国連会議の皆様へあべりょうからメッセージがあります:「日本の金で日本叩くの を止めろ〜〜〜!!!」   

国連会議のみなさまへ

きみたちが先進国や大国に縛られるのを拒むなら

日本の金で日本叩くの を止めろ〜〜〜!!!
a0348309_7513474.png


みなさん、こんにちは。


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

世の中には
(あ)「真実に見えるようなウソやジョーク」
もあるかと思えば、
(い)「ウソやジョークに見えるような真実」
もある。

(あ)「真実がバレると困るからウソをつく」
の対偶は
(い)「真実をいってもウソだと思われてバレない」
である。

だから、いまではエイリアンの本当のことを言ったとしてもSFにしか聞こえない。

いつも嘘をいっていたために本当のことを言っても誰も信じてくれないというオオカミ少年である。

さてそんな(あ)なのか(い)なのかわからないのが、この世の常。

そんな事例をメモしておこう。


(あ)【悲報】国連会議、日本ボコボコ「労働者守れ!」「アイヌ沖縄差別やめろ」「人種差別やめろ!」

【悲報】国連会議、日本ボコボコ「労働者守れ!」「アイヌ沖縄差別やめろ」「人種差別やめろ!」
a0348309_7501953.jpg

イラン「日本は外国人女性および先住民族女性に対する暴力の解決に取り組め。外国人の公的設備等へのアクセス拒否の問題を改善せよ」
アイルランド「全ての形態の差別を禁じろ」
ガーナ「日本人は外国人差別を禁じよ」

コートジボワール「日本は移住労働者の状況を改善し、差別を禁止しろ」
コロンビア 「日本はジェンダー、性的指向、民族などいかなる理由に基づく差別に対しても措置を取れ」
チリ「日本は移住労働者の権利条約を批准しろ」

キューバ 「日本は異なるルーツをもつ人びとに対する差別を含むすべての差別に対してより強化した措置を取れ」
エジプト「日本は移住労働者の権利条約を批准しろ」
エチオピア「日本は移民を含む脆弱な人々の権利の意識啓発を行え」

韓国「日本は朝鮮学校だけ高校授業料無償化から外すのをやめろ。朝鮮人へのヘイトをやめさせろ」
ドイツ「日本は包括的差別禁止法を制定しろ。年間1ミリシーベルトを目指せ」
オーストリア「日本は社会権規約委員会・人種差別撤廃委員会の勧告に従ってすべてのマイノリティの子どもの教育権を保障しろ。高校無償化制度を朝鮮学校の子どもたちにも適用しろ」

ポルトガル「日本は高校授業料無償化制度をすべての学校に適用しろ。韓国人学校だけ適用外なのは差別」
ハイチ「日本は包括的差別禁止法を制定しろ」
グアマテラ「日本は先住民族の権利に関するILO169号条約を批准しろ。人種差別を根絶しろ」

インドネシア「日本は移住労働者の権利条約に批准せよ」
アイルランド「日本は全ての差別を禁じよ」
イタリア「日本は包括的差別禁止法の制定を含め差別根絶の取り組みを強化せよ」

キルギスタン「日本は国内法での人種差別の定義の制定を含む反人種差別の取り組むを強化せよ」
マダガスカル「日本は外国人差別を含む差別問題に措置を取れ」
マレーシア「日本はヘイトスピーチと差別を禁じる措置を強化しろ」

モルジブ「日本は外国人及び先住民族への差別禁止にこれからも取り組め」
メキシコ「日本はヘイトスピーチと差別を禁じろ」
モンゴル「日本は外国人差別を含む差別問題に措置を取れ」

カザフスタン「日本は人種差別撤廃委員会への個人通報制度を認めろ」
ネパール「日本は移住者の権利を強化せよ」
アルメニア「日本はジェノサイド条約に批准せよ」


あべりょう曰く

公開的な「止めろ!」を止めろ あべりょう


きみたちが社会や大人に縛られるのを拒むなら

親の金で尾崎豊 聴くの を止めろ〜〜〜!!!
a0348309_7513474.png

ほんとこれだ。

国連会議のみなさまへ

きみたちが先進国や大国に縛られるのを拒むなら

日本の金で日本叩くの を止めろ〜〜〜!!!



(い)海外「これが日本人なんだよ」外国人弁護士が日本で体験した出来事に感動の声が殺到

さてその一方では、日本を訪れた外人さんが自国民にむけていつもこんなふうなことをYouTube発信して話題をとる。

たとえばこんなもの。
海外「これが日本人なんだよ」外国人弁護士が日本で体験した出来事に感動の声が殺到
a0348309_83014.png

今回は、シンガポール人の弁護士の方が感動を覚えた、
日本での小さな体験談を綴った投稿からです。

早速ですが、以下が体験談の日本語訳になります。

「その時僕は、日本人の友人と一緒に信号待ちをしていた。
 眠気を誘う日曜日の午後、東京郊外の小さな町の横断歩道だ。
 見る限り、車は一台も走っていなかった。
 だから僕は彼にこう伝えた。
 『なぁ、信号が赤なのは分かるけど、渡ってもいいんじゃないか?』

 すると友人は僕の方を向いて、首を振りながら、
 『駄目だよ。青になるまで待とう』と答えたんだ。

 僕はちょっと戸惑ったよ。
 ここで僕らが渡ってしまっても、あるいは待ち続けても、
 そこに大した違いはないように感じられたから。

 『だって車は走ってないだろ。待つ必要があるのか?』
 僕がそう訊ねると、彼は僕に微笑みかけてこう反問してきた。
 『もし僕らが信号無視する瞬間を、子供が見ていたらどうするの?』

 その時ようやく、『子供は社会で育てるもの』
 という言葉の意味が分かったんだ」

以上です。
この体験談が、インド人社会を中心に話題となり、大きな感銘を与えています。
そして多くの方が、「国民がルールを常に守っているからこそ、
日本は秩序立っているのだ」という考えに至っていました。


■ ああ、そうさ。日本人はいつだって正しい。 +13

■ 外国の場合。青:進め 黄色:注意 赤:止まれ
  母国の場合。青:進め 黄色:急げ 赤:警察がいなければ進め +49

■ ドイツでも歩行者が信号を守ってる光景はよく見るよ。
  いつかインド人も同じように振る舞えるようになるのかな。

■ 俺も同じ経験をしたことがある。
  夜中の1時、車がほとんど走ってないような時間だ。
  だけど日本人は信号が青に変わるまでちゃんと待ってた。

■ これは道義心の問題でもあると思うんだよね……。
  人として正しい行動を取ろうとする意志の強さとか……。 +1

■ WOW……。
  本来真の「国民」とは彼らのような人のことを言うんだよ。 +22

■ たとえ周りに子供がいなかったとしても、
  間違った行いをしていることを、君自身が知っている……。 +2

   ■ この日本人の友人が「子供が見てるかも」と言ったのは建前で、
     結局は君の言う通り、自分を裏切りたくないんだと思う……。 +1

■ 俺は信号が赤の時に渡るよ。
  地元だと赤で渡った方が安全なんだ。
  なぜなら、赤の時の方が車に気をつけて渡るから。 +2 イギリス

   ■ 私もまったく同じ。
     青の時だと注意をしないで渡る事になるからね。
     実際18歳の頃車に轢かれて命を落としかけた。 +2 ポーランド

■ マイアミに留学に来ている日本人の友人たちも、
  いつだってルールをちゃんと守ろうとする。 +14 アメリカ

■ 私の息子が前にドイツの小さな町で、
  同じようなことを現地の友達に言われたってさ。 +1 クウェート

■ 素晴らしく美しいストーリーね……。
  これからは私も見習うし、夫にもそうしてもらう!
  子供に真似して欲しくない事を親が言ってもやってもいけない。 +1

■ 信号無視をしてはいけない理由を、
  そんなふうに捉えたことなんてなかったよ。 タイ

■ 全ての人にとって素晴らしい教訓になるね。
  この投稿を友達と一緒に拡散させていただく。

   ■ 本当にね……。この日本人の考え方は結局のところ、
     今ある社会をより良いものに発展させていくために、
     一人一人が規律を持とうってことなんだと思うよ。
     日本人はいつだって俺たちよりもはるかに先にいる。
     間違いなく彼らから学ぶ価値があるよ。
     3ヶ月近く日本人の生活を直接見てきたけど、
     あの人達にはとにかく敬意しかない……。 +2 

■ 俺もいつも言ってる。
  「子供は大人の後ろ姿を見て育つんだ」って! +1

■ これが日本人の規律だ!
  インドは大国かもしれんが国民の教養レベルは日本とは程遠い! +30

■ すごーい!!! 何そのイケメンな返し!????
  もし私たちも同じような考えが出来るようになったら、
  きっとインドも素晴らしい社会になるはずだよね!!!
  何でこっちの人たちは「俺たちに明日はない」、
  ってくらいイケイケなんだろう。それが悲しい。 +2

■ 俺らが同じ感性を持つようになるまであと1世紀はかかりそう。 +4

■ この投稿に出会えて良かった……。
 「いつだって大人として恥ずかしくない行動を取れ」
  ってことを伝えたかったんだろう。 +6 シンガポール

■ 日本人は他人の気持ちにすごく敏感で教養が高い。
  彼らと同じレベルに達するのはインド人にとって難しい事だと思う。
  俺たちは協調性を学ばないし、協調性のなさがDNAに染み付いてる。

■ 規律は自分が生かされている社会に対する畏敬の念と、
  責任感を持つことからしか生まれない。 +1 スコットランド

■ 子供達は大人の行動を見て育つ。
  結局のところ、大事なのは言葉じゃないんだよ……。 +17 シンガポール

■ 私はいつも「信号の渡り方も知らないの?」
  って周りの人たちに咎められるけど、
  信号すら守れないならそう言われても仕方ないよね……w +1 フランス

■ これが日本人なんだよ。
  基本的に日本人はルールを必ず守る。脱線してしまうことがないんだ。

   ■ そして日本の場合その「ルール」がまた美しい??

■ 目を開かされた思い!
  こういう考え方が日本人を他の国民より優れた人間にしてるのね! +1

■ ドイツ人も頑ななまでにちゃんと信号を守るぞ。 ドイツ在住

■ 基本的にヨーロッパ人は信号を守るよ。
  ルールを遵守する。たとえ真夜中でも。
  一番重要な2人の存在が見てるから。つまり神とあなたが。 +1 印在住

   ■ フランス人はそうでもないぞ。
     車が通ってないのに信号待ちをするのは馬鹿げてるって考え。
     スイスは逆で、朝の5時半に散歩してた人が、
     車の通りがまったくない横断歩道で信号を無視したってだけで、
     他のスイス人に殴り倒された事件があったくらい厳しい。 

■ 深いね。自分は3年間日本で暮らしてたことがある。
  他人に対する配慮がものすごいんだよ。
  日本での生活が本当に恋しい。 +1 アメリカ

「自国もこうあって欲しい」 『日本人がNOを言わない理由』に外国人が感銘

■ 単純に、法律で赤信号の時に渡ってはいけないとされているなら、
  その法律は法律として尊重されなきゃいかんよな。 +2

■ 日本人が信号無視をしないのは罰金とかを恐れてるわけじゃないよね。
  自分自身が納得できるかどうかって事なんだよ。 +1 ネパール

■ 国民一人一人にこういう意識があるからこそ、
  日本は秩序正しい国になってるんだろうなぁ……。 +7 ミャンマー


(う)いったいどっちが本当なんだ?どっちがウソなんだ?

いやはや、こうなると、結論はこういうことか?

国連会議に参加している世界各国の代表は
まだ日本に来たことがない!?


日本知らず。世間知らず。

まあ、来日しなくていいから、ぜひこういうYouTubeを見てほしいものですナ。


いやはや、世も末ですナ。

e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-16 08:10 | ジョーク一発

日本代表、ベルギーのルカクに不覚!?:長澤和輝が実に良かった!?   

飛べないキリンはただのキリン
a0348309_15563366.jpg

ブラジルW杯出場チームを動物に例えると?:ブラジルはライオン、日本はキリンさん!?

日本:キリン

a0348309_16331396.jpg


…猛獣を追い返す力を持つが、一度倒れると起き上がれない


みなさん、こんにちは。

今朝早朝の日本代表vsベルギー代表はさすがに朝早すぎて見ることはできなかったが、いま録画を見たんだが、0−1で日本代表は惜敗した。

まあ、得点差は1点だが、やはり世界ランク5位のチームとはできが違う。

ベルギー代表 vs 日本代表 1-0 ゴールハイライト 14/11/2017 HD

a0348309_13284888.jpg

■日本代表■
GK
1 川島永嗣

DF
5 長友佑都
19 酒井宏樹
20 槙野智章
22 吉田麻也

MF
2 井手口陽介
16 山口 蛍
25 長澤和輝

FW 
8 原口元気
15 大迫勇也
18 浅野拓磨

■ベルギー代表■
GK
12 シモン・ミニョレ

DF
3 トマス・ヴェルメーレン
5 ヤン・ヴェルトンゲン
15 トマス・ムニエ
24 クリスティアン・カバセレ

MF
6 アクセル・ヴィツェル
7 ケビン・デ・ブルイネ
22 ナセル・シャドリ

FW
9 ロメル・ルカク
14 ドリース・メルテンス
18 トルガン・アザール


まあ普通の見方であれば、前半そこそこよくやり、後半惜しくも失点したということになる。

しかし、前半3点取れるチャンスがありながら、ことごとく浅野が疫病神になった。

ちなみに、サッカーでいう疫病神とは、その試合でことごとくネガティブな貢献をする選手のことをいう。

さて、失点シーン。
吉田麻也が軽すぎる。
a0348309_12532834.png

a0348309_12533725.png

吉田が裏を抜かれてフリーにする。
a0348309_12534528.png

槙野がカバーするが良いセンタリングを上げられてしまう。
a0348309_12543184.png

長友がつられてルカクのマークを外す。
a0348309_12545447.png

ルカクに50cmの距離のヘッドを決められる。
a0348309_12551631.png

それでルカクに不覚を喫した。

長友がちゃんと最後までルカクのマークをしていれば、なんともなかった。


さて、この試合で見た限り、日本代表チームには吉田麻也がいらないのはもう大分前からわかっていることだが、FWの浅野はいらない。

浅野は高校時代の方がずっとうまかったのではないか?

いまは簡単なボールも処理できない。足も早くなっていないし、いったいテレビはいつの時代の5秒台の話をしているのか?

陸上選手を見れば分かる通り、いつまでも過去の最速記録を言っていたって無駄である。記録は常に変化する。体重が増せば足も遅くなる。若い高校生時代の軽い時代にいくら5秒台だったから、今もまだ速いなんて嘘っぱちもいいところである。

先の高校サッカー選手権徳島県予選でみた徳島市立の右ウィングの岡選手の方がもっと速いぞ。

足の速さだけで日本代表なんて甘すぎるだろう。

浅野はボールはトラップできないし、キープできなし、味方にパス繋げないし、相手を抜けないし、見た感じでは、一人だけ日本代表にアマチュアが入っていたという印象だった。

いまの浅野はプロではない。代表から去るべきだ。


一方、初出場の新顔、
浦和の長澤和輝
a0348309_13353258.jpg
は非常に良かった。なぜもっと前からこの長澤を招集しなかったのか?

一般に今日本の中盤にいる選手は、我々の時代に言った「つなぎ役」でしかない。

中盤に「ゲームメーカー」がいないのである。

中田英寿はこの「ゲームメーカー」だった。

この試合のベルギーのデブルイネがそういうゲームメーカーであった。

山口蛍、井手口ともに「つなぎ役」である。

いまは日本人のサッカー感では、「ボランチ」=「つなぎ役」と見ているが、これが間違いなのである。

「ボランチ」は「相手の攻撃の芽をつみとり、自分の攻撃を生み出す」のが仕事である。好守どちらにも貢献する中盤である。

この意味で、この長澤和輝選手だけが、真の意味のボランチだった。

山口は相手のゾーンに行っても全くシュートも打たず、まだ繋いでいる。これじゃ〜点は入らない。

井手口の方がすこしましだが、ほとんど同じである。

サッカーは自分のいる場所=位置(これをポジションというわけだが)によりやるべきプレーが変わる。

これを日本代表クラスでもあまり共通理解されていない。

自分がフォワードだからシュートを撃つのではない。フォワードの位置にいる選手がシュートを撃つのだ。

だから、だれかがシュートレンジに入れば、シュートを狙わなければいけないわけだ。

バスケを見ればこの意味がわかるだろう。

簡単にシュートレンジに行けないから、わざわざ安全パイでビルドアップしていくわけだ。

だから、運良く相手の陣地に入ってシュートレンジに入れば、もういつでもシュートできるプレーに変わらなければならないのだ。

長澤和輝だけこれを理解していた。

しかし、長澤和輝、井手口、山口の3人のコンビはなかなか気があっているとみえて非常に良かったのではないかナ。ここ最近の試合の中では一番サッカーになっていた。

一方、原口と大迫もロンドン五輪の時の迫力が消えている。無謀という言葉がよぎるプレーが多すぎた。

もし皆がいまの大迫のプレーを真似たら、無謀なプレーをすることが貢献であるかのような錯覚が生まれてしまう。だから、後から入った杉本が同じような無謀なプレーをして、最後にドイツのように横パスすれば1点返せた場面でシュートに固執し、結局GKの餌食になった。

頭が悪過ぎ。

基本的に男子日本代表は「頭の悪いやつばかりが集まっている」。これでは勝てない。

その中で、今回の長澤和輝だけが、頭のずば抜けた良さを彷彿させるプレーをしていた。

だいたい後ろの選手が苦労してやっとボールキープして前線にパスしたのに、受けたほうが苦労した選手に難なくバックパスして返してしまう。

はっきり言って「バカ」だ!知能が低い。

味方がどういう状況でパスを出してくれたのか、瞬時に感じ取れないような選手が日本代表にいるべきではない。

これは技術のうまさの問題ではない。センスの問題である。

今自分が何をすべきかを瞬時に判断できないような選手がどうして日本代表に選ばれるのか?

大迫に至っては、いったいいつまで単純なオフサイドトラップに引っかかるのだろうか?

もう相手がオフサイドトラップをかけることをわかっているのだから、ネイマールのようにずっとラインを追い越さないで動き続けなければならないのである。

オフサイドになるかならないかは1点取れるか取れないかにかかっているわけだ。

アマチュアならともかく、もう何年もプロ生活しているのにいまだにオフサイドトラップにかかるとかありえない。

ルカクはちゃんと長友が自分の前に出るのを待っていた。だからオフサイドにならない。

さて、今回のブラジル戦とベルギー戦で唯一世界レベルに最も近づいた選手がいた。まあ、私個人の見方にすぎないが、右サイドバックの酒井宏樹選手である。

私はロンドン五輪の頃から酒井宏樹選手を見ているが、ここ最近は非常に伸びてきた。これまでセンタリングも精度が悪かったが、この試合でも大迫の頭にピンポイントでフィードできチャンスを作った。なにより、無限の体力が良い。

ブラジル戦ではネイマール、この試合ではメルテンスを抑えていた。

その点、この2試合で常にブレーキになったのが吉田麻也だった。槙野の方がまだまし。

というわけで、吉田麻也は代表にいらない。


こうしてみれば、結局、ロンドンオリンピックのときの世界4位の選手たちがベースになっているわけだから、最初から一気にロンドン世代にバトンタッチすべきだったのだ。

本田、香川、岡崎がいなくなった後の今では、

長友、長谷部、吉田麻也、原口、大迫、浅野、森岡はいらない。


まあ、いずれにせよ、「海外組の方がレベルが高い」という神話はもう終わりにしてもらいたい。

海外の2部とか3部とか、1部の真ん中から下とか、論外である。

いまでは、鹿島アントラーズがレアルマドリードに次ぐ世界2位なのだから、国内の方がレベルが高いのである。

もうそろそろ日本人監督、国内選手をベースにした方が良いだろう。

攻撃における創造性としたら、エイバルの乾より、中村俊輔や中村憲剛や小野伸二や遠藤の方が上である。

フォワードの運動量でいえば、井手口以上に走り回るのはアントラーズの土居である。


自分たちの形、おそらくこういう意味のことを本田の「自分たちのサッカー」という言葉で言いたいのだろうが、鹿島や浦和にはそういう自分たちの形がある。しかし今の日本代表にはそれがない。

だからリードされたときに追いつくことができない。

だから、日本サッカーはキリンに例えられるのだ。

キリンさんは一度転ぶと二度と立ちがることができない。


本田のいう「僕たちのサッカー」とは「キリンサッカー」なんですナ。

できるだけはやくキリンサッカーから開放してもらいたいものだ。

そのためには邪気をとるためにはも公式スポンサーからキリンとアディダスを追い出して、吉野家とプーマにするとか、もっと響きの良いスポンサーに変えるべきだろう。

まあ、悪いことにハリルホジッチはこの試合で有頂天になって錯覚してしまったから、ますますどツボにハマりそうな予感。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ちなみに、昔の日本はベルギーなどものともしなかった。いったいいつからこんなになってしまったのかいな?
日本 vs ベルギー 9-4 歴代試合をプレイバック ハイライト 2002-2013

要するに、ザッケローニの負の遺産をさらにハリルホジッチが食いつぶしているんですナ。だから世界ランクがどんどん下がる。

おまけ2:
またなでしこジャパンはベルギーに負けていない。
Belgium vs. Nadeshiko Japan (13.06.17) - highlights





e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-15 13:50 | サッカー日本代表

蒙古人横綱日馬富士の史上最悪の事件勃発!:殺人未遂ですナ!モンゴル人は追放すべし!   

みなさん、こんにちは。

私のこのブログではだいぶ前から大相撲のことを「モンゴル銀行」とか「モンゴル相撲」と呼んでいる。

なぜなら、

ほっぺたへの張り手→目へのパンチ
からだへのかち上げ→首へのウェスタン・ラリアート
頭からのあたり→鼻への頭突き=パッチギ
変わる→フェイント
大相撲→賞金稼ぎ


というように、モンゴル人が横綱になってから急速に相撲の技がプロレス化したからである。

要するに、従来では「禁じ手」の一種のはずのものが、あたかも正当化されてしまったからだ。

これにはNHKの解説員の責任も非常に大きい。自分が経営しているから相撲人気が下がらないように適当に手打ちをしているわけだ。

が、ついに来るべき時が来たようだ。

横綱日馬富士が「殺人未遂事件」。これである。

相撲協会、日馬富士の貴ノ岩への暴行で厳しい処分も
a0348309_8401035.png
すでに貴ノ岩の右目は左利きに殴られた痕跡がある。だいぶ前から常習化したのでだろな

 大相撲の東横綱日馬富士関(33=伊勢ケ浜)が10月の秋巡業中、酒席で平幕貴ノ岩関(27=貴乃花)をビール瓶で殴るなどの暴行を加えて頭部にけがを負わせたことが14日、分かった。貴ノ岩関の師匠である貴乃花親方(元横綱)が10月下旬、鳥取県警に被害届を出していたことも判明した。

 県警はトラブルの有無など事実関係の捜査を進めており、日馬富士関や関係者から事情を聴くとみられる。日本相撲協会も危機管理委員会が調査を始めると発表。現役横綱による極めて異例の不祥事で、協会は厳しい処分を科す可能性がある。

 協会関係者によると、日馬富士関は10月下旬に鳥取県内で開かれたモンゴル出身力士らが出席した酒席で、貴ノ岩関が生活態度を注意された際にスマートフォンを気にしたことに激怒して暴行。白鵬関、鶴竜関の両横綱も同席していたという。貴ノ岩関は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と診断され、11月に一時入院。九州場所は初日から休場している。

 日馬富士関は14日午前、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋での朝稽古後「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と謝罪したが、暴行については説明しなかった。九州場所は同日の3日目から休場した。

 春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、相撲協会の事情聴取に対し、日馬富士関の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は暴行を認めた。危機管理委の本格的な調査は九州場所千秋楽翌日の27日以降となる見込み。処分や調査結果は九州場所中には出さず、事実関係が判明するまで先送りするという。

 相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「ファンの方に申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と謝罪し「残念だが、やることはきちっとやる」と述べた。委員長を務める高野利雄外部理事(元名古屋高検検事長)らによる危機管理委の調査を踏まえて事態の収拾を図る。

 協会の諮問機関、横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「協会の厳しい処置を求めることになるだろう」と語った。

 日馬富士関は本名ダワーニャム・ビャンバドルジ。2001年初場所に「安馬」のしこ名で初土俵を踏み、軽量ながらスピード感あふれる相撲と闘争心で12年秋場所後に第70代横綱に昇進。先場所は逆転で9度目の優勝を達成した。


朝青龍は海老蔵を殴ることになる関東連合のハングレヤクザを「素手で」ぶちのめしたからまだましだ。

それと比べたら、今回の日馬富士は同業の力士を相手に「ビール瓶」で殴ったというのだから、もはや論外。

弁解の余地はない。

相手が武器を持った場合ならいざしらず、素手の相手にビール瓶で頭殴ったのでは、これは

殺人未遂事件

であろう。

我々一般人なら、130kgある横綱にビール瓶で頭を殴られたら、たぶん即死だろうナア。


ああ、日馬富士は永久追放、記録抹消でしょうナア。


大変残念だが、そうすべきである。


それにしてもモンゴル人はやはり「元寇」の蒙古襲来を彷彿させるということになる。

モンゴルではどうかしらないが、我が国では学校教育にける日本史の歴史にちゃんと13世紀の

蒙古襲来

の歴史が教えられている。

そして、朝鮮人がその手先になり、我が国の対馬で一般日本人の婦女子に対する残虐行為=対馬の虐殺を行い、それから九州北部を襲撃した。

当時の北条氏がそれを命がけで迎え撃ったわけだ。

この史実は現在で言えば写真やフィルムに対応する当時の絵巻物にちゃんと描かれ記録された。
蒙古襲来絵詞
a0348309_93727.jpg
a0348309_931194.jpg
a0348309_974019.png

a0348309_975089.png

a0348309_975774.png

a0348309_98261.png


ところで、この絵巻の実に興味深いところはその正確さにある。教科書の絵ではあまり記憶になく、モンゴル兵といえば、相撲に来ているモンゴル人のように、みな同じ顔をしているのかと思っていたら、よくこの絵巻をみると、どうもそうではないのだ。

モンゴル軍には、黒人(黒い顔)の兵、白人(白く鼻の高い顔)の兵、そして東洋人(中国人のような髭の顔)など多種多様なのである。

この点については小名木善行さんの記事の内容が参考になるだろう。
歴史を大づかみする

この絵は肥後国の御家人であった竹崎季長が、元寇における自分の戦いを描かせた『蒙古襲来絵詞』の一部です。
このとき日本に攻めてきたのは、元と高麗の軍団と、一般に言われていますが、絵をよく見ていただきたいのです。
黒人、白人が入り混じっています。
実は、元の軍団は、まさに国際色豊かな軍団であったわけです。
そしてここに描かれたひとりひとりにも、それぞれの人生があったはずです。
無理やり戦いに連れて来られた人もいたでしょうし、逆に金儲けのために付いてきた人もいたことでしょう。
家族もあったかもしれません。
上の絵はひとつの例にすぎませんが、要するに歴史は深掘りすれば、様々な側面があるわけです。

朝鮮の三別抄が元寇を遅らせたというデタラメ

そしていよいよ1274年、日本への第一回蒙古襲来(文永の役)が行われました。
この連中は、壱岐対馬の住民たちを全員皆殺しにしました。
このとき攻めて来た連中は、「モンゴルと高麗の連合軍」とされていますが、なるほどそれは事実なのですが、半分正解、半分不正解です。

というのは、このときのモンゴル軍というのは、実は、もともと朝鮮半島にいて、満州方面に連れて行かれた朝鮮族を主力とする部隊です。
つまり、服装や装備こそモンゴル風ですが、中身は朝鮮族だったわけです。

彼らは、「自分たちの方が、先にモンゴルの一部となり、それだけモンゴルに近いのだから、あとからモンゴルの家来になった高麗人よりも、自分たちの方が偉い」と、高麗の兵たちを奴隷のように扱いました。
大きなバックがついたと思えば、とたんに居丈高になる。
いつの時代も変わら民族性です。

ちなみに、大陸や朝鮮半島の歴史というのは、日本とはまったく異なります。
血筋や血統に関係なく、何処の馬の骨かわからなくても、漢字を使えば漢人です。
同様にモンゴル風の服を着て、モンゴル風の食生活(肉食)をすれば、モンゴル人です。

日本に来て日本語を話せば、それは日本人だという馬鹿な連中がいますが、その発想は、実は、血筋という概念のない大陸や朝鮮族の発想です。
もともとの日本人とは、ものごとの捉え方がまるで異なるのです。


日本は縄文、弥生の昔から、歴史が連続している国です。
ということは、血筋も連続しています。
ですから戸籍や血筋を重んじます。


まあ、日本相撲協会は相撲人気を画策した結果、それに乗じたモンゴル人マフィアが、大相撲に蒙古襲来したというわけですナ。

これを機会に神風を吹かし、猛虎撃退するために

モンゴル人は入門禁止令を出したほうが良いかもしれませんナ。

いつ白鵬も鶴竜も蒙古化するかわかりませんナア。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2017-11-15 09:26 | サッカー&スポーツ