長くなってしまったナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-07 13:14 | アイラブとてつもない日本

馬鹿と阿呆の絡み合い:「何も得られないなら一時帰国させないほうがまし」「外務省は外交する資格ない」   

鶴田浩二 傷だらけの人生
a0348309_1027655.png



みなさん、こんにちは。


こんなことはやる前から分かっていたこと。
「何も得られないなら一時帰国させないほうがまし」「外務省は外交する資格ない」 駐韓大使帰任に自民党会議で批判噴出

 自民党は5日、外交部会などの合同会議を党本部で開き、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国させていた長嶺安政駐韓大使らの帰任について政府から報告を受けた。出席議員からは「はったりをかましておいて後で腰砕けで何も得られないなら、やらないほうがましだった」などと批判が相次いだ。

 会議では、山田宏参院議員が、慰安婦像が撤去されないままの大使帰任について「非常に残念だ」と述べた。宇都隆史参院議員は、政府が帰任の理由として邦人保護などを挙げていることに「全く説明が成り立っていない。外務省は外交をする資格がまったくない」と強調した。

 また、青山繁晴参院議員はトランプ米政権が先制攻撃を含む対北朝鮮政策の見直しを進めていることを念頭に「万一戦争になった場合に大使がいないわけにはいかないという国としての判断だ」と一定の理解を示した。ただ、大使帰任後も慰安婦像が撤去される見通しが立たなければ、再び長嶺氏らを一時帰国させるよう求めた。

 一方、会議では、1月6日に大使らの一時帰国と同時に政府が発表した、日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断▽日韓ハイレベル経済協議の延期▽在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ-の3つの対抗措置について継続を求める声が相次いだ。会議に出席した外務省関係者は「3つの措置を撤回することは特段考えていない。今のところ、維持するということだ」と説明した。


はっきりいって駐韓大使など「税金の無駄」。ただメシ食いにすぎない。意味がない。

また韓国や北朝鮮に行っている邦人なんていうのも自己責任。救済する必要はない。どうせ売春婦やろくでもない連中にすぎない。

これはかの勝海舟の理屈である。ろくでもない犯罪国家に金儲けに行った連中はそういって切り捨てよ。



いやはや、だいたい在日北朝鮮人が乗っ取った「創価学会」の、そのまた「創価大学」出身のパチンコ議員がやっているのが公明党である。

そんな北朝鮮の工作員である公明党と組んで政府与党なんていっている段階で、自民党は大馬鹿者である。

拉致被害者も救出できなければ、北朝鮮の核開発も阻止できない。

それどころか、逆に創価学会の地下銀行を通じて、パナマやケーマン諸島のペーパーカンパニーを通り、北朝鮮の朝鮮族の活動資金を送っているのである。


パチンコを廃止せず、アダルトを禁止せず、在日朝鮮企業を営業禁止せずしてどうやって不法送金を阻止できるというのだろうか?

不可能である。

自公政権の片割れが北朝鮮民族であるのに、表向きは日本政府与党とナ?

矛盾しているわけですナ。


だから、安倍政権のやることには2チャンネルのトラックがある。つまり、矛盾することをときどき行うのである。

日本経済を活性化させる→同時に北朝鮮も活性化する
日本を蘇らせる→北朝鮮を蘇らせる

とまあ、こういう案配になる。


日本経済がさかんになれば、パチンコ産業もさかんになり、馬鹿な国民が今時パチンコに行って、そっくりそのまま円を北朝鮮に流出させる。

そして民進党やら民社党という一見日本の政党のフリをして、北朝鮮や北朝鮮系韓国人の政党がのさばり、我が国の雰囲気を悪くする一方ということになる。

オウム真理教を裏で作っていた有田芳生がオウム真理教が壊滅するや、それにくわしい評論家として登場し、いまや生粋の北朝鮮工作員国会議員になってしまった。

それすら政府は見逃してきた。

北朝鮮による日本人拉致の実行犯であったキム・ミョンスクが「背乗り」して土井たか子に変身し、社会党を乗っ取った。それが社民党である。

その子分が、福島瑞穂や辻元清美であり、関西広域連合というのは、関西の北朝鮮系のヤクザが取り仕切る関西経済圏構想にすぎない。
維新の上西小百合「民進の辻元清美の作業員が不審死したの」:「口封じ」したのか?


だから、辻元清美が森友学園の問題でそれを工事している会社(北朝鮮系)と結びつくわけである。

こんなものに都道府県は入ってはいかんぜよ!むろん徳島もナ。


だいたい広域連合なんていう単語はヤクザのためにできた言葉。警察用語である。



我が国の政府が本当に北朝鮮をぶっ潰したければ、まず北朝鮮系工作員の小泉純一郎を逮捕しなければならない。当然、その息子たちも逮捕しなければならない。

ところが、そいつが自民党である。

はて、俺の気が狂ったか?聞き間違いか?


北朝鮮の工作員が政府自民党の元首相だったんだってヨ!そしてその北朝鮮の血統の息子が後の首相を狙っていまも自民党の国会議員なんだってサ。


いや〜〜、参った参った。


まさに鶴田浩二の「傷だらけの人生」の世界である。

馬鹿(ニダ)と阿呆(アル)とキチガイ(ユダ)の絡み合いである。


やはり最近つくづく思うことだが、地球人類はもう一度単細胞に戻ってやり直したほうが良いのではなかろうか?

とはいってもDNAにニダ、アル、ユダの遺伝子が一滴でも残っていれば、また元の木阿弥になるんでしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-06 10:21 | 韓国・ウリナラ・法則

なんと久保裕也選手は京都サンガ「スカラーアスリートプロジェクト」出身だった!   

みなさん、こんにちは。

先日今や日本代表の新しい潮流となる新顔になった久保裕也選手のことをメモしておいた。
「3人の久保」:日本サッカーの「24番目の椅子」と「オカッチの呪い」!?


ところで、この久保裕也選手は、かの京都サンガが京セラの稲盛和夫会長の肝いりで、学業とサッカーの文武両道でいく選手を育成する目的で誕生した
スカラーアスリートプロジェクト

a0348309_9231978.jpg

の出身らしい。

久保裕也 (サッカー選手)
a0348309_849793.jpg

2009年、鴻南中を卒業後、原川と共に京都の育成プログラムである「スカラーアスリートプロジェクト」5期生として京都サンガF.C. U-18に入団。高校は京都の立命館宇治高校に入学。1年生の春から背番号9を背負うなど将来を期待された。


ということは、その前の年の真夏に開催された試験にこの久保裕也選手とご家族も参加していたことになるのかもしれない。

実は、私もこの年の2008年のサンガセレクションに息子次男を連れて参加したのである。

このスカラーアスリートプログラムはサッカーもうまくなければならないが、勉強も立命館宇治高校の一般入試で合格しなければならないという極めて難関である。

しかしながら、合格すればすべてただで昼は立命館で勉強し、夕方からは京都パープルサンガがサッカーを教えてくれるというものである。全寮制だから、住む場所も問題ない。

実はこの時のことは、2008年に作っていた私の昔のブログでメモしておいた。一応それも再掲しておこう。以下のものである。

a0348309_9342145.png

a0348309_9365750.png

a0348309_9371487.png

a0348309_9374257.png

a0348309_938681.png

a0348309_9383419.png

a0348309_9384518.png


さて、その時の合格者は「たったの2人」だったと思う。まさに少数精鋭である。

ひょっとして、この2人が

久保裕也選手
a0348309_923153.jpg

原川力選手
a0348309_92465.jpg
だったのだろうか?

この試験は200人2日に分かれて午前午後のそれぞれの部があってそこでリーグ戦を行う。その間に選手の力量を見るというものである。

その後わかったことだが、こういうようなU18のセレクションは京都サンガだけではなく、セレッソ大阪、ガンバ大阪などでもあり、どうやら一番早くセレクションが行われるのがこの京都サンガで、本当は(自分の子は勉強はいまいちだから)セレッソ大阪に行きたいのだが、そのリハーサルとして京都サンガのセレクションに来たという参加者がほとんどだったことである。

京阪神ではやはり地域的に近いから、そういうふうにして関西圏のどこかのプロの下部組織に入れたら幸いだという考え方なのだろう。

それに対して、我が家のように四国からあるいは九州からあるいは北海道からという参加者もあった。

我が家の場合はむしろ立命館宇治に入るほうが簡単だったので、というよりその確率が高かったので、一応セレクションに参加してみたら、ということで参加したのである。

ここ阿南の阿南中学の素人監督の指導を受けただけ、それも幼稚園時代から小学校時代に股関節骨折の発覚とその手術の治療とリハビリのために小学校高学年でスポーツできず、サッカーを始めたのが中学になってからという息子だったから、将来の日本代表を探しているプログラムでパスする理由はありえなかった。が、社会勉強にはいいぞということ参加したのであった。

このサンガセレクションは、一般のサンガセレクションとも異なり、文武両道でなければならないから、極めてパスできる生徒は少ないはずだが、わずかながらでもその中から次代のリーダーを輩出したとすれば、その意味では少数精鋭方式で成功したと考えられる。


当日のセレクションの選手たちのコミュニケーションを見ていると、それまで徳島ヴォルティス出身のユース上がりの選手たちばかり見ていたから、
私がこれまで見た中で最も意識の高いサッカー少年たちだった
ことは確かである。

一番大きな声で指揮していたのがGKの選手だったが、試合の間中大声で仲間を鼓舞して指示を与えていた。

はたしてあのGKの選手はどこに行ったのか?

あるいは、相手DFの弱い方にくっついてそこからチャンスメークしたあのFWはどこに行ったのか?

それぞれの選手に独特の雰囲気があり、各地域のサッカーのスターやリーダーたちが参加している実にすばらしい試合だった。なかなかそういういい試合は見る機会がない。そういう印象であった。


まあ、我が次男はサッカーを始めて以来FWしかやってこなかったのだが、いきなりそこでサイドバックをやらされて、ただただどうしていいか分からず困惑しているだけで終わってしまったというセレクションだった。

まあそれでもサッカーは楽しい。


さて、家にお金はないが、頭とサッカーの足に覚えのある家庭はぜひチャレンジしてみたらどうか?


幸運を祈る!




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-06 09:28 | サッカー&スポーツ

ジョーク:「北朝鮮の無慈悲なチャーハン」7:ついに客が先に来てしまう!?   

a0348309_1754916.jpg


みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

いやはや、北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」にも困ったものである

大分前に「北朝鮮の無慈悲なチャーハン」騒動は有名である。以下のものだった。
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」2:「コンロを火の海にする!」
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」3:「コンロを一気に火の海にする準備態勢に入った!」
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」4:「コンロを火の海にする前にISISコラを見て休憩中だ!」
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」5:「別のチャーハンの準備に入った!」
ジョーク:北朝鮮の「無慈悲なチャーハン」6:「アメリカのチャーハンの準備に入った!」


北朝鮮の無慈悲なチャーハン。

いまやチャーハンの調理人がやけどをって代理の影武者がチャーハンを取り仕切る。

一方の客の方は、オバマからトランプへバトンタッチ。

チャーハンを待ったままオバマは結局チャーハンを食うことができなかった。


というわけで、

北朝鮮がロケットやミサイル       米韓合同軍事演習で北朝鮮威嚇
撃って米韓日威嚇     →   (本当は韓国は米軍駐留延期して欲しい。
(本当は北朝鮮は日本から金欲しい)  本当は米軍は日本に兵器を売りたい。)
        ↖︎             ↙︎
       日本が米軍の旧式兵器購入
      (本当は日本は米軍の旧式兵器買いたくない)

という「負のサイクル」に我が国は陥っているだけのことだ。

逆に、北朝鮮が平壌運転の時は、韓国が我が国に対する従軍慰安婦捏造作戦で金をせびるだけ。結局、

北朝鮮が平壌運転      ←    韓国が日本にウリナラ攻撃
(日本から北朝鮮にパチンコ金入る)    (韓国は日本の金欲しい)
        ↘︎             ↗︎
       日本が駐留米軍におもいやりおもてなし
      (本当は日本は米軍におもてなししたくない)

というこれまた逆回転の「負のサイクル」が我が国を襲う。

というわけで、どっちへ転んでもアメリカが一人勝ち、我が国が一人負け。

この状況が長らく続いたのだが、トランプなる新しい客は早くチャーハンが食いたくてしょうがない。


さて、そんなわけで、最新版「北朝鮮の無慈悲なチャーハン」はこんな感じだろうか。
北朝鮮の無慈悲なチャーハン

a0348309_1754916.jpg

緊急献立会議した
チャーハンを作るよう指示した。
食材を仕入れるよう指示した。
食材を仕入れる準備に入った。
食材の仕入れが完了し調理待機状態に突入した。
食材の下拵えを指示した。
鋼鉄の包丁がかつてない程の切れ味で食材を切り裂くだろうと発表した。
鋼鉄の包丁が待機状態に入ったと発表した。
食材の下拵えが終了したと発表した。
下拵えを終えた食材が待機状態に入った。
鋼鉄のフライパンを準備するよう指示した。
鋼鉄のフライパンのが待機状態に入った。
チャーハンの調理を指示した。
チャーハンの調理が可能な待機状態に突入した。
強力な火力で炒めるだろうと発表した。
ガスコンロが待機状態に入った。
お昼までに重大な決断をすると発表した。
お昼のメニューがチャーハンに決定したと発表した。
チャーハンを作ることが承認された。
この世の誰も体験したことのない革命的食感のチャーハンになるだろう。
本物のチャーハンを味わうこととなるだろう。
カレーライスの予定を白紙に戻す決定が下った。
ガスコンロの元栓が総解放され、残されたのはチャーハンの調理だけだ。
チャーハンの調理開始まで1分1秒の状態だ。
チャーハンの調理開始すればコンロが火の海となるだろう。
コンロを一気に火の海にする準備態勢に入った。
コンロを火の海にする前にISISコラを見て休憩中だ。
コンロにミサイルで火を飛ばす実験を海で行った。
コンロにミサイルで火をつければ、本物のチャーハンを味わうこととなるだろう
すでに客には通告している。
チャーハンに松茸を入れる準備をしたが、日本によって阻止された。
日本の客のためのもう一杯のチャーハンを作る準備に入った。
すでに日本の客には通告した。
コンロに火を飛ばす練習を日本海で行った。
コンロの火をつける練習を地下実験した。
コンロに火を付ける練習を宇宙空間で行った。
コンロに火がつけば、最高のチャーハンが焼けるだろう。
日本の客のための緊急献立会議以外にアメリカの客のための献立会議をした
アメリカのコンロに火を入れる練習の開始を指示した
もしアメリカのコンロに火がつけばチャーハンは火の海となって焼け焦げるだろう。
アメリカのコンロに火をつける練習をCGでシミュレーションした。
出前のチャーハンが遅かったので別の客が来てしまった。
ええな、本物のチャーハンを頼むで。← いまココ

−−−嘘吐き多いなぁより


いやはや、いったいいつになれば、チャーハンを調理し始めるのでしょうナア。
いずれにせよ、まだコンロには火もついていない。

が、新しい客は米人だ。早く作らないと、癇癪を起こして店長をブッ飛ばしかねない。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-05 11:33 | ジョーク一発

「あれ〜〜、福島第一原発爆破は民主党のせいだった」んじゃなかったのかいな!?   

みなさん、こんにちは。

除鮮あるのみ。

除染より先に除鮮あるのみ。

だが、除染は物質を取り除くだけだからまだ簡単。

除鮮はヒトモドキ相手だから実に厄介だ。

他所の国の神社仏閣に油を撒いても、清めの儀式だとたわけたことを言って逃げ延びる。

政治家に無理難題の質問を浴びせて怒らせても本人は自分に否がないとのたまう。


今の福島第一原発の問題を作ったのは、現民進党の方である。

旧民主党の時代に菅直人と枝野幸男と仙谷由人および細野モナ男こういった連中が鮮人特有の馬鹿さから起こしてしまった大爆発だったのである。

日本人は2重被爆の悲劇!?:福島第一原発の放射能と在日菅直人の放射脳!?
緊急ガイガー警報:毎時100シーベルト。ついに来るべき時が来たか?
菅直人は人間ではない!?:「人でなし」だから。

(いまでは「人でなし」=「ヒトモドキ」とわかっている)

もっとも
こいつら民主党が日本国民にないしょでイランにプルトニウムを売りさばいていたから、福島第一原発のメンテナンスを行っていたイスラエル企業に命じて、ネタニヤフが爆破命令を出した
のである。

これが内緒の事実だ。

したがって、
すべては朝鮮系の民進党の方に責任があるのであって、現政権である自民党には何ら責任はない。


そりゃ〜〜、自分たちは前政権の民主党政権の尻拭いをさせられているわけだから、そこで民主党の悪事を自分のせいのように言われたら怒るのが当然である。

とまあ、そんな事件が昨日起こったらしい。これである。

自主避難は「自己責任」~復興大臣明言



(撮影:西中誠一郎)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2113

@away_91_
OurPlanetTVの記者さんですか? すばらしい仕事でした、ありがとうございます。

@hamemen
いえ、取材をされたのは、フリーランスの西中誠一郎さんです。
大臣のあまりの言葉に驚き、アワプラにビデオを持ち込んでくださいました。
視聴して、これは大変だ!と思い、素材を使わせていただいた次第です。


その質問を行ったやつがこやつ。西中誠一郎。

(原告・西中誠一郎さん)秘密保護法違憲《東京》訴訟・判決報告集会
a0348309_11183713.png




有名な朝鮮系左翼活動家らしいですナ。


まあ、要するに「確信犯」でやっているわけですナ。

ちなみに、「確信犯」とは、犯罪の罪を知っていて犯罪を起こす犯罪者という意味ではなく、自分が正しいと信じ切ってその結果として犯罪を起こす犯罪者のことである。

だから、神社仏閣に油巻いたり、火を放ったり、レイプしたりする朝鮮人もまたある種の「確信犯」なのである。

あるいは、ジハードといってテロ殺人を行う連中もまた「確信犯」なんですナ。

だから、「確信犯」の殺人者は死刑相当なのである。精神鑑定とか心理査定とかそういうものは意味がない。犯罪は起こされた結果がすべて。動機は「後付」にすぎない。だから、いまの裁判の仕方もすでに誤っているのである。

知能が低かろうが、高かろうが、本人がどういう状態であろうが、結果だけで犯罪者をさばくべきなのである。

すくなくともサッカーなどのスポーツのペナルティーはそういうものである。偶然であろうがなかろうが、意図的なものであろうとなかろうと、反則がルールに規定された凶悪で危ないものであれば、レッドカード一発退場である。

この世からの一発退場=死刑

こういうことにすぎない。


鮮人は日本から一発退場させるべき時代ですナ。

さもなくば、必ず外患誘致罪適用事例になるような、北朝鮮の日本爆撃を呼び込むような犯罪に手を染めるにちがいない。

おそらく民進党のヨシフスターリン有田あたりがやりそうですナ。


いずれにせよ、帰化人や在日外国人の政治活動は禁止すべきである。特に反日行為、反日本人行為は厳罰を処するべきである。

さもなくば、危なすぎてだれも歩けない。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-05 11:11 | 反日・在日の陰謀

「ラマヌジャンの数学」:藤原正彦「ハーディーは一度もラマヌジャンに方法の秘密を聞かなかった!」   

みなさん、こんにちは。

先日S.ラマヌジャンの伝記映画「奇蹟がくれた数式」という、どちらかといえば、保江邦夫博士の伝記映画につけられるべき和名タイトルが選ばれたようだが、原題は「無限を知った男」(The Man who knew infinity)である、をメモした。以下のものである。

ラマヌジャン「奇蹟がくれた数式」:俺には「奇蹟」まだ一度も訪れていない!ヘッドのしすぎか?


まあ、保江邦夫博士の場合なら「路傍の奇蹟」、岡潔博士なら「春の奇蹟」とか「春雨の曲」あるいは「春宵10話」とかそんな感じだろう。

さて、そのラマヌジャンの映画の中で登場する、悪い役として描かれた、トリニティーカレッジの学長さんたち、中でもベイカー(Baker)教授とヒル(Hill)教授。実はこのお二人もまた数学の世界で極めて有名な人だった。

ベイカー教授
a0348309_894358.jpg
はいわゆる「幾何学の原理(principle of geometry)」の大家であり、有名な教科書も書いている。

一方のヒル博士は、ヒル方程式という、いわゆる周期関数を係数に持つタイプの微分方程式論の創始者であるヒル博士かと思いきや、全く違った。あるいは、ヒルの式のヒルかと思いきや、これまた違った。

どうやらこっちのヒルさんだった。

M. J. M. Hill

この博士は「球状渦(Hill's spherical vortex)」を初めて証明した人物だったようだ。

いわゆる
球電(ball lightning)
a0348309_910518.png

というものの数学解を導いたらしい。


さて、ついでに「ラマヌジャンの数学」がどんなものであったか?

これについては我が国でもガロアやラマヌジャンのような弱者に対する共感からか、非常にファンがいる。だから、すでにたくさんのサイトがあるようだ。

中でも作家新田次郎の息子の数学者藤原正彦博士が「ラマヌジャンの数学」をまとめていたので、それもメモしておこう。以下のものである。

Ramanujanの数学



数学には我々にはまだ良くわからない未知の部分がある。

そういう印象を醸し出す。

フェルマーもそうだった。彼は「証明があるが、余白には書ききれないから省略」といって打ち切った。

あるいは、最近では、極めて桁数の多い四則演算を数字を使わないで計算するというサヴァン症候群的な、共感覚に基づいて行うと一瞬で計算結果が出せるという人もチラホラ出てきている。

共感覚

数字に色が見える共感覚者であっても、漢数字やサイコロの目に「見える」色が変わらない場合、「数の大きさ」に色を感覚していると言える。 この派生で数に触感を覚える共感覚もある。ドイツの人間コンピューター、リュディガー・ガムは数の触感を使って桁の大きな階乗計算を行なっている。



こういうことから類推すると

感覚を研ぎ澄ませれば〜〜〜

というのもなんとなく分かる感じがするが、我々凡人には真似はできないのは確かである。


さて、最後に、この映画の中で、栄誉についてG. H.ハーディが言った部分がある。以下の言葉である。

a0348309_9263738.jpg

「人生には様々な栄誉がある。
フェローに選ばれることもそうだが、
私の考えを言うなら、
このレン図書館に自分の死後遺品が残ることこそ
最大の栄誉だ」


御意!

私も同感である。

まあ、俺にはそういうものはないが、これこそ図書館がなぜ古本を残し、保管しなければならないかの理由を実に明快に述べた言葉といえるだろう。

翻って、昨今の大学の「図書除籍運動」はあまりにお馬鹿な振る舞いと言えるだろう。それを黙認している文科省など存在意義がない。

生前、命を削って研究し、それを教科書や専門書の形にして、ハーディーのように、自分の業績が書籍として大学に残れば素晴らしいと思って生き抜いた科学者や数学者や文学者などの学者さんたちの本をいつのまにかアマゾンに売りさばく。

まさに売国奴ならぬ売学奴であろう。

今からでも遅くはない。大学の除籍は禁止にすべきですナ。


ところで、藤原博士によるとハーディーは、ラマヌジャンにどうやって公式を導いたのか、あるいはどうやって導くのかについては一度も聞いたことがなかったというのである。

ざんね〜〜ん!実に残念。



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-05 09:35 | 普通のサイエンス

駐韓大使を返却の愚!?:サイコパス岸田と二階がいたら、自民にも「韓の法則』発動しそうですナ!   

みなさん、こんにちは。

我が国の”悲劇”は隣に支那と朝鮮が存在すること。→日本の悲劇

我が党の”悲劇”は党内に二階と岸田がいること。→自民党の悲劇


とまあ、そんな案配のようですナ。


いやはや、サイコパス岸田外相が、なんともう駐韓大使を返却するとか。

一般国民が「今の状況が妥当だ」と考えているさなかの返却である。

【世論調査】朝日新聞「日本政府が駐韓大使の一時帰国を続けていることは、妥当だと思いますか?」…妥当だ63%

■調査―質問と回答〈3月11、12日実施〉

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は2月18、19日の調査結果)

中略

◆日本と韓国はおととし、慰安婦問題を決着させることで合意しましたが、韓国では朴槿恵大統領の罷免が決まり、新しい大統領を選ぶ選挙が行われることになりました。このことで慰安婦問題についての合意が守られなくなることをどの程度心配していますか。(択一)

 大いに心配している29

 ある程度心配している37

 あまり心配していない21

 まったく心配していない7

◆日本政府は、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する像がたてられたことに抗議し、大使らを今年初めから日本に一時帰国させています。日本政府が大使らの一時帰国を続けていることは、妥当だと思いますか。妥当ではないと思いますか。

 妥当だ63

 妥当ではない20

〈調査方法〉 11、12の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1669件、有効回答828人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2188件、有効回答1021人。回答率47%。



それに対して朝鮮日本新報ことアカヒ新聞や変態毎日こと毎日新聞が大喜びだとか。

ところで、TBSのBSでは不良外人だけが取り仕切り、日本のニュースだと称して反日ニュースを垂れ流すファルスニュース番組、ホークス番組があったからこれまた驚いた。

もはや日本に住まわせてもらっていることを度外視して、我が物顔になってきた観がありますナ。

パックンお前のことだヨ!


さて、最初の岸田の話に戻ると、なんと表向きは「邦人保護」のためだというのだが、韓国にいる邦人なんて偽邦人(=在日朝鮮人帰化人ルーツ)ではないのかいな?

韓国経済 最新】帰任させた駐韓大使を岸田外相が韓国に戻すと宣言!緊急事態発生か 突然の事態に困惑する人続出 douga yukaina 中国編


駐韓大使帰任の理由が邦人保護。半島有事来るのか?と、ざわつきだす


すると、即座に、超絶反日新聞のアカヒと変態毎日が大喜びの記事を出す。これをみても岸田と二階の行いが間違いだったと分かるだろうヨ。これである。


【駐韓大使帰任】毎日新聞「遅きに失した妥当な判断。誠実な合意履行のために、日韓は協力しなければならない」
a0348309_13302052.jpg


駐韓大使3カ月ぶり帰任 選挙を控え妥当な判断だ
政府は長嶺安政駐韓大使の帰任を決めた。慰安婦を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に建てられたことを受けて1月に帰国させていたが、きょうソウルに戻す。

外国公館前への新たな少女像設置は、慰安婦問題を巡る一昨年の日韓合意の精神に反している。外交的な強い不快感を表明するために大使を一時帰国させた判断は理解できるものだった。釜山の少女像移転のめどは現在も立っていない。だが、帰国期間が長期化することによって外交的なデメリットが大きくなっていた。

韓国では来月9日に大統領選が行われる。大使不在では次期政権との人脈作りも進まない。大統領選は、世論調査の支持率1位である最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表と、急速に支持を伸ばしている第2野党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)前共同代表による事実上の一騎打ちとなる可能性が高い。

2人とも日本との接点をほとんど持たず、慰安婦問題を巡る日韓合意を批判している。ただ、繰り上げ選挙で日程の余裕がないこともあって公約発表はこれからだ。次期政権の政策作りに携わるブレーンたちに日本の考えを丁寧に説明する必要がある。肩書をとりわけ重視する韓国社会においては、その際に大使の存在が大きな意味を持つ。

安全保障上の観点からも、いざという時に韓国政府との窓口となる駐韓大使の不在は望ましくない。北朝鮮は、今週後半の米中首脳会談に合わせて核実験などの挑発行為をする恐れがある。日韓関係の悪化は、北朝鮮につけ入るすきを与えるだけだ。韓国政府も何もしていないわけではない。2月には釜山の自治体に少女像移転を要請し、合意を守る考えを明確に示した。

以上のことを踏まえれば、やや遅きに失したとはいえ、ここで大使を帰任させる判断は妥当であろう。慰安婦問題を巡る日韓合意の重要性は変わらない。

大使帰任を発表した岸田文雄外相が強調したように国際社会との約束であり、日韓両国は合意を守る責任を共有している。誠実な合意履行のために、日韓は協力していかなければならない。


”駐韓大使の帰任”に朝日新聞が『予想通りすぎる最低社説』を掲載した模様。自分たちの悪行の自覚は皆無

(社説)駐韓大使帰任 日韓関係の再生を急げ

日本政府を代表する駐韓大使と釜山総領事が、韓国での任地に戻ることになった。岸田文雄外相がきのう、発表した。

3カ月近くも大使らが隣国にいないという異常事態がやっと解消される。遅きに失したとはいえ、当然の措置である。

韓国はいま、前大統領の朴槿恵(パククネ)氏が弾劾(だんがい)されて座を追われ、次期大統領選が1カ月余り後に迫っている。日韓関係の立て直しを急がねばならない。

大使らの「一時帰国」は、釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が立ったことへの対抗措置とされた。

この間、韓国政界では大統領選へ向けた様々な動きが活発化した。きのうは最大野党「共に民主党」の公認候補に、文在寅(ムンジェイン)・前代表が決まった。

ところが外務省関係者によると、日本は大使が不在のため、有力候補の陣営幹部との人脈づくりなどが遅れた。

これまで韓国では選挙の後、約2カ月間の政権引き継ぎ期間があったが、今回は違う。現職大統領がいないため、当選者による新政権が即時発足する。

それだけに、選挙の途中過程からしっかり情報を集め、来月からの新政権との対話に備える必要がある。出遅れを取り戻すよう努めねばならない。

日韓間には懸案が多くあり、とくに歴史認識問題をめぐってはナショナリズムが高揚しがちだ。その壁を越えて健全な互恵関係を築くには、冷静に現実を見すえる外交が欠かせない。

その意味で大使らの「一時帰国」は短慮だったと言わざるをえない。像の移転問題の進展を求めてきたが、結果として事態に何の変化もないまま、矛を収めることになった。

帰任する大使らには、2年前の日韓の慰安婦合意の意義を粘り強く韓国に説き、少女像問題の進展につなげてほしい。

一方、韓国の次期大統領候補者たちも、両国関係を改善させる大局的な意義を、国民にきちんと説くべきである。選挙での人気獲得を狙って対日批判に走るなら、責任ある指導者とはいえない。

北朝鮮は再び、核実験の兆候ともとれる動きをみせている。トランプ米政権は、北朝鮮への軍事攻撃を排除しない新政策を検討しているとされる。今週開かれる米中首脳会談でも、北朝鮮政策は主要議題となる。

東アジアの情勢が混沌(こんとん)とするなか、歴史問題に拘泥して外交の選択肢を狭める余裕はない。安倍政権は、韓国の政権移行の時機を逸することなく、日韓関係を再建すべきである。


岸田や二階俊博の思惑とは違い、いくら日本人が双方のためだと考えていたとしても、相手の朝鮮人がそう考えるということはない。

韓国紙「駐韓日本大使、85日で白旗投降?」

「少女像抗議」 駐韓日本大使85日ぶりに白旗投降?
イーデイリー(韓国語)

長嶺安政駐韓日本大使が席を外して約3カ月ぶり、4日に再び韓国に戻る。長嶺大使の帰任で少女像問題と日本側の不当な独島(ドクト、日本名:竹島)領有権主張などでにより悪化の一途をたどった韓日関係は多少なりとも一息つくのか注目される。

3日、日本メディアによれば岸田文雄外相はこの日、外務省で記者会見を持って「1月から一時帰国している長嶺大使と森本釜山総領事を明日(4日)、帰任させることにした」と明らかにした。駐韓日本大使館などによれば長嶺大使は日本航空便を利用して明日午後10時に金浦(キンポ)空港に到着する予定だ。

今年1月9日、釜山日本総領事館近隣に設置された慰安婦少女像に対する抗議の意味で長嶺大使を本国で召喚して85日たった。日本政府は当時、駐韓日本大使の一時帰国とともに通貨スワップ交渉中断、高位級経済協議延期を決め市民団体の少女像設置に強く反発した。

その後、日本政府の人々の少女像および独島関連妄言が相次いで国内では独島をはじめ、追加で少女像を設立しようとする地方自治体と市民社会の動きが活発化し、両国間葛藤の溝はより一層深くなった。

日本側は今回、長嶺大使の帰任を電撃的に決めることになった背景に来月の初め実施される韓国大統領選挙を控えて政権移行期の情報収集など次期政権誕生に備える必要があるという点と北朝鮮問題に対応するために緊密な高位級協議が重要だという点を上げた。

当初、日本公館近所の少女像に対する明確な進展があるまで、駐韓大使を帰任させないとし、頑強な立場を見せた日本政府が考えを変えたのは、最近、北朝鮮の核・ミサイル脅威が高まっている点が大きな影響を及ぼしたと見られる。

今月中、北朝鮮の追加核実験および大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射の可能性が大きい中、事前協議および状況対応にあって韓米日3角協力が重要だという判断の下、このような決定を下したと解釈される。

外交部当局者は「日本政府が明日(4日)、長嶺駐韓日本大使を帰任させることに決めたと理解している」として「長嶺大使帰任を契機に両国間の疎通がより緊密に成ることを期待する」と話した。

イーデイリー=チャン・ヨンウン記者
a0348309_149010.jpg


北朝鮮は破壊される運命の国。

南朝鮮は消滅する運命にある国。

はたしてこの2カ国を助ける意味があるのだろうか?


また、我が国に寄生中の朝鮮系在日帰化人たちを安泰に住まわせておく意味があるだろうか?

住まわせてもどうせ振り込め詐欺、放火、殺人、人食い、強姦、略奪、恐喝、暴力、売春、薬取引、入れ墨、などしかしないし、生み出す産業と言えば、

アダルト、パチンコ、エッチホテル、売春宿、ヤクザ、麻薬、詐欺、高利貸し、ブラック企業

のようなものしか生み出さない。


すべてこの地球人にとって無意味で、むしろ有害なものしか生み出してこない。

地球を浄化するためには、こういった広域犯罪人種を消滅させなければならない。


そんなことも分からずに、その在日韓国人、在日朝鮮人の指南役である韓国、北朝鮮を野放しにするような政治を行い続ければ、いずれ我が国そのものが破綻するのは間違いないでしょうナア。

そろそろ、アパホテルや高須クリニックのような企業人は、日本第一党のような「ジャパンファースト」を掲げる政党にお金を出すべきかもしれないですナ。

ちなみに、セガサミー小池百合子のいう「都民ファースト」というのは、あくまで日本人以外も含めた「都民」だけをファーストにするものだから、偽ものである。


やはり、地域にかぎらず「ジャパンファースト」「日本人ファースト」が原理原則となって初めて外国人の問題が持ち上がるのである。

寄生虫は宿主あったればこそ生きながらえることができる。宿主が死んだら、当然寄生虫も死ぬわけである。


まあ、支那人、ユダヤ人、イナゴ説というのもあり、連中はその国を食いつぶすとまた次のターゲットに向かうというものもあるから、寄生虫というよりは、イナゴの大群なのかも知れないですナ。


ところで、白人特有の思想に、自分たちの仲間が他民族と結婚したら、その子が自分たちよりもましてや相手よりもずっときれいになる。だから、自分たちの遺伝子は偉大なんだ、と考えるというものがある。

つまり、白人ハーフになると、非常にきれいだから、どんどん相手の娘をものにして子を作れ。そういう思想がある。


ところが、これはまた白人特有の物事の先を見ることができない特徴を表している。

実は、白人と東洋人、あるいは白人と黒人など異人種間の結婚にはハーフ程度までならまだしも、クォーターやそれ以上になると現れるリスクというものが存在するのである。

つまり、一見ハーフの段階では見た目の面で、両方の親のそれぞれの良さを持ち合わせたような子になる場合が多い。だから、うまく行った場合には、ハーフではなく、ダブルだという言い方をする場合もある。

ところが、さらにその先になった場合に、知的面で非常に障がい児が多く誕生してしまうという未知の、未解明の問題が存在するのである。

見た目もいまいち、知能もいまいちの、なんとも言えない子が登場するのである。

これは、むしろ白人の方がよく知っているが、表向きでは黙っていることが多い。

一番の例が、インドである。


インドは、古代の3000年前にヒマラヤを超えて、アーリヤ人がインドに侵入し、レイプしまくってインドの先住民に子を作り増殖した。その結果、能力において、ほぼ4つの階層にならざるをえないように民族が分離したのである。

白人と異民族が混血を繰り返した場合、最低カーストとして扱わなければならないどうしようもないレベルの人間がどういうわけか誕生するらしいのである。

これと同じことが今は北米および南米で登場しているのである。

この白人ハーフ以降のリスクという問題は、まだほとんど知られていないのである。

ある種の遺伝の法則として、白人に見た目も知能も近い階層。あるいは、そのどちらかを保持する階層。そして、両方の悪い面だけが増大してしまった階層。こういうふうになるらしいのである。

こうなると、最終的には結局インドのように人種階層が生まれてしまうのである。


最近になって、我が国でもやたらとハーフが増えた結果、どうもこの問題が見え始めてきたようなきがするわけである。

おもてなしの彼女のようないい子の白人ハーフもいるが、反面、なんとも形容し難い白人ハーフも増えてきたのである。

物事には必ず良い面と悪い面の両方がある。

常にリスクを念頭において行動しないと、後の祭りになるわけである。

西洋人の白人ですらそうなのだから、朝鮮人ではなおさらである。

なぜなら朝鮮人の場合は、遺伝子上に救いがたい問題が蓄積されているからである。まあ、いまではかなり明らかになったが、その危険性は計り知れないものがあるのである。


まあ、朝鮮顔の岸田だから、言っても無理なんだろうが、駐韓大使として韓国に返した結果、その大使がテロにあって死んだりしたら、岸田外相は切腹して責任を取ってくれるのであろうヨ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-04 14:09 | 韓国・ウリナラ・法則

ラマヌジャン「奇蹟がくれた数式」:俺には「奇蹟」まだ一度も訪れていない!ヘッドのしすぎか?   

ラマヌジャン
a0348309_8193747.jpg


みなさん、こんにちは。

昨日は久しぶりに夫婦で映画でも見ようかと思い、昨年暮れに公開されたらしいインド人数学者のラマヌジャンの映画を見ようと徳島県内の映画館の映画情報を見たのだが、実に残念ながら徳島でこの映画を公開している映画館は存在しなかった。

そんなわけで、どこかでレンタルできないかということで奥さんが調べると、なんとツタヤにあった。というわけで、レンタルビデオでラマヌジャンの映画を見ることができたというわけだ。以下のものである。

10/22公開 『奇蹟がくれた数式』予告編


さて、この物語には何人かの著名な数学者が登場する。というより、何人の数学者の名前に気がつくかはその人の数学に対する知識の幅に比例していると言うべきかもしれない。

主人公がもちろんラマヌジャンだが、その相手になる
ハーディ教授
a0348309_8521885.jpg

リトルウッド教授
a0348309_8505485.jpg


この3人はこの物語のメインである。

それにバートランドが加わる。ハーディとの皮肉のジョークの相手になるのだが、むろんこれは
バートランド・ラッセル教授
a0348309_8532734.png
のことである。数学者で哲学者。後に湯川秀樹博士とパグウォッシュ会議を開いたあのラッセル卿である。またいまでは生粋のNWOのシオニストであったのではないかと言われている。

面白いのはこの映画のリトルウッドとハーディのテニスのシーンで、ハーディがシオン議定書の話を出してくるところである。むろん、気違い数学者が繰り出すご託宣の一つとして出ているわけだ。

シオニストの否定論者とまったく関係のないはずのラマヌジャンの映画で、それとなくシオンの議定書がとんでもない偽物の一つとして突っ込んでくるところががユダヤ的である。

さすがにラマヌジャンとシオンの議定書を同列で扱うのはジョークのようなものであろう。


さて、ラマヌジャンがいよいよ貧困、というより、イギリスのまずい食事と不衛生な環境のせいで栄養失調になって結核にかかってしまい始めた頃、同じインド人の留学生が登場する。その若者はさりげなく

僕はマハラノビスです

というシーンがある。

実はこの
マハラノビス
a0348309_9365758.png
はその後のインド数学会、インドの統計研究所の所長となり、我が国の統計学の父となる北川敏男博士の庇護者として有名な存在に成長するのである。

この北川敏男博士が我が国の九州大学の設立当時の大学構成の設計者になり、統計学や生物学や社会学などの数理研究の拠点として現代の九州大学が設立されたのである。

この北川敏男博士が若い頃に統計学を学ぶために出向いた場所、それがマハラノビスのいるインドであった。

このマハラノビスはノーバート・ウィーナー他の確率統計学の研究者とも交流があり、我が国の統計数学の世界にも大きな影響を与えたのである。

また、今の国連の草創期において、世界の人口統計、社会的な統計を世界最初に行い、世界の人口動態とか、社会環境とかそうした世界の統計の基盤を作った人物でもあるという。

北川敏男博士がインドに留学中に、推測過程理論を構築し、それが戦後の日本の品質管理の数学的基礎になっていき、戦後の我が国の輸出製品の品質向上や生産効率の上昇を導くきっかけになっていったのである。

というわけで、私個人はラマヌジャンもさることながら、ほんのちょっとの出番しかなかったが、このマハラノビスの登場にも非常に興味を感じたのである。


一方、アメリカ生まれのユダヤ人ノーバート・ウィーナーも10台でハーバード大に入学し、10台でそこを卒業した後、英国のラッセルのところに留学したのである。最初は哲学者になりたくて留学したらしいが、だんだん数学に傾倒していき、数学者に育つ。

「この世の全ては不完全なものである」

というノーバート・ウィーナーの子供の頃の自分の哲学を完成すべくそれを実現した結果が、

ウィーナー過程の理論

であった。つまり、確率過程論という数学を生み出し、それが統計学や確率論に応用され、それが我が国の伊藤清博士により「確率微分方程式」の理論に結びついていく。そして、それがアメリカのエドワード・ネルソンにより量子力学の確率量子化の手法に利用されていく。そしてそれがさらに我が国の保江邦夫博士やフランスのマリアヴァン博士により「確率変分学」へと結びつく。

その一方で、ウィーナー過程を拡張した「ベルンスタイン過程」が誕生する。さらにこれを保江邦夫の愛弟子であるザンブリニが確率変分学的に扱い、量子力学のベルンスタイン過程理論に基づく確率量子化論を生み出していく。

さらには、マンデルブローがウィーナー過程をさらにフラクタルな事象へ拡張したマンデルブロー過程に拡張していく。それが確率微分方程式となると分数確率微分方程式へと昇華されていく。

というようなわけで、この時期のイングランドの数学界は一種独特の雰囲気を持っていたようなのであるが、その一種独特な英国数学者のかなりアスペルガー的空気が見事に醸し出されているという意味で、この映画は実に面白い側面がある。

まあ、普通の日本人なら御免被りたいタイプの厚切りジェーソンとかパックンとかあの手の嫌味な白人に共通するシニカルなジョークの応酬がある。

そういうのは、我が国の一般人にはあまり理解できないのではないか。俺は結構笑ったが、奥さんはまったく理解できなかったようだ。

むしろ、我が国の一般の人からすれば、インドの下層階級の生活の方に目が行ったのかもしれない。

嫁と姑の関係。

こういう方に目が行くのだろう。ラマヌジャンの奥さんと彼の母親との確執はなかなか理解できないが、こういうところにインドのカースト制度の影響があるのかもしれない。

ラマヌジャンは貧困家庭ではあっても一応はバラモンの出身。

彼の奥さんの出自はちょっと分からないが、普通の家庭であれば、家柄が違うというようなことが原因だったかもしれないが、ラマヌジャンの母親の意地悪のせいで、ラマヌジャンの結婚がうまく行かなかったのは大変残念だった。

また、マハラノビスともっと早く出会い、マハラノビスの助力を得ていれば、ラマヌジャンはインドの統計研究所でその職員として過ごせたかもしれないと思うとこれまた実に残念である。



このラマヌジャンに匹敵する天才が我が国にも存在した。その1人が南方熊楠である。また、数学者の岡潔博士である。

我が国の映画界で、ぜひ岡潔博士の伝記映画でも作り、アカデミー賞を取ってもらいたいものである。

ラマヌジャンが
女神ナマギリ
a0348309_9454937.jpg
のご加護の下にさまざまなひらめきを得て、数限りない数式を得たように、岡潔もまた数学で行き詰った時に仏教に帰依して高野山で修行を積んで戻ると、それまでの難問が自然に解決できたという話である。

その経験から数学は問題を簡略化したら解けると考えがちだがむしろその逆で、より一般化しより抽象化したほうが問題が簡単になり解けるようになるのであると主張したのである。

広中平祐博士が特異点解消定理の難問が解けないために、特殊な問題に簡略化して解くという弘中のプランを紹介したところ、即座に岡潔が
「きみね〜〜、問題はむしろずっと難しくしたほうが簡単になるんちゃうか」
といったところ、その後弘中はさんざん失敗を重ねた挙句、岡のよう言うに問題をより一般化したらむしろ簡単になって解決への道が見えたというのは有名な実話である。

数学とは最初に「なんとなく」答えが見つかるもので、後からその証明を探すのである。

保江邦夫博士の場合は、ドイツに講演にいくさなか、アウトバーンで時速200km近いスピードになったとき、突然静寂が訪れ、その異様な状況のもと、額の裏に突如として1つの方程式が現れたのである。

それが「確率変分学」の誕生であった。

どうやら保江邦夫博士の場合は、
聖母マリア様
a0348309_9475692.jpg
のご加護らしい。


数学というのはこうやって生まれるものである。

コツコツと研究してできるというものではない。

参考までにコツコツとやってもだめだという例も最近見つけたので、本人を否定するつもりはないのだが、それをメモしておこう。数学は突如答えがひらめくものであって、コツコツやってできるものはない。が、なかなかこれが学校の数学の先生たちには理解されないことなのである。

黒川信重教授.最終講義「絶対数学の世界を旅して」


対談「ラマヌジャンを語る」


というようなわけで、長年コツコツと研究しても駄目なのだが、むしろどこかで頭を打ったらとたんに思いついたというような方が数学では現実にはありそうなことなのである。


いずれにせよ、ラマヌジャンがどのようにしてあの式を見つけたのか?

これは未だに世界の数学の謎なのである。

ラマヌジャンに言わせると、
15歳のときにジョージ・カー (George Shoobridge Carr) という数学教師が著した『純粋数学要覧』という受験用の数学公式集に出会ったことが彼の方向性を決めた。
というように、その数学公式集をバイブルのように眺めているうちに、独特の算数を発見し、それを用いると自然と謎の公式が導けるようになったという話である。


残念ながら、俺にはそういう能力はない。

たぶんサッカーであまりに多くヘディングしすぎたせいかもナ。

中学時代、ヘッドすると公式を忘れるぞっていうのが我々の冗談の一つだった。実際、ゴールキックされたボールを直接ヘッドすると、火花が散るからナア。


いやはや世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-03 09:34 | 普通のサイエンス

「アラブ人の遠い記憶」:人種と国家と言語、この相容れない3つの概念!?   

アラブ人の遠い記憶
a0348309_16451116.png



みなさん、こんにちは。



という字は両足で歩く動物を表している。

つまり、人は歩く動物である。

したがって、人は移動する。

人はある場所から別のある場所へ移動して住むことができる。

この事実からすれば、場所を基準にした国家という概念にとって人という概念は相反するものである。

人の定義からすれば国家は存在を危うくする。


今の韓国人は昔の韓国人とは言葉も顔も異なる。

今のアラブ人はイスラム教を信じる前は今のイスラエル人の祖となる人種のセム系の民族だった。

今のパレスティナ人は遺伝上は今のイスラエル人より昔のユダヤ人の方に近い民族である。

今のユダヤ人はユダヤ教を信じる前はユダヤ人ではなくハザール人だった。

今のアメリカ人は新大陸に移住する前は大英帝国の貧困白人種にすぎなかった。

今のイギリス人ももとはドイツ・オランダから移住したアングロ・サクソン系ノルマン人でしかなかった。

今の我が国の天皇家も遠くアフリカ発中東カナン経由そして西アジア、印度、北方アジア、支那、朝鮮を経由してやってきたアジア系の民族だった。

今の大阪の人の大半は明治以降にやってきた朝鮮のチェジュ島出身の人種だった。


人種、言語、国家は一見お互いに密接に関係しているように見えるが、実はそれぞれに相容れない対立概念なのである。

場所すなわち自然環境を中心にした国家をもって民族を語るべきか、あるいは、

意思疎通すなわち会話を中心にした言語をもって民族を語るべきか、あるいは

顔形すなわち身体の特徴を中心にした人種をもって民族を語るべきか、

それにより国の見え方は変わってしまう。


ところが、一見そういう観点からすると違って見える民族や国家や言語の中に遠い昔の記憶が蘇るという摩訶不思議なことが起こるという。


そんなことを彷彿させるのがこれ。

アラブ人の遠い記憶には我が国と共通の言葉が込められていたらしい。

バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件(復帰)



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-04-01 16:45 | ジョーク一発