人気ブログランキング |

台風5号がやってくる!?:果たしてその進路は朝鮮か日本か!?   

みなさん、こんにちは。

そういえば、台風5号が発生し、我が国の沖縄九州南部に直撃しそうである。

ところで、この台風の影響で梅雨前線が強力化している。そして、四国を急襲。

雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)
a0348309_13315364.png

a0348309_13315757.png


台風5号の進路予測。

アメリカ気象庁
tropical cyclones
a0348309_13325417.png

a0348309_1334418.png


日本気象庁

台風情報
a0348309_13354737.png

天気図(実況・予想)
a0348309_13351114.png



このあたりもすでに米は穂が実り始めている。

米や野菜の収穫に影響が出ないことを祈るのみ。


大雨と台風に要注意である。


幸運を祈る。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

# by kikidoblog2 | 2019-07-18 13:39 | HAARP・台風・ハリケーン

我が国の悲劇は韓の法則発動が原因だった!?:日本人には二種類の顔がある。除鮮あるのみ!   

コリアンの日本不買運動
a0348309_11454222.jpg
(だから言ったろ、大塚製薬!)


みなさん、こんにちは。

さて、先週末から今週の頭まで父のお見舞いと母の墓参りに山梨へ行ってきた。というわけで、ここに書き込む機会がなかった。しばらく書かないでいると、書くのが億劫になるから面白い。

最終日は都内の渋谷の駅ホテルに泊まった。だから、渋谷の有名な交差点を上から眺め、飯をたべにその交差点を交差した。

【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像


まあ、カメラで撮ると広く見えるが、それほど広い交差点ではなかった。かなりこじんまりしていましたヨ。ユタ州ソルトレイクの交差点の方が遥かに広い。

いずれにせよ、我々が大学生時代の40年前の渋谷とは大違いで、その頃の新宿歌舞伎町的な荒んだ感じがあっちこっちにありましたナ。たぶん、石原慎太郎に歌舞伎町を追い出されたヤクザがすみついたんじぇね〜〜のかいな?世も末じゃ。

大分前置きがそれてしまったが、いまや毎日毎日韓国こと朝鮮人民共和国=コリア人民共和国の悪態や悪弊や悪童ぶりが誰の目にも明らかになる時代と相成った。

現実は小説より奇なり。

人が考えうること以上に異常行動するのがコリアである。


まあ、いまやネット上にたくさんのそういうコリア研究があるから、ここで繰り返さない。むろん、拙ブログ1やここにもたくさんある。

「各国の朝鮮人の扱い方」に支那国が参戦!?:「韓国人は犬だと思って付き合いなさい」これだ!?

古来アジアは地獄だった。

人食い人種のシナ人。ヒトモドキのコリアン。

一つ間違えば、遣唐使、遣隋使は、シナの老婆に寝込みを襲われ、朝鮮の若者に襲われた。

そしてずっと西の白人どもはもっと野蛮だった。首狩り族だった。


とまあ、ジョーダンはジャニーズ。


最近までずっと思っていたことだが、戦前戦中にいわゆる

大本営

というものが我が国に敷かれた。

この代表格が
東条英樹
a0348309_8252779.jpg
a0348309_8252953.jpg
であった。

私は前から、この大本営の司令部にいた連中は

朝鮮人か朝鮮系

だったのではないか?

という印象を受けたわけだ。

たとえば、

(あ)顔や耳や目が違う。
(い)発想や感性が異なる。
(う)臆病である。
(え)嘘をつく。


などなど。こういった事例から、日本人的ではないとずっと感じてきたわけだ。

いまや「大本営報道」というと「嘘報道」や「捏造報道」を意味する。

しかしながら、我が国の歴史は、侍はそういう姑息なことをしなかったということを証明している。

つまり、大本営は侍を装ったなりすまし、朝鮮人はなりすます。ゆえに、大本営は朝鮮人だったのだろうという三段論法である。


実際にだいぶ前にメモしたように、

佐藤浩市さんの祖父、三國連太郎さんの父はだれだったのか?

日本海軍大将や海軍指揮官たちは、鼻筋の通ったイケメン揃いだったのだ。

乃木希典
a0348309_9113484.jpg


坂の上の雲の秋山真之
a0348309_8334447.jpg


南雲忠一
a0348309_834216.jpg


井上成美
a0348309_8342443.jpg


非常にシンプルに言えば、戦後の
三船敏郎
a0348309_835382.jpg
加山雄三
a0348309_8361991.jpg
のような人間が海軍大将になっていた。

ところが、日本陸軍はちょっと毛色が違った。

海軍が合理主義で科学的に戦争を考えるのに、陸軍は精神論的で理不尽なものの考え方をしていた。

八甲田山事件、ノモンハン事件、。。。、神風特攻隊


私の個人的見解=妄想的イメージで付け加えれば、226事件というのも非常に朝鮮人的事件である。気に入らないものは殺害する。

問答無用。理不尽。

まあ、我が国は古来、台湾沖縄の流れもの、半島やシナ大陸からの流れものの血筋も残る。だから、そういった渡来人のバカさが遺伝した日本人もいたわけだ。

日本陸軍は秋山真之の時代、その兄の秋山好古により、フランス馬術が持ち込まれた。同時に、その時代にフランスの「平手打ち」「ビンタ」「鉄拳制裁」も取り入れられたという。

ところで、その秋山兄弟の
秋山好古
a0348309_8443079.jpg
は長身で手足が長く、誰が見ても当時の外人にしか見えなかったらしい。フランスでもユダヤ人にしか見えなかったという。

これが侍顔であって、当時はまだ侍の直系の子孫が士官になり、軍人になり、大学教授になりという時代であったから、社会のいたるところに西洋人のように見える日本人がたくさんいたのである。

むろん、本来の天皇家もそうだったようだ。長身で彫りが深く髭が濃い。脛長彦(すねながひこ)がまさにそういう天皇のご先祖であった。


これに対して、
山本五十六
a0348309_850389.gif

とか、東条英機とかはのっぺり顔である。というより、いまの吉本無芸人の顔である。

それに対して、やはり日露戦争で勝利した指揮官の
東条平八郎
a0348309_8522197.jpg
はイケメンだった。

理路整然とし明晰だった東条と比べても山本は朝鮮人的だった。

その結果、ほぼすべての作戦で失敗し、歴史ある日本帝国海軍を壊滅させたのである。


つまり、俺の云いたいことは、

大東亜戦争で韓の法則発動したのではなかったか?

ということだ。

ノモンハン事件の当事者の
辻政信
a0348309_8581485.jpg
などまさにその証明だろう。

我が国には、7世紀の百済から仏教伝来とともに渡ってきた半島系も多い。我が国の仏教徒やお寺の住職家系はほぼその時代由来である。

おそらく、神道だった織田信長が寺や僧侶を壊滅させようとしたのもそういう事情もあったと思う。

この辻はA級戦犯で絞首刑にならず、戦後も生き延びたことは実に不可解な歴史と言えるだろう。日本陸軍を壊滅的どツボにはめたやつが欧米から褒められて生き延びた。謎である。当然今もその子孫がいるはずだ。

「作戦の神様」辻政信の孫は富士急社長、児玉誉士夫の息子はTBS役員……あの戦争の有名人たちの子孫は「いま」


さて、いまお隣の韓国ことコリア人民共和国の大統領や側近および国民が行いつつあることを見れば、ほぼ大本営と似たような感性の持ち主であるということが分かる。

日本製品ボイコット、日本語刈り、。。。。

かつて、大本営は英語を適性言語として発禁処分にした。

一方、日露戦争時代の秋山真之は米国外軍に学びに行き、
広瀬武夫
a0348309_9102680.jpg

はロシアへ学びに行った。

武田信玄が孫子の兵法から学んだように、帝国海軍もまた孫子の兵法である

敵を知り己を知れば百戦殆うからず

のように、敵に勝とうと思えば、敵を知るべきであって、敵をないがしろにして油断すべきではない。

にもかかわらず、韓国人は日本人のことを理解しようとしないし、理解する気もなさそうだ。

同様に、大本営もまた欧米を理解し尽くして、その習性を徹底的に研究しなかった。

逆にアメリカは日本語を学び、日本の暗号を解読し、さらには日本のそれぞれの将軍の出生から学歴から性格まで研究に研究を重ねた。

これでは、日本はアメリカに勝てないし、韓国は日本に勝てないのである。


とまあ、そんなあんなで、我が国が大東亜戦争及び太平洋戦争で負けたのは、負けるべくして負けたのであって、それは我が国に長い歴史のなかで紛れ込んでしまった半島系の人間の研究が足りなかったからである。

これが俺の結論というわけですナ。


いまや戦後70数年経ち、鼻筋の通った侍顔の日本人から、吉本顔の朝鮮顔ばかりまかり通る時代になった。

a0348309_9213267.png



汚鮮ですナ。

除鮮あるのみ。


まあ、一説では、我が国が消滅するのも規定路線なんですナ。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

# by kikidoblog2 | 2019-07-18 09:26 | 韓国・ウリナラ・法則

アイラブジャパン:「ガメラ対ギャオス」は日本の歴史遺産?そこに日本の高度成長期が記録されていた!?   

みなさん、こんにちは。

最近では、イルミナチックな令和の文字に合わせて、「和風総本家」とか、「Youは何しに日本へ」とか、マスターベーションするようなTV番組が多くなった。

それと同時に、観光客が3000万人突破し、もはや普通の日本人が食べるものがなくなるほどである。

これも経済。

我が国のデフレで物価が欧米諸外国の物価より割安になるように安くなり、同じ1日を過ごすなら日本へ行った方が安いという、打算の結果にすぎない。

まあ、米兵が先進国で売春婦を買うより、東南アジアで売春婦を買うほうが安い。白人売春婦を買うより、コリアン売春ババアを買うほうが安い。これと似たような話である。

そういう事情に過ぎない。

そうやって、我が国へ来るのは良いが、そうすると、

JRパス=格安割引きパス=外人治外法権パス

を買って日本全国あっちこっちへ巡り歩く。

我々日本人にはそういう特権がない。だから、どこに行くにも予め計画を組んで、長い時間をかけてお金をためてから旅行に行かねばならない。

大半は、家が一番、でずっと家から出ない。あるいは、家の近所をウォーキングする程度の時代である。

お馬鹿な白人国家は、例えば、南アのような国が、日本の若者に自分の国へ来てくれるにはどうすればいいか?

なんて、お馬鹿な質問をしているらしい。

が、カネがないから行かないのである。時間もない。ないものずくしである。

その点、もう地球上ではやることがなくなって、暇で暇でしょうがなくなった白人とは違う。

白人はそれぞれの国々で特権階級でいたれりつくせりの法制度があるから、失業しても優雅に暮らせるし、老後年金も高いし、成功すれば天井知らずの高給が手に入る。

そんな白人天国になったこの地球で日本人のポテンシャルは相対的に低くなったわけだ。


だいぶ前置きが長くなってしまったが、こうやって暇を持て余し、自国に持て余し、他に良あることがなくなった、金持ちの師弟や白人娘たちが、どんどん我が国へ来るようになった。

簡単にいえば、明治には欧米人のトップ層が我が国へ来たのだが、今現在は欧米の最下層が来るようになったのである。

これもまた経済。

明治には西洋人でも日本へ来るには数ヶ月の船旅が必要。だから、金持ちしか来ることができなかった。しかし、今現在では、ほんの数万円でも来ることができる。米兵に至っては軍用機でただで来る。

それだけのことである。

だから、昔の明治の小泉八雲ことラフカディオ・ハーンが手記に書いたようなことを、いま欧米や世界の若者が、YouTubeやVblogに書く。


明治には今の欧米人のように日本へ来るかのように、日本人がイギリスやフランスやドイツやアメリカへ行った。イギリスの鉄道を見、それを日本国内へも導入しようと勉強し研究した。アメリカの高校や大学で教育を受けた。

あれから、160年。

我が国には自前の新幹線や高速道路が長い試行錯誤の結果張り巡らされるようになった。

特に明治から90年ほどの時間経過にあった我が国の高度成長期の時代が決め手となった。


いま我が国へ来る「害人」には、我が国の歴史はミステリーでしかない。

害人にとって、「知らないこと=存在しないこと」にすぎない。


外人は今の日本の春の桜並木を見て、「日本は神に愛された国だ」と誤解するが、終戦直後には戦前の桜も何もすべて破壊されたのだった。

アイラブジャパン:「外国人は今見る桜は1945年以降平和祈願で植樹されたことを知ってください!」

a0348309_11105716.jpg

父の言葉(My father's words)

a0348309_15215931.jpg

日本人が櫻が好きなのは其の散り際が潔いからである。
(The reason why the Japanese people love Sakura is the way of the great grace moment when Sakura's flowers are scatteredly falling by the wind.)
−− 数学者 岡潔(Dr. Kiyoshi Oka, a Great Japanese mathematician)

数学者 岡潔思想研究会岡潔「創造の視座」:「西洋人は第二のこころがあるのを知らない」
さくらの花見三回目:桜の花見で「もくもぐタイム。そだね〜〜!」 2


同じように、新幹線が誕生したのは、1964年10月1日のことである。
a0348309_14294670.jpg


私の中高生時代、山梨県の中高生の修学旅行の最大の関心事が、新幹線に乗ることだった。たしか、我々はお金が高いひかり号には乗れず、こだま号になったのである。

あれから55年。

いまや世界のレジェンドになった。

a0348309_1428479.jpg
a0348309_14283072.jpg



世界の人にとり、地上でジェット機並みに早い乗り物を見るのは日本しかなくなったのである。それも時間に正確で無事故で、10数編成の長い列車がひっきりなしに来る。

いまや、遊園地のジェットコースターのようなアトラクションより、こっちのリアル新幹線の方が最大のアトラクションなのである。

外国人、新幹線の速さにびっくり大興奮!Excitement great to the Shinkansen!


海外の反応 新幹線はやぶさ通過の瞬間に衝撃!!外国人反応動画まとめ、子供がびっくり仰天!!父親の驚愕の反応が面白い


衝撃!超高速でホームを通過する新幹線に外国人がビックリ仰天!『日本の高速鉄道は、安全で速くて時間通りで効率的で清潔!まるで夢のよう!』【海外の反応】



そういえば、俺はここ徳島から東京へ行くとき、新幹線は高いし、神戸まで出なければならないから、飛行機と安い夜行バスはあるが、最近の新幹線に乗ったことがない。

乗ったのは、昔のひかりやこだまだけである。


さて、そこで我が国の首都高や高速道路がどうやってできたのか?

もはやこの時代の「空気」を示すものはあまりない。

そう思っていたのだが、先日見た怪獣映画の「ガメラ対ギャオス」、これが実に歴史的価値の高いものだとわかったわけである。これである。

昭和のヒーローがまた一人逝った!:高島忠夫さんお疲れ様でした!ご冥福をお祈りいたします。

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス1967
a0348309_10181338.png


これは、主人公の少年は田舎の農業の地主で、農家が道路建設に土地を売る際にごねて地上げする代表者である老農夫の孫である。

一方、ヒーローは、そのごねる農家を改心させて、その土地に道路や鉄道を敷く作業員のリーダーである。

そして、その恋人は、老農夫の孫娘。

要するに、高度成長、田中角栄の「日本列島改造論」の時代、我が国は道路公団ができ、日本全国で鉄道や道路などを建設し始めたのである。

そんなとき、その道路建設の敷地内に怪獣が現れた。

とまあ、そんな設定である。


だから、ギャオスとガメラにやられる鉄道列車は、
新幹線のひかり号
a0348309_1451552.png
a0348309_14511383.png

a0348309_1451304.png
であった。新幹線は怪獣映画のやられ役だった。

そして、当時は野球場のナイター設備はハイテクの象徴だった。

a0348309_14521610.png



しかし、その後の日本の歴史は、このギャオスの時代に道路建設や鉄道建設に携わった作業員たち、大半は東北などの地方から来た出稼ぎだったり、農家出身者が多かったのだが、その後にくる土地不動産バブルの全盛期、そして、バブル崩壊とともに、都市部のホームレスへと転落したのである。

この時代を描いたものが、伊丹十三のたんぽぽである。いまやハリウッドスターになった渡辺謙もまだ青年の新人の部類だった。

The Making of Tampopo / Jyuzo Itami no Tampopo Satsuei Nikki / (1986)


Tampopo (タンポポ) - 1985 - With Subtitles - Part I
(オムライスを作ったのはノッポさん。)

Tampopo (タンポポ) - 1985 - With Subtitles - Part II


私はこの映画は1986年当時ユタ大にいたから、ビル・サザーランド教授に教えてもらい、ソルトレークのダウンタウンのエスニック映画館で見たのである。

藤竜也の「愛のコリーダ」もそこで見た。彼のおちんちんも見たよ。そんなにたいしたことはないナ。

そしてバブル全盛期が、松田優作の「ブラック・レイン」である。

Black Rain - Trailer



こうして、我が国は、高度成長期のブルーカラーの時代から、不動産バブルの金融ホワイトカラーの時代になり、バブル崩壊で大量失業者や自殺の時代へと進んだのである。

明治150年 真の日本の姿 第六話


とまあ、我が国近現代はこういうふうに歩んできたわけだ。

塵も積もれば山となる。何事も最初の一歩から。

桜しかり、新幹線しかり。自動車しかり。


まったく何もなくなった状態から我が国は復興したのである。

いくら我が国が貧しくなったとはいえ、なにもないわけではない。たくさんのものがある。

だから、そこから更に先へ進めばよろしいのである。


それにしても、俺がユタに留学した1986年。伊丹十三のたんぽぽの時代。

欧米白人は、寿司の生はだめ。ラーメンはまったく受けなかった。カレーもまったく受けなかった。焼きイカなどご法度。

寿司はキリスト教徒はナマはご法度でNG。
ラーメンは白人の猫舌にはNG。
カレーは、うんこにウジ虫に見えてNG。
焼きイカは匂いが女のあそこの匂いそっくりできつくてだめだった。


それがいまは逆だ!

何が起こった???

これが俺にはどうしても理解不能なんですナ。


たぶん、欧米人はテレビやスマホで偽ユダヤの手で洗脳されたんだろう。

日本つぶしのために。


いずれにせよ、日本の道路や鉄道や新幹線。こういうものがどのようにできた知らない無知蒙昧な害人には、最初からそこにあったかのように見える違いない。

台湾人やインドネシア人やフィリピン人や英国人やトルコ人。。。みなそんな認識でしかない。中国人や朝鮮人は論外だ。日本に作ってもらったのに起源主張する。

そして、あとから来て、日本人は恵まれているとか、日本星とか、惑星日本とか、ちやほやして羨ましがる。

今の日本は昔のおっちゃんたちが死にものぐるいで作ったのである。昔の日本人は偉かった。

黒部の太陽(予告編)


黒部の太陽
52 쿠로베의 태양 후편 黑部の太陽 後 호화 캐스팅카토리싱고,카츠지료,후카다쿄코,아야세하루카등등

(どうしてコリア人は勝手に日本の番組を盗むのかね?起源主張するためか?)



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

# by kikidoblog2 | 2019-07-12 15:20 | アイラブとてつもない日本