「2018年はどうなる???」10:「濃い顔の日本人が復活する!?」   

a0348309_18263916.png



みなさん、こんにちは。

かつて我が国ではまだ士農工商の身分制度が残る江戸時代末期、我が国にやってきたペリー提督は、自分の目の前に現れた日本の侍たちの顔を見て、
どこかでみたような面構えだな、あっそうだ、東欧のユダヤ人たちだ
と言ったとか言わなかったとか。
ペリーの見た江戸は美しかった!!:計算されたペリー来訪
a0348309_11564670.jpg


その時代に日本に来た西洋白人種が一番驚いたのは、我が国の天皇家、武士階級の顔が、西洋人に似ていたことだという。

これはいまでは「古代イスラエルの失われた10支族」の古典となった、ノーマン・マクレオドの本
a0348309_103554.jpg

a0348309_1033471.jpg
に書かれていることである。

つまり、「顔の濃さ」=「白人顔」だとすれば、白人顔的な日本人、顔の濃い順にいうと、

天皇家>武家>職人>商人>農民

だったというのである。

驚くべきことに天皇家こそが、もっとも長身で、もっとも毛が濃く、もっともイケメンだったのである。

それがいつしか小柄で毛深くなく平べったい顔の天皇家になった。

これが、いわゆる「天皇家のすり替わり説」が出る一番の理由なのである。


ということは、純粋の、純血の日本人で、西洋人の血が来る前から濃い顔だった日本人には、武士階級や公家や皇族の顔を残すものがいる可能性が高いということになる。


というわけで、我が国の俳優の例をもって、本当に昔の武士の顔、昔の天皇家の顔とはどんなものだったかを探ると、結構興味深い。


ところで、司馬遼太郎の坂の上の雲の主人公である、秋山真之や日露戦争総司令官東郷元帥は今ならスーパーイケメン俳優になれただろう。
真珠湾攻撃総司令官淵田美津雄、マッカーサー、アイゼンハワー、トルーマン、ニミッツと会う

東郷平八郎元帥
a0348309_1021130.jpg


秋山真之
a0348309_10231970.jpg


昔のイケメン日本人


別段、彼らは西洋人のハーフだったわけではないし、先祖に西洋人がいたわけでもない。むしろ逆で、源西洋人であり、我が日本人の一派の縄文人に後に西洋白人種になる手前の民族が混じっていたという証拠にすぎない。

現世のすべての人種の母は、日本人=縄文人なのである。しかし、戦後の歴史で捏造されたように、縄文人が日本列島だけに住んでいたわけではなく、世界中に散らばっていたわけだ。それが現地対応して、それぞれの地方地域で現地人に進化していった。わずかに日本人の中にその原型を残すものがいる。そういうことだったにすぎない。

さもなければ、日本人ほど多民族と結婚した場合に多民族の遺伝に上書きされるということの意味が理解できない。古い人種ほど新しい人種より劣勢遺伝が多いのである。

したがって、白人と日本人が混血すれば、子は白人にみえるようになる。黒人と日本人が結婚すれば、子は黒人にみえるようになる。韓国人と日本人が結婚すれば、子は韓国人にみえるようになる。


さて、そこで、戦前の日本人の映画スターがいかにいまの戦後に日本に来た朝鮮系に席巻されたいまの芸能界の顔と違うか見ておこう。以下のものである。

Japanese Movie Actors 1920s 1930s 1940s subtitles


Tokihiko Okada (岡田時彦)
Denmei Suzuki (鈴木傳明)
MInoru Takada (高田稔)
Eiji Nakano (中野英治)
Seizaburo Kawzu (河津清三郎)
Joji Oka (岡譲二)
Ken Uehara (上原謙)
Ureo Egawa (江川宇礼雄)
HIdeto Hayabusa (ハヤブサヒデト)
Chiezo Kataoka (片岡千恵蔵)
Ichiro Tsukita (月田一郎)
Kazuo Hasegawa (長谷川一夫)
Koji Nakata (中田弘二)
Keiji Sada (佐田啓二)


実は、この最後から二人目の中田弘二さん
a0348309_10204875.png
が、
「2018年はどうなる???」9:「外国人犯罪の過多で警官の過労死が出る!?」

「日本以外全部沈没」
の中に出てくる、
中田博久さん
a0348309_1024818.png
の父である。


つまり、こういう濃い顔が昔の日本人のエリート層の顔だったのである。


あれから100数十年。

いまや芸能人の大半が朝鮮顔の
六角さん
a0348309_10262789.jpg

のようになってしまった。


同じ人種ですか?

と西洋人なら思うに違いない。むろん、同じ人種ではない。が、「帰化人」という意味では、国籍上は同じ日本人である(本当?)。


そんなわけで、今現在にも和製の濃い顔の芸能人はいるにはいる。阿部寛がそうである。

昔の天皇家はむしろ阿部寛のような体型と顔貌だった。だから、長脛彦(ナガスネヒコ=スネの長い男)という名の神様がいたわけだ。

濃い顔の純日本人

1.木村光佑
a0348309_10321469.png



2.加地倫三
a0348309_1033069.png


3.川又堅碁
a0348309_10335327.png


4.朝比奈秀樹
a0348309_10344765.png


5.小島伸幸
a0348309_10351916.png


6.村山靖
a0348309_10355723.png


7.永島昭浩
a0348309_10362811.png


8.平井堅
a0348309_1037176.png


9.阿部寛
a0348309_1038065.png


ほか多数。



というわけで、昔の武家、天皇家、公卿の顔はいまもそれなりに残っているといえるだろう。


もし外人に似た系統の濃い顔に見えたら混血、ハーフだと言われるとすれば、これまた困ったものである。

仮にそうであったとしても、昔日本にやってきた外人はその国のトップレベルのエリートだった。しかし、今現在我が国にやって来るのは、その国のごく労働者階級の下層の平民である。

だから、同じハーフと言っても、昔のハーフと今のハーフとではレベルが違いすぎるのである。




いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ところで、今現在のお相撲さんで、もっともかつての初代双葉山に似ているのは、私と同じ山梨県甲府市出身の竜電であろう。
a0348309_1142168.jpg
北の富士が、「彼は日本人??色も白いし、鼻が高いし、」って言っていましたナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2018-01-17 11:17 | アイラブとてつもない日本

「2018年はどうなる???」9:「外国人犯罪の過多で警官の過労死が出る!?」   

a0348309_18263916.png



みなさん、こんにちは。

いやはや、ここ5日間持病の腰痛が出て寝込んでいたんだが、やっとPCに向かえるようになった。ありがたいことである。

さて、PCが使えない間に何冊かの本を読むことができた。

やはり一番のものは、矢作直樹先生の
人は死なない
a0348309_735315.jpg
だろうか。これはちょうど腰痛が出る直前にBookOffで安く出回っていたから、買ったものである。

この本は短いながらも、非常に臨場感あふれる形で、東大の医療現場、およびその改善の様子が語られていて、医療関係者にも非常に参考にあふれる話が満載だった。

私はもっと「臨死体験」だけの本かと思っていたので、この点では、現代医療の有効性や非有効性の話が非常に参考になった。

一番驚いたのは、あの財前教授の「白い巨塔」の時代、ちょうどいまから40年ほど前の東大医学部および東大病院のイメージでは、まさしく

自分の家族は絶対に東大病院には入院させない

というものであった。

それが、矢作先生が東大病院の救命救急センターを立ち上げてから、ガラリと東大病院の空気や雰囲気が変わったというのである。

これこそ矢作直樹先生の最大の貢献の一つと言えるだろう。

「東大が変われば、他が真似して変わる。」

これは官僚国家日本の真実である。

そんな最先端医療をいくら駆使しても、人の死は避けられない。死ぬ人は死ぬし、生き延びる人は生き延びる。

治る人は治るし、治らない人は治らない。

そんな中、生還した人の中には「臨死体験」を語るものがいるし、死んじゃった人の中には「霊的現象として再臨する人」がいる。

そもそも自分が死んじゃったか生き返ったかどうかはその本人が生き返らない限り、他人に伝達不可能である。

なんとか生還したから、自分がそこでみたことを伝えられるのである。

保江邦夫博士の場合も、木内鶴彦さんの場合もそうである。

もし自分が死んじゃった場合には、死んだ自分を降臨させてくれそうな現世の人=霊媒師のような能力者がいない限り不可能である。

というわけで、矢作先生の場合は、自分の母親の霊を降霊できる霊媒師が偶然見つかったために降霊ができた。

この場合、死んだ人と残された人という、当事者しか知らない事実が語れる場合のみ、それが本物かどうか証明できるわけである。


果たして霊はどこにいるのか?

まあ、我々理論物理学者からすれば、現実は量子力学の法則が成り立つと考えるから、その場合は、霊の存在できる可能性のある空間といえば、工学者のいう「情報空間」ということになるが、現実的にそういう情報を保存できそうな場所とすれば、「スピン空間」ということになるだろう。

スピン空間は現実の空間ではないから、4次元空間とは別世界である。だから距離は無関係である。相互作用も瞬時でもOK。

最近の流行り言葉で言えば、「量子もつれ(エンタングルメント)」の世界である。

現世とスピン空間が量子もつれを起こし、リアルタイムで現世の記憶を保存している。

つまり、我々には見えない仮想的なスピン空間の中にも実世界の4次元世界と同時に自分という存在が形作られて成長していく。

とまあ、ごく普通の我々の知る物理学の言葉に翻訳すれば、こんな感じだろうか。

生きているうちは、情報空間であるスピン空間の中の自分と原子分子でできた肉体とが同時に同じ場所に済んでいるが、物質である肉体が死んだとしても、それまでその肉体と量子もつれを起こしてできた意識としての情報がスピン空間内に残る。したがって、体がなくなっても、情報としての意識はスピン空間の中に明瞭に生きている。

これが魂と呼べるだろうか。

その魂が、現実との量子もつれを通じて、自分の死後の世界を見、自分の死後の現世をも見ることができる。運動は瞬時である。なぜならスピンだ。スピンが反転すれば、どこかへ飛ぶ。

とまあ、こんな感じのイメージを矢作直樹先生の本はもたらしてくれる。


さて、余計な前置きが長くなってしまったが、今年の予想として、

「外人犯罪過多で日本がパニックになる!」

なんてどうだろうか?


すでにまだ1月だというのに、例年以上の速さで凶悪外人犯罪目白押しである。


(あ)支那人による樹海の汚染

私をスキーに連れてって

はいいのだが、わざわざ他国、それも連中の正負からすれば「仮想敵国No1」である日本に来て、我が国でも伝統ある樹海のスキー場で「汚染」してくれたもよう。

誕生日XAING
a0348309_865352.jpg


XAING

というのは、どうやら非常に一般的な名前のようである。
https://www.facebook.com/public/Li-Xaing
a0348309_8182331.png


カン

という発音に近いようで、支那、越南(ベトナム)、朝鮮に共通する発語の名前であるようだ。

多分、「漢」ではないか?

いずれにせよ、インスタグラムとかフェイスブックとかに載せるつもりでやった犯罪だろう。

捕まっても、違法だとは知らぬ存ぜぬですますだろうナア。



(い)ロシア人犯罪

昔アジアを席巻した北方の騎馬民族に
匈奴(Xiōngnú)
a0348309_822439.png
という民族がいたが、この匈奴が白人系なのかモンゴル人系なのか、あまりはっきりとはわかっていないらしい。

しかし共通するのは、非常に残忍で荒々しい人種だったということである。

ユーラシア大陸の現在の民族には、この匈奴の遺伝子もロシア人にもモンゴル人にも支那人にも朝鮮人にも混ざっているらしく、文化的にかなり近い風習が残る。

当然、大相撲に来ているモンゴル系にこれが残る。

そんな文化圏の中でもロシア人は白人種が主流であるため、白人種と匈奴の両方の良い面も悪い面も持っている感がある。

我が国で自動車を盗んで北朝鮮かウラジオストックに運べば、大儲けができる。

だから、裏日本では、国内のイラン人が中古(ほぼ新車)をロシア人(蟹業者)に売り、大儲けする。

もう30年以上前からそんなの常識だったのでは?

北極海のカニやサケやニシンを日本の業者に売り、空になった船に日本の中古車を大量に乗せて帰る。これだけで、大富豪になれるわけですナ。

知らぬは盗まれ損の能天気な日本人だけ。


あれから、30年。

いまでは歌舞伎町がロシア人マフィアの一大拠点と相成った。

日本第一党の桜井誠がいうには、この原因は、

石原慎太郎が都内の日本人ヤクザ組織を撲滅しようとしたため、歌舞伎町などから追い出した結果、その空いた店舗に支那人マフィアやロシア人マフィアや韓国人マフィアやベトナム人マフィアやそういう悪どものが墨付き、拠点に早変わりしたせいだというのである。

その1つが小池百合子の事務所
池袋事務所
東京都豊島区南池袋2-12-8
岡芹ビル5階
の真裏にある、支那物産店のビルなんだとか。ここが日本全国における支那人犯罪の元締め、司令塔であるという。

小池百合子の事務所の真裏なのだから、当然小池は支那人とも連携しているわけである。
池袋に現れた新中華街
a0348309_8435751.jpg


まあ、簡単に言えば、山口組や住吉会の日本ヤクザ(メンバーは在日)と外人ヤクザを戦わせた方がいいんですナ。

いま日本の警察官僚はチャイナスクールに乗っ取られているから、山口組撲滅作戦をしているが、日本のヤクザが小さくなれば、空いた隙間に外人ヤクザが入り込むだけ。

つまり、警視庁や警察庁が、外人ヤクザ、特に支那マフィアに忖度しているだけのことにすぎない。


こうして、我が国の神社仏閣を破棄するわ、宝石店に盗みに入るわ、オレオレ詐欺がなくならないわ、樹海に落書きしてまわるわ、春になれば、桜の木々を痛めつけるわ、糞垂れ流すわ、やりたい放題というわけである。

ロシアンマフィアは、芸能界のモデル事業を通じて、すでに芸能界に入り込んだようだから、今後どんどんロシアマフィア=偽ユダヤロシア人マフイアの恐ろしさがわかるはずである。

アメリカでは、イーロン・マスクとか、もうロシア系が乗っ取ったから、論外である。


そして、かつて支那人やベトナム人や朝鮮人やアフリカ黒人がやった「ヒットアンドアウェー」方式の盗難をいまでは遅ればせながら、ロシア人がやり始めたというわけである。

ロシア人窃盗団 手口が巧妙化 「防犯対策万全に」宮城県警が呼び掛け

a0348309_852493.jpg


宮城県警がロシア人グループによる窃盗被害に注意を呼び掛けている。
県警は今月までに、ロシア国籍の男2人を窃盗容疑などで3回逮捕。
工場に侵入して自動車用部品などを盗み、県外で売りさばいていたとみられる。
捜査関係者によると、ロシア人窃盗グループは複数ある上、
日本海側が多かった被害場所も広域化している。

◎ネットで工場物色、広域な被害

県内で確認された被害は地図と表の通り。
逮捕されたのは自称自動車等買い付け業アニシキン・ヤーローサーブ(36)、
サポジコブ・ビターリー(34)の両容疑者で、サポジコブ容疑者は「2人で盗んだ」と容疑を認めている。
 
県警によると、2人は3カ月間、国内に滞在できる商用ビザで成田空港から日本に入国
インターネットで侵入しやすそうな工場を見つけ、実際に下見した上で盗みに入っていた。
盗品は、関東地方の買い取り業者に盗んだ当日に売却していた。
これまで全国17県で同様の被害が約30件確認され、被害総額は1億円に上るという。
 
ロシア人による窃盗被害は、地理的な理由で新潟県など日本海側に多い傾向があるが、 捜査関係者によると、近年はインターネットの影響などもあり、場所を選ばなくなっている。
窃盗グループは3~5月を「春シーズン」、10~12月を「秋シーズン」と呼び、 時期に合わせて日本に入国。特にクリスマスを控えた秋シーズンに活動が活発化するという。
 
宮城県警の渡辺勝裕捜査3課次長は「グループは入りやすい工場を吟味している。
防犯カメラやセンサーを設置するなど、セキュリティーを万全にすることが被害防止につながる」と話す。

河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180116_11040.html
国内にいるロシアマフィア(買取業者)が手引したのは100%明白ですナ。


ところで、すでに1年間の訪日旅行者が3000万人に近い。つまり、国民の4人に1人〜5人に1人が外人さんになってしまった。この数は減りそうもない。

なぜなら、売国奴の気質のある安倍晋三政権が売国奴官僚に騙されて行ってしまったからである。

欧州や北米南米の若者はのきなみ20〜40%の失業率だ。仕事がない。

ましてや外人には伝統もない。所詮は先祖が移民でしかない。移民遺伝子=チャレンジャー遺伝子を持っている。

ましてや、文化的に欲望=本能のまま生きている。そしてそれが美徳とされる文明圏に生きている。

ゆえに、自国で職がなくなれば、職のある場所に移住すればいい、ただそれだけ。なんとかしてその新天地に行き、そこでのさばればいい。現地の人間など糞くらえさ。

かつてはそれがアメリカだった。

だから、貧乏な白人欧州人が、アメリカ大陸に移住した。
現地のネイティブ・インディアンなんてくそ食らえさ。


そんな遺伝子をもつ移民民族が、北中米、豪州、欧州、アジア、全世界から我が国を目指す。

とまあ、まさに

「日本以外全部沈没」




の世界が現実になった。

犯罪者がその民族の数%だとしても、1000万人の1%でも10万人。3000万人なら、30万人。5%なら、150万人もの犯罪者および予備軍が我が国に来ていることになる。

警察官の総人口は、たったの25万人。
a0348309_914619.png
ちなみに、自衛隊は24万人程度。計50万人程度にすぎない。

もはや我が国は、もし外人犯罪者がSNSでテロを呼びかけたら最後、警察官では太刀打ちできないレベルに達しているのである。

ましてや、支那人の訪日旅行者や在留支那人だけで、300万人はいるというわけだ。


というようなわけで、外人犯罪+国内の在日犯罪だけでも、もう警察官が過労死しかねないほどになったといえるだろう。


もっとも警察の最善手は、「何もしないこと」=「完全無視」だから、我が国が犯罪者天国となり、国民だけが損するわけだから、警察官が過労死するということはあり得ない。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
数字からすれば、日本全国のニートを警官として雇った方が良くないか?ニートは500万人はいる。全員スカウトして訓練し、ニート出身の警官に交通関係をやらせて、今いる警官は犯罪者専門に集中する。まあ、そういうことでもしないかぎり、犯罪天国ジャパン、スパイ天国ジャパンは改善できそうにありませんナア。

おまけ2:
ラグビー元豪代表、タクシー代払わず殴って逮捕

a0348309_15153279.jpg


 元ラグビー豪州代表で、トップリーグ・サントリー所属のジョージ・スミス容疑者(37)(東京都府中市)が昨年12月、タクシー代金を踏み倒し、運転手に暴行を加えたとして、強盗致傷容疑で警視庁府中署に現行犯逮捕されていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、スミス容疑者は昨年12月31日午前0時10分頃、府中市の自宅近くでタクシーを降りた際、乗車料金約1万円を支払わずに逃走し、追いかけてきた男性運転手の顔などを殴ってけがを負わせた疑い。酒に酔っており、110番で駆けつけた警察官に取り押さえられた。容疑を否認している。

 スミス容疑者は元豪州代表フランカー。トップリーグでは2011、12年度にMVPを獲得、16年度はベストフィフティーンに選ばれた。サントリーは今月13日、日本選手権は2季連続8度目、トップリーグは2季連続5度目の優勝を決めたが、スミス容疑者は出場していなかった。

 サントリーホールディングス広報部は「被害者や関係者にご迷惑をおかけし、おわび申し上げる。被害者には誠意をもって対応する」とコメントした。

やはりラグビー日本代表も害人系はいらんやろ。いくら弱くても日本人だけのチームの方が応援しがいがある。外人さんは母国の父親の国で頑張ってもらうべきですナ。100−5でも一生懸命最後まで頑張る姿の方が、外人の力で勝つより、見栄えがいい。もう一度もとに戻すべきだろうヨ。


おまけ3:
「韓国で泥棒やりすぎ日本へ」東京の高級住宅街で空き巣 容疑で韓国籍の男を逮捕
a0348309_16265653.jpg


 留守宅に侵入し、現金や腕時計などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、自称韓国籍の無職、李成男容疑者(40)=東京都新宿区大久保=を逮捕した。「韓国で泥棒をやりすぎてできなくなり、日本に来た。盗んだものは韓国の質屋で売った」などと話し、容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月15日、東京都目黒区の住宅に侵入し、腕時計など13点(時価計約124万円相当)を盗んだほか、同区の別の住宅からも現金127万円とネクタイピンなど41点(時価計約370万円相当)を盗んだとしている。

 李容疑者は別の男らと共謀し、高級住宅などを狙ってバーナーやバールで侵入し、盗みを繰り返していたとみられる。都内では10月25日以降、同様の被害が37件(総額約6千万円)あり、関連を調べている。
なんで政府は朝鮮人にビザなし渡航させるんでしょうナア?狂っている。





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2018-01-17 09:08 | 在日害人犯罪

「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」   

a0348309_18263916.png


みなさん、こんにちは。

昨日、私の2018年予想の7番目として
「2018年はどうなる???」7:「日本の文化は世界の文化だ」が世界認識に変わる!?

をメモしておいた。

すると、今日のねずさんこと小名木善行さんのブログにも似たような趣旨の予想が出されていた。面白いので、これをメモしておこう。以下のものである。

ジグソーパズル

たった70年余で遅れたのなら、次の70年で取り返せば良い。
すでに門は開かれたのです。
これからは日本の時代です。
a0348309_8422764.jpg


(前略)

しかし本当にそうなのだろうかと思って、いろいろ調べてみると、全然違う世界がそこにある。
古事記や日本書紀も同じです。

先日の倭塾でお話したことですが、「人類社会は進歩する」というのは、実はとんでもない幻想です。
いまの日本人は、千年前の日本人よりも、千年遅れてしまっている。

けれど日本人には、日本人にしかないDNAがあります。
そして天皇もご健在です。
日本には、まだまだ復活のチャンスがあります。
すでに門は開かれたのです。
これからは日本の時代です。


そうそう。
在日のことにもすこし触れて置かなければなりません。
彼らが戦後の日本でのしあがったのは、38度線という東西世界の境界線があったからです。
South Koreaの経済的成長と、社会の進化が、東側世界への大きな壁とされてきたから、South Koreaの経済成長があったし、国際的地位の向上があったし、その後背地に位置する日本における在日Koreanの横暴も許容されてきたのです。
彼らにとっては、それによって日本の猿に少々の被害があったとしても、世界全体の秩序維持に、それは不可欠の要素とされてきたのです。

ところが国際情勢は変わりました
彼らを助けることは、国際社会の中で、もはや百害あって一利なしとされるようになったのです。
つまり、South Koreaは、国際社会から見放されるということです。
そして、そうなると日本国内に限らず、世界中でKoreanは、これまでのような横暴が通用しなくなります。
犯罪は犯罪とされるようになるのです。
今年、そのことがあきらかになります。


お読みいただき、ありがとうございました。


本文は結構長いのでねずさんのサイトを見てもらうことにして、後半だけ引用した。

この一番最後の部分、「ねず予言」といっていいだろう。

在日韓国人、半島の韓国人、

いわゆる朝鮮民族は世界から目の敵にされるだろうというのである。

まあ、悪いことさえしなければいいのだが、これまでのような「甘え」は一切白人には通用しない。

そういう時代に切り替わったというのである。


火病を起こそうが、泣き喚こうが、大騒ぎしようが、もはや許されない。


ましてやこんな民族が、核ミサイルと核爆弾をもつ北朝鮮と統一国家になる?

こんなことはもはやありえないことだということになったのである。


核を持つ北朝鮮と火病国家の南朝鮮とがいっしょになれば、もはや世界が壊滅しかねない。

ならば、韓国経済を潰し、韓国人を消滅させる。

いいかえれば、アラブのISISと同じく、韓国はテロ民族指定を受けた、ということなのである。


まあ、大分前から、アメリカのズビグニュー・ブレジンスキー
a0348309_8532772.jpg

が言っていたわけだ。
米国民主党の外交・安全保障問題の指導者であるブレジンスキーが韓国を見捨てる
a0348309_8551113.jpg

「有事の際は日本へゴー」?:平成最大の日本の危機到来!「平成朝鮮進駐軍」か?

ズビグニュー・ブレジンスキーの言葉

「近い将来、中国とインドが浮上し、米国は衰退する」

「米国の衰退は韓国に苦渋の選択を迫るようになるだろう」

韓国には「中国による東アジアの覇権を受け入れ、中国とさらに接近する」道と「歴史的な反感にも関わらず、日本との関係をさらに強化する」という二つの道が選択肢として提示されている。

「米国の強い後押しがない場合、日本が中国に対抗できるかは疑わしい。米国の衰退で、米国が提供してきた“核の傘”への信頼が低下すれば、韓国と日本は(米国以外の)新たな核の傘を求めるか、あるいは自国での核武装を迫られるだろう」

「中国は韓半島(朝鮮半島)統一問題にも決定的な影響を及ぼすと考えられる。その場合、韓国は“中国が後押しする統一”と、“韓米同盟の縮小”などを取り引きせざるを得なくなるかもしれない」

「韓国の将来に決定的な影響をもたらす国際情勢の変化の時期」について「中国が経済面と軍事面の双方で米国を追い越すとみられる、およそ20年後」と予想した。

「たとえ韓国が米国との同盟を強く望んだとしても、米国が韓半島(朝鮮半島)から手を引く時代は少しずつ近づいている」
同時に「そうなれば韓国は中国に頼るか、あるいは日本と手を結ぶかという選択を迫られる」

「中国は韓国統一の過程で決定的な影響力を行使すると予想される。その場合、“韓米同盟の縮小と中国による統一支援”を取り引きせざるを得ない状況になる可能性がある」

「韓国と米国は共に血を流し合った血盟関係だ」などと強調してきた。しかしその一方で米国は、韓国が現在あるいは将来の国益をかけてどのような決断を下すかに注目しており、それに伴う対応策についても慎重に検討を進めてきた。

「韓国・台湾・日本・トルコなどは、米国の拡大核抑止力に安全保障を依存しているが、米国の衰退はやがて、米国が提供してきた核の傘の信頼性に危機をもたらすだろう」と語った。米国が国内問題によって特定地域から徐々に手を引くようになり、これらの国々が「米国が自分たちを守ってくれる」という確信を持てなくなれば「よそ(elsewhere)」に安全保障を求めざるを得ない。

「よそ(elsewhere)」について
「自ら核兵器を持つという道か、あるいは中国・ロシアなど他国の核パワーの保護下に入るという道、この二つ以外にない」

韓半島(朝鮮半島)統一の時期が来たときには、韓国が中国の支援を得るために、米国との安全保障同盟のレベルをある程度格下げするという決断を余儀なくされるとの予想も示した。そして「韓半島に平和的統一の雰囲気が形成されるころには、中国のパワーは今よりもはるかに大きくなっており、南北統一の際にも中国は中心的な役割を果たすだろう。韓国は“中国の支援を受けた統一”と“韓米同盟の縮小”が、トレードオフの関係(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の関係)にあると考えるだろう」

米国の衰退によって「地政学的リスク」に直面する8カ国として、グルジア・台湾に続いて韓国を挙げ「韓国は、中国と日本の間で選択を迫られることになるだろう」

「中国の地域的優位を受け入れ、核武装した北朝鮮の手綱を握るため、さらに中国に依存するか、または平壌や北京による侵略に対する懸念と民主的価値を共有する日本と、歴史的反感に堪えながら関係を強化していかなければならない」

歴史上唯一の「スーパーパワー」だった米国が王座から陥落した後、中国など特定の国が単独でこれを継承し「戴冠式」を行う可能性は小さい。

「かつてソ連が崩壊した際、米国には(世界ナンバーワンとしての)役割が委ねられたが、同様の役割を遂行できる国は、2025年になっても現れないだろう」

「各地域のパワーとグローバルパワーの間で、多少混乱気味に力の再分配が起こる可能性が高い。この過程では、勝者よりも敗者の方がはるかに多くなるだろう」


グッバイ・コリア、”さよなら”韓国、僕たちは忘れない!:南朝鮮人国終焉か!?

さて、そんな南朝鮮国、別名「大韓民国(=韓国)」は、いまや世界でも、政治的にも文化的にも経済的にも風前の灯火のようである。

結論から言えば、3つの選択しかないと考えられているようである。
1。親中共路線:「中国による東アジアの覇権を受け入れ、中国とさらに接近する」
2。親日路線:(反日行為をやめて) 「歴史的な反感にも関わらず、日本との関係をさらに強化する」
3。消滅路線: 「北朝鮮の一部になる」

オバマ大統領のメンター、ブレジンスキー博士は最初の2つしか取りえないと言っているらしい。


これはもう6年も前の話である。


というわけで、
李明博(いみょんばく=りみょうばく=りーあきひろ)
a0348309_9251320.jpg
(大阪出身の在日)
朴槿恵(ぱくくね=ぼくきんえ=ぼくきみえ)
a0348309_928264.jpg
(金正日の第四婦人)
文在寅(むんじぇいん=もんざいいん=ぶんあるとら)
a0348309_9291775.jpg
(髪の毛染めた?)

と三代の大統領の間にのらりくらりと無視して生きた米NWOネオコンのシナリオがついに炸裂しかねない状況になったわけである。

逃げて〜〜、朝鮮人!


というわけだろうが、もはや日本人になりすまそうが、何人とハーフになろうが、現代分子遺伝学の科学の手から逃げることはできない。

皮膚、唾液、髪の毛、陰毛、精液、体液、。。。。

たった一粒でも残れば、いまや遺伝子解析であっという間に犯人が朝鮮人かどうかわかってしまう。

もう朝鮮人特有の遺伝子はデータバンク化されているのである。

もはや世界中どこにも逃げ場はない!


あとは、改心するか、

死んで生まれ変わるしかない

が、改心はできないだろうから、生まれ変わりのほうは、二度と人間に生まれ変われるはずもない。

たいていはゴキブリか、虫、せいぜい家畜になるのだとか?


今度、家畜を見たら、その名前を呼んでみろ。

おい、金日成!

そうすると、め〜〜〜って応答するはずだ。



最近死んだ、ズビグニューとか、デービッド(ロックフェラー)とか、偽ユダヤの大悪の名前を呼んでも反応するかもナ。





いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2018-01-12 09:15 | アイラブとてつもない日本