A Happy New Year New Jokes! 1:「日本人はどの惑星から来たんだ!?」   

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


(あ)テキサス親父「日本人はどの星から来たんだ?」

我が日本人は総じて脳天気で平和ボケ。何があっても動ぜず礼儀正しく列を作って並ぶ。あまりに礼儀正しいので、ついにあのテキサス親父が叫んだ。
いったい日本人っていうやつはどの惑星から来たのか?
以下のものである。

テキサス親父「日本人はどこの惑星から野蛮な地球にやってきたんだ? 」

字幕【テキサス親父】日本人はどこの惑星から野蛮な地球にやってきたんだ?


【動画解説】

2015年11月16日、日本の神戸で通勤電車の電源供給が止まる事故が発生し、運行­が突然停止してしまった。

約5,000人の乗客は、車外に出て、最寄りの駅まで線路上を歩くように指示された。­乗客は、指示に従い、線路の上を1列になって1人ずつ歩き始めた。叫ぶ者もいなければ­、不平・不満を言う者もなく、特別扱いを求める者もいなかった。ただ純粋に日本のコン­プライアンス意識があった。
誰がそれをやっているのか?日本人だ。

一体、日本人はどの惑星からやって来たんだ?
彼等の整然とした態度は、この地球上のどの民族にも見られないものだ。我々は、201­1年の東日本大震災直後の彼等の態度に畏敬の念を抱いている。外国でのサッカーの試合­後に、日本からのファンがスタジアムを清掃している姿も見た。日本の問題は、野蛮人が­住む惑星にいる礼儀正しい集団だということだ。

以下の記事の見出しが、それを裏付けている。

「日本では、電車からの避難でさえも整然としている」
英語 http://www.japantoday.com/category/national/view/in-japan-even-the-train-evacuations-are-orderly


実は日本人はアンドロメダ星雲からこの銀河のおおいぬ座のシリウスAに来て、それからこの太陽系にやってきた。(それより前についてはビリー・マイヤーのプレアデス人と遭遇の本に詳しい。が、非常に歴史は長い。たとえば、これ。)

それから、まずは最初にサナート・クマラが日本に降り立って超超古代縄文文明を作り、それを全世界へ伝播させた。それが、超古代エジプト文明の基礎をつくった。

その後、3,000年ほど前にどういうわけか白人の祖であるアーリア人が他の星から後からやってきて、古代アッシリア帝国を生み出し、それがバビロニア帝国となり、それまでの超古代文明の乗っ取りを行った。

アーリア人の侵入侵略を受けて、世界に散らばってその地を平和的に統治していた日本人の祖(=縄文人)は徐々に東進し、東進した日本人の祖は、東へエジプト、メソポタミア、インド、中国、インドネシア、朝鮮、さらには南米、中米、北米へと渡り、最後に日本にたどり着き、九州の諫早、淡路島を経由して、徳島に渡り、それから機内へと東進して古代大和朝廷を築いた。そうして、世界の最初から存在した古代東日本王国(埼玉)と合流し、日本列島を治めた。

その一方で、残された文明はアーリア人との混血化し破壊改変されてそれぞれのいわゆる4大文明として受け継がれた。アーリア人化したエジプト人がヒエログリフのエジプト人となり、アーリア人化した古代イスラエル人がユダヤとなり、アーリア人化したインド人がカーストのインド人となり、アーリア人化した中国アジア人が漢人(あやひと=唐人)となった。

したがって、古代アッシリアに端を発するアーリア人は背丈が大きく、目鼻立ちがはっきりしていて、金髪碧眼であり、暴力、虐殺、レイプ、殺人、なりすまし、歴史改変、階級支配などなどが大得意の人種だったために、それと混血化した民族にもその性質が受けつがれた。

よって、テキサス親父が知る惑星地球とは、原始日本人的、縄文文明的惑星地球から、アーリア人が地球人になりすましてできた白人文明化した惑星地球とあいなったというわけである。

というわけで、日本人は先にいたのであって、白人が先にいたのではなかった。だから、本来は
白人はどこの惑星から来たのか?
と問うべきなのである。もちろん、遊星ニビル(シリウスA時代の犯罪者を星流しにした惑星)から来たのだった。

とまあ、そういう説がある。


(い)アメリカの警察の現実

とまあ、そういう宇宙考古学的歴史があるというわけだから、古代アッシリア帝国に始まったコケイジアン(=コーカソイド=アーリア人=白人)の血の伝播した地域は暴力にあふれる結果になった。もともと惑星リラから追放された人種がニビル星人の祖となったわけだから、当然なのである。

そもそもニビルの祖は、ある惑星(たぶんリラ)の星間戦争時代に進化の過程で平和ボケしすぎた結果、外敵の侵略を阻止する肉体的力を失ったその能力を遺伝的に改変復活させて出来上がった人種だったのである。つまり、ニビル星人はリラの防衛のための奴隷として生み出されたというのだ。だから、白人は洗脳されやすい。プログラムされやすくできている。したがって、戦闘だというと単純にプログラムでき、戦地へ送り込むことができる。

そもそもこの地球のアッシリアに誕生したアーリア人とは支配層のためのそういう戦闘ロボットとして生み出された人種だったのである。

それを今現在も彷彿させる事実がたとえばこんなやつ。以下のものである。
アメリカの警察の実態
a0348309_9303153.png

アメリカの警察 American Police 1/2



これでは、いくらハーバード大の総長が日本の若者にアメリカに留学に来てと言ったとしても無理。あぶなくてとてもではないが我が師弟を暴力国家アメリカに留学させることは不可能ではなかろうか?


(う)欧州ももはや地獄と化す!?

同様に、アラブ人のいわゆる「難民」を受け入れてしまったために、いまや欧州が地獄と化しつつあるという。そんなものがこれ。
ドイツ、ハンブルクの難民センターで働く職員の悲鳴

“I can’t take it anymore” – German Refugee Aid Worker

(概要)
1月18日付け

以下の記事は、ドイツ、ハンブルクの難民受け入れセンターで働いている女性職員の現況、そこで体験した不愉快な出来事そして彼女が仕事を辞めたいと思いはじめた理由などを伝えています。
この女性は、かつて、ヨーロッパは難民や移民を受け入れるべき、と強く訴えていました。しかし今では理想と現実の違いを知り難民にうんざりしています。

<2016年1月17日、ハンブルクの難民センターの職員、Die Weltさん(30代)「もう我慢ができない。」>

難民危機が益々拡大しています。ハンブルクの難民センターの状況はかなり厳しくなっています。
難民センターで働いている女性がその状況を伝えてくれました。

・・・・私は2015年秋からハンブルクの難民センターでフルタイム(正規社員)として働いてきました。この仕事の求人募集を見たとき、自分が一番やりたかった仕事と感じ、早速応募しました。採用通知が届いたときは、難民受け入れを理論上支持するだけでなく実際に彼らに接して助けてあげることができるようになりとてもうれしく思いました。

難民センターで初めて仕事をするとき、私は心を弾ませ、わくわくして仕事に臨みました。同僚はとても良い人たちでこの仕事に全力を投入していました。最初はまだ難民と直接接触はできませんでした。
難民センターで働いている他の職員にあいさつをしながら、職員はみな素晴らしい 人たちであり、良い職場で働くことができて嬉しいと感じました。

数日後に私はセンターに収容された1500人の難民の対応にあたることになりました。やる気満々でした。

私は様々な社会的問題を抱えている難民の相談と支援を担当することになり、健康に問題のある難民には病院を予約することも私の担当でした。

しかし、数人の難民が、私の事務所にやってきた時、私は自分が描いた理想と現実に大きなギャップがあることに初めて気付きました。彼らの態度は私が思い描いていたものとは全く違っていたのです。
もちろん全員ではありませんが、正直に言って、センターに収容された難民の90%が不愉快な行為をし悪態をついていました。残念ながら、彼らに直接対応するまでは彼らがどんな人たちなのか全く分かっていませんでした。

難民の多くが要求ばかりしているのです。たとえば、彼らは、「直ちにアパートと高級車を与えろ。」とか、「良い仕事に就けるように手配しろ。」とか。私は彼らの要求に対して、はい分かりました、と言わなければならなかったようです。彼らはすぐにでも住居、高級車、良い仕事を手に入れたいのです。
しかし「そのような要求はすぐには通らない。」と彼らに説明すると、彼らは大声で怒鳴ったり暴力的になりました。

つい最近、1人のアフガニスタン人は、要求が通らなければ自殺してやると私を脅迫しました。また、シリア人とアフガニスタン人の集団は難民センターから別の場所(アパートなど)に移してくれないならハンガーストライキをすると宣言しました。

アラブ人の同僚に対して、彼らは、「お前の首を斬るぞ。」と脅しました。1週間に何回も警察がセンターに駈けつけています。

彼らが提供する個人情報の殆どが信用できません。彼らは偽造書類を提出することが多いのです。彼らが職員に説明する内容には一貫性がありません。
しかも彼らは、1人で複数の人物の身分証明書を持っており、私に提出した身分証明書と他の職員に提出した身分証明書が異なるのです。しかも同じ人なのに違う名前を使っています。そのような難民は別の難民キャンプに移動しています。

彼らは我々と合意したことを守ることはしません。
病院の予約をしてあげても、病院で一般的な健康診断を受けようとしません。そして別の医者(特に歯医者や整形外科医)に診てもらいたいと文句を言うのです。仕方がないので、彼らの要求通りに別の病院に予約をしてあげるのですが、彼らはその病院にも姿を現しません。私は仕事として彼らの要求通りに病院を予約してあげなければなりません。しかし彼らはそれを無視します。
一体、どうしたらよいのでしょう。

中略

このような状況ですから、私はこの仕事を辞めるかもしれません。これまでも仕事を辞めたいと何回も思いましたが、それでも辞めずに今日まで頑張ってきました。

私は同僚のみなさんと難民の子供たちが大好きです。かつて私は難民救済の仕事や難民受け入れに関して確信的に思っていましたが、これほど理想と現実がかけ離れているとは想像もしませんでした。
仕事を辞めれば私が確信していたことが誤りだったということを認めることになります。
多くの同僚が仕事を辞めていきます。彼らにはもはやどうにもできません。
正直言って私ももう我慢ができません。

ここで起きている異常事態にもはや我慢できないのです・・・・


もはや男尊女卑の後進国アラブ世界からやってきた無学で無宗教の生来の悪魔主義民族の若者たちがキリスト教の欧州に行けばどうなるか?

強姦、殺人、略奪、居座り、乗っ取り、破壊、。。。。の数々となる。

こうなれば、そもそもニビルの子孫である白人の本能が目覚める。こうやってアメリカの国家警察のように欧州白人層が目覚め、ナチス化する。

(つづき)



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-01-20 10:24 | ジョーク一発

「時間物理学」:時間は未来から過去へも流れているか!?   

a0348309_9504644.png

旗を議論するふたりの僧侶がいた。
ひとりが言った。「あの旗がはためいている」
するともう一人が言った。「否、風が動いているのだ」
そこへ第6位の老僧がすれちがった。彼はふたりに言った。
「風が動くのではない、旗が動くのでもない、心が動くのじゃ」
― 無門「門のない門」


みなさん、こんにちは。

今回は物理学に関する個人的メモだから、普通の人はスルーを。


e0171614_11282166.gif

さて、今回は「時間の物理学」の問題である。

最近、確か昔日本人で「時間の量子力学」を研究した方がおられたはず、といろいろインターネットで探しているうちに、逆に最近の「時間の量子力学」の研究を見つけたので、かなり現代最先端の物理学の話をメモしておこう。

しかし、今年始めにこれを例によって即興でメモしているうちに、途中で誤って投稿欄を削除してしまった。だから、何をメモしたかを思い出せないまま、何日も過ぎ、それでそれ以後しばらくはこの話は没にしていたのだった。だから、最初に書こうとした内容とは後半は大分異なる。

(あ)時間は過去へも流れる
時間とは何か?


これを今現在の物理学者はさまざまな実験を行って研究している。

その結果、結論から言えば、どうやら
時間は過去から未来ばかりではなく、未来から過去へも流れる
のかもしれない、ということが解ったのである。

(い)時間は通常パラメータと見なす。
時間は通常の物理学では、時間の出発点をいつにしても良いという意味で、単なる時計の針を測定するためのパラメータにすぎないと考えてきた。

だから、あまり物理学を知らないマイケル・アティアのような数学者やエド・フレンケルやエド・ウィッテンのような数理物理学者たちが「時空」と言っても、それは単なるパラメータの集合の直積でしかなかった。あくまで数学理論を構築する時に必要な(ベース多様体を特定するための)一種の代用物でしかなかったのである。

まあ、数学者や数理物理学者はそうでもしないかぎり存在意義がないし、飯の食い上げだから、利用できそうなものは何でも使うわけである。

しかしながら、岡潔博士は同じ数学者でも世界で多変数関数論を初めて完成する時にこれまた初めて「層」の概念を導いたのだったが、この岡潔博士は
時(とき)と時間(じかん)は異なる。時は「過ぎ去る」ものだが、「時間」はそうではないからだ。
とずっと主張し続けたのである。

したがって、
物理学は間違っている
とまでさんざん警鐘したのであった。(岡潔でKazumoto Iguchi’s blog内検索)

ちなみに、 後々になって岡潔の信奉者であったフランス人のアンリ・カルタンがその「層の概念」をさらに発展させたのだが、いまではヨーロッパ人は「層」はカルタンが発明した数学概念であるという嘘歴史を捏造したようだ。例の偽ユダヤ人エドワード・フレンケルさんもすっかり岡潔の存在をご存知なかった。

本当に偽ユダヤ人というのは、「自分が知らないことは存在しない」と信じるニダヤと似ている。本を書くにせよ、論文を書くにせよ、もっと数学や科学の歴史を勉強してから自分のオリジナルを公表すべきだヨ。まあ、そこが歴史捏造のニダヤとユダヤの似ているところなんですナ。たぶん、DNAの98%は一致しているんじゃなかろうか?(この問題についてはいつかメモすることもあるだろう。)

(う) 「ホイーラーの思考実験」
さて、そんな時間の可逆性の問題を実験的に調べるという研究が最近の流行分野の1つらしい。最近は私はPhys. Rev. Lett.も何も見ないでただひたすら19世紀の論文や古い制御理論の勉強ばかりしているから、ほとんど知らなかったのだ。

しかし、時間の問題を調べているうちに、こういう分野の実験を知ったというわけである。書いているうちに話が別の方向に進んで、この実験のことを忘れてしまうと困る。だから、先にこれを一応メモしておこう。以下のものである。
Re-thinking a Wheeler delayed choice gedanken experiment


a0348309_9401429.png


この実験は「ホイーラーの思考実験」と呼ばれたものらしい。かのリチャード・ファインマンの師匠であったジョン・ホイーラーである。
Interview with John Wheeler 1/3


ホイーラーは、いわゆる「2重スリットの実験」(これはファインマンが得意になって教科書で説明したものだが)を再考した。

まず「2重スリットの実験」とは、電子や光子の量子の発射地点と最終的な観測地点の発光スクリーンの間に2重スリットをおいて、その2重スリットの片方のスリットをシャッターで遮ると、もう一方のみから波動が通過するために、観測スクリーン上には一筋の帯パターンが現れる。しかし、両方を開けたままだと、あたかも同時に両方を通過したかのごとく、波の干渉縞パターンが生じる。これが、粒子だと考えられた電子や光子の波動性を示すものだという量子力学特有の思想に基づく実験だった。

これに対して、ホイーラーは「2重スリットの実験」が正しいかどうかを知るために、仮にもう一つ2重スリット(のようなもの)を観測スクリーンの前において、一旦真ん中の2重スリットを通過した量子波動が本当にどちらを通過してきたものか調べてみようと考えた。

左右の両方のスリットから同時に来たものは観測地点で干渉する。だから、それを検知できる装置を置く。これは「波動性」を見る装置である。また左右どちらかから到達した粒子はその方向を検知する装置を置く。これは「粒子性」を見る装置である。仮に1つの装置でその両方を選択できる装置があるとすると、その都度、検出器を切り替えて、粒子の波動性と粒子性を選んで検出できるだろう。

これが、「ホイーラーの思考実験」というものらしい。

(え)「ホイーラーの思考実験」のアナロジーの実験
そこで、ある物理学者たちがその実験の代替物を電子ではなく、レーザー光を使って実験する方法を見つけたのだという。それが
the 2007 article in Science by Jacques, Wu, Grosshans et al

Experimental Realization of Wheeler's Delayed-Choice Gedanken Experiment
の実験らしい。

ところが、実際の事件結果が変わっていた。一般の常識を覆す常識はずれのものだったのだという。

つまり、実験を行う前に今回は「粒子性を調べよう」と粒子性検出器に切り替えて実験すると実験は光の粒子性を示し、逆に今回は「波動性を調べよう」と波動性検出器に切り替えて実験すると実験結果は光の波動性を示す。結果はあたかも「実験者の意図」を知っているかのような結果となった。だから、
あたかも時間が逆に流れて実験者の意図がこれから到達する粒子に伝わったかのように見える
というものであった。

というわけで、いまいろんな物理学者が似たような実験を自分でもやってみて、その理由を知りたいというわけである。

(お)実はこの問題はずっと前から知られていた!?→エディントンの問い
最近は私は学者というものは、特に20世紀の学者や最近の学者になればなるほど、数学者のフレンケルではないが、「自分の知らないことは存在しなかったこと」と考える傾向が強くなったと思う。

だから、この実験においても、実験した人間もそれに驚いて解析している人間もあまり昔の物理学者の研究や論説を読んでいない。

実は、この問題は一番最初に、アインシュタインの一般相対性理論の実験証明を行ったといわれる、かのエディントン卿が気づいたのである。それもシュレーディンガーが初めてシュレーディンガー方程式を世に提出した直後のことである。だから、今から80年以上も前の1930年代のことである。

ちなみに、実はこの研究に一番詳しいのが、量子力学の理論的枠組を現代制御理論の枠組みと確率変分学の立場からすべてを再構築することに成功した我らが保江邦夫博士である。この保江教授の教科書や文献の
量子力学と最適制御理論
e0171614_8542229.jpg

湯川秀樹の「素領域の理論」を完成した男、保江邦夫博士:2つの「大どんでん返し」!?
中の話に沿って行くと、だいたいこういう話であった。

さて、そのエディントン卿は、シュレーディンガー方程式には、「波動関数」Ψ(プサイと読む)という謎めいた量がある。これは複素数の量であるから、そのΨの複素共役Ψ*がある。

実は、このΨのシュレーディンガー方程式の時間tの進みを「過去から未来に進む方向」を表すとすれば、後者のΨ*の時間の進みは「未来から過去に進む方向」に対応する。つまり、たった1個の電子の波動の確率振幅Ψの「未来への進行」をΨのシュレーディンガー方程式が表し、その確率振幅の複素共役Ψ*のシュレーディンガー方程式が「過去への進行」を表す。共に、1個の電子の波動の確率分布の振幅を表すのだから、それらの積であるΨ・Ψ*が時刻tにいける1個の電子の存在確率密度を表す。

ところが、Ψはその時刻tに過去の始まりからの到達した波動の確率振幅を表すのに対して、Ψ*はこれから到達するはずの未来からやってきた波動の確率振幅を表している。そこで、エディントンは
いったいこれは何を意味するのか?
と問うたのであるという。

(か)シュレーディンガーの答え
この問題もシュレーディンガーが答えたのである。実はこの話に一番詳しいのは、われらが保江邦夫博士である。上述のものである。

詳細はそれを読んで欲しいが、要するに簡単に言えば、シュレーディンガーは、これまでの確率過程の考え方を少し拡張したのだった。

一般に古典力学の変分原理やファインマンの経路積分の場合に、粒子がAからBに行くというように、出発点Aと終端点Bを考える。
a0348309_1102263.png

こういう問題は「2点境界問題」と呼ばれる。

こういう問題を考える場合、普通は(つまり、教科書的には)左から右に時間が進む方向を考えて、1電子(や1光子)がAから出てBに到達すると考える。これをファインマンがブラウン運動の拡散方程式であるウィーナー過程のやり方を使って経路積分を生み出したのであった。もちろん、シュレーディンガーの時代にはファインマンはまだ存在しなかった。

そういう場合の拡散方程式は時間の流れとしては過去から未来への一方向しかない。

そこで、シュレーディンガーは未来から過去へも拡散してくる「何かの粒子の拡散」を考えた。これが未来から過去に来る波動方程式に対応する。

こうして、シュレーディンガーは、過去から未来へ進む拡散方程式と未来から過去に進む拡散方程式を2つ用意して、その両方の確率の積が「現在」を表すのだという新しい確率の拡散方程式の手法を編み出したのである。

残念ながら、このシュレーディンガーの「エディントンの問い」に対する答えもヨーロッパですら忘れられたという。その価値を再発見したのが、保江邦夫博士だったのだ。

(き)べルンスタイン過程から保江―ザンブリーニ理論へ
ところが、保江邦夫博士がそうやってシュレーディンガーの過去の秘密の論文をスイスで見つけて研究していくうちに、実はそのシュレーディンガーの思想を最もよく理解し、それを拡張した数学者を発見したのである。
K. Yasue, Schrödinger's variational method of quantization revisited, Letters in Mathematical Physics, March 1980, Volume 4, Issue 2, pp 143-146.


その人物が数学者のベルンシュタインだった。ベルンスタインともいう。このベルンスタインは過去から未来へだけの時間発展で記述されるブラウン運動の確率過程を「過去から未来」と「未来から過去」への両方の確率過程を含む形の確率過程の理論へと拡張していたのである。

そこで、数学者はこういう確率過程を「ベルンスタイン過程」と呼んでいた。

つまり、
現実(=現在)とは過去から来たプロセスと未来から来たプロセスの”重なり”
なのである。これをベルンスタインは数学化したのである。

しかしながら、これではあくまで確率過程だけの話であって量子力学のエディントンの問いの答えではない。

そこで、出来る限り一般的に、かつ出来る限り数学的にこの問題を解決しようと試みて、それをついにやり遂げたのが、保江邦夫博士とそのお弟子さんのザンブリーニ博士だった。特に、哲学者出身のザンブリーニ博士が見事にこれを完成したのである。
S. Albeverio, K. Yasue, J. C. Zambrini, Euclidean quantum mechanics: analytical approach, Ann de l'I. H. P. Sec.A, tome 50, n.3, 259-308 (1989).
J. C. Zambrini, Stochastic mechanics according to E. Schrödinger,
Phys. Rev. A 33, 1532 (1986)

J. C. Zambrini, Variational processes and stochastic versions of mechanics, J. Math. Phys. 27, 2307 (1986)


これによってかつてのエディントン卿の問いに対する一応の答えが得られたのである。

つまり、エディントンは正しかったのである。

(く)最初のホイーラーの問題に戻ると
そこで最初の「ホイーラーの問題」に戻ると、ベルンスタイン過程に基づく波動力学で考えれば、奇妙でもなければ不自然でもない、ごく自然な結論だとなるはずなのである。

なぜなら、検出器を観測地点において、これからする実験の目的をそこで選択し決定すると、これから行うはずの未知の実験結果はあたかも実験者の期待した通りに振る舞うという実験は、普通の2重スリットの実験がΨだけの情報で理解しているのに対して、ホイーラーの思考実験では、ΨとΨ*の両方が関わる実験だと解釈できるからである。

観測者が実験する前に置く検出器の境界条件は、Ψではなく、Ψ*に作用する。なぜなら、これから発射されるはずの量子の最終地点のBからΨ*が発射されるからである。

つまり、実験者の置く検出器は、量子にとってはその片割れであるΨ*の初期条件や境界条件として擾乱を加えるのである。それゆえ、もう一方のΨは観測者の目的を擾乱として受けた未来から過去へ向かうΨ*の確率振幅の複素共役として進まざるを得ないのである。

ゆえに、観測者が波動性を見破ろうと実験すれば、現象は波動性を示し、観測者が粒子性を見破ろうと実験すれば現象は粒子性を示す。そうならざるをえないのである。


だから、別段謎でもない。


ところで、制御理論の分野には、「観測と制御の双対性」、別名「カルマン双対性」というものがある。つまり、「制御」とは未来から現在に向かって行うものであるの対して、「観測」とは過去から未来に向かって行うものである。この両者はお互いに逆の役割をする。そういう双対性である。

これが見事に対称性を持つというのが、シュレーディンガー方程式の場合である。が、問題はそれが破れる時。すなわち、「対称性の自発的破れ」が起こる場合である。


観測と制御の対称性の自発的破れとはいったい何なのか?

俺の謎は付きない。



はて、信じる信じないはあなたの心がけ次第というやつですナ。



おまけ:
The Quantum Conspiracy: What Popularizers of QM Don't Want You to Know

a0348309_951649.png






e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-01-18 11:55 | ウィーナー・サイバネティクス

A Happy New Year Alien! :きっと出る、本当の宇宙人が!?   

みなさん、こんにちは。

以前もここにメモしたことがあったが、一般に人は余命がわずかになるとなんとか生きているうちに本当のことを伝えておきたいという感情にさいなまれるようになる。なにかを残してこの世を去りたいのである。

エイリアン問題やUFO問題でもそうである。

生前にアメリカの秘密組織のエリア51のS4という地下基地を訪れてそこでエイリアンを実際にこの目で見たという米兵が、もう数ヶ月で死ぬという直前になって、インタビューを受けて知っていることを話す。

そんなものがこれだった。

余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編


余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 後編


この元米CIAだったご老人の話に一番似ている情報を出しているものがこれだった。
エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像
a0348309_1233067.png
a0348309_1233354.png

ここにあるエイリアンはもちろん「再現映像」のための架空のモデルと考えられるが、現物の特徴をかなり再現したものと見るほうが良いだろう。

つまり、
エイリアンは、小柄でちょっと東洋人に似ているが、頭がかなり大きく、鼻と口が小さく、耳は穴だけだった
というものである。


なんとなく今年あたりはエイリアンがついに地球人の前にその姿を現す。そんな感じがしますナ。

いでよ、エイリアン。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-01-15 12:28 | UFO&エイリアン