いよいよ西日本大震災の日が近づいてきたゾ!2:たぶん夏の選挙の結果次第かもナ。   

みなさん、こんにちは。

昨日のかなり深刻な話のおまけを一応メモしておこう。昨日は気づかなかったことだが、まあ、一般人の唐変木な人には目の毒だから、スルーをよろしく。

というわけで、ついでにメモしておくと、昨日のメモ
いよいよ西日本大震災の日が近づいてきたゾ!総員準備態勢に入れ〜〜!
の日本人職員の難破(なんぱ)さん、たぶん日本を難破させる御役目だから、そういう名の人をリクルートしたんだろう。

その人物が
これを見た皆様から多くの応援を頂けたことがたいへんうれしく、また勇気づけられました。
のように言っている。

この話には我が国民の特徴が如実に現れている。これを見ても我が国の日本人大衆がいかにお馬鹿で世界知らずかよく分かる。この研究をHPで見た人が、この表向きの一般人向けの説明だけを信じて、多大なる声援を送っているというのである。

実は東日本大震災の時も同様に観測装置を仕込んでいた。それからあの3連発の人工地震大津波が来て、周知の事実の事が起こったわけだ。さらには、地震発生の当日、掘削船ちきゅうがその観測装置を引き上げるために現場に来ていたのである。

つまり、地震発生を予測して、その場所に前もって位置取りして、地震が発生してから、装置が壊れる前に引き上げた。そうやってデータを回収に来ていたのだ。

知っていたか?知らんだろ!このアホンダラ!

しかしこれが事実である。

というわけで、表の研究チームの連中の役目は観測装置を設置して観測するだけかも知れないが、その後に
ネイビーシールズ
a0348309_9473114.jpg
という米軍のNWOシオニストの手下がやってくる。

(ところで、我が国内で最近在日青年たちが「シールズ」という名を付けたが、国際的にはこのネービーシールズ(簡単にシールズ=あざらしという意)が有名である。だから、彼らは自分たちが破壊活動を目指す工作員だということをその名に込めているわけである。だから、裏には在日韓国人朝鮮人のかなりの勢力が関与しているものと推察できる。)

これは、最深極秘部門(つまり、その存在は知られているが何をやっているのか誰がいるのか知らされていない部門)にもっと専門的な深海でも活動できる本当の軍エキスパートがいるわけだ。

このグループが掘削船ちきゅうが開けた穴の中からいくつか(おそらく3個)を選び、それらの中に連動する小型シリンダー核爆弾を設置して、まるで最近の打ち上げ花火のようにコンピュータ制御してうまくタイミングを合わせて発火させることができるのである。

だから、この地帯に「掘削船ちきゅうが最大規模巨大地震対応の永久型(長時間フルタイム稼働)の観測装置を設置しに来た」ということは、いよいよ「その時」が近づいたと判断できるわけだ。

連中が無駄になる装置を置くはずはない。連中は我が国の脳天気な物理学者がいる気象庁や地震研究所の観測とは違い、無駄になることは最初からしない。そういう人種である。

問題はいつか?

ということになるが、これまでの経験では、それには政治的な駆け引きが絡む。

昨日はわからなかったが、今日突然気づいたのは、ひょっとしたらこの夏の参議院選挙の結果次第ということかもしれない。つまり、これが参院選挙のみか、衆参同時選挙になるかは首相の判断次第(実際には横田幕府から指令が来る)だが、この選挙の結果、支那・ロシア寄りの野党連合「民進党」が勝利した場合、東日本大震災の直前と同じような政治的状況が生まれる。

東日本大震災の前は、鳩山・小沢が中国支那に大議員団を組んで起業家などと合わせて3000人位の支那詣でを行った。そして、小沢一郎は支那人民軍服を着て、支那共産党の属国宣言をして帰ってきた。
あの日あの時「アホみたいな国のアホみたいな政治家」:311のちょっと前のことだった!

沖縄から米軍を追い出し中国軍を入れる小沢氏は凄い!
a0348309_10574490.jpg
そしてその後韓国へ行って、売国宣言もした。

小沢一郎の出身地が東北岩手である。

だ・か・ら

東北が狙われたのである。

震源地の危険性で言えば、こっちの和歌山徳島沖の方がはるかに巨大地震を生み出せる場所なのである。

もし民進党が勝利すれば、また同じことを繰り返すはずである。それが彼ら在日韓国朝鮮人支那人の悲願だからである。

逆に自民党が勝利すれば、その危機は弱まる可能性があるが、すでに対超巨大地震用の観測装置(全長950m〜約1km)を設置しているわけだから、その本気度が分かるはずである。

世の中というものは、神様が助けてくれるわけではない。だれかが教えてくれるわけでもない。ましてや、超能力者が助けてくれるわけでもない。結局は、我々自らが、自分たちの過去の経験と未来を推測する知恵の2つを駆使して決まるのである。

西日本の太平洋側の住民は、小中高学校や病院などの高台への移動、防津波対策、逃げ場の確保、逃避用のバイクの確保、などなど、また、原子力発電所の制御プラグラム内にあるStaxnetウィルスの除去、イスラエル製監視カメラの撤去、考えられるあらゆる手段の開発設置を急いだ方が良さそうだ。
被災者救済 ( 15 )
「もしこんなものがあれば、〜〜〜だったはず」を作れ:「救命器としての〜〜」
米国が「無人偵察機」なら、こっちは「無人カー」さ!:被爆地いわき市に残された住民を助ける方法
最近の「7つのすごい発明」:津波対策万全、ついに出た水陸両用4輪バギー!

(俺は自衛隊、警察、消防隊、消防団はこいつを配備すべきだと思う。活躍するぞ。マツダよ、この水陸両用デミオをつくっておくれ!水陸両用ロードスターでも良いがナ。)
もし自分や子供が水没したらどうする?:「酸素を人体に注射する技術」
東日本大震災後の日本:いまこそバックミンスター・フラー建築で蘇れ!

最悪の結果、民進党の躍進というようなことが起これば、ほぼ100%西日本大震災が起こるだろう。

これが東日本大震災から学んだ俺個人の教訓である。

みなさんの幸運を祈ります。グッドラック!




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-03 10:43 | 地震・地震予知・噴火

<< いよいよ西日本大震災の日が近づ... 羽生結弦選手、危うくデニス・テ... >>