<   2017年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧   

【報道しない自由】:トランプ米大統領の「NWO撲滅宣言」vs金正恩の「NWO礼賛宣言」!?2   

(つづき)

アメリカは、国連の193の加盟国のうちの1つである。だが予算全体の22%を負担している。 実状は、わが国が他国のどこよりはるかに多くの負担をしているのだ。、アメリカは不公平なほどの費用を負担しているが、もし実際に国連が、宣言している目標、特に平和という目標を達成できるならば、この投資は容易に正当化することができるだろう。
世界の多くの部分は紛争状態にある。現実は、そのいくつかが地獄と化している。しかしこの議場にいる権力を持った人々は、国連の主導と支援の下で、これらの危険かつ複雑な問題の多くを解決できるだろう。

アメリカ国民はすぐ近いある日に、国連が全世界の人々の尊厳と自由のための、より責任のある、有能な支持者となっていることを希望する。 その日までわが国は、どの国家も軍事的または財政的に、バランスを欠くほどの負担をする必要はないと信じている。 世界の各国家は、それ自身の地域の安全および繁栄した国際社会を実現するために、より多くの役割を果たさなければならない。
それは西半球で、アメリカがキューバの不安定で堕落した政権に反対し、キューバ国民の抱く自由に生きるという夢に、理解を示した理由である。 私の政権は最近、キューバが根本的な改革を実行するまで、キューバ政府に対する制裁を解除しないことを発表した。


わが国はまた、かつては繁栄していた国家を全面崩壊の瀬戸際に追い込んだ、ベネズエラのマドゥーロ社会主義政権に対し、厳格で段階的な制裁も課した。
ニコラス・マドゥーロの社会主義独裁政府は、あの国の善良な国民に、痛みと苦しみを与えている。 この腐敗した政権が破綻したイデオロギーを強要した結果、繁栄していた国を破壊し、この試みを行った全ての地域で悲惨と貧困を引き起こした。事情を悪化させたのは、マドゥーロが支配権を守るために彼自身の国民を踏みにじり、国民に選ばれた選良から権力を窃取したことである。
ベネズエラ国民は飢餓に苦しみ、彼らの国は崩壊している。 その民主主義的制度もまた破壊されている。 この状況は我が国にとり、まったく容認することも、傍観していることもできない。
信頼すべき隣人であり友人として、わが国およびすべての他国はある目標を持っている。 その目標とは、ベネズエラの自由の回復を支援することであり、ベネズエラを再建し、民主主義を回復することである。 私はベネズエラ政府への非難、および国民に対する支援につき、この議場にいる各国首脳に感謝したい。
アメリカは、ベネズエラ政府に責任を取らせるために、重要な段階措置を取った。 わが国は、もしベネズエラ政府が現在の路線に固執し、国民に独裁支配を強要するならば、さらなる措置を取る用意がある。

わが国は幸運にも、今日ここに集まったラテンアメリカ諸国の多くと、強固で健全な貿易関係を持っている。 わが国の経済関係が、わが国民、そしてわが隣国すべてに平和と繁栄をもたらすための、重大な基盤になっている。
私は、今日ここに集まったすべての国家に、この非常に深刻な危機に対し、より多くのことを行う覚悟を求めたい。わが国はベネズエラの民主主義、そして政治的自由の、完全な回復を要求する。
ベネズエラの問題は、社会主義が拙劣に実践されたことではなく、社会主義が忠実に実践されたことにある。 ソ連からキューバ、ベネズエラに至るまで、本物の社会主義、もしくは共産主義を採用したのがどこであれ、それは苦痛、荒廃、破綻のみをもたらした。 このいかがわしげなイデオロギーを唱道する者たちは、この残酷な制度に支配される人々の苦難を長引かせているだけである。

アメリカは、残酷な政権に支配されている、すべての人々の側に立つ。 わが国が他国の主権を尊重するのは、行動の求めでもある。 すべての人々は、国民の繁栄、安全、利益、福祉を重視する政府をもつ権利がある。
アメリカは、善意あるすべての国家に対し、ビジネスと貿易上のより強い関係を築くことを希望する。しかしこの貿易は間違いなく公正、かつ互恵主義でなくてはならない。
あまりにも長い間、アメリカ国民は巨大な多国間貿易交渉、不可解な国際裁判所の裁定について耳にしてきた。強力な国際官僚組織は、それ自体の繁栄のための最大の方便と化していた。 そして約束は反故にされ、数百万の雇用が消滅し、数千の工場が消えていった。 別の者たちはシステムを弄び、ルールを破った。 そして、かつてわがアメリカの繁栄の基盤だった偉大な中産階級は忘れられて、置き去りにされていった。
しかし彼らは、もう忘れ去られることはない。決して再び、忘れられることはないのである。 アメリカは他国との協調と、他国との商取引を希求する一方で、わが国はすべての政府にとっての最優先の義務を再確認する。それは、自らの国民への義務である。 この義務は、アメリカの力の源泉であり、今日ここに代表を送った、すべての信頼すべき国家の義務である。


もし国連が、われらの前に横たわる困難に立ち向かい、成功をおさめるいくらかの希望があるならば、70年前トルーマン大統領が言ったようにそれは「独立した加盟国の力」に依存する。 もしわれらが、未来の機会を手にし、現在の危機にともに打ち勝つことになっているならば、強固で、独立し、主権を有する諸国家に代わり得るものはないであろう。

それはそれぞれの歴史に根ざし、それぞれの運命を担う国家、倒すべき敵ではなく、連帯する友を求める国家である。そしてなにより重要なのは、すべての国家とは国のため、仲間の市民のために進んで犠牲を払う、国を愛する者たちの祖国である。それは、人間の精神で最も高邁なことなのだ。
国連の創設へと続いた偉大な勝利を思い出す時に、わが国は愛する国家のため悪と戦った勇士たちのことを、決して忘れることはない。


愛国心は、ポーランド人をポーランドのために死なせ、フランス人を自由なフランスのために戦わさせ、イギリス人をイギリスのために立ちあがらせる。
もし今日、われらが自らを、われらの心を、われらの魂を国家に委ねないならば、われらが強固な家族を築かず、われらのために安全な地域社会を作らないならば、一体誰にそれができるというのか。
われらは遠くにある国、遠くにいる役人、その他の誰かを待つわけにはいかない。れわれには、そんなことはできない。 われわれは自ら課題を解決し、繁栄を手に入れ、将来を確かなものにしなくてはならない。さもなければわれわれは、堕落、征服、敗北の前に、容易に屈服することになるだろう。

国連のための、そして世界中の自身と子供たちのためによりよい生を望んでいる人々のための、現在の本当の質問は基本的なものだ。
われわれは愛国者か。われらは国の主権と、将来への決定権を守りたいと思うほど、それぞれの国を愛しているか。自国の利益を防衛し、文化を守り伝え、国民が平和に暮らせることを望むだけ、国家を大事に思っているか。

偉大なるアメリカの愛国者の一人であるジョン・アダムズが、独立戦争について書き残した。"戦いの勃発が影響する以前から、革命は人々の心と魂の中にあった"
それはアメリカが覚醒した瞬間だった。人々があたりを見回し、自分たちが一つの国家であることを理解した時だった。われわれは、自分が何者か、何が自分にとっての価値か、守るために命を投げ出すものは何かを理解した。そのまさに最初の瞬間から、アメリカの物語は、自分の手に未来の支配権を握った国民に、なにができるかを示す物語になった。

われらの希望は一つの言葉であり、また、義務を引き受け、友好を希求し、他者を尊重し、すべての者の共有する最大の利益を共通の利害とする、世界の誇りある独立した諸国家である。それは「このすばらしい地球上のすべての人々に、尊厳と、平和がある未来を」

これは、国連の真のビジョン、すべての諸国民の古来からの希望、すべての魂の中にある、最も根源的な願いである。だからこれをわれらの任務とし、これを世界への、我々のメッセージとしよう。
われわれは、ともに平和、自由、公正、家族、人類、およびわれらすべてを創造した、全能の神のために立ちあがり、ともに戦い、ともに犠牲を払う


(い)北朝鮮の金正恩の演説
米大統領を呼び捨て…金正恩委員長の声明全文 「米国の老いぼれ」「トランプに勧告する」

 金正恩朝鮮労働党委員長の声明全文は次の通り(ラジオプレスの報道から)。
a0348309_18122963.png


 最近、朝鮮半島情勢がかつてないほど激化して刻一刻と一触即発の危機状態に突き進んでいる深刻な状況の下で、国連の舞台に初めてしゃしゃり出た米国執権者(トランプ米大統領)の演説内容は世界的な関心事にほかならない。

 ある程度推察はしていたが、私はそれでも世界最大の公式外交舞台であるからには、米国大統領なる者がこれまでのように自分の事務室で即興的にいかなる言葉でもやたらと吐いていたのとは多少は区別される、型通りの準備された発言でもするものと予想していた。

 しかし、米国執権者は情勢緩和に役立ち得るそれなりに説得力のある発言をするどころか、わが国家の「完全破壊」という歴代いずれの米国大統領からも聞いたことのなかった前代未聞の無知蒙昧(もうまい)な気が狂ったラッパを吹きまくった。

 おじけづいた犬はさらに騒々しくほえるものである。

 トランプに勧告するが、世界に向かって話すときには当該の語彙を慎重に選択して相手を見極めて行うべきである。

 金正恩朝鮮労働党委員長の声明全文は次の通り(ラジオプレスの報道から)。

 最近、朝鮮半島情勢がかつてないほど激化して刻一刻と一触即発の危機状態に突き進んでいる深刻な状況の下で、国連の舞台に初めてしゃしゃり出た米国執権者(トランプ米大統領)の演説内容は世界的な関心事にほかならない。

 ある程度推察はしていたが、私はそれでも世界最大の公式外交舞台であるからには、米国大統領なる者がこれまでのように自分の事務室で即興的にいかなる言葉でもやたらと吐いていたのとは多少は区別される、型通りの準備された発言でもするものと予想していた。

 しかし、米国執権者は情勢緩和に役立ち得るそれなりに説得力のある発言をするどころか、わが国家の「完全破壊」という歴代いずれの米国大統領からも聞いたことのなかった前代未聞の無知蒙昧(もうまい)な気が狂ったラッパを吹きまくった。

 おじけづいた犬はさらに騒々しくほえるものである。

 トランプに勧告するが、世界に向かって話すときには当該の語彙を慎重に選択して相手を見極めて行うべきである。

 トランプが世界の面前で、私と国家の存在自体を否定して侮辱し、わが共和国をなくすという歴代で最も暴悪な宣戦布告をしてきた以上、わが方もそれに見合った史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮するであろう。

 話の内容を聞き分けることができずに自分の話ばかりをする老いぼれには行動で示してやるのが最善である。

 私は、朝鮮民主主義人民共和国を代表する者として、わが国家と人民の尊厳と名誉、そして私自身の全てを懸けて、わが共和国の絶滅を叫んだ米国統帥権者の妄言に対する代価を必ず受け取るであろう。

 これはトランプが好む修辞学的表現でない。

 私は、トランプがわが方のどの程度の反発まで予想してそのような怪異な言葉を吐いたのかを深く考えている。

 トランプが何を考えようとも、それ以上の結果を目の当たりにすることになるであろう。

 米国の老いぼれの狂人を必ずや、必ずや火で罰するであろう。


これを読むと、本当に金正恩がトランプ演説を聞いてから言っているのかどうかよくわからないところがある。

ひょっとしたら、仲違いするように、わざとトランプ演説を曲解して金正恩に通訳している工作員がいるのかもしれない。

たぶん在日韓国人汚染のひどい、日本のメディアがそうしているのではなかろうか?


上に見るように、トランプ大統領は、

北朝鮮、イラン、イスラム過激派、ベネズエラ、など

こういったならず者に支配された国家のテロ行為に対して、クレームをつけたのであって、北朝鮮だけをターゲットにした演説ではない。

それを我が国のマスメディアは、あたかもトランプ大統領が金正恩だけを名指しで、北朝鮮を滅ぼすかのように捏造報道、つまり、ファルスニュースを流し続けているわけですナ。

アメリカにとって北朝鮮だけが問題なのではない。

やる気になれば、北朝鮮などあっという間に滅ぼせる。

何せ最先端兵器には反重力のステルス戦闘機まであるわけだ。


一方、金正恩の朝鮮には、
自分の食えない飯なら灰でも入れてやる
という朝鮮人の諺まである。

というわけで、どうしようもなくなれば、火病を起こして何をするか分からない怖さがある。

他にも、

野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。
泣く子は餅を一つ余計もらえる。
などもある。


まあ、野生のまくわうりが、今では核ミサイルというわけですナ。

泣き叫べば、余計に援助してもらえる。そう思っていないか?


トランプ大統領の演説は、アメリカに関していえば、アメリカファーストに見えるが、イギリスにもフランスにもどの国に対しても自国と自国民の保護が大事だという主張である。

国家主権回復宣言でもある。


言い換えれば、NWO爆滅宣言でもある。

国連でNWOシオニスト撲滅宣言したのは、たぶんトランプ大統領がはじめてではなかろうか?

NWO宣言したパパブッシュの時代からついに30年目にしてNWO撲滅宣言が実現したわけである。


いや〜〜、実に興味深い。

はたして世界はどうなってしまうのか〜〜!


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-22 18:38 | マスゴミ・ダマスゴミ

【報道しない自由】:トランプ米大統領の「NWO撲滅宣言」vs金正恩の「NWO礼賛宣言」!?1   

トランプ vs 金正恩
a0348309_1861052.jpg


みなさん、こんにちは。

いよいよ戦前の日本陸軍残党が作った北朝鮮が暴発するか、砲滅するかの瀬戸際となった。

国連総会における米トランプ大統領の名演説とそれに応じた北朝鮮の金正恩の演説。

どうせトランプ大統領の名演説については、我が国のダマスゴミは「報道しない自由」により報道しないはずだから、ここにメモしておこう。

(あ)トランプ米大統領の演説
FULL SPEECH: Trump addresses world problems at the 72nd UN General Assembly



第72回国連総会におけるトランプ演説 2017年9月19日 ニューヨーク、国連本部

トランプ:
a0348309_18101422.jpg


国連事務総長、議長、各国首脳、代表団の皆さん、ニューヨークにようこそ。 私のホームタウンから、アメリカを代表し、世界の人々に向け話をすることは、実に光栄の至りである。
数百万人のわが国民が、わが国を襲った壊滅的なハリケーンの被害を受けている。最初に私は支援と援助を提供してくれた、この議場に集まっているすべての首脳の皆さんに、感謝を表すことから始めたい。 アメリカ人は頑強で不屈な国民であり、困難に遭って、かえってかつてない決意を固めている。

幸いにも、アメリカは去年11月8日の選挙日以来、非常に好況である。
株式市場は史上最高値をつけた。 われわれの政策および他の改革により、現在では今までになく多くの人々が職に就き、失業率はこの16年間で最も低い水準にある。企業はアメリカに戻りつつあり、非常に長い期間、わが国では見られなかった雇用増加をもたらしている。そしてわが国が軍と防衛に約7000億ドルを割り当てることが発表されたばかりである。 わが軍は、これまでになく強化されることになるだろう。

70年もの間、戦いの時代も平和の時代にも、さまざまな国家や政治運動、および宗教の指導者たちが、この総会の演壇に立ってきた。同じように私は今日、われらの前にある深刻な脅威と、解放を待つすばらしい可能性について、話をしたいと思う。

我々は、非常にまれなチャンスの時代に生きている。 科学、テクノロジー、および医学の急速な進歩が、前の世代が治療不可能と考えた病気、解決不可能と考えた問題を解決するようになった。
しかし時間は、われらが重要な価値を認める、すべての物事に対する増大する脅威も運んできた。テロリストと過激派は、地球上のすべての地域に跋扈している。 国連の中にもいる無法な政権は、テロリストを支援するのみならず、人類の知る最も破壊的な武器によって他の国家、そして自国の国民を脅迫している。 その権力や独裁政権は、第二次世界大戦以来、戦争を防止し、世界を自由に導いた価値観、制度、同盟を破壊しようとしている。
国際犯罪組織は、麻薬、武器、人身取引のネットワークを形成している。大量の移民や大規模移住が、われらの国境を危険に晒している。われらの国民を脅かす新種の攻撃はテクノロジーを利用するようになった。

要するに、われわれは将来への偉大な約束と、巨大な苦難の双方に、いま同時に直面している。 われらが新しい高みに世界を引き上げるか、または奈落に転落するかは、すべてわれらの責任である。数百万の人々を貧困から救い、国民に夢を実現させ、次の世代である子供たちが恐怖、憎悪、暴力から解放されて育つことができるかは、われらの力、われらの選択に委ねられている。

国連は、2度の世界大戦ののち、よりよい未来の創造に役立てるため設立された。 それは各国家が主権を維持し、国家の安全を守り、繁栄を促進するため、多様な国家が協力するというビジョンに基づいていた。それはちょうど70年前、ヨーロッパの復興を支援するためアメリカがマーシャル・プランを開始した同じ時期のことである。 その3本柱(※原文通り)は、平和、主権、安全、そして繁栄である。
マーシャルプランは、各国家が強固で、独立し、自由であることによって、世界がより安全になるというビジョンの上に築かれた。 当時のトルーマン大統領は議会へのメッセージで"ヨーロッパの復興支援は国連への支援と完全に一致している。国連の成功は、各国の個別の力に依存する" と述べた。
現在の危機に打ち勝ち、未来への約束を達成するために、われらは古い叡智から出発なければならない。 われらの成功は、強固で独立した主権国家の連合体が、自身と世界のために安全、繁栄、および平和を促進することに依存するのである。

われらは多様な国々が、同じ文化、伝統、また同一の政治制度を共有することは期待しない。 しかし我々は、すべての国家が2つの中心的な義務を支持することを期待している。それは、彼ら自身の国民の利益、および他のすべての主権国家の権利の尊重である。これが国連のビジョンであり、協調と成功のための基礎である。
強固な主権を有する諸国家はただ平和共存するのみならず、各国が異なる価値観、異なる文化、および異なる理想を有することを認め、相互の敬意に基づいて協力してゆくのである。

強固な主権国家は、国民に彼ら自身の未来と運命を左右する権利を与えるものだ。そして強固な主権国家は、個人が豊かに生活し繁栄するという、神の授けた権利を可能にするのである。
アメリカは、わが国の生活様式を他国に強制しようとはしない。 しかし誰もがふり仰ぐような実例にしているのだ。今週はその例として誇るべき特別な理由がある。 わが国は230回目の憲法制定記念日を祝っている。米国憲法は、世界で今も現用されている、最も古い憲法なのである。
この憲法は、アメリカ国民の平和と繁栄の基礎を形成した。そして世界の無数の人々に、人間性、人間の尊厳、法の支配へのインスピレーションを与えた。
米国憲法は三語の最も重要な言葉で始まる。それは「われら、国民は・・」という言葉である。幾世代ものアメリカ国民が、この言葉の契約、わが国家の契約、およびわが国の偉大な歴史の契約の実行のために、犠牲となってきた。
アメリカでは国民が統治し、国民が支配し、国民が主権を有する。私は権力を与えられるため、選挙で選ばれたのではない。私は、自らが所属しているアメリカ国民に、権力を与えるために選出されたのである。

わが国は外交におけるこの主権の原則を再確認する。 わが政府の最優先すべき責任は、わが国の国民に対するものである。国民の必要に応じ、国民の安全を保障し、国民の権利を守り、国民の価値観を守ることなのだ。それぞれの国家の首脳である皆さんは、常にあなた方の国の国益を最優先するだろうし、またそうすべきである。アメリカ合衆国大統領として、私は全く同様に、アメリカを最優先するであろう。

すべての責任あるリーダーは、彼ら自身の国民に奉仕する義務があり、国民国家は、人々の環境を向上させるために最も適した単位であり続ける。
しかし我らがそれぞれの国民のため、よりよい生活を創造することには、すべての人々のためのより安全で平和な未来を創造するために緊密に協力してゆくことも、また求められるのである。
アメリカは永遠に世界、特に同盟諸国にとっての偉大な友であり続けるだろう。 しかしわが国はもう、利益が認められないか、得るものが何もない一方的な協定を結ぶことはない。私が大統領の職にある限り、私は他の何よりも、アメリカの利益を防衛するだろう。


しかし、われわれはそれぞれの国家に対する責任とともに、すべての国家が主権、繁栄、安全を享受する未来を追及してゆくことが、われら共通の利益であることも理解しているのである。
アメリカは国連憲章の表わす価値を語るために、より大きく声をあげる。 わが国民は、わが国の自由、およびこの議場に集まった多くの国家の自由を防衛するために、計りしれない対価を支払った。 アメリカの貢献は、アジアのジャングル、中東の砂漠、ヨーロッパの海岸線の戦場で同盟諸国と肩を並べて戦い、犠牲になったわが国の若者たちの数が示している。

わが国と同盟国は、歴史上最も犠牲の大きい戦争に勝利したのちでさえ、領土の拡張を求めず、他国の妨害をせず、わが国の価値観を他に強制することはなかった。これはアメリカの国家特性に対する永遠の信用である。 その代わりわが国は、すべての国家の主権、安全、および繁栄を守るために、この国連という組織の創立を支援したのである。
世界のさまざまな国家のために、アメリカは以下のことを希望する。 わが国は対立と紛争ではなく、協調と友好を望んでいる。 わが国はイデオロギーではなく、成果を求めて行動する。 わが国は、道義をわきまえたリアリズム、共通の目的、利益、価値観に基づく政策思想を持っている。
そしてそのリアリズムが、この議場の、すべての首脳と国家が直面している問題に立ち向かうことを、わが国に求めている。 その問題から、わが国は逃避も回避もできないのだ。
わが国は、直面している困難、脅威、さらには戦争のため、自己中心主義と無自覚の道から脱しなくてはならない。さもなければわが国は、現在の危険に対応する十分な力と自負心を持っているとは言えないし、未来のわが国民が平和と繁栄を享受することなど、果たしてできるだろうか。

われわれがそれぞれの国民に敬意を払うなら、そしてわれわれの名が後の歴史に恥じないことを願うならば、われらはそれぞれが誠意を尽くす責任を負う国民に対し、主権に基づく義務を果たさなければならない。 われらは、それぞれの国家、国益、および国の将来を防衛しなければならない。 われわれは、ウクライナから南シナ海にまでわたる、国家主権への脅迫を拒絶しなければならない。 われわれは国際法を尊重し、国境を尊重し、文化を尊重し、その下で認められる平和な国際関係をこそ支持しなければならない。そして国連を創設した人々が考えたように、混乱や紛争、そして恐怖によってわれわれを脅迫する者たちに、協同してともに立ち向かわなくてはならないのだ。


今日における世界の災いの種は、国連の基礎となるあらゆる原則に反する、一握りの無法な政権である。 彼らは、彼ら自身の国民と、国民の主権を尊重しない。もし正しい多数が、少数の悪に対抗しないならば、悪が勝利する。 公正な諸国民と公正な諸国家が歴史の傍観者となる時には、破壊の勢力に力が貯えられるだけである。

北朝鮮の堕落した政権ほど、他の国家や自身の国民の幸福をないがしろにした者は、他のどこにもいない。北朝鮮国民の数百万人規模の餓死、投獄、拷問、殺戮、そしてさらに無数の人々への抑圧は、彼らの責任である。
われわれは皆、無辜のアメリカ人学生オットー・ワームビアが、余命わずか数日という状態でアメリカに戻ってきたことを目にした。われわれはまた、北の独裁者の兄が某国際空港で、禁止毒物を使って暗殺されるところも見た。またわれわれは、日本のわずか13歳の少女が、北朝鮮のスパイに日本語を教えさせるため、母国の海岸から拉致されたことを知っている。もしこの政権が除去されないならば、現在の北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルへの無分別な執着は、想像もつかない人命の損失を伴う、世界全体の脅威になる。

いくつかの国家はそのような政権と交易するばかりか、武装させ、物資を与え、財政的に支援しているが、これは核戦争によって世界を危険にさらす暴挙である。地球上のどの国家にも、これら一部の無法な政権が核兵器とミサイルで武装することで得るような利益はない。
アメリカは大きな力とともに忍耐力も持ち合わせているが、もし自国、または同盟国を防御せざるを得なくなれば、北朝鮮を完全に壊滅させる以外の選択肢はなくなるだろう。あのロケットマンは、自分自身と政権にとっての自殺行為をやっている。 アメリカは備えがあり、かつ意志と実力を持っているが、実力の行使にまで至らないことを望んでいる。国連とは実にそのためにあり、それが国連の存在理由である。彼らがどうするか、注目することにしよう。

今や北朝鮮は、核の放棄が受け入れ可能な未来への唯一の方法であることを悟るべき時である。 国連安全保障理事会は最近、北朝鮮に対し、厳格な2つの決議案を15-0の満場一致で採択した。安全保障理事会の他の加盟国すべてとともに、制裁に賛成票を投じた中国とロシアには、感謝を表明したい。わが国は、すべての関係者に感謝している。
しかし、われわれはさらに踏み込まなくてはならない。 今、孤立した金正恩政権が敵対的な行動を停止するまで、すべての国家が協力すべき時である。


われわれが決断しなくてはならないのは北朝鮮の件だけではない。世界の国々はかなり以前から、別の無分別な政権に当面してきた。その政権は大量殺戮、アメリカの破滅、イスラエルの壊滅、およびこの議場にいる多くの国家首脳への攻撃について、公然と語ってきた。
イラン政府は民主主義国の仮面の裏に、悪辣な独裁政権の顔を隠している。この政権は、豊かな歴史と文化を持つ富裕だった国家を、混沌、流血、暴力を輸出する、経済的には発展した無法国家の親玉に変貌させた。最も長いあいだ苦痛に喘いでいる、イラン政権の最大の犠牲者は、実はイランの国民自身である。

彼らはイランの天然資源を国民生活の向上に使おうとせず、オイルマネーをヒズボラその他のテロ組織の支援、無辜のイスラム人民の殺戮、近隣の平和なアラブ国家やイスラエルの攻撃のために供給している。
イラン国民に正当に所属しているこの富は、またバシャーアル・アサドの独裁政権を支え、イエメン内戦の火に油を注ぎ、中東全域にわたって平和を徐々に蝕んでいるのだ。
われわれはこの血にまみれた政権に、危険なミサイル開発の一方で、この地域不安定化活動をを続けさせることはできない。もしイランとの核プログラム合意が最終的に、イランの核開発を可能にするものなら、わが国は協定に従うことは容認できないであろう。 イランとの合意は、これまでアメリカが締結した中で、最悪かつ最も一方的に不利な合意の一つである。率直なところ、この合意はアメリカの難題であり、私はこれが最後まで完遂されるとは思えない。私の言うことに、間違いはない。

イラン政府に死と破壊への執着を断念することを要求するわが国に、いまや世界全体が協力すべき時がきた。 今はイラン政府が、不法に抑留しているすべてのアメリカ人、および他の国の市民を解放すべき時である。そして何よりもイラン政府はテロリスト支援を停止し、イラン国民に奉仕するとともに、近隣諸国の主権を尊重しなくてはならない。

イランの善良な国民が変化を望んでいること、そしてアメリカの強力な軍事力を別にすれば、イランの指導者たちが最も恐れているものは、イラン国民自身であることを世界全体が知っている。これがまさに、イラン政府がインターネット接続を制限し、衛星通信アンテナを破壊し、非武装の学生デモに発砲し、政治改革派を投獄する理由である。
抑圧的政権が、永久に続いたためしはない。イラン国民にとって選択の日はいずれ来る。 一つは引き続く貧困、流血、および恐怖の道である。そして一方は、イラン国民に富と文化、そして文明の発祥地である誇りを回復し、そして繁栄と幸福をもたらす道に再び戻るのかという選択である。

イラン政府のテロリズム支援は、近隣諸国が最近合意したテロとの戦い、そして資金調達を停止させるための取り組みと、まったく正反対である。
光栄にも私は、去年の年頭に(原文通り)サウジアラビアで、50か国を超えるアラブ・イスラム諸国の首脳の前で講演する機会があった。われわれはテロと戦い、テロリズムを引き起こすイスラム過激主義に立ち向かうため、すべての責任ある国々が協力することで合意した。
われわれは、イスラム過激派のテロリズムを阻止する。なぜならわれわれは、それがわれらの国家、そして世界のすべてを分断させることを、許すわけにはいかないからだ。われわれは、テロリストどもの安全地帯、移動、資金供給その他の、彼らの非道なイデオロギーを支援する、いかなる形の支援をも、拒絶しなくてはならない。われわれは連中を、われらの国から追放しなければならない。 いまやアルカイダ、ヒズボラ、タリバン、およびその同類の、無辜の市民を殺戮するテロ集団に資金を与え、支援する国を明るみに引き出して、責任を取らせる時である。アメリカ、および同盟諸国は、テロリストどもを壊滅させ、われらの国民に対する攻撃の出撃拠点になる退避所の再出現を阻止するために、中東全域で協力している。

先月、私はアフガニスタンの悪党どもとの戦いにおいて、勝利のための新しい作戦を発表した。 今後、わが国の安全保障上の利益は、政治家が勝手に設定する指標と予定表ではなく、軍事作戦上の必要に応じて決定される。
私は、タリバンやその他のテロリストグループに対するわれわれの戦闘関連規則も大きく変更した。 シリアとイラクでは、われわれはイスラム国に対する優位を持続させるだけの、大きな戦果を挙げた。 じっさいわが国はイスラム国との戦いに、これまで何年もかかったより多くの成果を、この8か月で達成した。

わが国は、シリア内戦の段階的縮小、およびシリア国民の意思を尊重する政治的な解決策を模索する。バシャール・アサド政権一味の、子供たちに対する化学兵器の使用を含む自国民に対する犯罪行為は、 すべての心ある人々に衝撃を与えた。もし禁止された化学兵器の散布が認められるならば、どんな社会も安全ではありえない。 それはアメリカが、攻撃拠点になった空軍基地へのミサイル攻撃を決行した理由である。
わが国は、イスラム国から解放された地域での多大な人道支援を行った国連機関の尽力に感謝する。特にシリアの内戦から逃れた難民たちを受け入れた、ヨルダン、トルコ、レバノンには感謝したい。アメリカは人道的国家であり、これらの活動の支援に数十億ドルを支出した。 わが国は復興の一環として、これらの過酷な境遇に置かれた人々を支援し、最終的には母国への帰還を可能にする難民再定住アプローチを模索している。

アメリカ国内に1人の難民を再定住させるコストで、彼らの母国では10倍以上を支援できる。 わが国の心からの善意により、わが国は地域内の受け入れ国に財政支援を行い、また難民の出身国にできる限り近い地域で難民を受け入れることに努める、G20加盟国による最近の協定を支持する。 これは安全かつ責任があり、人道主義的なアプローチである。
数十年の間、アメリカは西半球で移民に関する難問題を扱ってきた。そして、長期にわたるコントロールされていない移住は、送り出し国と受け入れ国の双方にとってはなはだ不公正なものであることを学んだ。
送り出し国の内部では、必須である政治および経済上の改革に対する圧力を減少させる。またそれらの改革の原動力となり、かつ改革の実行に必要な人的資源を枯渇させるのだ。
受け入れ国では、コントロールされていない移民の受け入れコストの相当部分は、たいていマスコミと政府に無視されている低所得の国民たちが圧倒的に負担されられる。

私は、人々を母国から逃亡させるような問題に対処しようとする、国連の取り組みに敬意を表したい。国連とアフリカ連合は平和維持活動によって、アフリカの紛争の安定化にはかり知れない貢献をしている。 アメリカは、世界からの人道支援による南スーダン、ソマリア、および北部ナイジェリアとイエメンを含む飢饉防止と救援活動において、今後とも世界を主導してゆく。
わが国は、エイズ支援活動に出資するPEPFARのようなプログラムを通じ、世界中でよりよい保健衛生の機会に対して資金を提供している。大統領によるマラリア撲滅計画、グローバル保健衛生目標、現代の奴隷制度を廃止させるための世界基金、そして女性起業家財政計画は、全地球規模での女性の地位向上のための、わが国の取り組みの一環である。
わが国はまた、国家主権、安全保障、および繁栄への脅威に対抗してゆく上で、国連が機能的なパートナーになるために必要であるならば、国連の改革の必要性を認識しておられる、国連事務局長にも感謝したい。 あまりにも多くの場合、この国連という組織の重心は成果ではなく、官僚制と手続に置かれてきた。
場合によっては、この組織の高邁な目的を破壊しようとする国が、まさにその目的のための機関をハイジャックした。 例えば論外な人権状況にある複数の国が国連人権委員会に席を持っていて、これが国連の大きな問題の原因になっている。




(つづく)



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-22 18:37 | マスゴミ・ダマスゴミ

アイラブジャパン:Japanyland、浅草は害人ばかり。害人のいない場所に日本人がいた!?   

花 滝廉太郎 春のうららの隅田川


すみだ川/東海林太郎・島倉千代子


みなさん、こんにちは。

ほぼ一週間ぶりである。

この一週間井口家最高齢の父の卒寿をかねて、母の墓参りに行っていたのだが、台風18号の最中だったのでどうかなと思いきや、まったく問題なく良い旅ができた。

9月16日発だったため、前日15日は関東はかなりの雨と強風だったが、この日は何も問題なく羽田に降り立ち、山梨にも行けた。翌日は台風上陸のために、大半の便がキャンセルになったようで、日にちが一日前後したら、この旅行計画はおじゃんであった。


さて、無事に家族の墓参りがすんで、東京に行くと、今回はとったホテルが隅田川沿いのアパホテルだったために、何度か隅田川沿いの道を歩くことができた。

アパホテルから浅草の浅草寺までのわずかの距離であったが、そんな中でもいろいろなことが見えて来る。


ほんの何年か前に都内の安いホテルに泊まっても何も変わらなかったが、今回、驚いたことはといえば、

ホテルの従業員の大半が外国人だったことだ。

マレーシア人、フィリピン人、中国人などなど、

東南アジアの若者たちが和食の料理をしたり、大浴場の管理掃除、ホテルのルームサービスや掃除などをやっていたということですナ。

一応みな日本語が話せる。

いや、ホテルの朝食の和食をアジア系のスタッフが調理しているとは思わなかった。


一方、隅田川のジョギングコースを歩きながら、その日陰には何人もの日本人のホームレスが横たわる。昼は日陰、夜はベンチで寝る。

私も高校生のとき、真冬の国立競技場で行われる日本代表vs西ドイツのバイエルンミュンヘンの試合を見るために、前日夜中に新宿で新聞紙にくるまれて野宿したことがあるが、やはり野宿はこたえる。


まあ、今の経団連の犬化した自民党安倍政権、そしてその前の朝鮮支那系の売国奴政党の民主党、今の民進党のために、いまやたくさんの就労の需要があるにもかかわらず、日本人を雇わずにホームレス化し、逆にどうでも良い外人をどんどん日本の職場に引き込むという、売国政策が行われている結果といえるだろう。

いまの日本人になりすました政治家の政策では、

明日の我が身

であろう。


朝鮮人の竹中平蔵が自公政権に食い込んでいるかぎり、日本人の未来はない。ゼロである。


浅草寺につけばついたで、和服姿の西洋人顔の女性たちがたむろしている。

日本大好き〜〜!!!

はいいが、態度が白人。やりたい放題ですナ。

なかでも何時来ても態度でかいのが支那人だな。

あれだけ立ち食い、歩き食いはだめよ、と言っていても、平気だ。

歩き食い、カップルで食い歩き、見えないところにポイ捨て。


おかげで、日本人の我々が被害者になる。


浅草寺の中央の目抜き通りからちょっと横の脇に入ったところに、小豆ものの老舗があったから、そこであずきものを買おうとしたら、案の定、その老舗の職人店長から、

私たちは、歩き食い、立ち食い文化は嫌いだから、個別でお売りしておりません。他の店に行け

といわれる始末。

おい、どうなっているんだ、安倍晋三。お前のせいだぞ!

外人ばかりにへいこらしているからこういうことになる。

歩き食いしている支那人みつけたら、警官がつまみ出して、面前でむち打ちの刑。このぐらいやらないと支那朝鮮人には理解できない。

ジャッキーチェンの酔拳を見てみろ。

父親が言いつけ守らなかった息子にムチで分からせているだろうが!


だいたい200年前まで、支那では、刑法犯罪者はその場でむち打ち10回。こう言う感じの国だったのである。歴史を学べ。

これは事実だが、まあ冗談はよしこさん。


一方、都営浅草線やら、日比谷線。

こういう地下鉄をみると、もはや我が国の地下鉄は、ディズニーランドやUSJのアトラクションの乗り物より進んでいるようにみえる。


まさにハリウッドの映画の中の乗り物を見ているようにみえるわけだ。


だから、外人さんにとってみれば、我が国で縦横無尽に張り巡らされた地下鉄に乗る。この行為そのものが、リアルディズニーランドのようなものなのである。

だから、外人はわざわざディズニーランドに行く必要がない。


東京の中をあるく=ディズニーランドに行くようなもの

なのである。


面白いのは、アメリカ人の男はすぐに日本人の女性を横に引き連れているということですナ。

顔形は無関係。どんなブス男の白人でも、ちょいっと日本に住むと、え〜〜というような顔の日本人女をつれて日本を征服した気になってハールドボイルドタッチに歩いている。

実に面白い。


今回すれ違った中で一番面白いやつは、スタローンのランボー気取りで、横に普通の日本人からはぜったい求婚されなさそうな女性を連れて歩いていた米人ですナ。

まさに日本のヤクザでいう言い方で「肩で風切って歩く」というやつだ。

まあ、何時の時代もかならずこういうやついるんだよナ。誤解しちゃった米人男。まあ、一番危ないやつだ。


私がユタに留学した30年前にもそんなやつはたくさんいたんだが、強くなりすぎた白人女性にはついていけずに、何とかして日本女性を彼女にしたい、嫁さんにしたい、とはっきりした目的を持って旅行に来る、ナンパ目的の男。

こういうやつが一番危ない。


まあ、20年もすれば、こう言う連中の子孫ハーフだらけで、もはや東京というより、Tokyoになってしまうだろうナア。


隅田川のジョギングコースも日昼は日本人より外人の方がたくさん走っているわけだ。

米人は自分の生活スタイルを変えたがらない。ローマに入ったらローマにしたがえ、というような思想はない。

どこにいっても、アメリカの田舎の生活を持ち込んで来る。

NYの生活スタイルといっしょに日本に旅してくるわけだ。

そういえば、小島よしおさんがサングラスしてかなり真剣にランニングしていたヨ。ものすごいスピードでジョグして来る若者がいたから思わず顔見たら、小島よしおさんだった。まじめな顔していたネ。やはり商売と実物が違うんですナ。


You何しに日本へ

の罪は重いな。


何しにって、女ゲットに決まっているだろっていうわけだ。精虫を噴霧しに来たわけだ。


まあ、都内の夜の女の9割が韓国人だから、結局、白人+朝鮮人の子孫という最悪のコンビネーションの子孫が東京に居座りかねない事態となるわけですナ。


いや〜〜〜竹中安倍の骨太の政策の失敗の結果ですナ。安倍政権の負の遺産だ。


昔は良かった。というより、まだましだった。


シーボルト、小泉八雲、モラエス、フルベッキ、

こういった連中は、その時代のインテリだった。医者だったり、作家だったり、キリスト教徒だったり、まあ、スパイだったりしたわけだが、それなりの教養を身につけていた。


しかし、今来ている外人は、ごく普通の連中だ。

いや〜〜、痛い。


話は変わるが、道すがらすれ違うときにいろんな国からの外人さんたちの顔や表情を観察すると、まず一番面白いのは、

安心しきっている

ということですナ。実にうれしそうに、楽しそうに、道を歩き、話をしているということだ。

まるで小学生のような顔つきをしてごっつい外人が歩いている。

実に象徴的である。


地方には台湾中華店のようなものがどんどんできるし、築地の交差点あたりには、どうみてもフィリピン人やらマレーシア人のような東南アジア人の出店で、なんと

高知産、沖縄産、長野産、山梨産、。。。

のドライフルーツが売られている。

まず真っ先に俺の頭を去来したのは、

おい、おまえ、どこから盗んで来たんだ??

という感じですナ。

最近きたばかりの東南アジア人が、なんで高知産のしょうが売ってんだよ?


いや〜〜、痛い。


最近はあまりに日本全国の地方の農産物の産地で収穫直前の有名な果物や野菜が盗難の憂き目にあっているから、どうしてもこういうふうに結びつけてしまうわけである。

盗難品を産地直送を銘打って売るのが一番儲かるわけだ。


まあ、東京には、世界中の工作員=スパイもいれば、世界中のヤクザも集まってしまった。


これが、自民党小泉純一郎と竹中平蔵の骨太の方針の由来、そして民主党由来の売国奴政策の結果ですナ。

いまやイスラム教徒も築地本願寺並みのモスクまで建てているから、偶像崇拝禁止の宗教ならではの破壊活動を日本全国でしかねない。


かならずそういう過激な信者が、日本を知れば知るほど暗躍する時代がやってくるのも間近というわけである。


イスラム教徒の写本、習字あたりから、日本女性のエージェント作りをはじめて、そこから学校の生徒に流布し、そういう宗教活動を通じて、日本乗っ取り破壊工作に進んで行くことは100%間違いなさそうである。


イスラム教国には信教の自由もなければ、だいたい政教分離していないわけだから、そういう国の国民を引き入れることがどれだけ将来、未来の危険を引き込むことになるのか、あまり日本政府は理解していない。

政教分離のない支那朝鮮人のせいで、どれだけ我が国および我が国民が被害を受けたかご存じないのだろうか?

おまけに、反日NHKでそういうイスラム教の習字活動を装った洗脳教育を特番で報道するほどである。


それにしても今回はじめて、日本の危機を東京で実感しましたヨ。

もう10年もすれば、我々地方にすむ日本人は、かつてのインディアンのような扱いを受けるんちゃうか?

まあ、いまの政治家を全部日本ファースト的な議員に入れ替えないと、ちょっとまずいナア。


いまかつての日本の志士たちがいたら、どう思うんでしょうナア。


都内で老後の生活を送る日本人のお爺さんやおばあさん、地方から参拝にきた老人たちの肩身の狭さ、いやそうな顔が特に目に焼き付いた。

2020年東京五輪やら世界遺産やらユネスコ国際遺産やらにかこつけて、ちょっと外人優遇にすぎてしまいましたナ。もう後戻りできないレベルに来ちゃったようですナ。


たぶん、六本木に住んでいるというロスチャイルド家の御曹司、ネイサン・ロスチャイルドと米シオニストのロックフェラーの家来のジャパンハンドラーズの僕となった鮮人系経団連や日米欧三極委員会。

このあたり指令が自公安倍政権にもきているんでしょうナア。



いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
築地にしても浅草にしても、いまや外人だらけ。支那中国人白人がいやになった我々日本人。どういうわけか、みな外人のいない店を探す。すると、これまたどういうわけか、そんな場所には日本人の中高年だらけ。

いまや浅草の神谷バーは昭和の日本人だらけだった。

私も、神谷バーの電気ブラン、
a0348309_11485584.jpg

飲みましたよ。食べましたよ、串カツと煮込み。

昭和は良かった。

浅草でわずかに残る、昭和の味と昭和のにおい。

おまけ2:
いま日本を訪れている外人って、こんなやつばかりだよ。特に白人植民地になった第三世界の白人はナ。俺等から見たら白人にはちっとも見えない有色ブラジル人なんだがナ。

海外「日本人に申し訳ない」 ブラジルのテニス選手が日本で差別的行為を行い大炎上
a0348309_1326252.jpg

15日に大阪で行われた男子テニス・デビス杯の日本対ブラジル戦で、
人種差別問題が持ち上がり、現在海外ネットで大きな話題になっています。

問題となっているのは、シングルス第1試合で杉田祐一選手に敗れた、
ブラジルのギレルミ・クレザール選手が、判定に不服を唱えるように、
両目を横に引っ張るような仕草をした件です。

大きな批判を浴びたクレザール選手は、
「人種差別をしようとか、攻撃をしようという意図はなかった。
 しかし取ってしまった行動はとても浅はかで、非常に申し訳なく思っている」
と自身のインスタグラムに投稿しています。

国際テニス連盟は昨日、スポーツマンシップに反する行為をしたとして、
クレザール選手に1500ドル(約16万5千円)の罰金を科しています。

ネット上には様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。
だいたいブラジルやアルゼンチンの物理の教授なんてみんな昔のナチスの残党なんだがネ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-22 11:47 | アイラブとてつもない日本

世界に一つだけの花:「ロスチャイルドやロックフェラーやモンサントは間違っている!」   

世界に一つだけの花 - SMAP


みなさん、こんにちは。


今回はまったく個人的エッセイであり、普通の人には無関係だからスルーを。



昨日はヒカルランドの最新UFO本のことを書いたが、英仏独ロスチャイルド家にしても、米ロックフェラー家にしても、米デュポン家にしても、コッホ家にしても、どこでもそうだが、やはり
強いものにはまかれろ
なのだろうか?

いくらエイリアンが賢い、頭がいい、強いといえども、そいつにUFOの科学技術を教えてもらおうとか、リバースエンジニアリングだとか、

なんか陳腐なんだよナア。

どうして自分の頭でその答えを見つけないのか?
どうして自分で考え出さないのか?

どこぞの塾へ行って答えを教えてもらって、その力で東大合格。

こういうのとまったく変わらない。

有名塾や有名私学にたよらず、自力でやれよ。

とまあ、俺個人はいつもそう思うわけだ。

他力本願ではなく、自力本願でいくべきだ。

という、東西本願寺もあるように、我が国には本願というちゃんとした言葉まであるわけですナ。

時間はかかるかもしれないが、自力でやっていけばいずれ答えにたどり着くこともある。


さてそこで、この自力で答えにたどり着くというやり方に何がベストか?

王道はあるのか?


苦節60年の科学者人生の経験からしていうと、

イエス

である。


学問には王道はないが、本当の真理にたどり着くためには王道がある。


その王道とは何か?
どうやれば、新発見ができるか?
既存の標準スタンダードな理論を打破できるか?


というと、

すべて逆転する

ということだ。

ネガポジ逆転である。

あいつがイエスだといえばノー。あいつが右だといえば左。あいつが上だといえば下。あいつが前だといえば後ろを探す。

こういうふうな精神状態にならないと大発見ができない。


たいていは、みんなが右へ行ったと思うと、自分も右にあとからついていく。

これでは大発見、真理に近づくことができない。


むしろ、みんなとは逆へ行くのである。


東大生や最近のミニ東大化した京大生の何が問題かというと、東大型は常に主流の選ぶ方向へ突き進むという性質を持っていることである。

秀才や天才がみんな東大にいくから自分もいく。

この時点で、もう東大には真の天才も秀才もいないということがわかるわけだ。

真の天才はみんながやらないこと、いかないこと、しないこと、つまり、

東大型の人に対しては、見ざる言わざる聞かざるのようなタイプの人間だということだ。

しかし、この性格だからといって、朝鮮人のようにただのバカでは何もできない。

こういう性格でかつ頭が良くなくてはいけない。忍耐強くなくてはならない。決して火病を起こすようなものであってはならない。

とまあ、こういうことである。


この典型が、青色発光ダイオードを発明した中村修二博士であり、iPS細胞を発明した山中伸哉博士といえるだろう。

大向こうの意見とはことごとく逆方向を探索したのである。

東大京大など名門の人はこういうことはしないし、またできない。定義からして、そういうことができない人間しかいないからだ。


我が国では、この東大型がのさばり、上につくとどうなるか?

というと、自分が努力型だから、そうやって苦労して身につけて今の地位にあるのに、なぜか簡単にそれをやってしまうような人間をみると、すぐに嫌うようになる。そして邪魔をする。妨害工作をする。自分の地位を失わせるような研究はさせたくないとまで考えるようになる。

昨日のヒカルランドのUFO本で何が問題かというと、

ロスチャイルドもロックフェラーも偽ユダヤ人というものは、日本でいうこの東大型なのである。

だから、無名の人が大発明して、石油のいらないエンジンを発明したり、肥料のいらない農業を考え出したり、超能力で宇宙へ行って来たりするような変わった人がたまらなく嫌いらしい。

だから、そういう存在にはレーダー照準で脅すとか、狙撃して殺すらしい。


いや〜〜、痛い。


かつて200年前までは、欧州の王族がやっていたことを、いまは立場が変わってユダヤ人富豪たちがやっているのである。


ババリアユダヤ人であろうが、なかろうが、欧米人の白人系はせいぜい3000年の歴史しか無い。

それと比べると、日本人には何万年もの歴史的遺産が残っている。

紙に記録された歴史だけでも、ゆうに3000年はある。

遺伝子に記録された記録でいえば、何十万年にも遡るだろう。最低でも10万年はある。


歴史が浅いからこそ歴史にこだわる。だから、不利だとなれば、歴史を改ざんする。

支那人や朝鮮人を見れば分かることである。

実在の歴史の古い日本人はわざわざ歴史を改ざんする必要がない。もっとも最近はNHKがしきりに歴史改ざん番組制作して、本来の捏造放送協会ぶりを発揮しているが。


聖書にこだわる。これもまた歴史が浅いことの裏返しである。

本当に聖書どおりなら自分のDNAを調べれば、そこに聖書と一致した内容が書かれているはずなのである。しかし、西洋人の場合はそうはなっていない。矛盾だらけである。化石的史実とも合わない。

DNA、化石、地質学、考古学、こういったすべてと100%合致して、何万年もの歴史が残るのは日本人だけなのである。


この日本人の歴史は、ユダヤ人の表に出る歴史とは違う。むしろ、100%真逆、180度逆である。


ユダヤ人は自分が有名になり、ナンバー1となり、世界にユダヤの力を見せつけようとする。そうやって生き延びる道を選んで来た。

しかし、どうやら我々日本人はその正反対で、自分はオンリー1となって、世界から見えない場所に咲けばいいという道を選んで来たようだ。

ナンバー1よりオンリー1

というやつだ。


たとえば、いまや全世界の人が、我が国の春の桜見物、桃源郷見物、などなど、見物にきて、
日本すごいデスネ
ブームである。
a0348309_17155044.jpg

日本きれいだネ。日本すばらしい。

こういうふうに反応するのは結構だが、いまの日本の山や森の一本として、河川の1つとしてかつて人の手の加えられていないものはないのである。

上野の桜はだれかが昔そこにその桜を植えたからこそいまそこに咲くのである。

山の杉の樹は、昔だれかが植えたからいまは花粉症の原因になっている。

道路のアスファルトもまたそうだ。だれかがそこに舗装工事をしからそこにアスファルトの道路がある。


要するに、外人が驚いて、きれいな自然だと思うものは自然に育ったものではない。だれかがそこに植えたからそこに存在しているものなのである。

富士登山もそうだ。昔だれかがそこに階段や登山道を作ってくれたから、いま外人でも難無く登れるのだ。

じゃあ、ユダヤ人なら、その道はアンシュタインの道と呼ぼうとなるだろう。

この道路はユダヤ人のレーニン通りにしよう。スターリントンネルにしよう。

そういうことになるだろう。

そうやって自分の同胞の名誉をかさに、それを自分に被せる。

まさにそれと同じことを朝鮮人も支那人もやっている。


しかし、日本人は自分が作ったものでも、無名であることを望んで来た。まるで自然にそこにあるかのようにみせたがるのである。

富士の登山道はまるで自然にできたかのように見せたがる。作った自分の労苦などもはやどうでも良い。

たいしたことをしてもノーベル賞で自分が日本人ノーベル賞学者だなどと威張る必要はない。そういうことに美学を求めないのである。

根粒細菌の血液を発見した久保秀雄博士もそうだった。自分が日本で抗生物質の工業化に成功しようがそんなことはおかまい無しだ。

一方、歴史の浅いユダヤ人は、まあ、西洋人の中では歴史が古い方だとしても、何とかして何にでも自分の功績を残して生き残りを計る。イグノーベル賞まで作る。


はたして何でも自分の名を残そう、有名、にしたいという民族と、何でも自分の名などどうでもいい、無名、でいようとする日本人とどちらがいいか?

むろん、後者だろう。


あとから来る人にとって、何のへんてつもないどこにもありそうなアインシュタイン道路なんていうことより、美しい桜の方が大事なんだ。
The most beautiful wisteria in the world あしかがフラワーパークのフジ Ashikaga Flower Garden
(すべて“だれか”が植えたものだ)

(すべて“だれか”が植えたものだ)



私が言いたいこと、最近感じることはこういうことですナ。

あとで美しいと分かることになるなら、そのためには無名で良いからオンリー1になって、将来のために何かわずかに1本でも良いから木を植える。こういうふうなことをすることだ。


決してロスチャイルドやロックフェラーやモンサントやデゥポンのような人間になってはいけない。

世界のためになる人を見たら殺すとか。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-15 17:05 | 個人メモ

ヒカルランド【宇宙人UFO軍事機密の「レベルMAX」】が結構面白い!?   

みなさん、こんにちは。

さて最近はまったく縁の遠くなったヒカルランドだが、いつもかつてお世話になった担当編集者の方からその人の編集の本が送られて来る。今回も矢継ぎ早に2冊送られて来た。

そのうち、今日さきほど郵送されて来た本が実に興味深いものだったので、今回はこれをメモしておこう。以下のものである。

ヒカルランド:今この国で知り得る最も危険な隠しごと 宇宙人UFO軍事機密の【レベルMAX】
Amazon:今この国で知り得る最も危険な隠しごと 宇宙人UFO軍事機密の【レベルMAX】
a0348309_17301827.jpg


どうやらこれは、この5月に行われたヒカルランドのワークショップの対談集らしい。

飛鳥昭雄、竹本良、高野誠鮮

のその筋では超有名人である。


中を読むと、司会の飛鳥昭雄自ら、俺等はアメリカの工作員だとある。

日本のために泣く泣くアメリカの工作員になって、我が国日本のために働くのだ。

とまあ、そういうことらしい。


この3人は、ともにかのハンガリーの偽ユダヤ人エドワード・テラーに会っていたらしい。写真入りである。

高野氏のことは私はあまり知らないが、竹本良氏の本は昔ここにメモしたことがある。以下のものである。
「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」

宇宙人の柩―日本人脳外科医が衝撃の告白!
a0348309_17404183.jpg


飛鳥昭雄氏についてはもういうまでもないだろう。モルモン教で学研ムーや多くの分野でご活躍の、この世界のゴッドファーザーである。


まあ、私個人は、すでにニコラテスラの本を翻訳し、自分の物理の知識を総動員して、すでにUFOの原理は分かっちゃったから、UFO原理等の内容そのものはどうでもいいのだが、その筋の体験談が興味深い。

その意味では、一読の価値はある。

3人寄れば文殊の知恵

という諺の通り、3人の対談議論は非常に興味深い。


まあ、今の俺にとっては朝鮮人をいかに絶滅させるかの方が大事だから、原理の分かったUFOなど二の次なのだ。

あとは皆さんにお任せするヨ。

まあ、この対談の流れからすると、この3人はアメリカのエージェントでも、軍隊の方のエージェント。トランプ側に近い。つまり共和党側。

日本では、自民党の方で、中道左派、ちょっと左よりリベラルですナ。

一応、護国派がこっちですナ。

一方,大槻教授は偽ユダヤ人の懐疑論者団体の方だから、NWOシオニスト側のエージェントになるのかネ。どうやら最近こいつの弟子が出て来ているらしいがナ。

とんでもない学会こと、と学会もこっち側。こっちには朝鮮系のダマスメディアも入っている。オバマ、ヒラリー、クリントンの民主党の方ですナ。日本では、サヨクの方だ。

たぶん、大槻は共産党員だと思うよ。物性理論の息子も知っているが親父に似てかなり頭が固い。やはり朝鮮系の遺伝子が遺伝したんですナ。


結局、自分の頭のみで考えるのはあまりいないんですナ。




いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-14 17:52 | UFO・反重力

長浜先生の【神解説】:”韓国人が発狂する韓国の真実”が証明された!!   

みなさん、こんにちは。

いや〜これは面白い。

ここでも前に取り上げた長浜先生の話
長浜浩明「韓国人はどこから来たか?」:「檀君神話」は「檀君実話」だった!
があったので、それをここにもメモしておこう。

【神解説】”韓国人が発狂する韓国の真実”が証明された!!
a0348309_14445333.png




【長浜浩明】韓国人は何処から来たか[桜H26/4/15]



いやはや8000年前にはロシアの悪魔の門の洞窟に細々と生きていた人種。それが、半島にたどり着くと、倭国の輝かしい文明(北九州と朝鮮の縄文文化)に出会った。それが、朝鮮人女の始まりだった。

倭人とともに平和に暮らしている、そこに3000年前に人食い人種であった北方支那人の侵略を受け、半島の北半分を支配されてしまう。

男は南半分に残るか、倭国へ戻った。

残された朝鮮半島の倭人の女は支那人の子を産まさせられた。それが朝鮮人の始まりである。

まさに檀君神話そのものだった。

山東省出身の旧周から侵入してきた支那人は山の民族のため、近親婚を繰り返し、18世紀までそれを繰り返した。これが現代朝鮮人の始まりである。


とまあ、そんな感じですナ。

DNA解析、古文書、化石証拠、文化遺物

こうしたものすべてがそれを物語る。


要するに、この人種とは関わったら大変だっていうことですナ。


我々とは、DNAの変異が

120万カ所から1000万カ所

程度違う人種なのである。

火病、レイプ、泥棒、略奪、殺人、放火、破壊、人食い

何でもありの人種である。


古代から、仏教、景教、儒教、道教、朱子学、キリスト教、イスラム教、どんな宗教が伝来しても何の効力も果たさなかった。


それが、朝鮮人である。


やはり朝鮮人はサファリパークのような動物園の中に封じ込めて、外から眺めるべき近類人猿の仲間なのではないかネ。

山に住むヒグマといっしょで人里に来たら危なくて仕方ない。


銃刀法を改正し、人を襲うヒグマは射殺しても良いように、人を襲う朝鮮人は則射殺できるようにすべきだろうヨ。

この朝鮮人が核爆弾を持つ?

核水爆ミサイルを持った?

EMPを開発?



ありえね〜〜ヨ。確実に世界は滅ぶだろう。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
2016/3/29【長浜浩明 氏】韓国人は何処から来たか「平成の大演説会」Vol.17




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-14 15:03 | 韓国・ウリナラ・法則

文春砲「前原誠司は北朝鮮人だった!?」:俺「前原誠司はハンベーダーだよ」   



ハンベーダー

遠く暗い半島の奥から日本をめざしてやって来る。
それをいま私たちはハンベーダーと呼ぼう。
滅びゆく国からの侵入者たち、
彼らの目的は日本を我が物にすることにある。

出人便鮮人(デビット・ビンセント)は、とある夜明け仕事を済ませての帰り
激しい疲労と闘いながら車を走らせていた。

迷い込んだ田舎道で彼らハンベーダーを目撃した。
しかしこの事実を誰も信じてはくれなかった。

日本の平和のために、
日本人の姿をした半島人ハンベーダーが日本にいる限り、
出人便鮮人はこの恐るべき事実を全世界へ訴える証拠を求めて
ただ一人戦う決心を固めたのだ。

ジョーク「ハンベーダー」:出人便鮮人はとある夜明け、ハンベーダーを目撃した。。。
坂東忠信「日本人はどこまでお気楽なのか?」→俺「我々日本人も特別永住者にしろ!」
「あなたは知っていますか?」:ユダヤのラビの予言「この世の終わりはコリアから」!?


みなさん、こんにちは。

ネット情報通ならもう知っているはずだが、またまた文春砲炸裂。

民進党の「失楽園」山尾しおり
「山尾志桜里よ、議員辞職すべし!」:さっさと資格全部放棄して母国に帰れ!
のW不倫報のあとは、党首に返り咲いた前原誠司の不倫砲、それどころか、ハニートラップ砲だった。

まあ、俺に言わせれば、北朝鮮美人によるハニートラップというよりは、「北朝鮮愛」の純愛物語に見えるのだが。

興味深いので、一応ここにもメモしておこう。以下のものである。
【後ろから前原w】文春、前原代表が北朝鮮美女に後ろから密着し下半身を押し付ける写真を公開 ⇒ 前原事務所「やましい事はありません」www

前原誠司民進党代表 北朝鮮美女の“ハニートラップ疑惑”≪予告編≫


文春砲
a0348309_8404426.jpg


下半身タイタニック砲
a0348309_8412142.jpg

          ↓
民進党のロゴそっくりで話題沸騰
a0348309_8423454.jpg
a0348309_8431623.jpg

a0348309_84374.jpg

いまの奥方
a0348309_8441196.jpg

この奥さん似の女性ですナ。

おまけ:
a0348309_9391454.gif



いや〜〜、民進党はいったいどうなっているんだろうか?

党首の前原誠司が、北朝鮮ヤクザのソン・テチャクこと池田大作の非嫡出子であるという疑惑はこの世界では非常に有名である。顔かたち性格から明白だ。DNA鑑定すれば逃げようがない。
「血は水よりも濃い?」2:遺伝は正直だ!「悪党色を好む」

父 池田大作(ソンテチャク)と子 前原誠司
a0348309_9502839.jpg


さらにこの前原誠司は民主党時代に「オモニ」こと京都の韓国料理店のおばさんから違法献金を受けたことが問題になったが、その京都の韓国人女性こそ、この前原の母親=オモニであると言われて来た。

さもなくば、知らない人を官邸内の執務室に呼び入れることは、外患誘致罪適用になる。犯罪行為だからである。
オモニ前原
a0348309_15195920.jpg

オモニ前原vsフルアーマー枝野:北朝鮮の金正恩がオモニ前原に核実験で祝砲か!?


さらにこの前原誠司には、「背乗り疑惑」が若い頃から、つまり、政治世界に入り始めた頃からつきまとっていたらしい。

実際に日本人の前原誠司親子が存在し、その父親は旧国鉄職員だったが、国鉄の線路内で謎の自殺。それを追うように息子の前原誠司が謎の失踪あるいは死。あるいは、北朝鮮に拉致されたのではないかとみられる。

ところが、いつしか別の顔かたちおよび体系および趣味の現前原誠司がいきなり登場。日本人は一般に朝鮮語が話せないが、この前原誠司は北朝鮮なまりの朝鮮語に堪能だった。ちなみに、現前原誠司の趣味は鉄道列車だという。鉄道オタクである。父が鉄道自殺したなら普通はあり得ない選択。

ついに前原誠司に別人疑惑が登場!?:正真正銘の「ハンベーダー」だったのか?

「自分は前原氏に直接会ったわけでもないで確かめようもないが
二人の知人から面白い話を聞いた。
二人ともここ数年で日本人になったんだが信用できる。
一人は台湾(中華民国)から帰化した。
もう一人は在日朝鮮人(韓国系)から帰化した。 
商売上付き合いがあり相談に乗ってくれる、
金や品物もごまかさない。

二人とも商売客との付き合いで
日本と韓国の交流会に出席したそうだ。(2,3年前の事らしい)
なんと前原さんが出席されていて韓国語で話したそうだ。
台湾系日本人は
朝鮮語の発音が上手いな、日本人じゃない。
韓国系日本人は
朝鮮人のネイティブ発音だな、でも南(韓国)じゃなくて北(北朝鮮)の発音です。
とりあえず前原氏のスピーチは
日本人の発音にしては上手すぎるではなく、
朝鮮人のネイティブという意見で一致したそうだ。
前原は韓国語ペラペラは本当だよ


在日チョンでなく、六本木ヒルズの韓国ビジネスマンから聞いた話なんだけど、
あの「日韓祭り」で、彼のはハングル語より、朝鮮式のネイティブな北朝鮮語なんだと聞かされたよ。
彼は本当に日本人か?と言っていたよ。」


というふうに、情況証拠が多数存在する。まあ、ネット情報を分析すれば、だいたい以下のようになる。

現前原誠司は、創価学会の池田大作がその信者であるか、あるいは同胞の、京都の在日朝鮮人女に手を付けた。そして、現前原誠司が誕生した。その後、この女は韓国料理店の女将になる。一方、旧国鉄に本当の前原誠司親子が存在したが、父親はサヨク国鉄労組の過激派の手により、自殺に見える他殺で殺された。その息子は失踪。その息子になりかわり、北朝鮮語で育った現前原誠司が「背乗り」し、通名前原誠司と名乗り始める。そうやって一見日本人の振りをしているが、京都大学へは韓国籍のまま在日韓国人割当の「在日特権」で無試験で入学。卒業し、政治家を目指す頃に日本人に帰化し、完全に前原誠司と名乗る。



まあ、この朝鮮人には耳たぶがない。

というわけで、一件落着。めでて〜〜な。

前原誠司は、はやく北朝鮮にアントニオ猪木といっしょに戻り、戦争準備に入った方がよろしいのではなかろうか?

ちなみに、アントニオ猪木にも、耳たぶがない。

さいきん、テレビに出て来る連中の耳を観察しているが、あまりに耳たぶのないヒトモドキが多すぎてぞっとするナア。

ハンベーダーに乗っ取られたようですナ。

欧米がレプティリアンのインベーダー、つまり、レプベーダーに乗っ取られたとすれば、我が国日本は、半島から来たハンベーダーに乗っ取られたようですナ。


まあ、俺にはどうでもいいけどナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
そろそろ我が国の「個人情報保護法案」というのは廃止にした方が良いな。これはそもそも在日朝鮮・支那人の政治家が民主党時代に、己の出生の秘密を詮索されるのを恐れて作り出した捏造法案にすぎない。捏造法律、ファルスローFalse lawである。

この変な法案のおかげで、昔の科学者の教科書の著者やその家族を追跡することもできず、アカデミックな科学史研究の大きな障害となっている。私が杉田元宜博士の本の著作権を調べる際にも、この捏造法のために、家族の足取りがつかめず、昔の最高の本の再販事業にも大きな困難を極めたのである。

要するに、「個人情報保護法案」というのは、「在日個人情報保護法案」のために生み出されたわけだが、一度それができると一般の普通の日本人にも適用されて、逆に故人個人を問わず日本人かどうかの情報すら調べることができない。天下の悪法である。このために、本の復刻が極めて困難になり、日本の出版事業が沈下しつつある有様である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-14 09:13 | 反日・在日の陰謀

武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」:プロジェクトラブX、日米ラブドール開発最前線!陰部着脱式vsAI会話式   

【閲覧注意】以下には結構エロい内容が含まれていますゾ!良い子のみなさんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
a0348309_12512674.jpg


みなさん、こんにちは。

久しぶりに武田鉄矢の今朝の三枚おろしを見ると、新しいものが出ていたが、それが実に面白い。というか、微笑ましい。武田鉄矢さんの水谷加奈さんへのラブコールに聞こえてしょうがない。

というわけで、これをメモしておこう。以下のものである。

【武田鉄矢】南極1号伝説!!※神回※
a0348309_9553535.png


これは、かつての南極観測隊の時代から、男たちの悩み「性処理」についての物語である。

プロジェクトX


ところで、この中で「プロジェクトX」と言っているのは水谷加奈さんなんだろうか?それとも武田鉄矢だろうか?


さて、内容は面白いのでそっちを聞いてもらうとして、

この中で出てくるオリエント工業の最新版のラブドールとはこんなやつだった。

オリエント工業製作

a0348309_1002675.jpg

a0348309_1004988.jpg

山本リンダ仕様
a0348309_10103.jpg

ユーコリン仕様
a0348309_1012645.jpg

女子高生
a0348309_10112969.jpg

a0348309_10115233.jpg

他多数


一方、途中から日本に打って出てきた米偽ユダヤ人のAbyss Creations, LLCのrealdollとはこんなやつだった。
realdoll
a0348309_1061290.png

a0348309_107187.png

a0348309_109144.jpg
a0348309_1045417.jpg

a0348309_1095453.jpg


AbyssにはNASAが協力。

オリエント工業には南極観測隊が協力。

いや〜〜、実に男らしい。


もはやミスターレディーは必要ない!


日米双方、

挿入可能

だそうです。


いや〜〜、すごい。


陰部、局部はオリエント工業のものは、着脱式。好みやサイズに合わせることが可能とか。

一方、エイビスのものは、人工頭脳組み込み済みで、会話が可能。


AIのエイビスクリエーションvs陰部交換式のオリエント工業


これに阪大ロボットテクノロジーを使えば、もうはや伝説。レジェンドですナ。
「大阪大学・石黒研究室」美人過ぎる女性ロボット「ジェミノイド-F」


もう女性はいらない。


NWOシオニストのみなさん、これこそ人口削減計画の突破口ですゾ!


まあ、アメリカのAIテクと日本のロボテクとオリエント工業のラブドールテクを組み合わせれば、もはや敵なし。

そうだ、これに3Dスキャンと3Dプリントも追加。

自分の好みそっくりに現物を作ることも可能かもな。


世界の投資家はここに投資すべきかもナ。


これでは、ピグマリオン病が増えそうだ。

俺も女子高生タイプ一体欲しいナア。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
武田鉄矢さんはフィギア集めが趣味だとか。目のパッチリはだめらしい。水谷加奈さんのフィギアなんてどうでしょうか?これだ。
水谷加奈 フィギュア
a0348309_1729157.jpg

武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」連発!:武田さん、頻尿の原因は前立腺肥大では!?

ところで、就寝中の頻尿は寝る前の4時間前に入浴すると改善するという。実際、私もやってみたが、それが100%効果あった。NHKのガッテンの方法はまったくだめで、ひどい眉唾ものだった。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-13 10:20 | 武田鉄矢・三枚おろし

ジョーク一発:大相撲の「そしてだれもいなくなった!?」→そろそろ体重制限すべきではないか?   

高安と宇良が休場 3横綱1大関休場は18年ぶり
a0348309_11593766.png


みなさん、こんにちは。


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


いやはや、あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。

野球のU18世界大会が終わり、「持っていない」清宮選手のことをメモしようと思っていると、今度はインカレの100mで桐生選手の日本人初の9.98が出る。

すると、大相撲こと、モンゴル相撲大会では、けが人続出。

ついに、白鵬、鶴竜、稀勢の里もケガ人リストに入ったと思えば、

まだ2日めなのに、土俵上でけが人続出。

宇良、高安

のきなみケガで休場である。

また片足および両足の膝にテープのない力士がいないというほど、いまの力士は膝のケガをおっているものが多い。

栃ノ心(ジョージア=グルジア)、逸ノ城(モンゴル)、大砂嵐(エジプト)、碧山(ブルガリア)、琴奨菊(日本)、照ノ富士(モンゴル)、安美錦(日本)

こういう関取はみな膝に大怪我をした。


そして、先場所、いつかやるだろうなと思っていた若き人気力士の宇良がやった。

その前は遠藤がやった。


一説では、

永谷園のCMに出ると大怪我をする

とか、

永谷園に目をつけられるとケガでだめになる

とか、そういうものがある。


疫病神の永谷園である。


遠藤、照ノ富士、

この2人はたいした成績でないうちから永谷園のCMに出て、力士で稼ぐより先にCMで稼いで

あっという間に膝の大怪我でだめになった。


永谷園って、在日か朝鮮系なんだろうか?

Kの法則発動

に似た臭がするんですナ。


さて、冗談はよしこさん。


どうして膝を怪我するのか?

これを考えてみよう。

これは物理的なものである。力学的なものである。


実に単純である。


一言で言えば、重量オーバーということだ。


片足にかかる重さがある重さをこせば、膝がグキってなって一巻の終わり。


最近の力士の平均体重は
184・8センチ、164・3キロ
であるという。

まあ、単純に端数をとって、160kgとしよう。

すると、両足で立つ場合は、片足には80kgがかかる。

まあ、日々のトレーニングで片足には100kgでも大丈夫としよう。

すると、両足で200kgの自重を支えることができる。


つまり、最重量の力士の200kg超え程度までは力士は立って両足で自分の体重を支えることができる。

しかし300kgになれば、もはや立ってはいられないだろう。


こういう状況があるわけだ。


さて、土俵上の取り組みをする場合、両力士どうしがまわしをとりあって四足動物の像のようになれば、平均体重で160kgどうしでは、320kgの体重ということになる。

つまり、今の平均体重では、両者が組み合った場合の全体重はすでに自分一人では支えられない重さを超えているのである。

この2人が、取り組みの後半で、負けそうな方が俵に足をかけて踏ん張る。
【宇良 vs.高安】平成29年7月場所10日目 2017年7月18日
a0348309_1223505.png



貴景勝 vs 宇良・9月場所 二日目 2017年9月11日
a0348309_12265384.png
片足で踏ん張る→絶対にやってはいけないこと


そうすると、自分の足に自分の体重に相手の体重も加わってしまう。

そしてグキっていって終わりである。

これで力士生命は

お・わ・り


宇良の力士人生はもうこれで終わりだろうナア。


遠藤もこれで終わった。


むろん、サッカー選手も同様だ。膝をやったら手術しない限りまず完治しない。


宇良の場合は、ついちょっと前まで173cmで100kg程度。昔はバック転もできた。

だから、片足でせいぜい50kgに耐えられる状態で成長したわけだ。

それが短期間で130kgになり、片足に65kgの重さが加われば、普段でもかなりの負担がかかっている状態である。

まだ腱や筋がそれになれる前に相手が160kgクラスとやるわけだ。

膝がたまったものではない。


というわけで、

今のデブ相撲で行く限りにおいて、ほぼ全員が膝に怪我をするはずである。


したがって、やはりそろそろ体重制限をかける時期にきたのではないだろうか?

昔の横綱でも130kg台である。

2人で260kg位が限界だろう。

片足でどこまで耐えられるか?

これを測定して、相手を釣り上げた場合の体重=両力士の全体重が片足で持ちこたえられるかを調べるべきだろう。

両足でも260kg〜300kgはかなり厳しいのではなかろうか?


重量挙げの世界記録では、

105kg超級で、263kgである。

計368kg。

片足には、184kgかかる。

これが最大として見積もると、

最大で184kgということになる。


つまり、重量挙げの世界記録保持者程度に両膝を鍛えたとしても、力士の最大体重は

184kg以下

にしないと、確実に大怪我をするということになる。


まあ、より安全にするためには、

体重の最大制限を作り、

160kg以上は失格→減量を命じる


こういうやり方に変えるべきではないだろうか?


だいたい、臥牙丸だったか、一食に100人分の焼肉を食べるとかありえないだろ。食いすぎだ。

ウシや豚がかわいそうだ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
いま嘉風ー豪栄道戦が終わったが、なんじゃ〜〜こりゃ〜〜という取り組みだったヨ。

行事が「両手をついて」というが、だれもまともに両手をつかない。豪栄道のように、つくのをフェイントにしようとするものが多い。

これでは、両手をついてから立会するというルール無視にもほどがある。

やはり、両者が両手をついて1,2,3と数えて「はっけよい」というのが、正道のルールとすべきだろうナ。

ある時は、まだまだといって取り直しにしたり、あるときには、片方が豪栄道のようにまったく両手をつかないでもOKになったりするというように、行事の仕切りも曖昧である。判断があまりに恣意的である。

ビデオ判定を取り入れて、アンフェアな立会は取り直しにするぐらいの厳正な取り組みが必要だろう。

いやはや、日馬富士ー琴奨菊の立会も大問題ですナ。先にたった日馬富士が立会早すぎて待ったと力を抜いたところで後で立った琴奨菊が押し出したが、どうみても怪しい相撲ですナ。この行事はボケているんじゃいないか?

やはりちゃんと両手をついて静止し、1,2,3で立つ方式に変えるべきですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-12 12:46 | モンゴル・蒙古・相撲

アイラブジャパン:海外「日本は特別」→俺「日本の父親のDNAが特別!」もっと日本男児を好きになれ!   

みなさん、こんにちは。

さてちょっと面白い動画を見つけたので、それもメモしておこう。以下のものである。

海外「本当に小学生なの!?」 日本の小学生吹奏楽部の演奏に海外の音楽家が驚愕


さてたまにこんな感じの海外動画が我が国でアップされることがある。

が、そこでいつも目にするのは、こんな海外の人のコメントである。まあ、本当かどうかは知らないがネ。
a0348309_10472477.png


特にアメリカ人のコメントに、自国の公立学校はさんざんだというような話が必ず出てくる。

しかしアメリカ人は自国の歴史をもっと調べるべきだ。


100年前のアメリカはまさに今の日本のようだったってことだ。

第二次世界大戦後に数多くの欧州ユダヤ人がアメリカに渡るまでは、アメリカの公立校は世界一すばらしい学校だったのである。

池原止戈夫の「アメリカ学生生活」:今の我が国の公立高校は昔のアメリカの公立高校の真似だった!?



明治時代以後我が国からはたくさんの日本人がアメリカに留学生として渡っていった。

そしてそこでアメリカの高校大学大学院の教育を受けて帰ってきた。
「スフィンクスの侍」は「第二次幕末・遣欧使節団の池田隊」だった!



いまでも同じことだろう。

問題は、それを我が国に何とかして実現しようとしたということろである。


第二次世界大戦以前は、世界最高の教育制度はドイツにあった。

だから、多くの日本人はドイツへ渡りそこで学んで帰ってきた。

多くは医学や物理学や数学だったから、いまでも医者のカルテとか、ほとんどがドイツ語で残っている。

絵画芸術はフランスやスペインに留学して勉強したわけだ。


武田鉄矢の今朝の三枚おろし
のレビストロース博士が書いたというように、

世界中の国の昔の風物や文化はその発祥国よりむしろ我が国日本に残っているというのである。

昔の漢字を学びたければ、支那ではなく日本へ行け。
昔の韓国のことを知りたければ、韓国ではなく日本へ行け。
昔のロシアのことを知りたければ、ロシアではなく日本へ行け。
昔のドイツのことを知りたければ、ドイツではなく日本へ行け。
昔のアメリカのことを知りたければ、アメリカではなく日本へ行け。

などなど。こういうふうだというわけだ。


この意味では、最初の小学生たちの演奏風景は、まさに100年前にアメリカの公立学校で行われていた風景そのものなのである。


もうちょっと世界各国は日本を好きになる前に、まずは自国の昔を研究して自国を好きになるべきだろうヨ。


さて、

外人は動物である。

大数学者岡潔博士はこういった。

それが好きなった→それに会いに行く。
本場の寿司が食べたい→日本に行きたい。
日本の小学生がすごい→自分も日本に住みたい→自分の子を日本で育てたい


こういうのが世界中の一般人の思考である。

こういうものを岡潔は、

これが動物思考だ

と言ったのである。つまり、

小我

で生きている。

言い換えれば、外人さんたちは常に自分の前頭葉に去就した反応情報に刺激反応で生きているということである。

もっと言い換えれば、本能で生きている。


アメリカがいやだ→じゃ、日本へ行こう

これがユダヤ人の発想である。

が、これもまた動物の思考にすぎない。


これいうものははっきり言って遺伝である。DNAの問題、行動遺伝子の問題である。

だから、これは外人の性(さが)、外人のDNAの問題である。


つまり、外人である限り、日本人のようにはなれない。


というわけで、

じゃあ、日本女性と結婚しよう→自分の子は日本人のようになるはずだ!

こういって無数の外人が日本人女性をくどいてたり騙して諸外国へ連れて行った。


これまた動物思考である。

まあ、国籍や一般の生物学上ではそうなるだろうが、実質的にはそうはならない。


大事なことは、日本男児のDNAだからである。

つまり、逆なんだ。


日本人になりたい→じゃあ、日本女性と結婚しよう→自分の子は日本人になる

ではなくて、

日本人になりたい→じゃあ、自分の娘を日本男児に嫁がせよう→日本の子は日本人になる

だったというわけである。


大事なのは日本男児のDNAだったんですナ。

この日本男子の生み出した社会が日本社会であり、日本の伝統文化なのである。


とまあ、そういうわけで、

日本男児よ、自信を持とう。もっと正々堂々と普通に生きよう!


と俺は言いたいわけである。


まあ、確かに外人は一見スタイルやルックスは良い。

が、それはギリシャ・ローマ時代にその時代の王様の好みにあう子供だけが生かされて、気に入らない子供はどんどん殺されたからである。

たまたまその為政者のおメガネにあったものの子孫が今の形態の西洋人だったにすぎない。

また、そういうことを行ったという行動遺伝子を遺伝してきているわけだ。


だから、トランプ大統領みたいな人間ばかりとなった。


見た目だけで判断する

これもまた動物思考である。


孔雀を見ろ。

羽を広げた姿の美しさで配偶者を決めたばかりに、ああいう鳥へと進化した。


というわけで、見た目だけで配偶者を決めるというのが、欧米白人種のディズニーランド型王子と王女の価値観の世界にすぎない。


見た目より、内面の完成度や美しさが大事だという価値観こそ日本男児の価値観である。


まあ、我が国にも動物思考の朝鮮系がたくさん出回ってしまったために、大分この価値観も廃れてしまったようだがナ。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-12 11:18 | アイラブとてつもない日本