FIFAコンフェデW杯準決勝第一試合:ブラボー、チリ、ブラボーの大活躍でPK戦でポルトガルに勝利!   

みなさん、こんにちは。

いよいよFIFAコンフェデ杯も終盤にかかってきた。
準決勝第一試合:南米王者チリvsロナウドのいるポルトガル
が行われたようである。


まず試合前のチリの選手のコメント
Jean BEAUSEJOUR - Post-Match Interview - Match 13: Portugal v Chile - FIFA Confederations Cup 2017


次に実際の試合の模様がこれだ。
Match 13: Portugal v Chile - FIFA Confederations Cup 2017

PK戦のブラボーの好守
a0348309_09362004.png
a0348309_09370293.png
ナニも止められた!
a0348309_09371133.png
というように、チリのGKブラボーの再三再四の好セーブ炸裂。

クリロナの強烈なシュートもことごとくブロックや好セーブ。

そして最後のPK戦で3セーブで勝利した。

いわゆる、GKの勝利。

まさに神セーブというやつだ。神がかっていたナア。

いずれにせよ、いわゆる「やまはって飛ぶ」のではなく、「最後までキック方向を見て飛ぶ」方式が成功したようだ。

前からここではずっと言ってきているように、中高生ならボールスピードがないから、
蹴る瞬間、あるいは、蹴った直後のボールの方向を見てから飛んでも十分に間に合う。
これならセーブ確率が8〜9割になる。

これをやまはって飛ぶとセーブ確率が五分五分以下になる。

この原理は大人のトップレベルでも同様だ。

蹴ってからでは遅いが、蹴る瞬間の方向を見てからでも十分に間に合う。

だから、蹴り出す=足を振るまでGKが動かないと、キッカーが混乱するわけだ。

そうして、ミスするか、弱いボールになり、GKの思う壺になる。

今後この「GK蹴るまで動かず」方式が主流になるだろうナ。


さて、試合のGKブラボーのインタビューがこれ。
POR v CHI - Claudio Bravo - Chile Post-Match Press Conference



翻って、オーストラリアはこのチリと1−1のドロー。

いかにいまオーストラリアが自信をつけたか、末恐ろしいほどですナ。

きっとチリがポルトに勝って大喜びしているんじゃないの?


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-06-29 09:48 | サッカー&スポーツ

ジョーク一発:「外国人たちの大誤解」→「お客様は神様です」   

「お客様は神様です」
a0348309_17220981.png

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif
さて、最近どういうわけか、我が国へ来訪する外人さんたちの間でシェアされる大誤解がある。こんなものである。

(あ)大誤解1
「やっぱ日本って凄いよ」 日本の日常を写した1枚の写真にイタリア人が衝撃

今回ご紹介する写真は日本在住のイタリア人が撮影されたもので、東京駅周辺の通り沿いにある店舗の店頭に、近くに店員がいない状態で商品が陳列されてる様子が写されています。
a0348309_16450002.jpg
投稿者さんは、「日本にも多くの問題がある」とした上で、「しかし強盗や盗難はそのうちの1つには絶対に入らない」とし、日本のような社会をどう思うかを読者に訊ねています。日本の都市部などの道沿いではよく目にする光景ですが、イタリアでは盗まれてしまうためまずあり得ないことであるらしく、驚き、そして日本社会への賞賛の声が相次いでいました。
外人コメント
■ これはイタリア人からすればとんでもない光景だぞ……。
■ イタリアの通り沿いであんなふうに商品を陳列してたら、  通行人は蜃気楼を見てるのかと思うだろうな。
■ イタリアだけじゃなくて、他のヨーロッパの国でもあんなの無理でしょ。  日本が特別なの。他の惑星なんだよ。 +2
■ 日本はユートピアなんじゃないかと思えてきた。 +4
他多数。


まあ、俺にいわせれば、
日本人は店のものを盗むほどの暇がない。
人のことをかまっている暇なんてない国なんだよ、
ということになろう。この辺のことを外人さんたちが大誤解する。


(い)大誤解2
落とした財布戻った、信じられない…「日本はなんて安全な国なんだろう」 サッカーウズベキスタン代表ムサエフさんが善意に感謝
a0348309_16525952.jpg
サッカーJ1ジュビロ磐田のウズベキスタン人MFムサエフ選手(28)の落とした財布が27日、磐田署を通じて3日ぶりに本人の手元に戻った。
中身は全て無事。同選手は「日本はなんて安全な国なんだろう。ぜひお礼がしたい」と異国で触れた善意に感動し、匿名で同署に届けた拾い主を探している。
サッカーJ1ジュビロ磐田のウズベキスタン人MFムサエフ選手(28)の落とした財布が27日、磐田署を通じて3日ぶりに本人の手元に戻った。
中身は全て無事。同選手は「日本はなんて安全な国なんだろう。ぜひお礼がしたい」と異国で触れた善意に感動し、匿名で同署に届けた拾い主を探している。
ムサエフ選手は24日正午ごろ、同市高見丘のガソリンスタンドで給油した際、財布を車の上に置いたまま発進し、紛失したという。
若干の現金と、在留カードやクレジットカードなどが入っていた。同署などによると、財布は25日、同市富里の富岡駐在所に届いた。
当時は駐在員が不在で、拾った場所と時間などが書かれたメモと一緒に置かれていたという。
今年1月に来日したムサエフ選手は「ウズベキスタンだったら、中身を取られたまま捨てられていたと思う。
戻ってくるなんて信じられない」と感嘆し、「母国の父に電話したくらい不安だった。届けてくれた人は、チームを通じて連絡してほしい」と話した。

俺にいわせると、外人さんはお客さん

どの国であれ、自分の店に来たお客の財布を盗んだり、客が落とした財布をとる店というのはないだろう。

つまり、我が国では、日本列島に渡った外人さんはみなお客さん扱いするわけだヨ。

だから、白人であろうがなかろうが、外人だと分かれば、その人の落としたものや財布は、一応お客に返す。ただそれだけのこと。

もしそれが日本人であれば、お客じゃないから、即座に盗まれる。
どの店でも従業員同志でものを盗むやつがいるだろ。

なにせ日本には盗む習性のある在日朝鮮人帰化人が600万人も日本人としてなりすましているからだ。

朝鮮系帰化人のいるところには盗みが起こる。これは日本人の常識である。

というわけで、別に日本がユートピアであるわけではない。

単に外人さんが自分たちが客人扱いされていることに気づけない馬鹿だというにすぎない。


(う)大誤解3
【軍事雑学】信じられないが、本当だ「日本語は悪口に関する語彙や用例が少ない」
a0348309_17010544.jpg
これなんぞ、誤解中の誤解だろう。

確かに日本語そのものには悪口の語彙が少ない。

しかしながら、米人の彼から輸入した日本人女性たちから流行した和製英語のバッドワードが広まり、それを使うわけだ。

オーイェー、オーイェー、ファック・ミー!
オキドキ、ファック・ユー

ってな調子だ。

つまり、日本人は悪口を言うときには英語を使うんだよ。

もうちょっと日本語を勉強して欲しいナア。


まあ、みんなジョークですから、本気にしないことが肝心、肝心。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-06-28 17:24 | ジョーク一発

自動車盗難の行方はアフリカとアラブだった!?:ハイエースの末路はISISの手先!?   

みなさん、こんにちは。

真実のようなジョークもあれば、ジョークのような真実もある。

トヨタのランドクルーザー、ハイエースと言えば、我が国内でもっとも人気のある車だという。それも「盗難車」としてダントツの人気らしい。

一説では、トヨタ自らが率先して盗ませているんじゃないか、という噂すらある。

なぜなら、トヨタのランドクルーザーはアラブのISISの乗り物となり、ハイエースはアフリカを席巻する。

日本のスポーツ界では黒人ハーフが目白押しだが、その父親の仕事や職業がうさんくさい。

ひょっとして我が国で盗難車ブローカーしに来ているんじゃないか、とすら疑いの目でみないといけないくらいに、盗難が相次いでいるのである。

そのついでに自慢のペニスで日本人女性をたぶらかす。

はあ、ケンブリッジ飛鳥の親父は、ランクル販売人だったとか、そんな疑念すら、そんな偏見すら生み出しそうな勢いなのだ。むろん、ケンブリッジ飛鳥はまったく無関係のはずだが、あまりに何の目的で来ているのかわからないアフリカ人が多すぎるのだ。

まあ、話がずれたが、そんな盗難車、いったいどういうふうにして海外に盗難されていくのか?

まずは事件。事件は毎日起こる。例えば、こんな悲惨な事件。

楽団の楽器載せた「ハイエース」が2台盗まれる
神奈川県鎌倉市と川崎市で今年、アマチュア2楽団が楽器を載せていたトヨタ製のワゴン車「ハイエース」2台が盗まれていたことが27日、県警への取材で分かった。

県警捜査3課によると、積載量が多いハイエースは外国での人気が高く、県内でも盗難被害が続いている。このため、県警はハイエースの転売が主な目的だったとみて捜査している。

被害に遭ったのは、両市を拠点にそれぞれ活動している「鎌倉交響楽団」と「川崎吹奏楽団」。

 県警によると、鎌倉交響楽団は今月17日夕~24日夕の間、ティンパニやドラムなどの打楽器計数十点を載せて鎌倉市大船の駐車場に止めていたハイエースを盗まれた。楽器も含めた被害額は計約200万円に上るという。同市内では、ハイエースが同様に盗まれる被害がほかに1件起きている。

 同楽団のマネジャーでバイオリンの奏者(69)は「秋には定期演奏会もあり、打楽器なしで練習しなければならない」とし、「どうしたらいいのかこれからメンバーと考えていく」と話していた。

 川崎市中原区では今年1月、「川崎吹奏楽団」の楽器を積んだハイエースが、駐車場から盗まれたという。

 017年06月28日 08時51分
そこで、この盗まれたハイエースはどこへいくのか?

というと、どうやらこんな場所であるらしい。
この記事によれば、盗難車の人気ランクは次のようなものだという。
a0348309_13220083.png
そして行先は、
ほとんどの盗難されたハイエースはまず、「不法ヤード」と呼ばれる解体施設に運ばれるようです
『不法ヤード』

いったいだれがそんな不法な場所の経営者であるのか?

不法経営を野放しにする。

これがいまの我が国の政府や官僚および警察の甘いところなんですナ。

もっとも一番の不法賭博であるパチンコ産業を警察庁および警視庁の天下り先にしている時点でアウトであろう。

パチンコの三店方式を野放しにする警察が、盗難車の三店方式を野放しにしないはずがない。

ましてや、韓国、北朝鮮、在日の不法入国帰化の三国方式などダダ漏れ状態である。

そろそろこうした三店方式、実行犯、プランナー、運び屋の三つ巴の構造を違法であるという法整備しなけりゃいけないですナ。

自動車の泥棒屋、解体屋、運送屋、計画屋の3〜4店方式

これが自動車の不法輸出の方法である。

その一人を尋問したにせよ、当人は自分は頼まれただけだと言うにきまっているわけである。



そして最終的には、アラブのISISの戦車
a0348309_13341227.jpg
に変わる、あるいは、アフリカのタクシー
a0348309_13351255.png
に変わるわけだ。

まあ、そんなわけで、人種的偏見というわけではないが、アフリカ系、アラブ系の日本人ハーフの選手を見ると、すぐに

こいつの父親はハイエースの盗難ビジネス長者なんじゃねえか、だからこいつは盗難ハーフなんじゃねえかって憶測してしまいかねない事態なのである。

一度我が国に入国するものは全員、盗難ビジネスに関与あるかどうか入国検査しないと、我が国の一般人のハイエースやランクルがISISやアフリカの過激派に渡り、結果的に世界の治安を脅かす結果になるのではなかろうか?

やはり、我が国に外人を入れないことがもっとも我が国の世界平和への貢献になるわけですナ。

いっそのこと、トヨタはランドクルーザーとハイエースの創業停止にしたらどうか?


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-06-28 13:42 | 在日害人犯罪