<   2017年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧   

ジョーク一発:錦織圭に忍び寄る「Kの法則」発動の危機!?:キムチの食べ過ぎか、ナス科の祟りか!?   

かつての錦織圭はこういう子供だった。
「テニス選手はラケットが命です」by 錦織圭
a0348309_09313477.jpg
両親が語る錦織圭の小学生時代「子供の1年は大人の10年の価値がある」

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

さて、どうしてもこの話はメモしておきたかったので、しばらく様子を見ていたが、どうやら変わりそうにないので、メモすることにしよう。

天才テニスプレーヤー 錦織圭選手

のことだ。

最近の錦織圭選手は、あのとんねるずの下らん番組に出るようになってからかなり変である。雰囲気として、いつもへらへらしている感じの人間になった。

それまではどちらかといえば、ニヒルというか、ちょっと影のある感じのナイーブな少年。そんな感じだった。

そして、徐々に実力を付け、世界ランクベスト4入りしたあたりから、何かが変わって来た。

あとで知ったところでは、

彼女ができた

ということらしい。が、この彼女のせいなのか、錦織圭選手のプレーが雑になってきた。

また、

怪我になやまされる

ようになった。

その結果、本戦前のプレ大会で疲れ切って怪我しては本戦でふがいなく怪我で途中棄権を繰り返すようになった。


まあ、俺にしてみれば、

その彼女は日本人かいな?

もしそうなら、

さ・げ・ま・ん=さげまん

ということになろう。

もし朝鮮人や支那人なら、

Kの法則、韓国の法則の発動

ということだろう。


この兆候やこの悪影響がもろに試合に出ているのが、最近の錦織圭選手の定番となった

ラケットのぶち投げ!

錦織「自分で展開していくのは難しかった」一問一答
a0348309_09464733.png
-バウティスタとは芝コートで初対戦だった 
錦織 フラットで低いボールを打ってくるので攻めにくかった。芝でもアグレッシブにプレーをしてきて、フォアを使われるとディフェンスに回る場面が多かった。攻めなきゃいけない場面でも難しかった。 
-過去の対戦と違ったところは 
錦織 うまくフォア側に振られたり、先に展開されたりすることが多くあった。なかなか自分で展開していくのは難しかった。 
-2試合連続で3時間超の試合。疲労は 
錦織 体調は全く問題なかった。 
-第1サーブの出来について 
錦織 場面、場面によって入れなきゃいけない場面で入らなかったり。ダブルフォールトももったいないところで何回かあった。確率自体はそんなに悪くはないが、フリーポイントもそこまでなかった。

最近、ちくしょう、と怒ってラケットをコートにぶち投げて破壊する行動が目立って来た。

ちょっと前には、こんなやつがあった。

‼️錦織選手が全仏オープン2017でラケット破壊‼️
a0348309_09521349.png

どうも世界ランク上位の有名選手たちが、へました時の悪童ぶりが世界中に感染したようで、なんとこんなものまでできていた。
テニスラケット破壊シーン集

ところで、サッカーでこんなふうなことをすれば、即「非紳士的プレー」でイエローカードの警告か、あるいはレッドカードの一発退場だろう。

テニスにも、イエローカードの警告とレッドカードの一発退場を作ったら良いのではないか?

錦織圭、レッド食らって一発敗退。

こんなのも面白いかもナ。


ところで、テニスっていうのは、もともとイギリス紳士のスポーツだったのでは?

Wimbledon 1974 - Ken Rosewall vs Stan Smith
だから、エレガントにプレーするのが本筋。本家本元のはずである。

かつて、あのラマヌジャンを指導したイギリスの天才数学者のハーディーとリトルウッド。

ノーバート・ウィーナーもその同じ時代に彼らの指導を受けたのだが、その自伝によれば、なんと

ハーディーはとてつもないハンサム
a0348309_10082473.jpg
で、かつ運動神経抜群。あらゆるボールスポーツの達人だった。

つまり、サッカーやラグビーから、クリケットから、テニスまで、こういったスポーツがやたらとうまかったらしい。中でもテニスが超一流で、大会で優勝できるほど。

かたやリトルウッド。この人は、とてつもないタフな体力の持ち主で、元祖ロッククライミングのクリフハンガーやボルダリングで、絶壁登りの達人だったとか。
a0348309_10043779.jpeg
それで暇さえあれば、もちろん数学研究の暇つぶしに、そこら中の壁、もちろんケンブリッジ大学の壁を登ったらしい。

ある時、ウィーナーの目の前でケンブリッジ大学のビルの壁をあっという間によじ上り、上の階に行ってしまったとか。

この精神力や粘り強さが、リトルウッドの持ち味で、それがリトルウッドの数学研究のやりかた、粘り強く考え、計算し、解くということの源流になっているという。

一方、華麗なテニスが得意のハーディーもその数学の華麗さやエレガントさはここに源流があるというのである。

ちなみにもう一人の天才アラン・チューリングは、マラソンの選手として代表になれるほどの走者だったという。数学の学会があれば、そこまで何十キロか走って出かけたという。

チューリングは一説では今でいうゲイ、昔の言い方ではホモだったといい、それがバレて差別されて心理的に追いつめられて自殺した、という伝説がある。

一方、ハーディーもホモやゲイではないが、極度の「女嫌い」だったらしい。理由は不明とのこと。

ところで、ニコラ・テスラは女嫌いでもホモでもなかったのだが、女性と結婚することもつきあうこともなかったという。

その理由は、女性に恋をすると、科学的探究心が弱くなり、偉大な発見などできなくなるからだ、というのである。ましてや、結婚などしたら研究者としては終わりだ。

これがニコラ・テスラの女性に対する考え方だった。


ちょっと話が数学に移ってしまったが、スポーツでもこれに近いことがいえるという面もある。

ある程度良い選手になるまでは、女は御法度。

さもなくば、最高の技量は身に付かない。

しかし、自分がある程度成功したと思って、女性とつきあい始めたり、結婚などしてみると、

もう選手としては終わり

というような面もあるのである。

はたして錦織圭選手の彼女は献身的なのか、破壊的なのか、破滅的なのか、有害なのか?

結果からみると、どうやら

有害

の方だろう。それも「Kの法則発動」という方向に近い。

まあ、キムチの食べ過ぎで、脳が異様に昂奮状態にあるんでしょうナア。

キムチの主成分のカプサイシンは、中毒になると、すぐに切れるようになる。

私はこの10年以上キムチも食べていないし、また茄子科を食べないようになって数年経つが、ほとんど昂奮したり、切れることがなくなった。

錦織圭選手は、やはり和風の小林麻央さんのような人を彼女に持つべきだったのではなかろうか?

どうも女の食性のせいでこうなった可能性が高いですナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-08 10:31 | ジョーク一発

20世紀は映像の世紀、21世紀は偽映像の世紀!?:「ファルスニュース」これが「情報戦争」の手法!?   

みなさん、こんにちは。

昨今のマスメディアは「騙すメディア」=「堕マスメディア」=ダマスメディア、となって久しい。

アメリカではABCやCNN、イギリスではBBC、我が国ではNHK、

こういった大手メディアがファルス・ニュース=偽ニュースを流しまくる。

我が国の民放など論外である。

フジテレビやテレビ朝日や毎日放送や日本テレビなど

が連日、電通の連絡部からの指示通りに、シナリオ通りに演出する。

最近では、バラエティー番組が、いつしかその後に行われるドラマの番組宣伝とまで化した。

コメンテーターでいるのかと思えば、なんとドラマや番組の宣伝のために、座って待っているだけだったりするんですナ。

さらには、ドラマの内容に合わせてCMが組み込まれていて、ドラマの続きかと思ったら、CMだったりするわけだ。

火曜サスペンスの殺人事件ドラマを見ていたとすると、その途中で、生命保険のCMが来る。

なんかネットの悪影響をもろに受けたようですナ。


私はたまたま最近、例の真珠湾攻撃の総司令官淵田美津雄さんの話に出た、福岡のチャペルをネットで調べたら、

なんと次からネット広告が全部、結婚式用のチャペル
a0348309_15061590.jpeg
に変わってしまったという案配である。

俺はもう銀婚式をあげたんですよ。

さらに驚くべきことは、最近では、パソコンにAIが仕込まれているものでは、パソコンの前で何か話すと、例えば、天地真理の歌でも唱えば、次からネットCMが天地真理に変わる。

あるいは、パソコンのカメラレンズを塞いでいなければ、俺の眼が一重だったりすると、次から二重整形のCMに変わる。

これって、AIが俺をモニターして勝手にCM貼付けているんじゃね〜〜の???

実に末恐ろしい時代に入ったんですナ。


さて、前置きが大分逸れて長くなってしまったが、そんなダマスメディアの仕業を一発で説明する絵というものがある。

つまり、主従逆転、やった方がやられたふりをするという手法だ。


欧米では、これが有名だ。

CNNはこの典型らしいですナ。
a0348309_14100471.jpg

さて、この東京都議会選挙、我が国の在日帰化朝鮮人に支配されたダマスメディアでは、反安倍派が主流らしい。そんな連中の報道の仕方がこれだった。


安倍首相の応援演説は、360度全部自民党の安倍晋三を声援する人だかり。
a0348309_14120650.jpg


それがなんと連日テレビでは、上の青い部分だけを大きく拡大してそこだけを取り上げて、安倍首相の反対勢力で一杯ですと報道した。

それがこれだった。

a0348309_14123412.jpg

要するに、反自民、反安倍、反政府の反旗を翻した在日帰化朝鮮系の左翼のグループがマスコミと結託してその隣に陣取り、それをマスコミが撮影しただけのことだった。

つまり、こういうことをおやりになった。

a0348309_14122083.jpg
(これを作った人はプロか?実にうまい)


問題は、日本第一党のように、マスコミのメディアそのものから、「泡沫候補」や「泡沫政党」扱いされて、見えない、消されている、invisible partyとされているものもあるということである。

「見えない政党」である。

ウジテレビの「嫌なら見るな」を選挙でもやっているのでしょうナア。

「嫌なやつは見せるな」ってサ。

これが「報道の自由」「報道しない自由」と連中が唱えるものである。いったいどっちににしたいんだ?


ところで、「お宝鑑定」番組中でも、生粋の日本人の俳優の石坂浩二さんは「声を消された」し、「存在自体を消された」のである。

番組中、マスクを被せて、視聴者には見えないように「消すこと」もできる。ちゃかちゃかをつけるのである。


まさにいまの我が国のテレビ界は、アメリカのCFRやらCIAやらNSA並みの嫌らしさである。


20世紀は「映像の世紀」と言われたが、この線で言えば、

21世紀は「ニセ映像の世紀」と言われることだけは間違いない。

まあ、これが「インフォーワー」=「情報戦争」の時代という意味なんでしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:

「安倍やめろ」と叫んでいたのは大学講師の共産党信者・白井聡。籠池夫人に同行してたのは、福島瑞穂に同行してた青木まり子

秋葉原での安倍総理の演説を妨害した謎の集団について、メンバーの中に京都精華大学専任講師の白井聡氏(39)が混じっていたことが分かった。 結論を言えば、しばき隊と共産党が手を組んだ組織的な運動だったということだ。

白井聡氏はしんぶん赤旗で共産党支持を表明し、安倍政権を倒すことが重要ななのだと熱く語っている。
京都からわざわざ東京まで来て大声で騒ぎ立てたのは安倍総理に対する強い憎しみからであろう。

当初、マスコミの報道では日本国民の一部が森友・加計学園問題で安倍総理に対して不信感を募らせ、都議選でついにストレスが爆発したと紹介されていた。
安倍総理が完全に悪者になったかのような雰囲気を誤った報道で作り上げたのだ。

しかし、後に集団の正体がしばき隊だったとばれ、そして今回、共産党信者が紛れ込んでいることが分かった。騒動を起こしたのは一般人ではなく、 左翼活動家たちだったのだ。

演説の声を聞こえなくする選挙妨害が公職選挙法に抵触すると知らないのだろうか?学生に知識を教える大学の講師ともあろう人がしばき隊に混じっているとは恥ずかしい限り。

今思えば猪瀬直樹元都知事の「共産党の組織的な行動」という指摘はまさしく正解だったのだ。
有田芳生氏は「組織的な行動ではない」と否定していたものの、これは単なる言葉遊び。後から「部下が勝手にやった」と言い訳するようなものだと考えれば分かりやすい。
日本国旗をわざと踏みつぶす反日行為。
a0348309_13151303.jpg
(どうしてこういうテロ行為が見逃されるんでしょうナア)

e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-06 14:44 | マスゴミ・ダマスゴミ

ジョーク一発:「環太平洋新幹線構想」-- 俺「国家100年の計はこれにあり」!?!?   

かつての亜米利加はこういう国だった。
「亜米利加は、上に行く程伶俐でござる」by 勝海舟
a0348309_08271008.jpg
勝海舟が咸臨丸で亜米利加視察の旅を終えて無事帰国した時、江戸幕府の家老たちが勝海舟に亜米利加の様子を聞きただした時の言葉。

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。
e0171614_11282166.gif
さて、今日の小名木善行さんのブログの話は実に興味深い。これだ。
明治初期の日本人の、支那人への感想
まずはその中で引用されている勝海舟の言葉を拾ってここにもメモしておこう。
勝海舟
a0348309_08271008.jpg

「支那人は昔時から民族として発達したもので、
 政府といふものにはまるで重きを置かない人種だよ。
 これがすなはち堯舜(ぎょうしゅん)の政治サ。
 この呼吸をよく飲み込んで支那に対せねば、
 とんでもない失敗をするよ。」

「支那は、独逸や露西亜に困しめられて
 早晩滅亡するなどというものがあるけれど、
 そんな事は決してない。
 膠州湾や、三沙澳ぐらゐの所は、
 おれの庭の隅にある掃溜めほどにも思つて居ないだらう。
 全体、支那を日本と同じやうに見るのが大間違ひだ。
 日本は立派な国家だけれども、支那は国家ではない。
 あれはたゞ人民の社会だ。
 政府などはどうなつても構わない。
 自分さへ利益を得れば、それで支那人は満足するのだ。
 清朝の祖宗は井戸掘りをして居たのだが、
 そんな賤しいものの子孫を上に戴いて平気で居るのを見ても、
 支那人が治者の何者たるに頓着せぬことが分る。」

「支那人は、帝王が代らうが、敵国が来り国を取らうが、
 殆ど馬耳東風で、
 はあ帝王が代つたのか、
 はあ日本が来て我が国を取つたのか、
 などいつて平気でゐる。
 風の吹いた程も感ぜぬ。
 感ぜぬも道理だ。
 一つ帝室が亡んで、他の帝室が代らうが、
 誰が来て国を取らうが、
 一体、社会は、依然として旧態を存して居るのだからノー。
 国家の一興一亡は、
 象の身体を蚊か虻が刺すくらゐにしか感じないのだ。」

「剣や鉄砲の戦争には勝つても、
 経済上の戦争に負けると、
 国は仕方なくなるヨ。
 そして、この経済上の戦争にかけては、
 日本人は、とても支那人には及ばないだらうと思ふと、
 おれはひそかに心配するヨ。」
このねずさんの話の最後に、支那人は自分の金にならない国家には興味はなく、自分の金になる儲け話には興味があるという俗悪な人種だという話があり、そういうことに無頓着だったかつての明治政府の日本人が、能天気にも計画した一大事業の話がある。

「中央アジア横断鉄道構想」
a0348309_08355027.jpg
この構想は、
ひとつは東京から関西、山陽、九州を経て、海底トンネルで朝鮮半島に渡り、これを縦断して、ひとつは、奉天からウラジオストックを経てやはり海底トンネルで樺太に渡り、そこから北海道、東北を経由して東京に至るという、日本海を一周する日本海大環状線。
もうひとつは、奉天から北京、上海を経由して南京~ベトナム~カンボジアからマレーシアを経由してシンガポールに至るという東アジア縦断鉄道の計画です。

そしてこの両者は、北京から甘州、トルファン、カシュガル、カプール、テヘラン、バグダット、イスタンブールを経由して、ローマやパリ、ベルリンとも結ばれるというのが、明治の日本人が立てたアジア鉄道の大構想です。
この一部が、日本が作ったマレー鉄道であり、朝鮮半島を縦断する鉄道であり、大連~新京にいたる満州鉄道であり、東北本線であり、東海道本線であり、山陽本線であり、夢の特急アジア号でした。
東海道新幹線も、この構想に基づいて戦前に用地買収が済まされいて、ようやく東京オリンピックのときに開通したものです。
というものである。

そしてねずさんのいうには、もし我が国が支那に打ち勝つためには、彼らをも商談に乗り気にさせるような魅力的な一大構想の商売ネタを作り出すことだというのである。

要するに、支那に打ち勝とうというのなら、支那人華僑を上回る経済の大構想を日本が提示し、彼らとともに国家抜きで未来永劫金儲けができる構想と、その実行力が必要だということです。
つまり、鉄道や高速道路敷設のための国内の用地買収さえもままならないような政府では、誰にも相手にされないのです。
というわけで、これでひらめいたんだが、俺の妄想がこれだ。

南は鹿児島から台湾まで
北は北海道から北方四島を通り樺太やカムチャッカまで、
直通の新幹線と高速道路
の建設。

ついでに
南はもっと南下して尖閣諸島、果てはフィリピンまで直通する新幹線

むちろん、現在だから、リニアモーターカーですナ。超電導電磁力新幹線。

これだ!
a0348309_09002001.png
どうでしょうか?

いわば、海の万里の長城作戦。

これで、支那の太平洋への侵入を封鎖するのである。

支那海軍は常にこの橋をくぐらなければならなくなるようにするわけですナ。

まあ、こんな計画をぶち上げれば、今後100年の経済復興間違い無し!


ところで、当然のことながら、

韓国朝鮮とは国交断絶。

支那に吸収されていただこう。

まあ、いまの自民公明党の政府では、こういうような大規模な構想は生まれないだろうヨ。

はたして、こんな構想はどうでしょうか?


これなら、戦前の「中央アジア横断鉄道構想」に負けないのではなかろうか?

まあ、この地域は地震の活断層も流れている地形だから、なかなか難しい面もあるだろうが、もしこんな高速道路があれば、一度は乗ってみたい、運転してみたいとは思うだろうナア。

それにしても、未だに支那人は人食い人種のままだったんですナ。これだ。
いまでも、池袋あたりで発行されている支那人向けの新聞には、
堂々と、「免許証やパスポートの偽造承ります」とか、
使い古しの廃油を濾過して食用油として安値で販売します、
なかには人肉油(人の死体から絞った油)の広告まで、
堂々と出ている有様だといいます。
日本人は遺体に尊厳を見るし、死んだら仏様と考えますが、
彼らにとっては、人であれ犬であれ、死体は美味しそうな肉塊でしかないのです。
そこに尊厳はなく、ただ、旨いか不味いかだけしかありません。
そうした日本とは明らかに文化の異なる支那人が大量に日本に入ってくることは、
日本人の持っていた素晴らしい国家(国を家とする)文化さえも、
失わせてしまうものなのです。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-05 09:17 | ジョーク一発

嘘のような真実:「ピノキオのわくわくらんどは火星にあった」!?→これが「ピザゲート」の本質だった!   

「真実がバレると困るから嘘をつく」の対偶は、
「真実を言ってもバレないから本当のことをいう」である。
言明としては両者は等価である。

みなさん、こんにちは。

いや〜久しぶりにここに相応しい怪しい話が炸裂。

以下のものである。

【緊急速報】元CIA職員が暴露「誘拐された子供たちが火星の植民地に送られ、奴隷にされている」
元CIA職員「誘拐された子供たちが火星の植民地に送られ、奴隷にされている」
a0348309_08573204.jpeg

地球から誘拐拉致された子供たちが火星の植民地で奴隷として使役されているという驚きの証言がとびだした。

米国のラジオ番組「アレックス・ジョーンズ・ショー」で、元cia職員ロバート・デビット・スティール氏が暴露した。ロバート・デビット・スティール氏はciaでスパイ活動に携わっていたとされる人物。ワシントン・ポストなどが報じた。

スティール氏「火星には植民地が存在している。さらわれた子供たちが宇宙船に乗せられ、20年かけて火星に送られる。一度火星に送られたら地球には二度と戻ることはできない。だから火星の植民地で奴隷として生きるしかなくなる」

この発言を受け、NASAスポークスマンのガイ・ウェブスター氏は「火星に人間はいません」と否定のコメントを発表した。


そこで、この元記事はどれか?

と探すとこれだった。

No, NASA is not hiding kidnapped children on Mars
a0348309_08573204.jpeg

The situation for human beings on Mars is dire, and not just because the red planet's atmosphere is mostly carbon dioxide and the average temperature is -81 degrees.

There's also the issue of the child-trafficking ring operating in secret on the planet 33.9 million miles from earth, according to a guest on the Alex Jones Show.

“We actually believe that there is a colony on Mars that is populated by children who were kidnapped and sent into space on a 20-year ride,” Robert David Steele said Thursday during a winding, conspiratorial dialogue with Jones about child victims of sex crimes. “So that once they get to Mars they have no alternative but to be slaves on the Mars colony.”

[Megyn Kelly calls Alex Jones’s Sandy Hook views ‘revolting’ — but says interviewing him has value]

NASA did not immediately respond to requests for comment.

But Guy Webster, a spokesman for Mars exploration at NASA, told the Daily Beast that rumors about live humans on Mars are false.

“There are no humans on Mars,” he said. “There are active rovers on Mars. There was a rumor going around last week that there weren’t. There are, but there are no humans.

Among his most well-known accusations in recent years is that the December 2012 Sandy Hook massacre, in which 20 children and six adults were killed at a school in Newtown, Conn., was a hoax. Jones has claimed that the U.S. government orchestrated the Sept. 11, 2001, attacks and, more recently, promoted the “Pizzagate” conspiracy, which alleged that Hillary Clinton's presidential campaign was linked to a child-sex ring operating from the basement of a suburban Washington D.C. pizzeria.

The theory originated on Reddit, where a user claimed hacked emails belonging to Clinton campaign manager John Podesta revealed evidence of an international child-sex ring. The key, the user alleged, was replacing the word “pizza” with “little boy.”

From that moment, the conspiracy theory took on a life of its own, culminating in a North Carolina man firing a military-style assault rifle inside the restaurant in December. Edgar Maddison Welch told investigators he was there to save abused children. Instead, he pleaded guilty to federal weapons charges in March and was sentenced to four years in prison last month.”
というわけで、アレックス・ジョーンズの番組「情報戦争」というものの中のインタビューだった。以下のものである。


Alex Jones ex-CIA Robert David Steele; NASA Kidnapped Children sent to Mars Slave Colony

というようなわけで、アレックス・ジョーンズがこの元CIAの職員とインタビューして、

小児を誘拐し、小児性愛の対象にし、中には分解してボディーパーツにして、成長ホルモンやアドレナリンなど寿命増大用の医療薬にして、セレブやエリートたちに売る

という、ヒラリー・クリントンの「小児性愛誘拐ネットワーク」ピザゲート事件を議論しているさなか、上の火星の話がでてきたようである。

20年のフライトで火星に行くわけだから、誘拐時10歳でも火星に到着する頃には30歳くらいになり、ちょうど良い強制労働者になるわけである。

さて、この話は何かに似ていないか?

まずはこれだろう。


ディズニー『ピノキオ』(1940) より 「遊んでばかりの子供はロバになる」

ディズニーのピノキオ → リアルのトータル・リコール
わくわくらんど    → 火星
ドンキー       → 強制労働者
役に立たない子供   → ボディーパーツ → 成長ホルモンやアドレナリンなど

要するに、ピノキオのストーリーはリアルだったわけですナ。


さて、この火星行きの話は私にはよく馴染みのあるストーリーだった。

それは、ミルトン・クーパーの1989年の講演にすでに出ていたことだからである。以下のものである。


ウィリアム・クーパー講演パート8:「ファティマの予言」と「3つの代替案」
アイゼンハワー大統領の秘密の戒厳令によって、「ジェーソンスカラー」たちはこのシナリオを研究し、その発見から何かを勧告するように命令されました。これは行われました。

「ジェーソンソサエティー」は、その科学者たちの発見を確証し、「代替案1、2&3」と呼ばれる、3つの勧告を行いました。

「代替案1」は、「核兵器を利用し、爆風で成層圏(Stratosphere)に穴を開け、そこから熱と大気汚染物を宇宙空間に逃がす」。熱頼みで、大気汚染ではない。「そして、環境破壊の文化から環境保護の文化へ人間の文化を変革する」というものでありました。これは、人間本来の性格と核爆発が創出するだろう付随したダメージのため、もっとも成功する見込みが薄いと判断されました。

「代替案2」は、「地下都市と地下トンネルからなる広大なネットワークを建設し、その中であらゆる文化と職業の選ばれた代表が人間種のために運ばれて生き残る。そして、他の人間どもは、惑星の表面に残って自己防衛する。」というものでありました。

「代替案3」は、「選ばれたわずかのものが地球を離れて宇宙空間に植民地を作るために宇宙人テクノロジーや通常テクノロジーを開発する。」というものでありました。私は、その計画の一部として、機械労働のため使われる人間奴隷たちの「集団委託販売(Batch Consigments)」の存在を確証することも否定することもできません。

「アダム」というコードネームで呼ばれた月(Moon)は、第一番目の関心のある対象物でありました。その次が、「イヴ(Eve)」というコードネームで呼ばれた火星(Mars)でありました。

1つの遅延行動作戦として、「3つの代替案のすべてが、出産制御(Birth control)、不妊(Sterilization)を含みました」、強制が必要とあらば、地球人口の増大を制御し遅延させるように恐ろしいマイクロチューブの導入をも含んでいました。エイズ(AIDS)はこれらの計画の結果の”1つ”にすぎません。他にもたくさんあります。「人類という種族が、我々の社会から不必要な要素を取り除くことに最大の関心がある」と決定されたのであります。連携した米ソのリーダーたちは代替案1を放棄しましたが、みえないところで同時に、ただちに代替案2と3を開始する作業を命令したのであります。ワシントン州の人々は、機械化した地下都市がおそらく正しいとここにリポートしています。

1959年に、ランド・コーポレーションは、「地下深部建設シンポジウム(Deep Underground Construction Symposium)」の開催者になりました。

私はこのシンポジウムレポートの1冊を持っています。これは私が持ってはいけないものでありますが、にもかかわらず持っていますが、これくらいの厚さです。

このシンポジウムレポートには、機械類の写真があり、1時間あたり5フィート(訳注:約1・5m)の割合で半径45フィート(訳注:約13・5m)のトンネルを掘ることができるとあります。また、その本には、複雑な施設、まるで都市にみえるようなものを含んだ、巨大なトンネルや巨大な地下の丸天井の写真も示されていたのであります。それ以前の5年間に、地下建設のすべてにおいて、すでにその当時ものすごい進歩を遂げていたということが明らかであります。

a0348309_09473807.jpg
支配権力は、宇宙人が関与する予算やブラックプロジェクトの予算の手段が麻薬の非合法販売の角に立たされたと判断しました。「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations)」の若い、野心家のメンバーが接近してきました。彼の名前は、ジョージ・ブッシュ(George Bush、訳注:パパブッシュこと、前大統領の親父)でした。彼は、その時、テキサスを拠点にしたザプタ石油(Zaputa Oil)の社長兼最高責任者(CEO)でありました。ザプタ石油は、海岸沖掘削(Offshore drilling)という新技術を持ち、その経験がありました。一般に、麻薬は漁船で南アメリカから海岸沖に運ばれ、そこから物資や人のための普通の交通手段で海岸に運び込まれると考えられていました。この方法では、税関(Customs)や法務局(Law enforcement agency)は、積み荷を調査しないだろうというものでした。ジョージ・ブッシュは、その支援に賛成し、CIAと連携してある作戦を組織しました。その計画は、だれもが考えた以上にうまくいき、以来世界中に広がりました。そして、今や非合法麻薬を国に持ち込むたくさんの方法があります。そこでいつも覚えておいて欲しいことは、「ジョージ・ブッシュが我々の子供たちに麻薬販売を始めたのだ」ということであります。

さて、もし皆さんが私を気違いとお思いでしたら、バスを降りて土を掘り起こしてください。なぜなら、皆さんがそれが全くの事実だということがお分かりになるだろうからであります。

今日CIAが世界中の非合法麻薬をコントロールしています。

a0348309_09480149.jpg
「公式の」宇宙計画は、ケネディー大統領が彼の就任演説で「アメリカ合衆国はこの10年の終わりまでに人を月に送り込む」と命令した時に推進されました。

たとえ着想は純粋であるとはいえ、この命令は、責任を負わされた人々が膨大な額のお金をブラックプロジェクトに注ぎ込むことや「真の」宇宙計画をアメリカ国民から隠すことを可能にしたのであります。

ソ連における類似の計画も同様の目的を提供しました。事実、宇宙人とアメリカ合衆国とソ連の共同基地が、ケネディーがその言葉を話したその瞬間にはすでに月に存在したからであります。

1962年5月22日に、宇宙探査機は火星に着陸し、生命を維持する環境が存在することを確証したのであります。それほど後ではない頃に、惑星火星上に植民地建設が正式に開始されたのであります。今日、火星上には、アメリカ合衆国とロシアと宇宙人の施設である植民地(コロニー)が存在します。

(訳注:こう話している間に、聴衆の1人の女性が大声で叫び始める。そして「そんな”途方もない”話を信じられるかい」というような言葉を吐く。それに対して、クーパーが以下のように言う。)

もしあなたがそれが途方もない(トンデモ)とお思いなら、2、3年研究してみてください。

(訳注:その女性はさらに「あんたの話には何の証拠もないじゃないか!」と怒鳴る。他の男性が「私はもっと話を聞きたいんだが、」と弁護する。聴衆がざわめき騒ぎ立った時、クーパーが言う。)

これは、非常に心をかき乱す情報であります。そして、私は、みんながそれを信じるだろうとは期待していません。私は、この中の1人すら私が皆さんに話していることを信じるとは期待していません。そして、私は、私がここに来た理由を分かっています。私は、皆さんの1人ではありません。UFO研究家でもありません。私は研究者でもありません。私には公衆に情報をお伝えする義務があると考えています。その一つは終わりました。私は自分の責務を果たしました。今からは、皆さんにかかっているのです! 私ではありませんよ!

(訳注:聴衆からの盛大な拍手が起こる)

さて、これには後日談もあり、ミルトン・クーパーより20年以上も前に、すでにスイス人のビリー・マイヤーがプレアデス星人の宇宙船に乗り、太陽系の旅をした時、火星にも降り立ったのだが、その時にビリー・マイヤーが写真で火星にある米ロの火星基地の写真をハンディーカメラに撮ってきたのである。
a0348309_09594564.jpg
「真実の静かなる革命:外宇宙からのUFOと予言」:ビリー・マイヤー物語
ビリー・ザ・プレアデシアン:太陽系の時空の旅
プレアデス人のUFOに搭乗したビリー・マイアー氏インタビュー
「ビリー・マイヤーの予言」がどんどん成就している!

The Pleiadian Mission - Billy Meier UFO Case - Pt. 1 of 12
Billy Meier 💫 Time Travel Photos Dinosaur Pictures UFO Proof

火星の周回軌道を回る米ロの人工衛星
a0348309_10090146.png

米ロの火星の基地
a0348309_10091029.png

とまあ、そういうわけで、かなりシュワルツネッガーのトータル・リコールに近いのが現実だったということのようですナ。

Total Recall (1990) Full HD- Arnold Schwarzenegger, Sharon Stone

いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
それにしてもエキサイトブログの今度の新しい編集ソフトは使いにくい。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-04 10:22 | 火星

韓国人にかかるとすべてがこんな調子:公娼→性奴隷、挺身隊→貞操帯、炭鉱の島→バトルシップ・アイランド!?   

みなさん、こんにちは。

いまや反日的な日本の騙すメディアというと、ご存知

NHK、フジテレビ、TBS、毎日、日テレ、

反日新聞と言えば、

旭日旗新聞こと朝日新聞、読売新聞、東京新聞、沖縄新聞、変態毎日新聞、

などだろうか。

ところが、そんな毎日新聞社。

実はこんな映画会社を持っていた。

その名も毎日映画社

たまたまこの映画会社の作品、特に
を見たところ、なんと

軍艦島(ぐんかんじま)

の貴重な映像があったではないか?

これである。

【1965年7月】 軍艦島の生活



生活は豊か
a0348309_18191543.png

大人の楽しみは釣り
a0348309_18192152.png

子供は島の外への就職のために自転車の練習
a0348309_18192554.png

2015/07/06 に公開長崎から船で1時間20分。そこに浮かぶ人工の島。正式な島名は端島というが、速くから見ると軍艦によく似ていることからもっぱら軍艦島という別名でよばれている。ここには日本一の良質な石炭が埋蔵されており、人口2700人の八割が炭鉱に関係した人々。その生活ぶりは、筑豊とは比較にならないほど豊かなもので、シケで本土との連絡船が欠航しても、主婦たちの表情には慌てる様子は見られない。ただ全島がコンクリートで覆われてているために土が無く、緑が不足していることが悩みのタネ。一時はさびれた軍艦島も、このほど新坑が掘りあてられ、軍艦島は活況を呈している。

本当の名前は端島。人口2700人。その8割が炭鉱従事者。

その生活ぶりは、 平和そのものだった。


それが、我が国の売国奴や左翼のネジ曲がったオツムの放射脳、朝鮮脳のおかげで、以下のようになる。
櫻井よしこが福島瑞穂の歴史認識をフルボッコ中に番組MCがドクターストップwww

この福島瑞穂は、在日「北朝鮮」帰化朝鮮人であって、自ら志願した高級取りの従軍売春婦であった韓国人慰安婦を日本軍により強制連行した「従軍慰安婦」だという捏造神話を生み出した張本人である。

このせいで、慰安婦少女像が世界中に立つ運動を行っている張本人でもある。


それが、今度は韓国内に侵入した北朝鮮系の工作員が、あたかも韓国人が言っているというふりをして、つまり北朝鮮人が南朝鮮人になりすまして、こんな超絶反日映画まで作っているわけである。

Most Anticipated K-Movie in 2017 'Battleship Island 軍艦島' 2017最值得期待的作品

【軍艦島】The Battleship Island 最新預告 8/18(五) 磅礡上映

もうまったくお話しにならないレベルだが、ハリウッドが依然としてドイツ人をナチス呼ばわりするプロパガンダ映画を作り続けて、米独の関係を悪化させ続けてきたように、韓国内にいる北朝鮮人の在韓帰化韓国人が、我が国を相変わらず戦争犯罪国呼ばわりするプロパガンダ映画を作り続けて、我が国の国際社会における信用を失墜させようとしているわけである。

まあこれをやりたんですナ。

a0348309_17372146.png
現実の歴史としては、

1935年当時は、売春は世界で公認。政府が設置する売春婦は「公娼」と呼ばれ、この公娼の給与は兵士の3〜4倍。器量や技術により、適確に決められた。

2年で5建の家が立つほどの高給取りだったものもいた。

だから、従軍慰安婦というのは、実際には、自ら高級を目当てに志願した、高級売春婦だったのである。

一方、軍艦島は石炭の掘削のためのもので、九州の筑豊地域と同じようなものだった。

当時は日本と朝鮮と台湾は当時の国連で認可された大日本帝国の一員だったわけだから、韓国人も自由に日本国内の仕事を求めることができ、何も強制連行してまで働かせる必要がなかった。

軍艦島にも学校があり、日朝は連携して仕事していたわけである。


朝鮮人には、漢字の意味がわからない。そのせいか、日本人が漢字と読みがなをうまくダブらせてつける名前の意味やニュアンスやシャレがわからない。

例えば、女子挺身隊(ていしんたい)
a0348309_17532830.jpg
という日本語があるが、これは、「日本の婦女子が全身全霊しっかり働く」という意味である。

が、これを最初に見たいまの韓国人は、どういうわけかこれを「下ネタ」と間違え、「貞操帯」
a0348309_17495265.jpeg
と理解したようである。

そのせいで、韓国人には「女子挺身隊」が「女子貞操帯」と読まれ、日本軍が女子を強制的に性奴隷にしたことを表す証拠だと実に呆れた主張を行ったのである。

すぐにその大誤解がバレて、最近ではこれは言わなくなったが、あやうく日本人は女という女を性奴隷にした民族だと言われかねないところだったのである。

このように現代朝鮮人は不完全言語として有名な朝鮮語のハングルのせいで、同音異義語、漢字、こういったものがまったくイメージできない民族となったのである。


軍艦島にもこれと同じことがいま行われて、上の大誤解の韓国映画を作ったのである。

軍艦島というのは、島の形が軍艦に似ているからそう呼んだだけにすぎず、実名は「端島」=はしっこにある島という名前だったらしい。

そこに良質の石炭があることがわかったから、炭鉱夫の家族がその仕事のために住み着いただけのことで、軍港でもなければ、軍艦でもなく、戦艦のような砲台があったわけでもない。

単なる炭鉱をなりわいとする日本人および当時日本人であった朝鮮人が共同で仕事していたにすぎない。

それぞれの家族には立派な当時としては最先端の住居を供給されて、みなさん幸せに暮らしていたのである。

たまたまこれが「軍艦島」というニックネームだったことから、韓国式朝鮮式の妄想を広げて、それが一気に、朝鮮人を戦争のために強制連行して、奴隷のように働かせた場所だという、大誤解の捏造の、いわゆる「ウリナラファンタジー」を作り上げたのだった。

まあ、炭鉱だったわけだから、そこで掘られた石炭がそれを燃料にしていた当時の軍艦に当然使われただろう。が、それは燃料にすぎないわけだから、炭鉱の島が直接戦争に関わっていたわけではない。

また良質の石炭は鉄を作るのに必要だから、結果としてそれが戦艦に様変わりはしただろう。それはどこの国でも同じことである。

だから、端島が特別に旭日旗を象徴するような戦争の島だったことにはまったくならないのである。単なる炭鉱の島にすぎない。


いずれにせよ、今の韓国人と北朝鮮人は、日本と戦争する気満々であるということだけは確かだろう。


いやはや、世も末ですナ。


e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-03 18:08

FIFAコンフェデW杯決勝&3位決定戦:ドイツ優勝!3位はポルトガル!   

ドイツ優勝!→まったく危なげなく堂々の優勝だった!
a0348309_10113659.png
みなさん、こんにちは。

我が国のハリルホジッチ日本代表の欧州組がこの8月31日の実質上の決勝戦に向けて頑張っているのかと思いきや、香川真司、本田圭佑、長友侑斗などリラックスしまくりで、イベント三昧で遊び歩いているさなか、世界は確実にロシアW杯に向けて死に物狂いの戦いを行っていた。

中でも2年後には主流になると考えられる若手主体のドイツが、ブラジルW杯とロシアW杯と初の二連覇に向けて着実に成長およびその強化に成功しつつある。

今回のコンフェデ杯には若手主体で出場したが、フルメンバーで優勝を目指してきた南米の優勝候補のチリに1−0で勝ち、優勝を遂げた。以下のものである。

(あ)3位決定戦

Match 15: Portugal v Mexico - FIFA Confederations Cup 2017→2-1
痛恨のPK
a0348309_09501074.png
(い)決勝戦
The Final: Chile v Germany - FIFA Confederations Cup 2017→0-1

パスカットからの攻撃がずる賢い!
a0348309_09540209.png
a0348309_09540796.png
a0348309_09541287.png
今回のヤングドイツ代表は実に特徴あるチームで、昔のデッドマール・クラーマーさんの時代のドイツサッカーのようなコンビネーションサッカーの原点に戻っている感じがする。

コンビネーションサッカーというのは、その後オランダのヨハン・クライフの出てきたトタールサッカーの前の時代のハンガリーサッカーを源流にするものである。

このハンガリサッカーはマジャールサッカーとも呼ばれたのだが、それがドイツに渡り、より一層洗練され近代サッカーの形になったものが、コンチネンタルサッカーとよばれるものである。

簡単に言えば、皇帝フランツ・ベッケンバウワーのいた時代のドイツサッカーである。

今回のヤングドイツのサッカーはその時代のサッカーに実に似ていて、私には馴染みのあるサッカーであった。

これまた簡単にいえば、サッカーの鉄則通りにプレーするサッカーである。

最近では、スペインのバルササッカーが主流となり、鉄則よりは臨機応変の判断を重要視するものが多かった。

このバルサのサッカー哲学はこのヨハンクライフが引退してバルサの監督になった時代に移植したものである。

つまり、トータルサッカーの哲学である。

これはこれで実に良いサッカーであるが、やはりサッカーの醍醐味といえば、サッカーにしかないプレーで魅せるというものである。

これは、
ヘディングシュート、サイド攻撃、ロングシュート、ボレーシュート
などこういうプレーである。

オーバーラップした選手を必ず使え。
センタリングはマイナスのパスほど決定率が上がる。
バックパスはダイレクトでパスをしろ。
一人に必ず2人はサポートしろ。
後ろの声は神の声、必ず自分の後方の指示に従え。

こういったことをサッカーの鉄則というのだが、今回のヤングドイツはまさにこういう鉄則通りに従い、それにオランダ、スペインのトータルサッカーも加わったから、これは強い。

この違いを簡単に言えば、

ドイツの攻撃は基本的にフィールドを広く使う。オープンワイドな攻撃で相手にボールに触らせずに崩す。

一方、バルサ流の攻撃はフィールドをコンパクトに使う。狭い領域内でパスワークで崩す。

こういう違いである。

逆に守備のときには、最前線のツートップ2人とMFの4人で相手のビルドアップをヒョウのように虎視眈々と狙う。

そしてカットしたらその瞬間にパスワークでゴールする。

チリも何度もこの手で危ない場面を作ってしまった。

サッカーは足でするバスケ。だから、ミスはつきものである。

しかし、相手のミスを狙って冷徹にゴールを決める。

この鉄則通りにやれるかどうかが決め手になるが、今回のドイツはこれが確実にできていた。

はたしてこのドイツに勝てる国はあるだろうか?

ブラジルW杯のブラジルードイツがまさかの7−1でドイツ圧勝。

あのドイツがさらなる磨きをかけてきたようだ。

このレーウ監督、いまやレジェンドになりつつありますナ。


それに比べて、我が国の日本代表は、みなさんアモーレと新婚旅行ムード、蜜月。愛と肉欲の日々。

本来なら一ヶ月合宿に入り、今はこの夏場に徹底的に基礎体力トレーニングに励む時期だろう。

1ヶ月あればどんなチームでもそれなりに完成させられる。

が、Jリーグとの日程上の都合とかいろんな条件のせいで、また最終予選の1,2週間前に集まって、小中学生のサッカー練習のようなことをトレーニングと言ってやっているだけで終わるんでしょうナア。

野球で言えば、阪神が高校生の夏の甲子園大会があるために、長いロードに出なければならずにいつもその間でだめになるというようなもので、我が国の日本代表もシーズン制のないJリーグの日程に合わせるために、空き時間ができてしまい、弱体化するのである。

日本代表は海外組を優先するには、こういう日程上の理由もあるが、もう海外組の人口も十分に代表を上回る人数がいるわけだから、シーズンオフに入った選手を集めて合宿に入れば良いわけだ。

用意周到な準備あるのみ。

のはずなのだが、それをしない。

このつけは必ず自分に回ってくるに違いない。

まさに悪循環。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-03 10:31 | サッカー&スポーツ

日本第一党の都議会選岡本みきおさんグランドフィナーレ:岡本みきおさん惜しくも落選!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、都議選は都民ファーストの圧勝とのこと。

しかしながら、昨年の都知事選の最初は小池百合子さんの政党名は、小池政党という名のはずだったが、また、小池さんの演説にも都民フアーストという言葉はなかった。

が、それが「日本第一主義」「ジャパンファースト」を櫻井誠が主張し始めてすぐに、「都民ファースト」という言葉が小池さんの口から出てきたのである。

そして今年の2月に桜井誠が「日本第一党」を立ち上げると、その後に小池百合子が今回の都議選に向けて、小池の「都民ファースト」を立ち上げたということである。

というわけで、「都民ファースト」の勝利の一端は「日本ファースト」の「日本第一党」が担ったといえるかもしれませんナ。

というわけで、日本第一党の都議会選グランドフィナーレの模様をメモしておこう。以下のものである。

岡村みきお グランドフィナーレ ノーカット版 多数の妨害あり 2017東京都議会選挙 ジャパンファースト日本第一党公認候補演説in八王子北口 H29/07/01
さて、その結果はどうだったか?
2017都議選
a0348309_08150234.png
残念ながら岡村みきおさんは落選だったようだ。しかしながら、その演説会の存在感は非常にある。それにしても我が国のいちばん重要な問題を政党に主張する政党が最下位とは?どうなっていんの?八王子市民は?いやはや、世も末ですナ。
e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-03 08:20 | 桜井誠・都知事選・日本一

武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」:「脳の中の身体の地図」「脳の中に自分がいる」→逆もある「体の外に自分がいる」!?   

みなさん、こんにちは。

7月1日梅雨の中、やっとここ阿南も海開きがやってきた。

さて、武田鉄矢さんの今朝の三枚おろしがますます力量アップしてきたので、最近のものをメモしておこう。以下のものである。

武田鉄矢 今朝の三枚おろし『Oh・脳』2週間まとめ
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『Oh・脳(続編)』2週間まとめ
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『視聴者様からのお便り・2017.06.26~06.30』1週間まとめ

ところで、この中に出てくる水谷加奈さんとはこんな方だった。
【女の選択】文化放送アナウンサー・水谷加奈さん
a0348309_16340477.png
生放送で水谷加奈がベリーダンスに挑戦!!
福井謙二 グッモニ『生放送で水谷加奈がリンボーダンスに挑戦!!』

さて、左脳と右脳の間にある管は脳梁ですナ。


ところで、脳内あるいは脳の上にある地図というのは、上の本で問題にされたものだが、それは武田鉄矢さんの説明もあったように、感覚神経などを通じて、体の2次元表面に対応して、かならず脳の上にそれに応答する細胞が存在するというようにして出来上がったマップのことである。

だから、人体全体に対応する場所が、脳内に人の形をつくっている。これを脳内にいる小人のようなものだから、ホルンクルスと呼んだわけである。こんなものである。

a0348309_16410692.jpg
a0348309_16411328.jpg
実はこの考え方にも問題点があり、実際にはむしろこんな感じではないか?

a0348309_16465850.png
と考えた物理学者がいたんだが、それがHeinz von Foeresterという人だった。
a0348309_16472287.jpg

もうすでに10数年前に90歳でお亡くなりになられた。

この科学者がウィーナーの死後、サイバネティックスの次世代の旗手として頑張ったようで、この彼の主張が、

サイバネティックスのサイバネティックス

というメタサイエンス、日本語では形而上学と訳される思想を生み出したらしい。

つまり、脳が脳として機能するためには、脳だけではだめで、脳の中に脳があるというような機構がないと、脳のハードとソフトの両方の関係が実現できないのだ。

こういう思想であるらしい。→いま勉強中。


さて、このように脳の中にはホムンクルスのようなものがあり得るが、そのホムンクルスの脳もあるはずだ。あるいは、自分が見ている他人の脳すら自分の脳内には存在するはずだ。

つまり、自分という個の中には自分以外の全宇宙が存在するはずだ。さもなくば、自分が世界を理解することはできない。

最近の哲学者はこういうふうな考え方に慣れているらしい。

しかしながら、一番最初にこういう発想をしのは、かのライプニッツやスピノザだったらしいナア。

それがライプニッツのモナド論というものであるという話である。


さて、このように脳内の脳のマップの話も実に興味深いが、この一方、逆もある。

何事にも逆発想がある。

これが、いわゆる中国3000年の歴史とかのキャッチフレーズで有名な、「人体のツボ」のマップである。だいたいこんなものである。

人体の経絡(つぼ)
a0348309_16574624.jpg
背中のツボ
a0348309_16580521.jpeg
足の裏のツボ
a0348309_16582453.jpeg
耳のツボ
a0348309_16583626.jpeg
こういうものは、人体の3次元地図と人体表面の2次元地図の間のマップ(写像)を探していると言えるだろう。

このツボに針を刺して刺激すれば、それに通じた内臓が活性化し、元気になる。そういう思想である。

鍼灸師はこのツボの位置を覚えて、刺激応答の効用を覚える。こういうものであろう。


ところで、このツボって本当なのか?正しいのか?正確なのか?

中国3000年の歴史があって、それが伝統的に継承されてきたのだが、本当にそれは正しいのだろうか?

こう考えて人生をかけて研究した科学者、日本人の医者がいた。

それが昨今では
「Oリングテスト」
a0348309_17070306.jpg
で有名な大村恵昭(よしあき)先生である。

a0348309_17062855.jpg
この大村先生は一般にはOリングで知られているのだが、実は人体のマップ作りの方が重要で、ニューヨークでさまざまな患者や死体を研究して、ほぼ完璧な人体ツボマップを作成したのである。

それは、腹のツボ、舌のツボ、ありとあらゆる場所のツボがある。

その長年の成果で、この大村先生は、人の顔を見ただけで、その人の寿命が後何年あるかまで言い当てられる極意まで編み出した。

もうちょうど10年前になるか、京都大学の湯川秀樹生誕100年記念の国際学会があり、そこでポスターセッションで私と同僚の論文を公表する時、はじめてこの大村先生に会って、いろいろ聞くことができた。

それまで私はこんな人がいるのかまったく知らなかったんだが、会場も京大のホテル、宿泊も同じホテル、食事もいっしょ、3日間ずっと寝食ともにすることになり、朝からいっしょに朝食をとりながら、いろいろ聞くことができたのである。

そして、こんな会話(だいたいの雰囲気だが)をしてくれた。

O「お前にはわからないだろうが、あそこの博士、あの方はたぶんあと2年の寿命だな」
I「どうして分かるんですか?」
O「顔のこの辺に黒ずみがあるだろ。あれは肝臓にかなりの問題がある証拠」
I「その人に言ったんですか?」
O「昨日、『あなたには肝臓に問題があるからすぐに病院へ行った方がいいよ』といったら、すごい剣幕で怒られたんだよ」
I「へ〜〜、二度と自分の前に顔を見せるなと言われたんですか」

とまあ、こんな会話だ。

そして、ついでに

I「じゃあ、ついでといっちゃ失礼ですが、私はどうでしょうか?」
静かにじっと私の顔と体を見つめて
O「本当に言ってもいいの?」
I「はい、大丈夫です」
O「あんたの場合は、心臓に問題がある。左心室が悪いな」
I「どうしてわかったんです?私はつい最近ジョギング中に脱水で心臓が変になっていまもまだ完全ではなかったんですよ」

とあっという間に当時の私の心臓の不具合を見事に当てたのだった。

この大村先生が、実際の人体マップを見せてくれたんだが、中国3000年のものとはかなり違っていたのである。

このように、体の外の刺激が体の内部の脳への刺激となり、それが脳内に人体図のようにマップされるとすれば、当然、同じく体の外の刺激が体の内部の内臓への刺激となり、良かれ悪しかれの作用をしたりしても当然なのである。

そして、体の外の刺激からそのツボにハマった部分から、それに対応する体の内部の内臓を刺激することがあるとすれば、逆に、脳内の人体図を刺激するために脳内で想像することから、逆に体の外から来た刺激であるかのように、自分の臓器や筋肉を刺激することもまた可能であると言えるだろう。

だから、おそらくここで武田鉄矢さんが話した脳の話は、脳だけに限られる話ではないのではなかろうか?

またこんな話もある。

体の中には我々を生み出すために必要な生殖細胞がある。精子や卵子のことだ。

この中には我々自身の個々の情報がある。

ということは、この精子や卵子のDNAの中には我々が含まれている。

ということは、そのDNAの中の我々の中にはさらに精子や卵子もまた含まれる。

これがずっと繰り返されているのではないか?

これが、ライプニッツのアイデアだったとか?


おそるべしライプニッツさん!


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-01 17:34 | 武田鉄矢・三枚おろし