日本人の米国留学8位に減った!?:政府マスゴミ「もっと行け!」俺「いい傾向じゃないだろうか!」   

みなさん、こんにちは。

さて、まずはこの話から。
米国の留学生数、日本は8位…中・印で約半数
a0348309_8291334.jpg

【ニューヨーク=橋本潤也】米国際教育研究所(本部・ニューヨーク)は13日、2016年度に米国の大学・大学院に留学した外国人留学生数を発表した。

 計107万人中、出身国・地域別では中国が前年度比6・8%増の35万755人で首位。日本は前年度比1・5%減の1万8780人で8位だった。日本は1994年度から97年度まで首位だったが、97年度の4万7073人をピークに減少し、2011年度から2万人を割り込む状態が続いている。

 2位はインドで、前年度比12・3%増の18万6267人。中国とインドの2か国で留学生全体の約半数を占める。人口で世界1位と2位の両国が経済成長を遂げ、米国留学生数を年々増やす状況が見て取れる。


1991年、いまから27年ほど前、私が米国ユタ大学留学を終えて帰国した時、その4年間の留学時代に気づいたことを論文にまとめたものが、
井口和基、「日本社会の構造的問題とその解決の方向:3セクター分立の概念」、 「物理学者の社会的責任」サーキュラー、科学.社会.人間、第37号、10(1991)
の論文であり、後に理研にいる間に自費出版したものが
日本社会の構造的問題とその解決の方向―三セクター分立の概念
であり、さらに再出版したものが、
三セクター分立の概念
a0348309_8363311.jpg

この本は当時毎日新聞社の記者だった中村龍平氏の目にもとまり、当時大学改革の先陣をとっていた立命館大学のドキュメンタリーレポートにも私の本の内容が掲載された。まあ、殆どの人には知られていないが。
挑戦する立命館―大学改革とは何か 単行本 – 1997/2中村 龍兵
a0348309_8415227.jpg



その私の本はアメリカ社会と日本社会との構造上の違いを論じたものである。この論文はそうとうに当時の物理学者にインパクトを与えた。

何が違うかというと、当時すでに米国社会では一般に「セクター」という言葉が使われていて、その概念にもとづいて日米の社会構造の違いを大づかみに説明したにすぎない。

日本という国家は、「政府セクター」と「民間セクター」の2つしかない。だから、社会は政府セクターに所属する「公務員」か、民間セクターに所属する「民間人」の二種類しか存在しない。

しかし、一方のアメリカでは、「政府セクター」と「民間セクター」に加えて「大学セクター」の第3番目の勢力がある。だから、アメリカが世界一になっている。そういう主張である。

だから、我が国は、公務員、民間人の他に大学人という新しい種族を社会に許容する方向へ構造改革するべきなのだというのが、私の当時の哲学であった。

大学人はアカデミズムの世界に住む。これは金儲けの民間、国家サービスの公務員とも違う。だから、科学芸術スポーツなどの人間性を高めることを目指し、その能力を開発することや自然の真理を発見することなどが主要テーマとなる。だから、本質的には政府目的、民間企業の目的とはまた違った目的を本義的にもつ社会である。

ゆえに、それは独立すべきだ。

そこで、アカデミズムセクターという独立する社会セクターの誕生が好ましい。

そんなわけで、理研にいた頃私は、その1年後に文部大臣になり、文部省と科技庁を統合し、文部科学省に改変されるときの大臣となる有馬朗人理研理事長に直接この本を理事長室の前で1冊手渡したのであった。

どの程度私の思想が伝達できたか走らないが、そのときにはぜひ後で読むと言っていたから、きっとさっと目を通されたに違いないが、その後、我が国の文科省の政策から、

ポスドク1万人計画、大学院重点化、大学の法人化、1995年の科学技術基本法

とすすみ、まがりなりにも大学の上には大学院というものがあるということが一般人にも理解される時代に入ったのである。

そして、2000年代には、大学人は電通により、A層にランクされるに至った。逆に我々一般人はB層と呼ばれ始めることになった。

1970年代、1980年代では、大学教授は貧乏だった。狭い大学の公務員住宅に住み、自動車も持てず、大半は徒歩で大学へ通っていた。民間の重役のほうが遥かに給料が良かった。

また大学は建物は老朽化してぼろぼろ。壁は落ちるし、トイレは汚いし、キャンパスはなさけない。そういう感じだった。

しかしいまでは逆である。

大学教授クラスはみな一軒家に住み、外車を所有し、車で通勤。大学はすべて建て替えられ、キャンパスはきれいになり、中はホテルのようだ。

こうして曲がりなりにも大学セクターの真似事のようなものが我が国は誕生してきたと言えるだろう。

いつしかそれが逆に反政府的左翼的になってしまったが、それも愛嬌だろう。


こういうことを理解しておかないと、最初の記事の面白さがあまり理解できないはずなのである。

その記事では、単に我が国からのアメリカの大学大学院への留学生が減って8位になったというものである。

だから、記事では中国やインドや他の国々に劣っている、遅れを取っている→だからもっと増やすべきだ

というような主張をいいたいらしい。

実際、私が留学した1986年ごろは、日本人は中国やインドと同程度の5万人以上の留学生がいた。その下に韓国や台湾や他の国々がいた。

まあ、我が国はバブル全盛期でお金があったからそれなりに個人でも留学できたにはちがいない。

しかしながら最近では状況がかなり我が国の場合は変わっているといえるだろう。上に述べたような我が国内の大学セクターの発展のおかげで、我が国ではそれなりに「疑似アメリカの大学」のような大学環境が我が国内にできているのである。

要するに、昔のアメリカの大学以上に今の我が国の大学は居心地がいい。だから、逆に海外からもたくさんの留学生が来る。そういう状況になった。

若い学生が白人の顔を見るために、白人の裸見たり、ちんこみたりするためにわざわざアメリカに行く必要がない。いまじゃ、我が国で陳列されている。いまじゃあっちの方からやってくる。

こうなると自ずとアメリカ行は減る。むしろ、アメリカに対して相変わらずの変なコンプレックスを持っているか、変な憧れを描いているものしかアメリカにこだわる理由がない。

さらにオバマ政権以来アメリカ自体の治安が悪化した。

こうなるとナイーブ度では世界一の我が国若者は自国から諸外国へ行くべき理由がない。日本の溫泉めざして世界中から来る時代にわざわざユタの田舎の山の中の溫泉を目指すべき理由もない。

ノーベル賞狙いにアメリカに行ってもすでに世代交代し、優れた学者はみな老人になってしまった。

そんな状況でなんでアメリカ?

これが我が国の状況といえるだろう。

しかし、インドや中国や韓国や他の国にとっては、自国が独裁者的政権である。また政権や官僚の腐敗もひどい。税金を横流しし、自分の子弟を海外に留学させて、そこへ資金をプールする。できれば、自分の子がアメリカで学位とってアメリカの永住権をもらい、そこでアメリカンドリームをつかんでほしい。

とまあ、Chinaの習近平の子息ですらそんな感じだ。

だから、Chaina支那のAIはいう。

Q「共産党は万歳。」→AI「腐敗と無能の政治に君は万歳できるのか?」

Q「中国人の夢は何か」→AI「アメリカへの移住」
武田鉄矢 今朝の三枚おろし『AI(人工知能)』1週間まとめ


とまあ、話が長くなってしまったが、我が国の留学生数が下がったのは、ある意味で、我が国は

アメリカを卒業した

のである。

一方、Chinaの場合は、エリートの夢は富豪になってアメリカへ移民することである。実際に何万人もの官僚の子弟がアメリカやカナダや欧州に移住している。

つまり、留学生数の多さは、母国への幻滅の反映なのである。

この意味では、我が国の場合は1980年代より日本への愛着が深まったといえるのである。


これをいい傾向と思うか、悪い傾向と思うかはあんたの感性しだいですナ。

というわけである。

私は良い傾向だと思う。

普通の表の科学に関して、いまや我が国には、たくさんの国際的な研究機関がある。理研もその一つだし、他にもある。だから、治安が悪く、あまり刺激もない。漫画もない。そういう他所の国へ行ってまでして学ぶものはかなり限られている。しかもインターネットの時代もかなり進み、いまではスマホやPCでかなりのやり取りができる。

アメリカへ行く必要ねえ〜〜んじゃね?

というわけだ。


アメリカ行ったらデーブ・スペクターや厚切りジェーソンやぱっくんのような連中ばかり。おまけにそいつらが日本に侵入してくる。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-20 09:33 | マスゴミ・ダマスゴミ

平和ボケ日本:悪夢の世界が近い!?「バック転するロボット」登場。もしAIが組み込まれたら最後か!?   

ターミネーター 修理シーン


ターミネーター2 「人間がなぜ泣くか分かった」


みなさん、こんにちは。

MITがアメリカの軍事技術を発展させるためにできたという創立の目的は我が国では全く知られていない。

だから、MITに留学してたくさん論文を出した物理学者が帰国後に大学教授となり、そのうち日本物理学会やら日本学術会議の重鎮になって、こんなことをいい出したら、笑止千万となる。

「我が国の学術界は政府や防衛庁からの軍事技術に対する研究協力はいっさい拒否する」

じゃあ、アメリカの軍事技術大学への研究協力はOKなんですナ?

自分がやったことと言っていることが真逆なわけだ。世間知らずでは済まされない。

西海岸にはスタンフォード大があるが、この大学は原爆をお作りになったロスアラモス研究所とカウフマンのいたサンタフェ研究所とかといっしょになったスタンフォード研究協力機構の一部として一体化した大学なのである。

つまり、正規軍隊のあるアメリカのハイテク大学に留学すること=軍事研究することにすぎないのである。

我が国には平和憲法があり、第9条があるから、憲法違反になるおそれがあるから、軍事研究は拒否。ところが、そんな我が国からの留学資金をもらって米国の一流大学に留学したら、軍事研究に参加してきた。

これじゃあ、売国奴である。

敵国(になるかもしれない)ものには調子よく研究協力、自国の防衛力増強のためには非協力。

さすがに「非暴力、不服従」のあのガンジーもそういうことは言っていない。


さてそんなこんなだから、つまり、我が国と他国との間には、間違っている平和憲法および第9条があるために、これが研究上でも大きな矛盾を生み出してきた。

自分の研究は海外では軍事協力OKだが、国内ではNGだ。

その結果、我が国で見出されたまったく同じテクノロジーが海外では軍事に使われ、我が国ではヘボい民生用だけに限定される。

その結果、どんどん科学技術に差が生まれる。

AIしかり、ロボットしかり。

我が国の中では、AIもロボットもいっさい軍事協力しない。できない。みない。見ざる言わざる聞かざる状態である。

ところが、海外ではすべて最先端の軍事技術扱いとなっている。

かつての電磁波工学、すなわち電波がそうだった。電波技術は第一次世界大戦では、最先端の通信技術としてトップシークレットだった。だから、電波科学技術を完全コントロールするためにRCAが生まれた。

電波法はそういう時代の名残であり、電波を違法な軍事利用されないようにコントロールするために生まれた法律である。だから、我が国ではいまだに簡単に周波数を利用できない。が、アメリカではすでにかなり開放された。ローテクになったからだ。

第二次世界大戦では、電子計算機(コンピュータ)、暗号、レーダー、原爆がトップシークレット扱いとなった。RCAはCIAに格上げされた。

そしていま、AIやロボットやもろもろのことがトップシークレット扱いのはずである。

つまり、他国が自分の見出した技術を日本に漏洩はしない。ゆえに、自国で発達せないかぎり、教えてくれない。

というわけで、AIもロボットも一方通行なのである。

平和憲法と9条に守られているのは、我が国だけではない。むしろ、海外の競争国、競争企業もまたこれに守られているわけだ。

なぜなら、軍事扱いの存在しない我が国からどんどん科学技術は海外に漏洩するが、相手国からは軍事扱いになっていっさい日本に入ってこないからである。
出遅れ挽回へ政権後押し 世界最大のロボット展示会(15/12/02)


いかに平和憲法と第9条は危険なものか明白であろう。


とまあ、前置きが長くなったが、最近の海外のロボット技術は明らかに我が国のロボット技術を土台にしている。そしてそれがすべて最終的には軍事目的に運用されていく。

こんなものである。

【動画】米国製人型ロボット、とんでもないレベルに進化してたwwwwwwwwwww
a0348309_1711546.jpg


What's new, Atlas?


Cool Dynamic robot - New SpotMini, Coming Soon #2


10 Amazing Robots That Really Exist


8 ADVANCED ROBOTS ANIMAL YOU NEED TO SEE


2足歩行ロボットは本田が最初である。

しかし我が国は平和憲法しかなく、この技術漏洩を防御できなかった。だから、二足方向制御のアイデアはどんどん海外に流出し、もちろん支那にも流出し、最終的には日本人を殺すために殺人マシンへと進化する。

まさに、オーマイガー!である。

ところで、こういうロボティクスに当然ながらAIが組み込まれる。

するとどうなるか?

疲れを知らないロボットスナイパーが人間を追いかけ回す。人間はすぐ疲れる。だから、あっという間にやっつけられてしまうのではなかろうか?
ターミネーターの世界が、現実に!キラーロボットに、ホーキング博士らが、警告!ホーキング博士ら「ロボット戦争」を警告



金正恩暗殺ロボットとか、習近平暗殺ロボットとか、その頭脳にAIが組み込まれたら最後、言葉も表情もすべて認識する。まさに究極のレーサルウェポンとなる。

最近、あと何年かすれば、ロボットメッシの方がメッシより速くうまくなるという話がでてきたが、これはあながちウソではないかもしれませんナア。

すでに我々がバック転できないのに、バック転する二足歩行ロボットがいるわけだ。

相手の顔を見ながらPKする100%成功率のロボットとか、こんなの出てきたら、PK職人は解雇。


そんな未来はもうすぐの感じがしますナ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-17 17:12 | コンスピラシー

帰ってきたオーストラリア!?:豪州監督「I shall return!」ケーヒル「I 'll be back!」   

The Arnold Schwarzenegger "I'll Be Back" Supercut


みなさん、こんにちは。

我が日本代表が、ロシアW杯に向けてちゃくちゃくとシミュレーションを重ねるために、

2軍ブラジルに3−1
昔は敵ではなかったベルギーに1−0

世界ランクは出場国で最下位を決めてしまった。

一方、最終予選で日本に負けたオーストラリア。

豪州は最終戦に勝っても日本がサウジに負けたためにロシア行きは潰えたかに見えた。

日本代表ロシア行き決める!:ニューヒーロー誕生。新時代の幕開け!
ジョーク一発:「超絶親日国サウジに負けて、超絶反日国オーストラリアを地獄へ送ってやれ!」
サウジ皇子「日本人サイコー、余は満足じゃ!」:だれも日本代表を責めてはならない!

まあ、最終予選の地獄の2試合、頑張ってチョ。

オーストラリアよ。ロシアで会おう!


幸運をお祈りいたします。グッドラック!


反日オーストラリア政府のある豪州には、天罰が起こったのかネ。


やはり神様はいるのかナ?



いやはや、世も末ですナ。

と、まあ、おれは反日大陸の豪州人は好きではないが、一応、ロシアで会おうとエールは送っておいた。


なんとそのオーストラリア。

プレーオフの第一戦のシリアに勝った。
オーストラリア 2 1 シリア・ W杯 アジアプレーオフ 第2戦


大陸間の第二戦のホンジュラスにトータル3−1で勝ち、ついに本戦出場を決めた。

オーストラリアが4大会連続のW杯出場決定!主将ジェディナックの2発でロシア行き切符をつかむ/ロシアW杯大陸間プレーオフ
a0348309_1053089.png


Honduras vs Australia | Extended Highlights | 2018 World Cup Qualifiers 10/11/2017


ところで、この2チームは動物で例えるとこんな感じとか。

ブラジルW杯出場チームを動物に例えると?:ブラジルはライオン、日本はキリンさん!?

ホンジュラス:ハリネズミ
a0348309_10111846.jpg

…捕らえ方さえ心得ていれば、簡単に駆除できる

オーストラリア:ジャイアントパンダ
a0348309_10122957.jpg

…存在感はあるが強いのか弱いのかよくわからない。どう戦うのか想像がつかない


ジャイアントパンダがハリネズミを撃退したのか?

なんかパンダマークがありさんマークを撃退したようなものか?


また黄色いパンダ軍団がロシアに集結する。

I shall return!  ダグラス・マッカーサー元帥
I will be back!  シュワルツェネッガー

というところだったんでしょうナア。

いずれにせよ、オーストラリアはあなどれない。



いやはや、またオーストラリアが日本の鬼門になりそうで怖い。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-16 10:20 | サッカー&スポーツ