「戦後の日本・欧州の視点」: 児玉機関と笹川良一がM資金をゲットした!?   

みなさん、こんにちは。

世界のワルの話が出たついでにわが国最大のワルの話もこの際メモしておこう。俺は科学にも詳しいがワルにも詳しい。

ここでは旧ブログ1で鳩山由紀夫の実父は笹川良一だったとメモしたことがある。
「血は水よりも濃い?」2:遺伝は正直だ!「悪党色を好む」

父 笹川良一と子 鳩山由紀夫
a0348309_13235527.jpg

父 池田大作(ソンテチャク)と子 前原誠司
a0348309_13222623.jpg

父 アドルフ・ヒトラーと子 メルケル首相
a0348309_1323683.jpg

父 ロスチャイルドと子 スターリン
a0348309_13224761.jpg

父 堀川辰吉郎と子 中丸薫
a0348309_132335100.jpg

(俺はこの堀川辰吉郎の父もまたロスチャイルドだと考えている。上のロスチャの顔と堀川に顔は似ているだろう。実際に堀川の母の時代にロスチャは日本に来ていたこともあるらしい。明治天皇の息子ではない。顔が違う。若いころの堀川の顔は外人ハーフのようであった。)
これは100%正しい。DNA検査すればそれでOK。

問題はいまなら
なんで笹川良一なんていう糞野郎が、我が国の戦後社会で偉そうにできたのか?
と思うだろういうことである。

我が国の旧帝国大学東京帝国大学には当時の世界を代表するような秀才や天才の集まっていた。東大航空流体力学科の卒業生が、戦車や戦艦大和やゼロ戦やジェット機を発明したのである。一説では空飛ぶ円盤もドイツと共同開発したというものまである。

こういう日本が西洋白人の列強が植民地支配したアジアを開放したのである。

そうやって広大なるアジアを統治し、それまでアジアを席巻してた欧米人マフィアやアジアンマフィアから膨大な金銀銅などの通貨や物品を取り上げたのである。まさに今のパナマ文書とまったくおなじ事を当時はアジアでやっていたわけである。

とにかく、そういうワル共から非合法な金品を全部帝国陸軍が接収したのである。

戦後その金銀財宝の類はアジアの支那のどこかの秘密基地にそっくりそのまま蓄えられた。そしてその場所は厳重に管理した。

問題はその金、たまには「M資金」とかいうものもあり、それと同一かどうかは定かではないが、文脈からすればほぼ同一と考えられるが、そういう闇資金があったのだが、
敗戦撤収によってその「謎の資金」がどこへ行ったのか?
ということである。

実は、その金は連合軍に所有される前に旧日本軍が秘密裏に我が国へ持ち帰ったという。

それを任されたものが、笹川良一と児玉誉士夫の2人だったのである。

驚き、桃の木、山椒の木

これである。西ドイツの番組である。
戦後の日本・欧州の視点 No.3-1 児玉機関と笹川良一.flv


戦後の日本・欧州の視点 No.3-2 児玉機関と笹川良一.flv


戦前日本軍だった児玉誉士夫氏と笹川良一氏の2人が、アジアの「M資金」を米軍に盗まれる前に我が国持ち込んだ。いかに持ち込むかを考えて、ついにやり遂げたというのである。

ところが、その「M資金」は裏社会に隠した。

これが日本のヤクザの発祥だったというのである。

だから、児玉誉士夫氏はヤクザの将軍になった。

ヤクザを全国に散りばめて、そこに「M資金」を分散して保管したというのである。

オーマイガー!

この功績を認められて、笹川良一さんが日本船舶振興会のドンとなった。

日本船舶振興会の教育システムは旧日本海軍方式である。その理由がこれである。

チンピラもヤクザに入ると、旧日本軍式のしつけで教育を受ける。その根源がここから来ているらしい。

もっとも戦後70年。

いまではそんなヤクザも在日に乗っ取られて朝鮮式に変わっているのである。


ヤクザのことはどうでもいいが、要は「M資金」というやつはもうどこにもないっていうことである。ベンジャミン・フルフォードがそれがあるかのように大風呂敷を広げているが、どうもそんなものはないようである。

ヤクザが消費、散逸しちゃったんでしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-05-11 13:24 | 在日害人犯罪

「パナマ文書」:いまさらオフショアビジネス知ってどうする?悪の伝統的手法だヨ!?   

みなさん、こんにちは。

かの「麻薬将軍」ことノリエガ将軍が発展させた犯罪天国、それがパナマであった。

そもそも米CIAがネオコンのスカルアンドボーンズに乗っ取られてダレスがCIA長官をし、フーバーがFBI長官をしていた頃のアメリカが、JFKの時代であり、そのJFKは軍産複合体の手により公開処刑されたのである。だから、学研頭脳がムーの世見の照のいう偽情報にだまされてはならない。すでにすべて解明されているのである。
世見照子氏は「偽預言者」だったのか!?:JFK暗殺事件は100%解明されているヨ!

FK to 911 Everything Is A Rich Man's Trick

この時JFK暗殺を指揮したのが、当時CIAのダレス長官やFBIのフーバー長官の手下だった若きパパブッシュだったという。その姿が目撃されていた。
a0348309_11121938.png

a0348309_11122777.png

このパパブッシュがその後CIA長官になって全米がベトナム戦争で騒然となりヒッピーの時代に入った頃、パナマやメキシコを通じて今流行りのオフショアで麻薬取引して湾岸警備隊のエージェントを手下にして米国内に麻薬を持ち込んだのだった。そしてそれを当時のCIAが全米でヤクザに流して古き良きアメリカを麻薬大国アメリカに変えたのである。

そして、その資金源を地下経済やブラックマネーとして、エリア51につぎ込んだ。これは故ビル・クーパーやマイケル・シュタットらの調査でも判明している有名な話である。その結果、全米の地下には地下軍事都市網ができている。そこにはとっくの昔にマグレブのリニアモーター列車ができているのである。

そんな若きパパブッシュが親しく付き合ったものが、パナマの
ノリエガ将軍
a0348309_1120181.jpg
だった。

ところが、自分が大統領閣下になった途端、180度態度を変えて、パナマ侵攻してノリエガ将軍を逮捕したのである。まあ、身柄を確保したという説もある。1989年ごろのことである。

それから10年ほどして、今度は息子の子ブッシュ大統領の時代。まさに同じ事をアルカイーダの党首ビンラディン、イラクのフセイン大統領、リビアのカダフィ大佐などに対して行ったというわけだ。永年自分が若いころには友人関係を築いて知己になっていながら、大統領になった途端に恩を仇で返す。

そういう場合の理屈付けが911インサイド・ジョブである。まあ、太平洋戦争のルーズベルト大統領にとっての真珠湾攻撃も同じである。ツーカーのあうんの呼吸である。敵味方双方に通じた間者がいなければ出来ない技である。

これから、支那、南朝鮮、北朝鮮がその対象になる。まあ、見ものである。いつでもインサイド・ジョブの悲劇の攻撃を演出して自国民に犠牲が出れば、堂々と無差別攻撃できるのである。

まあ、そういう戦法なんですナ。戦前の日本はそういう手順を知らなさすぎた。

さて、そんなパナマだからして、なんでもありである。米ネオコンの言いなり国家。というより、米軍産複合体が所有するフロント国家がパナマである。

まあ、たった20年程度でここ最近に大富豪になったばかりの成金の三木谷やら孫不正義やらでは理解し得ないだろう。

実は明治時代にこのパナマの役割をしていたのが、租界こと上海と台湾であった。マフィアの根城。世界のワルの集まる吹き溜まり。

それを綺麗さっぱり駆逐しちゃったのが旧帝国陸軍だったのだナア、これが。欧米のワルから嫌われるわけだ。上海は文化的となり、台湾は近代国家日本に属し、あっという間に素晴らしい国に変わったからである。

オフショアビジネスなんて横文字派生のカタカナで言われるとなんとなく青く美しい島のことを思い出すが、ヤクザやマフィアが一番好きな場所もそういう場所だ。青い海で美しい女と砂浜でセックス。これが連中の理想らしい。

が、オフショアとは一番最初は麻薬取引で始まった犯罪用語である。シンジケートも同様にアルカポネ時代のマフィアの談合組織の意味であった。これがいまでは表の国際金融機関であたかも当然のごとく使われている。

ついでに言えば、スワップというのは、不良家庭における「夫婦交換」の意味だった。男尊女卑の西洋世界で妻に飽きた者どおしが適当に奥さんを交換して夫婦倦怠感を取り除くための手法につけられた言葉にすぎない。が、それが今では国際的に通貨交換という意味合いで使われている。

どんだけワルがのさばっているかわかるだろう。

1930年代のアルカポネ時代には地下に潜っていたマフィアが1970年代から表の金融業に出てきて、いまやそっちが表の顔になったということである。

我が国で言えば、国籍も戸籍もない在日韓国人が、ずっと地下経済の売春やチゲ屋や焼肉屋やエッチ宿を経営していたが、2000年ごろから表に出てきて、IT時代になってそっちの方が表の顔になってしまったというようなものである。それがイオンやソフトバンクや楽天やオリックスである。いまではそれが主要企業と化しているわけだ。

だ・か・ら

だから、こういった在日企業は人種もメンタルも日本人じゃね〜〜んだから、オフショアに惹きつけられたわけだヨ。

わかる〜〜、B層の唐変木達ヨ。

オフショアとは、闇という意味である。

闇取引するのに一番いいのは人が来ない離れ小島の無人島。ワルはいつもそういう場所で取引をする。これはいまも同じである。だから山口組が淡路島に来たのだナア。連中には淡路島は無人島のようなものだ。

話はちょっと飛ぶが、終戦直後の1950年代。このオフショアビジネスの走りのようなことが、かの
ネルソン・ロックフェラー
a0348309_1156327.jpg
家の所有の離れ小島で行われた。これがオフショアの始まりである。

そして第ニ回目の会合が、クウォンティコ会議(クウォンティコ・マリーン・ベース)というものである。

この時、まだ若く壮年になったばかりのブレジンスキー博士とキッシンジャー博士も参加した。

この会議で戦後の世界戦略の方向性が決められたのである。
ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」
ウィリアム・クーパー講演パート6:「MJ−12」の登場


今ではB層も知るようになった(もちろん、20年前1990年代中頃はだれも知らなかったし話題にも問題にもならなかったが)、ケムトレイル、兵器としての作物、食物、飲料、薬、こうした戦略がこの会議で決まったものである。津波爆弾、気象兵器、電磁兵器、こうしたものの開発もここで決まったものである。

そして、いかにしてユダヤ人が世界支配するか?

こういう問題もこの時に決まったものである。

これがNWOであり、その後、大統領になって有頂天になったジョージ・パパ・ブッシュが演説した「NWO」である。

見れば分かるように、1950年代以降、そのシナリオ通りの展開に来ているわけである。

これらを偽の予言者を予言者のフリさせて、一般シープルやB層に対する心の準備をさせる御役目が欧米人の予言者である。全部仕込み、やらせなのである。「光の天使」だとか、そういうジャーゴン(新語、造成言葉)に気を取られる傾向をうまく利用するのである。そうやって徐々にそういう方向へ一般ピーポーを持っていく。

パナマといえば、ノリエガ将軍。ノリエガ将軍と言えばパパブッシュ。パパブッシュと言えばNWO。NWOと言えば、ブラックマネー。ブラックマネーと言えばオフショア。

全部見事にリンクしているわけですナ。

奇しくも楽天の三木谷やソフトバンクの孫不正義が
「海外投資のためにやった」
と言っていたらしいが、その海外投資とは
「日本撲滅のため」「日本つぶしのため」
だってNHKは言っていなかったゾ。

我が国の在日系大企業がなぜオフショアビジネスに走るかといえば、そりゃ〜〜、日本つぶしのためだ。

我が国政府に対して税金など一銭足りとも払いたくはない。しかも我が国を乗っ取るか崩壊させたいと思っているわけだ。オフショアに金を投資という名目で移して、その金で我が国に麻薬を買って自分の手下のヤクザに売らせて日本人を奴隷にしたい。
小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係

互いに絶賛し合い固く握手を交わす二人、パナマの麻薬王ノリエガ将軍と池田大作氏
a0348309_1232217.jpg


それだけのことだヨ。

まったく韓HKは分かっていないらしい。わかっていないというよりわかっていて嘘捏造報道するわけですナ。もはや電通の手先になったんですナ。

ところで、創価学会は池田大作ことソンテチャクの創価M資金は全部そっくりそのまま小ブッシュに小泉時代にネコソギされたらしい。だからあわくってオフショアに流した。それが今度はパナマ文書でリーク。そして北朝鮮の水爆開発のために、オフショアの創価系在日系のダミー会社から北朝鮮に流れたわけですナア。

だから、最近の北朝鮮は非常に豊かになった。もう豊かさでは韓国を越える。

これもまたアメリカのネオコンの計画通りというわけだ。

適当にミサイル飛ばさせて、我が国に旧式の在庫処分をする。全部きれいさっぱり売れると、今度はそのご褒美を北朝鮮にやる。南北統一の主導権をちらつかせる。株式のデリバティブというやつだな。統一デリバティブ。
【速報】北朝鮮とアメリカ、和平協定締結キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 北朝鮮主導の朝鮮統一をアメリカ政府が事実上許可!!!! 米中北、韓国抜きで協議が始まるwww


さすがに白人は権謀術数には長けている。

白人は真綿のように攻めてくる

というのは武田教授の言葉だが、まったくその通りなのである。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-05-11 12:19 | パナマ文書

カメルーン代表エケング選手とブラジルのリベイロ選手ピッチで死す:安らかに眠れ!R.I.P.   

あるサッカー選手の死 / 生放送中に起きた悲劇


みなさん、こんにちは。

昨年のちょうど今頃、サッカー選手がピッチ上で死んだ。
ベルギーの若手の星グレゴリー・メルテンス選手、ピッチで死す:安らかに眠れ!R.I.P.


そして今日ふたたび
カメルーン代表のパトリック・エケング選手
a0348309_1610265.jpg
が同じように亡くなったらしい。以下のものである。
【サッカー】カメルーン代表MFの死、衝撃の事実…「機械が故障」「有効期限切れの薬」

カメルーン代表のサッカー選手が試合中に倒れ、死亡 nagaru.TV


試合中に心臓発作によって急死した26歳のカメルーン代表MFパトリック・エケングに関して、衝撃の事実が隠されているかもしれない。9日にスペイン紙『アス』が報じている。

ルーマニア1部のディナモ・ブカレストに所属するエケングは、現地時間6日に行われたヴィトルル・コンスタンツァとの試合中に突然ピッチ上に倒れた。意識が戻らないまま病院に運ばれた後、約2時間後に死亡が確認されている。

同紙によると、ルーマニア当局がこの事件を調査した結果、”機械の故障”と”有効期限切れの薬”が一部の救急車で発見されたとのこと。

また、スタジアム周辺には3台の救急車を置いてあったが、その何れも除細動器を備え付けておらず、蘇生に取り掛かるまでに多くの時間がかかる結果となってしまった。

現時点では、まだ調査中とのことだが、救急車を持つ会社の管理体制に問題があった可能性もあるだろう。
a0348309_16131941.jpg
a0348309_16133562.jpg

a0348309_16132356.jpg


またそのすぐの試合でも今度はブラジルのベルナルド・リベイロ選手がピッチで亡くなった。
2日連続でサッカー選手が試合中に死亡
a0348309_16311829.jpg



<ブラジルサッカー>なぜこんなことが?2日連続で選手が亡くなる!


サッカーは非常にきついスポーツである。コンディションが悪かったり、打ち所が悪ければ死ぬこともある。そういうスポーツだ。

私自身もサッカー選手時代に何度もそういう危うい場面を経験してきている。背中から地面にたたきつけられたらしばらく息ができない。頭を打てば目が見えなくなり立っていられない。腹のみぞおちにボールがあたれば、これまたしばらく息ができない。金玉にあたれば、ち〜〜んである。

AED
a0348309_16145724.jpg
の常設は必須だし、応急措置のノウハウを選手たちだれもができるように義務付けるべきである。

我が国のドリンク自動販売機にAEDがつけてあるようなものは全世界に広がるべきだろう。

ついでに以下に最近優秀な将来性のある選手たちが残念な死に至ったかをメモしておこう。

ハンガリー代表のミキ・フェヘル選手
a0348309_16192288.jpg

カメルーン代表のマーク・ビビアン・ホエ選手
a0348309_16201844.jpg

スペインのアントニオ・プエルタ選手
a0348309_16205382.jpg

元日本代表の松田直樹選手
a0348309_16211414.jpg

イタリアのピエルマリオ・モロジーニ選手
a0348309_16215625.png

元U-21ベルギー代表DFグレゴリー・メルテンス
a0348309_16223798.jpg


除細動器が故障していて死亡とか残念すぎるナア。

ちゃんと心臓マッサージさえできていれば、100%蘇生したはずである。

最近は、いわゆるサッカー選手の演技(=シミュレーション)が増えすぎて、選手が痛がったり倒れた場合にそれが演技なのか本当の事故なのかまったく審判には判断できないのである。

それで対応が遅れる。

選手の仲間が異変に気づいた時にはもう5分以上経っている場合が多く、手遅れになるのである。ミキ・フェヘル選手の場合がそうだった。

ブラジルは環境がまだまだ第三世界である。

BRICSなんていって持ちあげるもんだから調子をこく。

ロシアもチャイナも同様だ。インドなんか論外である。

街として当然のことができるまで外国旅行をさせるな。

最近は我が国へ来て自国のことより日本大好きとなるのはいいが、その前に自分の国を愛すべきである。

自国も愛せない人間が他国に来て住んでもその国を愛することは不可能だからだ。

日本の良さに気を奪われるなら、まずは自国を我が国の文化レベルに近づけることに集中すべきである。

とまあ、俺はそう思うがナ。

我が国には

灯台下暗し

ということわざがある。

もっとも白人という人種は常に自分の街が平穏であると周りの仲間を見ていると退屈してしょうがなくなるらしい。近所の人がバカ面に見えてくるとか。だから常に外部に出て冒険を求める。これもまた遺伝子の問題である。

そんな遺伝子持った奴らがどどっと押し寄せてくるわけだからたまったものではない。かつてのアフリカ、南米、北米、みなそうやって自国に嫌気がさした連中がやってきて居座ったのである。

しかし当時は地球が無限に大きかったからいいが、今では地球は有限で小さい。

まずは自国から。

これである。


いやはや、AEDがなくて死ぬ。

いやはや、世も末ですナ。

パトリック・エケング選手とベルナルド・リベイロ選手のご冥福をお祈りいたします。RIP.


おまけ:
いま思ったのだが、主審が第1審判、線審が第2審判、第3審判、交代要員を扱うのが第4審判だとすれば、選手が倒れた場合にそれがシミュレーションか事故かを判定する第5の審判も必要なのではなかろうか?この第5審判が選手に真っ先に近づいて除細動器で救護する。どうでしょうか、こんなアイデアは。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-05-10 16:43 | サッカー&スポーツ